【27歳の転職】失敗しないためのポイントと注意点を簡潔に解説

27歳の転職

「27歳で転職するのはまだ早い?社会人経験が短いから厳しい?」

「27歳から未経験の職種や異業種に挑戦したいのだけど、もう遅い?」

27歳で転職することのメリット・デメリット、転職が向いている人・向いていない人の特徴や、転職を成功させるためのポイント・注意点について解説します。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで、自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

実際の利用者の口コミが良かった20代におすすめの転職サイトについて詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

【結論】27歳での転職が厳しい・遅いというのは間違い

結論から申し上げると、27歳での転職が厳しいというのは間違いです。

27歳はある程度の職務経験を積んでスキルを身に付けながら、まだ年齢的にも若く柔軟性があるという観点で転職市場でも積極採用が行われている年代です。

総務省統計局によると、就業者6,676万人のうち転職者は269万人と年々増加しており、中でも「25歳-34歳」が全体の25%を占めています。25-34歳に属する27歳は転職者が多い年齢であると言えます。

年代転職者数
25歳~34歳74万人(25.0%)
35歳~44歳55万人(18.6%)
45歳~54歳52万人(17.6%)
総務省統計局:労働力調査(詳細集計)2023年

一方で、20代後半は転職を考える人が多く採用倍率が高いことや、ポテンシャルに加えてスキルを見られることもあるといった理由などから転職は厳しいと噂されてしまうのも事実です。

「27歳の転職が厳しい」と言われる理由

冒頭にて20代後半は転職に向いていると述べましたが、逆になぜ27歳での転職は厳しいと噂されているのでしょうか。考えられる原因としては、下記の様なものがあります。

「27歳での転職が厳しい」
と言われる理由

「27歳での転職が厳しい」と言われる理由#1:
即戦力を期待される

「27歳での転職が厳しい」と言われる理由として、即戦力を期待されるためという理由が挙げられます。

新卒や第二新卒での転職とは異なり、27歳の転職では社会人としての基礎スキルや対応力・業務における知識を持っているか見られる傾向にあります。

27歳は比較的社会人としてのスキルや経験を積んでおり、こうしたスキルや経験が身に付いているかどうかで転職先企業においても活躍できるか判断できるためです。

もちろん、27歳はポテンシャルが評価される年齢ではあります。しかしながら、ポテンシャルに加えて経験・スキルがあればそちらも重宝されるという観点から、27歳での転職は難しいと言われることがあります。

実際には、27歳はまだ柔軟性が高い年齢です。直接的な経験・スキルを持っていなくても柔軟性が高い年齢だとみなされていることから未経験・異業種の仕事であっても十分に転職ができる年齢となっています。

「27歳での転職が厳しい」と言われる理由#2:
転職を検討する人が多く、採用倍率が高くなる

27歳の転職が厳しいと言われる理由として、転職を検討する人が多く、採用倍率が高くなるという点も挙げられます。

社会人を数年経験した27歳はキャリアアップやより働きやすい環境を探し転職を検討する人が非常に多くなります。そうした求職者が転職市場に増えることによって、採用倍率が高くなるというのが事実です。

もちろん、脂の乗った人材を採用するための求人も増えますが、人気な求人の数は限定的なため、特に人気企業の採用ハードルは上がるというのが、27歳での転職が厳しいと言われるもう一つの背景です。

「27歳での転職が厳しい」と言われる理由#3:
出産などのライフイベントが被る可能性がある

27歳の転職が厳しいと言われる理由として出産や結婚などのライフイベントが被る可能性があるという点が挙げられます。

厚生労働省によると平均初婚年齢は男女ともに30歳前後となっています。また、第一子出生時の母親の年齢も30歳前後となっています。

項目年齢
平均初婚年齢29.6歳(女)31.1歳(男)
第一子出生時の母の平均年齢30.9歳
令和4年 人口動態統計月報年計(概数)の概要

企業は若手の教育にコストをかけますが、せっかく育てた人材が結婚や出産などで抜けられることを避けたいと思ってしまいます。出産がある女性は特にその傾向が強くなってしまいます。

結果的にライフイベントが被る可能性がある27歳は転職活動の際に、厳しく見られてしまう可能性があり、そういったことを理解し転職することが必要となります。

近年は女性の社会進出や産休・育休に対する理解が深まってきており、こうした制度を整えることによって中途社員を受け入れようとする会社も増えてきています。

ライフイベントを控えている場合はこうした制度面なども重視することをおすすめします。

「27での転職が厳しい」と言われる理由#3:
若い年次での退職なので転職理由を明確にする必要がある

「27歳での転職が厳しい」と言われる理由として、転職理由を明確にする必要があるためという点が挙げられます。

大卒の場合、27歳では新卒で入社した会社を4-5年目で退職することになります。企業側は27歳での転職者に対して「採用後すぐに離職する可能性がある」とか「過去の経験を繰り返すことが心配」といった懸念を抱くことがあります。

そうした懸念を払拭するためには、退職から得た学びや転職後にどのような貢献ができるのかを明確に説明することが大切になってきます。

27歳で転職する際に納得感のある理由を作り出すのは難しいと思われていることから、「27歳での転職は難しい」と言われている模様です。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

【知らないと損】27歳で転職するメリット

30歳を目前に控えた、27歳は「転職適齢期」とも言われています。それではどのようなメリットがあるのでしょうか。27歳で転職するメリットは下記の通りです。

27歳で転職するメリット

27歳で転職するメリット#1:
スキルや経験よりポテンシャルを評価してもらいやすい

27歳での転職には、スキルや経験・ポテンシャルのどちらも評価してもらえるという利点があります。

転職市場において、20代は若手に分類されるため、若手を求めている企業や自身のポテンシャルを高く評価してもらうことのできる最後のチャンスとも言えます。経験が浅くても将来性や学習能力を評価してもらえて成長の機会が広がります。

