試用期間に会社を辞めるのは迷惑?気まずい?辞める方法を解説

試用期間の退職はNG?

せっかく会社に入社しても「思っていたイメージと違った」「入ってみたらひどい会社だった」などの理由で、試用期間中でも会社を辞めたくなることがあります。

しかしながら、試用期間中に会社を辞めるのは「迷惑なのではないか」「気まずい」などと考えて退職を躊躇してしまう人も多いでしょう。

本ページでは「試用期間中に会社を辞めるのは迷惑なのか」や「試用期間中でも辞めるべき会社の特徴・対処法」「実は気まずいと思う必要がない理由」などについて網羅的に説明しています。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで、自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択
目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

【結論】試用期間に会社を辞めるのは迷惑ではない

結論から言うと、試用期間に会社を辞めるのは迷惑なことではありません。

試用期間とは、企業側と労働者側、双方が相性を見極める重要な期間です。試用期間終了後、双方の合意があれば本採用となるのが一般的です。
通常は正当な理由がない限り試用期間に解雇されることはありません。もし、試用期間中に退職することを決めた場合は速やかに申し出る必要があります。試用期間であっても会社の一員であることに変わりありませんので、その立場にふさわしい言動を意識し、行動しましょう。

試用期間とは?期間中の退職方法やトラブルの対処法、注意すべきポイントについて

そもそも試用期間とは、企業だけが労働者を見極めるために設けられた期間だと思われがちですが、企業と労働者がお互いの相性を見極めるために設けられている期間でもあります。

従って、試用期間中に労働者が「この会社は合わないから辞める」という判断をしても全く問題はありません。

\ 転職活動で失敗したくない人は必見! /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年7月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
【厳選】おすすめ転職サービス
ビズリーチ
(4.9)
#即戦力人材
登録するだけで自分に合ったスカウトが届く、CMでも有名な転職サイト。

経歴を登録すると人気企業の担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収やワークライフバランスなど気になることを直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp
マイナビAGENT
(4.8)
#ホワイト転職
日本全国・全業種のホワイト優良求人を幅広く扱う国内最大級の転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp
ASSIGN
(アサイン)

(4.8)
#難関企業転職
20代・30代のハイキャリア転職に特化した大手転職エージェント。未経験からコンサル・M&A・ITなど人気業界に転職可能。

選考対策などのサポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com
※ 2024年7月中に登録した方全員に、選考対策情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

試用期間に会社を辞めるのを気まずいと思う必要はない理由

試用期間に会社を辞めるのを気まずいと思う必要はない理由は下記の通りです。

試用期間に会社を辞めても大丈夫な理由

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

試用期間に会社を辞めるのを気まずいと思う必要はない理由#1:
法的に問題はないため

試用期間に会社を辞めるのは気まずくない理由として、法的に問題はないためという理由が挙げられます。

試用期間中であっても会社を辞めるか辞めないかは労働者の自由で、法的に規制されるものではありません。規定されているのは「退職までの原則期間」であり、これは民法627条にて2週間と定められています。但しやむを得ない事由があれば退職は可能です。

民法第627条(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

民法第628条(やむを得ない事由による雇用の解除)
当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

民法第627条・第628条

法的に問題がないことから、試用期間中に会社を辞めることになっても「気まずい」と思う必要はありません。問題があれば「いつでも辞めることができる」と理解しておくことが必要です。

試用期間に会社を辞めるのを気まずいと思う必要はない理由#2:
そもそも試用期間はお互いを見極めるという目的があるため

そもそも試用期間はお互いを見極めるという目的があるためというのも、試用期間に会社を辞めるのを気まずいと思う必要はない理由の1つです。

試用期間は会社が労働者を一方的に見極める時期ではなく、労働者も会社を見極めることができる時期です。試用期間中、会にに問題があると判断した場合には労働者に退職の権利があります。

特に下記の様な特徴が試用期間に分かった場合や求人の条件と実態が異なっている様な場合は、見切りをつけ辞めてしまった方が自分にとって良い可能性があります。

試用期間でも辞めるべき会社の特徴

注目求人

大手広告代理店のアカウントプランナー【平均残業10時間】

テレビCMからSNS広告まで幅広い広告を扱う大手広告代理店において、顧客企業の広告戦略策定・予算運用を行うアカウントプランナーを募集中。広告業界の経験は不問で、入社後すぐにキャッチアップできます。

