【第二新卒】転職理由ランキングと面接で言ってはいけない退職理由

【第二新卒】転職理由ランキングと面接で言ってはいけない退職理由

第二新卒で転職したいと思っても、「どのように転職理由を伝えて良いのかわからない」と感じている人もいるのでしょうか。

第二新卒で多くみられる転職理由や面接官が転職理由で見ているポイント、第二新卒で転職を成功させるためにやるべきことについて解説していきます。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで、自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択
目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

第二新卒の転職理由ランキング

第二新卒の転職理由ランキングは下記の通りです。

第二新卒の転職理由

\ 転職活動で失敗したくない人は必見! /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年7月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
【厳選】おすすめ転職サービス
ビズリーチ
(4.9)
#即戦力人材
登録するだけで自分に合ったスカウトが届く、CMでも有名な転職サイト。

経歴を登録すると人気企業の担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収やワークライフバランスなど気になることを直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp
マイナビAGENT
(4.8)
#ホワイト転職
日本全国・全業種のホワイト優良求人を幅広く扱う国内最大級の転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp
ASSIGN
(アサイン)

(4.8)
#難関企業転職
20代・30代のハイキャリア転職に特化した大手転職エージェント。未経験からコンサル・M&A・ITなど人気業界に転職可能。

選考対策などのサポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com
※ 2024年7月中に登録した方全員に、選考対策情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

第二新卒の転職理由ランキング#1:
給料や労働条件に不満があったから

第二新卒の転職理由の一つ目は、給料や労働条件に不満があったという点が挙げられます。

新卒で入社後、会社の給与水準や制度が明確になり、理想と現実のギャップに悩まされることも少なくありません。実際、新卒の時点で給料が低くなってしまうことは少なくありませんが、続けていても給料が上がっていかない場合もあります。

特に、日本では年功序列が残る会社も多いため中々給料が上がっていかないことを感じてしまうこともあります。

仕事内容に対しての給料が見合っていない場合や残業代が支給されないといった労働条件に問題がある場合には、仕事へのモチベーションを保つことも難しくなり転職するきっかけになります。

なお、今の自分の年収が高いか低いかを知りたい場合は、自分の年収偏差値を計算してみることをおすすめします。一例として、以下は【25歳・年収400万円】の場合の年収偏差値です。

年収偏差値について詳しく知りたい方は以下の年収偏差値計算ツールをご利用ください。年齢と年収を入力すると年収偏差値を試算することができます。

▼ 条件を指定して年収偏差値を計算できます
年収偏差値計算ツール
偏差値
男性の中での偏差値
女性の中での偏差値
大卒の中での偏差値
大企業の中での偏差値

厚生労働省『賃金構造基本統計調査』の最新情報をもとに試算

実は、年収は個人の能力やスキルよりも、働いている業界や企業などの【環境】によって大きく左右されます。年収水準の低い業界やブラック企業に勤めている限り、本人がいくら努力しても年収が上がることは期待できません。

今の自分の年収が本当に適正水準なのか?ブラック企業に搾取されていないか?自分の正しい市場価値を知りたい方は『適正年収診断』という無料ツールをチェックしてみてください。

簡単な経歴を登録するだけで、自分の適正年収を診断し、具体的な数字で知ることができます。診断は1分で完了し、結果はその場で見ることが出来ます。(診断ページはこちら

積極採用中のおすすめ求人

【転勤なし】大手食品メーカーの総合職【第二新卒も歓迎】

誰もが知るブランドを複数抱える国内最大手級の食品メーカーにて、総合職のメンバーを募集しています。第二新卒歓迎で新卒1年目から選考を受けることができます。

【勤務地】東京(リモート可)

【年収】450万円 ~ 700万円

第二新卒の転職理由ランキング#2:
残業時間や労働時間が長すぎるから

第二新卒の転職理由の二つ目は、残業時間や労働時間が長すぎるという点が挙げられます。

日常的に残業が多く労働時間が長い場合、疲労とストレスの蓄積を招き精神的に不健康な状態となってしまいます。

また、土日や深夜なども長時間働くことが常態化している場合、プライベートな時間が奪われ、仕事以外の活動や趣味、家族などとの時間が犠牲になります。

仕事以外の趣味や家族との時間は、むしろ仕事へのモチベーションを上げる重要な要素であり、こうした時間を取れないと仕事に対するネガティブな気持ちが先行してしまいます。

