仕事ができない人の特徴・原因は?共通点と改善策を徹底解説

仕事ができない人の特徴

仕事ができないと評価される人にはどのような特徴・原因があるのでしょうか。本ページでは仕事ができない人の特徴・原因や共通点、改善策について徹底解説します。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで、自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択
目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

仕事ができない人の共通点・特徴

仕事ができない人の共通点・特徴としては下記の様なものが挙げられます。順にご説明します。

仕事ができない人の共通点・特徴

仕事ができない人の共通点・特徴#1:
タスク管理能力が不足している・期日を守れない

仕事ができない人に共通する主な特徴としてタスク管理能力が不足しているという点が挙げられます。タスク管理は仕事を効率よくかつミスなくこなすための基本動作です。

タスク管理とは

タスク管理は自分が「今どの様な仕事を抱えているか」を確認したうえで、優先順位をつけて「今やるべきこと」を確認し、期日に間に合うように作業を行うことです。

タスク管理が上手い人は、業務の可視化ツールや ToDoリストなどを用いて自分がやるべきタスクを把握して期日に間に合うように複数の仕事を行います。

一方で、仕事ができない人はこうしたタスク管理能力が欠如しているために複数の仕事をこなすことができず、結果として期日に作業が間に合わないなどの影響が生まれることがあります。

仕事ができない人の共通点・特徴#2:
反省・改善せずに同じようなミスを繰り返す

仕事での失敗は誰にでもありますが、重要なのはその後の対応です。反省や改善がなく同じようなミスを繰り返してしまうのは仕事ができない人に共通する主な特徴の1つです。

初めて行う業務などは勝手が分からず、誰しもミスを犯してしまう可能性があります。優秀な人でもミスを犯すことは決して0ではありませんが、優秀な人はミスを犯したとしても反省・改善してミスを繰り返さないように努力します。

仕事ができない人は反省・改善せずにこうしたミスを何度も繰り返してしまうという特徴があります。またその場では反省したとしても結局忘れてしまって改善することができず、同じミスを繰り返してしまうこともあります。

仕事ができない人の共通点・特徴#3:
報告・連絡・相談を怠る

報告・連絡・相談(ホウレンソウ)を怠るというのも、仕事ができない人が持つ特徴の一つです。報告・連絡・相談はチームで仕事を円滑に進めるために重要な手段です。

報告仕事の進捗状況や、業務における結果や成果などをチームや上司へ伝えること
連絡業務に関連する情報や、自分のスケジュールなどをチームや上司へ伝えること
相談業務において質問や不明点、トラブルなどが発生したときに、チームや上司などに話してアドバイスを求めること
報告・連絡・相談(ホウレンソウ)とは?

報告・連絡・相談を怠っていると、チームメンバーなどの他社員は作業の進捗状況を理解することができません。

それだけでなく、問題が起きたとしても対処に遅れてしまったり、チームメンバーが把握できていないために対処するには遅すぎるという事態に陥ってしまう可能性も少なくありません。

仕事ができない人の共通点・特徴#4:
仕事の優先順位をつけない

仕事の優先順位をつけないというのも、仕事ができない人に共通する主な特徴の1つです。タスク管理能力が欠如している点と似ていますが、仕事の優先順位をつけられないと仕事の期日を守ることができなくなります。

極端な例ですが、例えば明日までに仕上げなくてはいけない仕事があるのに、締め切りが来週となっている仕事を優先して行ってしまうと、期日が明日の仕事が終わらずに間に合わなくなってしまうということがあり得ます。

仕事ができるようになるためには、仕事に優先順位を付けて優先順位の高いものから処理をしていくことが非常に重要です。

仕事ができない人の共通点・特徴#5:
作業が遅い・仕事に取り掛かるまでのスピードが遅い

作業が遅い・仕事に取り掛かるまでのスピードが遅いという点も仕事ができない人に共通する主な特徴として挙げられます。仕事を処理するスピードが他の人に比べて大きく劣っていたり、仕事を始めるまでに時間がかかるというケースです。

