【37歳の転職】遅い?難しい?と言われる理由や注意点を解説

37歳の転職

「37歳での転職が難しいと言われる理由」「37歳が転職を検討する理由」「37歳で転職することのメリット・デメリット」「転職を成功させるためのポイント・注意点」について解説します。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで、自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

実際の利用者の口コミが良かった30代におすすめの転職サイトについて詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

「37歳で転職はもう遅い」というのは誤り

結論から申し上げると、37歳での転職が遅いというのは間違いです。

多くの企業が中堅の人材が不足している中で、知やスキルを求めた37歳の需要は高い傾向にあります。従って37歳は多くの企業での需要が高く転職も十分に可能です。

総務省統計局によると、就業者6,676万人のうち転職者は269万人と年々増加しており、中でも「35歳―44歳」は全体の約20%を占めています。このことから、30代であっても多くの転職成功者がいることが分かります。

年代転職者数
25歳―34歳74万人(25.0%)
35歳―44歳55万人(18.6%)
45歳―54歳52万人(17.6%)
総務省等統計局『労働力調査』(2023年)

また、国内最大手のスカウトサービスである『ビズリーチ』によれば、37歳より年上の40代が『ビズリーチ』における転職者割合の4割以上を占めている模様です。

ビズリーチでは、転職成功者のうち、40代以上 が4割以上とかなりの割合を占めます。

ビズリーチ

37歳は、20代や30代前半よりも豊富な知識や経験・スキルがを持っているかどうかが判断材料になりやすいです。

逆に、未経験の業界や異業種への転職に関しては、スキルや経験値が不足していると判断されて転職が難しい場合もある点には注意が必要です。

\ 今すぐ転職予定が無くても情報収集に使える /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年7月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
利用者の口コミが良いおすすめ転職サービス
\ 人気No.1 /
マイナビAGENT
(4.8)
ホワイト企業で高年収を目指したい人におすすめの大手転職エージェント【全国・全職種・全年代対応】

【週休3日】【フルリモート可】【未経験歓迎】など、マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp
リクルートエージェント
(4.6)
初めての転職におすすめ!転職支援実績で国内No.1の最大手転職エージェント。

年齢・地域・職種に関わらず誰でも利用でき、全国20万件以上の非公開求人から経験豊富なキャリアアドバイザーが最適な求人を提案。

【公式】https://r-agent.com
キャリアスタート
(4.6)
第二新卒・既卒・未経験に特化した大手のキャリア支援サービス。

学歴・職歴よりもポテンシャルを評価してくれる優良企業の独自案件が多く、月収25万円以下から年収100万円以上アップの実績多数

【公式】https://careerstart.co.jp
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

「37歳での転職は厳しい」と言われる理由

「37歳での転職は厳しい」と言われる理由は下記の通りです。

「37歳での転職は厳しい」
と言われる理由

「37歳での転職は厳しい」と言われる理由#1:
新しい環境への適応が難しくなるため

「37歳での転職は厳しい」と言われる理由として、新しい環境への適応が難しいことが挙げられます。

37歳での転職となれば、社会人経験15年以上で知識や経験も豊富になっています。

そのため、これまでのルールや今までの仕事のやり方に固執してしまう可能性があります。37歳は柔軟性が20代と比較すると低く、企業から見た時の教育難易度は高いです。

企業側は何も分からない20代に一から教育するような手間は省けますが、会社の方針に従うことができず、柔軟性に欠ける人材への教育は難しくなるため、採用を躊躇してしまう可能性が高くなります。

また、転職直後は年齢やキャリアとは無関係に新人として見られます。さらに、自分よりも年齢の若い人や同年代の上司から学ぶことも多くなります。

こうした、新しい環境に柔軟に対応し馴染むことができなければ企業側の教育も難しくなるため、採用されにくくなると言えます。

「37歳での転職は厳しい」と言われる理由#2:
高いスキルを求められるため

高いスキルが求められることも、「37歳での転職は厳しい」と言われる理由です。

37歳では若い人材に比べ人件費が高くなります。20代の平均年収は321万円で、30代の平均年収は423万円であり、約100万円の差があります。転職者は現職と同じ収入、それよりも高い収入を求めて転職を行うことがほとんどです。

そのため、企業が37歳を採用する場合、20代を雇うよりもコストがかかってきます。その分、誰もが持っているスキルではなく、今いる人材よりも高いスキルや経験をもって、実績を上げることが期待できる人材を雇うようになります。

他の候補者と差をつけることができるような経験やスキルが不足している場合、企業側からスキルや経験が不足してると判断され転職が難しくなることがあります。

\ 2024年7月最新の人気求人 /

総合商社の事業投資担当者【年収800万円~】

グローバルに事業展開する総合商社が事業投資担当者を募集中。ワークライフバランスを確保したまま高年収を実現できます。

【勤務地】東京(リモート可)

【年収】800万円 ~ 2000万円

「37歳での転職は厳しい」と言われる理由#3:
30代前半と比べ求人数が少ないため

「37歳での転職は厳しい」と言われる理由として、30代前半と比べ求人数が少ないという点が挙げられます。

企業は育成しやすい人材やより長く働くことができる人材を求めることが多く、20代から30代前半であれば多少スキルがなくても、「若さ」や「成長性」を見込み採用することもあります。

しかし、37歳になると前職でどのようなスキル・経験を積んでいるのかを重視されるようになります。

従って、異業種や未経験での求人数も20代、30代前半と比べて少なくなります。また求人が求める条件も厳しくなっていき、自分に当てはまるものは少なくなります。

また20代から30代前半は離職者が多く不足人員を補充するための求人数も豊富です。一方で37歳はそもそも転職で離職する人数が少なく、社内人材で賄おうとするケースも多いため、結果的に求人数が少なくなります。

37歳での転職の際には、現職で培ってきたスキルや経験をどう活かすことができるのかをしっかりと企業に伝えていくことが重要になります。

「37歳での転職は厳しい」と言われる理由#4:
求人へ求める条件が多くなるため

「37歳での転職は厳しい」と言われる理由として、求人への条件が多くなることが挙げられます。

37歳は結婚や出産によって家族が増えている可能性がある年齢です。そうなると「給料が高い」「残業がない」「土日祝休み」など自分のことだけでなく、家族とのワークライフバランスも考えた上で転職を行うことが必要となります。

