【26歳の転職】未経験・異業種も可能!失敗しないための注意点を解説

26歳の転職

「26歳で転職するのはまだ早い?社会人経験が短いから厳しい?」

「26歳から未経験の職種や異業種に挑戦したいのけど、もう遅い?」

26歳で転職することのメリット・デメリットや転職を成功させるためのポイントについて解説します。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで、自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

実際の利用者の口コミが良かった20代におすすめの転職サイトについて詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

【結論】26歳での転職が厳しい・遅いというのは間違い

結論から申し上げると、26歳での転職が厳しいというのは間違いです。

26歳はまだ年齢的にも若く柔軟性があるという観点で転職市場でも積極採用が行われている年代です。

総務省統計局によると、就業者6,676万人のうち転職者は269万人と年々増加しており、中でも「25歳-34歳」が全体の25%を占めています。25-34歳に属する26歳は転職者が多い年齢であると言えます。

年代転職者数
25歳~34歳74万人(25.0%)
35歳~44歳55万人(18.6%)
45歳~54歳52万人(17.6%)
総務省統計局:労働力調査(詳細集計)2023年

近年では26歳くらいの年齢で転職を考えている人を指して「第二新卒」という概念も浸透してきており、第二新卒専門の転職エージェントもいます。26歳はむしろ転職において有利な年齢であると言えるでしょう。

「26歳の転職が厳しい」と言われる理由

冒頭にて20代後半は転職に向いていると述べましたが、逆になぜ26歳での転職は厳しいと噂されているのでしょうか。考えられる原因としては、下記の様なものがあります。

「26歳での転職が厳しい」
と言われる理由

「26歳での転職が厳しい」と言われる理由#1:
スキル・経験ではなくポテンシャルを最重要視される

「26歳での転職が厳しい」と言われる理由として、スキル・経験ではなくポテンシャルを最重要視されるためという理由が挙げられます。

26歳は前職での経験年数が短いために、前職での経験・スキルよりもポテンシャルが重視されます。従って、未経験・異業種への転職も十分に可能な年齢となっています。

逆に言うと、前職での経験・スキルは重視されないためにポテンシャルで他の選考者との差別化を図る必要が出てきます。ポテンシャルの比較は新卒における就職活動と同じような難しさがあり、「26歳での転職は厳しい」と言われることがあります。

「26歳での転職が厳しい」と言われる理由#2:
転職を検討する人が多く、採用倍率が高くなる

26歳の転職が厳しいと言われる理由として、転職を検討する人が多く、採用倍率が高くなるという点も挙げられます。

社会人を数年経験した26歳はキャリアアップやより働きやすい環境を探し転職を検討する人が非常に多くなります。そうした求職者が転職市場に増えることによって、採用倍率が高くなるというのが事実です。

もちろん、脂の乗った人材を採用するための求人も増えますが、人気な求人の数は限定的なため、特に人気企業の採用ハードルは上がるというのが、26歳での転職が厳しいと言われるもう一つの背景です。

「26歳での転職が厳しい」と言われる理由#3:
若い年次での退職なので転職理由を明確にする必要がある

「26歳での転職が厳しい」と言われる理由として、転職理由を明確にする必要があるためという点が挙げられます。

大卒の場合、26歳では新卒で入社した会社を3-4年目で退職することになります。企業側は26歳での転職者に対して「採用後すぐに離職する可能性がある」とか「過去の経験を繰り返すことが心配」といった懸念を抱くことがあります。

そうした懸念を払拭するためには、退職から得た学びや転職後にどのような貢献ができるのかを明確に説明することが大切になってきます。

26歳で転職する際に納得感のある理由を作り出すのは難しいと思われていることから、「26歳での転職は難しい」と言われている模様です。

【知らないと損】26歳で転職するメリット

26歳で転職するメリットは下記の通りです。順にご説明します。

26歳で転職するメリット

26歳で転職するメリット#1:
スキルや経験よりポテンシャルを評価してもらいやすい

26歳での転職には、スキルや経験・ポテンシャルのどちらも評価してもらえるという利点があります。

転職市場において、20代は若手に分類されるため、若手を求めている企業や自身のポテンシャルを高く評価してもらうことのできる最後のチャンスとも言えます。経験が浅くても将来性や学習能力を評価してもらえて成長の機会が広がります。

この様に、26歳はポテンシャルを評価してもらえる年齢であることから、未経験・異業種への転職も成功しやすい年齢です。

26歳で転職するメリット#2:
転職で年収が上がりやすい

26歳で転職するメリットとして、転職で年収が上がりやすいということが挙げられます。

26歳の転職では、現職よりも高い年収が提示されることが多いです。これは、働き盛りの20代は転職市場において非常に価値が高く、高い年収を払ってでも獲得したいと多くの企業が考えているためです。

また、日本企業の多くは年功序列の仕組みを採用しており、20代・30代のうちはどんなに優秀でも年収が上がりにくい傾向があります。

そのような年功序列の古い会社に勤めている場合、個人の成果をしっかり評価してくれる会社に転職するだけで、仕事内容や労働時間はそのままでも年収が100万円単位で上がることが少なくありません。

