20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じた場合の対処法を解説

20代であっても「仕事を辞めたい・疲れた」と感じる方は多いでしょう。実際に20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じて辞める人はどれくらいいるのでしょうか。

また、20代で仕事を辞めても問題ないのか、20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じた場合の対処法と合わせて解説しています。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで、自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

実際の利用者の口コミが良かった20代におすすめの転職サイトについて詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じて辞める人はどれくらいいる?

結論から言うと、20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じて仕事を辞めても全く問題ありません。

実際に20代で退職している人は多数います。まずは20代で転職している人がどれくらいいるのか、統計データからご紹介します。

統計データから見る20代の離職率

20代前半の離職率

厚生労働省が実施している「令和3年雇用動向調査」によると、20代前半(20-24歳)の離職率は下記の通りです。男性・女性ともに離職率は25%程度となっており、20代前半では全体の4人に1人が転職していることが分かります。

年齢男性女性
20-24歳24.2%26.9%
全体12.8%15.3%
20代前半の離職率

20代後半の離職率

同様に厚生労働省が実施している「令和3年雇用動向調査」によると、20代後半(25-29歳)の離職率は下記の通りです。男性・女性ともに離職率は15-20%程度となっています。20代前半と比較すると離職率は下がりますが、それでも全体の離職率よりは高い水準で20代後半も転職が活発であることが分かります。

年齢男性女性
25-29歳15.9%19.2%
全体12.8%15.3%
20代後半の離職率

就職後3年以内の離職率

厚生労働省が実施している「新規学卒就職者の離職状況」という資料によれば、入社して3年以内の離職率は下記の通りです。

年齢1年目2年目3年目
高校卒16.9%11.9%8.1%
短大卒17.9%13.0%10.6%
大卒11.6%11.3%8.3%
入社して3年以内の離職率

学歴によりますが、1年目・2年目では10%以上の人材が離職しているということが分かります。

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じたら辞めても問題ない理由

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じたら辞めても問題ない理由は下記の通りです。

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」
と感じたら辞めても問題ない理由

\ 転職活動で失敗したくない人は必見! /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年7月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
【厳選】おすすめ転職サービス
ビズリーチ
(4.9)
#即戦力人材
登録するだけで自分に合ったスカウトが届く、CMでも有名な転職サイト。

経歴を登録すると人気企業の担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収やワークライフバランスなど気になることを直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp
マイナビAGENT
(4.8)
#ホワイト転職
日本全国・全業種のホワイト優良求人を幅広く扱う国内最大級の転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp
ASSIGN
(アサイン)

(4.8)
#難関企業転職
20代・30代のハイキャリア転職に特化した大手転職エージェント。未経験からコンサル・M&A・ITなど人気業界に転職可能。

選考対策などのサポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com
※ 2024年7月中に登録した方全員に、選考対策情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じたら辞めても問題ない理由#1:
若いので転職活動が成功しやすい

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じたら辞めても問題ない理由としてまず挙げられるのが、まだ若いので転職活動が成功しやすいという理由です。

20代の転職はネガティブだと勘違いされることがよくありますが、実態として第二新卒や若い年次での転職は下記の様な理由でポジティブに捉えられています。

企業が20代や第二新卒を求める理由

20代や第二新卒は年次が若いため吸収力が高く、体力もあると考えられています。また、社会人経験もあるため育成コストも安いという点もメリットとしてあることから、20代は転職活動が成功しやすくなります。

逆に、30代になるとスキルなどの方が選考で重要になってくるため、むしろ転職活動におけるハードルが上がってしまう可能性があります。

なお、今すぐ予定はなくても将来的に転職を考えている方や、情報収集から始めたい方は、月間100万以上が利用する『転職可能性診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