また、自分が良い転職先であると感じた場合であっても、家族からの意見などもあり自分の希望だけでは仕事を決められないケースも多くなってしまいます。

そのため、譲れない希望条件を絞り、ある程度妥協することも37歳での転職においては必要になってきます。

\ ワークライフバランス&キャリアアップ /

注目求人

大手Webサービスの事業企画【週休3日・フルリモート可】

【勤務地】全国(フルリモート)

【年収】550万円 ~ 1000万円

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職エージェント診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで自分にあった転職エージェントが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

37歳が転職を検討する理由

37歳が転職を検討するようになる理由は下記の通りです。

37歳が転職を検討する理由

37歳が転職を検討する理由#1:
正当な評価がなされない・不公平な評価がなされる

37歳が転職を検討するようになる理由として、正当な評価がされない・不公平な評価がなされるという点が挙げられます。

大手企業や大きな部署での業務は一人ひとりの成果が分かりにくく、自分の努力が評価として反映されていないと感じる人もいます。

また、自分の成果にも関わらず、上司の手柄にされるといったことも少なくありません。この様な環境ではチームの評価も上がらず自分自身の成果にもつながっていきません。

自分の努力や成果が適切に認識されない場合や、昇進・昇給が公平でないと職場への忠誠心が損なわれていきます。そうして、評価が不公平で昇進・昇給に繋がらないとその会社で頑張る意味がないと感じ転職を検討するようになります。

注目求人

大手広告代理店のアカウントプランナー【平均残業10時間】

テレビCMからSNS広告まで幅広い広告を扱う大手広告代理店において、顧客企業の広告戦略策定・予算運用を行うアカウントプランナーを募集中。広告業界の経験は不問で、入社後すぐにキャッチアップできます。

37歳が転職を検討する理由#2:
仕事内容に満足できなくなった

37歳が転職を検討するようになる理由として、仕事内容に満足できなくなるという点が挙げられます。

自分の専門性や興味が活かせなかったり、そもそも希望しない仕事をしているような状況は、仕事へのモチベーションや満足度を低下させる原因になります。

また、現在の職場で自分のキャリア目標や長期的な目標を達成できないと感じる場合、その環境が自身の成長に適していない可能性があります。

希望する仕事ができないことは、自分の能力やスキルを十分に発揮できず、最終的に評価が落ちてしまうことにもつながる可能性が高まります。

と感じる人は、今の仕事が自分の性格や強みに合っていない可能性があります。

という方は、月間100万人以上が利用する『適職診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

適職診断』では、簡単な質問の回答をもとに、強みや性格・理想のワークライフバランスや年収に関する価値観を診断し、理想の条件にあった具体的な職種リストをレポートで受け取ることができます。

質問への回答は1分で完了し、診断結果はその場で見ることができます。気になった方は適職診断の公式ページをチェックしてみてください。

適職診断の公式ページ

適職診断

37歳が転職を検討する理由#3:
労働条件が合わない

37歳が転職を検討するようになる理由として、労働条件が合わないという点が挙げられます。

労働条件が合わないと感じる要因

20代の頃では仕事量の多さや労働時間が長いことも給与が良ければ我慢できていたかもしれません。しかし、37歳では家庭を持つ人も多くなってくることや、体力的にも20代の頃の様に働くことが難しく感じる人も出てくるようになります。

その結果、今までの労働条件ではワークライフバランスを保つことができないと考え、転職を検討するようになっています。

37歳が転職を検討する理由#4:
給与等の収入が少ない

37歳が転職を検討する理由として、給与などの収入が少ないという点が挙げられます。

37歳では家庭を持つ人も増加し、これから先の生活費や老後への貯蓄など様々な金銭的な不安が出てくるようになります。給料の低さは生活の質にも影響を及ぼし、生活面でのストレスが増大していく可能性が高まります。

また、昇給がなされない状態や何年働いても給料が全く上がらない状態では今後の賃金の上昇も見込めません。

こうした状況では、職場を変えることで、一気に金銭的なストレスから解放されることもあります。そのため、金銭的な悩みが多くストレスを抱えている人は正当な評価が行われる会社へ転職を検討するようになってきます。

なお、今の自分の年収が高いか低いかを知りたい場合は、自分の年収偏差値を計算してみることをおすすめします。一例として、以下は【25歳・年収400万円】の場合の年収偏差値です。

年収偏差値について詳しく知りたい方は以下の年収偏差値計算ツールをご利用ください。年齢と年収を入力すると年収偏差値を試算することができます。

▼ 条件を指定して年収偏差値を計算できます
年収偏差値計算ツール
偏差値
男性の中での偏差値
女性の中での偏差値
大卒の中での偏差値
大企業の中での偏差値

厚生労働省『賃金構造基本統計調査』の最新情報をもとに試算

実は、年収は個人の能力やスキルよりも、働いている業界や企業などの【環境】によって大きく左右されます。年収水準の低い業界やブラック企業に勤めている限り、本人がいくら努力しても年収が上がることは期待できません。

今の自分の年収が本当に適正水準なのか?ブラック企業に搾取されていないか?自分の正しい市場価値を知りたい方は『適正年収診断』という無料ツールをチェックしてみてください。

簡単な経歴を登録するだけで、自分の適正年収を診断し、具体的な数字で知ることができます。診断は1分で完了し、結果はその場で見ることが出来ます。(診断ページはこちら

37歳が転職を検討する理由#5:
職場の人間関係が悪い

37歳が転職を検討する理由として、職場の人間関係が悪い点も挙げられます。職場の人間関係が悪いと自身の健康状態やスキル、キャリアアップに対して多大な悪影響が引き起こされます。

人間関係が最悪な職場で働き続けた結果

職場の人間関係が悪いと、仕事へのモチベーションが低下するだけでなくスキルを磨くこともできなくなってしまいます。さらに、業務効率が落ちることで長時間労働や残業などを強いられ、精神的不調となる可能性もあります。

人間関係の悪い職場では自分の思い描くキャリアプランに沿って働き続けることも難しくなり、キャリアアップすることも困難になっていきます。こうした環境から抜け出すために転職を検討する人も多くなっています。