26歳で転職するメリット#3:
異業種や未経験の職種でも転職しやすい

26歳での転職は、異業種や未経験の職種に挑戦したい方にとっても適した年齢です。

26歳は、専門性が固まりすぎていないため新しい分野への適応力が高く評価されます。未経験の分野でも、これまでの経験やスキルを活かしながら、新しい知識や技術を身につけることができます。

また、企業は新しい視点やアイデアを求めているため、社会経験があり、発想力のある人はとても貴重な人材です。そのため、26歳は異業種であっても企業側が肯定的な姿勢を示しやすいと言えます。

新しい環境での学びは、自分のキャリアにとって貴重な資産となり得ます。

転職活動では、自分がこれまでに培った汎用的なスキルや、新しい分野への適応力をアピールすることが重要です。柔軟性や学習意欲を前面に出すことで、未経験の領域でも内定を確定しやすくなります。

26歳で転職するメリット#4:
企業から見て採用されやすい理由がある

26歳は下記の様な理由で採用されやすい傾向にあります。企業が25歳を求める理由に合致するような点をアピールできれば、内定に近づくことができるでしょう。

企業が26歳を求める理由

26歳で転職するメリット#5:
万が一転職で失敗してもリカバリーしやすい

26歳で転職するメリットとして、万が一の失敗からのリカバリーがしやすいことも挙げられます。

26歳は転職市場において引く手あまたな年齢です。万が一転職が上手くいかなくても、別の道を探す時間と機会が十分にあります。場合によっては元居た会社に戻る「出戻り転職」が可能な年齢でもあります。

26歳で転職は遅い?26歳で転職するデメリット

26歳で転職するデメリットは下記の通りです。

26歳で転職するデメリット

26歳で転職するデメリット#1:
忍耐力や根性がない人と思われてしまう

26歳で転職を考える際、注意すべきデメリットの一つは、忍耐力や根性がないと見なされるリスクがあることです。

特に、初めての職場での短期間勤務の後に転職を考えると、職場の課題に立ち向かう意欲が低いと誤解される可能性があります。

伝統的な大企業では一度入社した企業で長期にわたり勤めることが評価される傾向にあります。そのため、若いうちに転職することは、忠誠心や責任感の欠如と解釈されてしまう可能性があります。

新卒で22歳で就職した方の場合の26歳は新卒4年目にあたりますが、浪人・留年経験があったり大学院を卒業している場合は「第二新卒」と呼ばれる期間に該当します。

一昔前までは一つの会社に生涯勤める「終身雇用」が当たり前でしたが近年では転職自体が一般化し、第二新卒で転職することも珍しいことではなくなりました

忍耐力や根性がない人だと思われないためには、転職理由をしっかりと説明できることが重要です。

「今の仕事が嫌だから転職する」だけではなく、「自分のやりたいことが〇〇で、それを実現するためには転職が必要」という形で前向きな志望理由を語れるように準備しておきましょう。

26歳で転職するデメリット#2:
前職の退職理由をポジティブに説明するのが難しい

26歳で転職するデメリットとして挙げられるのは、前職を辞めた理由をポジティブに説明できないという点です。

26歳での転職に至る理由は様々で、より良い待遇を求めたい、ステップアップしたいという理由もあれば、社内の人間関係に悩んだ、やりたい仕事ができていないといった理由もあるでしょう。

どのような理由があるにせよ、ネガティブな理由でそこから学びもなく退職理由を述べてしまうと、面接官としては「弊社でも同じようなことになるのではないか」と印象を持たれてしまうでしょう。

そうならないように、前回の退職(または退職したいと思っている理由)から何を学んだか、どのように自分が変えることができたか、といった形で退職の理由を自身の成長に昇華して伝えられるようにする必要があります。

退職する理由や退職した事実は変えられませんが、そこから自分が何を学び、どう変わるかはいくらでも変えることができます。26歳での転職の場合はこうした退職理由について深く考えるようにしましょう。

26歳で転職するデメリット#3:
一部の転職サービスでは「若いから」という理由で断られてしまう

26歳での転職におけるもう一つのデメリットは、年齢が理由で一部の転職サービスから登録や紹介を断られるリスクがあることです。

一例として、エン・ジャパンが運営する『ミドルの転職』は30代・40代に特化した転職サイトであり、26歳の方は利用できない・または登録しても応募できる求人がほとんどないという可能性があります。

ただし、世の中の大半の転職サービスは20代・30代の方をメインターゲットとして運営されているため、26歳でまだ若いからという理由で断れるケースは少ないと言えます。

26歳で転職活動を行う際には、自分の状況に合った転職サービスを利用することが重要です。20代におすすめの転職エージェントについて詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職エージェント診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで自分にあった転職エージェントが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

26歳で転職すべき人の特徴

26歳での転職におけるメリットやデメリットについてご説明してきました。それでは、26歳で転職するべき人の特徴とはどのようなものがあるのでしょうか。順にご説明します。

26歳で転職すべき人の特徴

26歳で転職すべき人の特徴#1:
年収を大きく上げたい

年収を上げたいというのは、26歳で転職を検討すべき人における特徴の1つです。

26歳は現職における年収が上がってくる年齢です。今後の年収上昇可能性が低いと感じる場合や現職での年収が著しく低い様な場合は、転職を検討すべきと言えます。

現職における評価が低くても、他社ではそうしたスキルが高く評価されて転職するだけで年収が上がる可能性も十分にあります。また評価に関係なく平均年収が高い会社に転職すればそれだけで年収は上がります。