簡単な経歴を登録するだけで、人気企業100社への転職可能性を数字で算出してレポートとして受け取ることができます。

転職可能性診断の対象企業

高年収難関企業

三菱商事 / キーエンス / 電通 / 野村総合研究所 / リクルート / エムスリー / SONY / ベイカレント / M&A総合研究所 など


ホワイト安定企業

NTTドコモ / 味の素 / 明治 / 日本たばこ産業 / 富士フイルム / 東京海上日動火災保険 / 任天堂 / サントリー / 花王 など


外資系・グローバル企業

Google / マッキンゼー / ゴールドマンサックス / P&G / アマゾン / PwC / アクセンチュア / セールスフォース など

※ 診断の対象企業は変更になる場合がございます。最新情報は転職可能性診断の公式ページからご確

積極採用中のおすすめ求人

【転勤なし】大手食品メーカーの総合職【第二新卒も歓迎】

誰もが知るブランドを複数抱える国内最大手級の食品メーカーにて、総合職のメンバーを募集しています。第二新卒歓迎で新卒1年目から選考を受けることができます。

【勤務地】東京(リモート可)

【年収】450万円 ~ 700万円

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じたら辞めても問題ない理由#2:
メンタルを壊したり体調不良になる前に辞めるのが重要

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じたら辞めても問題ない理由として次に挙げられるのが、メンタルを壊したり体調不良になる前に辞めるのが重要だという点です。

合わない仕事を我慢して続けてしまうと、メンタルを壊したり体調不良になる可能性があります。

メンタルを壊したり体調不良に一度なってしまうと会社を休む必要があるだけでなく、社会復帰に時間がかかったり結果として転職活動にも悪影響が生まれてしまう可能性があります。

そうした事態になる前に早めに見切りをつけて転職を検討することをおすすめします。20代は転職活動に成功しやすい年代でもあるため、無理して今の環境に留まる必要はありません。

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じたら辞めても問題ない理由#3:
辞めたいと思いながら仕事をしてもスキルが身に付きづらい

辞めたいと思いながら仕事をしてもスキルが身に付きづらいという点も、20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じたら辞めても問題ない理由の1つです。

20代はまだ若く吸収能力も高いので、職場や仕事からどんどん学んでいく時期です。しかしながら、辞めたいと思いながら仕事をしてもモチベーションが上がらず、結果としてスキルも身に付きづらくなってしまいます。

スキルだけでなくパフォーマンスや成果も悪化してしまい、社内での評価も下がることで待遇も悪くなるなど悪循環も生じるため、辞めたいと思いながら仕事をするのは危険です。

と感じる人は、今の仕事が自分の性格や強みに合っていない可能性があります。

という方は、月間100万人以上が利用する『適職診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

適職診断』では、簡単な質問の回答をもとに、強みや性格・理想のワークライフバランスや年収に関する価値観を診断し、理想の条件にあった具体的な職種リストをレポートで受け取ることができます。

質問への回答は1分で完了し、診断結果はその場で見ることができます。気になった方は適職診断の公式ページをチェックしてみてください。

適職診断の公式ページ

適職診断

注目求人

大手広告代理店のアカウントプランナー【平均残業10時間】

テレビCMからSNS広告まで幅広い広告を扱う大手広告代理店において、顧客企業の広告戦略策定・予算運用を行うアカウントプランナーを募集中。広告業界の経験は不問で、入社後すぐにキャッチアップできます。

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じたら辞めても問題ない理由#4:
むしろ辞めないと時間を浪費してしまい、転職市場での価値も下がる

むしろ辞めないと時間を浪費してしまい、転職市場での価値も下がるというのも、20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じたら辞めても問題ない理由の1つです。

「辞めたいと思いながら仕事をしてもスキルが身に付きづらい」という項目でもご説明しましたが、辞めたいと思いながら仕事をしてもモチベーションが上がらず、結果としてスキルも身に付きません。

吸収能力の高い20代でスキルを身に付けることができないままだと、いざ30歳台で転職しようと思っても目立ったスキルなどが無く、転職活動がうまくいかない可能性が高まります。