37歳が転職を検討する理由#6:
仕事や職場に将来性が見込めない

37歳が転職を検討する理由として、仕事や職場に将来性が見込めないという点が挙げられます。

将来性を見込めないと感じる理由

自分の働いている業界や会社の将来性が見込めず、衰退する可能性がある場合、「自身の雇用が危うくなる」「給与水準が下がる」「出世の道が閉ざされる」という様々なリスクがあります。

会社や業界自体に将来性がなく衰退が避けられない場合だと、自身の努力ではどうにもならない可能性が高いため、転職を検討するきっかけになります。

また、自分の思い描くキャリアを築いていくことができない場合も転職を検討するきっかけになります。現在の職場において自身が目標としているキャリアを築けない場合や他社の方が実現可能性が高い場合は転職を検討することとなるでしょう。

市場価値を上げたい人におすすめの求人

大手上場IT企業のITエンジニア【完全未経験から歓迎】

東証プライム市場に上場している大手IT企業において、ITエンジニアを募集中。プログラミング経験ゼロでも可。充実した独自研修システムを利用し、給料をもらいながら一人前のITエンジニアを目指せます。

37歳が転職を検討する理由#7:
上司と部下の板挟みにされる

37歳は年下の社員・部下が多くなり、立場上、上司や部下に挟まれやすいいわゆる中間管理職と呼ばれる年代です。両者の意見を聞かなければならない立場であり非常にストレスが溜まりやすい状況です。

上司と部下からのストレス要因

上司や部下に挟まれることによって、ストレスを過度に感じるようになると、自分自身の仕事も思うようにできなくなってしまいます。結果的に、業務効率は低下し自身の評価も上がらないといった悪循環となってしまう可能性があります。

そのような状況を脱するためにも、転職を検討する人も少なくありません。

\ 今すぐ転職予定が無くても情報収集に使える /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年7月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *

【1位】 マイナビAGENT (4.8)

ホワイト企業で高年収を目指したい人におすすめの大手転職エージェント。【週休3日】【フルリモート可】【未経験歓迎】など、マイナビエージェントでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp


【2位】 リクルートエージェント (4.6)

初めての転職におすすめ!転職支援実績で国内No.1の最大手転職エージェント。年齢・地域・職種に関わらず誰でも利用でき、全国20万件以上の非公開求人から経験豊富なキャリアアドバイザーが最適な求人を提案。

【公式】https://r-agent.com


【3位】 キャリアスタート (4.6)

第二新卒・既卒・未経験に特化した大手のキャリア支援サービス。学歴・職歴よりもポテンシャルを評価してくれる優良企業の独自案件が多く、月収25万円以下から年収100万円以上アップの実績多数

【公式】https://bizreach.jp

【知らないと損】
37歳で転職するメリット

37歳で転職するメリットは下記の様なものが挙げられます。順にご説明します。

37歳で転職するメリット

37歳で転職するメリット#1:
経験やスキルを評価してもらうことができる

37歳で転職するメリットとして、スキルや経験を評価してもらうことができるという点が挙げられます。

20代や30代前半とは違い、37歳からの転職では今まで培ってきたスキルや経験が重要視されるようになります。従って、今まで関わってきた仕事における経験やスキルによる差別化がしやすくなります。

スキルや経験が十分にある人は、転職市場において価値が高く様々な会社から内定を得ることができるでしょう。またこうした経験やスキルを活かして、現職より良いポジションを勝ち取りやすくなります。

従って、面接時に今までの経験や知識などをしっかりとアピールしていくことが37歳での転職を成功させる近道となります。またこうした知識や経験を高く評価してくれる職場を選択することも非常に重要となります。

注目求人

未経験歓迎の戦略コンサルタント【残業20時間以内】

転職市場で屈指の人気を誇る大手コンサルティングファームがコンサルタントを募集中。コンサル未経験でも転職可能で、戦略系プロジェクトも多数経験できます【平均残業時間は約20時間】

37歳で転職するメリット#2:
年収がアップする可能性がある

37歳で転職するメリットとして、年収がアップする可能性があるという点が挙げられます。

37歳は豊富な経験・スキルだけでなく、チームをマネジメントする能力などビジネスにおいて価値の高いスキルを多数持ち合わせている年齢です。

日本企業の多くは年功序列の古い会社が多く20代・30代のうちはどんなに優秀でも年収が上がりにくい傾向にあります。本来ならこうした知識・経験により高年収を得るべきなのに、年功序列というだけで年収が下押しされることも少なくありません。

しかしながら、スキルを持つ優秀な人材は転職市場に少なく希少性が高いために、既存の年収体系から外れた高い年収が提示されることもあります。

場合によっては、同じような業務内容だったり労働時間が短くなったのに転職するだけで大きく年収が上がるということも少なくありません。

37歳は自分の培ってきた経験やスキルを活かして大きく年収を上げることができる可能性のある年齢だと言えます。

キャリアアップを目指す人におすすめの求人

【金融知識不問】M&Aアドバイザー【平均年収2000万円超】

企業の合併・買収において中立的なアドバイスを提供し、売り手・買い手企業の両面をサポート。業界未経験者が多数で、平均年収は2000万円以上。法人営業や企画系職種の経験者は特に歓迎です。

37歳で転職するメリット#3:
異業種・未経験でも転職できる

異業種・未経験でも転職可能な点は37歳での転職のメリットと言えます。

37歳は知識・経験を重視される傾向にあるため、一般的には異業種・未経験での転職は難しいというのは間違いありません。

しかしながら、37歳まで培ってきたビジネススキルやコミュニケーション能力、マネジメント能力などは業種が変わったとしても最大限活かすことができます。

また、37歳になるとリーダーやマネジメント経験をしている人も多く、チームをまとめ引っ張っていく存在としても重宝されるようになります。

40代を迎えると、スキルが無ければ異業種・未経験に転職するのはさらに難しくなってしまいますが、スキルがあれば異業種・未経験でも十分に転職できるというのが37歳で転職するうえでメリットとなっています。

37歳でスキルなしでも転職できる?