この様に、27歳はポテンシャルを評価してもらえる年齢であることから、未経験・異業種への転職も成功しやすい年齢です。

27歳で転職するメリット#2:
転職で年収が上がりやすい

27歳で転職するメリットとして、転職で年収が上がりやすいということが挙げられます。

27歳の転職では、現職よりも高い年収が提示されることが多いです。これは、働き盛りの20代は転職市場において非常に価値が高く、高い年収を払ってでも獲得したいと多くの企業が考えているためです。

また、日本企業の多くは年功序列の仕組みを採用しており、20代・30代のうちはどんなに優秀でも年収が上がりにくい傾向があります。

そのような年功序列の古い会社に勤めている場合、個人の成果をしっかり評価してくれる会社に転職するだけで、仕事内容や労働時間はそのままでも年収が100万円単位で上がることが少なくありません。

27歳で転職するメリット#3:
異業種や未経験の職種でも転職しやすい

27歳での転職は、異業種や未経験の職種に挑戦したい方にとっても適した年齢です。

27歳は、専門性が固まりすぎていないため新しい分野への適応力が高く評価されます。未経験の分野でも、これまでの経験やスキルを活かしながら、新しい知識や技術を身につけることができます。

また、企業は新しい視点やアイデアを求めているため、社会経験があり、発想力のある人はとても貴重な人材です。そのため、27歳は異業種であっても企業側が肯定的な姿勢を示しやすいと言えます。

新しい環境での学びは、自分のキャリアにとって貴重な資産となり得ます。

転職活動では、自分がこれまでに培った汎用的なスキルや、新しい分野への適応力をアピールすることが重要です。柔軟性や学習意欲を前面に出すことで、未経験の領域でも内定を確定しやすくなります。

27歳で転職するメリット#4:
万が一転職で失敗してもリカバリーしやすい

27歳で転職するメリットとして、万が一の失敗からのリカバリーがしやすいことも挙げられます。

27歳は転職市場において引く手あまたな年齢です。万が一転職が上手くいかなくても、別の道を探す時間と機会が十分にあります。場合によっては元居た会社に戻る「出戻り転職」が可能な年齢でもあります。

27歳で転職するデメリット

27歳など20代後半の転職は厳しいと言われることがあります。27歳で転職することのデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。順にご説明します。

27歳で転職するデメリット

27歳で転職するデメリット#1:
忍耐力や根性がない人と思われてしまう

27歳で転職を考える際、注意すべきデメリットの一つは、忍耐力や根性がないと見なされるリスクがあることです。

伝統的な大企業では一度入社した企業で長期にわたり勤めることが評価される傾向にあります。

そのため、若いうちに転職することは、「責任感や忍耐力がないのではないか」と考えられる可能性があります。せっかく採用しても、「また転職してしまうのではないか」と懸念されてしまう可能性もあります。

忍耐力や根性がない人だと思われないためには、転職理由をしっかりと説明できることが重要です。

「今の仕事が嫌だから転職する」だけではなく、「自分のやりたいことが〇〇で、それを実現するためには転職が必要」という形で前向きな志望理由を語れるように準備しておきましょう。

転職理由をしっかりと作り込むことで、「採用されても辞めない」ことをアピールしながら27歳という年齢での強みを訴求することができます。

27歳で転職するデメリット#2:
短期間で転職を繰り返すと専門性が身に付きづらい

27歳で転職を考慮する際の重要なデメリットは、短期間での転職を繰り返すことにより、専門性の習得が困難になる可能性があることです。

頻繁に転職を繰り返すと、一つの職場で長期間働くことによってはじめて身に付けることができる深い知識や専門スキルが得られなくなることがあります。

また、短期間の転職を繰り返すと、履歴書上での一貫性が欠けることになります。これは、将来的に採用担当者に対して、長期的なコミットメントや責任感が不足しているように見えるリスクがあります。

もちろん転職を通じて自身にとってより有用なスキル・経験を身に付けることができることも多々あります。転職を検討する際は転職先で得られる経験・スキルが自分にとって有用かどうかを熟考したうえで判断することが大事です。

27歳で転職するデメリット#3:
一部の転職サイトでは「若いから」という理由で断られてしまう

27歳での転職におけるもう一つのデメリットは、年齢が理由で一部の転職サービスから登録や紹介を断られるリスクがあることです。

一例として、エン・ジャパンが運営する『ミドルの転職』は30代・40代に特化した転職サイトであり、27歳の方は利用できない・または登録しても応募できる求人がほとんどないという可能性があります。

ただし、世の中の大半の転職サービスは20代・30代の方をメインターゲットとして運営されているため、27歳でまだ若いからという理由で断れるケースは少ないと言えます。

27歳で転職活動を行う際には、自分の状況に合った転職サービスを利用することが重要です。20代におすすめの転職エージェントについて詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

27歳で転職すべき人の特徴

27歳での転職におけるメリットやデメリットについてご説明してきました。それでは、27歳で転職するべき人の特徴とはどのようなものがあるのでしょうか。順にご説明します。

27歳で転職すべき人の特徴

27歳で転職すべき人の特徴#1:
今の会社がブラック企業で年収が低い・残業時間が長すぎる

27歳で転職を検討すべき一つの重要な事例は、現在の職場がブラック企業である場合です。

ブラック企業とは

過度な残業、不当な低賃金、精神的・身体的な過負荷を強いる企業のこと

ブラック企業に勤めることは個人の健康やキャリアの成長が阻害されるリスクが高く転職は健康とキャリアの両面で重要な選択となり得ます。

また、ブラック企業での勤務は長期的なキャリア展望にもネガティブな影響を及ぼします。例えば残業が多すぎることで、自己研鑽や新たなスキルの習得に必要な時間が奪われ、キャリアアップの機会が限られることになります。さらに、低年収は生活の質や将来の貯蓄計画にも影響を与えることになります。

