転職エージェントは使うな?デメリットとメリットを徹底解説

転職エージェントのデメリット

転職活動を支援してくれる転職エージェントですが、転職エージェントは使うべきでないという意見もあります。

本記事ではなぜ転職エージェントは使うべきでないと言われるのか、転職エージェントを使うことによるメリット、使うべき人や使わない方がいい人の特徴についてご説明します。

また、転職エージェントの選び方に困っている方は、編集部が50社以上の転職エージェントを実際に使ってみたうえで忖度無しに作成した『本当におすすめできる転職エージェントランキング』をご覧ください。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで、自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択
目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

ひどい?やめとけ?転職エージェントを使うなと言われる理由・デメリット

転職エージェントを活用した場合のデメリットとしては下記の様なものが挙げられます。

転職エージェントを
活用した場合のデメリット

転職エージェントを使うなと言われる理由・デメリット①
担当者の利益のために悪質な求人を紹介されたり、転職を急かされる可能性がある

転職エージェントを使うなと言われる理由・デメリットの1つとして、まず挙げられるのが、担当者の利益のために転職を急かされる可能性があるという点が挙げられます。

そもそも転職エージェントは、紹介した求職者が企業に転職することで手数料を得るというビジネスモデルです。従って転職エージェントの顧客は企業であり、企業の満足化を最大化することが本来の目的となっています。(もちろん、求職者のことを第一に考えるキャリアアドバイザーもたくさんいます。)自身の利益のために、下記の様な行動を起こしうることには注意が必要です。

キャリアアドバイザーが
自身の利益のために取りうる行動

転職エージェントのビジネスモデル上、上記のような行動を起こすエージェントも一部存在します。もちろん多くの転職エージェントは求職者のことを考えて支援してくれますが、一部こうした転職エージェントもいるということは頭に入れておくと良いでしょう。

転職エージェントを使うなと言われる理由・デメリット②
自分のペースで転職活動を進めづらい

転職エージェントを使うなと言われる理由・デメリットの1つとして、自分のペースで転職活動を進めづらいという点が挙げられます。

転職エージェントによっては、サポート期間が3か月程度と決まっており、ある程度短期間で転職を決定しなければいけない場合があります。というのも、キャリアアドバイザーも数が限られているため、ある程度転職意向が高い候補者から順に対応しなければ、転職エージェントの手が回らなくなってしまうためです。

「転職エージェントを使うなと言われる理由・デメリット①」でも述べた通り、転職エージェントは候補者が転職することで手数料を得るビジネスモデルのため、転職しそうな人から転職支援をするというインセンティブが働きます。

したがって、転職意向が低いと判断されてしまうとサポートの優先順位が下がってしまうため、サポートを受けようとする場合は、ある程度転職を前提として動く必要が出てきます。これが転職エージェントを活用した場合のデメリットの1つです。

もっとも、転職を現実的に考えている場合は転職エージェントを活用することで問題なくサービスを受けることができるため、迷っている場合は相談するということでも構いません。

全く転職を考えていない場合は、求人を自由に見ることができる転職サイトなどの活用をおすすめします。

転職エージェントを使うなと言われる理由・デメリット③
自分に合った転職エージェントを探すのが難しい

転職エージェントを使うなと言われる理由・デメリットの1つとして、自分に合った転職エージェントを探すのが難しいという点が挙げられます。転職エージェントの数・種類が多すぎるために、自分に合った転職エージェントを探すのが難しく、転職エージェントを使うなと言われる模様です。

もっとも転職エージェントは基本的に下記の様な転職エージェントを活用することで問題ありません。むしろいろいろな転職エージェントに登録して、複数の転職エージェントから比較検討したうえで自分に最適な転職エージェントを決めることが非常に重要です。

\ 高年収業界・人気企業への転職に強い /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)
キャリアアップにおすすめ転職サービス
ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。

匿名で経歴を登録するだけで人気企業の高年収スカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp
ASSIGN
(アサイン)
20代・30代のキャリアアップ支援に特化した大手転職エージェント。