試用期間に会社を辞めるのを気まずいと思う必要はない理由#3:
早めの退職であれば企業側は人員を補充しやすくサンクコストも小さいため

早めの退職であれば企業側は人員を補充しやすいというのも、試用期間に会社を辞めるのを気まずいと思う必要はない理由の1つです。

社員に対して長い時間やリソースをかけて教育して任せる仕事の量が増えた後に社員が退職してしまった場合、会社側は代替となる人材をすぐに見つけることが難しく困ってしまいます。

一方で試用期間内で退職するような場合は、その社員に特別なスキルがそれほどついていないために、再度転職市場や新卒市場から補充できる人員の候補が多く企業としては人員を補充しやすいです。

また、企業からみたサンクコスト(退職してしまった社員にかけたリソース・研修時間など)も小さくなり、企業側の負担も最小限となります。

むしろ中途半端に長く続けてしまった後に退職する方が、引き止めにあったり気まずい思いをする可能性が高いです。

市場価値を上げたい人におすすめの求人

大手上場IT企業のITエンジニア【完全未経験から歓迎】

東証プライム市場に上場している大手IT企業において、ITエンジニアを募集中。プログラミング経験ゼロでも可。充実した独自研修システムを利用し、給料をもらいながら一人前のITエンジニアを目指せます。

試用期間に会社を辞めるのを気まずいと思う必要はない理由#4:
企業側の金銭的負担が少なくなるため

試用期間に会社を辞めるのを気まずいと思う必要はない理由として、企業側の金銭的負担が少なくなるためという理由が挙げられます。

企業は転職エージェントなどを活用して人を採用します。転職エージェントを通じて社員を採用した場合、企業は転職エージェントに手数料(採用社員の年収×30%程度)を支払います。

しかしながら、社員が試用期間など早期に退職した場合、「返戻金制度」で企業は手数料を一部返金してもらえるケースが一般的です。

契約内容に納得し、人材紹介を受けても早期退職に至ってしまうリスクはあります。そのリスクヘッジとして確認しておきたいのが「返還金(返戻金)制度」です。

返還金制度とは紹介した人材が早期退職した場合に、紹介手数料の一部を返金する制度で、例えば「入社から30日未満の退職で80%」「90日未満の退職で50%」を返金するといったように、多くの人材紹介会社が返金規定を設定しています。

ビズリーチ

またこうした返戻金に加えてそもそも退職社員に報酬を支払うこともなくなるため、全体的な支出は少なくなります。

もちろん企業側は社員が定着するに越したことはないものの、早期退職の場合は金銭的負担が減るというメリットもあるという点は認識しておくと良いでしょう。

\ 転職活動で失敗したくない人は必見! /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年7月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
【厳選】おすすめ転職サービス
ビズリーチ
(4.9)
#即戦力人材
登録するだけで自分に合ったスカウトが届く、CMでも有名な転職サイト。

経歴を登録すると人気企業の担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収やワークライフバランスなど気になることを直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp
マイナビAGENT
(4.8)
#ホワイト転職
日本全国・全業種のホワイト優良求人を幅広く扱う国内最大級の転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp
ASSIGN
(アサイン)

(4.8)
#難関企業転職
20代・30代のハイキャリア転職に特化した大手転職エージェント。未経験からコンサル・M&A・ITなど人気業界に転職可能。

選考対策などのサポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com
※ 2024年7月中に登録した方全員に、選考対策情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

試用期間に会社を辞める際に注意すべきポイント

ここまで試用期間に退職したとしても気まずいと思う必要はない理由についてご説明してきましたが、試用期間に会社を辞める際に注意すべきポイントについてご説明します。

試用期間に会社を辞める際に
注意すべきポイント

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職エージェント診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで自分にあった転職エージェントが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

