【仕事辞めたいけど次がない】困ったときの対処法&良い仕事の探し方

仕事辞めたいけど次がない

仕事を辞めたいけど次が決まっていないため辞めるか迷っている人も多くいるでしょう。実際に、次が決まっていない状態で仕事を辞めるとどのようなデメリットがあるのでしょか。

「仕事辞めたいけど次がない状態で仕事を辞めるデメリット」「仕事辞めたいけど次がない時の対処法」「仕事辞めたいけど次がない場合に転職を成功させるためのポイント」「仕事辞めたいけど次がない場合でも辞めた方が良いケースや仕事を辞めたい理由」についてご説明します。

目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

仕事辞めたいけど次がない状態で仕事を辞めるデメリット

仕事を辞めたいけど次がない状態で仕事を辞めるデメリットは下記の通りです。

仕事辞めたいけど次がない状態で仕事を辞めるデメリット
  • 無職の期間が長くなることで転職に支障が出る
  • 収入がなくなり、経済的に困窮する
  • 転職に焦り転職先を妥協して選ぶことになる
  • 公的な手続きを自分で行わなければいけない

仕事辞めたいけど次がない状態で仕事を辞めるデメリット#1:
無職の期間が長くなることで転職に支障が出る

仕事を辞めたいけど次がない状態で仕事を辞めることで、無職の期間が長くなることで転職に支障が出る可能性があります。

退職後、転職活動を開始したとしても自分の条件や希望に合った転職先をすぐに見つけることが難しい場合もあり、転職が思うように進まないことで、離職期間が長くなってしまいます。

特に、未経験業種への転職は経験のある業種に比べ転職が難しいことも多いため、離職期間が長くなる傾向にあります。

離職期間が長くなることで、転職先の企業から「健康に問題があるのではないか」「就労の意欲が低いのではないか」といった懸念が生まれる可能があります。

また、面接においても離職期間についての理由を聞かれることも多く、しっかりとした理由がないと、企業から採用をもらうことが難しくなります。

しかし、「現在の職場で長期間勤め上げている人」や「キャリアアップのための資格を取得するために離職している人」など理由があれば、多少離職期間が長い場合であっても転職への支障が少ない場合もあります。

仕事辞めたいけど次がない状態で仕事を辞めるデメリット#2:
収入がなくなり、経済的に困窮する

仕事を辞めたいけど次がない状態で仕事を辞めるデメリットとして、収入がなくなり、経済的に困窮する点が挙げられます。

仕事がない状態で退職することで、転職先が決まるまでの期間の収入は途絶えてしまいます。

収入が途絶えることで、今までの貯金で生活することになります。さらに転職活動が長引くことになると、貯金も減っていき経済的な不安も増大していくことになります。

経済的不安は転職活動へも影響を及ぼし、焦って転職先を決めてしまうことにもつながります。結果的に、自分の条件に合わない企業へ転職することになり、次の転職先を早期退職するといったことにもなりかねません。

仕事辞めたいけど次がない状態で仕事を辞めるデメリット#3:
転職に焦り転職先を妥協して選ぶことになる

仕事を辞めたいけど次がない状態で仕事を辞めるデメリットとして、転職に焦り転職先を妥協して選ぶことになる点が挙げられます。

退職後に転職活動を始め、思うように進まない場合、「この先も転職することができないのではないか」「お金が無くなってしまうのではないか」などの様々な不安が出てくるようになります。

また、競争率の高い転職活動を続けることによって、精神的な疲労も増加します。

こうした状態では、本来の転職の目的を見失い、自分の条件や希望に合っていない場合でも就職を決めてしまう可能性があります。

すると、現在の職場の条件が合わず転職を決めたにも関わらず、転職先においても条件が合わないといったミスマッチを引き起こしてしまいます。

そのため、転職をする際は焦ることなく、自分の本来の目的や条件などを明確にしたうえで行っていくことが重要になります。

仕事辞めたいけど次がない状態で仕事を辞めるデメリット#4:
公的な手続きを自分で行わなければいけない

仕事を辞めたいけど次がない状態で仕事を辞めるデメリットとして、公的な手続きを自分で行わなければいけない点も挙げられます。

退職後すぐに転職することができる場合は、転職先が年金や健康保険などの手続きを行ってくれます。しかし、転職先が決まっていない場合は、年金の切り替え、失業保険、住民税など様々な手続きをすべて自分自身で行うことになります。