このように、「仕事を辞めたい・疲れた」と感じながら仕事をすることで時間を浪費してしまい転職市場での価値も下がってしまうことから、20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じた場合はむしろ早めに退職を検討することをおすすめします。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じる理由と判断基準

厚生労働省が実施している「令和4年雇用動向調査」によると、20-24歳と25-29歳の退職理由で多い理由は下記の通りです。

理由20-24歳25-29歳
労働時間、休日などの
労働条件が悪かった
14.3%16.9%
会社の将来が不安だった7.5%9.2%
職場の人間関係が好ましくなかった6.0%8.9%
仕事の内容に興味を持てなかった9.6%4.4%
給料等収入が少なかった5.4%8.5%
能力・個性・資格を活かせなかった5.1%4.0%
離職理由全体に占める割合(出所: 「令和4年雇用動向調査」)

本項目では「仕事を辞めたい・疲れた」と感じる理由とその判断基準についてご説明します。

\ 転職活動で失敗したくない人は必見! /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年7月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
【厳選】おすすめ転職サービス
ビズリーチ
(4.9)
#即戦力人材
登録するだけで自分に合ったスカウトが届く、CMでも有名な転職サイト。

経歴を登録すると人気企業の担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収やワークライフバランスなど気になることを直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp
マイナビAGENT
(4.8)
#ホワイト転職
日本全国・全業種のホワイト優良求人を幅広く扱う国内最大級の転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp
ASSIGN
(アサイン)

(4.8)
#難関企業転職
20代・30代のハイキャリア転職に特化した大手転職エージェント。未経験からコンサル・M&A・ITなど人気業界に転職可能。

選考対策などのサポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com
※ 2024年7月中に登録した方全員に、選考対策情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じる理由#1:
労働時間、休日などの労働条件が悪かった

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じる理由として多いのが、「労働時間、休日などの労働条件が悪かった」という理由です。

「求人では土日祝日が休みとされていたのに、実際は休日出勤が当たり前であった」「深夜残業が当たり前」などの理由の様に、労働時間・休日などの労働条件が悪いと疲弊に結び付く模様です。

また、時間的な拘束時間・労働時間の長さだけでなく、「ノルマが厳しい」などの精神的な労働条件が悪い場合もこうした退職検討理由にあたります。

労働条件が悪いと感じる具体例

同業種の人や友人と比較した際に、他の人が休んでいる中で自分だけ働く必要があったり、忙しい状態が続いていたりすると辛い思いをすることが多くなります。

労働時間が長いと、ストレスが蓄積しやすく、ワークライフバランスの崩壊を招く原因となります。

労働条件の悪さは仕事の質や効率にも影響を与える可能性があります。仕事とプライベートの両立が難しくなると、仕事へのモチベーション低下にもつながります。

注目求人

大手IT企業のWebデザイナー【未経験歓迎・フルリモート可】

システムの設計・開発等を行う大手IT企業において、Webデザイナー職のメンバーを募集中です。未経験歓迎で中途入社の約半数が完全未経験。フルリモート・フルフレックス制で自分のペースで働くことができます。

労働環境が悪い職場の判断基準

労働環境が悪い職場の判断基準としては下記の様なものが挙げられます。下記の様な条件に当てはまっている場合は、自身の労働環境が悪いと考えて良いでしょう。

労働環境が悪い職場の判断基準

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じる理由#2:
給料等収入が少なかった

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じる理由として、「給料等収入が少なかった」という理由も挙げられます。

労働時間が長くても待遇が良ければ我慢できたりするものですが、待遇が悪いと報われないと感じるだけでなくプライベートの生活も厳しくなってしまうため、待遇の良さは健康的に働く上で非常に重要な要素です。

なお、今の自分の年収が高いか低いかを知りたい場合は、自分の年収偏差値を計算してみることをおすすめします。一例として、以下は【25歳・年収400万円】の場合の年収偏差値です。