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年6月中に登録した方全員に、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
マイナビAGENT日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

転職エージェントを使うなと言われる理由・デメリット④
担当者との相性によって転職支援の質が大きく変わる

転職エージェントを使うなと言われる理由・デメリットの1つとして、担当者との相性によって転職支援の質が大きく変わるという点が挙げられます。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーが1人つきますが、キャリアアドバイザーも人間なので、性格が合わない場合もありえます。

<参考>悪質な
転職エージェントの特徴

こうしたキャリアアドバイザーに当たってしまうと、転職がおっくうになってしまったり、選考もままならず転職に失敗してしまう可能性があります。担当者はどの転職エージェントを活用しても簡単に変更できるため、合わないなと感じた場合は我慢せずに担当を変更するようにしましょう。

転職エージェントを使うなと言われる理由・デメリット⑤
知見がないキャリアアドバイザーも存在する

転職エージェントを使うなと言われる理由・デメリットの1つとして、知見がないキャリアアドバイザーも存在するという点が挙げられます。

担当のキャリアアドバイザーによっては特定の業界に知見がなく、選考企業の内情や選考情報、業界情報などに疎い可能性があります。特に特定の業界に特化していない総合型の転職エージェントだとこうした傾向にある場合があります。

転職エージェントを活用する際は初回に面談を行うため、そこで自分が志望する業界について明確にしましょう。基本的には志望業界に合わせてその業界に知見を持つキャリアアドバイザーがアサインされる傾向にありますが、認識に齟齬があった場合は正直に担当者の変更を申し出ることをおすすめします。

ひどい転職エージェントを回避するためには、複数の転職エージェントを活用することが重要

転職エージェントは複数登録したうえで、自分に合う転職エージェントを絞り込むのがおすすめです。複数の転職エージェントを比較することで、ひどい転職エージェントを回避し自分にとって最適な転職エージェントを選択することができます。

転職エージェントを
複数登録したほうが良い理由

おすすめできるのは下記の様な転職エージェントです。ご紹介した転職エージェントに複数登録し、比較検討しながら最適な転職エージェントを探すことが非常に重要です。

\ 優秀なビジネスパーソンは使ってる /

キャリアアップを目指す人に
おすすめの転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)
キャリアアップを目指す人におすすめの転職サービス
ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。

匿名で経歴を登録するだけで人気企業の高年収スカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp
ASSIGN
(アサイン)
20代・30代のキャリアアップ支援に特化した大手転職エージェント。

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年6月中に登録した方全員に、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
マイナビAGENT日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp
キャリアアップを目指す人におすすめの転職サービス

転職エージェントを複数登録したほうが良い理由①:
たくさんの求人を見たうえで応募できる

転職エージェントを複数登録することで、たくさんの求人を見たうえで応募できるという点がメリットの1つです。

求人案件は転職エージェントによって異なります。1つの転職エージェントだけに登録していると、その転職エージェントがカバーしている求人だけ紹介されることとなるため、自分に本当にあっている求人を見逃してしまう可能性が高まります。

特に転職エージェントは条件の良い非公開求人を多数保有しており、そうした非公開求人は転職エージェントに登録しないと紹介してもらうことができません。

非公開求人とは?

Web上では公開されていない求人のことを非公開求人と言います。求人を非公開にする理由は様々ですが、下記の様な理由が挙げられます。非公開求人は待遇が良かったり、重要ポストに就けたりと魅力的な案件であることが多い傾向にあります。

  • 競合他社に知られたくないため
  • 応募の殺到を避け、採用の効率化を図るため
  • 重要ポストの人材採用を社内秘で行いたいため
  • 待遇などを広く伝えたいわけではないため

複数の転職エージェントに登録することで、こうした非公開求人を含めてより多くの求人を確認することができるため、結果として自分に合った求人に出会うことができます。

転職エージェントを複数登録したほうが良い理由②:
目的に合わせてエージェントを使い分けることができる

転職エージェントを複数登録したほうが良い理由として次にあげられるのが、目的に合わせてエージェントを使い分けることができるという点です。

転職エージェントはハイクラス転職に強かったり、コンサル転職に強かったり、IT転職に強かったり、若手転職に強かったりと、各転職エージェントによって強みとする領域が異なってきます。