転職エージェントでは、転職に必要となる手続きなどの相談も可能です。また、転職エージェントを活用することで仕事をしながらでも転職先を見つけることのできるようにサポートしてもらうこともできます。

仕事辞めたいけど次がない時の対処法

仕事を辞めたいけど次がない時の対処法については、下記の様なものが挙げられます。

仕事辞めたいけど次がない時の対処法
  • 仕事を休む
  • 待遇の改善を会社に相談する
  • 上司や信頼できる人に相談する
  • 転職活動を始める

仕事辞めたいけど次がない時の対処法#1:
仕事を休む

仕事を辞めたいと思っている時には身体的・精神的疲労が蓄積していることも多いため、思い切って仕事を休むことも必要です。

連続して仕事をすることで生じる疲労やストレスによって辞めたいと思っている場合は、休暇によってモチベーションを取り戻すことができる可能性があります。短期間の休暇を取ることで、心身ともにリフレッシュすることができます。

休暇中は仕事から完全に離れ、趣味や家族との時間を楽しむことが大切です。これにより、仕事以外の生活の喜びを再発見し、仕事へのエネルギーを回復させることができます。

日々の業務から離れて心身をリフレッシュすることで、自分の状況を客観的に評価する時間を確保できます。この休息期間を利用して、仕事の状況や自分のキャリア目標について深く考えることができます。

また休む時間を持つことで、職場への考え方が変わることもあります。仕事から距離を置くことで、職場の環境や自身のキャリアに対する新たな視点を得ることができる場合があります。

場合によっては現在の会社に居続けた方が良いという結論に至ることもあるように、一時の感情に流されずゆっくりと考えるのは非常に重要なことです。

仕事辞めたいけど次がない時の対処法#2:
待遇の改善を会社に相談する

仕事を辞めたいけど次がない時の対処法として、まず待遇の改善を会社に相談することも重要なステップです。

不満を感じている給与や労働条件について、上司や人事部門と建設的な対話を試みることが推奨されます。このプロセスは、職場での自分の価値を正当に評価されていないと感じる場合に特に重要です。

感情ではなく自分の業績や貢献を具体的に示し、それに見合った待遇を求めることが大事です。

また、キャリアの成長や職務上の目標に合わせた待遇の見直しを提案することも可能です。場合によっては転職をちらつかせるのも有効な手段となり得ます。

会社との交渉が成功すれば、職場に留まる新たな理由が得られるかもしれません。しかし、期待する結果が得られない場合は、転職をより真剣に検討するきっかけになるでしょう。

仕事辞めたいけど次がない時の対処法#3:
上司や信頼できる人に相談する

仕事を辞めたいけど次がない時の対処法として、上司や信頼できる人に相談することも一つの解決策です。

職場環境や業務内容に精通している上司や同僚は、自身の人生経験も踏まえて客観的な視点からアドバイスを提供してくれます。

特に一時的な感情で「辞めたい」と考えてしまっている場合や、外部から見て合理的ではない選択肢を取ろうとしている場合は、こうした上司や信頼できる人からのアドバイスでより最適な選択肢を取ることができるようになったり、考え直すきっかけとなったりします。

相談する上司や同僚の人選は慎重に行う様にしよう

同僚などに相談する場合は人選を慎重に行う様にしましょう。人によっては、転職の相談などを周囲の人に言いふらしてしまう人もいるため、秘密を守ってくれるような信頼のおける人に相談することをおすすめします。

もし相談できるような人がいない場合は、転職エージェントに相談することも選択肢の1つです。

転職エージェントは転職活動のプロフェッショナルであり、仕事の辞めどきが分かるサインにも精通しています。客観的に見て自身の状況では転職すべきかなど親身にアドバイスをしてくれるため、こうした転職エージェントを活用することは選択肢の1つです。

仕事辞めたいけど次がない時の対処法#4:
転職活動を始める

仕事を辞めたいけど次がない時の対処法の①-③を検討し尽くした場合は、転職活動を始めることをおすすめします。転職活動によって職場を変えれば、自身が現職で感じているような問題があっさり解決されるということも十分にあり得ます。