年収偏差値について詳しく知りたい方は以下の年収偏差値計算ツールをご利用ください。年齢と年収を入力すると年収偏差値を試算することができます。

▼ 条件を指定して年収偏差値を計算できます
年収偏差値計算ツール
偏差値
男性の中での偏差値
女性の中での偏差値
大卒の中での偏差値
大企業の中での偏差値

厚生労働省『賃金構造基本統計調査』の最新情報をもとに試算

実は、年収は個人の能力やスキルよりも、働いている業界や企業などの【環境】によって大きく左右されます。年収水準の低い業界やブラック企業に勤めている限り、本人がいくら努力しても年収が上がることは期待できません。

今の自分の年収が本当に適正水準なのか?ブラック企業に搾取されていないか?自分の正しい市場価値を知りたい方は『適正年収診断』という無料ツールをチェックしてみてください。

簡単な経歴を登録するだけで、自分の適正年収を診断し、具体的な数字で知ることができます。診断は1分で完了し、結果はその場で見ることが出来ます。(診断ページはこちら

\ 2024年7月最新の人気求人 /

総合商社の事業投資担当者【年収800万円~】

グローバルに事業展開する総合商社が事業投資担当者を募集中。ワークライフバランスを確保したまま高年収を実現できます。

【勤務地】東京(リモート可)

【年収】800万円 ~ 2000万円

給料が低いために辞める場合の判断基準

20代は基本的に給料が低いことが多いですが、将来的に給料が大きく上がる可能性もあるため、現在の給料だけを考えて転職活動を行うのは危険です。

今の給料に加えて、下記の様な要素を考慮に入れると良いでしょう。

給料が低いために
辞める場合の判断基準

特に長く務めることで年収が大きく上がると考えられる場合、自身も長く務めることで大幅に待遇が改善される場合があります。

そうしたアップサイドを考慮したとしても給料が低い、上がる余地が少ないなどと考える場合は、会社を辞めることを検討しましょう。

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じる理由#3:
会社の将来が不安だった

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じる理由として、「会社の将来が不安だった」という理由も挙げられます。

自分が働いている業界や会社が将来的に衰退する可能性がある場合、自身の雇用が危うくなってしまったり、給料水準が下がってしまったり、出世の道が閉ざされてしまうなどの様々なリスクがあります。

会社や業界自体に将来性がなく衰退が避けられないような場合だと、自身の努力ではどうにもならない可能性が高いため、そのような場合は会社を辞めることを検討しましょう。

こうした会社に固執しないことで、取り返しがつかなくなる前に自分から行動することができます。

市場価値を上げたい人におすすめの求人

大手上場IT企業のITエンジニア【完全未経験から歓迎】

東証プライム市場に上場している大手IT企業において、ITエンジニアを募集中。プログラミング経験ゼロでも可。充実した独自研修システムを利用し、給料をもらいながら一人前のITエンジニアを目指せます。

会社の将来が不安だと感じる場合に辞める判断基準

会社の将来が不安だと感じる場合に辞める場合の具体的な基準は下記の様なものが挙げられます。斜陽産業や赤字企業などでは待遇はどんどん悪化してしまう可能性があります。

それだけでなく、優秀な人がどんどん辞めてしまっていたり、尊敬できる上司がいないという場合も将来性に不安のある職場の特徴です。

会社の将来が不安だと感じる場合に
辞める判断基準

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じる理由#4:
職場の人間関係が好ましくなかった

職場の人間関係が好ましくないというのも、20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じる理由の1つです。

上司との相性が悪かったり、同僚と仲良くなれない、ハラスメントを受けているなどの場合は、職場での人間関係をストレスに感じてしまいます。

職場の人間関係が
好ましくない状態の具体例

職場の人間関係が好ましくなかった場合に辞める判断基準

職場の人間関係が好ましくなかった場合に辞める判断基準としては、下記の様なものが挙げられます。仕事内容に満足しているものの、職場の人間関係が耐えられないという場合は下記の様な点を意識してみることをおすすめします。

