【49歳の転職】現実は厳しい?転職成功のポイントと注意点を解説

49歳転職

49歳での転職が厳しいと言われる理由や49歳が転職を検討する理由、転職するべき人・転職するべきではない人の特徴、転職を成功させるためのポイント・注意点について解説します。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで、自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

実際の利用者の口コミが良かった40代におすすめの転職サイトについて詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

49歳における転職の現状

49歳での転職は遅いから厳しいと言われることがあります。しかし、49歳であっても転職は十分可能です。

総務省統計局によると就業者6,676万人のうち転職者は269万人と年々増加しており、中でも「45歳~54歳」は全体の約20%を占めています。このことから、40代後半から50代前半であっても多くの転職成功者がいることが分かります。

年齢人数
25歳-34歳74万人(25.0%)
35歳-44歳55万人(18.6%)
45歳-54歳52万人(17.6%)
総務省等統計局『労働力調査』(2023年)

また、国内最大手のスカウトサービスである『ビズリーチ』によれば、40代は『ビズリーチ』における転職者割合の4割以上を占めている模様です。40代の転職実績が豊富であることが分かります。

ビズリーチでは、転職成功者のうち、40代以上 が4割以上とかなりの割合を占めます。

出典:ビズリーチ公式ページ

49歳の転職が厳しいと言われる理由

49歳であっても転職可能であると説明してきましたが、厳しいと言われることもあります。どのような理由から49歳の転職が厳しいと言われているのかを解説していきます。

49歳の転職が厳しいと言われる理由

49歳の転職が厳しいと言われる理由#1:
即戦力として働ける高いスキルが求められるため

49歳の転職が厳しいと言われる理由として、即戦力として働ける高いスキルが求められるためことが挙げられます。

49歳の転職では現状と同じ収入やそれよりも高い収入を求めて転職を行うことがほとんどです。そのため、若い人に比べて49歳の人件費は高くなります。

企業側も、誰もが持っているスキルや経験ではなく、今いる社員よりも高いスキルや経験を持ち成果を上げることのできる人材を求めています。

また、49歳の転職であれば管理職としての採用をされることもあります。この場合、部下の育成やプロジェクト管理といった業務を任せるためにリーダーシップやマネジメントスキルは特に重要視されます。

そのため、即戦力として働くことのできるようなスキルが不足している場合には、転職活動が思うように進まなくなってしまうこともあります。

面接の際には、自分の経験や転職先で活かすことのできるスキルについてしっかりとアピールしていくことが大切になってきます。

49歳の転職が厳しいと言われる理由#2:
40代より教育コストの低い若手が採用されやすいため

49歳の転職が厳しいと言われる理由として、40代より教育コストの低い若手が採用されやすいという点が挙げられます。

49歳では社会人経験も長く、これまでの会社の方針やルールが基準になり自分の中で仕事のやり方が定まっている人も多くなります。以前の職場のやり方に固執することで、転職先での学びや新しいスキルの獲得に時間がかかることになります。

また、49歳では教育に時間をかけても働くことのできる期間も短くなってしまうため、同じスキルや能力であった場合には柔軟性がありキャッチアップしやすい若手が採用されます。

こうしたことからも、49歳での転職が厳しいと言われることがあります。49歳の転職においては、教わる年齢に関係なく柔軟性や協調性を持ち積極的に学んでいく姿勢を持つことが非常に重要です。

49歳の転職が厳しいと言われる理由#3:
一般的な転職サイトでは40代歓迎の求人が少ないため

49歳の転職が厳しいと言われる理由として、一般的な転職サイトでは40代歓迎の求人が少ないという点も挙げられます。

求人への年齢制限は基本的に禁止されていますが、「長期人材育成のため」という理由で対象年齢を定めることは認められています。49歳では採用後から定年までの期間が短いことが懸念され、求人数が少なくなることがあります。

また、49歳で転職を検討している場合、管理職や役職を持つことができるかどうかも重要視するようになります。

しかし、会社内の出世のポジションがもともと限られていることや、会社にいる人材の中から幹部人材を選抜されやすいことから、管理職や幹部候補といった求人自体は少なくなります。

そもそも求人が少ないことに加えて、希望を満たすような求人が少なくなりやすいのも、49歳での転職は厳しいと言われる理由の1つです。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで、自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