より良い職場に転職するためには、求人サイト・転職エージェントを活用することをおすすめします。特に正社員として勤務したい場合は、求人サイト・転職エージェントを活用することが最もおすすめです。

転職を成功させる上で、転職エージェントの活用は非常に有効な戦略です。転職エージェントは業界ごとの最新動向、求人市場の情報、さらには非公開求人に関する情報を無料で提供してくれます。

このような専門的な情報は、自分だけで転職活動を行う場合には入手困難なものであり、転職市場におけるライバルに対して有利な立場を築くために非常に役立ちます。

また、転職エージェントは、履歴書のブラッシュアップや面接対策など、転職プロセスの各ステップにおいても実践的なサポートやアドバイスを提供してくれます。

転職エージェントは転職が決まった際に採用企業からフィーをもらうという仕組みのため、利用者側は1円もお金を払う必要がありません。

相談した結果、転職しなかったとしてもペナルティは一切かからないため、転職エージェントは遠慮せずに使い倒した方が得と言えます。

\今すぐ転職予定が無い人でも安心して使える/

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年4月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)
20代・30代向けのおすすめ転職サービス
マイナビエージェント日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

マイナビエージェントでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp
ビズリーチ登録するだけで自分に合ったスカウトが届く、CMでも有名な転職サイト。

匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収やワークライフバランスなど気になることを直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp
ASSIGN
(アサイン)
20代・30代のハイクラス転職に特化した実績豊富な大手転職エージェント。

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

仕事辞めたいけど次がない場合に転職を成功させるためのポイント

仕事辞めたいけど次がない場合に転職を成功させるためのポイント
  • キャリアプランを明確にする
  • 自分の市場価値を正しく把握する
  • 仕事を続けながら転職活動を進める
  • 転職エージェントを活用して情報戦で負けないようにする

仕事辞めたいけど次がない場合に転職を成功させるためのポイント#1:
キャリアプランを明確にする

転職を成功させるための重要なポイントとして、キャリアプランを明確にすることが挙げられます。

キャリアプランとは

仕事や働き方の将来像を実現するためにに作成する、具体的な行動のこと

キャリアプランを明確にすことは、転職で将来何を実現したいのかといった軸を定めることができます。また、軸が定まることで、企業とのミスマッチを防げるだけでなく自己アピールの幅を広げることもでき、より転職成功に近づくことができます。

一人でキャリアプランを明確にすることが困難な場合は、転職エージェントの活用もおすすめです。転職エージェントではキャリアの棚卸から今後のキャリアプランを一緒に行ってもらうことが可能です。39歳におすすめの転職エージェントについては後述しているのでそちらをご覧ください。

仕事辞めたいけど次がない場合に転職を成功させるためのポイント#2:
自分の市場価値を正しく把握する

転職を成功させるためには、自分の市場価値を正確に把握することが重要です。市場価値を把握することで、適切な職種や企業、そして求められる給与レベルを現実的に見積もることができます。

市場価値を知るためには、業界の動向や職種別の需要をリサーチし、同じスキルセットを持つ他の専門家と自己を比較することが有益です。また、転職エージェントからの意見を求めることも、自分の市場価値を正確に評価するのに役立ちます。

自分の市場価値を早く正確に知るためには、スカウト型の転職サイトに登録してみることが有効です。

doda(デューダ)』のようなスカウト型転職サイトでは、匿名で経歴を登録することであなたを採用したいと思う企業の採用担当者から直接スカウトオファーが届きます。

自分に届いたスカウトオファーの内容は、自分の市場価値を映す鏡です。どんな企業がスカウトを送ってくるか、年収はどれくらいかなど、自分の市場価値が分かる情報がたくさん手に入ります。

また、年収800万円以上など高年収の業界・職種にチャレンジしたい方は、ハイクラス向けのスカウト型転職サイト『ビズリーチ』も合わせて利用してみることをおすすめします。

仕事辞めたいけど次がない場合に転職を成功させるためのポイント#3:
仕事を続けながら転職活動を進める

先述していますが、いきなり仕事を辞めてしまうことで、収入の途絶えや不必要なキャリアの空白を生むリスクがあります。現在の会社に在籍しながら、次の職を探すことで、経済的な安定とキャリアの連続性を保つことができます。