参考までに、27歳の平均年収は369万円となっており、現在の年収がこれよりも十分に低い場合はブラック企業の可能性があります。

また、年収が平均より高くても、残業時間が異常に長い場合や、パワハラ・モラハラがある場合、社員の離職率が高い場合などは、ブラック企業である可能性を疑うべきです。

27歳という若さでブラック企業の環境から脱出することは、より良い労働条件やキャリアの機会を得るための第一歩です。自身の健康とキャリアの将来を考え、より良い労働環境を求めて転職を検討することは、長期的な視点から見て賢明な選択です。

27歳で転職すべき人の特徴#2:
就活のときと比べて仕事選びの軸や人生の価値観が変わった

27歳で転職を検討すべき重要なケースの一つは、就活時と比べて仕事の選び方や価値観が大きく変化した場合です。

27歳は、新卒時に見落としていた自分の本当の関心や職業に対する情熱、働き方への理想が明確になってくる年齢です。この変化を受け入れ、それに基づいてキャリアを形成することは、自己実現とキャリアの充実につながります。

数年間の職業経験を通じて、自分の強みや興味のある分野がより明確になります。この自己理解をもとに転職を行うことは、より満足度の高い職業生活を送るための重要なステップです。

27歳での転職は、自分自身の内面と向き合い、それにもとづいて意思決定をする良い機会です。

27歳で転職すべき人の特徴#3:
今の仕事以外よりも興味のある仕事に出会えた

27歳で転職を考えるべき重要な局面の一つは、現在の仕事以外に強い興味を持った場合です。仕事における本当の情熱を見つけることは、長期的なキャリアの充実と満足に直結します。

新しい分野への興味が芽生えることは、個人の成長や新たなキャリアパスを開拓する大きなチャンスです。特に27歳という若さでは、新しい分野に挑戦することに対するリスクが比較的低く、キャリアの柔軟性を保ちやすいです。

この時期に興味のある分野への転職を選択することは、自身のキャリアをより意味深く、満足度の高いものにすることが可能です。

27歳で転職すべき人の特徴#4:
年収を大きく上げたい

年収を上げたいというのも27歳で転職を検討すべき人における特徴の1つです。

27歳は現職における年収が上がってくる年齢です。今後の年収上昇可能性が低いと感じる場合や現職での年収が著しく低い様な場合は、転職を検討すべきと言えます。

現職における評価が低くても、他社ではそうしたスキルが高く評価されて転職するだけで年収が上がる可能性も十分にあります。また評価に関係なく平均年収が高い会社に転職すればそれだけで年収は上がります。

今の会社では実現できないレベルに年収を上げたい人にとっては転職が有効な選択肢となります。

27歳で転職すべき人の特徴#5:
仕事が嫌で日曜日の夜や月曜日の朝に憂鬱な気分になる

27歳で転職すべきの人の特徴は、現在の仕事に対して深い不満を感じている場合です。

特に、日曜日の夜や月曜日の朝に憂鬱な気分になるのは、仕事に対する強い不満のサインです。このような感情は、仕事の環境や内容が自分に合っていないことを示唆しており、転職を検討する重要な理由となります。

また、仕事に対するこのような負の感情は、長期的には心の健康に影響を及ぼす可能性があります。

ストレスは職場での生産性低下だけでなく、私生活ににも影響を及ぼし、幸福感を損なうことにつながります。そのため、自分の幸福と健康を優先し、より満足できる職場環境を求めることが重要です。

27歳という若さでの転職は、長期的なキャリアの満足度を高めるための良い機会です。

現在の職場がもたらすネガティブな感情から脱出し、新しい職場で新たなスタートを切ることは、キャリアと人生の質の向上に直結します。自分の幸せとキャリアの発展のために、転職を検討することは、27歳において賢明な選択となり得ます。

27歳で転職すべきでない人の特徴

27歳で転職をするべきでない人の特徴は下記の通りです。

27歳で転職すべきでない人の特徴

27歳で転職すべきでない人の特徴#1:
周りで転職する人が増えたからなんとなく転職を考えている

27歳で転職をするべきでない人の特徴として、周りで転職をする人が増えたからなんとなく転職したいというものが挙げられます。

20代後半から30代は転職をする人が多くなる時期です。周りの人々が転職する様子を見て、流行に乗りたいという気持ちや周囲に合わせたいという思いから転職を考える人がいます。

しかしながら、「周りの人が転職しているから」という理由だけで転職を検討するのは危険です。周りの人が転職しているからという理由で転職してしまうと、本来は転職すべきでないのに転職に踏み切ってしまう可能性があります。

27歳で転職を失敗したからといって人生終了するわけではなく挽回する方法はありますが、「周りに流されて転職」した場合は転職を失敗した際に強く後悔してしまう可能性もあります。

27歳で転職すべきでない人の特徴#2:
直近で転職したばかりで勤務歴が極端に短い

27歳で転職を考える際、直近で転職したばかりの場合は特に慎重になった方が良いと言えます。

短期間内で転職しすぎてしまうと、「採用してもまた辞めるのではないか」と懸念されることに繋がります。

また、転職を繰り返すと、専門知識やスキルを身につける機会が減少します。一つの職場で長く働くことによって得られる経験や専門性に関しては転職しすぎると取得が難しくなってしまうというのも事実です。