37歳でスキルなしの場合でも十分に転職できます。

もちろん前職での経験・スキルを必須としている様な求人は内定が難しいというのは事実ですが、そうした求人ではなく未経験歓迎の求人であれば十分に転職可能なので、求人を吟味することが重要です。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職エージェント診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで自分にあった転職エージェントが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

37歳で転職するデメリット

37歳で転職するデメリットは下記の通りです。

37歳で転職するデメリット

37歳で転職するデメリット#1:
スキルや実績が求めれる

37歳の転職が難しいと言われる理由でも先述しましたが、37歳では、即戦力として働くことができる人材を採用するために、高いスキルや実績を求められるようになります。

37歳の転職で求められるスキル・能力

例えば、コミュニケーション能力は職場の人間関係や雰囲気、職場環境にも影響していきます。また、企業から能力やスキルが評価され責任のあるポストを任される可能性もあります。

その際に、マネジメント経験などがあれば部下への指導も容易となり重宝されるようになります。こうしたスキルや能力がある人は優秀な人材であり、企業にとっても良い風を与えてくれると判断され採用されやすくなります。

そのため、現職においてしっかりとスキルや経験を積み、面接時には企業へアピールをしていくことが重要になってきます。

また、37歳では比較的転職者が多い世代であるため、他の転職者よりも秀でたスキルがないと差をつけることができず転職が難航する恐れもあります。

37歳での転職で有益な資格は?

37歳で転職するにあたって、資格は明確な強みとなります。例えば下記の様な資格は有益です。こうした資格以外にも有益な資格は多数あります。

37歳での転職で有益な資格の例
  • 弁護士、公認会計士、宅地建物取引士、社会保険労務士、中小企業診断士、行政書士、簿記、FP(ファイナンシャル・プランニング)技能士など

37歳で転職するデメリット#2:
転職活動が長引くことがある

37歳で転職するデメリットは、転職が長引くことがあるという点です。

37歳になると多くの人が家庭を持つようになり、20代や30代前半よりも求人に対する条件が厳しくなります。また、37歳で転職に失敗したくないという思いから転職に対して、より慎重になっていきます。

また、求人の件数自体も20代を求める求人と比較すると少なくなってきます。30代と比較すると20代は離職者が少ないため、

求人数の減少や希望とする条件が多くなることで、20代での転職に比べ30代後半での転職では長引く可能性が考えられます。そのため、37歳での転職においては、計画をしっかりと立てたうえで行っていくことがより速い転職成功への鍵となります。

37歳で転職するデメリット#3:
上司や同僚が年下になることがある

37歳での転職するデメリットとして、上司や同僚が年下になる可能性があるという点が挙げられます。

異業種や未経験転職の場合や今までのキャリアが活かせない場合、新卒と同様のポジションになることが考えられます。また、現職と同じ職種であっても、上司や同僚が年下となる可能性も十分に考えられます。

年齢が下の上司や同僚も、自分よりも年齢が上の人が部下になることに抵抗を感じ、気を使ってしまうことも考えられます。そのような状況では、コミュニケーションがうまく取れないといったことになりかねません。

さらに、コミュニケーションが取れないことによって、作業効率の低下や事故の発生リスクが上がるなどの影響が考えられます。そのため、転職者は新しい環境へ柔軟に対応し、しっかりとコミュニケーションをとっていくことが重要になってきます。

37歳で転職するデメリット#4:
異業種や未経験への転職はハードルが高くなる

37歳で転職するデメリットとして、異業種や未経験への転職はハードルが高くなるという点が挙げられます。

30代に入ると企業は転職者に対して即戦力として働くことを期待するようになります。そのため、未経験者を採用する企業が少なくなってしまいます。

もちろん、30代での未経験者を歓迎している企業もありますが、20代と比べ「若さ」「吸収力」などポテンシャルの高さが見られにくくなります。そのため、求人数自体も20代と比べ減少してしまいます。

この様なことから37歳になると異業種や未経験への転職はハードルが高くなると言えます。

SNSが好きな人におすすめの求人

SNS広告の運用をリードするWebマーケター【未経験歓迎】

インターネット広告に特化した国内最大級の広告代理店において、未経験からWebマーケターを募集しています。充実した研修制度を通じてポータブルスキルが身につき、転職市場における市場価値アップも目指せます。

37歳で転職するべき人の特徴

37歳で転職するべき人の特徴は下記の通りです。

37歳で転職するべき人の特徴

\ 今すぐ転職予定が無い人でも安心して使える /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
【厳選】おすすめ転職サービス
\ 人気No.1 /
マイナビAGENT
(4.8)
ホワイト企業で高年収を目指したい人におすすめの大手転職エージェント。

【週休3日】【フルリモート可】【未経験歓迎】など、マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp

【口コミ】マイナビエージェントの評判
リクルートエージェント
(4.6)
初めての転職におすすめ!転職支援実績で国内No.1の最大手転職エージェント。

年齢・地域・職種に関わらず誰でも利用でき、全国20万件以上の非公開求人から経験豊富なキャリアアドバイザーが最適な求人を提案。

【公式】https://r-agent.com

【口コミ】リクルートエージェントの評判
キャリアスタート
(4.6)
第二新卒・既卒・未経験に特化した大手のキャリア支援サービス。

学歴・職歴よりもポテンシャルを評価してくれる優良企業の独自案件が多く、月収25万円以下から年収100万円以上アップの実績多数

【公式】https://careerstart.co.jp

【口コミ】キャリアスタートの評判
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

37歳で転職をするべき人の特徴#1:
今の会社がブラック企業で職場環境が悪い人

37歳で転職をするべき人の特徴として、ブラック企業で職場環境が悪い会社に勤めているという点が挙げられます。

ブラック企業とは

過度な残業、不当な低賃金、精神的・身体的な負荷を強いる企業のこと

ブラック企業に勤務すると長期間の労働によって疲弊して身体的・精神的に体調不良となります。

ブラック企業での勤務は自身の成長にもネガティブな影響を及ぼします。残業が多すぎると自己研鑽や新たなスキルの習得に必要な時間が奪われ、キャリアアップの機会が限られることになります。

参考までに、37歳の平均年収は443万円となっており、現在の年収がこれよりも十分に低い場合はブラック企業の可能性があります。

また、年収が平均より高くても、残業時間が異常に長い場合や、パワハラ・モラハラがある場合、社員の離職率が高い場合などはブラック企業である可能性を疑うべきです。

年収が低いと生活の質や貯蓄にも影響を与えます。ブラック企業に勤務していると悪影響しかないため、早めに転職活動を行うことが重要となります。

37歳で転職するべき人の特徴#2:
今の仕事よりも興味のある仕事に出会えた人

現在の仕事以外に強い興味を持ったというのも37歳で転職を検討すべき人における特徴の1つです。

新しい分野への興味が芽生えることは、個人の成長や新たなキャリアパスを開拓する大きなチャンスです。37歳という年齢は十分若いことから新しい分野に挑戦することに対するリスクが比較的低く、キャリアを柔軟に保ちやすいと言えます。