また、仕事を続けながら転職活動を行うことは、転職先を慎重に選ぶための余裕に繋がります。急いで仕事を辞めることなく、自分に合った新しい職場をじっくりと探すことが可能になります。

これにより、より適切な職場選びが可能となり、転職後の満足度を高めることができます。

さらに、現職を続けながら転職活動を行うことは、新しい職場での働き始めまでの収入を確保することにも繋がります。これは、転職に伴う経済的な不安を軽減し、より落ち着いて転職活動に専念することを可能にします。

安定した収入があることで転職先選びにおいても、より良い判断ができるようになります。

仕事辞めたいけど次がない場合に転職を成功させるためのポイント#4:
転職エージェントを活用して情報戦で負けないようにする

転職を成功させる上で、転職エージェントの活用は非常に有効な戦略です。転職エージェントは業界ごとの最新動向、求人市場の情報、さらには非公開求人に関する情報を無料で提供してくれます。

このような専門的な情報は、自分だけで転職活動を行う場合には入手困難なものであり、転職市場におけるライバルに対して有利な立場を築くために非常に役立ちます。

また、転職エージェントは、履歴書のブラッシュアップや面接対策など、転職プロセスの各ステップにおいても実践的なサポートやアドバイスを提供してくれます。

転職エージェントは転職が決まった際に採用企業からフィーをもらうという仕組みのため、利用者側は1円もお金を払う必要がありません。相談した結果、転職しなかったとしてもペナルティは一切かからないため、転職エージェントは遠慮せずに使い倒した方が得と言えます。

仕事辞めたいけど次がない場合でも辞めた方が良いケース

仕事を辞めたいけど次がない場合でも辞めた方が良いケースもあります。仕事を辞めたいけど次がない場合でも辞めた方が良いケースは下記の通りです。

仕事辞めたいけど次がない場合でも辞めた方が良いケース
  • 働き続けることがストレスになっている
  • 精神的不調が現れている
  • 激務で転職活動もおこなえない

仕事辞めたいけど次がない場合でも辞めた方が良いケース#1:
働き続けることがストレスになる場合

次がないけど仕事を辞めた方が良いケースとして、働き続けること自体がストレスになっている場合です。

自分に合わない仕事を続けると、ストレスが溜まり精神的不調に陥りやすくなります。

また、モチベーションの低下も起こってきます。モチベーションが低い状態では仕事への興味や情熱が湧かず、毎日が単調で退屈に感じられるようになります。

さらに、新しいスキルを習得する意欲も低下します。自己成長のチャンスがあっても、それを活かすエネルギーが湧きません。

スキルが身に付かないまま合わない仕事を続けてしまうことで時間だけが経ってしまい、いざ転職しようと思っても自身の能力・スキルが不足している結果転職活動もうまくいかないということになり得ます。

参考: 仕事を教えてもらえないのは当たり前?実態・理由と解決策を解説

仕事辞めたいけど次がない場合でも辞めた方が良いケース#2:
精神的不調が現れている

仕事を辞めたいけど次がない場合でも辞めた方が良いケースとして、精神的不調が現れている場合です。

辞めたいと思っている会社で働くことは、身体的にも必要以上に負担がかかり、疲労感が強く出てしまいます。その結果、過労で倒れたり、適応障害やうつ病などの重大な不調を引き起こす可能性があります。

こうした精神的不調に陥ってしまうと、今後働くことも難しくなるなどの様々な悪影響があるため、次が決まっていない場合であっても辞めた方が良いと言えます。

過度なストレスによって引き起こされる精神的不調
  • 睡眠障害
  • 適応障害
  • 自律神経失調症
  • うつ病 など

仕事辞めたいけど次がない場合でも辞めた方が良いケース#3:
激務で転職活動もおこなえない

激務で転職活動も行うことが難しい場合も、仕事を辞めたいけど次がない場合であっても辞めた方が良いと言えます。

仕事量の多い会社では、長時間労働や残業を強いられることもあります。長時間労働によって心身の不調を引き起こす可能性が高まり、今後の転職へ影響を及ぼすことも考えられます。