試用期間に会社を辞める際に注意すべきポイント#1:
職場に必要以上の迷惑はかけないようにする

試用期間に会社を辞める際に注意すべきポイントとして、職場に迷惑はかけないようにするという点が挙げられます。

試用期間に退職すること自体は悪いことではありませんが、職場に必要以上の迷惑をかけるのは避けましょう。職場にて必要以上に迷惑をかけてしまった場合、噂が回って他企業への転職も難しくなってしまう可能性があります。

また迷惑行為によっては法的な問題となって裁判沙汰になったり、プライベートでの関係が壊れてしまうこともあるため、職場に対して必要以上に迷惑をかけるのは避けるようにしましょう。

試用期間に会社を辞める際に注意すべきポイント#2:
決断した場合は速やかに申し出る

決断した場合は速やかに申し出るというのも、試用期間に会社を辞める際に注意すべきポイントの1つです。

法的には「やむを得ない」理由がある場合いつでも退職することができますが、気まずい思いをしないようにするためには退職を決断した場合は早めに申告することが重要です。

試用期間とはいえ自身が担っている業務の引継ぎが必要なこともあります。また企業は早めに次の人材を探すことができるため、退職を決断した際はなるべく早く言うようにしましょう。

試用期間に会社を辞める際に注意すべきポイント#3:
衝動的に辞めないようにする

衝動的に辞めないようにするというのも、試用期間に会社を辞める際に注意すべきポイントの1つです。

転職などによって新しい環境で働く場合はストレスを感じやすい傾向にあります。新しい環境では正常な判断がつかないことがあり、普段であればそれほど気にならないことが過剰に気になってしまう場合もあります。

新しい環境であれば特に人間関係などでストレスを感じやすいですが、実は時間をかければ慣れていって快適な環境となる可能性もあります。

新しい環境は想像と異なることも往々にしてある中で、自分の思い描いていたイメージと少し異なるからと言って衝動的に辞めてしまうと後悔に繋がる可能性もあります。

もちろん熟考したうえで退職を選択するのであれば全く問題はありませんが、自分が抱えている問題が本当に退職に値することなのかは立ち止まって考えるようにしましょう。友人や家族など信頼のおける人に相談するのも有効です。

試用期間に会社を辞める際に注意すべきポイント#4:
本当は良い会社であっても出戻りしづらいことは理解しておく

本当は良い会社であっても出戻りしづらいことは理解しておくことも重要です。

辞めた会社に戻ることを「出戻り転職」と言いますが、試用期間に退職した場合は基本的に「出戻り転職」は難しいと考えた方が良いでしょう。

そもそも「出戻り転職」とは?

元々いた会社から転職し、転職先を辞めて再び元々いた会社に転職することを「出戻り転職」と言います。他社で働いてみて、「やっぱり前の会社の方がいい」と感じ、出戻り転職をする人も増えてきています。

出戻り転職は一般的となりつつあります。マイナビの調査によれば、人事担当者に「社内に、出戻り転職によって戻ってきた社員はいますか?」とアンケートを取ったところ、49%の会社が「出戻り転職の社員はいる」と回答しました。実に半数近くの会社に出戻り転職の社員がいることとなっています。

出戻り転職とは?

出戻り転職は一般的に、転職する前に良い評価を得ていた社員に可能な転職です。試用期間に退職する場合、たとえその会社が後々良い会社であると分かっても基本的にその会社には戻れないと考えておきましょう。

試用期間に会社を辞める際に注意すべきポイント#5:
能力不足で辞めたいと感じている場合は慎重な判断が必要

試用期間に会社を辞める際に注意すべきポイントとして、能力不足で辞めたいと感じている場合は慎重な判断が必要だという点も挙げられます。

試用期間は新しい環境で慣れない業務を行うことになるため、仕事がうまくいかなくて当たり前です。転職先で仕事がうまくいかず自分に「能力が不足しているのではないか」と考えて退職を検討することがありますが、そこまで焦る必要はありません。

会社としても社員に対してすぐに業務ができるようになるとは考えていません。転職したばかりのタイミングで仕事が出来なくても仕事に対する姿勢や常識がしっかりとあれば会社側も待ってくれます。会社も能力を見込んで採用をしてくれています。

能力が不足しているという心配だけで退職を検討している場合は、本当に辞めるに値するか慎重な判断が必要です。少し我慢して仕事をすれば、仕事に慣れて能力を発揮できるようになる可能性も十分にあります。