27歳で転職すべきでない人の特徴#3:
近い将来に住宅ローンを活用した自宅購入の予定がある

27歳で転職を考える際、近い将来に住宅ローンを利用して家を購入する予定がある場合は注意が必要です。

住宅ローンの審査では、安定した職歴と収入が重視されます。転職直後は、新しい職場での勤務歴が不足しているため、ローンの審査に不利に働く可能性があります。

住宅購入計画がある場合、転職は慎重に検討すべきです。特に住宅購入を目前に控えている場合は、現在の職場での安定した収入と職歴を維持することが、住宅ローンの審査において有利に働くでしょう。

住宅購入後に転職を考える、あるいは転職後に一定期間勤務してから住宅購入を検討するなど、計画的なキャリアと住宅購入の戦略を練ることが重要です。

27歳の転職を成功させるためのポイントと注意点

27歳の転職を成功させるためのポイントと注意点としては下記の様なものが挙げられます。

27歳の転職を成功させるため
のポイントと注意点

27歳の転職を成功させるためのポイントと注意点#1:
先に会社を辞めるのではなく、仕事を続けながら転職活動を進める

27歳での転職を成功させるための重要なポイントは、現在の仕事を辞めずに転職活動を進めることです。

職を失うリスクを背負わずに転職先を探せるため、焦ることなく理想の職場を見つけることが可能です。

転職活動は長いと半年から1年ほどかかることもあり、仕事がなく収入がないという状況が長く続くと精神的に追い詰められて正しい判断が出来なくなるリスクがあります。

また、転職活動を進めてさまざまな企業の社員と会話をしたり情報収集をする中で、「実は今の会社の方が自分に向いている」と感じるケースも少なくありません。

出来るだけ多くの選択肢を残すためにも、今の会社で働きながら転職活動を進めることをおすすめします。

27歳の転職を成功させるためのポイントと注意点#2:
転職の話は家族や親しい友人に留めて、社内では出来る限り内緒にする

転職を考えている時、転職の話は家族や親しい友人にのみ共有し、職場では秘密にしておくことが重要です。

職場で転職の意向が知られると、今の仕事に対するあなたのコミットメントが疑われたり、チーム内のダイナミクスに悪影響を及ぼす可能性があります。プロフェッショナルな関係を維持するためには、転職活動を個人的なこととして扱うことが賢明です。

また、転職の話が社内で広まると、キャリアにおける選択肢が限定されるリスクも生じます。上司や同僚からの信頼が低下することで、昇進や新しいプロジェクトの機会を失う可能性があります。

そのため、転職活動については慎重に進め、情報は限られた信頼できる人々との間でのみ共有することが重要です。

転職を成功させるためには、現在の職場での立場を守りながら、同時に新しい機会を探求する必要があります。職場での人間関係を大切にしつつ、転職活動は個人的な時間を使って行うべきです。

このようにバランスを取ることが、転職をスムーズかつ成功させる鍵となります。

27歳の転職を成功させるためのポイントと注意点#3:
転職市場における自分の市場価値を正しく把握する

転職を成功させるためには、自分の市場価値を正確に把握することが重要です。市場価値を把握することで、適切な職種や企業、そして求められる給与レベルを現実的に見積もることができます。

市場価値を知るためには、業界の動向や職種別の需要をリサーチし、同じスキルセットを持つ他の専門家と自己を比較することが有益です。また、転職エージェントからの意見を求めることも、自分の市場価値を正確に評価するのに役立ちます。

自分の市場価値を早く正確に知るためには、『ビズリーチ』の様なスカウト型の転職サイトに登録してみることが有効です。

自分に届いたスカウトオファーの内容は、自分の市場価値を映す鏡です。どんな企業がスカウトを送ってくるか、年収はどれくらいかなど、自分の市場価値が分かる情報がたくさん手に入ります。

参考: ビズリーチの評判を解説

27歳の転職を成功させるためのポイントと注意点#4:
転職エージェントを活用して情報戦で負けないようにする

転職を成功させる上で、転職エージェントの活用は非常に有効な戦略です。転職エージェントは業界ごとの最新動向、求人市場の情報、さらには非公開求人に関する情報を無料で提供してくれます。

このような専門的な情報は、自分だけで転職活動を行う場合には入手困難なものであり、転職市場におけるライバルに対して有利な立場を築くために非常に役立ちます。

また、転職エージェントは、履歴書のブラッシュアップや面接対策など、転職プロセスの各ステップにおいても実践的なサポートやアドバイスを提供してくれます。

転職エージェントは転職が決まった際に採用企業からフィーをもらうという仕組みのため、利用者側は1円もお金を払う必要がありません。

転職エージェントに相談した結果、転職しなかったとしてもペナルティは一切かからないため、転職エージェントは遠慮せずに使い倒した方が得と言えます。

27歳におすすめの転職エージェント・転職サイト

27歳の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェント・転職サイトをご紹介します。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職エージェント診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで自分にあった転職エージェントが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

27歳におすすめの転職エージェント
ASSIGN(アサイン) | 高年収を目指す20代に特化した転職エージェント

転職エージェント「ASSIGN」
若手ハイエンド特化型転職エージェント『ASSIGN(アサイン)』

【公式HP】https://assign-inc.com

ASSIGN(アサイン)』は、若手ハイキャリアに特化した転職エージェントです。コンサル・IT・金融などの業界への転職支援に強みがあります。

ASSIGN(アサイン)のメリット・良い評判
  • 高年収を目指す20代・30代のための魅力的な求人が多い
  • 中長期的で真摯かつ丁寧なキャリアサポートを受けることができる
  • 業界に理解が深く質の高いエージェントが在籍

面接対策や業界研究など転職サポートの丁寧さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞しています。

未経験でも挑戦できる独自の高年収求人を多数扱っていることに加え、面談後に一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

今すぐ転職予定のない方や若手の方でも無料で面談やサポートを受けることができるため、高年収な業界への転職を将来的に考えている方は、是非公式ページから無料面談を申し込んでみて下さい。