職場の人間関係が好ましくなかった場合に
辞める判断基準

自身の性格などで直すべき点があり、それが原因で居心地が悪い場合もあります。こうしたケースでは自身の直すべき点などを指摘してもらい、改善の努力をすることで職場で生きやすくなる可能性があります。

また、異動やハラスメントの報告などで、嫌な人と関わらなくてよくなる可能性があるもあります。相手に明らかな非がある場合は、人事や上司の上司などと相談することをおすすめします。

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じる理由#5:
仕事の内容に興味を持てなかった

仕事の内容に興味を持てなかったというのも、20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じる理由の1つです。

モチベーションが低い状態では、新しいスキルを習得する意欲も低下します。自己成長のチャンスがあっても、それを活かすエネルギーが湧きません。

結果としてスキルが身に付かないだけでなく、興味のない仕事に時間を費やすことによって、人生における満足度も非常に低くなります。

スキルが身に付かないまま合わない仕事を続けてしまうことで時間だけが経ってしまい、いざ転職しようと思っても自身の能力・スキルが不足している結果転職活動もうまくいかないということになり得ます。

注目求人

【未経験歓迎】大手VCファンドの投資チーム募集

業界最大手級のベンチャーキャピタルにおいて、スタートアップ投資を担当する投資メンバーを募集中。VC業界内で最高水準の年収を提示可能。

仕事の内容に興味を持てなかった場合に辞める場合の判断基準

仕事の内容に興味を持てなかった場合は、基本的に職を変えてしまった方がモチベーションも上がり評価・待遇も良くなる可能性が高まります。

一方で、現在の部署や職務にだけ興味を持てないと感じる場合は、異動などによって大きく仕事内容への満足度が変わる場合もあるため、現在の職務は現職に居続けるとそのまま変わることがないのか、または変わっていくのかは意識すると良いでしょう。

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じる理由#6:
能力・個性・資格を活かせなかった

能力・個性・資格を活かせなかったというのも、20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じる理由の1つです。

自身の能力・個性・資格を活かせない場合、仕事でモチベーションが湧きづらいだけでなく、パフォーマンスや成果も出しづらいため評価も悪くなってしまう可能性があります。

能力・個性・資格が活かせないと、他の職場であれば簡単に得られたような待遇を得られない可能性もあります。思ったように能力を発揮できない状態だと、本来の自分よりも過小評価されることとなり、結果的にストレスにもなり得ます。

能力・個性・資格を活かせなかった場合に辞める場合の判断基準

能力・個性・資格を活かせなかった場合は、仕事の内容に興味を持てなかった場合と同様の基準となります。

基本的に職を変えてしまった方がモチベーションも上がり評価・待遇も良くなる可能性が高まります。

一方で、現在の部署や職務にだけ興味を持てないと感じる場合は、異動などによって大きく仕事内容への満足度が変わる場合もあるため、現在の職務は現職に居続けるとそのまま変わることがないのか、または変わっていくのかは意識すると良いでしょう。

\ 転職活動で失敗したくない人は必見! /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
【厳選】おすすめ転職サービス
ビズリーチ
(4.9)
#即戦力人材
登録するだけで自分に合ったスカウトが届く、CMでも有名な転職サイト。

経歴を登録すると人気企業の担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収やワークライフバランスなど気になることを直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp

【口コミ】ビズリーチの評判
マイナビAGENT
(4.8)
#ホワイト転職
日本全国・全業種のホワイト優良求人を幅広く扱う国内最大級の転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp

【口コミ】マイナビエージェントの評判
ASSIGN
(アサイン)

(4.8)
#難関企業転職
20代・30代のハイキャリア転職に特化した大手転職エージェント。未経験からコンサル・M&A・ITなど人気業界に転職可能。

選考対策などのサポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com
※ 2024年7月中に登録した方全員に、選考対策情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じた時に取るべき対処法