試用期間に会社を辞める際のデメリット

試用期間に会社を辞めるにあたってはデメリットがあるというのも事実です。試用期間に会社を辞める際のデメリットは下記の通りです。

試用期間に会社を辞めるデメリット

\ 転職活動で失敗したくない人は必見! /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
【厳選】おすすめ転職サービス
ビズリーチ
(4.9)
#即戦力人材
登録するだけで自分に合ったスカウトが届く、CMでも有名な転職サイト。

経歴を登録すると人気企業の担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収やワークライフバランスなど気になることを直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp

【口コミ】ビズリーチの評判
マイナビAGENT
(4.8)
#ホワイト転職
日本全国・全業種のホワイト優良求人を幅広く扱う国内最大級の転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp

【口コミ】マイナビエージェントの評判
ASSIGN
(アサイン)

(4.8)
#難関企業転職
20代・30代のハイキャリア転職に特化した大手転職エージェント。未経験からコンサル・M&A・ITなど人気業界に転職可能。

選考対策などのサポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com
※ 2024年7月中に登録した方全員に、選考対策情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

試用期間に会社を辞める際のデメリット#1:
転職先に説明できるようにしておく必要がある

試用期間に会社を辞める際のデメリットとして、転職先に説明できるようにしておく必要があるという点が挙げられます。

試用期間に会社を辞める場合は次の仕事を探すことになりますが、短期間で会社を辞めることについては選考で必ず理由を聞かれると想定しておいた方が良いでしょう。

企業側が持つ「採用してもまた退職するのでは」という懸念を明確に払しょくすることが必要で、なぜ試用期間に退職するにいたったかについて理由を明確にすることが必要となります。

試用期間に会社を辞める際のデメリット#2:
繰り返すと癖になってしまう可能性がある

繰り返すと癖になってしまう可能性があるというのも試用期間に会社を辞める際のデメリットの1つです。

試用期間に退職するという経験をひとたび経験すると、癖になって次の職場でもそれを繰り返してしまう可能性があります。

一度程度であれば問題ないですが、複数回以上早期退職をしてしまうとスキルがあったとしても採用を躊躇われてしまい、転職が難しくなってしまうことに繋がりかねません。

次の職場で長続きするためにも試用期間に退職するのは「今回だけ」という意識を持つようにしましょう。またなぜ試用期間中に退職するに至ったかの理由を明確にして、次の職場でそれを繰り返さないようにすることが重要です。

試用期間に会社を辞める際のデメリット#3:
短い期間で転職しすぎるのは転職活動でマイナスとなる

短い期間で転職しすぎるのはマイナスとなるというのも、試用期間に会社を辞める際のデメリットの1つです。

ここまでご説明した内容と一部被りますが、一試用期間内の退職が一回程度であればきちんと理由を説明することで問題はありませんが、複数回かつ短期間で転職しすぎると転職活動が難しくなってしまいます。

企業側も「採用してもすぐに辞めるのでは」という懸念を持つためであり、結果的にブラック企業からしか内定をもらえなくなってしまう可能性もあるため、短い期間で早期退職は繰り返さない方が良いでしょう。

試用期間でも辞めるべき会社の特徴を解説

それでも試用期間で辞めるべき会社の特徴を解説として下記の様なものが挙げられます。下記の様な特徴がみられる場合は、試用期間であっても退職したほうが良いでしょう。

試用期間でも辞めるべき会社の特徴

試用期間でも辞めるべき会社の特徴#1:
入社前の説明と実態が全然違う

入社前の説明と実態が全然違うというのは、試用期間でも辞めるべき会社の特徴の1つです。

例えば給料や残業時間・仕事内容がもともと認識していた条件と全く異なっている様な場合、試用期間であっても退職を検討しても良いでしょう。会社が「嘘」をついていたということであり、今後も待遇や状況の改善は望めないためです。

また転職エージェントなどを経由して転職した場合は、状況を確認するのも良いでしょう。場合によっては担当のキャリアアドバイザーなどが状況の確認を行ってくれる可能性があります。