近年、ワークライフバランスを重視した企業も多くなっているため、よりワークライフバランスを保つことのできる企業への転職を行う人も多くなっています。

転職を行う際には、平均残業時間や労働時間、年間休日などをしっかりと把握したうえで行っていくことが重要です。こうした詳しい情報は転職エージェントからもらうことができます。

注目求人

大手広告代理店のアカウントプランナー【平均残業10時間】

テレビCMからSNS広告まで幅広い広告を扱う大手広告代理店において、顧客企業の広告戦略策定・予算運用を行うアカウントプランナーを募集中。広告業界の経験は不問で、入社後すぐにキャッチアップできます。

第二新卒の転職理由ランキング#3:
職場の人間関係が悪いから

第二新卒の転職理由の三つ目は、職場の人間関係が悪いという点が挙げられます。職場の人間関係は働いていく上で非常に重要な要素の一つです。

人間関係の悪い職場として下記のようなことが挙げられます。

人間関係が悪い職場の例

人間関係の悪い職場では、部下を教育する姿勢も低い傾向にあるため、適切なスキルや知識を身に付けることが難しくなります。

また、職場での人間関係が悪いと職場に行くだけでストレスを感じてしまうことがあります。職場でのストレスが蓄積していくことで、些細な事での衝突や対立が生じやすくなり、さらに人間関係が悪化してしまうことにも繋がってしまいます。

このようなことから、新卒で入社した職場が人間関係が悪い場合、長期的に働くことが難しいと判断し転職をすることになります。

第二新卒の転職理由ランキング#4:
仕事内容に不満がある・やりがいがない

第二新卒の転職理由の四つ目は、仕事内容に不満がある・やりがいがないという点が挙げられます。

自分自身のやりたい仕事ではなかったり、向いていないと思う仕事を続けていても、中々スキルを身に付けることは難しくなります。

自分の能力や専門知識が必要とされない環境では「自分でなくてもこの仕事ができるのではないか」と考えてしまい、モチベーションを失ってしまうことにもつながり、職業生活における充実感や達成感が得られにくくなります。

自分のやりたいことや、やりがいのある仕事であれば、仕事へのモチベーションも高く保つことができるようになります。長期的に見るとキャリアアップすることができるため、より成長することができる場所を求めて転職していくようになります。

転職を行う際には「仕事内容に不満がある」「やりがいがない」という理由を伝えてしまうと企業からのイメージが悪い可能性があります。

そのため、マイナスな理由ではなく、転職を行うことでどのように貢献することができ、成長していくことができるのかなどポジティブな理由に変え伝えていくことが重要です。

と感じる人は、今の仕事が自分の性格や強みに合っていない可能性があります。

という方は、月間100万人以上が利用する『適職診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

適職診断』では、簡単な質問の回答をもとに、強みや性格・理想のワークライフバランスや年収に関する価値観を診断し、理想の条件にあった具体的な職種リストをレポートで受け取ることができます。

質問への回答は1分で完了し、診断結果はその場で見ることができます。気になった方は適職診断の公式ページをチェックしてみてください。

適職診断の公式ページ

適職診断

第二新卒の転職理由ランキング#5:
パワハラ・セクハラを受けたから

第二新卒の転職理由の五つ目は、パワハラ・セクハラを受けたという点が挙げられます。

ハラスメントが蔓延している会社では自分だけで解決することは困難です。特に、上司からのハラスメントを受けている場合、立場上注意することも困難であるため、自分自身が職場を去ることを決める人が多くなります。

種類定義
パワーハラスメント職場で明らかに立場が上のものが、常識的に逸脱した指示や発言をして、相手を不快にさせること
セクシュアルハラスメント職場において、相手の意に反して性的な言動をすることにより不快な気持ちにさせること
マタニティハラスメント妊娠・出産・育児中の女性従業員に対して、理不尽な扱いを受けるような言動をすること
モラルハラスメント態度や言動で相手の人格を否定したり傷つけたりすること
結婚ハラスメント未婚の人に対して避難したり、結婚に関するプレッシャーを与えたりして不快な思いをさせること
仕事に対する拒否反応の原因となるハラスメントの一覧

ハラスメントをしてくるような上司と一緒に働く場合、自分の評価まで悪くなってしまう可能性もあるため、現在の職場に固執しても待遇まで悪くなってしまう可能性すらあります。

ハラスメントは、仕事上の満足度を低下させるだけでなく、場合によっては自身の健康にも深刻な害を及ぼしうるため、特に自分が不当なハラスメントを受けており、改善も見込めない場合は積極的に転職を検討するのが良いと言えます。