特に37歳で興味のある分野への転職を選択することは、今まで培ってきた知識・経験を最大限に活かすことができ、自身のキャリアをより満足度の高いものにする絶好の機会となります。

37歳で転職するべき人の特徴#3:
年収を上げたい人

年収を上げたいというのも、37歳で転職を検討すべき人における特徴の1つです。

37歳は現職における年収が上がってくる年齢です。37歳になっても年収が引き続き低かったり、今後の年収上昇可能性が低いと感じる場合は、転職を検討すべきと言えます。

37歳は経験やスキルが身に付いている年齢です。現職における評価が低くても、他社ではそうしたスキルが高く評価されて転職するだけで年収が上がる可能性も十分にあります。

今の会社では実現できないレベルに年収を上げたい人にとっては転職が有効な選択肢となります。

注目求人

【未経験歓迎】大手VCファンドの投資チーム募集

業界最大手級のベンチャーキャピタルにおいて、スタートアップ投資を担当する投資メンバーを募集中。VC業界内で最高水準の年収を提示可能。

37歳で転職するべきでない人の特徴

37歳で転職をするべきでない人の特徴はどのようなものがあるのでしょうか。順にご説明します。

37歳で転職をするべきでない人の特徴

37歳で転職をするべきでない人の特徴#1:
転職理由が不明確な人

37歳で転職を考える際に注意すべき点の一つは、転職理由が不明確なまま転職を行うことです。

20代から30代は転職を行う人が多くなる時期です。周りの人々が転職する様子を見て、流行に乗りたいという気持ちや周囲に合わせたいという思いから転職を考える人がいます。

周囲に流され転職理由が不明確なまま転職を行ってしまうと、自身のキャリアパスも見えなくなり、スキルアップやキャリア形成が難しくなることも考えられます。

また、企業側も転職者のモチベーションや価値を見出すことができず採用が難しくなります。

転職は個人のキャリアに大きな影響を与える重要な決断です。そのため、転職理由が「他人がしているから」というものであれば、十分な自己分析や市場調査を行う必要があります。そして、転職が自分にとって本当に必要なステップかどうかを冷静に考えることが重要です。

37歳で転職をするべきでない人の特徴#2:
自己分析ができていない人

37歳で転職をするべきでない人の特徴として、まだ自己分析ができていないという点が挙げられます。

自己分析を行う目的

自己分析ができていない場合、自分のスキルや経験など自己の市場価値を把握することが難しく、企業への自己アピールも困難になります。また、自己分析ができていないことで、企業とのミスマッチを引き起こす可能性も高まります。

そのため、転職活動を行う際には、しっかりとした自己分析を行っていることが重要になってきます。

37歳で転職をするべきでない人の特徴#3:
年収を下げたくない人

37歳での転職は、現在の年収に比べて低くなる可能性もあるため、年収を絶対に下げたくない人は注意が必要です。

37歳ではある程度スキルがあり現在の会社での年収も年々増加しているかもしれません。しかし、異業種や未経験の会社への転職の場合、その業界でのスキルや経験が少ないため、今よりも低い給料を提示される場合もあります。

年収を下げることなく転職したいと考えている人は、今の職場よりも給料や年収が良い求人に絞り探すことをおすすめします。

また、実際の面接の場や転職エージェントを通じて給料面を転職前に確認しておくことで、転職後条件が合わないといったミスが起こるのを防ぐことができます。

37歳で転職をするべきでない人の特徴#4:
周りで転職をする人が増えたからなんとなく転職したい人

37歳で転職をするべきでない人の特徴としてまず挙げられるのは、周りで転職をする人が増えたからなんとなく転職したい人です。

20代後半から30代は転職をする人が多くなる時期です。周りの人々が転職する様子を見て、流行に乗りたいという気持ちや周囲に合わせたいという思いから転職を考える人がいます。

しかしながら、「周りの人が転職しているから」という理由だけで転職を検討するのは危険です。37歳での転職はリスクを伴う中で、周りの人が転職しているからという理由で転職してしまうと、本来は転職すべきでないのに転職に踏み切ってしまう可能性があります。

37歳で転職を失敗したからといって人生終了するわけではなく挽回する方法はありますが、「周りに流されて転職」した場合は転職を失敗した際に強く後悔してしまう可能性もあります。

37歳まで同じ会社にいた場合は必ずしも転職することが正解ではありません。37歳で転職する場合は、「転職すべき理由」を明確にして本当に転職すべきかどうか検討したうえで転職することが重要です。

37歳で転職を成功させるためのポイントと注意点

37歳で転職を成功させるためのポイントと注意点としては、下記の様なものが挙げられます。

37歳で転職を成功させるためのポイントと注意点
  • 企業がどのような人材を求めているか理解する
  • キャリアプランを明確にする
  • 仕事を続けながら転職活動を進める
  • 転職の話は家族や親しい友人に留めて、社内では出来る限り内緒にする
  • 自分の市場価値を正しく把握する
  • 転職エージェントを活用して情報戦で負けないようにする

37歳の転職を成功させるためのポイントと注意点#1:
企業がどのような人材を求めているか理解する

37歳で転職を成功させるための重要なポイントは、企業がどのような人材を求めているか理解しているという点が挙げられます。

会社の経営状況・その企業の特徴などによって企業側の求める人材は異なります。そのため、転職する際には企業分析を行い企業の求めている人材を理解することが重要となります。

また、面接においても企業が求人を出す目的を理解し、自分自身が必要な人材であることをアピールすることが重要となります。企業分析が苦手な人は、転職エージェントの活用もおすすめです。

転職エージェントでは企業分析だけでなく、企業ごとの面接対策なども行ってもらうことが可能なため、より転職を成功させる確立を上げてくれます。

37歳の転職を成功させるためのポイント注意点#2:
キャリアプランを明確にする

37歳の転職を成功させるためには、キャリアプランを明確にすることも重要です。

いつまでにどの様な人材になっていたいか、どの様な働き方を実現したいかなど自分のキャリアにおける目標を明確にすることで、転職で将来何を実現したいのかといった軸を定めることができます。