今の会社では実現できないレベルに年収を上げたい人にとっては転職が有効な選択肢となります。

26歳で転職すべき人の特徴#2:
今の会社がブラック企業で残業時間が長すぎる

26歳で転職を検討すべき一つの重要な事例は、現在の職場がブラック企業である場合です。

ブラック企業とは

過度な残業、不当な低賃金、精神的・身体的な過負荷を強いる企業のこと

ブラック企業に勤めることは個人の健康やキャリアの成長が阻害されるリスクが高く、転職は健康とキャリアの両面で重要な選択となり得ます。

また、ブラック企業での勤務は長期的なキャリア展望にもネガティブな影響を及ぼします。残業が多すぎると、自己研鑽や新たなスキルの習得に必要な時間が奪われ、キャリアアップの機会が限られることになります。

さらに、低年収は生活の質や将来の貯蓄計画にも影響を与え、このような環境から抜け出すことが重要になります。参考までに、26歳の平均年収は351万円となっており、現在の年収がこれよりも十分に低い場合はブラック企業の可能性があります。

また、年収が平均より高くても、残業時間が異常に長い場合や、パワハラ・モラハラがある場合、社員の離職率が高い場合などは、ブラック企業である可能性を疑うべきです。

26歳という若さでブラック企業の環境から脱出することは、より良い労働条件やキャリアの機会を得るための第一歩です。

自身の健康とキャリアの将来を考え、より良い労働環境を求めて転職を検討することは、長期的な視点から見て賢明な選択です。

26歳で転職すべき人の特徴#3:
就活のときと比べて仕事選びの軸や人生の価値観が変わった

26歳で転職を検討すべき重要なケースの一つは、就活時と比べて仕事の選び方や価値観が大きく変化した場合です。

26歳は、新卒時に見落としていた自分の本当の関心や職業に対するパッション、自分にとっての理想の働き方が明確になってくる年齢です。

この変化を受け入れ、それに基づいてキャリアを形成することは、自己実現とキャリアの充実につながります。

また、価値観の変化は、より充実した職業人生を送るための重要な指標です。例えば、社会貢献やワークライフバランス、専門性の追求など、新しい価値観に基づいた職業選びは、長期的なキャリアの満足度を高めることに繋がります。

さらに、初めの数年の職業経験を通じて、自分の強みや興味のある分野がより明確になります。この自己理解をもとに転職を行うことは、より満足度の高い職業生活を送るための重要なステップです。

26歳での転職は、自分自身の内面と向き合い、それに基づいて意思決定をする良い機会です。

26歳で転職すべき人の特徴#4:
今の仕事以外よりも興味のある仕事に出会えた

26歳で転職を考えるべき重要な局面の一つは、現在の仕事以外に強い興味を持った場合です。仕事における本当の情熱を見つけることは、長期的なキャリアの充実と満足に直結します。

新しい分野への興味が芽生えることは、個人の成長や新たなキャリアパスを開拓する大きなチャンスです。特に26歳という若さでは、新しい分野に挑戦することに対するリスクが比較的低く、キャリアの柔軟性を保ちやすいです。

この時期に興味のある分野への転職を選択することは、自身のキャリアをより意味深く、満足度の高いものにする絶好の機会です。

26歳で転職すべき人の特徴#5:
仕事が嫌で日曜日の夜や月曜日の朝に憂鬱な気分になる

26歳で転職を考えるべきもう一つの典型的なシナリオは、現在の仕事に対して深い不満を感じている場合です。特に、日曜日の夜や月曜日の朝に憂鬱な気分になるのは、仕事に対する強い不満のサインです。

このような感情は、仕事の環境や内容が自分に合っていないことを示唆しており、転職を検討する重要な理由となります。

また、仕事に対するこのような負の感情は、長期的には心の健康に影響を及ぼす可能性があります。仕事が原因でのストレスは、職場での生産性低下だけでなく、私生活においても幸福感を損なうことにつながります。

そのため、自分の幸福と健康を優先し、より満足できる職場環境を求めることが重要です。

26歳という若さでの転職は、長期的なキャリアの満足度を高めるための良い機会です。現在の職場がもたらすネガティブな感情から脱出し、新しい職場で新たなスタートを切ることは、キャリアと人生の質の向上に直結します。

自分の幸せとキャリアの発展のために、転職を検討することは、26歳において賢明な選択となり得ます。

26歳で転職すべきでない人の特徴

26歳で転職すべきでない人の特徴としては下記の様なものが挙げられます。

26歳で転職すべきでない人の特徴

26歳で転職すべきでない人の特徴#1:
周りで転職する人が増えたからなんとなく転職したい

26歳で転職を考える際に注意すべき点の一つは、周囲の影響で無計画に転職を考えることです。

周りの人々が転職する様子を見て、流行に乗りたいという気持ちや周囲に合わせたいという思いから転職を考える人がいます。

しかし、このような理由だけで転職を決断することは、長期的なキャリアプランにとって有益ではありません

転職は個人のキャリアに大きな影響を与える重要な決断です。そのため、転職の理由が「他人がしているから」というものであれば、十分な自己分析や市場調査を行うべきです。

転職が自分にとって本当に必要なステップかどうかを冷静に考えることが重要です。また、転職は自分自身のキャリア目標や職業的な興味、生活スタイルに基づいて検討すべきです。