試用期間でも辞めるべき会社の特徴#2:
激務・サービス残業が多い

試用期間でも辞めるべき会社の特徴として激務・サービス残業が多いという点が挙げられます。

長時間労働は社員のプライベートを削ることになるため、精神的なストレスが増大したり、睡眠不足、慢性的な疲労などにより身体面での不調も引き起こしやすくなります。給料がもらえないサービス残業は特にストレスが大きくなります。

激務・サービス残業に耐えていても、結果的に身体を壊すことに繋がってしまいがちです。自身の身体を守るためにも、激務・サービス残業が多く従業員を搾取するような会社は見切りをつけた方がいいと言えます。

\ ワークライフバランス&キャリアアップ /

注目求人

大手Webサービスの事業企画【週休3日・フルリモート可】

【勤務地】全国(フルリモート)

【年収】550万円 ~ 1000万円

試用期間でも辞めるべき会社の特徴#3:
離職率が高い・辞める人が多い

試用期間でも辞めるべき会社の特徴として離職率が高く慢性的に人手不足であるという点も挙げられます。

離職率が高い会社は会社への不満があり退職している可能性が高い会社です。他の社員の離職率が高いということは、自分自身もストレスを感じて離職しやすい会社であることを表しています。

また、慢性的に人手が不足している職場は、残っている従業員に過度の負担を強いることになります。人手不足は残っている社員における業務の過重化を招きます。業務負荷が増えるとストレスや長期間労働による身体の不調リスクにも繋がります。

離職率が高い会社や辞める人が慢性的に多い会社は既存社員が離職しやすいだけでなく、評判の悪さで新卒社員・中途社員の採用も難しくなります。

特に優秀な人が続々と辞めている場合は注意が必要です。優秀層が続々と抜けていくということは、会社に何らかの欠点がある可能性があることを表しています。

SNSが好きな人におすすめの求人

SNS広告の運用をリードするWebマーケター【未経験歓迎】

インターネット広告に特化した国内最大級の広告代理店において、未経験からWebマーケターを募集しています。充実した研修制度を通じてポータブルスキルが身につき、転職市場における市場価値アップも目指せます。

試用期間でも辞めるべき会社の特徴#4:
有給休暇や冠婚葬祭での休みを取得できない

試用期間でも辞めるべき会社の特徴として有給休暇や冠婚葬祭での休みを取得できないという点も挙げられます。

企業は一定の条件を満たした労働者には有給休暇を与えなければならないと労働基準法で定められています。

労働基準法によると、年間5日間の有給取得が定められており、企業は有給取得をする人に対して制限することは認められていません。そのため有給休暇を取得できないことは法律に違反していると言えます。

労働者に有給が給付される条件

またこうした有給休暇のみならず、冠婚葬祭関連の休みなどを取得できない様な会社はブラック企業度合いが非常に高い会社なので、見切りをつけた方がいいでしょう。

職場の人手不足などが原因で有休を取得することができずプライベートを犠牲にするような職場は、時間が経過しても環境が改善されないケースがほとんどです。休みが取れないと心身の健康に悪影響を及ぼすので、見切りをつけた方がいいでしょう。

試用期間でも辞めるべき会社の特徴#5:
給料が安い・支払われない

給料が安い・支払われないことも、試用期間でも辞めるべき会社の特徴と言えます。

自分がしている労働に対して適切な給料をもらえなかったり、給料が少なすぎる場合は、自分の出費に大きな制限がかかるため自身の健康に悪影響を引き起こします。

現状での給料が低いだけでなく、昇給がなされなかったり、数年働いても給料が全く上がらないという状態では今後の賃金の上昇も見込めなくなります。

また給料が低いだけでなく、給料が支払われない様な場合は一刻も早く会社を見切ったほうが良いと言えます。給料の支払いは会社にとって最重要事項にある中で、それすらできない会社は危機的な状況にあると言えるでしょう。

キャリアアップを目指す人におすすめの求人

【金融知識不問】M&Aアドバイザー【平均年収2000万円超】

企業の合併・買収において中立的なアドバイスを提供し、売り手・買い手企業の両面をサポート。業界未経験者が多数で、平均年収は2000万円以上。法人営業や企画系職種の経験者は特に歓迎です。