また、軸が定まることで、企業とのミスマッチを防げるだけでなく自己アピールの幅を広げることもでき、より転職成功に近づくことができます。

一人でキャリアプランを明確にすることが困難な場合は、転職エージェントの活用もおすすめです。転職エージェントではキャリアの棚卸から今後のキャリアプランを一緒に行ってもらうことが可能です。37歳におすすめの転職エージェントについては後述しているのでそちらをご覧ください。

また、実際の利用者の口コミが良かった30代におすすめの転職エージェントについて詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

37歳の転職を成功させるためのポイントと注意点#3:
仕事を続けながら転職活動を進める

37歳で転職を成功させるための重要なポイントは、現在の仕事を続けながら転職活動を進めることです。

いきなり仕事を辞めてしまうと、収入の途絶えや不必要なキャリアの空白を生むリスクがあります。現在の会社に在籍しながら、次の職を探すことで、経済的な安定とキャリアの連続性を保つことができます。

また、仕事を続けながら転職活動を行うことは、転職先を慎重に選ぶための余裕に繋がります。急いで仕事を辞めることなく、自分に合った新しい職場をじっくりと探すことが可能になります。

これにより、より適切な職場選びが可能となり、転職後の満足度を高めることができます。

さらに、現職を続けながら転職活動を行うことは、新しい職場での働き始めまでの収入を確保することにも繋がります。これは、転職に伴う経済的な不安を軽減し、より落ち着いて転職活動に専念することを可能にします。

安定した収入があることで転職先選びにおいても、より良い判断ができるようになります。

37歳の転職を成功させるためのポイントと注意点#4:
転職の話は家族や親しい友人に留めて、社内では出来る限り内緒にする

転職活動を進める際には、転職の話をする相手を家族や親しい友人に限定して、職場では秘密にすることが賢明です。

社内で転職の意志が広まると、現在の職場での立場や人間関係に悪影響を及ぼす可能性があります。また、転職の意図が知られることで、職務における責任や機会が減少するリスクも考えられます。

転職活動を秘密にすることは、新しい職場が決まるまで現職を安定して続けるためにも重要です。職場でのプロフェッショナリズムを維持しながら、転職の準備を進めることは、スムーズなキャリア移行において不可欠と言えます。

また、転職によって「給料の変化」「勤務地の変更」「生活スタイルの変化」などの変化が起き、家庭に大きな影響を与える場合があります。そのため、37歳で転職する際は、事前に家族の理解を得ることも重要になってきます。

37歳の転職を成功させるためのポイントと注意点#5:
自分の市場価値を正しく把握する

転職を成功させるためには、自分の市場価値を正確に把握することが重要です。市場価値を把握することで、適切な職種や企業、そして求められる給与レベルを現実的に見積もることができます。

市場価値を知るためには、業界の動向や職種別の需要をリサーチし、同じスキルセットを持つ他の専門家と自己を比較することが有益です。また、転職エージェントからの意見を求めることも、自分の市場価値を正確に評価するのに役立ちます。

自分の市場価値を早く正確に知るためには、『ビズリーチ』の様なスカウト型の転職サイトに登録してみることが有効です。

自分に届いたスカウトオファーの内容は、自分の市場価値を映す鏡です。どんな企業がスカウトを送ってくるか、年収はどれくらいかなど、自分の市場価値が分かる情報がたくさん手に入ります。

37歳の転職を成功させるためのポイントと注意点#6:
転職エージェントを活用して情報戦で負けないようにする

転職を成功させる上で、転職エージェントの活用は非常に有効な戦略です。転職エージェントは業界ごとの最新動向、求人市場の情報、さらには非公開求人に関する情報を無料で提供してくれます。

このような専門的な情報は、自分だけで転職活動を行う場合には入手困難なものであり、転職市場におけるライバルに対して有利な立場を築くために非常に役立ちます。

また、転職エージェントは、履歴書のブラッシュアップや面接対策など、転職プロセスの各ステップにおいても実践的なサポートやアドバイスを提供してくれます。

転職エージェントは転職が決まった際に採用企業からフィーをもらうという仕組みのため、利用者側は1円もお金を払う必要がありません。相談した結果、転職しなかったとしてもペナルティは一切かからないため、転職エージェントは遠慮せずに使い倒した方が得と言えます。

37歳の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェント

37歳におすすめの転職エージェント
ASSIGN(アサイン) | 高年収を目指す30代に特化した転職エージェント

転職エージェント「ASSIGN」
若手ハイエンド特化型転職エージェント『ASSIGN(アサイン)』

【公式HP】https://assign-inc.com

ASSIGN(アサイン)』は、若手ハイキャリアに特化した転職エージェントです。コンサル・IT・金融などの業界への転職支援に強みがあります。

ASSIGN(アサイン)のメリット・良い評判
  • 高年収を目指す20代・30代のための魅力的な求人が多い
  • 中長期的で真摯かつ丁寧なキャリアサポートを受けることができる
  • 業界に理解が深く質の高いエージェントが在籍

面接対策や業界研究など転職サポートの丁寧さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞しています。

未経験でも挑戦できる独自の高年収求人を多数扱っていることに加え、面談後に一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

今すぐ転職予定のない方や若手の方でも無料で面談やサポートを受けることができるため、高年収な業界への転職を将来的に考えている方は、是非公式ページから無料面談を申し込んでみて下さい。

サービス名ASSIGN(アサイン)
公式ページhttps://assign-inc.com
タイプ・転職エージェント
・特化型
特徴若手ハイエンド専門の転職エージェント
料金無料
運営会社株式会社アサイン
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-308560
転職エージェント『ASSIGN』の概要

37歳におすすめの転職サイト
ビズリーチ | 登録するだけで高年収のスカウトが届く

ビズリーチ

【公式HP】https://bizreach.jp

ビズリーチ』は、TVCMでも有名な国内最大級のスカウト型の転職サービスであり、30におすすめの転職サイトです。

匿名で経歴を登録するだけで高年収のスカウトが届き、気になるスカウトに返信することで効率的に転職活動を進めることができます。

転職活動中の人はもちろん、直近の転職予定がなくても将来的に転職を考えている人も含めて200万人以上のユーザーが利用しています。

人気企業・難関企業の採用担当者や高年収求人を扱う質の高いヘッドハンターからスカウトを受け取ったり、ビズリーチ限定で公開されている好待遇な求人の詳細を確認することができます。