49歳の転職が厳しいと言われる理由 #4:
ライフステージの変化に伴い求人への希望条件が増えるため

49歳の転職が厳しいと言われる理由として、生活の変化に伴い求人への希望条件が増えるという点が挙げられます。

49歳では今後の生活や老後の貯蓄などといった金銭的な不安も大きくなりやすく、収入アップできる職場や安定した収入を継続的に得ることのできる職場を求めるようになります。

また、これまで仕事中心の生活をしていた人であっても、体力や健康的な意識などからプライベートの時間をしっかりと確保することのできる職場を求めるようになります。

さらに、転職先について家族からの要望も加わり、若い頃とは違い自分の希望だけで決めることは難しくなります。

求人数が絞られていることに加えて、転職先への希望条件も多くなることで転職活動が長引いてしまう可能性があるため、49歳の転職は厳しいと言われています。

49歳での転職活動では、転職先への希望条件に優先順位を決め譲れない点を明確にした上で行っていくことが重要となります。

49歳の転職が厳しいと言われる理由#5:
異業種や未経験への転職はハードルが高くなるため

49歳の転職が厳しいと言われる理由として、異業種や未経験への転職はハードルが高くなるという点が挙げられます。

企業は49歳の転職者に対して、今までのスキルを活かして即戦力として働くことを期待することがほとんどです。そのため、未経験者を採用することは少なくなってしまいます。

40代であっても未経験者を採用している企業や業界もありますが、30代などとは異なり、「若さ」「吸収力」といったポテンシャルの高さが評価されづらく、選考のハードルは高くなるため、49歳での転職は厳しいと言われてしまうことがあります。

しかし、49歳ではポータブルスキルが身についていることやマネジメント業務を経験している人も多く、こうしたスキルや経験は異業種や未経験職であっても十分に活かすことができます。

そのため、49歳の転職ではキャリアの棚卸しを行い、転職先で活かすことのできるスキルや経験をしっかりとアピールしていくことが大切です。

49歳が転職を検討する理由

49歳が転職を検討する理由は下記の通りです。

49歳が転職を検討する理由

49歳が転職を検討する理由#1:
仕事の成果に対する正当な評価がなされない

49歳が転職を検討する理由として、仕事の成果に対する正当な評価がなされないということが挙げられます。

大手企業や大きな部署での業務は一人ひとりの成果が分かりにくく、自分の努力が評価として反映されていないと感じる人もいます。

また、成果を上げているにも関わらず正当な評価がされない状態では、仕事へのモチベーションも低下してしまいます。このような環境ではチームの評価も上がらず自分自身の成果・評価も上がりません。

自分の努力や成果が適切に認識されない場合や昇進・昇給が公平でないと職場での気力が損なわれ、その会社で頑張る意味がないと感じ転職を検討するようになります。

49歳の転職活動では、今までの成果や転職後貢献することのできる点を明確にし企業へ伝えていくことが重要になります。前向きにチャレンジすることのできる姿勢をアピールすることも大切です。

49歳が転職を検討する理由#2:
仕事内容に満足できない

49歳が転職を検討する理由として、仕事内容に満足できないということが挙げられます。

49歳では教育を行ったり、チームリーダーなども行い多くの部下を抱えるようになります。時には管理職としてマネジメント業務を中心的に行っていることもあるでしょう。そうした仕事にも慣れ、ルーティンワークが多くなる時期でもあります。

ルーティンワークが増加することや部下への教育が中心になることで、自分自身が新たなスキルや経験を積むことも難しくなっていきます。

キャリアアップを目指している人にとって、自分の思い描くキャリアを構築していくことも困難になるため転職を検討するようになります。

49歳が転職を検討する理由#3:
給料やボーナスが少ない

49歳が転職を検討する理由として、給料やボーナスが少ないということが挙げられます。

49歳では家族が増えている人も多く、これから先の生活費や老後への貯蓄など様々な金銭的な不安が出てくるようになります。また、昇給がなされない状態や何年働いていても給料が全く上がらない状態では今後の賃金の上昇も見込めません。