周囲の動向に流されることなく、個々の価値観や目指すキャリアの方向性に基づいて転職を検討することが、長期的なキャリアの成功への鍵となります。

26歳で転職すべきでない人の特徴#2:
直近で転職したばかりの場合

26歳で転職を考える際、直近で転職したばかりの場合は特に慎重になるべきです。

若い年次なのに短期間内に再転職を試みると、せっかく採用してもすぐに辞めてしまうのではないかと懸念されることとなります。直近で転職したばかりの場合、新しい職場での経験を十分に積む方が良い場合もあります。

今の職場が良いか悪いかどうかを判断する十分な時間をかける前に転職してしまうと、自分にとっては本当は良い職場を放棄してしまう可能性にも繋がります。

転職したばかりは仕事に慣れず、メンタル的にも不安定な時期ではあるので、直近で転職をしたばかりの場合は再度落ち着いて考えるようにしましょう。

ただし、ブラック企業やスキルが身に付かない環境など明確に自分にとってマイナスな環境の場合は転職をしても問題ありません。

26歳で転職すべきでない人の特徴#3:
近い将来に住宅ローンを引いて自宅を購入しようと思っている

26歳で転職を考える際に、直近で自宅購入の計画がある場合は特に注意が必要です。

近い将来に住宅ローンを利用して家を購入する計画がある場合、転職による収入の変化や勤務歴の浅さは、ローンの審査に影響を与える可能性があります。安定した職歴は金融機関にとって重要な判断基準の一つです。

また、転職は経済的な安定を損なうリスクも伴います。新しい職場では収入が変動することもあり、これが住宅ローンの返済計画に影響を及ぼす可能性があります。自宅購入は人生において大きな買い物であり、慎重に検討する必要があります。

26歳の転職を成功させるためのポイントと注意点

26歳の転職を成功させるためのポイントと注意点としては下記の様なものが挙げられます。

26歳の転職を成功させるための
ポイントと注意点

26歳の転職を成功させるためのポイントと注意点#1:
いきなり会社を辞めるのではなく、仕事を続けながら転職活動を進める

26歳で転職を成功させるための重要なポイントは、現在の仕事を続けながら転職活動を進めることです。

いきなり仕事を辞めてしまうと、収入の途絶えや不必要なキャリアの空白を生むリスクがあります。現在の会社に在籍しながら、次の職を探すことで、経済的な安定とキャリアの連続性を保つことができます。

また、仕事を続けながら転職活動を行うことは、転職先を慎重に選ぶための余裕に繋がります。

急いで仕事を辞めることなく、自分に合った新しい職場をじっくりと探すことが可能になります。これにより、より適切な職場選びが可能となり、転職後の満足度を高めることができます。

さらに、現職を続けながら転職活動を行うことは、新しい職場での働き始めまでの収入を確保することにも繋がります。これは、転職に伴う経済的な不安を軽減し、より落ち着いて転職活動に専念することを可能にします。

安定した収入があることで、転職先選びにおいても、より良い判断ができるようになります。

26歳の転職を成功させるためのポイントと注意点#2:
転職の話は家族や親しい友人に留めて、社内では出来る限り内緒にする

転職活動を進める際には、転職の話をする相手を家族や親しい友人に限定して、職場では秘密にすることが賢明です。

社内で転職の意志が広まると、現在の職場での立場や人間関係に悪影響を及ぼす可能性があります。また、転職の意図が知られることで、職務における責任や機会が減少するリスクも考えられます。

また、転職活動を秘密にすることは、新しい職場が決まるまで現職を安定して続けるためにも重要です。職場でのプロフェッショナリズムを維持しながら、転職の準備を進めることは、スムーズなキャリア移行において不可欠です。

26歳の転職を成功させるためのポイントと注意点#3:
転職市場における自分の市場価値を正しく把握する

転職を成功させるためには、自分の市場価値を正確に把握することが重要です。市場価値を把握することで、適切な職種や企業、そして求められる給与レベルを現実的に見積もることができます。

市場価値を知るためには、業界の動向や職種別の需要をリサーチし、同じスキルセットを持つ他の専門家と自己を比較することが有益です。また、転職エージェントからの意見を求めることも、自分の市場価値を正確に評価するのに役立ちます。

自分の市場価値を早く正確に知るためには、『ビズリーチ』の様なスカウト型の転職サイトに登録してみることが有効です。

自分に届いたスカウトオファーの内容は、自分の市場価値を映す鏡です。どんな企業がスカウトを送ってくるか、年収はどれくらいかなど、自分の市場価値が分かる情報がたくさん手に入ります。

