【仕事の辞めどきがわかる10のサイン】辞めた方が良いサインとは

仕事の辞めどきがわかる10のサイン

仕事をしていると「辞めたい」と思うときは誰しもあるものですが、実際に仕事の辞めどきはどのようなタイミングなのでしょうか。

本記事では、どのようなタイミングで仕事を辞めた方が良いか、「仕事の辞めどきが分かる10のサイン」「仕事を辞めた方がいいサイン」についてご紹介しています。仕事を辞めたいと悩んでいる人は是非参考にしてみてください。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで、自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択
目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

仕事の辞めどきがわかる10のサイン・仕事が合わないサインを紹介

仕事の辞めどきがわかる10のサイン・仕事が合わないサインにはどのようなものがあるのでしょうか。仕事の辞め時を判断するポイントには下記の様なものが挙げられます。

仕事の辞めどきが
わかる10のサイン

仕事の辞めどきがわかる10のサイン#1:
仕事に対するモチベーションが低下している・仕事から学ぶことがない・スキルが身に付かない

仕事に対するモチベーションの低下は、辞めどきの重要なサインです。

日々の業務に対する情熱が失われ、目標を見失ってしまうことは仕事の充実感や達成感が不足している状態を示しています。このような状態では、精神的に体調を崩すことにもつながったり、自身の成長が止まってしまうということに繋がります。

職場での学びが止まっていたり、新しいスキルが身に付かない状況も辞め時の1つです。

成長やスキル向上の機会がない環境では、自身の目標達成が難しくなるだけでなく、転職市場における価値も下がってしまうというデメリットもあります。現職での成長が停滞している場合、新たな環境でのチャレンジが必要かもしれません。

注目求人

未経験歓迎の戦略コンサルタント【残業20時間以内】

転職市場で屈指の人気を誇る大手コンサルティングファームがコンサルタントを募集中。コンサル未経験でも転職可能で、戦略系プロジェクトも多数経験できます【平均残業時間は約20時間】

仕事の辞めどきがわかる10のサイン#2:
給料に対する不満がある・給料が安いまま上がらない

給料への不満は、仕事を辞める大きな理由の一つです。給料が低い、またその給料が安いまま上がらない場合はそのまま仕事を続けたとしても給料が上がる可能性は低いと言えるためです。

給料が上がらない理由にもよりますが、自身に非がなく公正な評価を受けられていない、公正な対価を得られていないと感じる場合は、その職種に留まっていても生活は苦しいままで、精神的にも辛い思いをする可能性が高くなります。

給料が上がらない理由

給料に対する不満が続く場合、他の職場や業界での機会を探ることも一つの選択です。

より良い報酬体系を提供する職場は、自身のスキルや経験をより高く評価してくれる可能性があります。特に会社が経営不振の場合や、業界の給与水準が低い場合は転職によって簡単に年収を上げることができます。

なお、今の自分の年収が高いか低いかを知りたい場合は、自分の年収偏差値を計算してみることをおすすめします。一例として、以下は【25歳・年収400万円】の場合の年収偏差値です。

年収偏差値について詳しく知りたい方は以下の年収偏差値計算ツールをご利用ください。年齢と年収を入力すると年収偏差値を試算することができます。

▼ 条件を指定して年収偏差値を計算できます
年収偏差値計算ツール
偏差値
男性の中での偏差値
女性の中での偏差値
大卒の中での偏差値
大企業の中での偏差値

厚生労働省『賃金構造基本統計調査』の最新情報をもとに試算

実は、年収は個人の能力やスキルよりも、働いている業界や企業などの【環境】によって大きく左右されます。年収水準の低い業界やブラック企業に勤めている限り、本人がいくら努力しても年収が上がることは期待できません。

今の自分の年収が本当に適正水準なのか?ブラック企業に搾取されていないか?自分の正しい市場価値を知りたい方は『適正年収診断』という無料ツールをチェックしてみてください。

簡単な経歴を登録するだけで、自分の適正年収を診断し、具体的な数字で知ることができます。診断は1分で完了し、結果はその場で見ることが出来ます。(診断ページはこちら

仕事の辞めどきがわかる10のサイン#3:
異動などで自分の希望する仕事ができない・自分の目標を達成できない

異動や職務変更により自分の希望する仕事ができなくなることも、仕事の辞めどきがわかる10のサインの1つです。

自分の専門性や興味が活かせない領域で仕事をしていたり、自分がやりたくない仕事をしているような状況は、仕事へのモチベーションや満足度を低下させる原因になります。

また、現在の職場で自分のキャリア目標や長期的な目標を達成できないと感じる場合、その環境が自身の成長に適していない可能性があります。

例えば出世の道が閉ざされていて目標とする役職や年収に到達できないという場合もこれにあたります。

また、もともとは自分が希望する業務に携われていたものの、異動などによって違う部署に配属されて仕事に興味がなくなってしまうケースもあります。これは社内異動の多い日系企業においてありがちな現象です。

