【第二新卒とは】いつまで?転職に失敗しやすい?就活は厳しい?

第二新卒の定義と転職の注意点

企業からの採用も増えている第二新卒。そもそも第二新卒とは何か、第二新卒はいつまでを指すのか、転職に失敗しやすい、就活が厳しいというのは本当かなど、第二新卒について徹底解説します。

また、第二新卒の方におすすめの転職エージェントについて、以下の記事の中で理由とともに紹介しているので、気になる方は是非参考にしてみてください。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで、自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択
目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

そもそも第二新卒とは?何歳・いつまでを指す?

第二新卒とは学校を卒業後、一度就職をしたが数年の内に転職活動をする若手求職者を指します。転職活動の前に退職するケースと、転職先を決めてから前職を退職するケースがありますが、両方とも第二新卒として扱われます。

年齢で言うと25歳程度の方が多い傾向にあります。一方で、理系であったり院生であったりと最終学歴や状況によって異なってくるため、年齢については具体的な基準はなく、企業によって定義も異なります。

例えば三菱商事は第二新卒を「勤続年数が合計で3年以内の方」と定義していますが、企業によっては年齢などで制限を設けている場合もあります。

とはいえ、合計勤務年数が3年以内で、次の転職先を探している人が「第二新卒」と呼ばれると考えれば良いでしょう。

まだ社会経験のない新卒とは違い、前職で少しでも仕事をした経験からある程度のビジネスマナーが身についていることや、年齢が若く柔軟性も高いと評価されるのが第二新卒の特徴です。

第二新卒と混合されやすい既卒というものも存在します。既卒は大学や大学院、短大、専門学校、高校などを卒業した後就職せず、正社員経験が一度もない人のことを指します。

第二新卒と既卒・フリーターの違いは?

既卒は「学校卒業後に正社員として勤務したことのない者」を指すため、就業経験がないという点で第二新卒とは異なります。第二新卒はあくまで新卒入社後勤務経験がある人を指すためです。

一方で、フリーターは主に現在アルバイトで生計を立てている人を指しますが、新卒入社した会社を辞めてアルバイトで生計を立てている場合はフリーターかつ第二新卒と言えるので、両立する概念となります。

高卒で数年働いた後は「第二新卒」という扱いになる?

高卒であっても、合計勤務年数が3年以内で次の転職先を探している場合は「第二新卒」と呼ばれると考えて問題ありません。

第二新卒の割合は?

第二新卒の割合は大卒者の約3割となっています。厚生労働省が発表している「新規学卒就職者の離職状況」によれば、就職後3年以内の離職率は新規大卒就職者で31.2%となっており、第二新卒の割合は3割程度であることが分かります。

第二新卒は意外と多く、第二新卒での就職を検討しているからといって落ち込んだり自信を無くす必要は全くありません。同年代のうち3割もの人が第二新卒で転職するうえ、若く吸収力のある第二新卒を積極的に採用したいと考える人材不足の企業は多く存在します。

第二新卒は新卒・中途と異なる?

企業目線で見ると、第二新卒・新卒・中途に求める点は異なってきます。

  • 第二新卒: 少ないながらも社会人経験があり、社会人としての基礎がある一方で若いので吸収力が高い
  • 新卒: 社会人経験が無いながら、吸収力が高く将来性に期待ができる
  • 中途: スキルを一定程度持っており、年齢層は様々

新卒の場合は将来性に期待、中途の場合はスキルや経験に期待がされる一方で、第二新卒は一定程度の社会人としての基礎と将来性に期待される傾向にあります。とはいえ、第二新卒は中途の様にスキルを期待するわけではなく、どちらかというと社会人としての基礎はプラスアルファで、若いからこその将来性が評価されるという傾向にあります。

積極採用中のおすすめ求人

【転勤なし】大手食品メーカーの総合職【第二新卒も歓迎】

誰もが知るブランドを複数抱える国内最大手級の食品メーカーにて、総合職のメンバーを募集しています。第二新卒歓迎で新卒1年目から選考を受けることができます。

【勤務地】東京(リモート可)