\ ワークライフバランス&キャリアアップ /

注目求人

大手Webサービスの事業企画【週休3日・フルリモート可】

【勤務地】全国(フルリモート)

【年収】550万円 ~ 1000万円

第二新卒の転職理由ランキング#6:
実績や努力が公平に評価されないから

第二新卒の転職理由の六つ目は、実績や努力が公平に評価されないという点が挙げられます。

会社での評価制度が整っていない場合、それだけ実績を上げたとしても年収アップやキャリアアップを図ることができないだけでなく、社員の士気は低下していきます。

特に、昇進や昇給などが公平でないと、職場への忠誠心が損なわれてしまいます。例えば、上司のえこひいきなどによって昇進・昇給の対象が決まる場合には、社員のモチベーションが大きく低下してしまいます。

また、評価されない会社で長く勤めることは今後のキャリアにも影響を及ぼします。評価が不公平で昇進・昇給につながらないとその会社で頑張る意味がないと感じるようになり転職を考えるようになります。

第二新卒の転職理由ランキング#7:
スキルアップが望めないから

第二新卒の転職理由の七つ目は、スキルアップが望めないという点が挙げられます。

新卒で働き始めて、仕事内容により詳しくなってきたところで、スキルアップをしたいと感じる人も多くなっていきます。現在の職場で専門性の高い知識や技術の習得が難しい場合には転職を検討するようになります。

第二新卒で転職する際は、スキルや経験が少ないと判断されてしまいやすいため、今の自分のスキルや経験を活かすことができるのか、今後どのように成長していくことを望んでいるかを企業にアピールすることが重要です。

注目求人

未経験歓迎の戦略コンサルタント【残業20時間以内】

転職市場で屈指の人気を誇る大手コンサルティングファームがコンサルタントを募集中。コンサル未経験でも転職可能で、戦略系プロジェクトも多数経験できます【平均残業時間は約20時間】

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職エージェント診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで自分にあった転職エージェントが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

第二新卒の転職でおすすめしない退職理由

第二新卒の転職でおすすめしない退職理由は下記の通りです。

第二新卒の転職で
おすすめしない退職理由

\ 転職活動で失敗したくない人は必見! /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年7月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
【厳選】おすすめ転職サービス
ビズリーチ
(4.9)
#即戦力人材
登録するだけで自分に合ったスカウトが届く、CMでも有名な転職サイト。

経歴を登録すると人気企業の担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収やワークライフバランスなど気になることを直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp
マイナビAGENT
(4.8)
#ホワイト転職
日本全国・全業種のホワイト優良求人を幅広く扱う国内最大級の転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp
ASSIGN
(アサイン)

(4.8)
#難関企業転職
20代・30代のハイキャリア転職に特化した大手転職エージェント。未経験からコンサル・M&A・ITなど人気業界に転職可能。

選考対策などのサポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com
※ 2024年7月中に登録した方全員に、選考対策情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

第二新卒の転職でおすすめしない退職理由#1:
やりたい仕事ができなかった

やりたい仕事ができなかったという退職理由を転職の際に伝えることはおすすめできません。

採用を行う企業は、やりたい仕事ができなかったという転職者に対して、「採用しても、またやりたい仕事ができなかったという理由で転職してしまうのではないか」という懸念点が出てきてしまいます。

また、やりたい仕事ができないという理由だけで転職を繰り返してしまうことで、経験を積むことができずスキルアップしていくことができません。

さらに、転職をしようと思っても、スキルや経験が不足しているという理由から難しくなってしまうこともあります。

転職を行う際には企業研究を行い、自分の求める仕事ができるのかをしっかりと把握しておくことで、転職後のミスマッチを防ぎ、短期離職を繰り返してしまうことがないようにすることが重要です。

第二新卒の転職でおすすめしない退職理由#2:
自分の希望する部署に配属されなかった

第二新卒での退職理由として、自分の希望する部署に配属されなかったという理由もおすすめできません。

企業は、面接や適性検査、社員との関わりを判断してそれぞれの部署に配属を行っているため、自分自身では見出すことのできなかった才能やスキルを見つけることができる可能性があります。

また、実際に働きスキルや経験を積んでいくことで、やりがいを感じることができる場合もあるため、希望する部署に配属されなかったという理由だけで転職を検討することはおすすめできません。