給料の低さは生活の質にも直結し影響を及ぼすため、日々の生活においてもストレスが溜まってしまいます。ストレスを抱えたまま仕事をしていると仕事へのモチベーションも低くなり、本来持つ力を発揮することもできなくなってしまいます。

職場を変えることで一気に金銭的なストレスから解放されることも少なくありません。そのため、長期間働いているにも関わらず給料やボーナスが上がらない、正当な給料が支払われていないと感じる場合転職を検討するようになります。

なお、今の自分の年収が高いか低いかを知りたい場合は、自分の年収偏差値を計算してみることをおすすめします。一例として、以下は【25歳・年収400万円】の場合の年収偏差値です。

年収偏差値について詳しく知りたい方は以下の年収偏差値計算ツールをご利用ください。年齢と年収を入力すると年収偏差値を試算することができます。

▼ 条件を指定して年収偏差値を計算できます
年収偏差値計算ツール
偏差値
男性の中での偏差値
女性の中での偏差値
大卒の中での偏差値
大企業の中での偏差値

厚生労働省『賃金構造基本統計調査』の最新情報をもとに試算

実は、年収は個人の能力やスキルよりも、働いている業界や企業などの【環境】によって大きく左右されます。年収水準の低い業界やブラック企業に勤めている限り、本人がいくら努力しても年収が上がることは期待できません。

今の自分の年収が本当に適正水準なのか?ブラック企業に搾取されていないか?自分の正しい市場価値を知りたい方は『適正年収診断』という無料ツールをチェックしてみてください。

簡単な経歴を登録するだけで、自分の適正年収を診断し、具体的な数字で知ることができます。診断は1分で完了し、結果はその場で見ることが出来ます。(診断ページはこちら

49歳が転職を検討する理由#4:
労働条件が合っていない

49歳が転職を検討する理由として、労働条件が合っていないということが挙げられます。49歳では生活環境や体力、経済的にも20代の頃とは大きく異なるため、労働条件が合わないと感じることも多くなります。

労働条件が合わないと感じる要因

49歳では長時間の勤務や夜勤の多い仕事といった働き方に限界を感じることも多くなります。また、そのような環境で働き続けていくことも難しいと感じ転職を検討するようになります。

さらに若い頃とは違い、給料の良さだけではなく家族との時間や、プライベートの時間をしっかりと確保することができるかどうかも職場選びの重要な要素になります。

そのため、ワークライフバランスを保つことのできる職場など労働条件が合う仕事を求め転職を検討するようになります。

49歳が転職を検討する理由#5:
職場の人間関係が悪い

49歳が転職を検討する理由として、職場の人間関係が悪いということが挙げられます。

人間関係が最悪な職場の特徴

人間関係が悪い職場では、仕事へのモチベーションが低下するだけでなく、情報共有なども遅れてしまうことで業務効率も低下してしまいます。

業務効率が落ちることにより、長時間労働や残業などを必要とするようになり精神的不調へとつながっていってしまう可能性が高くなります。

さらに、人間関係の悪い職場では自分の思い描くキャリアプランに沿って働き続けることも難しくなります。こうした環境から抜け出すために転職を検討するようになります。

49歳では転職先の社員との年齢の差があることも考えられます。自ら積極的にコミュニケーションを取り、円滑に仕事を行うことができるよう良好な人間関係を築いていくことも重要です。

49歳で転職するべき人の特徴

49歳で転職するべき人の特徴は下記の通りです。

49歳で転職するべき人の特徴

49歳で転職するべき人の特徴#1:
今の会社がブラック企業で職場環境が悪い人

49歳で転職するべき人の特徴として、今の会社がブラック企業で職場環境が悪いことが挙げられます。

ブラック企業とは

ブラック企業に勤務すると長期間の労働によって疲弊して身体的・精神的に体調不良となります。

ブラック企業での勤務は自身の成長にもネガティブな影響を及ぼします。残業が多すぎると自己研鑽や新たなスキルの習得に必要な時間が奪われ、キャリアアップの機会が限られることになります。