サービス名ASSIGN(アサイン)
公式ページhttps://assign-inc.com
タイプ・転職エージェント
・特化型
特徴若手ハイエンド専門の転職エージェント
料金無料
運営会社株式会社アサイン
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-308560
転職エージェント『ASSIGN』の概要

27歳におすすめの転職サイト
ビズリーチ | 登録するだけで高年収のスカウトが届く

ビズリーチ(20代)

【公式】https://bizreach.jp

ビズリーチ』は、TVCMでも有名な国内最大級のスカウト型の転職サービスであり、20代におすすめの転職サイトです。

匿名で経歴を登録するだけで高年収のスカウトが届き、気になるスカウトに返信することで効率的に転職活動を進めることができます。

転職活動中の人はもちろん、直近の転職予定がなくても将来的に転職を考えている人も含めて200万人以上のユーザーが利用しています。

人気企業・難関企業の採用担当者や高年収求人を扱う質の高いヘッドハンターからスカウトを受け取ったり、ビズリーチ限定で公開されている好待遇な求人の詳細を確認することができます。

会員登録したからと言って面談を要求されたり、電話がかかってくることは一切ないため、まずは情報収集から始めたい人も安心して利用できます。

サービス名ビズリーチ
公式ページhttps://bizreach.jp
サービス分類・転職サイト
・スカウトサービス
特徴・年収1000万円以上の求人が多数
・200万人以上が利用する国内最大級の転職サイト
求人掲載件数109,360 件(2024年6月時点)
運営会社株式会社ビズリーチ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-302647
参考ページビズリーチの評判と口コミ
ビズリーチのプラチナスカウトとは?
ビズリーチに登録すると会社にばれる?
ビズリーチの審査とは?
ビズリーチのCMの女優は誰?
転職サイト「ビズリーチ」の概要

27歳におすすめの転職エージェント
キャリアスタート | 月給25万円以下から年収100万円以上UPの実績多数

キャリアスタート

【公式HP】https://careerstart.co.jp

キャリアスタート』は、第二新卒・既卒・未経験の方向けに特化して転職支援を行っている転職エージェントです。

未経験の業界や職種への転職支援の実績が豊富で、実際の利用者からは「転職を通じて年収が上がった」「未経験でもIT業界への転職に成功できた」「短期間で内定が出た」などポジティブな声が多く聞こえます。

キャリアスタートのメリット・良い評判
  • 第二新卒や既卒、フリーターなど職歴の浅い20代に特化しており、利用者数も豊富
  • 年収が上がる求人が豊富
  • マンツーマン模擬面接や転職成功BOOKを通じて高い内定率を実現
  • 自己分析や適性検査を通じて、キャリアビジョンの設計をサポートしてくれる
  • 転職交流会や転居サポートといった独自のサポートを提供している

取り扱っている職種としてはマーケティング職・事務職・販売職などが中心であり、これらの領域での就職を目指している方にはおすすめの転職エージェントとなっています。マンツーマン模擬面接や独自のノウハウをまとめた『転職成功BOOK』といった独自の選考対策を受けたい方にもおすすめです。

サービス名キャリアスタート(CAREER START)
公式ページhttps://careerstart.co.jp
サービス分類・転職エージェント
・特化型
特徴20代の第二新卒・既卒・未経験専門の転職エージェント
登録者に『転職成功BOOK』を無料プレゼント中
料金無料
運営会社キャリアスタート株式会社
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-305582
参考ページキャリアスタートの評判と口コミ
転職エージェント「キャリアスタート」の概要

27歳におすすめの転職エージェント
マイナビエージェント | マイナビにしかない好条件の非公開求人が多数

マイナビエージェント

【公式ページ】https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェント』は、大手人材会社のマイナビが運営する20代におすすめの転職エージェントです。

日本全国で幅広い業界・職種の転職を支援しており、2024年6月時点で45,344 件の公開求人と18,146 件の非公開求人を扱っています。

誰もが知る大企業から地方の隠れた優良企業まで幅広い求人を扱っており、マイナビエージェントでしか扱いのない好条件の非公開求人が多いことも特徴です。

マイナビエージェントの求人企業(例)

■ 日系大手・ホワイト高年収企業

キーエンス / SONY / NTTデータ / 野村総合研究所 / アビームコンサルティング / サイバーエージェント / エムスリー / 野村證券

■ 外資系・グローバル企業

アクセンチュア / PwC / アマゾンジャパン / デロイトトーマツコンサルティング / SAMSUNG / ボッシュ

マイナビエージェントはすべての機能が無料で利用でき、登録してみて自分に合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会できます。

サービス名マイナビAGENT
公式ページhttps://mynavi-agent.jp
サービス分類・転職エージェント
・総合型
求人数公開求人:45,344 件
非公開求人:18,146 件
(2024年6月時点)
対応地域日本全国
料金無料
運営会社株式会社マイナビ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-080554
参考ページ【口コミ】マイナビエージェントの評判
マイナビエージェントで断られた?原因と対処法
関連サービス・20代専門転職エージェント『マイナビジョブ20’s
・薬剤師転職サイト『マイナビ薬剤師の評判
・看護師転職サイト『マイナビ看護師
転職エージェント『マイナビエージェント』の概要

27歳におすすめの転職エージェント
doda(デューダ)

doda

【公式ページ】https://doda.jp

doda』は国内最大級の求人数を誇る転職エージェントです。

2024年6月時点で【209,498 件】という膨大な求人を掲載しています。大手人材会社のパーソルキャリア株式会社が運営していて、すべての機能が無料で利用できます。

dodaのメリット・良い評判
  • エージェントだけでなく、求人サイトやスカウトサービスも活用できる
  • 保有求人数が多く、幅広い業界に応募できる
  • 書類添削や面接対策をはじめとした丁寧なサポート体制が構築されており、高い満足度を誇る
  • 大手ならではの安心感があり、使用しているユーザー数も非常に多い
  • 平日夜や土曜日でも担当者と面談できる
  • 全国の求人を取り扱っている