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じた時に取るべき対処法についてご紹介します。

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」
と感じた時に取るべき対処法

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じた時に取るべき対処法①:
きついと感じる際は遠慮なく休む・睡眠をとる

大前提としてきついと感じる際は遠慮なく休む・睡眠をとることが重要です。

仕事を休むことを検討するほど精神的に疲れている場合はしっかりと休息をとるようにしましょう。

精神的な疲れは精神だけではなく、睡眠不足や疲労などといった肉体的なダメージに起因して起こる場合もあるため、休息をとることで精神的疲労も回復する可能性があります。

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じた時に取るべき対処法②:
「仕事を辞めたい・疲れた」という感情が一時的なものでない場合は、原因を特定する

休暇を取っても精神的な疲労が回復しない場合は、「仕事を辞めたい・疲れた」という感情が一時的なものでない場合は、原因を特定することが重要です。

精神的にきついと感じる原因の例

例えば人間関係や上司との関係性で悩んでいる場合は、人事に依頼して異動をお願いするなども選択肢として入りますし、労働時間が長すぎる・金銭的待遇が悪すぎるなどのケースでは転職してより良い待遇の会社に移ることも選択肢となります。

いずれにせよ「仕事を辞めたい・疲れた」という感情が一時的ではなく持続的な場合は、原因を特定したうえで対処しなければ状況が変わらずまた休んでしまうということにもつながるため、悩みの根本を解決するよう試みることが必要です。

20代で「仕事を辞めたい・疲れた」と感じた時に取るべき対処法③:
理由によっては転職も検討する

精神的に疲れて仕事を休みたいと感じる時の対処法②でご説明した通り、精神的疲労が一時的なものでない場合は、精神的にきついと感じる原因を特定することが重要です。人間関係が良くない・上司と仲が悪い、労働時間が長すぎるなどの理由で精神的に疲れている場合は、転職することも選択肢の1つです。

特にここまでご説明してきた通り、20代は転職活動が成功しやすい年齢です。実際に転職活動を成功させている人も多数おり、20代で早めに転職をすることは今後の人生における効用度やキャリアパスを改善するうえで非常に有力な選択肢となります。

なお、実際の利用者の口コミが良かった20代におすすめの転職エージェントについて詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

\ ワークライフバランス&キャリアアップ /

注目求人

大手Webサービスの事業企画【週休3日・フルリモート可】

【勤務地】全国(フルリモート)

【年収】550万円 ~ 1000万円

仕事を辞めるか判断すべきポイントとは?仕事の辞め時の10のサインを解説

仕事の辞めどきがわかる10のサイン・仕事が合わないサインにはどのようなものがあるのでしょうか。仕事の辞め時を判断するポイントには下記の様なものが挙げられます。

仕事の辞めどきがわかる10のサイン

一方で、下記の様な場合は仕事を辞めるべきではありません。特に、一時的な感情で仕事を辞めてしまうと後悔に繋がることもあるため、しっかり考えたうえで決断をすることをおすすめします。

逆に、しっかり考えたうえでの決断であれば、仕事を辞めても全く問題ありません。

仕事を辞めるべきでないケース

【20代】向いていない・合わない仕事を続けた結果起こること

向いていない・合わない仕事を続けた結果、どの様なことが起こるのでしょうか。向いていない・合わない仕事を続けた結果起こることについてご説明します。

向いていない・合わない仕事を
続けた結果起こること

\ 2024年7月最新の人気求人 /

総合商社の事業投資担当者【年収800万円~】

グローバルに事業展開する総合商社が事業投資担当者を募集中。ワークライフバランスを確保したまま高年収を実現できます。

【勤務地】東京(リモート可)

【年収】800万円 ~ 2000万円

北海道・東北地方

関東地方

東海地方

北陸地方

近畿地方

中国地方

四国地方

九州・沖縄

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地〒106-6116
東京都港区6-10-1 六本木ヒルズ森タワー16F
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年7月時点)
目次