30代の平均年収は423万円!中央値・手取りも解説(男性・女性)

30代の平均年収はいくら?中央値・手取りも解説(男性・女性)

30代の平均年収はいくらなのか?中央値との違いや正社員の平均月給・ボーナス・手取り額、企業規模別(大企業・中小企業)や最終学歴別(大卒・高卒・中卒)の平均年収について簡潔に解説しています。

目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

30代の平均年収は423万円

大手転職サイト『マイナビエージェント』が約10万人を対象に行った調査をもとにすると、30代の平均年収は423万円となっています。なお、20代の平均年収は321万円です。

【参考】マイナビエージェントが人気1位に選ばれた理由

マイナビエージェントでは、誰もが知る大企業から地方の優良企業まで幅広い求人を扱っており、マイナビエージェントでしか扱いのない好条件の非公開求人が多いことが特徴です。

また、専属のキャリアカウンセラーの対応が非常に丁寧なことでも有名であり、直近で転職することを決めている人はもちろん、転職するかどうか悩んでいる人や、直近で転職予定のない方でも気軽にキャリアについて相談することができます。

その結果として、マイナビエージェントの利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高い水準を誇っています。

マイナビエージェントは登録したからと言ってしつこい連絡や転職勧誘の電話が来ることはありません。また、万が一合わないと感じた場合は電話不要でいつでも退会することができます。

【公式サイト】https://mynavi-agent.jp

国税庁の『民間給与実態統計調査』によると日本人の平均年収は458万円となっており、30代の平均年収は全年代の平均年収より35万円ほど低い水準であることが分かります。

30代の男性の平均年収は453万円、30代の女性の平均年収は361万円

大手転職サイト『マイナビエージェント』が約10万人を対象に行った調査をもとにすると、30代の男性の平均年収は453万円30代の女性の平均年収は361万円となっています。

なお、国税庁のデータによると男性の全年代の平均年収は563万円、女性の全年代の平均年収は314万円です。

項目30代全年代平均
平均年収423万円458万円
男性の平均年収453万円563万円
女性の平均年収361万円314万円
30代の平均年収と日本人の平均年収(出典: 国税庁マイナビエージェント

今の年収に不満がある方や、自分の適性年収を知りたい方は、テレビCMでも有名なスカウト型転職サイト『ビズリーチ』に登録してみることをおすすめします。

ビズリーチは、匿名で経歴を登録するだけで高年収のスカウトを受け取ることができ、今すぐ転職予定のない方でもスカウトを通じて自分の市場価値や適正年収を知ることができます。

【公式HP】https://bizreach.jp

※2024年4月現在、新規登録すると109,360 件の求人が無料で閲覧可能

ビズリーチに関する豆知識

ビズリーチは定期的にログインしているとアカウントの評価が高まり、人気企業の非公開求人が優先的に案内されやすくなります。

転職活動を始める前から無料アカウントを作成して年に数回ログインしておくだけで、将来転職する際に情報が集まりやすく非常に有利になるのでおすすめです。

30代の平均手取りは約331万円(手取り月収は約28万円)

国税庁・日本年金機構・全国健康保険協会の公式情報をもとに試算すると、30代の平均手取り額は約331万円手取り月収は約28万円となります。

額面年収と手取りの差額(約92万円)には以下の表のような所得税・住民税・社会保険料等が含まれます。

▼ 条件を指定して手取り額を計算できます
項目 年収 月収
額面収入
所得税
住民税
健康保険
厚生年金
雇用保険
介護保険
手取り

国税庁日本年金機構全国健康保険協会の最新情報をもとに試算(詳細: 手取り計算ツール

配偶者を扶養している場合の手取りは約336万円

結婚して配偶者を扶養している場合、「配偶者控除」という仕組みによって所得税・住民税の所得控除を受けることができ、手取り額が増えることがあります。

配偶者の年収が100万円の場合、30代・年収423万円の人の手取り額は年間336万円毎月の手取り額は約28万円となります。

▼ 条件を指定して手取り額を計算できます
項目 年収 月給 ボーナス
額面収入
所得税
住民税
健康保険
厚生年金
介護保険
雇用保険
手取り

国税庁日本年金機構全国健康保険協会の最新情報をもとに試算(詳細: 手取り計算ツール

年収を上げるために転職を検討している方や、今すぐ転職予定はなくても将来的に転職を検討している方は、転職サービスに登録して早めに情報収集を開始することをおすすめします。