しかし、新卒で自分の目指したい職種や部署があり就職したにも関わらず、希望する部署に配属されなかった場合、仕事へのギャップが大きく、モチベーションも保つことができなくなってしまう可能性があります。

モチベーションがない状態では、スキルを身に付けることが難しいだけではなく、長期的に働くことも困難になることもあります。

この様な状況から抜け出そうと転職を検討している場合には、キャリアプランを明確にし、何をしていきたいのか、どの様な将来像を望んでいるのかをしっかりと把握しておくことが重要です。

明確な理由を持ち今後のキャリアプランを伝えることができれば、企業から前向きな転職であると思ってもらうことができ採用にもつながりやすくなります。

第二新卒の転職でおすすめしない退職理由#3:
仕事で思うような成果を出すことができなかった

仕事で思うような成果を出すことができなかったという退職理由を転職の際に伝えることもおすすめできません。

第二新卒では、新卒で経験が浅い分、仕事で思うような成果を上げることが難しいのは当然のことです。企業側からしても、その職場で、もう少し働きスキルや経験を培うことができれば成果を出すことができたのではないのかと考えてしまいます。

また、転職をしたとしてもまた一からスキルを積むことになるため、すぐに結果を出すことは難しくなります。

しかし、仕事で成果が出ない理由として、自分の成果が会社で正当に評価してもらうことができなかったり、上司に自分の成果をとられてしまうといった環境の場合には、すぐに転職をしたほうが良いと言えます。

転職する際には、自分の成果を正当に評価してもらうことのできる企業を選んでいくことが重要です。転職する際には、評価方法や社風など様々な点を確認することが大切です。

企業のホームページなどからも確認することができますが、効率よく企業についての情報を集めるためには転職エージェントの活用もおすすめです。

転職エージェントは、企業内の雰囲気や企業の求めている人材といった様々な内部情報に精通しています。

市場価値を上げたい人におすすめの求人

大手上場IT企業のITエンジニア【完全未経験から歓迎】

東証プライム市場に上場している大手IT企業において、ITエンジニアを募集中。プログラミング経験ゼロでも可。充実した独自研修システムを利用し、給料をもらいながら一人前のITエンジニアを目指せます。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

第二新卒の転職理由で面接官が見るポイント

第二新卒の転職理由で面接官が見るポイントは下記の通りです。

第二新卒の転職で面接官が見るポイント

\ 転職活動で失敗したくない人は必見! /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
【厳選】おすすめ転職サービス
ビズリーチ
(4.9)
#即戦力人材
登録するだけで自分に合ったスカウトが届く、CMでも有名な転職サイト。

経歴を登録すると人気企業の担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収やワークライフバランスなど気になることを直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp

【口コミ】ビズリーチの評判
マイナビAGENT
(4.8)
#ホワイト転職
日本全国・全業種のホワイト優良求人を幅広く扱う国内最大級の転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp

【口コミ】マイナビエージェントの評判
ASSIGN
(アサイン)

(4.8)
#難関企業転職
20代・30代のハイキャリア転職に特化した大手転職エージェント。未経験からコンサル・M&A・ITなど人気業界に転職可能。

選考対策などのサポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com
※ 2024年7月中に登録した方全員に、選考対策情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

第二新卒の転職理由で面接官が見るポイント#1:
仕事への熱意や意欲はあるか

第二新卒の転職理由で面接官が見るポイントは、仕事への熱意や意欲があるかという点が挙げられます。

第二新卒は3年以内での転職となっているため、「前職で得られたスキルや実務経験が豊富だ」と面接でアピールするのは難しい場合が多いです。第二新卒が前職での経験が豊富な人材を求める求人に応募して採用に至るのは至難の業と言えるでしょう。

一方で未経験であったり、スキルや経験が不足している事を重々承知したうえで、その若さをかって第二新卒採用を行っている企業も多数あります。

企業としてはこうした第二新卒人材に求めているのはスキルや経験ではなく、どちらかというと若いことによるキャッチアップ力や体力といった点を評価する傾向があります。

そのため、第二新卒として転職する場合は、むしろ3年以内程度の経験で得たスキルよりも、仕事に対する熱意や意欲をアピールする方が良い傾向にあります。

\ 2024年7月最新の人気求人 /

総合商社の事業投資担当者【年収800万円~】

グローバルに事業展開する総合商社が事業投資担当者を募集中。ワークライフバランスを確保したまま高年収を実現できます。

【勤務地】東京(リモート可)

