仕事に行きたくない時の拒否反応とは?原因と対処法を徹底解説

仕事に行きたくない時の拒否反応

仕事に対して拒否反応を感じると悩んでいる人はたくさんいます。本ページでは仕事に行きたくない時の拒否反応の具体例から原因、対処法について網羅的に解説します。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで、自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択
目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

仕事に行きたくない時の拒否反応の具体例

仕事に行きたくない時の拒否反応は、具体的に下記のようなものが挙げられます。順に説明します。

仕事に行きたくない時の
拒否反応の具体例

仕事に行きたくない時の拒否反応の具体例#1:
動悸や頭痛・胃腸の不調などの体調不良を感じる

動悸や体調不良は、仕事に行きたくない時の一般的な拒否反応です。

動悸は、心臓が急に激しく打つ感覚で、不安やストレスによって引き起こされることが多いです。このような心の動揺は、身体に直接的な影響を与えることがあります。

動悸のほかの体調不良の症状は多岐にわたり、倦怠感や全身の無力感から頭痛や胃腸の不調など様々なものが挙げられます。

これらの症状は精神的なプレッシャーを原因として発現することが多々あり、身体からのサインとなるためこうした症状が現れた際は無視しないことが重要です。

こうした体調不良のほか、めまい・吐き気も仕事における拒否反応の1つです。

これらの症状は、極度のストレスや不安が原因で起こることが多く、仕事への恐れや緊張が強い時に特に顕著になります。めまいは、平衡感覚が崩れることで生じ、周囲が回転しているような感覚を伴います。

仕事に行きたくない時の拒否反応の具体例#2:
急に涙が出る

仕事への強い不安や圧迫感は、時に突然の涙として現れることがあります。

このような反応は、心理的なストレスや感情の圧倒が原因で起こり得ます。仕事に関連する悩みや不満が積み重なることで、感情が制御できなくなり、涙となって溢れ出ることがあります。

突然泣くことは、内面の緊張やストレスが極限に達している証拠です。日常の業務が感情的な負担を大きくしている場合、涙はその圧力のはけ口となって出てくるため、涙も体の拒否反応と言えます。

仕事に行きたくない時の拒否反応の具体例#3:
夜眠ることができない・朝起きることができない

夜眠ることができない・朝起きることができないという睡眠障害も拒否反応の1つです。

ストレスが過度にたまると、自律神経のバランスが崩れることがあります。

夜でも交感神経が刺激され、体の興奮・緊張状態が続き「なかなか寝つけない」「眠りが浅い」などの症状となって現れます。

睡眠障害が起きると慢性的な睡眠不足に陥ってしまい、疲れが取れないだけでなくさらなる体調不良につながってしまうこともあります。

仕事に行きたくない時の拒否反応の具体例#4:
動けない

仕事に行きたくない時の拒否反応の具体例として、動けないということも挙げられます。

朝起きたとしても脳と身体が仕事に行くことを拒否し、身体が全く動かないという状態に陥ることがあります。

会社に行こうと思っても体が動かないために結局会社に行けず、休んでしまうということもあります。深刻なサインの1つなので、朝起きて身体が動けない場合は早急に対処法を検討することが重要です。

仕事に行きたくない時の拒否反応の具体例#5:
何をするにもやる気が起きない

何をするにもやる気が起きないというのも、仕事における拒否反応の1つです。

仕事で嫌な思いを受けて精神的なプレッシャーが増大すると、プライベートを含めて何をするにもやる気が起きなくなってしまうことがあります。

何をするにもやる気が起きないというのは深刻な拒否反応の1つでもあるため、早急に対処することが重要です。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで、自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

仕事に行きたくない時の拒否反応が出る原因を解説

仕事に行きたくない時の拒否反応が出る原因としてはどのようなものとしては下記の様なものが挙げられます。順に説明いたします。

仕事に行きたくない時の
拒否反応が出る原因

仕事に行きたくない時の拒否反応が出る原因#1:
労働時間が長すぎる・疲労が蓄積しているため

仕事に行きたくない時の拒否反応が出る原因として、労働時間が長すぎる・疲労が蓄積しているためということが挙げられます。

過度な長時間労働は、疲労とストレスの蓄積を招き精神的に不健康な状態となってしまいます。労働時間が長すぎて疲労が蓄積すると、仕事に対して拒否反応が起きてしまいます。