希望する仕事ができないことは、自分の能力やスキルを十分に発揮できず、最終的に評価が落ちてしまうことにもつながりうるため、自分が希望している職種や業務に就けなかったり、自分の目標を達成できない場合は職場の変更を検討すべきです。

仕事の辞めどきがわかる10のサイン#4:
出世のスピードが遅い、上が詰まっている

出世のスピードが遅い、または昇進の機会が限られている状況も、仕事の辞めどきがわかるサインの一つです。

自分の能力や努力が評価されない場合や、上が詰まりすぎていて組織の階層が固定されている、出世の道が閉ざされている場合はチベーションの低下につながります。

さらに、昇進の遅延は自分の価値や貢献が適切に評価されていないことの現れとなることもあります。新しい職場では、自分のスキルや経験がより適切に評価され、望むキャリアパスを歩める可能性が高まります。

出世のスピードや昇進の機会は、長期的なキャリアの満足度に大きく影響するため、転職を考えるきっかけになり得ます。

仕事の辞めどきがわかる10のサイン#5:
仕事で体調を壊す・労働時間が長すぎる

仕事が原因で体調を崩すことは、仕事の辞めどきがわかるサインの一つです。

労働時間が長いことや、精神的プレッシャーが強すぎるような状態では、体調を壊してしまう可能性が高まります。仕事が原因で体調を壊してしまうと、復帰に時間がかかるだけでなく、過労死などの重篤な状況に陥ってしまう可能性があります。

仕事が原因で体調を壊してしまう様な場合では、職場の変更を検討することをおすすめします。

また、長時間労働が常態化している状況も問題です。長時間労働が常態化している状態では、今体調を壊していなくても将来的に体調を壊してしまう可能性が高まります。

と感じる人は、今の仕事が自分の性格や強みに合っていない可能性があります。

という方は、月間100万人以上が利用する『適職診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

適職診断』では、簡単な質問の回答をもとに、強みや性格・理想のワークライフバランスや年収に関する価値観を診断し、理想の条件にあった具体的な職種リストをレポートで受け取ることができます。

質問への回答は1分で完了し、診断結果はその場で見ることができます。気になった方は適職診断の公式ページをチェックしてみてください。

適職診断の公式ページ

適職診断

\ ワークライフバランス&キャリアアップ /

注目求人

大手Webサービスの事業企画【週休3日・フルリモート可】

【勤務地】全国(フルリモート)

【年収】550万円 ~ 1000万円

\ 今すぐ転職予定が無くても情報収集に使える /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年7月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
利用者の口コミが良いおすすめ転職サービス
\ 人気No.1 /
マイナビAGENT
(4.8)
ホワイト企業で高年収を目指したい人におすすめの大手転職エージェント【全国・全職種・全年代対応】

【週休3日】【フルリモート可】【未経験歓迎】など、マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp
リクルートエージェント
(4.6)
初めての転職におすすめ!転職支援実績で国内No.1の最大手転職エージェント。

年齢・地域・職種に関わらず誰でも利用でき、全国20万件以上の非公開求人から経験豊富なキャリアアドバイザーが最適な求人を提案。

【公式】https://r-agent.com
キャリアスタート
(4.6)
第二新卒・既卒・未経験に特化した大手のキャリア支援サービス。

学歴・職歴よりもポテンシャルを評価してくれる優良企業の独自案件が多く、月収25万円以下から年収100万円以上アップの実績多数

【公式】https://careerstart.co.jp
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

残業時間の平均は、身近な法律情報誌リーガレットの以下の記事が参考になりますので、読んでみてください。
参考: 残業時間の平均は25時間!残業時間ごとの特徴とブラック企業の基準|リーガレット (legalet.net)

仕事の辞めどきがわかる10のサイン#6:
職場の人間関係で思い悩むことが多い

職場の人間関係に問題がある場合、仕事の辞め時を考える重要な指標です。人間関係によるストレスで毎日悩まされることは、心身の健康に悪影響を及ぼします。いくら改善を試みても同僚や上司との関係が改善しない場合、仕事の効率や楽しさ・幸福度が著しく低下します。

それだけでなく、職場での協力やサポートが得られない状況では、結果的に人事評価も悪くなってしまうなどキャリアの成長にも影響を及ぼす可能性があります。良好な人間関係は、職場での成功と満足感の両方に欠かせない要素です。

こうした職場での対人関係の問題が持続する場合、自身を変えようとするのではなく職場自体を変えるというのも一案です。自分に問題がない場合、職場を変えれば人間関係は簡単に改善される可能性もあります。

注目求人

大手IT企業のWebデザイナー【未経験歓迎・フルリモート可】

システムの設計・開発等を行う大手IT企業において、Webデザイナー職のメンバーを募集中です。未経験歓迎で中途入社の約半数が完全未経験。フルリモート・フルフレックス制で自分のペースで働くことができます。