登録しても無理に転職を勧誘されることはないため、今すぐ転職予定のない方や情報収集中の方でも是非一度『doda』に無料会員登録してみることをおすすめします。

サービス名doda(デューダ)
公式ページhttps://doda.jp
サービス分類・転職エージェント/転職サイト/スカウトサービス
・全国総合型
求人掲載件数209,498 件
(2024年6月時点)
求人更新頻度毎週月曜日・木曜日
料金無料
運営会社パーソルキャリア株式会社
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-304785
参考ページdodaの評判と口コミ
dodaのプレミアムオファーとは?
dodaエージェントの評判
dodaのマッチング成立とは?
関連サービスハイクラス転職サービス『doda X
派遣サービス『テンプスタッフ
エンジニア派遣サービス『パーソルクロステクノロジー
転職サービス 『ミイダス
総合転職サービス『doda』の概要

27歳で転職を検討する理由

27歳の人はどのような理由から転職を考えるようになるのでしょうか。27歳で転職を検討する理由についてご説明します。

27歳で転職を検討する理由

27歳が転職を検討する理由#1:
仕事がつまらない・他にやりたいことができた

27歳が転職を検討する理由として、仕事がつまらない・他にやりたいことができたという点が挙げられます。

27歳は日々の仕事に慣れる時期です。毎日の業務がルーティーンワークに感じられたり、仕事がつまらないと思うことによって多くの人が転職を検討します。

また、現職ではキャリアにおける目標を達成できないと感じたり、他にやりたいことができたという理由で転職を検討するに至ることもあります。

このように、仕事内容に対する興味やモチベーションがなくなると多くの27歳は転職を検討するようになります。

27歳が転職を検討する理由#2:
給料が低い

27歳が転職を検討する理由として、給与などの収入が少ないという点が挙げられます。

27歳では家庭を持つ人も増加し、これから先の生活費や老後への貯蓄など様々な金銭的な不安が出てくるようになります。給料の低さは生活の質にも影響を及ぼし、生活面でのストレスが増大していく可能性が高まります。

また、昇給がなされない状態や何年働いても給料が全く上がらない状態では今後の賃金の上昇も見込めません。

こうした状況では、職場を変えることで、一気に金銭的なストレスから解放されることもあります。そのため、金銭的な悩みが多くストレスを抱えている人は正当な評価が行われる会社へ転職を検討するようになってきます。

自分の年収が高いか低いかを知るためには、年収偏差値を調べることをおすすめします。

年収偏差値について詳しく知りたい方は以下の年収偏差値計算ツールをご利用ください。年齢と年収を入力すると年収偏差値を試算することができます。

▼ 条件を指定して年収偏差値を計算できます
年収偏差値計算ツール
偏差値
男性の中での偏差値
女性の中での偏差値
大卒の中での偏差値
大企業の中での偏差値

厚生労働省『賃金構造基本統計調査』の最新情報をもとに試算

27歳が転職を検討する理由#3:
激務やプレッシャーで体調を壊した

仕事が原因で体調を崩すのも、27歳で転職を検討する理由の1つです。

労働時間が長いことや、精神的プレッシャーが強すぎるような状態では、体調を壊してしまう可能性が高まります。仕事が原因で体調を壊してしまうと、復帰に時間がかかるだけでなく、過労死などの重篤な状況に陥ってしまう可能性があります。

27歳は社内でのスキルを重宝されて仕事を押し付けられやすい年齢です。労働時間が長くなり、また成果を残すプレッシャーを感じることで体調を崩して転職を検討するケースが増加します。

27歳が転職を検討する理由#4:
異動などで自分の希望する仕事ができない

異動などで自分の希望する仕事ができなくなるというのも、27歳で転職を検討する理由の1つです。

27歳は社内異動などによって業務内容が大きく変わる可能性のある年齢です。興味がある業務に携われていたのに、異動によって仕事の内容が変わってしまい興味を失ってしまうことがあります。

伝統的な日系企業では、社員に対してジェネラリストとして様々な業務を経験させるために異動させるという方針が取られていることもあります。こうした会社では高い確率で異動があり、配属によって大きく業務内容が変わります。

また、業務内容だけでなく勤務地が大きく変わることもあります。許容できる範囲内での環境変化であれば仕事を辞めるには至りませんが、モチベーションを失う様な環境の変化が起きた場合は多くの人が転職を検討することになります。

27歳が転職を検討する理由#5:
ライフイベントや生活の変化に合わせたい

ライフイベントや生活の変化に合わせるため、というのも27歳が転職を検討する理由の1つです。

27歳は結婚や出産などのライフイベントを経験する人も増える年齢です。こうしたライフイベントを経験した後に価値観が変わって男女問わずに仕事を変えたいと考えることがあります。

例えば結婚などのライフイベントを機に家族との時間を大事にするためワークライフバランスの良い会社に転職したり、逆に家族により良い生活をさせるために報酬の高い会社に転職するなど様々です。

27歳が転職を検討する理由#6:
正当な評価がなされない・不公平な評価がなされる

27歳が転職を検討するようになる理由として、正当な評価がされない・不公平な評価がなされるという点が挙げられます。

大手企業や大きな部署での業務は一人ひとりの成果が分かりにくく、自分の努力が評価として反映されていないと感じる人もいます。

また、27歳は新卒から働き始めていれば社会人7-8年目となります。後輩も成長がみられてくる時期であり、自分よりも「会社での評価が高い」「給料を抜かされていた」という状況となってしまうこともあります。