【年収】450万円 ~ 700万円

\ 転職活動で失敗したくない人は必見! /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年7月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
【厳選】おすすめ転職サービス
ビズリーチ
(4.9)
#即戦力人材
登録するだけで自分に合ったスカウトが届く、CMでも有名な転職サイト。

経歴を登録すると人気企業の担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収やワークライフバランスなど気になることを直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp
マイナビAGENT
(4.8)
#ホワイト転職
日本全国・全業種のホワイト優良求人を幅広く扱う国内最大級の転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp
ASSIGN
(アサイン)

(4.8)
#難関企業転職
20代・30代のハイキャリア転職に特化した大手転職エージェント。未経験からコンサル・M&A・ITなど人気業界に転職可能。

選考対策などのサポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com
※ 2024年7月中に登録した方全員に、選考対策情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

第二新卒において就活の時期は決まっている?いつがベスト?

第二新卒が最適な転職活動時期を考える際に、おすすめなのは7月から9月の期間です。

多くの企業が4月から9月と10月から3月を半期としており、一般的に人事異動は4月と10月に行われます。そのため、各部署はそのタイミングに入社するような新入社員を募集し、補充する計画を立てることが一般的です。

第二新卒の転職活動のベストシーズンとしては4月入社を目指すのであれば1月から3月の時期がイメージされるかもしれませんが、多くの企業は年度末の3月が決算のシーズンであり、各部署が非常に忙しい時期です。

さらに、人事部門も新入社員の4月入社に向けた準備を進めなければならないため、第二新卒の積極的な採用活動は難しい状況となります。

それに対して、7月からの採用時期では、転職希望者とじっくり話をするゆとりのある転職活動が行われる傾向があります。

夏のボーナスを受け取った後に退職する社員も多く、第二新卒も含めて幅広に採用が行われるため、第二新卒にとっては7月からの採用時期がおすすめです。

市場価値を上げたい人におすすめの求人

大手上場IT企業のITエンジニア【完全未経験から歓迎】

東証プライム市場に上場している大手IT企業において、ITエンジニアを募集中。プログラミング経験ゼロでも可。充実した独自研修システムを利用し、給料をもらいながら一人前のITエンジニアを目指せます。

なお、今すぐ予定はなくても将来的に転職を考えている方や、情報収集から始めたい方は、月間100万以上が利用する『転職可能性診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

簡単な経歴を登録するだけで、人気企業100社への転職可能性を数字で算出してレポートとして受け取ることができます。

転職可能性診断の対象企業

高年収難関企業

三菱商事 / キーエンス / 電通 / 野村総合研究所 / リクルート / エムスリー / SONY / ベイカレント / M&A総合研究所 など


ホワイト安定企業

NTTドコモ / 味の素 / 明治 / 日本たばこ産業 / 富士フイルム / 東京海上日動火災保険 / 任天堂 / サントリー / 花王 など


外資系・グローバル企業

Google / マッキンゼー / ゴールドマンサックス / P&G / アマゾン / PwC / アクセンチュア / セールスフォース など

※ 診断の対象企業は変更になる場合がございます。最新情報は転職可能性診断の公式ページからご確

企業が第二新卒を求める理由

企業が第二新卒を求める理由としてはどのようなものがあるのでしょうか。順に説明していきます。

企業が第二新卒を求める理由

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職エージェント診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで自分にあった転職エージェントが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

企業が第二新卒を求める理由①:
社会人経験があるため、育成コストが安い

企業が第二新卒を求める理由として挙げられるのが、社会人経験があるため、育成コストが安いという点です。

第二新卒は新卒として一度企業に入社しており、最低限のビジネスマナーを身に着けていると考えられています。

もちろん、スキルを身に着けられるほどの期間は在籍していませんが、それでも社会人としての基礎が身についているとして、採用企業からすると育成コストが安いと考えられる傾向にあります。

注目求人

大手IT企業のWebデザイナー【未経験歓迎・フルリモート可】

システムの設計・開発等を行う大手IT企業において、Webデザイナー職のメンバーを募集中です。未経験歓迎で中途入社の約半数が完全未経験。フルリモート・フルフレックス制で自分のペースで働くことができます。