参考: ビズリーチの評判を解説

26歳の転職を成功させるためのポイントと注意点#4:
転職エージェントを活用して情報戦で負けないようにする

転職を成功させる上で、転職エージェントの活用は非常に有効な戦略です。

このような専門的な情報は、自分だけで転職活動を行う場合には入手困難なものであり、転職市場におけるライバルに対して有利な立場を築くために非常に役立ちます。

また、転職エージェントは、履歴書のブラッシュアップや面接対策など、転職プロセスの各ステップにおいても実践的なサポートやアドバイスを提供してくれます。

転職エージェントは転職が決まった際に採用企業からフィーをもらうという仕組みのため、利用者側は1円もお金を払う必要がありません。

転職エージェントに相談した結果、転職しなかったとしてもペナルティは一切かからないため、転職エージェントは遠慮せずに使い倒した方が得と言えます。

26歳におすすめの転職エージェント・転職サイト

26歳の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェント・転職サイトをご紹介します。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職エージェント診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで自分にあった転職エージェントが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

26歳におすすめの転職エージェント
ASSIGN(アサイン) | 高年収を目指す20代に特化した転職エージェント

転職エージェント「ASSIGN」
若手ハイエンド特化型転職エージェント『ASSIGN(アサイン)』

【公式HP】https://assign-inc.com

ASSIGN(アサイン)』は、若手ハイキャリアに特化した転職エージェントです。コンサル・IT・金融などの業界への転職支援に強みがあります。

ASSIGN(アサイン)のメリット・良い評判
  • 高年収を目指す20代・30代のための魅力的な求人が多い
  • 中長期的で真摯かつ丁寧なキャリアサポートを受けることができる
  • 業界に理解が深く質の高いエージェントが在籍

面接対策や業界研究など転職サポートの丁寧さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞しています。

未経験でも挑戦できる独自の高年収求人を多数扱っていることに加え、面談後に一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

今すぐ転職予定のない方や若手の方でも無料で面談やサポートを受けることができるため、高年収な業界への転職を将来的に考えている方は、是非公式ページから無料面談を申し込んでみて下さい。

サービス名ASSIGN(アサイン)
公式ページhttps://assign-inc.com
タイプ・転職エージェント
・特化型
特徴若手ハイエンド専門の転職エージェント
料金無料
運営会社株式会社アサイン
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-308560
転職エージェント『ASSIGN』の概要

26歳におすすめの転職サイト
ビズリーチ | 登録するだけで高年収のスカウトが届く

ビズリーチ

【公式HP】https://bizreach.jp

ビズリーチ』は、TVCMでも有名な国内最大級のスカウト型の転職サービスであり、20代におすすめの転職サイトです。

匿名で経歴を登録するだけで高年収のスカウトが届き、気になるスカウトに返信することで効率的に転職活動を進めることができます。

転職活動中の人はもちろん、直近の転職予定がなくても将来的に転職を考えている人も含めて200万人以上のユーザーが利用しています。

人気企業・難関企業の採用担当者や高年収求人を扱う質の高いヘッドハンターからスカウトを受け取ったり、ビズリーチ限定で公開されている好待遇な求人の詳細を確認することができます。

会員登録したからと言って面談を要求されたり、電話がかかってくることは一切ないため、まずは情報収集から始めたい人も安心して利用できます。

サービス名ビズリーチ
公式ページhttps://bizreach.jp
サービス分類・転職サイト
・スカウトサービス
特徴・年収1000万円以上の求人が多数
・200万人以上が利用する国内最大級の転職サイト
求人掲載件数109,360 件(2024年6月時点)
運営会社株式会社ビズリーチ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-302647
参考ページビズリーチの評判と口コミ
ビズリーチのプラチナスカウトとは?
ビズリーチに登録すると会社にばれる?
ビズリーチの審査とは?
ビズリーチのCMの女優は誰?
転職サイト「ビズリーチ」の概要

26歳におすすめの転職エージェント
キャリアスタート | 月給25万円以下から年収100万円以上UPの実績多数

キャリアスタート

【公式HP】https://careerstart.co.jp

キャリアスタート』は、第二新卒・既卒・未経験の方向けに特化して転職支援を行っている転職エージェントです。

未経験の業界や職種への転職支援の実績が豊富で、実際の利用者からは「転職を通じて年収が上がった」「未経験でもIT業界への転職に成功できた」「短期間で内定が出た」などポジティブな声が多く聞こえます。

キャリアスタートのメリット・良い評判
  • 第二新卒や既卒、フリーターなど職歴の浅い20代に特化しており、利用者数も豊富
  • 年収が上がる求人が豊富
  • マンツーマン模擬面接や転職成功BOOKを通じて高い内定率を実現
  • 自己分析や適性検査を通じて、キャリアビジョンの設計をサポートしてくれる
  • 転職交流会や転居サポートといった独自のサポートを提供している

取り扱っている職種としてはマーケティング職・事務職・販売職などが中心であり、これらの領域での就職を目指している方にはおすすめの転職エージェントとなっています。マンツーマン模擬面接や独自のノウハウをまとめた『転職成功BOOK』といった独自の選考対策を受けたい方にもおすすめです。

サービス名キャリアスタート(CAREER START)
公式ページhttps://careerstart.co.jp
サービス分類・転職エージェント
・特化型
特徴20代の第二新卒・既卒・未経験専門の転職エージェント
登録者に『転職成功BOOK』を無料プレゼント中
料金無料
運営会社キャリアスタート株式会社
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-305582
参考ページキャリアスタートの評判と口コミ
転職エージェント「キャリアスタート」の概要