\年収を上げたい人におすすめ/

実際のユーザーの口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年4月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)
年収を上げたい人におすすめの転職サービス
ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。

匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp

【口コミ】ビズリーチの評判
マイナビエージェント日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

マイナビエージェントでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp

【口コミ】マイナビエージェントの評判
ASSIGN
(アサイン)
20代・30代のハイクラス転職に特化した実績豊富な大手転職エージェント。

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com
おすすめ転職サービス3選

【企業規模別】大企業・中小企業の30代の平均年収・平均月給(上場企業は?)

厚生労働省の『賃金構造基本統計調査』によると、社員数1000人以上の大企業に勤務している30代前半の平均月給(ボーナス等を除く所定内給与)は30.7万円、大企業に勤務している30代後半の平均月給は35.0万円です。

また、社員数10~99人の中小企業の30代前半の平均月給は26.2万円、中小企業の30代後半の平均月給は28.8万円となっています。

企業規模30代前半の平均月給30代前半男性の平均月給30代前半女性の平均月給
大企業
(社員1000人以上)
30.7万円32.5万円27.7万円
中堅企業
(100~999人)
27.3万円28.7万円24.9万円
中小企業
(10~99人)
26.2万円27.7万円23.5万円
【企業規模別】大企業・中堅企業・中小企業の30代前半の平均月給(出典: 厚生労働省『賃金構造基本統計調査』)

【企業規模別】
30代後半(35~39歳)の平均月給

企業規模30代後半の平均月給30代後半男性の平均月給30代後半女性の平均月給
大企業
(社員1000人以上)
35.0万円37.9万円29.2万円
中堅企業
(100~999人)
29.9万円31.9万円26.5万円
中小企業
(10~99人)
28.8万円30.9万円24.5万円
【企業規模別】大企業・中堅企業・中小企業の30代後半の平均月給(出典: 厚生労働省『賃金構造基本統計調査』)

なお、上場企業の30代の平均年収については該当データがありませんが、東京商工リサーチの調査によると上場企業の社員の平均年収は620万円となっています。

給料をあげるためには転職?市場価値を知りたい人におすすめのツールを紹介

大手転職サイト『doda』の調査によると、転職理由の1位は「給与が低い・昇給が見込めない」からとなっており、全体の32.8%を占めています。

給料を上げたいと思った人が転職を考えることは自然なことであり、実際に転職によって年収が上がった・残業が減ったという声は少なくありません。

転職理由ランキング(複数回答)割合
【1位】給与が低い・昇給が見込めない32.8%
【2位】昇進・キャリアアップが望めない25.2%
【3位】社内の雰囲気が悪い23.4%
【4位】尊敬できる人がいない22.9%
【5位】業界・会社の先行きが不安22.4%
転職理由ランキング (出典: doda)

「もっと年収を上げたい」「手取りを増やしていい生活をしたい」という方は、転職も一つの選択肢として検討することをおすすめします。

直近で転職する予定が決まっている方には、TVCMでも有名な『ビズリーチ』がおすすめです。全国・全業種の高年収求人が幅広く掲載されており、年収アップにつながる可能性が最も高い転職サイトの1つです。

【公式HP】https://bizreach.jp

また、今すぐ転職予定はなくても、将来的に転職を考えている方には『転職可能性診断』という無料ツールをチェックしてみてください。

簡単な経歴を登録するだけで、人気企業100社への転職可能性を数字で算出してレポートとして受け取ることができます。

転職可能性診断の対象企業(一部抜粋)