仕事が遅いながら仕事の質が丁寧な人もいる様に仕事が遅くても評価される人もいます。しかしながら、基本的には仕事のスピードが早いに越したことはありません。

優秀な人は仕事のスピードだけでなくそもそも作業を始めるまでのスピードが早い場合が多いです。

仕事のスピードは人によって様々で、能力があってもスピードを早めるには限度があるというのも事実です。

しかしながら意識次第で作業のスピードを上げることはできるため、自分の作業スピードが遅いと感じる人は、例えば仕事に取り掛かるまでを早くしたり無駄な作業時間をなくすなどの対策を取ることが重要です。

仕事ができない人の共通点・特徴#6:
仕事が雑

仕事が雑というのも、仕事ができない人に共通する主な特徴の1つです。仕事ができる人の特徴として仕事のスピードが早いことを挙げましたが、仕事のスピードが早くてもミスが多いなど仕事が雑だと意味がありません。

仕事ができない人はスピードを意識しすぎるあまり、仕事が雑になってしまうことがあります。例えばせっかく成果物を提出したとしてもミスが多すぎて使い物にならないと評価されることもあります。

仕事が雑だと自分の評価がどんどん下がっていってしまうため、成果物や仕事の質にも意識を向けることが重要です。

仕事ができない人の共通点・特徴#7:
返信・レスポンスが遅い

迅速なレスポンスは仕事において重要なコミュニケーションスキルの一つです。返信が遅いと仕事の流れが滞りますが、仕事ができない人は返信やレスポンスが遅い傾向にあります。

他の社員から見た場合、返信が遅いと自分が依頼した仕事が受諾されているのか、無視されているのか、そもそも認識されているのかすら分かりません。

依頼した仕事を認識されたうえで返信がない場合はまだしも、メールや連絡自体が認識されていない場合は依頼した作業が一切行われず、期日に間に合わないなどの事故に繋がってしまうことすらあり得ます。

こうしたリスクから、返信やレスポンスが遅いことは忌避される傾向にあります。

また、返信が遅いことは、他人に不便や迷惑をかけるだけでなく、自分自身の業務効率にも影響します。メールや連絡が受信BOXに溜まると、心理的な圧迫感に繋がり精神的に疲れてしまうことに繋がります。

仕事ができない人の共通点・特徴#8:
コミュニケーション能力が低い

コミュニケーション能力が低いというのも、仕事ができない人に共通する主な特徴です。

先述したような報告・連絡・相談(ホウレンソウ)を怠ったり、相手の気持ちを考えないようなコミュニケーションの仕方をしている場合は仕事ができないと捉えられる可能性があります。

「一人で黙々とやる仕事」でない限り、仕事をするうえでは他人との関わりを避けて通ることができません。他人に商品などを営業する営業職のみならず、すべての仕事で共通して他人と良好な関係を築くことは重要な要素です。

仕事ができない人の共通点・特徴#9:
指導に対して言い返す・言い訳する

指導に対して言い返す・言い訳するというのも仕事ができない人に共通する特徴の1つです。

仕事をしているとミスをしてしまうことは避けられませんが、そこで受ける指導に対して言い返したり言い訳をするような人は仕事ができないと評価される原因になり得ます。

ミスなどに指摘をしても言い返すような人は悪印象を抱かれやすく、周囲は指導をしたくなくなります。そうなると周囲から指導を受けられなくなるだけでなく、周囲から人が離れて最悪の場合は仕事を振られなくなってしまうということもあり得ます。

仕事に対する指導は、表面上であっても有難く受け取る素振りをしておく方が何かと円滑に進むことが多いです。ミスに対する指導に気分が悪くなることがあるのは理解できますが、そうしたことを表に出さないようにすることが結局自分自身のためになります。

仕事ができない人の共通点・特徴#10:
時間を守れない・遅刻しがち

時間を守れない・遅刻しがちというのも、仕事ができない人の共通点・特徴として挙げられます。優先順位やタスク管理ができないために、期日に間に合わないというのは低評価に繋がりやすいと先ほどご説明しました。

こうした成果物の遅延だけでなく、単純な寝坊や集合時間に間に合わないないなど、時間を守ることができないために他人の時間までも奪ってしまう様な行動は、大きくマイナスに評価されてしまうという点に注意が必要です。