26歳におすすめの転職エージェント
マイナビエージェント | マイナビにしかない好条件の非公開求人が多数

マイナビエージェント

【公式ページ】https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェント』は、大手人材会社のマイナビが運営する20代におすすめの転職エージェントです。

日本全国で幅広い業界・職種の転職を支援しており、2024年6月時点で45,344 件の公開求人と18,146 件の非公開求人を扱っています。

誰もが知る大企業から地方の隠れた優良企業まで幅広い求人を扱っており、マイナビエージェントでしか扱いのない好条件の非公開求人が多いことも特徴です。

マイナビエージェントの求人企業(例)

■ 日系大手・ホワイト高年収企業

キーエンス / SONY / NTTデータ / 野村総合研究所 / アビームコンサルティング / サイバーエージェント / エムスリー / 野村證券

■ 外資系・グローバル企業

アクセンチュア / PwC / アマゾンジャパン / デロイトトーマツコンサルティング / SAMSUNG / ボッシュ

マイナビエージェントはすべての機能が無料で利用でき、登録してみて自分に合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会できます。

サービス名マイナビAGENT
公式ページhttps://mynavi-agent.jp
サービス分類・転職エージェント
・総合型
求人数公開求人:45,344 件
非公開求人:18,146 件
(2024年6月時点)
対応地域日本全国
料金無料
運営会社株式会社マイナビ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-080554
参考ページ【口コミ】マイナビエージェントの評判
マイナビエージェントで断られた?原因と対処法
関連サービス・20代専門転職エージェント『マイナビジョブ20’s
・薬剤師転職サイト『マイナビ薬剤師の評判
・看護師転職サイト『マイナビ看護師
転職エージェント『マイナビエージェント』の概要

26歳におすすめの転職エージェント
doda(デューダ)

doda

【公式ページ】https://doda.jp

doda』は国内最大級の求人数を誇る転職エージェントです。

2024年6月時点で【209,498 件】という膨大な求人を掲載しています。大手人材会社のパーソルキャリア株式会社が運営していて、すべての機能が無料で利用できます。

dodaのメリット・良い評判
  • エージェントだけでなく、求人サイトやスカウトサービスも活用できる
  • 保有求人数が多く、幅広い業界に応募できる
  • 書類添削や面接対策をはじめとした丁寧なサポート体制が構築されており、高い満足度を誇る
  • 大手ならではの安心感があり、使用しているユーザー数も非常に多い
  • 平日夜や土曜日でも担当者と面談できる
  • 全国の求人を取り扱っている

登録しても無理に転職を勧誘されることはないため、今すぐ転職予定のない方や情報収集中の方でも是非一度『doda』に無料会員登録してみることをおすすめします。

サービス名doda(デューダ)
公式ページhttps://doda.jp
サービス分類・転職エージェント/転職サイト/スカウトサービス
・全国総合型
求人掲載件数209,498 件
(2024年6月時点)
求人更新頻度毎週月曜日・木曜日
料金無料
運営会社パーソルキャリア株式会社
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-304785
参考ページdodaの評判と口コミ
dodaのプレミアムオファーとは?
dodaエージェントの評判
dodaのマッチング成立とは?
関連サービスハイクラス転職サービス『doda X
派遣サービス『テンプスタッフ
エンジニア派遣サービス『パーソルクロステクノロジー
転職サービス 『ミイダス
総合転職サービス『doda』の概要

26歳の女性が転職を成功させるためのポイント

26歳の女性が転職を成功させるためのポイントとしては下記の様なものが挙げられます。

26歳の女性が転職を成功させるためのポイント
  • 結婚・出産などのライフイベントの時期を想定してキャリアプランを考える
  • 女性が活躍しやすい会社を選ぶようにする
  • リモートワークや時短勤務などフレキシブルな働き方が可能かどうかを確認する

女性の転職におすすめできる転職エージェントは下記の記事で解説しているので、詳しく知りたい方は合わせてご覧ください。

26歳の女性が転職を成功させるためのポイント#1:
結婚・出産などのライフイベントの時期を想定してキャリアプランを考える

結婚や出産といったライフイベントは、キャリアに影響を及ぼすことがあります。26歳の女性が転職を検討する際には、将来の家庭生活を見据えてキャリアプランを立てることが大切です。職場のフレキシブルな働き方や福利厚生、育児支援が整った企業を選ぶことで、仕事と家庭を両立させやすくなります。

また、ライフイベントに備えて、転職前に十分な貯金を積み立てたり、保険の見直しを行ったりすることも考慮すべきです。転職が成功するためには、将来のライフプランを考慮した戦略的なキャリアチョイスが不可欠です。

26歳の女性が転職を成功させるためのポイント#2:
女性が活躍しやすい会社を選ぶようにする

転職を考える26歳の女性にとって、女性が活躍しやすい職場環境は重要です。性別に関係なく、平等にチャンスを提供している企業を選びましょう。女性リーダーやワークライフバランスの取れた社風を持つ企業は、キャリアの発展やストレス軽減につながります。

さらに、多様性を尊重し、女性のキャリアパスをサポートしている企業は、スキルや経験を活かしやすく、成長の機会が豊富です。転職活動中には、企業の文化や働き方について詳しく調査し、自身の価値観に合致する職場を見つけることが成功の鍵となります。