会員登録したからと言って面談を要求されたり、電話がかかってくることは一切ないため、まずは情報収集から始めたい人も安心して利用できます。

サービス名ビズリーチ
公式ページhttps://bizreach.jp
サービス分類・転職サイト
・スカウトサービス
特徴・年収1000万円以上の求人が多数
・200万人以上が利用する国内最大級の転職サイト
求人掲載件数109,360 件(2024年7月時点)
運営会社株式会社ビズリーチ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-302647
参考ページビズリーチの評判と口コミ
ビズリーチのプラチナスカウトとは?
ビズリーチに登録すると会社にばれる?
ビズリーチの審査とは?
ビズリーチのCMの女優は誰?
転職サイト「ビズリーチ」の概要

37歳におすすめの転職エージェント
マイナビエージェント | マイナビにしかない好条件の非公開求人が多数

マイナビエージェント

【公式ページ】https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェント』は、大手人材会社のマイナビが運営する30代におすすめの転職サイトです。

日本全国で幅広い業界・職種の転職を支援しており、2024年7月時点で45,344 件の公開求人と18,146 件の非公開求人を扱っています。

誰もが知る大企業から地方の隠れた優良企業まで幅広い求人を扱っており、マイナビエージェントでしか扱いのない好条件の非公開求人が多いことも特徴です。

マイナビエージェントの求人企業(例)

■ 日系大手・ホワイト高年収企業

キーエンス / SONY / NTTデータ / 野村総合研究所 / アビームコンサルティング / サイバーエージェント / エムスリー / 野村證券

■ 外資系・グローバル企業

アクセンチュア / PwC / アマゾンジャパン / デロイトトーマツコンサルティング / SAMSUNG / ボッシュ

マイナビエージェントはすべての機能が無料で利用でき、登録してみて自分に合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会できます。

サービス名マイナビAGENT
公式ページhttps://mynavi-agent.jp
サービス分類・転職エージェント
・総合型
求人数公開求人:45,344 件
非公開求人:18,146 件
(2024年7月時点)
対応地域日本全国
料金無料
運営会社株式会社マイナビ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-080554
参考ページ【口コミ】マイナビエージェントの評判
マイナビエージェントで断られた?原因と対処法
関連サービス・20代専門転職エージェント『マイナビジョブ20’s
・IT転職エージェント『マイナビITエージェント
・転職サイト『マイナビ転職
・薬剤師転職サイト『マイナビ薬剤師の評判
・看護師転職サイト『マイナビ看護師
転職エージェント『マイナビエージェント』の概要

37歳におすすめの転職エージェント
doda(デューダ)

doda

【公式ページ】https://doda.jp

doda』は国内最大級の求人数を誇る転職エージェントです。

2024年7月時点で【209,498 件】という膨大な求人を掲載しています。大手人材会社のパーソルキャリア株式会社が運営していて、すべての機能が無料で利用できます。

dodaのメリット・良い評判
  • エージェントだけでなく、求人サイトやスカウトサービスも活用できる
  • 保有求人数が多く、幅広い業界に応募できる
  • 書類添削や面接対策をはじめとした丁寧なサポート体制が構築されており、高い満足度を誇る
  • 大手ならではの安心感があり、使用しているユーザー数も非常に多い
  • 平日夜や土曜日でも担当者と面談できる
  • 全国の求人を取り扱っている

登録しても無理に転職を勧誘されることはないため、今すぐ転職予定のない方や情報収集中の方でも是非一度『doda』に無料会員登録してみることをおすすめします。

サービス名doda(デューダ)
公式ページhttps://doda.jp
サービス分類・転職エージェント/転職サイト/スカウトサービス
・全国総合型
求人掲載件数209,498 件
(2024年7月時点)
求人更新頻度毎週月曜日・木曜日
料金無料
運営会社パーソルキャリア株式会社
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-304785
参考ページdodaの評判と口コミ
dodaのプレミアムオファーとは?
dodaエージェントの評判
dodaのマッチング成立とは?
関連サービスハイクラス転職サービス『doda X
派遣サービス『テンプスタッフ
エンジニア派遣サービス『パーソルクロステクノロジー
転職サービス 『ミイダス
総合転職サービス『doda』の概要

37歳の女性が転職を成功させるためのポイント

37歳の女性が転職を成功させるためのポイントとしては下記の様なものが挙げられます。

37歳の女性が転職を成功させるためのポイント
  • 結婚・出産などのライフイベントの時期を想定してキャリアプランを考える 
  • 女性が活躍しやすい会社を選ぶようにする
  • リモートワークや時短勤務などフレキシブルな働き方が可能かどうかを確認する

37歳の女性が転職を成功させるためのポイント①
結婚・出産などのライフイベントの時期を想定してキャリアプランを考える

結婚や出産といったライフイベントは、キャリアに影響を及ぼすことがあります。

37歳の女性が転職を検討する際には、将来の家庭生活を見据えてキャリアプランを立てることが大切です。職場のフレキシブルな働き方や福利厚生、育児支援が整った企業を選ぶことで、仕事と家庭を両立させやすくなります。

また、ライフイベントに備えて、転職前に十分な貯金を積み立てたり、保険の見直しを行ったりすることも考慮すべきです。転職が成功するためには、将来のライフプランを考慮した戦略的なキャリアチョイスが不可欠です。

37歳の女性が転職を成功させるためのポイント②
女性が活躍しやすい会社を選ぶようにする

転職を考える37歳の女性にとって、女性が活躍しやすい職場環境は重要です。

性別に関係なく、平等にチャンスを提供している企業を選びましょう。女性リーダーやワークライフバランスの取れた社風を持つ企業は、キャリアの発展やストレス軽減につながります。

さらに、多様性を尊重し、女性のキャリアパスをサポートしている企業は、スキルや経験を活かしやすく、成長の機会が豊富です。転職活動中には、企業の文化や働き方について詳しく調査し、自身の価値観に合致する職場を見つけることが成功の鍵となります。

37歳の女性が転職を成功させるためのポイント③
リモートワークや時短勤務などフレキシブルな働き方が可能かどうかを確認する

リモートワークや時短勤務などのフレキシブルな働き方が可能な企業は、仕事とプライベートの両立を支援してくれる立派なホワイト企業です。特に、家庭や子育てと仕事を両立させたい場合には、これらの選択肢が非常に有益です。

転職活動の際には、求人情報や企業の採用ポリシーを注意深く確認し、自分のライフスタイルに合った働き方を提供している企業を見つけましょう。働きやすい環境であれば、長期的なキャリアの発展も期待できます。

37歳の独身女性でも転職できる?