高年収難関企業

三菱商事 / キーエンス / 電通 / 野村総合研究所 / リクルート / エムスリー / SONY / ベイカレント / M&A総合研究所 など

ホワイト安定企業

NTTドコモ / 味の素 / 明治 / 日本たばこ産業 / 富士フイルム / 東京海上日動火災保険 / 任天堂 / サントリー / 花王 など

外資系・グローバル企業

Google / マッキンゼー / ゴールドマンサックス / P&G / アマゾン / PwC / アクセンチュア / セールスフォース など

【公式ページ】転職可能性診断

▼ 2024年4月中に新規登録すると無料で利用可能

転職可能性診断

【最終学歴別】30代の平均月給(高卒・高専卒・短大卒・大卒・大学院卒)

厚生労働省の『賃金構造基本統計調査』によると、大卒の30代前半の平均月給(ボーナス等を除く所定内給与)は30.5万円、大卒の30代後半の平均月給は35.4万円となっています。

また、大卒の30代前半の男性の平均月給は31.9万円、大卒の30代後半の男性の平均月給は35.7万円となっており、女性については大卒の30代前半の女性の平均月給が27.9万円、大卒の30代後半の女性の平均月給は30.7万円となっています。

最終学歴別の30代の平均月給データは以下の表の通りです。

最終学歴30代前半の平均月給30代前半男性の平均月給30代前半女性の平均月給
高卒24.9万円26.4万円21.4万円
専門学校卒26.3万円27.5万円24.8万円
高専・短大卒26.1万円29.0万円24.5万円
大卒30.5万円31.9万円27.9万円
大学院卒35.4万円35.7万円34.3万円
30代前半の平均月給(男女・最終学歴別)(出典: 厚生労働省『賃金構造基本統計調査』)

30代後半(35~39歳)の平均月給

最終学歴30代後半の平均月給30代後半男性の平均月給30代後半女性の平均月給
高卒26.8万円28.7万円22.0万円
専門学校卒28.6万円30.0万円26.7万円
高専・短大卒28.4万円33.6万円25.6万円
大卒35.4万円37.6万円30.7万円
大学院卒42.8万円43.6万円39.3万円
30代後半の平均月給(男女・最終学歴別)(出典: 厚生労働省『賃金構造基本統計調査』)

\ 年収を上げたい人におすすめ /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年4月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)

ビズリーチ

登録するだけで高年収のスカウトが届くCMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp


ASSIGN(アサイン)

20代・30代のハイクラス転職に特化した大手転職エージェント。サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞。

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年4月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。


マイナビエージェント

日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。マイナビエージェントでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp

30代で年収はいくらあればいい?理想の年収と生活レベル

30代の平均年収は423万円ですが、実際に必要な年収は家族構成や生活レベルによって異なります。

30代で年収はいくらあればいいのか?一人暮らし・結婚して2人暮らし・子どもがいる場合などいくつかのパターンに分けて、30代の理想の年収について解説します。

30代独身一人暮らしの場合:理想の年収は500万円以上

30代で独身1人暮らしの場合、住む家の家賃や外食の頻度などによって毎月の支出額が異なります。

一例として以下の表のような生活を送った場合、毎月の出費の合計は30万円となります。

支出項目支出金額(月額)
家賃10万円
水道光熱費2万円
通信費2万円
食費10万円
交際費4万円
教育費-
雑費2万円
合計30万円
30代独身一人暮らしの場合の毎月の出費