26歳の女性が転職を成功させるためのポイント#3:
リモートワークや時短勤務などフレキシブルな働き方が可能かどうかを確認する

リモートワークや時短勤務などのフレキシブルな働き方が可能な企業は、仕事とプライベートの両立を支援してくれる立派なホワイト企業です。特に、家庭や子育てと仕事を両立させたい場合には、これらの選択肢が非常に有益です。

転職活動の際には、求人情報や企業の採用ポリシーを注意深く確認し、自分のライフスタイルに合った働き方を提供している企業を見つけましょう。働きやすい環境であれば、長期的なキャリアの発展も期待できます。

26歳で転職を検討する理由

26歳の人はどのような理由から転職を考えるようになるのでしょうか。26歳で転職を検討する理由についてご説明します。

26歳で転職を検討する理由

26歳が転職を検討する理由#1:
仕事がつまらない・他にやりたいことができた

26歳が転職を検討する理由として、仕事がつまらない・他にやりたいことができたという点が挙げられます。

26歳は日々の仕事に慣れる時期です。毎日の業務がルーティーンワークに感じられたり、仕事がつまらないと思うことによって多くの人が転職を検討します。

また、現職ではキャリアにおける目標を達成できないと感じたり、他にやりたいことができたという理由で転職を検討するに至ることもあります。

このように、仕事内容に対する興味やモチベーションがなくなると多くの歳は転職を検討するようになります。

26歳が転職を検討する理由#2:
給料が低い

26歳が転職を検討する理由として、給与などの収入が少ないという点が挙げられます。

26歳では家庭を持つ人も増加し、これから先の生活費や老後への貯蓄など様々な金銭的な不安が出てくるようになります。給料の低さは生活の質にも影響を及ぼし、生活面でのストレスが増大していく可能性が高まります。

また、昇給がなされない状態や何年働いても給料が全く上がらない状態では今後の賃金の上昇も見込めません。

こうした状況では、職場を変えることで、一気に金銭的なストレスから解放されることもあります。そのため、金銭的な悩みが多くストレスを抱えている人は正当な評価が行われる会社へ転職を検討するようになってきます。

自分の年収が高いか低いかを知るためには、年収偏差値を調べることをおすすめします。

年収偏差値について詳しく知りたい方は以下の年収偏差値計算ツールをご利用ください。年齢と年収を入力すると年収偏差値を試算することができます。

▼ 条件を指定して年収偏差値を計算できます
年収偏差値計算ツール
偏差値
男性の中での偏差値
女性の中での偏差値
大卒の中での偏差値
大企業の中での偏差値

厚生労働省『賃金構造基本統計調査』の最新情報をもとに試算

26歳が転職を検討する理由#3:
激務やプレッシャーで体調を壊した

仕事が原因で体調を崩すのも、26歳で転職を検討する理由の1つです。

労働時間が長いことや、精神的プレッシャーが強すぎるような状態では、体調を壊してしまう可能性が高まります。仕事が原因で体調を壊してしまうと、復帰に時間がかかるだけでなく、過労死などの重篤な状況に陥ってしまう可能性があります。

26歳は社内でのスキルを重宝されて仕事を押し付けられやすい年齢です。労働時間が長くなり、また成果を残すプレッシャーを感じることで体調を崩して転職を検討するケースが増加します。

26歳が転職を検討する理由#4:
異動などで自分の希望する仕事ができない

異動などで自分の希望する仕事ができなくなるというのも、26歳で転職を検討する理由の1つです。

26歳は社内異動などによって業務内容が大きく変わる可能性のある年齢です。興味がある業務に携われていたのに、異動によって仕事の内容が変わってしまい興味を失ってしまうことがあります。

伝統的な日系企業では、社員に対してジェネラリストとして様々な業務を経験させるために異動させるという方針が取られていることもあります。こうした会社では高い確率で異動があり、配属によって大きく業務内容が変わります。

また、業務内容だけでなく勤務地が大きく変わることもあります。許容できる範囲内での環境変化であれば仕事を辞めるには至りませんが、モチベーションを失う様な環境の変化が起きた場合は多くの人が転職を検討することになります。

26歳の転職に関するよくある質問と回答

26歳で公務員に転職できる?

26歳で公務員への転職を考えることは十分可能です。公務員試験は年齢制限が設けられている場合が多いですが、多くの自治体や国家レベルの公務員試験では、26歳は応募資格を満たしています。特に、地方自治体や特定の専門職においては、多様なバックグラウンドを持つ人材を求めているため、転職のチャンスは広がっています。

公務員試験の準備には専門的な知識が必要であり、試験内容に応じた対策が欠かせません。一般的な行政職の試験では、法律、経済、社会学などの幅広い知識が求められます。また、特定の専門職に応募する場合は、その分野に関する専門知識が必要になります。

公務員としてのキャリアは安定性や社会的な貢献度が高いため、多くの人にとって魅力的な選択肢です。ただし、公務員試験は競争が激しいため、入念な準備と強い意志が必要となります。26歳での公務員転職は、新たなキャリアの道を切り開く機会となる可能性が高く、適切な準備と計画が成功への鍵となります。

26歳で未経験の職種や異業種に転職できる?