仕事ができない人の共通点・特徴#11:
仕事に対する責任感がない

仕事に対する責任感がないというのも、仕事ができない人に共通する主な特徴の1つです。

仕事での責任感が不足していると成果物の質が雑になってしまうことがあります。

それだけでなく責任感が欠如しているために簡単に仕事をサボってしまったり、周囲へのモチベーションを低下させるような発言をしてしまうこともあります。

仕事をサボる人の末路

仕事ができない人の共通点・特徴#12:
想像力がない

想像力がないというのも、仕事ができない人に共通する主な特徴の1つです。仕事において自分が行ったことがどのような出来事を起こすか、今やるべき仕事は何かなどを想像することは非常に重要ですが、こうした想像力が欠如していると自分で何をして良いか分からなくなってしまいます。

また「こうした言い方をしたら相手はどう思うか」などの想像力が欠如していると人間関係にも悪影響を与えることになってしまいます。仕事ができるようになるうえで一歩先を読む想像力は非常に重要な素質の1つです。

仕事ができない人の共通点・特徴#13:
指示待ち人間である

指示待ち人間であることも、仕事ができない人に共通する主な特徴の1つです。指示待ち人間は指示がない限り自分で動くことがないため、同僚から「自分で考えて動くことができない」という評価を受けやすいです

指示待ち人間は業務へのモチベーションが欠如しがちなうえ、自分から主体的に学ぶことも少ないためにスキルが身に付きづらいという傾向も見られます。こうした要素も伴って、指示待ち人間は仕事ができないとみなされやすくなります。

仕事ができない人の共通点・特徴#14:
分かったフリをする

分かったフリをするというのも、仕事ができない人に共通する主な特徴の1つです。仕事で指示を受けた際に、本当は指示を理解していないのに「分かったフリをする」というのは悪手となりやすいです。

例えば指示を分かっていないために頓珍漢なアウトプットを提出してしまったり、また同じようなミスを繰り返してしまうということが典型的な結果です。指示に対して理解していた素振りをしていたことも判明してしまうため、指示を出した側は余計に悪印象を抱きやすくなります。

指示を理解していないことを伝えるのは怖いと感じるかもしれませんが、その場を「分かったフリ」でしのいだとしても、結局更に悪い結果に繋がります。指示が理解できなかった場合は、正直に「指示を理解していないのでもう一度教えてほしい」などと伝えることが大事です。

仕事ができない人の共通点・特徴#15:
持っているスキルとミスマッチな仕事をしている

持っているスキルとミスマッチな仕事をしているというのも、仕事ができない人に共通する主な特徴です。仕事で評価されるためには自分が得意とする分野にマッチした仕事を選ぶことが重要ですが、苦手なことを仕事にしてしまうとパフォーマンスを発揮しづらくなってしまい、結果として「仕事ができない」と評価されるケースが多くなります。

例えば、「コミュニケーションが苦手なのに営業職をしている」などのケースが具体例として挙げられます。自分の不得意分野で仕事の出来を評価され、「仕事ができない」とされるのは自身にとってももったいないことなので、自分のスキルセットと合致した仕事を選ぶことが重要です。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで、自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

仕事ができない人の原因

仕事ができない人の原因としては下記の様なものが挙げられます。

仕事ができない人の原因

仕事ができない人の原因#1:
仕事ができないのに、仕事ができると思っている

仕事ができない人の原因として、仕事ができると勘違いしているためということが挙げられます。

本人としては仕事ができる人だと勘違いしているため、周囲の助言・指導に耳を傾けず、改善できないというパターンです。

悪質なパターンであり、本人が「自分にも非がある」と気づくまでは改善されない可能性があります。そうなると周囲から人が離れることにも繋がります。

また「本気を出せば仕事ができる」と考えることも仕事ができない原因の1つです。この様に言い訳する人はミスを繰り返しても本質的な自分の原因に目を向けることができず、改善することができません。

仕事ができない人の原因#2:
そもそも仕事にやる気がないため

そもそも仕事にやる気がないというのも、仕事ができない人の原因の1つです。

モチベーションの低下は様々な原因が考えられますが、仕事へのモチベーションがないと指導に対して耳を傾けることができず改善が出来なかったり、成果物を期日に間に合わせるなどの基本動作まで疎かになってしまうことがあります。