自分の努力や成果が適切に認識されない場合や、昇進・昇給が公平でないと職場への忠誠心が損なわれていきます。そして、評価が不公平で昇進・昇給につながらないとその会社で頑張る意味がないと感じ転職を検討するようになります。

と感じる人は、今の仕事が自分の性格や強みに合っていない可能性があります。

という方は、『適職診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

適職診断』では、簡単な質問の回答をもとに、強みや性格・理想のワークライフバランスや年収に関する価値観を診断し、理想の条件にあった具体的な職種リストをレポートで受け取ることができます。

質問への回答は1分で完了し、診断結果はその場で見ることができるので、気になった方は適職診断の公式ページをチェックしてみてください。

適職診断の公式ページ

適職診断

27歳が転職を検討する理由#7:
職場の雰囲気が悪い

27歳が転職を検討する理由として、職場の雰囲気が悪いという点が挙げられます。

職場の雰囲気は仕事へのモチベーションが低下していきます。また、コミュニケーション障害を引き起こし仕事への影響も出るようになってしまいます。

職場における悪い雰囲気の例

人間関係のトラブルや陰口、いじめなどは健全な職場環境を維持することを困難にします。働きがいや人間関係を重視する人々にとって、ポジティブな職場環境は重要な要素となります。

27歳が転職を検討する理由#8:
会社内に尊敬できる上司がいない

尊敬できる上司がいないことは、27歳が転職を検討する理由の1つです。

尊敬できる上司から学ぶことは、自身の成長や「なりたい姿」の実現において非常に重要です。目標とする存在が身近にいることで、効率的に学ぶことができるだけでなく仕事上でもモチベーションを保つことができます。

しかしながら尊敬できる上司やリーダーがいないと自身の目標を明確にイメージできず、成長が難しくなってしまいます。

リーダーシップや指導力があって尊敬できる上司がいない環境では、職場の目標設定やチームワークの質も低下する傾向にあります。これは、仕事の満足度や労働環境などにも悪影響を及ぼしてしまいます。

また、尊敬できる上司が会社内にいればその人をロールモデルとできますが、会社内にそのような存在がいなければ、自分も部下に尊敬されるような上司となれる可能性は低いと言えます。

27歳で時間や仕事に余裕が生まれ、改めて自身のキャリアパスを考えた際に、こうした上司がいないことに気づいて転職を検討するに至ることがあります。

27歳の女性が転職を成功させるためのポイント

27歳の女性が転職を成功させるためのポイントとしては下記の様なものが挙げられます。

27歳の女性が転職を成功させるためのポイント
  • 結婚・出産などのライフイベントの時期を想定してキャリアプランを考える
  • 女性が活躍しやすい会社を選ぶようにする
  • リモートワークや時短勤務などフレキシブルな働き方が可能かどうかを確認する

女性の転職におすすめできる転職エージェントは下記の記事で解説しているので、詳しく知りたい方は合わせてご覧ください。

27歳の女性が転職を成功させるためのポイント①
結婚・出産などのライフイベントの時期を想定してキャリアプランを考える

結婚や出産といったライフイベントは、キャリアに影響を及ぼすことがあります。

27歳の女性が転職を検討する際には、将来の家庭生活を見据えてキャリアプランを立てることが大切です。職場のフレキシブルな働き方や福利厚生、育児支援が整った企業を選ぶことで、仕事と家庭を両立させやすくなります。

また、ライフイベントに備えて、転職前に十分な貯金を積み立てたり、保険の見直しを行ったりすることも考慮すべきです。転職が成功するためには、将来のライフプランを考慮した戦略的なキャリアチョイスが不可欠です。

27歳の女性が転職を成功させるためのポイント②
女性が活躍しやすい会社を選ぶようにする

転職を考える27歳の女性にとって、女性が活躍しやすい職場環境は重要です。性別に関係なく、平等にチャンスを提供している企業を選びましょう。女性リーダーやワークライフバランスの取れた社風を持つ企業は、キャリアの発展やストレス軽減につながります。

さらに、多様性を尊重し、女性のキャリアパスをサポートしている企業は、スキルや経験を活かしやすく、成長の機会が豊富です。転職活動中には、企業の文化や働き方について詳しく調査し、自身の価値観に合致する職場を見つけることが成功の鍵となります。

27歳女性が転職を成功させるためのポイント③
リモートワークや時短勤務などフレキシブルな働き方が可能かどうかを確認する

リモートワークや時短勤務などのフレキシブルな働き方が可能な企業は、仕事とプライベートの両立を支援してくれる立派なホワイト企業です。特に、家庭や子育てと仕事を両立させたい場合には、これらの選択肢が非常に有益です。

転職活動の際には、求人情報や企業の採用ポリシーを注意深く確認し、自分のライフスタイルに合った働き方を提供している企業を見つけましょう。働きやすい環境であれば、長期的なキャリアの発展も期待できます。

27歳女性で未経験でも転職できる?27歳から始める仕事はある?

27歳女性で未経験でも十分に転職は可能です。女性の社会進出が進んできたことにより、女性の働きやすい待遇や福利厚生を用意している会社も増えています。

事務やリモートワーク歓迎の求人もあり、こうした求人は未経験でも歓迎となっているケースが多いです。また、フルタイムでなくても派遣の仕事などでは女性・未経験で働ける仕事もあります。

参考: 派遣会社おすすめランキング

27歳の転職に関するよくある質問と回答

27歳で公務員に転職できる?