従って、転職エージェントを複数登録することによって目的に合わせたエージェントの活用が可能になるという点もメリットの1つです。

転職エージェントが持つ強み

転職エージェントを複数登録したほうが良い理由③:
担当エージェントの質を比較できる

転職エージェントを複数登録したほうが良い理由として次にあげられるのが、担当エージェントの質を比較できるという点です。担当のキャリアアドバイザーといっても1人の人間なので、候補者と性格が合う、合わないということも大いにあり得ます。

<参考>悪質な
転職エージェントの特徴

悪質な転職エージェントには上記のような特徴がありますが、転職エージェントを複数登録していなければその転職エージェントが悪質だということすら分からない場合もあります。従って、転職エージェントは複数登録し、担当キャリアアドバイザーの質や相性について比較することが重要となります。

転職エージェントを複数登録したほうが良い理由④:
様々な視点でのアドバイスをもらえる

転職エージェントを複数登録したほうが良い理由の1つとして、様々な視点でのアドバイスをもらえるという点も特徴的です。

1つの転職エージェントのみだと1人のアドバイザーの視点や意見しかもらえず、転職活動の幅も狭まりがちです。複数の転職エージェントによる異なる視点からの助言を得ることによって、自己分析や選考対策に役立てることができるでしょう。

しかしながら、複数のエージェントからの助言を受けることで、混乱したり、余計に悩んでしまったりすることもあります。転職エージェントの助言は、単なる一つの意見や考え方に過ぎないと理解し、自身の個性やキャリアビジョンを基に最終的な判断をすることが大切です。

転職エージェントを複数登録したほうが良い理由⑤:
登録は無料でいつでも退会できる

転職エージェントを複数登録したほうが良い理由として最後に挙げられるのが、登録は無料でいつでも退会できるという点です。

転職エージェントは、求職者から一切の料金を取らない代わりに、求職者が転職した場合に、採用企業から手数料をもらうというビジネスモデルとなっています。

転職エージェントから話だけを聞いて退会したとしても一切の費用はかかりません。従って、転職エージェントや担当のキャリアアドバイザーを比較だけすることも可能です。

転職エージェントを活用した場合のメリット

ここまで転職エージェントを活用する場合のデメリットについてご説明してきました。しかしながら、転職エージェントはうまく活用することで内定の確率を大きく上げることができます。

\ 高年収業界・人気企業への転職に強い /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)
キャリアアップにおすすめ転職サービス
ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。

匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp

【口コミ】ビズリーチの評判
ASSIGN
(アサイン)
20代・30代のキャリアアップ支援に特化した大手転職エージェント。

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年6月中に登録した方全員に、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
マイナビAGENT日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp

【口コミ】マイナビエージェントの評判
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

転職活動においては転職エージェントを活用することを強くおすすめします。転職エージェントを活用した場合のメリットには下記の様なものがあります。

転職エージェントを
活用した場合のメリット

転職エージェントを活用した場合のメリット①
日程調整などの煩雑な手続きを行ってくれる

転職エージェントを活用した場合のメリットとしてまず挙げられるのが、企業との選考における日程調整などの煩雑な手続きを行ってくれるという点です。

中途選考にあたっては、働きながら選考を受けるだけでなく、複数の企業と同時並行で面接を受けることもあり、日程調整は非常に煩雑です。

転職エージェントは日程調整を企業との間に入って代行してくれるので、利用者の負担が小さくなるという点がメリットです。

転職エージェントを活用した場合のメリット②
書類の添削や面接対策を行ってくれる

転職エージェントを活用した場合のメリットとして次に挙げられるのが、書類の添削や面接対策を行ってくれるという点です。

選考においては職務経歴書や履歴書といった書類の提出が必要になりますが、特に今までこのような書類を作成したことがない場合は、独学で作成するのも大きな負担となるうえ、添削がなければなかかな良い書類ができないというのも事実です。

転職エージェントは選考のノウハウを生かして、職務経歴書や履歴書を添削してくれるため、特に転職未経験の場合は転職エージェントに書類を見てもらうことをおすすめします。

転職エージェントを活用した場合のメリット③
非公開求人を教えてくれる・様々な求人を見ることができる

転職エージェントを活用した場合のメリットとして次に挙げられるのが、非公開求人を教えてくれるという点です。

非公開求人とは?