仕事にモチベーションが
全くない場合に考えられる理由

仕事ができない人の原因#3:
プライドが高い・自己中心的であるため

プライドが高い・自己中心的であるというのも、仕事ができない人の原因です。

「仕事ができると勘違いしているため」でご説明した理由と似ていますが、プライドが高いと周囲からの指導やアドバイスを素直に聞き入れることができません。

改善できずに同じミスを繰り返したりすると、仕事ができないという評価を受けやすい傾向にあります。

プライドが高い・自己中心的な人は、「仕事ができる」という評価があって初めて成立するものです。まだ「仕事ができる」という評価をされていない場合は、プライドが高い・自己中心的な行動は控えるようにした方が賢明です。

仕事ができない人の原因#4:
自己肯定感が低いため

自己肯定感が低いというのも仕事ができない人の原因の1つです。

自分ができると勘違いしていたりプライドが高いこととは正反対ですが、自己肯定感が低すぎることも仕事ができないと周囲に評価されることに繋がります。

例えば自己肯定感が低すぎるとネガティブな発言に繋がったり、周囲を嫌な気分にさせてしまうことがあります。

また積極的に行動する自信もないため、指示待ち人間や想像力に欠けた人材になってしまうケースも多いです。

この様に、自己肯定感が低いと周囲への貢献度が低くなってしまい、仕事での評価も悪くなってしまうことがあります。

仕事ができない人の原因#5:
何をすれば仕事ができるようになるか分からないため

何をすれば仕事ができるようになるか分からないというのも、仕事ができない人の持つ原因の1つです。

仕事ができないという評価を改善しようという気持ちはあるものの、「何をして良いか分からず」に改善ができない状態に陥ってしまいます。

仕事での評価を改善したいという思いがあれば、適切な対処法を取ることで仕事ができるようになる可能性が十分にあります。

例えば上司やチームメンバーに直接「直した方が良いこと」について指摘してもらい、その改善から重点的に行うなどが取りうる解決策です。

同時に何個も改善点を改善しようとするとパンクしてしまう傾向にあるため、改善点にも優先順位をつけて一つ一つ改善していくことが重要です。

加えて改善点を改善しようという姿勢だけでも十分に評価されることがあります。

仕事ができない人の原因#6:
精神を病んでしまい仕事が怖いため

精神を病んでしまい仕事が怖いと感じているためというのも、仕事ができない原因となり得ます。

こうしたケースは本人に原因があるというより周囲に原因がある可能性もありますが、メンタルヘルスは仕事の出来に重大な悪影響を及ぼす可能性があります。

仕事でミスを繰り返したり、怒られることで仕事自体に恐怖心を感じてしまった結果仕事に対して恐怖心を感じてしまう様な状態だと、そのままの状態で仕事を続けてもさらに評価が悪くなってしまうという悪循環に繋がりかねません。

従って精神状態が悪い場合は仕事の継続を含めて適切な対処法を実施することが重要です。

職場などの外部要因に起因して仕事ができない理由

仕事ができない人の原因についてご説明してきましたが、職場などの外部要因に起因して仕事ができない理由についてご説明します。

職場などの外部要因に起因して
仕事ができない理由

職場などの外部要因に起因して仕事ができない理由#1:
適切な指導を受けることができないため

職場などの外部要因に起因して仕事ができない理由として、適切な指導を受けることができないという理由が挙げられます。

例えば職場が人手不足であったり、職場の人間関係が最悪な場合は周囲から適切な指導を受けることができず、仕事ができる様にならないことがあります。

適切な指導を
受けることができない職場の例

こうした状態でだらだらと仕事を続けてしまうと、スキルもなく年齢だけを重ねてしまい結果として転職活動においても「スキルなく転職するには年齢が高すぎる」ということにもなりかねません。