さらに、激務な会社では人手不足となっている可能性もありスキルを磨くことも難しくなり、転職における市場価値も低下してしまう可能性が高まります。

基本的に仕事を続けながらの転職活動をおすすめしますが、長時間労働や精神的疲労により転職活動の時間が全く確保できない場合は辞め次の職場を探した方が良いと言えます。

仕事しながらの転職を成功させるためには転職エージェントの活用をおすすめ

仕事しながらでも転職を成功させるためには転職エージェントの活用がおすすめです。

仕事をしながらの転職活動で大きなデメリットは「選考対策に割ける時間がない」という点ですが、転職エージェントは、履歴書のブラッシュアップや面接対策など、転職プロセスの各ステップにおいても実践的なサポートやアドバイスを提供してくれます。

更にスケジュール調整も代行してくれるため、そこに自分で時間を割く必要はありません。

また、転職エージェントは業界ごとの最新動向、求人市場の情報、さらには非公開求人に関する情報を無料で提供してくれます。このような専門的な情報は、自分だけで転職活動を行う場合には入手困難なものであり、転職市場におけるライバルに対して有利な立場を築くために非常に役立ちます。

転職エージェントは転職が決まった際に採用企業からフィーをもらうという仕組みのため、利用者側は1円もお金を払う必要がありません。相談した結果、転職しなかったとしてもペナルティは一切かからないため、転職エージェントは遠慮せずに使い倒した方が得と言えます。

おすすめの転職エージェント
マイナビエージェント | マイナビにしかない好条件の非公開求人が多数

マイナビエージェント

【公式ページ】https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェント』は、大手人材会社のマイナビが運営するおすすめの転職エージェントです。

日本全国で幅広い業界・職種の転職を支援しており、2024年4月時点で45,344 件の公開求人と18,146 件の非公開求人を扱っています。

誰もが知る大企業から地方の隠れた優良企業まで幅広い求人を扱っており、マイナビエージェントでしか扱いのない好条件の非公開求人が多いことも特徴です。

マイナビエージェントの求人企業(例)

■ 日系大手・ホワイト高年収企業

キーエンス / SONY / NTTデータ / 野村総合研究所 / アビームコンサルティング / サイバーエージェント / エムスリー / 野村證券

■ 外資系・グローバル企業

アクセンチュア / PwC / アマゾンジャパン / デロイトトーマツコンサルティング / SAMSUNG / ボッシュ

マイナビエージェントはすべての機能が無料で利用でき、登録してみて自分に合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会できます。

サービス名マイナビエージェント
公式ページhttps://mynavi-agent.jp
サービス分類・転職エージェント
・総合型
求人数公開求人:45,344 件
非公開求人:18,146 件
(2024年4月時点)
対応地域日本全国
料金無料
運営会社株式会社マイナビ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-080554
参考ページ【口コミ】マイナビエージェントの評判
マイナビエージェントで断られた?原因と対処法
関連サービス・20代専門転職エージェント『マイナビジョブ20’s
・薬剤師転職サイト『マイナビ薬剤師の評判
・看護師転職サイト『マイナビ看護師
転職エージェント『マイナビエージェント』の概要

おすすめの転職サイト
ビズリーチ | 登録するだけで高年収のスカウトが届く

ビズリーチ

【公式HP】https://bizreach.jp

ビズリーチ』は、TVCMでも有名な国内最大級のスカウト型の転職サービスであり、おすすめの転職サイトです。

匿名で経歴を登録するだけで高年収のスカウトが届き、気になるスカウトに返信することで効率的に転職活動を進めることができます。

転職活動中の人はもちろん、直近の転職予定がなくても将来的に転職を考えている人も含めて200万人以上のユーザーが利用しています。

人気企業・難関企業の採用担当者や高年収求人を扱う質の高いヘッドハンターからスカウトを受け取ったり、ビズリーチ限定で公開されている好待遇な求人の詳細を確認することができます。

会員登録したからと言って面談を要求されたり、電話がかかってくることは一切ないため、まずは情報収集から始めたい人も安心して利用できます。

サービス名ビズリーチ
公式ページhttps://bizreach.jp
サービス分類・転職サイト
・スカウトサービス
特徴・年収1000万円以上の求人が多数
・200万人以上が利用する国内最大級の転職サイト
求人掲載件数109,360 件(2024年4月時点)
運営会社株式会社ビズリーチ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-302647
参考ページビズリーチの評判と口コミ
ビズリーチのプラチナスカウトとは?
ビズリーチに登録すると会社にばれる?
ビズリーチの審査とは?
ビズリーチのCMの女優は誰?
転職サイト「ビズリーチ」の概要

