38歳の平均年収は446万円!中央値・手取りも解説(男性・女性)

38歳の平均年収

38歳の平均年収はいくらなのか?中央値との違いや正社員の平均月給・ボーナス・手取り額、企業規模別(大企業・中小企業)や最終学歴別(大卒・高卒・中卒)の平均年収について簡潔に解説しています。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで、自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

38歳で転職する際のポイントや注意点について知りたい方は以下のページをご覧ください。

目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

38歳の平均年収は446万円

大手転職サイト『マイナビエージェント』が約10万人を対象に行った調査によると、38歳の平均年収は446万円となっています。なお、20代の平均年収は321万円、30代の平均年収は423万円です。

国税庁の『民間給与実態統計調査』によると日本人の平均年収は458万円となっており、38歳の平均年収は全年代の平均年収より12万円ほど低い水準であることが分かります。

38歳の男性の平均年収は479万円、女性は372万円

マイナビエージェント』の調査によると、38歳の男性の平均年収は479万円38歳の女性の平均年収は372万円となっています。

なお、国税庁のデータによると男性の全年代の平均年収は563万円、女性の全年代の平均年収は314万円です。

項目38歳全年代平均
平均年収446万円458万円
男性の平均年収479万円563万円
女性の平均年収372万円314万円
38歳の平均年収と日本人の平均年収(出典: 国税庁マイナビエージェント

38歳の平均手取りは約348万円(手取り月収は約29万円)

国税庁・日本年金機構・全国健康保険協会の公式情報をもとに試算すると、38歳の平均手取り額は約348万円手取り月収は約29万円となります。

額面年収と手取りの差額(約98万円)には以下の表のような所得税・住民税・社会保険料等が含まれます。

▼ 条件を指定して手取り額を計算できます
項目 年収 月収
額面収入
所得税
住民税
健康保険
厚生年金
雇用保険
介護保険
手取り

国税庁日本年金機構全国健康保険協会の最新情報をもとに試算(詳細: 手取り計算ツール

配偶者を扶養している場合の手取りは約353万円

結婚して配偶者を扶養している場合、「配偶者控除」という仕組みによって所得税・住民税の所得控除を受けることができ、手取り額が増えることがあります。

配偶者の年収が100万円の場合、38歳・年収446万円の人の手取り額は年間353万円毎月の手取り額は約29万円となります。

▼ 条件を指定して手取り額を計算できます
項目 年収 月給 ボーナス
額面収入
所得税
住民税
健康保険
厚生年金
介護保険
雇用保険
手取り

国税庁日本年金機構全国健康保険協会の最新情報をもとに試算(詳細: 手取り計算ツール

38歳の年収の中央値は420万円【平均年収はおかしい?】

マイナビエージェント』が実施した最新の調査によると、38歳の年収の中央値は420万円(平均年収は443万円)となっています。

中央値とは、データを大きさ順に並べたときにちょうど真ん中にある値のことです。例えば5人分の年収データがあれば、真ん中の3番目に高い年収が中央値です。一方、平均値は5人の年収を単純に合計して5で割った値です。

5人の中に1人だけ極端に年収の高い人がいた場合、平均年収はその人の年収に引っ張られて高く出てしまいますが、中央値は影響を受けないという特徴があります。

【具体例】平均値と中央値の差

【ケース1】

年収300万円・年収400万円・年収500万円・年収600万円・年収700万円

→ 平均年収 500万円・中央値500万円

【ケース2】

年収300万円・年収400万円・年収500万円・年収600万円・年収1200万円

→ 平均年収 600万円・中央値500万円

なお、上記の38歳のデータでは平均年収と中央値の間に大きな乖離がないため、平均年収のデータがおかしいとは言えません。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職エージェント診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで、自分にあった転職エージェントが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

【企業規模別】大企業・中小企業の38歳の平均年収(上場企業は?)

厚生労働省の『賃金構造基本統計調査』によると、社員数1000人以上の大企業に勤務している38歳の平均年収は686万円です。

また、社員数100~999人の中堅企業の38歳の平均年収は546万円、社員数10~99人の中小企業の38歳の平均年収は486万円となっています。

企業規模38歳の平均年収38歳の平均年収
(男性)
38歳の平均年収
(女性)
大企業
(社員1000人以上)
686万円727万円566万円
中堅企業
(100~999人)
546万円571万円478万円
中小企業
(10~99人)
486万円514万円421万円
【企業規模別】大企業・中堅企業・中小企業の38歳の平均年収(出典: 厚生労働省『賃金構造基本統計調査』)

なお、上場企業の38歳の平均年収については該当データがありませんが、東京商工リサーチの調査によると上場企業の社員の平均年収は620万円となっています。

【最終学歴別】38歳の平均年収(高卒・高専卒・短大卒・大卒・大学院卒)

厚生労働省の『賃金構造基本統計調査』によると、大卒の38歳の平均年収は633万円となっています。

また、大卒の38歳の男性の平均年収は668万円大卒の38歳の女性の平均年収は537万円です。最終学歴別の38歳の平均年収は以下の表の通りです。

最終学歴38歳の平均年収38歳の平均年収
(男性)
38歳の平均年収
(女性)
高卒495万円518万円427万円
専門学校卒478万円510万円401万円
高専・短大卒508万円564万円476万円
大卒633万円668万円537万円
大学院卒787万円795万円740万円
38歳の平均年収(男女・最終学歴別)(出典: 厚生労働省『賃金構造基本統計調査』)