また、年収が平均より高くても、残業時間が異常に長い場合や、パワハラ・モラハラがある場合、社員の離職率が高い場合などはブラック企業である可能性を疑うべきです。

年収が低いと生活の質や貯蓄にも影響を与えます。ブラック企業に勤務していると悪影響しかないため、早めに転職活動を行うことが重要となります。

49歳で転職するべき人の特徴#2:
年収を上げたい人

49歳で転職するべき人の特徴として、年収を上げたい人が挙げられます。

49歳は現職において年収が上がってくる年代です。特に、年功序列の企業では、新入社員や若手の頃は給料は低くい場合であっても、年数を重ねることで年収が上がっていきます。

しかし、49歳になっても年収が引き続き低い場合や今後の年収アップの可能性が低いと感じる場合には転職を検討するべきと言えます。

49歳は経験やスキルが身についている年齢です。現職で年功序列の企業に所属していても年収が低い場合には、スキルや経験を評価してもらうことのできる企業へ転職することで、年収を上げることもできます。

49歳で転職するべき人の特徴#3:
希望する仕事に出会うことができた人

49歳で転職するべき人の特徴として、希望する仕事に出会うことができた人が挙げられます。

今の仕事よりも興味のある仕事に出会えて、その仕事の方がモチベーションを高く保つことができるのであれば49歳であっても転職するべきです。

40代の転職において、未経験職や異業種はハードルが高く、難しいと言われているのは事実です。しかし、本当に希望する仕事を逃して後悔した状態で、今の仕事を続けていてもモチベーションが低くなってしまいます。

そのため、本当に自分の希望する仕事に出会うことができたのであれば転職した方が良いと言えます。

49歳からの転職において、年齢に関係なくしっかりとコミュニケーションを取ることや困難なことであっても前向きに挑戦し続けていくことが大切です。

また、異業種や未経験への転職を行う際には、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントでは企業の内部情報や勤務形態、業界の動向など様々な情報を共有してもらうことができます。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで、自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

49歳で転職するべき人の特徴#4:
辞めた方がいい会社で働いている人

49歳で転職するべき人の特徴として、辞めた方がいい会社で働いている人が挙げられます。

辞めたほうがいい会社の特徴には下記のようなものが挙げられますが、こうした会社にいる場合は自分の精神が病んでしまったり、倒れてしまう可能性があります。したがって49歳でも転職を検討したほうがいいと言えます。

辞めた方がいい会社・職場の特徴

49歳で転職するべきでない人の特徴

49歳で転職するべき人について説明してきました。では、逆に49歳で転職するべきではない人はどのような特徴があるのか解説していきます。

49歳で転職するべきでない人の特徴

49歳で転職するべきでない人の特徴#1:
自己分析・企業分析ができない人

49歳で転職をするべきでない人の特徴として、自己分析・企業分析ができていない人が挙げられます。

自己分析ができていない場合には、自分のスキルや経験など転職市場における価値を把握することが難しく、企業への自己アピールも困難になります。

また、自己分析と合わせて企業分析も行うことが重要です。企業分析ができていないと、企業が求める人材を把握することも困難であるため転職活動が長期化しやすくなります。

さらに、転職できたとしても「思っていた仕事ができない」「自分に合っていなかった」といったミスマッチも起こりやすくなってしまいます。

そのため自己分析や企業分析を行い、企業の求める人材として自分が活かすことのできるスキルや経験・実績などを最大限アピールしていくことが大切です。

49歳で転職するべきでない人の特徴#2:
求人への希望条件が多すぎる人

49歳で転職するべきでない人の特徴として、求人への希望条件が多すぎる人が挙げられます。

49歳の転職で失敗したくないという思いから、転職に対してより慎重になるため、20代や30代前半よりも求人に対する条件が厳しくなります。また、求人の件数自体も20代を求める求人と比較すると少なくなってきます。

求人数の減少や希望とする条件が多くなることで、20代での転職に比べ30代後半での転職では長引く可能性が考えられます。そのため、49歳での転職においては、計画をしっかりと立てたうえで行っていくことがより早い転職を成功させる鍵となります。

49歳で転職するべきでない人の特徴#3:
プライドが高い人

49歳で転職をするべきでない人の特徴として、プライドが高い人が挙げられます。

プライドが高い人は転職先に求める条件が多くなりやすい傾向にあります。条件が多くなることで転職可能な企業が絞られてしまうことになります。結果、自分に合った転職先を見つけることが難しくなってしまいます。