仕事の辞めどきがわかる10のサイン#7:
優秀な人材や親しい人材が次々と辞めている・人数不足

周囲の優秀な人材や親しい同僚が次々と職を辞めるというのも、仕事の辞めどきが分かる10のサインの1つです。

優秀な人材の流出は職場環境や組織の健全性に問題がある可能性が高く、自分にも同じ問題が起きてしまう可能性があります。それだけでなく、優秀な人材の流出は、組織全体のパフォーマンス低下の兆しとなります。

また、こうした人材の流出による人材不足は残された従業員に過度な負担を強いることになります。人材が不足すると、一部の従業員には仕事がさらに集中し結果的に労働時間が長期化してしまうという負のスパイラルにも陥り得ます。

さらに、親しい同僚や尊敬する先輩が辞めていくことは、職場での支援体制や学びの機会が失われることを意味します。周囲の人材の動向は、職場の状況を反映しており、転職を検討する重要な指標です。

仕事の辞めどきがわかる10のサイン#8:
会社内に尊敬できる上司がいない

尊敬できる上司がいないことは、仕事の辞めどきが分かる10のサインの1つです。

尊敬できる上司から学ぶことは、自身の成長や「なりたい姿」の実現において非常に重要です。目標とする存在が身近にいることで、効率的に学ぶことができるだけでなく仕事上でもモチベーションを保つことができます。

しかしながら尊敬できる上司やリーダーがいないと自身の目標を明確にイメージできず、成長が難しくなってしまいます。

リーダーシップや指導力があって尊敬できる上司がいない環境では、職場の目標設定やチームワークの質も低下する傾向にあります。これは、仕事の満足度や労働環境などにも悪影響を及ぼしてしまいます。

また、尊敬できる上司が会社内にいればその人をロールモデルとできますが、会社内にそのような存在がいなければ、自分も部下に尊敬されるような上司となれる可能性は低いと言えます。

従って、その職場からの転職を検討したほうが良いかもしれません。

仕事の辞めどきがわかる10のサイン#9:
職場にハラスメントが横行している

職場でのハラスメント(セクシャルハラスメントやパワーハラスメントなど)が横行している状況は、深刻な問題であり、仕事の辞めどきがわかる10のサインの1つです。

ハラスメントは、仕事上の満足度を低下させるだけでなく、場合によっては自身の健康にも深刻な害を及ぼしうるため、特に自分が不当なハラスメントを受けており、改善も見込めない場合は積極的に転職を検討するのが良いでしょう。

自分がハラスメントを受けていなくても、ハラスメントが横行しているような職場ではいつかハラスメントの被害者となったり、事件に巻き込まれてしまう可能性も大いにあり得ます。

ハラスメントをしてくるような上司と一緒に働く場合、自分の評価まで悪くなってしまう可能性もあるため、現在の職場に固執しても待遇まで悪くなってしまう可能性すらあります。

仕事の辞めどきがわかる10のサイン#10:
仕事や会社に将来性がないと感じる

仕事や会社に将来性がないと感じる場合も、仕事の辞めどきがわかる10のサインの1つです。

自分が働いている業界や会社が将来的に衰退する可能性がある場合、自身の雇用が危うくなってしまったり、給料水準が下がってしまったり、出世の道が閉ざされてしまうなどの様々なリスクがあります。

会社や業界自体に将来性がなく衰退が避けられないような場合だと、自身の努力ではどうにもならない可能性が高いため、そのような場合は会社を辞めることを検討しましょう。こうした会社に固執しないことで、取り返しがつかなくなる前に自分から行動することができます。

市場価値を上げたい人におすすめの求人

大手上場IT企業のITエンジニア【完全未経験から歓迎】

東証プライム市場に上場している大手IT企業において、ITエンジニアを募集中。プログラミング経験ゼロでも可。充実した独自研修システムを利用し、給料をもらいながら一人前のITエンジニアを目指せます。

仕事を辞めた方がいいサインを感じた際に取るべき行動

仕事の辞めどきがわかる10のサインを感じた際、どのような行動を取るべきでしょうか。具体的には下記の様な行動をとることをおすすめします。

仕事の辞めどきを
感じた際に取るべき行動

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

仕事の辞めどきがわかる10のサインを感じた際に取るべき行動①:
仕事を休む

仕事の辞めどきを感じた時、まず考えるべき行動は、仕事を一時的に休むことです。特に、精神的に疲弊している場合や労働時間が長い場合は思い切って休みを取ることをおすすめします。

仕事を休むことで日々の業務から離れて心身をリフレッシュし、自分の状況を客観的に評価する時間を確保できます。休息は、ストレスや疲労の蓄積を解消し、明確な心頭で次のステップを考えるために不可欠です。この休息期間を利用して、仕事の状況や自分のキャリア目標について深く考えることができます。

また休む時間を持つことで、職場への考え方が変わることもあります。仕事から距離を置くことで、職場の環境や自身のキャリアに対する新たな視点を得ることができる場合があります。