27歳で公務員に転職することは十分可能ですが、いくつかの要因を考慮する必要があります。まず、公務員試験には年齢制限が設けられている場合が多く、試験の種類や募集する自治体によって異なります。したがって、転職を検討する際には、応募可能な試験や職種を事前に調査することが重要です。

また、公務員試験は一般的に競争が激しく、特に経験者採用の場合はその専門分野での経験やスキルが重視されます。27歳という年齢は、これまでの職業経験を活かし、特定の専門分野での公務員ポジションを狙うのに適しています。

公務員になるためには、専門知識だけでなく、公務員として求められる一般的な知識やスキル、法律の知識も必要です。試験の準備には相応の時間と努力が必要となるため、転職活動を開始する前に、十分な準備と計画を立てることが不可欠です。

このような条件を踏まえて、27歳で公務員に転職することは可能ですが、成功するためには事前のリサーチと準備が重要です。自分のキャリア目標と現実的な公務員採用条件を照らし合わせ、適切な戦略を立てることが求められます。

27歳の2回目の転職はやばい?厳しい?

27歳で2回目の転職を考える際には、その決断がキャリアに与える影響を慎重に検討する必要があります。2回目の転職が「やばい」と一概に言えるわけではありませんが、転職の頻度とその理由が重要な要素となります。頻繁な転職は、決断力の欠如や職場へのコミットメント不足と見なされるリスクがあります。

一方で、2回目の転職は、キャリアの方向性を見直し、より自分に合った職を探す良い機会にもなり得ます。重要なのは、転職の動機を明確にし、それがキャリアの長期的な目標と整合性を持っているかどうかを自己分析することです。前職で得た経験やスキルを次の職場でどう活かせるか、具体的なプランを持って転職活動に臨むことが求められます。

また、転職先選びにおいては、過去の転職経験から学んだ教訓を生かし、より慎重に企業の文化や職務内容を吟味することが重要です。キャリアの長期的な視点を持ち、自分の成長にとって最良の選択をすることが、成功への鍵となります。2回目の転職が厳しいと感じる場合でも、適切な準備と戦略を持って挑めば、新たなキャリアの扉を開くことができるでしょう。

27歳の3回目の転職は多すぎる?

27歳で既に2回の転職を経験している場合、3回目の転職が「多すぎる」と見なされることがあります。頻繁な転職は、決断力の欠如やキャリアに対する不安定さと捉えられる可能性があり、特に専門性を重視する業界や職種では懸念される点です。

ただし、このような状況でも、転職の理由が明確で、それぞれの転職がキャリア成長につながっていると説明できる場合、ポジティブな評価を得られることもあります。職務経歴で、それぞれの職で獲得したスキルや経験、キャリア上の成長を強調することが重要です。

また、27歳という比較的若い年齢での転職は、キャリアの方向性を確立するための探求期間と捉えられることもあります。重要なのは、転職によってどのように成長し、どのような価値を次の職場にもたらすことができるかを明確に示すことです。したがって、転職理由やその経緯を熟慮し、面接などで的確に伝える準備が必要です。

高卒27歳でも転職できる?高卒ならではの注意点は?

高卒で27歳の場合でも、転職は十分に可能です。この年齢では、これまでの実務経験や業務での成果が、学歴よりも重視される傾向にあります。多くの企業は、実際の仕事での実績やスキル、職場での対人関係能力などを評価するため、高卒であっても十分に転職することができます。

しかし、高卒の場合、大卒者と比べてキャリアの選択肢が限られる可能性があります。特に専門職や高度な技術を要する分野では、学歴が求められる場合があるため、転職先を探す際には業界や職種のリサーチが重要です。また、自分の経験やスキルをどのように活かせるかを明確にし、履歴書や面接でアピールすることが大切です。

転職活動では、これまでの経験や成果を具体的に示し、どのように職場に貢献できるかを強調することが重要です。また、自己啓発やスキルアップのための取り組みを行うことも有効です。継続的な学習や資格取得は、高卒であることの不利を補い、あなたの市場価値を高める手助けとなるでしょう。

27歳から始めるおすすめの仕事は?

27歳でキャリアを新たに始めるには、特定の職種が特に適しています。この年齢は、既存のスキルや経験を活かしつつ、新しい分野に挑戦するのに理想的な時期です。例えば、デジタルマーケティングやデータ分析のような技術的知識を要する職種は、現代のビジネス環境で高い需要があり、これまでの経験が直接的には関連しなくても、短期間の研修や学習で入門が可能です。

また、プロジェクトマネジメントやコンサルティングのような分野もおすすめです。これらの職種では、組織内でのコミュニケーション能力や問題解決スキルが重視されるため、異なる業界や職種で培った経験が生かせる可能性があります。さらに、人材育成や教育関連の分野も、27歳の時点での人生経験が役立つ領域です。

重要なのは、自分の興味や強みを考慮しながら、成長が見込める分野を選ぶことです。27歳はまだ多くの可能性が開かれている年齢であり、様々な職種で成功するチャンスがあります。自分に合った仕事を見つけ、新しいキャリアパスを歩み始めることが大切です。

資格なし・スキルなしでも転職できるおすすめの仕事は?

資格や特定のスキルがなくても、多くの職種で転職の機会は存在します。重要なのは、あなたの柔軟性、学習意欲、そしてコミュニケーション能力です。これらの能力を生かす職種として、カスタマーサポート、セールス、一部の管理職などが挙げられます。これらの職種では、人とのコミュニケーションや問題解決能力が重要視され、特定の資格や技術的なスキルよりも、人間性や働き方が評価されます。

また、小売業や飲食業などのサービス業も、資格や特定のスキルがなくても始めやすい職種です。これらの業界は研修制度が充実しており、仕事を通じて必要なスキルを身に付けることができます。さらに、これらの職種は人との接触が多いため、コミュニケーションスキルやチームワークの重要性が高まります。

【参考】年齢別の転職

年齢別の転職方法や転職ノウハウに関するは以下のリンクからご覧ください。

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地〒106-6116
東京都港区6-10-1 六本木ヒルズ森タワー16F
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年6月時点)
目次