試用期間でも辞めるべき会社の特徴#6:
ハラスメントが横行している

パワハラ・セクハラなどのハラスメントが蔓延していることも、試用期間でも辞めるべき会社の特徴です。

ハラスメントは社員に精神的なストレスを与えるだけでなく、職場の空気も最悪なものにします。

種類定義
パワーハラスメント職場で明らかに立場が上のものが、常識的に逸脱した指示や発言をして、相手を不快にさせること
セクシュアルハラスメント職場において、相手の意に反して性的な言動をすることにより不快な気持ちにさせること
マタニティハラスメント妊娠・出産・育児中の女性従業員に対して、理不尽な扱いを受けるような言動をすること
モラルハラスメント態度や言動で相手の人格を否定したり傷つけたりすること
結婚ハラスメント未婚の人に対して避難したり、結婚に関するプレッシャーを与えたりして不快な思いをさせること
仕事に対する拒否反応の原因となるハラスメントの一覧

ハラスメントが横行する職場では、被害者だけでなく、目撃者や同僚もストレスを感じることがあります。このような環境は社員の士気を低下させます。

社員が恐怖や不安を感じる環境では積極的な参加や創造的なアイデアの提供は期待できず会社の成長も見込めません。また、このような職場では、社員が自分の実力を発揮することは難しく、やりがいも失われていきます。

試用期間でも辞めるべき会社の特徴#7:
人間関係が最悪

試用期間でも辞めるべき会社の特徴として職場の人間関係が最悪という点が挙げられます。

職場環境が悪いと、チームワークの崩壊やコミュニケーション障害を引き起こしやすくなります。またそもそも自分の精神衛生にも悪影響を及ぼします。

職場における悪い雰囲気

注目求人

大手IT企業のWebデザイナー【未経験歓迎・フルリモート可】

システムの設計・開発等を行う大手IT企業において、Webデザイナー職のメンバーを募集中です。未経験歓迎で中途入社の約半数が完全未経験。フルリモート・フルフレックス制で自分のペースで働くことができます。

試用期間でも辞めるべき会社にいる場合の対処法

試用期間でも辞めるべき会社にいる場合、どのような行動を取るべきなのでしょうか。具体的には下記の様な対処法をおすすめします。

試用期間でも辞めるべき会社に
いる場合の対処法

試用期間でも辞めるべき会社にいる場合の対処法#1:
友人や信頼できる人に相談する

試用期間でも辞めるべき会社にいる場合の対処法として、友人や信頼できる人に相談するという対処法が挙げられます。

自分が所属している会社が試用期間でも辞めるべきかどうかは、内部にいる自分では十分に判断できないこともあります。その様な場合は友人や信頼できる人に相談するのが良いでしょう。

外部の立場から意見を述べてくれるため、自分の会社が見切りをつけるべき会社かどうか客観的に判断してくれます。

試用期間でも辞めるべき会社にいる場合の対処法#2:
退職代行を活用する

試用期間でも辞めるべき会社にいる場合の対処法として、退職代行を活用するという対処法も挙げられます。これは試用期間に会社を辞めることに対して「気まずさ」を強く感じている人にとっておすすめです。

退職代行は労働者の代わりに退職の手続きを全て代行してくれます。労働者は退職の手続きにあたって雇用先と一切のやり取りや会話をする必要なく退職することができるため、自分で退職を進められない人にとってはおすすめのサービスです。

おすすめの退職代行業者は下記の記事で解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

試用期間でも辞めるべき会社にいる場合の対処法#3:
転職活動する

試用期間でも辞めるべき会社にいる場合の対処法として、転職活動を行うというのも有効な選択肢です。試用期間に辞めることを検討するような会社にいる場合は、早めに退職したほうが自身のためになる可能性が高まります。

\ 2024年7月最新の人気求人 /

総合商社の事業投資担当者【年収800万円~】

グローバルに事業展開する総合商社が事業投資担当者を募集中。ワークライフバランスを確保したまま高年収を実現できます。

【勤務地】東京(リモート可)