20代から30代前半は転職市場における市場価値が高い年齢となるため、職場に危険信号を感じたら転職活動を検討することもおすすめします。

職場などの外部要因に起因して仕事ができない理由#2:
ハラスメントを受けてしまっているため

ハラスメントを受けてしまっていると、精神的な負荷から仕事ができないという評価に陥りやすい傾向にあります。

種類定義
パワーハラスメント職場で明らかに立場が上のものが、常識的に逸脱した指示や発言をして、相手を不快にさせること
セクシュアルハラスメント職場において、相手の意に反して性的な言動をすることにより不快な気持ちにさせること
マタニティハラスメント妊娠・出産・育児中の女性従業員に対して、理不尽な扱いを受けるような言動をすること
モラルハラスメント態度や言動で相手の人格を否定したり傷つけたりすること
結婚ハラスメント未婚の人に対して避難したり、結婚に関するプレッシャーを与えたりして不快な思いをさせること
仕事に対する拒否反応の原因となるハラスメントの一覧

こうしたハラスメントを受けている場合、同様に適切な指導を受けることができない状態が続いたり、精神を病んでしまって仕事ができない状態が続くことになりかねないので、早急に異動や転職で職場を変えることをおすすめします。

職場などの外部要因に起因して仕事ができない理由#3:
人手不足や激務など労働環境が悪く精神を病んでいるため

人手不足や激務など労働環境が悪く精神を病んでいることも職場などの外部要因に起因して仕事ができない理由の1つです。

仕事ができると評価されるためには健全な精神状態で仕事を行うことが重要ですが、メンタルヘルスが悪化しているような状態では仕事で成果を発揮することはできません。

それどころかそうした状態を放置していると精神的な病気にかかってしまうこともあります。

精神的な病気としては、適応障害やうつ病など重大なものも含まれます。こうしたメンタルヘルスの不調にかかってしまうと、仕事に復帰できないなど様々な悪影響があるため、放置するのは危険です。

仕事への拒否反応を放置した結果
起こるメンタルヘルスの例

仕事ができない人から仕事ができる人になるための対処法

仕事ができない人から仕事ができる人になるための対処法についてご説明します。

仕事ができないと考えている人は、下記の様なことから意識してみると良いでしょう。

仕事ができない人から
仕事ができる人になるための対処法

仕事ができない人から仕事ができる人になるための対処法#1:
やるべきことを整理し、仕事の優先順位をつける

仕事ができない人から仕事ができる人になるための対処法として、やるべきことを整理するということが挙げられます。

仕事ができない原因として、タスクの管理が苦手でやるべきことが分かっていないという点が挙げられます。そのため、まずは一日のうちやるべきことを整理することから始めましょう。

一日の始まりに自分がやるべきことを整理することで、何をしなければいけないかが明確になります。また期日や分量などについて認識し、優先順位をつけて仕事を行うことによってスケジュールを守りながら仕事を行うことができるようになります。

タスク管理や優先順位付けが苦手で期日に間に合わなくなるという問題は仕事ができない原因としてよくあることなので、強く意識付けして改善することが重要です。

仕事ができない人から仕事ができる人になるための対処法#2:
指摘されたことは必ず修正する

指摘されたことは必ず修正するというのも、仕事ができない人から仕事ができる人になるための対処法として挙げられます。

自分で何をしたら良いか分からないという人は、まずは他人から指摘されることを絶対に直すようにすることから始めましょう。

上司や同僚などからすると、指摘したことが直っていないと大きくストレスを感じられるうえに悪い印象に結び付いてしまいがちです。

仕事上での振る舞いや性格について指摘された場合、すぐに直せないかもしれませんが積極的に直すように努力すること・努力している姿勢を見せることが大事です。

こうした指摘は性格面や仕事への取り組みに限りません。

例えば資料などでのミスは修正依頼が出た際に確実に修正するようにすることも大事です。細かいですがこうした積み重ねで仕事ができると評価されるようになります。

仕事ができない人から仕事ができる人になるための対処法#3:
分からないことは積極的に聞く

分からないことは積極的に聞くことも、仕事ができない人から仕事ができる人になるための対処法です。仕事ができないと評価される要因として、分からないことを放置したり積極的に行動しないことも原因として挙げられると述べました。