土日や深夜なども長時間働くことが常態化すると、プライベートな時間が奪われ、仕事以外の活動や趣味、家族との時間が犠牲になります。

仕事以外の趣味や家族との時間はむしろ仕事へのモチベーションを上げる重要な要素であり、こうした時間を取れないと仕事に対するネガティブな気持ちが先行してしまいます。

特に、対価が低いのに労働時間が異常に長い職場では、仕事へのモチベーション低下が顕著となりやすい傾向にあります。拒否反応を起こさずに仕事を続けるためには適度なワークライフバランスが必要です。

仕事に行きたくない時の拒否反応が出る原因#2:
仕事内容がに合っていない・ミスを繰り返してしまうため

仕事内容がに合っていない・ミスを繰り返してしまうことは、仕事に行きたくない時の拒否反応が出る原因です。

例えば、日々同じルーチンワークを繰り返すような状態だとスキルも身につかず、飽きてしまいやすくなります。また自分が嫌いな仕事をやらされ続けたりすると、「仕事に行きたくない」と感じるようになります。

また、仕事においてミスを繰り返してしまうと、評価されなかったり職場で怒られることが続いたりすることにつながるため、仕事に行きたくない時の拒否反応が出る原因の1つとなります。

と感じる人は、今の仕事が自分の性格や強みに合っていない可能性があります。

という方は、『適職診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

適職診断』では、簡単な質問の回答をもとに、強みや性格・理想のワークライフバランスや年収に関する価値観を診断し、理想の条件にあった具体的な職種リストをレポートで受け取ることができます。

質問への回答は1分で完了し、診断結果はその場で見ることができるので、気になった方は適職診断の公式ページをチェックしてみてください。

適職診断の公式ページ

適職診断

仕事に行きたくない時の拒否反応が出る原因#3:
職場の人間関係が悪いため

職場における上司や同僚などとの人間関係が悪い場合も、仕事に対する拒否反応の原因である可能性があります。

職場で上司や同僚と仲が悪かったり、意思疎通ができなかったり、人間関係でストレスを感じている場合は、そのストレスが蓄積することで仕事に対する拒否反応につながるでしょう。

さらに、職場でのストレスが高まると人間関係がさらに悪化することもあります。イライラや不満が積み重なり、些細なことでの衝突や対立が生じやすくなります。

結果として職場の雰囲気が悪くなるだけでなく、自身に対する評価も悪くなってしまい、会社での居場所がなくなってしまいます。

仕事に行きたくない時の拒否反応が出る原因#4:
ハラスメントを受けているため

職場の人間関係が悪いという点と似ていますが、ハラスメントを受けていることも仕事に行きたくない時の拒否反応の1つです。

例えばパワハラやセクハラを受けていると心に大きなダメージを受けてしまい、仕事に対して拒否反応が出てしまいます。

種類定義
パワーハラスメント職場で明らかに立場が上のものが、常識的に逸脱した指示や発言をして、相手を不快にさせること
セクシュアルハラスメント職場において、相手の意に反して性的な言動をすることにより不快な気持ちにさせること
マタニティハラスメント妊娠・出産・育児中の女性従業員に対して、理不尽な扱いを受けるような言動をすること
モラルハラスメント態度や言動で相手の人格を否定したり傷つけたりすること
結婚ハラスメント未婚の人に対して避難したり、結婚に関するプレッシャーを与えたりして不快な思いをさせること
仕事に対する拒否反応の原因となるハラスメントの一覧

職場におけるハラスメントは様々なものがありますが、ハラスメントが精神的に与えるダメージは甚大です。こうしたハラスメントを感じる場合は早い段階で是正を試みたり、職場から離れることが重要です。

仕事に行きたくない時の拒否反応が出る原因#5:
怒られることが怖いため

怒られることが怖いということも、仕事に行きたくない時の拒否反応が出る原因の1つです。ハラスメントというわけではなくても、仕事でミスをしてしまい怒られることが多発すると、怒られること自体が怖くなって仕事に対する拒否反応が生まれてしまうことがあります。