37歳の独身女性でも十分に転職は可能です。近年は女性の登用が盛んになってきており、女性向けの求人も男性と同様に豊富となっています。

37歳の転職に関するよくある質問と回答

37歳で未経験の職種や異業種に転職できる?

37歳で未経験の職種や異業種への転職は可能です。

しかし、この年齢では、20代のころとは違い多くの企業がこれまでのキャリアやスキルを重視し評価するようになります。そのため、異業種や未経験転職でスキル・実績がない場合転職時活動が難航する可能性もあります。

未経験分野への転職を成功させるためには、自己のスキルセットと新しい職種の要件を照らし合わせ、どのように自分の能力が貢献できるかを明確にすることが重要です。

また、関連する研修や資格の取得、自学による知識の習得も、転職の成功率を高めるための有効な手段です。

さらに、転職先企業への熱意を示すことも重要です。未経験分野への興味や学習意欲、新しい環境で成長しようとする姿勢を伝えることで、採用担当者に良い印象を与えることができます。

37歳の2回目の転職はやばい?厳しい?

37歳での2回目の転職を行っている人も少なくありません。しかし、2回目の転職が短期間に連続する場合、履歴書上での安定性やコミットメントの欠如が懸念されることがあります。

ただ、転職の理由が明確で、キャリアアップや専門性向上、労働環境の改善など正当な動機に基づいていれば、転職は正当化されます。

転職の際には、前職での経験や学んだスキルをどのように新しい職場で活かせるかを明確に伝えることが重要です。また、転職に至った理由とそれに基づくキャリアプランの説明が求められます。

これらを適切に伝えることで、転職がキャリアにおけるポジティブなステップとして捉えられる可能性が高まります。

自身のキャリア目標に合致する職業を追求することは、長期的な視点で見ると、非常に有益なステップとなることがあります。

37歳の3回目の転職は多すぎる?

37歳での3回目の転職が「多すぎる」と一概に言えるわけではありませんが、頻繁な転職は慎重に考慮する必要があります。

転職回数が多いと、履歴書上での安定性や職務へのコミットメントが疑問視されるリスクがあるため、それぞれの転職の理由を明確かつ合理的に説明することが重要です。

転職の際には、前職での経験がどのように次の職場での貢献に繋がるのか、またキャリアの目標やビジョンを具体的に伝えることが求められます。

これらの情報は、転職回数の多さにも関わらず、あなたがキャリアの一貫性を持ち、目的意識を持って行動していることを示す手助けとなります。

上司や同僚が年下になる場合もある?

37歳の転職においては、上司や同僚が年下になる可能性は十分に考えられます。

年下であっても上司となるため、敬語を使用し、コミュニケーションや報連相を行っていくことが大切です。より良い労働環境を作ることは、今後の仕事を行っていくためにもとても重要になってきます。

37歳での転職、年収は上がる?

37歳での転職は上がる可能性もありますが、下がる可能性もあるのが現実です。

厚生労働省によると、35―39歳で転職によって給料が増加した人が全体の44.9%、減少した人が全体の23.3%と増加した人が多くなっています。

増加した44.9%
減少した23.3%
厚生労働省『令和4年雇用動向調査

転職先の「スキルや経験を活かすことができる場所」か「異業種や未経験」であるかなどによっても給料は変動します。そのため、幅広いジャンルで自分の条件に合った転職先を選ぶことが重要になります。

また、転職後のおおよその年収を知ることのできる転職エージェントの活用はおすすめと言えます。

37歳で資格なし・スキルなしの男性・女性でも転職できるおすすめの仕事は?

資格や特定のスキルがない場合でも、37歳での転職は可能です。

このような状況では、サービス業や小売業、コールセンター、入力業務など、特別な資格や専門スキルを必要としない職種がおすすめです。

これらの職種は一般的に、職業訓練やオンザジョブトレーニングを通じて必要なスキルを身につけることができます。

また、スタートアップ企業や中小企業では、多様な業務を経験できる機会が多く、様々なスキルを習得するチャンスがあります。

これらの企業は柔軟性と学習意欲を重視する傾向があり、経験やスキルよりも、ポテンシャルと成長意欲を評価することが一般的です。

37歳女性でも転職できる?

37歳の女性であっても転職は可能です。

30代は結婚や出産など様々なライフイベントが多くなっています。企業側は採用してもこういったライフイベントによって離職してしまう可能性を懸念しています。そのため20代と比べて求人数や採用枠が狭くなってしまうという点があります。

しかし、女性の社会進出が進んできたことにより、女性の働きやすい待遇や福利厚生を用意している会社も増えています。

転職をする際は、会社の待遇や福利厚生を把握し、転職後のワークライフバランスがしっかりと保つことのできる環境を選ぶことをおすすめします。

37歳で子供がいる場合でも転職はできる?

37歳で子供がいる場合でも転職は可能です。

しかし、企業によっては子供がいる場合採用に不利になるケースもあるのが現実です。

子供がいる場合、お迎えや体調不良によって時短勤務となったり、残業ができないといった場面が出てきます。こうした状況では正社員採用が難しいと判断する企業も出てきます。

そのため、面接時に家庭と仕事を両立することができるかどうかをしっかりと確認することや、社員にそういった働き方を行っている人がいるか確認しておくと安心と言えます。

また、転職エージェントを活用し、正社員転職を行いやすい業界や職種を選ぶことで転職できる可能性も高まります。

【参考】年齢別の転職

年齢別の転職方法や転職ノウハウは以下のリンクからご覧ください。

北海道・東北地方

関東地方

東海地方

北陸地方

近畿地方

中国地方

四国地方

九州・沖縄

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地〒106-6116
東京都港区6-10-1 六本木ヒルズ森タワー16F
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年7月時点)
目次