おすすめの転職エージェント
キャリアスタート | 月給25万円以下から年収100万円以上UPの実績多数

キャリアスタート

【公式HP】https://careerstart.co.jp

キャリアスタート』は、第二新卒・既卒・未経験の方向けに特化して転職支援を行っている転職エージェントです。

未経験の業界や職種への転職支援の実績が豊富で、実際の利用者からは「転職を通じて年収が上がった」「未経験でもIT業界への転職に成功できた」「短期間で内定が出た」などポジティブな声が多く聞こえます。

キャリアスタートのメリット・良い評判
  • 第二新卒や既卒、フリーターなど職歴の浅い20代に特化しており、利用者数も豊富
  • 年収が上がる求人が豊富
  • マンツーマン模擬面接や転職成功BOOKを通じて高い内定率を実現
  • 自己分析や適性検査を通じて、キャリアビジョンの設計をサポートしてくれる
  • 転職交流会や転居サポートといった独自のサポートを提供している

取り扱っている職種としてはマーケティング職・事務職・販売職などが中心であり、これらの領域での就職を目指している方にはおすすめの転職エージェントとなっています。マンツーマン模擬面接や独自のノウハウをまとめた『転職成功BOOK』といった独自の選考対策を受けたい方にもおすすめです。

サービス名キャリアスタート(CAREER START)
公式ページhttps://careerstart.co.jp
サービス分類・転職エージェント
・特化型
特徴20代の第二新卒・既卒・未経験専門の転職エージェント
登録者に『転職成功BOOK』を無料プレゼント中
料金無料
運営会社キャリアスタート株式会社
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-305582
参考ページキャリアスタートの評判と口コミ
転職エージェント「キャリアスタート」の概要

おすすめの転職エージェント
ASSIGN(アサイン) | 高年収を目指す20代に特化した転職エージェント

転職エージェント「ASSIGN」
若手ハイエンド特化型転職エージェント『ASSIGN(アサイン)』

【公式HP】https://assign-inc.com

ASSIGN(アサイン)』は、若手ハイキャリアに特化した転職エージェントです。コンサル・IT・金融などの業界への転職支援に強みがあります。

ASSIGN(アサイン)のメリット・良い評判
  • 高年収を目指す20代・30代のための魅力的な求人が多い
  • 中長期的で真摯かつ丁寧なキャリアサポートを受けることができる
  • 業界に理解が深く質の高いエージェントが在籍

面接対策や業界研究など転職サポートの丁寧さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞しています。

未経験でも挑戦できる独自の高年収求人を多数扱っていることに加え、面談後に一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

今すぐ転職予定のない方や若手の方でも無料で面談やサポートを受けることができるため、高年収な業界への転職を将来的に考えている方は、是非公式ページから無料面談を申し込んでみて下さい。

サービス名ASSIGN(アサイン)
公式ページhttps://assign-inc.com
タイプ・転職エージェント
・特化型
特徴若手ハイエンド専門の転職エージェント
料金無料
運営会社株式会社アサイン
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-308560
転職エージェント『ASSIGN』の概要

給料をあげるためには転職?市場価値を知りたい人におすすめのツールを紹介

大手転職サイト『doda』の調査によると、転職理由の1位は「給与が低い・昇給が見込めない」からとなっており、全体の32.8%を占めています。

給料を上げたいと思った人が転職を考えることは自然なことであり、実際に転職によって年収が上がった・残業が減ったという声は少なくありません。

転職理由ランキング(複数回答)割合
【1位】給与が低い・昇給が見込めない32.8%
【2位】昇進・キャリアアップが望めない25.2%
【3位】社内の雰囲気が悪い23.4%
【4位】尊敬できる人がいない22.9%
【5位】業界・会社の先行きが不安22.4%
転職理由ランキング (出典: doda)