転職を行う際には、自分の活かすことのできるスキルや経験をしっかりと把握して条件を絞り転職先を見つけていくことが求められます。また、49歳での転職では年下から学ぶことも多くあるでしょう。

その際、プライドが高いと教えてもらったことを素直に受け取ることができません。社員と良好な人間関係を築くことも困難となるため、仕事を円滑に進めることも難しくなります。

結果、自分自身の評価が落ちるだけではなく、転職先で仕事を続けていくことも難しくなってしまいます。

そのため転職後、新しい環境に柔軟に対応することや、馴染んでいくことができるようにコミュニケーションを取っていくことが重要です。

49歳で転職を成功させるためのポイントと注意点

49歳で転職を成功させるためのポイントと注意点としては下記のようなものが挙げられます。

49歳で転職を成功させるための
ポイントと注意点

49歳で転職を成功させるためのポイントと注意点#1:
企業がどのような人材を求めているのか理解する

49歳で転職を成功させるための重要なポイントは、企業がどのような人材を求めているのか理解するという点が挙げられます。

会社の経営状況・その企業の特徴などによって企業側の求める人材は異なるため、企業分析を行い企業の求めている人材を理解することが重要になります。

また、面接においても企業が求人を出す目的を理解し、自分自身が必要な人材であることをアピールすることが重要です。そのため、転職活動を行う際には企業分析を行っていくことが大切です。

企業分析が苦手な人は、転職エージェントの活用もおすすめです。転職エージェントでは企業分析だけでなく、企業ごとの面接対策なども行ってもらうことが可能なため、より転職を成功させる確立を上げることができます。

49歳の転職を成功させるためのポイントと注意点#2:
仕事を続けながら転職活動を進める

49歳で転職を成功させるための重要なポイントは、現在の仕事を続けながら転職活動を進めることです。

いきなり仕事を辞めてしまうと、収入の途絶えや不必要なキャリアの空白を生むリスクがあります。現在の会社に在籍しながら、次の職を探すことで、経済的な安定とキャリアの連続性を保つことができます。

また、仕事を続けながら転職活動を行うことは、転職先を慎重に選ぶための余裕に繋がります。急いで仕事を辞めることなく、自分に合った新しい職場をじっくりと探すことが可能です。

より適切な職場選びが可能になり、転職後の満足度を高めることもできるようになります。

さらに、現職を続けながら転職活動を行うことは、新しい職場での働き始めまでの収入を確保することにも繋がり、転職に伴う経済的な不安を軽減し、落ち着いて転職活動に専念することができるようになります。

安定した収入があることで転職先選びにおいても、より良い判断ができるようになります。

49歳の転職を成功させるためのポイントと注意点#3:
転職の話は家族や親しい友人に留めて、社内では出来る限り内緒にする

転職活動を進める際には、転職の話をする相手を家族や親しい友人に限定して、職場では秘密にすることが賢明です。

社内で転職の意志が広まると、現在の職場での立場や人間関係に悪影響を及ぼす可能性があります。また、転職の意図が知られることで、職務における責任や機会が減少するリスクも考えられます。

転職活動を秘密にすることは、新しい職場が決まるまで現職を安定して続けるためにも重要です。職場でのプロフェッショナリズムを維持しながら、転職の準備を進めることは、スムーズなキャリア移行において不可欠と言えます。

また、転職によって「給料の変化」「勤務地の変更」「生活スタイルの変化」などの変化が起き、家庭に大きな影響を与える場合があります。そのため、49歳で転職する際は、事前に家族の理解を得ることも重要になってきます。

49歳の転職を成功させるためのポイントと注意点#4:
自分の市場価値を正しく把握する

転職を成功させるためには、自分の市場価値を正確に把握することが重要です。市場価値を把握することで、適切な職種や企業、そして求められる給与レベルを現実的に見積もることができます。

市場価値を知るためには、業界の動向や職種別の需要をリサーチし、同じスキルセットを持つ他の専門家と自己を比較することが有益です。

また、転職エージェントからの意見を求めることも、自分の市場価値を正確に評価するのに役立ちます。

自分の市場価値を早く正確に知るためには、『ビズリーチ』の様なスカウト型の転職サイトに登録してみることが有効です。

自分に届いたスカウトオファーの内容は、自分の市場価値を映す鏡です。どんな企業がスカウトを送ってくるか、年収はどれくらいかなど、自分の市場価値が分かる情報がたくさん手に入ります。