場合によっては現在の会社に居続けた方が良いという結論に至ることもあるように、一時の感情に流されずゆっくりと考えるのは非常に重要なことです。

仕事の辞めどきがわかる10のサインを感じた際に取るべき行動②:
待遇の改善を会社に相談する

仕事を辞める前に、待遇の改善を会社に相談することも重要なステップです。

不満を感じている給与や労働条件について、上司や人事部門と建設的な対話を試みることが推奨されます。このプロセスは、職場での自分の価値を正当に評価されていないと感じる場合に特に重要です。

感情ではなく自分の業績や貢献を具体的に示し、それに見合った待遇を求めることが大事です。また、キャリアの成長や職務上の目標に合わせた待遇の見直しを提案することも可能です。場合によっては転職をちらつかせるのも有効な手段となり得ます。

会社との交渉が成功すれば、職場に留まる新たな理由が得られるかもしれません。しかし、期待する結果が得られない場合は、転職をより真剣に検討するきっかけになるでしょう。

仕事の辞めどきがわかる10のサインを感じた際に取るべき行動③:
上司や信頼できる人に相談する

仕事を辞めるべきかどうか迷った時、上司や信頼できる同僚に相談することも選択肢の一つです。

職場環境や業務内容に精通している上司や同僚は、自身の人生経験も踏まえて客観的な視点からアドバイスを提供してくれます。

特に一時的な感情で「辞めたい」と考えてしまっている場合や、外部から見て合理的ではない選択肢を取ろうとしている場合は、こうした上司や信頼できる人からのアドバイスでより最適な選択肢を取ることができるようになります。

相談する上司や同僚の人選は慎重に行う様にしよう

同僚などに相談する場合は人選を慎重に行う様にしましょう。人によっては、転職の相談などを周囲の人に言いふらしてしまう人もいるため、秘密を守ってくれるような信頼のおける人に相談することをおすすめします。

もし相談できるような人がいない場合は、転職エージェントに相談することも選択肢の1つです。転職エージェントは転職活動のプロフェッショナルであり、仕事の辞めどきが分かるサインにも精通しています。客観的に見て自身の状況では転職すべきかなど親身にアドバイスをしてくれるため、こうした転職エージェントを活用することは選択肢の1つです。

仕事の辞めどきがわかる10のサインを感じた際に取るべき行動④:
転職活動を始める

仕事の辞めどきがわかる10のサインを感じた際に取るべき行動の①-③を検討し尽くした場合は、転職活動を始めることをおすすめします。

転職活動によって職場を変えれば、自身が現職で感じているような問題があっさり解決されるということも十分にあり得ます。

より良い職場に転職するためには、求人サイト・転職エージェントを活用することをおすすめします。特に正社員として勤務したい場合は、求人サイト・転職エージェントを活用することが最もおすすめです。

転職を成功させる上で、転職エージェントの活用は非常に有効な戦略です。転職エージェントは業界ごとの最新動向、求人市場の情報、さらには非公開求人に関する情報を無料で提供してくれます。

このような専門的な情報は、自分だけで転職活動を行う場合には入手困難なものであり、転職市場におけるライバルに対して有利な立場を築くために非常に役立ちます。

また、転職エージェントは、履歴書のブラッシュアップや面接対策など、転職プロセスの各ステップにおいても実践的なサポートやアドバイスを提供してくれます。

転職エージェントは転職が決まった際に採用企業からフィーをもらうという仕組みのため、利用者側は1円もお金を払う必要がありません。

相談した結果、転職しなかったとしてもペナルティは一切かからないため、転職エージェントは遠慮せずに使い倒した方が得と言えます。

キャリアアップを目指す人におすすめの求人

【金融知識不問】M&Aアドバイザー【平均年収2000万円超】

企業の合併・買収において中立的なアドバイスを提供し、売り手・買い手企業の両面をサポート。業界未経験者が多数で、平均年収は2000万円以上。法人営業や企画系職種の経験者は特に歓迎です。

\ 今すぐ転職予定が無くても情報収集に使える /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年7月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *

【1位】 マイナビAGENT (4.8)

ホワイト企業で高年収を目指したい人におすすめの大手転職エージェント。【週休3日】【フルリモート可】【未経験歓迎】など、マイナビエージェントでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp


【2位】 リクルートエージェント (4.6)

初めての転職におすすめ!転職支援実績で国内No.1の最大手転職エージェント。年齢・地域・職種に関わらず誰でも利用でき、全国20万件以上の非公開求人から経験豊富なキャリアアドバイザーが最適な求人を提案。

【公式】https://r-agent.com


【3位】 キャリアスタート (4.6)

第二新卒・既卒・未経験に特化した大手のキャリア支援サービス。学歴・職歴よりもポテンシャルを評価してくれる優良企業の独自案件が多く、月収25万円以下から年収100万円以上アップの実績多数

【公式】https://bizreach.jp

待遇の良い会社に転職するためには転職エージェントの活用をおすすめ

次の職場を選ぶ際には、以前の職で感じていた不満点を改善できるような場所を探すことが重要ですが、そうした転職を成功させるためには、転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職を成功させる上で、転職エージェントの活用は非常に有効な戦略です。転職エージェントは業界ごとの最新動向、求人市場の情報、さらには非公開求人に関する情報を無料で提供してくれます。このような専門的な情報は、自分だけで転職活動を行う場合には入手困難なものであり、転職市場におけるライバルに対して有利な立場を築くために非常に役立ちます。