【年収】800万円 ~ 2000万円

第二新卒の転職理由で面接官が見るポイント#2:
他責性が強くないか

第二新卒の転職理由で面接官が見るポイントは、他責性が強くないかという点が挙げられます。

職場の人間関係や仕事内容が合わず退職している場合、それをそのまま伝えてしまうことで企業は他責性の強い人であると判断してしまうことがあります。

他責性の強い人の場合、職場で問題が起きた時に自分自身の行動を振り返ることなく、他の人の過ちとしてとらえ攻めてしまうため、職場の人間関係の悪化につながってしまう可能性も強くなります。

また、他責性の強い人は、問題解決に自分自身の欠点を変えるのではなく、職場が自分に合わなかったと判断し辞めていくことになるため企業は採用を躊躇してしまいます。

そのため、ネガティブな退職理由であったとしても「専門性を高めることのできる企業で働きたい」「チーム一丸となって働くことのできる会社で働きたい」などポジティブかつなぜこの企業で働きたいのかをしっかりと伝えていくことが重要です。

第二新卒の転職理由で面接官が見るポイント#3:
長期的に働くことができるか

第二新卒の転職理由で面接官が見るポイントとして、長期的に働くことができるのかという点も挙げられます。

第二新卒は一般的に新卒で入った会社を3年以内に辞めてしまうため忍耐力がなく、どうせ採用したとしてもすぐにやめるのではないかと懸念する面接官も一定数います。

こうした懸念を払拭するためには、新卒で入社した会社を辞める理由をきちんと説明できるようになっておくことが必要です。

企業としては第二新卒で採用する場合でも長く会社で働いてほしいと思っているため、「この会社でなら長く働ける」というような理由付けをきちんと面接で説明できるようにしましょう。

もちろん、こうした説明をきちんとできれば十分に面接官の懸念を払拭することは可能です。そのためにも志望動機や「なぜこの会社で働きたいか」という点に関しては入念に対策をすることをおすすめします。

第二新卒の転職理由で面接官が見るポイント#4:
退職理由と志望動機に一貫性があるのか

第二新卒の転職理由で面接官が見るポイントとして、退職理由と志望動機に一貫性があるのかという点も挙げられます。

企業は第二新卒を採用する際に将来的に会社に貢献することのできる人材を求めています。そのため、退職理由と志望動機に一貫性がない場合には、長期的に働くビジョンが湧かず採用されにくくなってしまうことがあります。

面接の際は、どのような理由があり退職を検討しているのか、転職によってどう変えていくのかなど具体的に伝えていくことが重要です。

注目求人

大手IT企業のWebデザイナー【未経験歓迎・フルリモート可】

システムの設計・開発等を行う大手IT企業において、Webデザイナー職のメンバーを募集中です。未経験歓迎で中途入社の約半数が完全未経験。フルリモート・フルフレックス制で自分のペースで働くことができます。

第二新卒で転職を成功させるためにやるべきこと

第二新卒での転職を成功させるためには何をするべきでしょうか。第二新卒で転職を成功させるためにやるべきことについてご説明します。

第二新卒で転職を
成功させるためにやるべきこと

第二新卒で転職を成功させるためにやるべきこと①:
自己分析を行う・退職理由を明確に説明できるようにする

第二新卒での転職を成功させるためには、まず自己分析をしっかりと行うことが重要となってきます。具体的には、下記のようなことに対して自分なりの答えをしっかりと導き出しておくと良いでしょう。

第二新卒で転職を成功させるために
準備しておくべき質問リスト

特に第二新卒の場合は自分の退職理由を明確にかつポジティブに説明できるようにすることが大事です。

第二新卒に対して、面接官は「採用してもすぐやめてしまうこと」「自社に来てもまた同じようなことを繰り返すこと」を懸念しています。

そうした懸念を払拭できるように、退職から何を学んだか、転職した場合はどのように貢献できるかという点をきちんと説明できるようにすることが大事です。

第二新卒で転職を成功させるためにやるべきこと②:
職務経歴書や履歴書をきちんと記載する

第二新卒での転職を成功させるうえで、職務経歴書や履歴書の完成度を高めることが必要です。職務経歴書や履歴書の完成度が低いと、以降の面接などを対策したとしても門前払いに終わってしまいます。