企業が第二新卒を求める理由②:
辞めてしまった新卒の補充要因として親和性が高く、就職時期も柔軟

企業が第二新卒を求める理由として次に挙げられるのが、辞めてしまった新卒の補充要因として親和性が高く、就職時期も柔軟という点です。

第二新卒は新卒と年齢はそれほど変わりません。採用企業は新卒をいくら採用したとしても一定数の離職が出る中で、年齢やマインドセットが近い第二新卒は親和性が高く採用しやすいという背景があります。

また、第二新卒は4月入社固定の新卒と異なり、採用時期も比較的柔軟なので、欠員に応じて採用がしやすいという点も第二新卒が求められる理由です。

企業が第二新卒を求める理由③:
まだ若く体力もあり、企業のカルチャーやスキルの吸収力が高い

企業が第二新卒を求める理由として最後に挙げられるのが、まだ若く体力もあり、企業のカルチャーやスキルの吸収力が高いという点です。

第二新卒は年齢的にまだ若いため、前職のカルチャーに染まりきっていません。また年齢的にも若いため、転職したとしても転職先のカルチャーにすぐ馴染むことができるでしょう。(年齢がある程度高い場合の転職だと企業カルチャーに合わず苦しむ場合もあります)

もちろん、第二新卒はスキルなどはほぼ新卒に近いと理解したうえで、そうした企業カルチャーへの馴染みやすさや、まだ若く体力があるからこそ転職先での仕事にキャッチアップできるという観点から、企業は第二新卒を求める傾向にあります。

注目求人

未経験歓迎の戦略コンサルタント【残業20時間以内】

転職市場で屈指の人気を誇る大手コンサルティングファームがコンサルタントを募集中。コンサル未経験でも転職可能で、戦略系プロジェクトも多数経験できます【平均残業時間は約20時間】

第二新卒で転職活動するメリット

第二新卒として就職活動を受けるうえではメリットも下記の様なメリットがあります。順に説明していきます。

第二新卒で
転職活動するメリット

\ 転職活動で失敗したくない人は必見! /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年7月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
【厳選】おすすめ転職サービス
ビズリーチ
(4.9)
#即戦力人材
登録するだけで自分に合ったスカウトが届く、CMでも有名な転職サイト。

経歴を登録すると人気企業の担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収やワークライフバランスなど気になることを直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp
マイナビAGENT
(4.8)
#ホワイト転職
日本全国・全業種のホワイト優良求人を幅広く扱う国内最大級の転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp
ASSIGN
(アサイン)

(4.8)
#難関企業転職
20代・30代のハイキャリア転職に特化した大手転職エージェント。未経験からコンサル・M&A・ITなど人気業界に転職可能。

選考対策などのサポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com
※ 2024年7月中に登録した方全員に、選考対策情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

第二新卒で転職活動するメリット①:
企業から見て採用されやすい理由がある

第二新卒で転職活動するメリットとして挙げられるのが、企業から見て採用されやすい理由があるという点です。

先ほどご説明した通り、第二新卒は下記の様な理由で採用されやすい傾向にあります。企業が第二新卒を求める理由に合致するような点をアピールできれば、内定に近づくことができるでしょう。

企業が第二新卒を求める理由(再掲)

第二新卒で転職活動するメリット②:
スキルが評価されているわけではなく、将来性を期待されているのでプレッシャーを感じづらい

第二新卒で転職活動するメリットとして次に挙げられるのが、スキルが評価されているわけではなく、将来性を期待されているのでプレッシャーを感じづらいという点です。

第二新卒は中途採用と異なり、ポテンシャルや将来性を評価される傾向にあります。

中途採用は即戦力として期待されるため、結果が残せないと社内での風当たりが強くなるということもありますが、第二新卒の場合はスキルや結果に対する期待感は低く、将来性を見られるため、結果としてプレッシャーは低くなる傾向にあります。

\ ワークライフバランス&キャリアアップ /

注目求人

大手Webサービスの事業企画【週休3日・フルリモート可】

【勤務地】全国(フルリモート)