また、転職エージェントは、履歴書のブラッシュアップや面接対策など、転職プロセスの各ステップにおいても実践的なサポートやアドバイスを提供してくれます。

転職エージェントは転職が決まった際に採用企業からフィーをもらうという仕組みのため、利用者側は1円もお金を払う必要がありません。相談した結果、転職しなかったとしてもペナルティは一切かからないため、転職エージェントは遠慮せずに使い倒した方が得と言えます。

おすすめの転職エージェント
マイナビエージェント | マイナビにしかない好条件の非公開求人が多数

マイナビエージェント

【公式ページ】https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェント』は、大手人材会社のマイナビが運営するおすすめの転職エージェントです。

日本全国で幅広い業界・職種の転職を支援しており、2024年7月時点で45,344 件の公開求人と18,146 件の非公開求人を扱っています。

誰もが知る大企業から地方の隠れた優良企業まで幅広い求人を扱っており、マイナビエージェントでしか扱いのない好条件の非公開求人が多いことも特徴です。

マイナビエージェントの求人企業(例)

■ 日系大手・ホワイト高年収企業

キーエンス / SONY / NTTデータ / 野村総合研究所 / アビームコンサルティング / サイバーエージェント / エムスリー / 野村證券

■ 外資系・グローバル企業

アクセンチュア / PwC / アマゾンジャパン / デロイトトーマツコンサルティング / SAMSUNG / ボッシュ

マイナビエージェントはすべての機能が無料で利用でき、登録してみて自分に合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会できます。

サービス名マイナビAGENT
公式ページhttps://mynavi-agent.jp
サービス分類・転職エージェント
・総合型
求人数公開求人:45,344 件
非公開求人:18,146 件
(2024年7月時点)
対応地域日本全国
料金無料
運営会社株式会社マイナビ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-080554
参考ページ【口コミ】マイナビエージェントの評判
マイナビエージェントで断られた?原因と対処法
関連サービス・20代専門転職エージェント『マイナビジョブ20’s
・IT転職エージェント『マイナビITエージェント
・転職サイト『マイナビ転職
・薬剤師転職サイト『マイナビ薬剤師の評判
・看護師転職サイト『マイナビ看護師
転職エージェント『マイナビエージェント』の概要

おすすめの転職サイト
ビズリーチ | 登録するだけで高年収のスカウトが届く

ビズリーチ

【公式HP】https://bizreach.jp

ビズリーチ』は、TVCMでも有名な国内最大級のスカウト型の転職サービスであり、おすすめの転職サイトです。

匿名で経歴を登録するだけで高年収のスカウトが届き、気になるスカウトに返信することで効率的に転職活動を進めることができます。

転職活動中の人はもちろん、直近の転職予定がなくても将来的に転職を考えている人も含めて200万人以上のユーザーが利用しています。

人気企業・難関企業の採用担当者や高年収求人を扱う質の高いヘッドハンターからスカウトを受け取ったり、ビズリーチ限定で公開されている好待遇な求人の詳細を確認することができます。

会員登録したからと言って面談を要求されたり、電話がかかってくることは一切ないため、まずは情報収集から始めたい人も安心して利用できます。

サービス名ビズリーチ
公式ページhttps://bizreach.jp
サービス分類・転職サイト
・スカウトサービス
特徴・年収1000万円以上の求人が多数
・200万人以上が利用する国内最大級の転職サイト
求人掲載件数109,360 件(2024年7月時点)
運営会社株式会社ビズリーチ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-302647
参考ページビズリーチの評判と口コミ
ビズリーチのプラチナスカウトとは?
ビズリーチに登録すると会社にばれる?
ビズリーチの審査とは?
ビズリーチのCMの女優は誰?
転職サイト「ビズリーチ」の概要

おすすめの転職エージェント
キャリアスタート | 月給25万円以下から年収100万円以上UPの実績多数

キャリアスタート

【公式HP】https://careerstart.co.jp

キャリアスタート』は、第二新卒・既卒・未経験の方向けに特化して転職支援を行っている転職エージェントです。

未経験の業界や職種への転職支援の実績が豊富で、実際の利用者からは「転職を通じて年収が上がった」「未経験でもIT業界への転職に成功できた」「短期間で内定が出た」などポジティブな声が多く聞こえます。

キャリアスタートのメリット・良い評判
  • 第二新卒や既卒、フリーターなど職歴の浅い20代に特化しており、利用者数も豊富
  • 年収が上がる求人が豊富
  • マンツーマン模擬面接や転職成功BOOKを通じて高い内定率を実現
  • 自己分析や適性検査を通じて、キャリアビジョンの設計をサポートしてくれる
  • 転職交流会や転居サポートといった独自のサポートを提供している