Web上では公開されていない求人のことを非公開求人といいます。求人を非公開にする理由は様々ですが、下記の様な理由が挙げられます。非公開求人は待遇が良かったり、重要ポストに就けたりと魅力的な案件であることが多い傾向にあります。

  • 競合他社に知られたくないため
  • 応募の殺到を避け、採用の効率化を図るため
  • 重要ポストの人材採用を社内秘で行いたいため
  • 待遇などを広く伝えたいわけではないため

一般に非公開案件は待遇の良いものが多いと言われています。こうした非公開求人を紹介してもらえることが転職エージェントを活用するうえでのメリットです。

また、転職エージェントは一般的に多くの求人案件を保有しています。自力で転職活動をすると自分が知っている範囲での求人に限定されてしまう中で、転職エージェントを活用すれば自分が知っている範囲外の求人のみならず思いもよらない求人を紹介してくれることにも繋がります。この様に求人の幅が増えるというのも、転職エージェントを活用するメリットとなります。

転職エージェントを活用した場合のメリット④
企業の内情を教えてくれる

転職エージェントを活用した場合のメリットとして次に挙げられるのが、企業の内情を教えてくれるという点です。

転職エージェントはその会社に何人も転職させているプロフェッショナルなため、その会社の年収水準や採用難易度、選考フローや、採用意欲など、企業に関する様々な情報を持っています。

こうした内情を知ったうえで企業の選考を受けることで、志望動機が確固たるものとなって内定確率を大きく上げることができたり、入社した企業とのミスマッチが生じづらくなるというメリットがあります。

転職エージェントを活用した場合のメリット⑤
選考におけるフィードバックをもらえる

転職エージェントを活用した場合のメリットとして次に挙げられるのが、選考におけるフィードバックをもらえるという点です。

このフィードバックは求職者と企業が直接やり取りすると仕入れづらいものですが、転職エージェントは採用企業と求職者の間に入ってくれるため、面接などのフィードバックを企業から仕入れてくれることがあります。

フィードバックを通じて、評価されていたポイントや次回の面接までに修正したほうが良い点、選考に落ちてしまった理由など、結果的に内定確率を上げるような情報を得ることができます。

転職エージェントを活用した場合のメリット⑥
内定時の条件交渉を行ってくれる

転職エージェントを活用した場合のメリットとして次に挙げられるのが、内定時の条件交渉を行ってくれるという点です。

新卒と異なり、転職においては内定時の交渉によって年収や待遇が向上する場合があります。とはいえ、将来的な雇用主に対して年収や待遇の交渉を行うのはやりづらい・難しいというのも事実でしょう。

そのような場合、選考の段階から転職エージェントを活用していれば、転職エージェントが採用条件の交渉についても代行してくれます。

転職エージェントを活用した場合のメリット⑦
これらのサービスを完全無料で活用できる

転職エージェントは、これらのサービスを完全無料で活用することができます。

都合の良い話にも聞こえますが、下記の通り職業安定法においても、転職エージェントは求職者から手数料を徴収してはいけないと明示されています。

有料職業紹介事業者は、前項の規定にかかわらず、求職者からは手数料を徴収してはならない。

職業安定法 第三十二条の三

求職者が転職エージェントを無料で活用できる理由はそのビジネスモデルを見ればより明確にわかります。転職エージェントは、求職者を企業に紹介し、求職者が企業に入社する際に人材紹介料(転職者の年収×30-35%程度)を獲得するというビジネスモデルとなっています。