【年収】550万円 ~ 1000万円

第二新卒で転職活動するメリット③:
未経験や異業種への転職も可能

第二新卒で転職活動するメリットとして次に挙げられるのが、未経験や異業種への転職も可能という点です。

中途での転職の場合は、現職での経験から大きく外れた業界への転職は給与面でのダウンサイドなどの理由からハードルが高いというのが実情です。

しかしながら、第二新卒はスキルを身に着けるには在籍期間が短く、業界にも染まっていないため、異業種や未経験の業界であってもほぼ新卒のような形で転職することができるという点がメリットです。

企業としても、第二新卒に対しては前職でのスキルではなく将来性を期待していることから、未経験者や異業種であっても採用する傾向にあります。

SNSが好きな人におすすめの求人

SNS広告の運用をリードするWebマーケター【未経験歓迎】

インターネット広告に特化した国内最大級の広告代理店において、未経験からWebマーケターを募集しています。充実した研修制度を通じてポータブルスキルが身につき、転職市場における市場価値アップも目指せます。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

第二新卒のデメリット 第二新卒の就活は厳しい・転職で失敗する

第二新卒についてインターネットでは「就活は厳しい」と評価されることがあります。こうした評判を見ると、第二新卒になると「就活は厳しい」のではないかと思う人もいるでしょう。本項目では、そのように言われる理由と実態について解説します。

第二新卒のデメリット

\ 転職活動で失敗したくない人は必見! /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
【厳選】おすすめ転職サービス
ビズリーチ
(4.9)
#即戦力人材
登録するだけで自分に合ったスカウトが届く、CMでも有名な転職サイト。

経歴を登録すると人気企業の担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収やワークライフバランスなど気になることを直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp

【口コミ】ビズリーチの評判
マイナビAGENT
(4.8)
#ホワイト転職
日本全国・全業種のホワイト優良求人を幅広く扱う国内最大級の転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp

【口コミ】マイナビエージェントの評判
ASSIGN
(アサイン)

(4.8)
#難関企業転職
20代・30代のハイキャリア転職に特化した大手転職エージェント。未経験からコンサル・M&A・ITなど人気業界に転職可能。

選考対策などのサポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com
※ 2024年7月中に登録した方全員に、選考対策情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

第二新卒のデメリット: 第二新卒の就活は厳しい・転職で失敗すると言われる理由と実態①:
すぐにやめる・忍耐力がないと思われているため

第二新卒の就活は厳しいと言われる理由として挙げられるのは、すぐにやめる・忍耐力がないと思われている点です。

第二新卒の場合、新卒で入社した会社を3年以内に辞める傾向があるため、一部の面接官から「忍耐力がないのではないか」と懸念されることがあります。

このような懸念を解消するためには、新卒で入社した会社を辞めた理由を明確に説明できることが重要です。

企業は、第二新卒でも長期間働いてほしいと考えているため、面接で「この会社でなら長く働ける」という理由をしっかりと説明できるように心がけましょう。

自身の志望動機やなぜその会社で働きたいのかについても、入念に準備しておくことをおすすめします。

面接官の懸念を解消するためには、自身の意欲や将来の展望を具体的に伝えることが重要です。

面接で自身の意欲や将来の展望を説明し、その会社でなら長期的に貢献できるという自信を持ってアピールすること、適切な準備と自己アピールを行うことで、面接官の懸念を払拭することができます。

第二新卒のデメリット: 第二新卒の就活は厳しい・転職で失敗すると言われる理由と実態②:
スキルや実務経験が不足しているため

第二新卒の就活は厳しいと言われる理由として次にあげられるのが、スキルや実務経験が不足しているという点です。

第二新卒は3年以内での転職が一般的なので、前職でのスキルや実務経験は十分とは言えません。

確かに、転職市場では前職での経験が豊富な人材を求める求人も存在しますが、逆に未経験であったり、スキルや経験が不足していることを承知した上で、若さを評価して第二新卒採用を行っている企業も多数あります。