取り扱っている職種としてはマーケティング職・事務職・販売職などが中心であり、これらの領域での就職を目指している方にはおすすめの転職エージェントとなっています。マンツーマン模擬面接や独自のノウハウをまとめた『転職成功BOOK』といった独自の選考対策を受けたい方にもおすすめです。

サービス名キャリアスタート(CAREER START)
公式ページhttps://careerstart.co.jp
サービス分類・転職エージェント
・特化型
特徴20代の第二新卒・既卒・未経験専門の転職エージェント
登録者に『転職成功BOOK』を無料プレゼント中
料金無料
運営会社キャリアスタート株式会社
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-305582
参考ページキャリアスタートの評判と口コミ
転職エージェント「キャリアスタート」の概要

おすすめの転職エージェント
ASSIGN(アサイン) | 高年収を目指す20代に特化した転職エージェント

転職エージェント「ASSIGN」
若手ハイエンド特化型転職エージェント『ASSIGN(アサイン)』

【公式HP】https://assign-inc.com

ASSIGN(アサイン)』は、若手ハイキャリアに特化した転職エージェントです。コンサル・IT・金融などの業界への転職支援に強みがあります。

ASSIGN(アサイン)のメリット・良い評判
  • 高年収を目指す20代・30代のための魅力的な求人が多い
  • 中長期的で真摯かつ丁寧なキャリアサポートを受けることができる
  • 業界に理解が深く質の高いエージェントが在籍

面接対策や業界研究など転職サポートの丁寧さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞しています。

未経験でも挑戦できる独自の高年収求人を多数扱っていることに加え、面談後に一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

今すぐ転職予定のない方や若手の方でも無料で面談やサポートを受けることができるため、高年収な業界への転職を将来的に考えている方は、是非公式ページから無料面談を申し込んでみて下さい。

サービス名ASSIGN(アサイン)
公式ページhttps://assign-inc.com
タイプ・転職エージェント
・特化型
特徴若手ハイエンド専門の転職エージェント
料金無料
運営会社株式会社アサイン
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-308560
転職エージェント『ASSIGN』の概要

仕事を辞めない方がいい人の特徴を解説

ここまで仕事の辞めどきがわかる10のサインや、そのサインを感じた際に取るべき行動についてご紹介してきましたが、逆に仕事を辞めるべきでないケースにはどのようなものがあるのでしょうか。仕事を辞めるべきでないケースには下記の様なものが挙げられます。

仕事を辞めない方が
いい人の特徴

仕事を辞めない方がいい人の特徴①:
一時的な感情で「辞めたい」と思っている

仕事を辞めるべきではない場合の一つは、一時的な感情に基づいて「辞めたい」と感じている場合です。

職場での一時的なストレスや感情的な出来事によって、仕事を辞めたいと思うことはありますが、これらは一過性のものである可能性があります。感情が落ち着くと、見方が変わることも多いため、重大な決断は冷静になってから行うことが重要です。

また、短期的な問題や困難に直面している場合、それらが解決または改善される可能性も考慮すべきです。一時的な課題や挑戦は、キャリアの成長や発展において重要な学びの機会になることがあります。すぐに仕事を辞める代わりに、問題に立ち向かうことで、長期的な見通しや職業的成長が期待できます。

逆に言えば、一時的な感情ではなく熟考を重ねたうえでなお「辞めたい」と思う場合は、仕事を辞めることを真剣に検討しましょう。

仕事を辞めない方がいい人の特徴②:
自身で改善などを行っていない

仕事を辞めるべきではないケースの一つに、自身で状況の改善を試みていないというケースがあります。

職場の問題や不満がある場合でも、それらを解決するための具体的な行動を取ることで、職場の環境や自身の立場をより良くすることができる可能性も十分にあります。

例えば、人間関係や業務の問題に対して、建設的なフィードバックや解決策を上司や同僚に提案することが考えられます。

また、自分のスキルや知識を向上させることで、仕事の満足度や効率を高めることができるかもしれません。自分から積極的に行動を起こすことで、職場の状況が改善されることもあります。

自分自身で改善策を試みずに仕事を辞めると、同じ問題が次の職場でも発生する可能性があります。

問題を解決するための経験やスキルを身につけることは、長期的なキャリアの成功に寄与します。状況を改善するための努力を行い、それでも問題が解決しない場合に、転職を検討することが適切です。

仕事を辞めない方がいい人の特徴③:
現職が「辛い」という理由だけで転職を考えている

仕事が「辛い」と感じるだけで転職を考えるのは、時に慎重な再考が必要な場合があります。

職場での困難や挑戦は、キャリアの成長において重要な役割を果たすことが多く、これらを乗り越えることで貴重な経験やスキルを獲得できることもよくあります。困難を乗り越えることは、自己成長とキャリアの発展に役立ちます。

また、「辛い」という感覚は、一時的な過剰な仕事量やストレスから生じることがあります。このような場合、時間の経過とともに状況が改善する可能性があります。仕事の負担が一時的であるかどうかを考え、必要があれば労働条件の調整やサポートを求めることが重要です。