仕事上で低評価になりやすい
消極的な姿勢

指示や指摘に対して分かったフリをしたり、指示待ち人間となることは仕事上で大きな悪手です。

分からないことを分からないと伝えること自体はマイナスではなく、上司や同僚はより細かく丁寧に説明してくれるケースがほとんどです。

むしろ分からないまま作業を請け負ってミスなどをしてしまうことが問題なので、分からないことは積極的に聞くようにしましょう。

仕事ができない人から仕事ができる人になるための対処法#4:
早いレスポンスを心がける

早いレスポンスを心がけるというのも、仕事ができない人から仕事ができる人になるための対処法の1つです。仕事ができない人の特徴の1つに連絡が遅いという点が挙げられます。

こうした人は普段からメールなどを開封せず、溜まったメールを見て精神的に追い詰められ、更にレスポンスできなくなるという悪循環に陥っています。

そうならないためにも、早めにメールを開封してレスポンスをする癖をつけておくと良いでしょう。ただし、早めにレスポンスすることは全ての仕事を早めに終わらせることを意味しているわけではありません。

例えば別件で忙しく今作業に取り組めないのであれば、「別件が終わった後に作業します」であったり「明日取り組みます」など「いつやるか」を連絡することは非常に重要です。

こうした連絡があれば作業を依頼した側に作業を認識していることが伝わるうえ、そのスケジュールで問題がある場合は他の人に仕事がアサインされるなど代替案が取られることもあります。

このように自分の状況と作業に取り掛かることができる時期を早めに伝えるだけで、周囲も仕事がしやすくなります。早めのレスポンスでこうした状況を周知することを意識することは、「仕事ができる」と評価される上で重要です。

仕事ができない人から仕事ができる人になるための対処法#5:
コミュニケーション能力を高める様に努力する

コミュニケーション能力を高める様に努力することも、仕事ができない人から仕事ができる人になるための対処法の1つとして挙げられます。

コミュニケーション能力の欠如は仕事ができないと評価される原因の1つです。例えば報告・連絡・相談(ホウレンソウ)が出来なかったり、周囲の気分を害する言動もそれにあたります。

こうしたコミュニケーション能力の部分で評価が下がるのは非常にもったいないことです。

コミュニケーション能力が欠如している人にとって、大きくコミュニケーション能力を向上させるのは難しいですが、例えば少なくとも報告・連絡・相談はきっちりとこなすようにするなど最低限のコミュニケーション能力を身に付けるよう努力することが重要です。

仕事ができない人から仕事ができる人になるための対処法#6:
評価されている社員の真似をする

評価されている社員の真似をするというのも、仕事ができない人から仕事ができる人になるための対処法の1つです。

その職場において仕事ができる人を観察することで、その職場において評価されやすい振る舞いが分かるようになります。こうした振る舞いを真似すれば必然的にその職場で評価されるような人材になることができるようになります。

仕事ができないのは病気・障害の可能性もある?

仕事ができないのは病気の可能性もあります。よく仕事ができない原因として挙げられるのが、発達障害です。特に発達障害のうち注意欠如・多動症(ADHD)の場合は注意力が散漫であったり落ち着きがないことから、「仕事ができない」と評価されることがあります。

発達障害は、自閉スペクトラム症(広汎性発達障害)、注意欠如・多動症(ADHD)、学習障害、チック症、吃音など、生まれつきみられる脳の発達の違いによるものです。発達障害のある人は、脳機能の発達がアンバランスであるために行動や態度に様々な特性が現れます。本人のやる気や努力不足、保護者の育て方などにより起因するものではありません。

[中略]

しかし、進学や就職で社会に出ると、人間関係は複雑になり、様々な人とコミュニケーションをとることになります。また、相手の表情からすべきことを察したり、周囲に合わせて行動したり、仕事を計画的に進行するなど社会性を要求されます。このようなときに、潜在的に持っていた発達障害の特性が浮かび上がってきて、人間関係や仕事でつまずいてしまい、そのとき初めて発達障害に気づくケースがあります。

大人になって気づく発達障害 ひとりで悩まず専門相談窓口に相談を!

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地〒106-6116
東京都港区6-10-1 六本木ヒルズ森タワー16F
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年6月時点)
目次