企業は、第二新卒の人材に対してスキルや経験よりもむしろ若さによるキャッチアップ力や体力などを評価する傾向にあります。

したがって、第二新卒として転職する場合、3年程度の経験で得たスキルよりも、熱意や体力などをアピールする方がより好ましい傾向にあります。

第二新卒のデメリット: 第二新卒の就活は厳しい・転職で失敗すると言われる理由と実態③:
前職の退職理由をポジティブに説明することができないため

第二新卒の就活は厳しいと言われる理由として挙げられるのは、前職を辞めた理由をポジティブに説明できないという点です。

第二新卒の転職理由は多岐にわたります。例えば、より良い待遇やステップアップを求めるための転職、社内の人間関係に悩んだための転職、やりたい仕事ができていないと感じたための転職などが挙げられます。

ただし、どのような理由であっても、ネガティブな要素が強くて学びや成長が見られない退職理由を述べてしまうと、面接官は「弊社でも同様な問題が生じるのではないか」と印象を抱く可能性があります。

転職理由を説明する際には、ポジティブな要素や成長の意欲を強調することが重要です。

例えば、前職では経験やスキルの習得に限界を感じ、新たなチャレンジを求めたための転職、前職で培った経験や知識をより活かせる環境を探し求めたための転職など、成長意欲や自己成長の重視をアピールすることが有効です。

退職する理由や退職した事実は変えられませんが、そこから自分が何を学び、どう変わるかはいくらでも変えることができます。第二新卒での転職の場合はこうした退職理由について深く考えるようにしましょう。

第二新卒のデメリット: 第二新卒の就活は厳しい・転職で失敗すると言われる理由と実態④:
そもそも第二新卒の求人が少ないと言われるため

第二新卒の就活は厳しいと言われる理由として挙げられるのは、そもそも第二新卒の求人が少ないと言われるためです。確かに多くの企業は企業が新卒採用に力を入れる傾向があり、経験者や中途採用者を求めるケースが多いというのは事実です。

一方で、どの会社においても3年程度で辞めてしまう新卒が一定層いる中で、そうした退職者の穴埋めとして第二新卒を採用しようという動きが広がっているのも事実です。

特に三菱商事というハイクラスの企業すら第二新卒の採用を大々的に宣伝しているように、第二新卒の需要や求人自体も近年は高まっているというトレンドがあるため、それほど不安になる必要はありません。

\ 2024年7月最新の人気求人 /

総合商社の事業投資担当者【年収800万円~】

グローバルに事業展開する総合商社が事業投資担当者を募集中。ワークライフバランスを確保したまま高年収を実現できます。

【勤務地】東京(リモート可)

【年収】800万円 ~ 2000万円

第二新卒はやばい?やめとけ?実態について解説

厚生労働省が発表している「新規学卒就職者の離職状況」によれば、就職後3年以内の離職率は新規大卒就職者で31.5%となっており、実は3割以上の人が第二新卒に該当することが分かります。

第二新卒は意外と多く、第二新卒での就職を検討しているからといって落ち込んだり自信を無くす必要は全くありません。

同年代のうち3割もの人が第二新卒で転職するうえ、若く吸収力のある第二新卒を積極的に採用したいと考える人材不足の企業は多く存在します。

第二新卒での転職を失敗させないためにやるべきこと

ここまで第二新卒は就活は厳しいと言われる理由についてご説明しましたが、各項目でもご説明した通り第二新卒だからといって必ずしも不利に働くわけではなく、しっかりと準備をすれば第二新卒でも十分に転職できるということが分かっていただけたと思います。

企業としても第二新卒に期待しているのは経験やスキルではなく、その若さゆえに早期にキャッチアップできること、体力があることなどであり、第二新卒を積極的に採用している企業も多くあるので、第二新卒だからといって転職が難しいと必要以上に身構える必要はありません。

第二新卒での転職を失敗させないためにやるべきことに関しては下記の様なものが挙げられます。

第二新卒で転職を
成功させるためにやるべきこと

第二新卒での転職を失敗させないためにやるべきこと①:
自己分析を行う・退職理由を明確に説明できるようにする

第二新卒の転職を成功させるためには、まず自己分析をしっかりと行うことが重要です。以下のポイントについて、自分自身の考えを明確にしておくと良いでしょう。

事前に準備しておくべき
質問リスト

ご説明した通り、第二新卒の場合は自身の退職理由を明確かつポジティブに説明することが重要です。採用担当者は第二新卒の方に対して、「採用後すぐに離職する可能性がある」とか「過去の経験を繰り返すことが心配」といった懸念を抱くことがあります。