転職を考える前に、自分自身のストレス管理方法や職場での対処策を見直すことも有効です。自分が直面している問題の根本原因を理解し、それに対処することで、仕事の満足度を向上させることができるかもしれません。

職場での困難を克服する経験は、将来的なキャリアの成功に対して価値ある資産です。一時的な困難やストレスに基づく決断は、後悔の原因となることがあるため、慎重に検討することをおすすめします。

仕事を辞めない方がいい人の特徴④:
辞めたい理由を自分で説明することができない

仕事を辞めたいと思っていても、その理由を自分自身で明確に説明できない場合は、転職を見直すべきかもしれません。

自分の不満や不安の原因が具体的に理解できていない場合、転職しても同様の問題に直面する可能性があります。それだけでなく、転職活動における面接などでも自分で理由を説明できず、転職活動がうまくいかない可能性も大いにあります。

また、辞めたい理由が曖昧である場合、キャリアに関する重大な決断を行う前に、自分の職業的価値観や目標を再評価する機会とすべきです。

自分が仕事から何を求めているのか、どのような職場ならそのニーズを満たせるかどうかは慎重に検討するようにしましょう。

仕事を辞めない方がいい人の特徴⑤:
昇進や昇格・ボーナスの時期などで待遇が良くなる可能性がある

仕事を辞めようと考えている場合でも、昇進や昇格、ボーナスの時期が近づいているなら、決断を見直す価値があります。

昇格などの機会は、待遇の改善や職業的な成長を意味し、キャリアにとって重要なターニングポイントになる可能性があります。

昇進や昇格によって待遇の改善が見込まれる場合、より高い給料やより良い労働条件を得ることができ、職場での満足度を高める可能性があります。

また、新しい役割や責任は、職業スキルをさらに磨き、キャリアのさらなる発展につながる可能性もあります。

このような変化の時期に転職を決断すると、自分が築き上げてきたキャリアの地位や機会を失うリスクや、本来得るはずだったより良い待遇を逃す可能性があります。

昇進や昇格の可能性がある場合は、こうした変化が現状にどのような影響を与えるかを検討したうえで転職活動を検討するようにしましょう。

注目求人

【未経験歓迎】大手VCファンドの投資チーム募集

業界最大手級のベンチャーキャピタルにおいて、スタートアップ投資を担当する投資メンバーを募集中。VC業界内で最高水準の年収を提示可能。

仕事の辞めどきを診断する方法(仕事の辞め時を見極めるための4つの指標)を紹介

仕事の辞めどきを診断する方法(仕事の辞め時を見極めるための4つの指標)を紹介します。

仕事の辞め時を
見極めるための4つの指標

仕事の辞め時を見極めるための4つの指標①:
自身が改善すれば問題は解消されるか

仕事の辞め時を判断する際の一つの指標は、現在直面している問題が自分自身の改善努力で解決可能かどうかを評価することです。

仕事の不満が自分のスキルや努力の不足に起因する場合、それらを改善することで状況が好転する可能性があります。個人の成長や努力によって問題を解決できる場合、転職よりも自己改善に焦点を当てるべきかもしれません。

例えば、時間管理の問題や特定の技術スキルの欠如が仕事のパフォーマンスに影響を与えている場合、これらのスキルを磨くことで状況を改善できるかもしれません。

また、対人関係の問題がある場合、コミュニケーションスキルを向上させることで職場の人間関係が改善することがあります。

自分自身の行動や能力を改善することで問題が解決するなら、それはキャリア成長のための重要なステップとなります。

自己改善を通じて仕事の問題を克服する経験は、長期的なキャリアの成功に役立つ貴重な資産となるでしょう。自分自身の改善により問題が解消されるかどうかを考慮することは、仕事を辞めるかどうかを判断する上で重要な要素です。

仕事の辞め時を見極めるための4つの指標②:
現在が辛くても、現職で将来的に明るい展望を描けるか

仕事を辞めるべきかを判断する際の重要な指標の一つは、現在の職場で将来的に明るい展望が描けるかどうかです。

現在の仕事が一時的に辛いと感じることがあっても、長期的なキャリアの観点からポジティブな成長や機会が見込める場合、辞めるのは早計かもしれません。

将来的に自己実現や目標達成が可能な環境であれば、現状の困難に耐えることには大きな価値があります。

仕事の辞め時を見極めるための4つの指標③:
一時的な感情ではなく、継続的に「辞めたい」と思っているか

仕事を辞めるかどうかを決める際に重要な指標の一つに、辞めたいという感情が一時的なものではなく、継続的に感じているかどうかです。

短期的なプロジェクトのストレスや一時的な仕事の不満が原因で「辞めたい」と感じることはありますが、これらの感情が継続している場合、より深刻な問題の兆候である可能性があります。キャリアに悪影響なだけでなく、自身の健康に影響を及ぼす可能性もあります。