【年収】800万円 ~ 2000万円

会社を辞めた方がいいサインとは?仕事の辞め時の10のサインを解説

仕事の辞めどきがわかる10のサイン・仕事が合わないサインにはどのようなものがあるのでしょうか。仕事の辞め時を判断するポイントには下記の様なものが挙げられます。

仕事の辞めどきがわかる10のサイン

転職活動を成功させるためには転職エージェントの活用をおすすめ

次の職場を選ぶ際には、以前の職で感じていた不満点を改善できるような場所を探すことが重要ですが、そうした転職を成功させるためには、転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職を成功させる上で、転職エージェントの活用は非常に有効な戦略です。転職エージェントは業界ごとの最新動向、求人市場の情報、さらには非公開求人に関する情報を無料で提供してくれます。

このような専門的な情報は、自分だけで転職活動を行う場合には入手困難なものであり、転職市場におけるライバルに対して有利な立場を築くために非常に役立ちます。

また、転職エージェントは、履歴書のブラッシュアップや面接対策など、転職プロセスの各ステップにおいても実践的なサポートやアドバイスを提供してくれます。

転職エージェントは転職が決まった際に採用企業からフィーをもらうという仕組みのため、利用者側は1円もお金を払う必要がありません。相談した結果、転職しなかったとしてもペナルティは一切かからないため、転職エージェントは遠慮せずに使い倒した方が得と言えます。

おすすめの転職エージェント
マイナビエージェント | マイナビにしかない好条件の非公開求人が多数

マイナビエージェント

【公式ページ】https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェント』は、大手人材会社のマイナビが運営するおすすめの転職エージェントです。

日本全国で幅広い業界・職種の転職を支援しており、2024年7月時点で45,344 件の公開求人と18,146 件の非公開求人を扱っています。

誰もが知る大企業から地方の隠れた優良企業まで幅広い求人を扱っており、マイナビエージェントでしか扱いのない好条件の非公開求人が多いことも特徴です。

マイナビエージェントの求人企業(例)

■ 日系大手・ホワイト高年収企業

キーエンス / SONY / NTTデータ / 野村総合研究所 / アビームコンサルティング / サイバーエージェント / エムスリー / 野村證券

■ 外資系・グローバル企業

アクセンチュア / PwC / アマゾンジャパン / デロイトトーマツコンサルティング / SAMSUNG / ボッシュ

マイナビエージェントはすべての機能が無料で利用でき、登録してみて自分に合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会できます。

サービス名マイナビAGENT
公式ページhttps://mynavi-agent.jp
サービス分類・転職エージェント
・総合型
求人数公開求人:45,344 件
非公開求人:18,146 件
(2024年7月時点)
対応地域日本全国
料金無料
運営会社株式会社マイナビ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-080554
参考ページ【口コミ】マイナビエージェントの評判
マイナビエージェントで断られた?原因と対処法
関連サービス・20代専門転職エージェント『マイナビジョブ20’s
・IT転職エージェント『マイナビITエージェント
・転職サイト『マイナビ転職
・薬剤師転職サイト『マイナビ薬剤師の評判
・看護師転職サイト『マイナビ看護師
転職エージェント『マイナビエージェント』の概要

おすすめの転職サイト
ビズリーチ | 登録するだけで高年収のスカウトが届く

ビズリーチ

【公式HP】https://bizreach.jp

ビズリーチ』は、TVCMでも有名な国内最大級のスカウト型の転職サービスであり、おすすめの転職サイトです。

匿名で経歴を登録するだけで高年収のスカウトが届き、気になるスカウトに返信することで効率的に転職活動を進めることができます。

転職活動中の人はもちろん、直近の転職予定がなくても将来的に転職を考えている人も含めて200万人以上のユーザーが利用しています。

人気企業・難関企業の採用担当者や高年収求人を扱う質の高いヘッドハンターからスカウトを受け取ったり、ビズリーチ限定で公開されている好待遇な求人の詳細を確認することができます。