26歳で未経験の職種や異業種への転職は十分に可能です。この年齢では、多くの企業がポテンシャルや学習意欲を重視し、経験よりも個人の成長可能性や適応能力を評価する傾向にあります。そのため、未経験の分野に挑戦しやすい環境が多く存在します。

未経験分野への転職を成功させるためには、自己のスキルセットと新しい職種の要件を照らし合わせ、どのように自分の能力が貢献できるかを明確にすることが重要です。また、関連する研修や資格の取得、自学による知識の習得も、転職の成功率を高めるための有効な手段です。

さらに、転職先企業への熱意を示すことも重要です。未経験分野への興味や学習意欲、新しい環境で成長しようとする姿勢を伝えることで、採用担当者に良い印象を与えることができます。26歳での異業種や未経験職種への転職は、キャリアの多様性を広げ、新たな可能性を開く機会となります。

26歳の2回目の転職はやばい?厳しい?

26歳での2回目の転職が困難かどうかは、その転職の理由や経緯に大きく依存します。2回目の転職が短期間に連続する場合、履歴書上での安定性やコミットメントの欠如が懸念されることがあります。しかし、転職の理由が明確で、キャリアアップや専門性向上、労働環境の改善など正当な動機に基づいていれば、転職は正当化されます。

転職の際には、前職での経験や学んだスキルをどのように新しい職場で活かせるかを明確に伝えることが重要です。また、転職に至った理由とそれに基づくキャリアプランの説明が求められます。これらを適切に伝えることで、転職がキャリアにおけるポジティブなステップとして捉えられる可能性が高まります。

さらに、26歳はキャリアの初期段階であり、様々な可能性を探るのに適した年齢とも言えます。そのため、2回目の転職がキャリア形成の重要な過程として捉えられる場合もあります。自身のキャリア目標に合致する職業を追求することは、長期的な視点で見ると、非常に有益なステップとなることがあります。

26歳の3回目の転職は多すぎる?

26歳での3回目の転職が「多すぎる」と一概に言えるわけではありませんが、頻繁な転職は慎重に考慮する必要があります。転職回数が多いと、履歴書上での安定性や職務へのコミットメントが疑問視されるリスクがあるため、それぞれの転職の理由を明確かつ合理的に説明することが重要です。

転職の際には、前職での経験がどのように次の職場での貢献に繋がるのか、またキャリアの目標やビジョンを具体的に伝えることが求められます。これらの情報は、転職回数の多さにも関わらず、あなたがキャリアの一貫性を持ち、目的意識を持って行動していることを示す手助けとなります。

高卒26歳でも転職できる?高卒ならではの注意点は?

高卒であっても26歳での転職は十分可能です。現代の職業市場は多様化しており、特にスキルや実務経験を重視する傾向が強いです。高卒者が直面する主な課題は、学歴よりも実務経験や特定のスキルセットの重視です。そのため、自分の経験やスキルを強調し、どのようにして職場に貢献できるかを明確にすることが重要です。

高卒者が転職を考える際の注意点としては、専門的なスキルや資格の取得が挙げられます。特定の技能や資格があれば、学歴よりもそのスキルが評価される傾向にあります。また、これまでの実務経験を具体的な成果や貢献としてアピールすることも重要です。

さらに、積極的な学習姿勢やキャリアに対する意欲を示すことも有効です。自己成長のための努力や新しい知識を習得する意欲は、採用企業にとって魅力的な特性です。高卒でも、適切な戦略と準備を行えば、26歳での転職は成功の可能性が高まります。

26歳から始めるおすすめの仕事は?

26歳から始めるに適した職種は、個人のスキルセット、興味、そしてキャリア目標に大きく依存します。この年齢では、さまざまな業界が若手のポテンシャルと学習能力を高く評価するため、多くの選択肢が開かれています。特に、IT関連の職種、デジタルマーケティング、人事や販売管理などは、26歳からでもスキルを身につけやすく、キャリアアップの機会が豊富です。

また、スタートアップ企業や新しいビジネスモデルを採用している会社は、革新的なアイデアや柔軟な働き方を求めていることが多く、若手にとって魅力的な環境を提供します。これらの職場では、既存の枠にとらわれない新しいアプローチが可能であり、キャリアの可能性を大きく広げることができます。

資格なし・スキルなしでも転職できるおすすめの仕事は?

資格や特定のスキルがない場合でも、26歳での転職は可能です。このような状況では、サービス業や小売業、コールセンター、入力業務など、特別な資格や専門スキルを必要としない職種がおすすめです。これらの職種は一般的に、職業訓練やオンザジョブトレーニングを通じて必要なスキルを身につけることができます。

また、スタートアップ企業や中小企業では、多様な業務を経験できる機会が多く、様々なスキルを習得するチャンスがあります。これらの企業は柔軟性と学習意欲を重視する傾向があり、経験やスキルよりも、ポテンシャルと成長意欲を評価することが一般的です。

【参考】年齢別の転職

年齢別の転職方法や転職ノウハウに関するは以下のリンクからご覧ください。

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地〒106-6116
東京都港区6-10-1 六本木ヒルズ森タワー16F
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年6月時点)
目次