「もっと年収を上げたい」「手取りを増やしていい生活をしたい」という方は、転職も一つの選択肢として検討することをおすすめします。

直近で転職する予定が決まっている方には、TVCMでも有名な『ビズリーチ』がおすすめです。全国・全業種の高年収求人が幅広く掲載されており、年収アップにつながる可能性が最も高い転職サイトの1つです。

【公式HP】https://bizreach.jp

また、今すぐ転職予定はなくても、将来的に転職を考えている方には『転職可能性診断』という無料ツールをチェックしてみてください。

簡単な経歴を登録するだけで、人気企業100社への転職可能性を数字で算出してレポートとして受け取ることができます。

転職可能性診断の対象企業(一部抜粋)

高年収難関企業

三菱商事 / キーエンス / 電通 / 野村総合研究所 / リクルート / エムスリー / SONY / ベイカレント / M&A総合研究所 など

ホワイト安定企業

NTTドコモ / 味の素 / 明治 / 日本たばこ産業 / 富士フイルム / 東京海上日動火災保険 / 任天堂 / サントリー / 花王 など

外資系・グローバル企業

Google / マッキンゼー / ゴールドマンサックス / P&G / アマゾン / PwC / アクセンチュア / セールスフォース など

【公式ページ】転職可能性診断

▼ 2024年4月中に新規登録すると無料で利用可能

転職可能性診断

次がないけど仕事を辞めたいと思う理由

次がないけど仕事を辞めたいと思う理由は下記の通りです。

次がないけど仕事を辞めたいと思う理由
  • 職場の人間関係・雰囲気が悪い
  • パワハラやセクハラなどのハラスメントが蔓延している
  • 給料などの待遇が悪い
  • 長時間労働・サービス残業が多い
  • 仕事や会社に将来性がないと感じる
  • 自分の希望する仕事ができない・自分の目標を達成できない

次がないけど仕事を辞めたいと思う理由#1:
職場の人間関係・雰囲気が悪い

次がないけど仕事を辞めたいと思う理由として、職場の人間関係が悪いという点が挙げられます。職場の雰囲気や人間関係が悪いと社員の仕事への意欲や満足度が大きく下がります。

職場環境が悪いと、チームワークの崩壊やコミュニケーション障害を引き起こしやすくなります。これはストレスの増加と仕事効率の低下に直結していきます。

職場における悪い雰囲気
  • いじめがある
  • ハラスメントがある
  • 怒鳴られている人がいる
  • 左遷人事が頻繁に起こる
  • 愚痴が多い
  • 挨拶がない
  • 上司が過剰に偉そう など

また、人間関係のトラブルや陰口、いじめなどは健全な職場環境を維持することを困難にしていきます。

働きがいや人間関係を重視する人々にとって、ポジティブな職場環境は重要な要素となるため、職場の雰囲気が悪い環境からより良い職場環境を求めて退職を検討するようになっていきます。

参考: 人間関係が最悪な職場で働くとどうなる?実態と対処法を解説

次がないけど仕事を辞めたいと思う理由#2:
パワハラやセクハラなどのハラスメントが蔓延している

次がないけど仕事を辞めたいと思う理由として、パワハラやセクハラなどのハラスメントが蔓延している点が挙げられます。

ハラスメントが蔓延している会社では自分だけで解決することがほとんどです。特に、上司からのハラスメントを受けている場合、立場上注意することも難しく、辞めたいという思いが強くなります。

種類定義
パワーハラスメント職場で明らかに立場が上のものが、常識的に逸脱した指示や発言をして、相手を不快にさせること
セクシュアルハラスメント職場において、相手の意に反して性的な言動をすることにより不快な気持ちにさせること
マタニティハラスメント妊娠・出産・育児中の女性従業員に対して、理不尽な扱いを受けるような言動をすること
モラルハラスメント態度や言動で相手の人格を否定したり傷つけたりすること
結婚ハラスメント未婚の人に対して避難したり、結婚に関するプレッシャーを与えたりして不快な思いをさせること
仕事に対する拒否反応の原因となるハラスメントの一覧

ハラスメントは、仕事上の満足度を低下させるだけでなく、場合によっては自身の健康にも深刻な害を及ぼしうるため、特に自分が不当なハラスメントを受けており、改善も見込めない場合は積極的に転職を検討するのが良いと言えます。