そうした懸念を払拭するためには、退職から得た学びや転職後にどのような貢献ができるのかを明確に説明することを意識しましょう。

第二新卒での転職を失敗させないためにやるべきこと②:
選考を受ける企業の研究をしっかりと行う

第二新卒での転職を成功させるためには、企業研究も重要となってきます。第二新卒で受ける企業がどのような会社で、どのような点に強みがあり、自分がどのように貢献できるかを説明できるようにしておきましょう。

特に第二新卒の場合は経験やスキルではなく、キャッチアップできる若さや体力・熱意を重視する傾向にあるため、選考を受けている企業の強みやなぜその会社に行きたいかを説明するためにも、きちんと企業研究を行うことをおすすめします。

第二新卒での転職を失敗させないためにやるべきこと③:
職務経歴書や履歴書をきちんと記載する

第二新卒での転職を成功させるうえで、職務経歴書や履歴書の完成度を高めることが必要です。職務経歴書や履歴書の完成度が低いと、以降の面接などを対策したとしても門前払いに終わってしまいます。

職務経歴書や履歴書に関してはどの会社においても使いまわすことができるからこそ、完成度の高いものを用意するようにしましょう。

とはいえ、こうした職務経歴書や履歴書については書き方が分からなかったり、添削してもらわなければ完成度の低いものになりがちです。転職エージェントは職務経歴書や履歴書における添削も行ってくれるので、職務経歴書や履歴書の完成度を高めるために活用しましょう。

第二新卒での転職を失敗させないためにやるべきこと④:
複数社の選考を受ける

第二新卒での転職を成功させるためには、複数社の選考を受けるようにしましょう。第二新卒でも十分に転職できるとは言え、全ての企業から内定をもらえるような世界ではありません。従って、リスクヘッジのためにも複数社の選考を受けるようにしましょう。

また、複数社の選考を受けることによって、面接の練習を行うことが出来たり、思わぬ企業に出会うことが出来たりと副次的な効果もあります。本命企業の合格率を上げるためにも、また転職で失敗しないためにも複数社の選考を受けるようにしましょう。

第二新卒での転職を失敗させないためにやるべきこと⑤:
転職エージェントを活用する

第二新卒の転職を成功させるためには、転職エージェントを活用することが重要です。転職エージェントは、書類選考のサポートや面接の準備、そして内定後の条件交渉まで、求職者を網羅的に支援してくれます。

転職エージェントによるサポート例
  • 自己分析のサポート
  • 企業の採用に関する情報提供
  • 選考書類の添削
  • 模擬面接
  • 採用後の条件交渉

書類選考や面接においては、第三者からの添削や練習、そしてフィードバックを受けることで合格率を飛躍的に向上させることができます。

また、転職エージェントは選考企業の面接官に関する情報や、実際の面接で行われる質問の傾向、各部門での採用の傾向など、外部からは得難い情報を豊富に提供しています。

第二新卒の転職におけるおすすめの転職エージェントは下記の記事で解説しているので、詳しく知りたい方は合わせてご覧ください。

キャリアアップを目指す人におすすめの求人

【金融知識不問】M&Aアドバイザー【平均年収2000万円超】

企業の合併・買収において中立的なアドバイスを提供し、売り手・買い手企業の両面をサポート。業界未経験者が多数で、平均年収は2000万円以上。法人営業や企画系職種の経験者は特に歓迎です。

複数の転職エージェントに登録することをおすすめ

転職エージェントを活用する場合は、複数の転職エージェントを活用することもおすすめします。

転職エージェントを
複数登録したほうが良い理由

エージェントの利用は完全無料で、何社から話を聞いても問題はありません。第二新卒での転職を成功させるうえで最適な転職エージェントを見つけるためにも、できるだけ複数社と話してみることをおすすめします。

北海道・東北地方

関東地方

東海地方

北陸地方

近畿地方

中国地方

四国地方

九州・沖縄

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地〒106-6116
東京都港区6-10-1 六本木ヒルズ森タワー16F
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年7月時点)
目次