49歳の転職を成功させるためのポイントと注意点#5:
転職エージェントを活用する

転職を成功させる上で、転職エージェントの活用は非常に有効な戦略です。転職エージェントは業界ごとの最新動向、求人市場の情報、さらには非公開求人に関する情報を無料で提供してくれます。

このような専門的な情報は、自分だけで転職活動を行う場合には入手困難なものであり、転職市場におけるライバルに対して有利な立場を築くために非常に役立ちます。

また、転職エージェントは、履歴書のブラッシュアップや面接対策など、転職プロセスの各ステップにおいても実践的なサポートやアドバイスを提供してくれます。

転職エージェントは転職が決まった際に採用企業からフィーをもらうという仕組みのため、利用者側は1円もお金を払う必要がありません。

転職エージェントに相談した結果、転職しなかったとしてもペナルティは一切かからないため、転職エージェントは遠慮せずに使い倒した方が得と言えます。

40代での転職は「みじめ」だと言われる理由

40代での転職は「みじめ」と言われることがあります。40代での転職が「みじめ」と言われる理由は下記の通りです。

40代での転職は「みじめ」
と言われる理由

【参考】年齢別の転職

年齢別の転職方法や転職ノウハウは以下のリンクからご覧ください。

49歳の転職に関するよくある質問と回答

49歳で未経験の分野に転職できる?

49歳で未経験の職種や異業種への転職は可能です。

しかし、この年齢では、20代・30代のころとは違い多くの企業がこれまでのキャリアやスキルを重視し評価するようになります。そのため、異業種や未経験転職でスキル・実績がない場合転職時活動が難航する可能性もあります。

未経験分野への転職を成功させるためには、自己のスキルセットと新しい職種の要件を照らし合わせ、どのように自分の能力が貢献できるかを明確にすることが重要です。

また、関連する研修や資格の取得、自学による知識の習得も、転職の成功率を高めるための有効な手段です。

さらに、転職先企業への熱意を示すことも重要です。未経験分野への興味や学習意欲、新しい環境で成長しようとする姿勢を伝えることで、採用担当者に良い印象を与えることができます。

49歳男性で正社員として再就職しやすい職業は?

49歳男性で再就職しやすい職業として、営業職や介護職・ドライバーなどが挙げられます。再就職の場合にはこれまでの社会人経験で培ってきたスキルや経験を活かすことのできる職種が向いています。

また、慢性的に人手不足の業界や平均年齢の高い業界であれば、企業は年齢やスキルに関係なく長期的に働くことのできる人材を求めているため、49歳からであっても比較的正社員として働きやすいと言えます。

女性で49歳から正社員として転職できる?

49歳女性であっても正社員として働くことは可能です。

49歳女性で転職しやすい職業として、接客業や事務職、保険営業、保育士などが挙げられます。

女性に人気の高い職種で20代や30代も多いですが、結婚や妊娠などで抜けてしまうことがあるため、49歳でも採用してもらいやすいと言えます。

また、コミュニケーション能力や育児などこれまでの経験を活かすことのできる職種でもあるため40代からであっても始めやすく活躍していくことも期待できます。

49歳での転職、年収は上がる?

49歳の転職では年収が上がる可能性も十分にあります。

厚生労働省によると、45~49歳で転職によって給料が増加した人が全体の34.2%、減少した人が全体の27.6%と増加した人が多くなっています。

増加した34.2%
減少した27.6%
厚生労働省『令和4年雇用動向調査

転職先の「スキルや経験を活かすことができる場所」か「異業種や未経験」であるかなどによっても給料は変動します。そのため、幅広いジャンルで自分の条件に合った転職先を選ぶことが重要になります。

また、転職後のおおよその年収を知ることのできる転職エージェントの活用はおすすめと言えます。

北海道・東北地方

関東地方

東海地方

北陸地方

近畿地方

中国地方

四国地方

九州・沖縄

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地〒106-6116
東京都港区6-10-1 六本木ヒルズ森タワー16F
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年7月時点)
目次