会員登録したからと言って面談を要求されたり、電話がかかってくることは一切ないため、まずは情報収集から始めたい人も安心して利用できます。

サービス名ビズリーチ
公式ページhttps://bizreach.jp
サービス分類・転職サイト
・スカウトサービス
特徴・年収1000万円以上の求人が多数
・200万人以上が利用する国内最大級の転職サイト
求人掲載件数109,360 件(2024年7月時点)
運営会社株式会社ビズリーチ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-302647
参考ページビズリーチの評判と口コミ
ビズリーチのプラチナスカウトとは?
ビズリーチに登録すると会社にばれる?
ビズリーチの審査とは?
ビズリーチのCMの女優は誰?
転職サイト「ビズリーチ」の概要

おすすめの転職エージェント
キャリアスタート | 月給25万円以下から年収100万円以上UPの実績多数

キャリアスタート

【公式HP】https://careerstart.co.jp

キャリアスタート』は、第二新卒・既卒・未経験の方向けに特化して転職支援を行っている転職エージェントです。

未経験の業界や職種への転職支援の実績が豊富で、実際の利用者からは「転職を通じて年収が上がった」「未経験でもIT業界への転職に成功できた」「短期間で内定が出た」などポジティブな声が多く聞こえます。

キャリアスタートのメリット・良い評判
  • 第二新卒や既卒、フリーターなど職歴の浅い20代に特化しており、利用者数も豊富
  • 年収が上がる求人が豊富
  • マンツーマン模擬面接や転職成功BOOKを通じて高い内定率を実現
  • 自己分析や適性検査を通じて、キャリアビジョンの設計をサポートしてくれる
  • 転職交流会や転居サポートといった独自のサポートを提供している

取り扱っている職種としてはマーケティング職・事務職・販売職などが中心であり、これらの領域での就職を目指している方にはおすすめの転職エージェントとなっています。マンツーマン模擬面接や独自のノウハウをまとめた『転職成功BOOK』といった独自の選考対策を受けたい方にもおすすめです。

サービス名キャリアスタート(CAREER START)
公式ページhttps://careerstart.co.jp
サービス分類・転職エージェント
・特化型
特徴20代の第二新卒・既卒・未経験専門の転職エージェント
登録者に『転職成功BOOK』を無料プレゼント中
料金無料
運営会社キャリアスタート株式会社
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-305582
参考ページキャリアスタートの評判と口コミ
転職エージェント「キャリアスタート」の概要

おすすめの転職エージェント
ASSIGN(アサイン) | 高年収を目指す20代に特化した転職エージェント

転職エージェント「ASSIGN」
若手ハイエンド特化型転職エージェント『ASSIGN(アサイン)』

【公式HP】https://assign-inc.com

ASSIGN(アサイン)』は、若手ハイキャリアに特化した転職エージェントです。コンサル・IT・金融などの業界への転職支援に強みがあります。

ASSIGN(アサイン)のメリット・良い評判
  • 高年収を目指す20代・30代のための魅力的な求人が多い
  • 中長期的で真摯かつ丁寧なキャリアサポートを受けることができる
  • 業界に理解が深く質の高いエージェントが在籍

面接対策や業界研究など転職サポートの丁寧さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞しています。

未経験でも挑戦できる独自の高年収求人を多数扱っていることに加え、面談後に一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

今すぐ転職予定のない方や若手の方でも無料で面談やサポートを受けることができるため、高年収な業界への転職を将来的に考えている方は、是非公式ページから無料面談を申し込んでみて下さい。

サービス名ASSIGN(アサイン)
公式ページhttps://assign-inc.com
タイプ・転職エージェント
・特化型
特徴若手ハイエンド専門の転職エージェント
料金無料
運営会社株式会社アサイン
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-308560
転職エージェント『ASSIGN』の概要

試用期間に会社を辞める際によくある質問

試用期間1週間で辞めても良い?

試用期間1週間で辞めても問題ありません。基本的には2週間前に退職の旨を申告することが必要となりますが、「やむを得ない」事由があればいずれにせよ退職することは可能です。

パートであっても試用期間に辞めても良い?

パートであっても試用期間に辞めても問題ありません。通常の労働者と同様の規則が適用されます。

北海道・東北地方

関東地方

東海地方

北陸地方

近畿地方

中国地方

四国地方

九州・沖縄

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地〒106-6116
東京都港区6-10-1 六本木ヒルズ森タワー16F
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年7月時点)
目次