ひどい場合はどんな時も怒られることが脳裏にあり、名前を呼ばれるだけで恐怖を覚えてしまうようなこともあります。このように、怒られ続けることも仕事に対する拒否反応が出る原因の1つです。

仕事に行きたくない時の拒否反応が出る原因#6:
給料などの待遇が悪すぎるため

給料などの待遇が悪すぎることも、仕事に行きたくない時の拒否反応が出る原因です。

例えば、長時間労働にも関わらず、その労働が時給換算で最低賃金にも満たない場合であったり、同業他社や同僚と比較して明らかに低い給料は、自分が正当に評価されていない、搾取されていると感じてしまうことがあります。

こうしたストレスが蓄積し、最終的には仕事に対する拒否反応につながります。

また給料は生活水準にも直結するため、給料が低いと住居やプライベートの出費においても切り詰める必要が出てきてしまいます。

仕事を頑張っているのに給料が低くプライベートが充実していないという状態になると、モチベーションを失い拒否反応が出てしまう可能性があります。

SNSなどによって自分より良い生活をしている人が目に入りやすくなっているなかで、こうした給料の低さは大きなモチベーション低下の要因となります。

自分の年収が高いか低いかを知るために

自分の年収が高いか低いかを知るためには、年収偏差値を調べることをおすすめします。

年収偏差値について詳しく知りたい方は以下の年収偏差値計算ツールをご利用ください。年齢と年収を入力すると年収偏差値を試算することができます。

▼ 条件を指定して年収偏差値を計算できます
年収偏差値計算ツール
偏差値
男性の中での偏差値
女性の中での偏差値
大卒の中での偏差値
大企業の中での偏差値

厚生労働省『賃金構造基本統計調査』の最新情報をもとに試算

仕事に行きたくない時の拒否反応を放置するとどうなる?

仕事に行きたくない時の拒否反応を放置するとどうなるのでしょうか。仕事に行きたくない時の拒否反応を放置した結果起こることについてご説明します。

仕事への拒否反応を
放置した結果起こること

特に拒否反応を放置したまま起きることとして悲惨なのは、①メンタルヘルスになること、②時間を浪費してしまい、転職市場における自身の価値も下がることの2点です。

仕事に対する拒否反応を放置していると、適応障害やうつ病など重大なメンタルヘルスにかかってしまう可能性があります。こうしたメンタルヘルスの不調にかかってしまうと、仕事に復帰できないなど様々な悪影響があるため、放置するのは危険です。

また、仕事に行きたくない時の拒否反応を感じながらその仕事を続けたとしても、仕事においてパフォーマンスを発揮することはできません。

そうした仕事を続けているとスキルも身につかず、年齢だけを重ねてしまい結果的に転職市場における自身の価値が低下してしまうという深刻な問題も起きてしまうため、拒否反応を感じながら仕事を続けるのは非常に危険です。

仕事に行きたくない時の拒否反応が出た時の対処法を解説

仕事に行きたくない時の拒否反応が出た時の対処法については、下記の様なものが挙げられます。

仕事に行きたくない時の
拒否反応が出た時の対処法

仕事に行きたくない時の拒否反応が出た時の対処法#1:
適切な目標を設定する

仕事に行きたくない時の拒否反応が出た時の対処法の1つは、適切な目標を設定することです。

具体的かつ達成可能な短期の目標を定めることで、仕事に対する意欲を引き出すことができます。

また、短期の目標に加えて長期目標を設定することも重要です。キャリアの方向性を明確にし、何のために働いているのか、将来どうなりたいかを考えることで、モチベーションを維持しやすくなります。

将来的になりたい自分を考える際に
重要な要素

目標設定は、日々の業務を意味のあるものに変えることができます。

自分の仕事が大きな目的に貢献していると感じられると、やる気が自然と湧いてきます。これは、仕事に対する新たな視点を提供し、モチベーションを高める効果的な方法です。

仕事に行きたくない時の拒否反応が出た時の対処法#2:
思い切って休む

仕事への拒否反応をなくすためには、時には思い切って休むことが効果的です。

連続して仕事をすることで生じる疲労やストレスによって拒否反応が起きている場合は、休暇によってモチベーションを取り戻すことができる可能性があります。短期間の休暇を取ることで、心身ともにリフレッシュすることができます。