転職エージェントは企業から得る人材紹介料が収益の源泉となっているため、求職者から手数料を徴収する必要がないのです。転職エージェントが求職者のサポートを無料で行ってくれるのも、求職者が内定すればその分の手数料を企業から徴収できるためです。

転職エージェントは無料で活用できる理由

転職エージェントの費用に関しては下記の記事でも解説しているので、詳しく知りたい方は合わせてご覧ください。

転職エージェントと他の転職手段との比較

転職活動の進め方として、「直接応募」「リファラル」「転職サイト経由」「転職エージェント経由」という4つの方法があります。

  • 直接応募(企業HPから自分で問い合わせ)
  • リファラル(知り合い経由の紹介)
  • 転職サイト経由
  • 転職エージェント経由

それぞれの応募方法について、以下の表の通りメリット・デメリットがあります。

応募方法メリットデメリット
直接応募・(一部の会社に限り)直接応募から入社した場合に特別ボーナスが支給されることがある・会社の内情についての情報を得づらい(特にネガティブな情報)
・面接対策などのサポートを受けることができない
リファラル・知り合い経由で会社の内情について詳細な情報を教えてもらえる・知り合いはキャリアのプロではないため、客観的なアドバイスを受けることができない
・知り合いがいる会社しか受けることができない
転職サイト経由・たくさんの選択肢の中から自分に合った求人を探すことが出来る・面接対策などの個別サポートを受けることができない
転職エージェント経由・日程調整などの煩雑な手続きを行ってくれる
・書類の添削や面接対策を行ってくれる
・非公開求人を教えてくれる
・企業の内情を教えてくれる
・選考におけるフィードバックをもらえる
・内定時の条件交渉を行ってくれる
・転職サイトと比べると応募可能な求人数が少ない場合がある
※複数の転職エージェントを併用することで解決可能
転職活動における応募方法の種類とそれぞれのメリット・デメリット

参考:
転職エージェントは使うなと言われる理由・デメリットを解説

転職エージェントは時に「使うな」と言われる場合があります。

転職エージェントを
活用した場合のデメリット

「転職エージェントは使うな」と言われる理由や転職エージェントを活用した場合のデメリットとしては下記の様なものが挙げられます。下記の記事で別途解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

転職エージェントと他の転職チャネルとの比較

転職活動の進め方として、「直接応募」「リファラル」「転職サイト経由」「転職エージェント経由」という4つの方法があります。

  • 直接応募(企業HPから自分で問い合わせ)
  • リファラル(知り合い経由の紹介)
  • 転職サイト経由
  • 転職エージェント経由

それぞれの応募方法について、以下の表の通りメリット・デメリットがあります。

応募方法メリットデメリット
直接応募・(一部の会社に限り)直接応募から入社した場合に特別ボーナスが支給されることがある・会社の内情についての情報を得づらい(特にネガティブな情報)
・面接対策などのサポートを受けることができない
リファラル・知り合い経由で会社の内情について詳細な情報を教えてもらえる・知り合いはキャリアのプロではないため、客観的なアドバイスを受けることができない
・知り合いがいる会社しか受けることができない
転職サイト経由・たくさんの選択肢の中から自分に合った求人を探すことが出来る・面接対策などの個別サポートを受けることができない
転職エージェント経由上記にご紹介した通り・転職サイトと比べると応募可能な求人数が少ない場合がある
※複数の転職エージェントを併用することで解決可能
転職活動における応募方法の種類とそれぞれのメリット・デメリット

転職エージェントを使わない方がいい人の特徴

ここまで転職エージェントを活用した場合のデメリット・メリットについてご説明してきましたが、ここでは転職エージェントを活用しない方が良い人の特徴についてご説明します。

転職エージェントを
使わない方がいい人の特徴

転職エージェントを使わない方がいい人の特徴①
転職を現実的には考えていない人

転職エージェントを活用しない方が良い人の特徴としてまず挙げられるのが、転職を現実的には考えていない人です。転職エージェントは、転職の初期的検討において活用するのは全く問題ありませんしむしろおすすめしますが、転職を真剣に考えていなかったり、現実的でない場合は転職エージェントを使わない方が良いでしょう。

先ほどご説明した通り、転職エージェントは求職者を転職させることで企業から収益を得るビジネスモデルとなっているため、転職意向がない求職者の優先順位は下がる傾向にあり、あまりサポートしてもらえません。

転職を現実的に考えておらず、ただ求人だけ見てみたい場合は『ビズリーチ』などといったスカウト型転職サイトを活用すると良いでしょう。

転職エージェントと転職サイト・スカウトサービスの違いは?