職務経歴書や履歴書に関してはどの会社においても使いまわすことができるからこそ、完成度の高いものを用意するようにしましょう。

とはいえ、こうした職務経歴書や履歴書については書き方が分からなかったり、添削してもらわなければ完成度の低いものになりがちです。

転職エージェントは職務経歴書や履歴書における添削も行ってくれるので、職務経歴書や履歴書の完成度を高めるために活用しましょう。

転職活動において職務経歴書などの書類選考は非常に重要です。採用担当者は日々大量の書類に目を通しているため、他の候補者より書類の内容が薄かったり形式が整っていないだけで「熱意が足りない」「社会人としての基礎能力が低い」と判断されてしまいます。

また、職務経歴書は書類選考後の面接においても毎回チェックされるため、面接の通過確率を上げるためにも、内容や体裁にはこだわることを強くおすすめします。

職務経歴書の書き方には一定の「お作法」が存在するため、自己流で作成することは危険です。少しでも不安な人は、大手転職サイト『ビズリーチ』が提供している職務経歴書自動生成機能を利用してみてください。

ガイドに沿って入力するだけで誰でも簡単にプロのような職務経歴書を作成することができる人気機能で、書類選考や面接の通過率が大幅に上昇します。

【公式】https://bizreach.jp

※2024年7月現在、新規会員登録すると無料で利用可能

第二新卒で転職を成功させるためにやるべきこと③:
選考を受ける企業の研究をしっかりと行う

第二新卒での転職を成功させるためには、企業研究も重要となってきます。

第二新卒で受ける企業がどのような会社で、どのような点に強みがあり、自分がどのように貢献できるかを説明できるようにしておきましょう。

特に第二新卒の場合は経験やスキルではなく、キャッチアップできる若さや体力・熱意を重視する傾向にあるため、選考を受けている企業の強みやなぜその会社に行きたいかを説明するためにも、きちんと企業研究を行うことをおすすめします。

第二新卒で転職を成功させるためにやるべきこと④:
複数社の選考を受ける

第二新卒での転職を成功させるためには、複数社の選考を受けるようにしましょう。

第二新卒でも十分に転職できるとは言え、全ての企業から内定をもらえるような世界ではありません。従って、リスクヘッジのためにも複数社の選考を受けるようにしましょう。

また、複数社の選考を受けることによって、面接の練習を行うことが出来たり、思わぬ企業に出会うことが出来たりと副次的な効果もあります。

本命企業の合格率を上げるためにも、また転職で失敗しないためにも複数社の選考を受けるようにしましょう。

第二新卒で転職を成功させるためにやるべきこと⑤:
転職エージェントを活用する

第二新卒へ転職するためには、転職エージェントを活用することも重要です。

書類選考においては書類添削、面接においては模擬面接、更に内定後の条件交渉まで、転職エージェントは首尾一貫して求職者のサポートをしてくれます。

転職エージェントによるサポート例

書類選考や面接においては、第三者による添削や練習・フィードバックがあることによって圧倒的に合格率を改善することができます。

選考対策だけでなく、転職エージェントは選考企業の面接官に関する情報や、どのような質問が実際に面接で行われたか、どの部門での採用が積極的かなど、外部からは正確に分からない情報についても豊富に持っています。

第二新卒におけるおすすめの転職エージェントは下記の記事で解説しているので、詳しく知りたい方は合わせてご覧ください。

SNSが好きな人におすすめの求人

SNS広告の運用をリードするWebマーケター【未経験歓迎】

インターネット広告に特化した国内最大級の広告代理店において、未経験からWebマーケターを募集しています。充実した研修制度を通じてポータブルスキルが身につき、転職市場における市場価値アップも目指せます。

複数の転職エージェントに登録することをおすすめ

転職エージェントを活用する場合は、複数の転職エージェントを活用することもおすすめします。

エージェントは複数登録するのがおすすめな理由
  • 希望の求人を探す際に、見ることができる求人の数が増え、求人を見逃す心配が減る
  • 各求人を比較できる
  • 担当エージェントの質を比較できる
  • 各転職エージェントの独占案件・非公開案件を確認できる
  • 登録は無料でいつでも退会できる

エージェントの利用は完全無料で、何社から話を聞いても問題はありません。転職を成功させるうえで最適な転職エージェントを見つけるためにも、できるだけ複数社と話してみることをおすすめします。

北海道・東北地方

関東地方

東海地方

北陸地方

近畿地方

中国地方

四国地方

九州・沖縄

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地〒106-6116
東京都港区6-10-1 六本木ヒルズ森タワー16F
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年7月時点)
目次