休暇中は仕事から完全に離れ、趣味や家族との時間を楽しむことが大切です。これにより、仕事以外の生活の喜びを再発見し、仕事へのエネルギーを回復させることができます。

また、こうした長期的な休暇ではなくても定期的な休息を取ってプライベートを充実させることで、仕事に対する集中力が向上し、生産性が高まります。

休むことは、長期的なキャリアの持続性とパフォーマンスの向上にも寄与するため、モチベーションを高めるうえで非常に有効な方法です。

仕事に行きたくない時の拒否反応が出た時の対処法#3:
上司に相談する

仕事に対して拒否反応があるときは、上司に相談することも一つの解決策です。

上司に現在の状況や感じている問題を正直に伝えることで、職場環境や仕事内容の改善策を一緒に考えることができます。特にモチベーションの低下が仕事内容の合わなさであったり、労働時間の長さを原因としている場合は有効な解決策となり得ます。

また、上司はキャリアアドバイザーとしての役割を果たすことができ、新たなキャリアパスや成長の機会を提示してくれることもあります。上司との建設的なコミュニケーションは、仕事へのモチベーションを取り戻す手助けとなるでしょう。

仕事に行きたくない時の拒否反応が出た時の対処法#4:
病院に行く

病院に行くことも、仕事に行きたくない時の拒否反応が出た時の対処法の1つです。

仕事に対する拒否反応は適応障害やうつ病など、重大な精神病につながる可能性があります。

場合によってはすでにそうした疾患にかかっていることもあるため、早めに病院を受診して対処法に関するアドバイスをしてもらうことは重要な解決策の1つです。

仕事に対する拒否反応は職場の人に相談するのが難しいと感じることもあるでしょうが、病院の医師はこうした拒否反応に関するプロで、第三者目線から適切なアドバイスをしてくれることもあります。

仕事に行きたくない時の拒否反応が出た時の対処法#4:
拒否反応が一時的なものでない場合は、原因を特定する

ここまでご説明したような対処法でも解決できず、拒否反応が一時的なものでない場合は、原因を特定することが重要です。

例えば人間関係や上司との関係性で悩んでいる場合は、人事に依頼して異動をお願いするなども選択肢として入ります。

労働時間が長すぎる・金銭的待遇が悪すぎる、仕事内容がつまらないなどのケースでは転職してより良い待遇であったり、仕事内容が異なる会社に移ることも選択肢となります。

いずれにせよモチベーションがないという感情が一時的ではなく持続的な場合は、原因を特定したうえで対処しなければ状況が変わらずまた休んでしまうということにもつながるため、悩みの根本を解決するよう試みることが必要です。

仕事に行きたくない時の拒否反応が出た時の対処法#5:
転職する

上記の様な原因の特定や対処法が自分に合わないと感じる場合は、転職することも十分有力な選択肢です。

拒否反応を感じるほど仕事に対して嫌悪感がある場合は、転職して仕事から離れることが最も効果的な選択肢となる可能性も十分にあります。

仕事を辞めるか判断すべきポイントとは?仕事の辞め時の10のサインを解説

仕事の辞めどきがわかる10のサイン・仕事が合わないサインにはどのようなものがあるのでしょうか。仕事の辞め時を判断するポイントには下記の様なものが挙げられます。

仕事の辞めどきがわかる10のサイン

一方で、下記の様な場合は仕事を辞めるべきではありません。特に、一時的な感情で仕事を辞めてしまうと後悔に繋がることもあるため、しっかり考えたうえで決断をすることをおすすめします。逆に、しっかり考えたうえでの決断であれば、仕事を辞めても全く問題ありません。

仕事を辞めるべきでないケース

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地〒106-6116
東京都港区6-10-1 六本木ヒルズ森タワー16F
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年6月時点)
目次