自分がハラスメントを受けていなくても、ハラスメントが横行しているような職場ではいつかハラスメントの被害者となったり、事件に巻き込まれてしまう可能性も大いにあり得ます。

ハラスメントをしてくるような上司と一緒に働く場合、自分の評価まで悪くなってしまう可能性もあるため、現在の職場に固執しても待遇まで悪くなってしまう可能性すらあります。

次がないけど仕事を辞めたいと思う理由#3:
給料などの待遇が悪い

次がないけど仕事を辞めたいと思う理由として、給料などの待遇が悪い点も挙げられます。給料などの待遇が悪いと、仕事へのモチベーションは大きく低下していきます。

例えば、長時間労働にも関わらず、その労働時間が時給計算で最低賃金にも満たない場合であったり、同業他社や同僚と比較して明らかに低い給料は、自分が正当に評価されていない、搾取されていると感じてしまうことがあります。

また給料は生活水準にも直結するため、給料が低いと住居やプライベートの出費においても切り詰める必要が出てきてしまいます。

仕事を頑張っているのに給料が低くプライベートが充実していないという状態になると、いくら仕事内容が楽しくてもモチベーションを失ってしまいがちです。

自分の年収が高いか低いかを知るためには、年収偏差値を調べることをおすすめします。

年収偏差値について詳しく知りたい方は以下の年収偏差値計算ツールをご利用ください。年齢と年収を入力すると年収偏差値を試算することができます。

▼ 条件を指定して年収偏差値を計算できます
年収偏差値計算ツール
偏差値
男性の中での偏差値
女性の中での偏差値
大卒の中での偏差値
大企業の中での偏差値

厚生労働省『賃金構造基本統計調査』の最新情報をもとに試算

今の年収の低さに不満がある」「客観的に自分の市場価値を知りたい」という方は、『適正年収診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

適正年収診断』では、簡単な経歴情報を入力するだけで、統計データをもとに自分が本来もらえるはずの適正な年収を具体的な数値で算出することができます。

次がないけど仕事を辞めたいと思う理由#4:
長時間労働・サービス残業が多い

長時間労働やサービス残業が多いことも、次がないけど仕事を辞めたいと思う理由として挙げられます。

厚生労働省によると20歳―59歳と幅広い年代で強い不安、悩み、ストレスの内容として「仕事量」が挙げられています。仕事量の多い会社では、特に長時間労働やサービス残業を強いることになります。

長時間労働やサービス残業では社員のプライベートを削ることになるため、精神的なストレスが増大したり、睡眠不足、慢性的な疲労などにより身体面での不調も引き起こしやすくなります。

体調不良となることで、社員は仕事を続けることが難しくなり、人手不足となり結果的にさらなる長時間労働になるといった悪循環に陥ってしまいます。

次がないけど仕事を辞めたいと思う理由#5:
仕事や会社に将来性がないと感じる

次がないけど仕事を辞めたいと思う理由として、現在の仕事や会社に将来性がないと感じる点が挙げられます。

自分の働いている業界や会社が将来的に衰退する可能性がある場合、自身の雇用が危うくなったり、給与水準の低下、出世の道が閉ざされるといった様々なリスクが高まります。

会社や業界自体に将来性がなく、衰退が避けられないような場合、自身の努力ではどうにもならない可能性が高いため、転職を検討することも重要です。こうした会社に固執しないことで、取り返しがつかなくなる前に行動することができます。

次がないけど仕事を辞めたいと思う理由#6:
自分の希望する仕事ができない・自分の目標を達成できない

次がないけど仕事を辞めたいと思う理由として、自分の希望する仕事や目標が達成できないという点が挙げられます。

自分の専門性や興味が活かせなかったり、希望しない仕事をしている状況は、仕事へのモチベーションや満足度を低下させる原因になります。

また、現在の職場で自分のキャリア目標や長期的な目標を達成できないと感じる場合、その環境が自分の成長に適していない可能性があります。

希望する仕事ができないことは、自分の能力やスキルを十分に発揮することができず、最終的に評価が落ちてしまう可能性も考えられます。こうした状況で仕事を続けてもキャリアアップを目指すことは難しく辞めたいと思うようになります。

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地150-0002
東京都渋谷区渋谷2-19-15 宮益坂ビルディング609
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年4月時点)
目次