上記のような生活を送りたい場合、年収500万円(=手取りは約32万円)ほどの収入があれば十分に生活することができます。

また、年収600万円(=手取りは約38万円)ほどの年収があれば、このような生活を送りながら毎月8万円ほどの貯金も可能です。

30代で結婚して2人暮らしの場合:理想の年収は700万円以上

30代で結婚して2人暮らしの場合、住む家の家賃や外食の頻度などによって毎月の支出額が異なります。

一例として以下の表のような生活を送った場合、毎月の出費の合計は40万円となります。

支出項目支出金額(月額)
家賃13万円
水道光熱費3万円
通信費3万円
食費15万円
交際費6万円
教育費-
雑費2万円
合計40万円
30代で結婚して2人暮らしの場合の毎月の出費

上記のような生活を送りたい場合、年収700万円(=手取りは約44万円)ほどの収入があれば十分に生活することができます。

また、年収800万円(=手取りは約49万円)ほどの年収があれば、このような生活を送りながら毎月9万円ほどの貯金も可能です。

30代で結婚して子どもが1人いる場合:理想の年収は900万円以上

30代で結婚して子どもが1人いる場合、住む家の家賃や教育費の水準などによって毎月の支出額が異なります。

一例として以下の表のような生活を送った場合、毎月の出費の合計は53万円となります。

支出項目支出金額(月額)
家賃15万円
水道光熱費4万円
通信費3万円
食費18万円
交際費5万円
教育費6万円
雑費2万円
合計53万円
30代で結婚して子どもが1人いる場合の毎月の出費

上記のような生活を送りたい場合、年収900万円(=手取りは約55万円)ほどの収入があれば十分に生活を送ることができます。

また、年収1000万円(=手取りは約60万円)ほどの年収があれば、以下のような生活を送りながら毎月7万円ほどの貯金も可能です。

\ 高年収を目指す人におすすめ /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)
おすすめ転職サービス(総合ランキング)
ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。

匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp

【口コミ】ビズリーチの評判
ASSIGN
(アサイン)
20代・30代のハイクラス転職に特化した大手転職エージェント。

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年4月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。
マイナビエージェント日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

マイナビエージェントでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp

【口コミ】マイナビエージェントの評判
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

30代の平均年収に関するよくある質問と回答

30代の国家公務員の平均年収は?

人事院の『国家公務員給与等実態調査』によると、32歳以上36歳未満の国家公務員の平均給与月額は33.8万円、36歳以上40歳未満の国家公務員の平均給与月額は38.4万円となっています。

国家公務員の年齢別平均給与は以下の表の通りです。

年齢階層平均給与月額
20歳未満17.0万円
20歳以上24歳未満20.8万円
24歳以上28歳未満25.0万円
28歳以上32歳未満29.3万円
32歳以上36歳未満33.8万円
36歳以上40歳未満38.4万円
40歳以上44歳未満42.5万円
44歳以上48歳未満45.6万円
48歳以上52歳未満47.8万円
52歳以上56歳未満50.0万円
56歳以上60歳未満50.7万円
60歳以上49.0万円
出典: 人事院『国家公務員給与等実態調査

東京都の30代の平均年収は?

厚生労働省の最新のデータによると、東京都の30代前半(30歳~34歳)の平均年収は532万円、東京都の30代後半(35歳~39歳)の平均年収は616万円となっています。

東京都の年齢別平均年収は以下の表の通りです。

年代東京都の平均年収東京都の平均年収
(男性)
東京都の平均年収
(女性)
~19歳277万円283万円249万円
20~24歳351万円367万円335万円
25~29歳444万円474万円411万円
30~34歳532万円579万円470万円
35~39歳616万円675万円513万円
40~44歳658万円721万円542万円
45~49歳687万円759万円549万円
50~54歳737万円822万円551万円
55~59歳750万円829万円568万円
60~64歳572万円617万円428万円
65~69歳443万円465万円370万円
70歳~353万円363万円317万円
全年代平均599万円666万円483万円
東京都の平均年収(出典: 厚生労働省『賃金構造基本統計調査』)

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地150-0002
東京都渋谷区渋谷2-19-15 宮益坂ビルディング609
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年4月時点)
目次