継続的に仕事を辞めたいと感じる場合、それは職場の環境や仕事内容、キャリアパスが自分の価値観や目標と合致していない可能性があります。

このような感情は、職場やキャリアに対する深い不満や適合しないことの表れである可能性が高く、転職などの重要な変化が必要かもしれません。

いずれにせよ、「辞めたい」と思っている理由が継続的なものか、またその不満の本質的な原因は何か、更にその原因は仕事を辞めることで解消されることなのかについては慎重に検討しましょう。

注目求人

大手広告代理店のアカウントプランナー【平均残業10時間】

テレビCMからSNS広告まで幅広い広告を扱う大手広告代理店において、顧客企業の広告戦略策定・予算運用を行うアカウントプランナーを募集中。広告業界の経験は不問で、入社後すぐにキャッチアップできます。

仕事の辞め時を見極めるための4つの指標④:
転職に適した時期・タイミングかどうか

仕事を辞めるタイミングを決める際に考慮すべき最後の指標は、転職に適した時期かどうかです。

キャリアの中で特定の時点、例えばプロジェクトの完了、重要なマイルストーンの達成後、または専門的な資格の取得後など、転職に最適なタイミングがあります。

これらのタイミングは、次の職を探す上での強みとなり、転職活動に有利に働く可能性があります。ボーナス支給が近ければ、それを受け取ってから仕事を辞めるのも一案です。

また、個人的な生活状況も転職のタイミングを考慮する際の重要な要素です。家庭の事情、健康状態、財務状況など、職を変えることが個人生活に及ぼす影響を評価することが重要です。

転職は大きな変化を伴うため、個人的な生活状況が新しい職場環境に適応できる状態であることを確認する必要があります。

更に、世の中の転職市場における市況が悪かったりすると、自身に問題が無くてもそもそも求人がないなどの理由で転職活動が難しい可能性があります。

こうした時期を避けて転職活動を行うこと、もっと言えば内定をもらってから会社を辞めることが重要です。

SNSが好きな人におすすめの求人

SNS広告の運用をリードするWebマーケター【未経験歓迎】

インターネット広告に特化した国内最大級の広告代理店において、未経験からWebマーケターを募集しています。充実した研修制度を通じてポータブルスキルが身につき、転職市場における市場価値アップも目指せます。

仕事をやめなさいのサイン・辞め時のスピリチュアルなサインとは?

仕事をやめなさいのサイン・辞め時のスピリチュアルなサインにはどのようなものがあるのでしょうか。仕事の辞め時を判断するポイントには下記の様なものが挙げられます。

仕事の辞め時における
スピリチュアルなサインとは?

積極採用中のおすすめ求人

【転勤なし】大手食品メーカーの総合職【第二新卒も歓迎】

誰もが知るブランドを複数抱える国内最大手級の食品メーカーにて、総合職のメンバーを募集しています。第二新卒歓迎で新卒1年目から選考を受けることができます。

【勤務地】東京(リモート可)

【年収】450万円 ~ 700万円

仕事の辞めどきがわかる10のサインに関するよくある質問

仕事の辞めどきがわかる10のサインに関するよくある質問をご紹介します。

仕事の辞めどきがわかる10のサインに関するよくある質問①:
直感で仕事を辞めると判断しても良い?

直感的な決断は、時に感情や一時的な状況に強く影響されることがあります。

一時的なストレスや感情の波によって、仕事を辞めたいと感じることもあるかもしれませんが、これらは短期的な感情であり、時間が経つにつれ変化する可能性があります。

したがって、直感だけに基づいて職を辞める前には、その感情が長期的な不満から来ているのか、一時的な感情の波なのかを区別することが重要です。

また、仕事を辞めるという決断は、自身のキャリア、財務状況、個人的な目標など、多くの要素を考慮する必要があります。直感を考慮に入れつつも、客観的な事実や将来の計画に基づいて決断を下すことが、長期的なキャリアの成功には不可欠です。

直感が重要な役割を果たすことはありますが、それだけに頼るのではなく、周囲の意見や具体的な事実にも基づいて総合的な判断を行うことが賢明です。

仕事の辞めどきがわかる10のサインに関するよくある質問②:
女性特有の仕事の辞めどきがわかる10のサインはある?

女性特有の仕事の辞めどきというものもあります。

いくら男女で役割を分担しているとはいえ、仕事と家庭生活のバランスが取れない場合、特に育児や家族の世話を担う女性にとって、職場が家庭とのバランスを取る上での柔軟性を提供していない場合、その職を辞めることが必要になるかもしれません。

また、職場での性別に基づく差別やハラスメントも、女性が仕事を辞めるべきサインとなり得ます。女性が平等な扱いを受けず、キャリア成長の機会が限定されている場合、より公平でサポート的な環境を求めて転職することが望ましいでしょう。

さらに、キャリアの目標や個人的な目標と現在の職場が合致していない場合も、転職を考えるべきサインです。

北海道・東北地方

関東地方

東海地方

北陸地方

近畿地方

中国地方

四国地方

九州・沖縄

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地〒106-6116
東京都港区6-10-1 六本木ヒルズ森タワー16F
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年7月時点)
目次