38歳で年収はいくらあればいい?理想の年収と生活レベル

38歳の平均年収は446万円ですが、実際に必要な年収は家族構成や生活レベルによって異なります。

38歳で年収はいくらあればいいのか?一人暮らし・結婚して2人暮らし・子どもがいる場合などいくつかのパターンに分けて、38歳の理想の年収について解説します。

38歳独身一人暮らしの場合:理想の年収は500万円以上

38歳で独身1人暮らしの場合、住む家の家賃や外食の頻度などによって毎月の支出額が異なります。

一例として以下の表のような生活を送った場合、毎月の出費の合計は31万円となります。

支出項目支出金額(月額)
家賃10万円
水道光熱費2万円
通信費2万円
食費10万円
交際費4万円
教育費-
雑費3万円
合計31万円
38歳独身一人暮らしの場合の毎月の出費

上記のような生活を送りたい場合、年収500万円(=手取りは約32万円)ほどの収入があれば十分に生活することができます。

また、年収600万円(=手取りは約38万円)ほどの年収があれば、このような生活を送りながら毎月7万円ほどの貯金も可能です。

38歳で結婚して2人暮らしの場合:理想の年収は700万円以上

38歳で結婚して2人暮らしの場合、住む家の家賃や外食の頻度などによって毎月の支出額が異なります。

一例として以下の表のような生活を送った場合、毎月の出費の合計は42万円となります。

支出項目支出金額(月額)
家賃12万円
水道光熱費3万円
通信費2万円
食費15万円
交際費8万円
教育費-
雑費2万円
合計42万円
38歳で結婚して2人暮らしの場合の毎月の出費

上記のような生活を送りたい場合、年収700万円(=手取りは約44万円)ほどの収入があれば十分に生活することができます。

また、年収800万円(=手取りは約49万円)ほどの年収があれば、このような生活を送りながら毎月7万円ほどの貯金も可能です。

38歳で結婚して子どもが1人いる場合:理想の年収は900万円以上

38歳で結婚して子どもが1人いる場合、住む家の家賃や教育費の水準などによって毎月の支出額が異なります。

一例として以下の表のような生活を送った場合、毎月の出費の合計は53万円となります。

支出項目支出金額(月額)
家賃15万円
水道光熱費4万円
通信費2万円
食費18万円
交際費7万円
教育費5万円
雑費2万円
合計53万円
38歳で結婚して子どもが1人いる場合の毎月の出費

上記のような生活を送りたい場合、年収900万円(=手取りは約55万円)ほどの収入があれば十分に生活を送ることができます。

また、年収1000万円(=手取りは約60万円)ほどの年収があれば、以下のような生活を送りながら毎月7万円ほどの貯金も可能です。

38歳の平均月給・ボーナス・手取り【大卒の場合】

厚生労働省の『賃金構造基本統計調査』によると、大卒の38歳の平均年収は633万円、そのうちボーナスは169万円となっています。

この場合、所得税・住民税・社会保険料を引いたあとの手取り額(ボーナス込み)は年間で約485万円ボーナスを除く毎月の手取り額は約30万円となります。

▼ 条件を指定して手取り額を計算できます
項目 年収 月給 ボーナス
額面収入
所得税
住民税
健康保険
厚生年金
介護保険
雇用保険
手取り

国税庁日本年金機構全国健康保険協会の最新情報をもとに試算(詳細: 手取り計算ツール

38歳の平均年収に関するよくある質問と回答

38歳の国家公務員の平均年収は?

人事院の『国家公務員給与等実態調査』によると、36歳以上40歳未満の国家公務員の平均給与月額は38.4万円となっています。

国家公務員の年齢別平均給与は以下の表の通りです。

年齢階層平均給与月額
20歳未満17.0万円
20歳以上24歳未満20.8万円
24歳以上28歳未満25.0万円
28歳以上32歳未満29.3万円
32歳以上36歳未満33.8万円
36歳以上40歳未満38.4万円
40歳以上44歳未満42.5万円
44歳以上48歳未満45.6万円
48歳以上52歳未満47.8万円
52歳以上56歳未満50.0万円
56歳以上60歳未満50.7万円
60歳以上49.0万円
出典: 人事院『国家公務員給与等実態調査

東京都の38歳の平均年収は?

厚生労働省の最新のデータによると、東京都の35歳~39歳の平均年収は616万円となっています。

また、男女別に見ると35~39歳の男性の平均年収は675万円、女性の場合は513万円です。東京都の年齢別平均年収については以下の表の通りです。

年代東京都の平均年収東京都の平均年収
(男性)
東京都の平均年収
(女性)
~19歳277万円283万円249万円
20~24歳351万円367万円335万円
25~29歳444万円474万円411万円
30~34歳532万円579万円470万円
35~39歳616万円675万円513万円
40~44歳658万円721万円542万円
45~49歳687万円759万円549万円
50~54歳737万円822万円551万円
55~59歳750万円829万円568万円
60~64歳572万円617万円428万円
65~69歳443万円465万円370万円
70歳~353万円363万円317万円
全年代平均599万円666万円483万円
東京都の平均年収(出典: 厚生労働省『賃金構造基本統計調査』)

【参考】年齢別平均年収

年齢別の平均年収の推移は以下の通りです。各年齢における年収の中央値や正社員の平均年収、企業規模別・学歴別の平均年収は以下のリンクからご覧ください。

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地〒106-6116
東京都港区6-10-1 六本木ヒルズ森タワー16F
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年6月時点)
目次