転職エージェントは担当のキャリアアドバイザーとマンツーマンでサポートを受けながら転職活動を行うサービスです。

一方で、転職サイトは担当のキャリアアドバイザーなどがつかず求人を見ることができるサービス、スカウトサービスは登録しておくことで企業からスカウトメッセージが届くサービスという違いがあります。

  1. 転職エージェント: 担当者がつき、転職に関する様々なサポートをしてもらうことができる
  2. 求人サイト: 企業の求人情報が多数掲載されており、自分で応募できる。スカウトメールも届く
  3. スカウトサービス: 企業からダイレクトスカウトメッセージを受け取ることができる

転職エージェントは最も転職意向が高い人が使うサービスであり、転職サイトやスカウトサービスは転職意向がまだ低くても活用できるサービスです。

転職エージェントを使わない方がいい人の特徴②
自分のペースで転職活動を進めたい人・自分で何もかもやりたい人

自分のペースで転職活動を進めたい人・自分で何もかもやりたい人も、転職エージェントを活用しない方が良い場合があります。

転職エージェントは求職者と二人三脚で転職を進めるサービスなので、外部の人を一切取り入れることなく転職をしたい場合は転職エージェントよりも同様に転職サイトやスカウトサービス、または企業に自ら応募することをおすすめします。

転職エージェントを使わない方がいい人の特徴③
断れない人・流されやすい人

断れない人・流されやすい人も、転職エージェントを活用しない方が良い場合があります。

転職エージェントは知見に依拠した様々なアドバイスをしてくれますが、すべての情報が必ずしも正しいわけではありません。特に、企業の年収や待遇などといったファクトではなく、人生観やキャリアパスに関しては、正解があるわけではないので、キャリアアドバイザーからもらった意見をもとに自分できちんと考える必要があります。

提供された情報は自分にとって必要か、きちんと取捨選択するようにしましょう。そのためには転職活動における自身の軸を明確にしておくことが大事です。

転職活動における軸

転職エージェントを使わない方が良い人向け:
転職サイトとは?メリット・デメリットも解説

転職サービスは大きく分けると、「転職エージェント」のほかに「求人サイト」「スカウトサービス」の3種類があります。

転職サービス

転職エージェントの活用が合わないと感じる場合は「求人サイト」と「スカウトサービス」の活用も選択肢となります。転職サイト・スカウトサービスですが、活用するためには特徴についてもしっかりと理解しておく必要があります。

転職サイトのメリット
転職サイトのデメリット

転職サイトのメリット①:
簡単に求人を探すことができる

転職サイトでは、簡単に求人を探すことができるという点が第一のメリットとして挙げられます。

求人サイトでは、各企業のホームページを見て求人を探したり、電話をして募集要項を聞いたりという必要は一切ありません。求人サイトでは求人情報が一括で掲載されており、1つのサービスに登録するだけで多くの求人を見ることができます。

詳細な検索機能もついており、勤務地や職種はもちろん、「土日祝休み」「転勤無し」などより細かな条件で検索することもできます。求人を保存していつでも見ることが出来るといった点もメリットの1つです。

転職サイトのメリット②:
面談の必要がなく、自分のペースで転職活動を進めることができる

転職サイトでは、面談の必要がなく、自分のペースで転職活動を進めることができるという点が次のメリットとして挙げられます。

転職サイトでは登録後は面談する必要がありません。求人サイトであれば気になる求人を見つけたタイミングで、スカウトサービスであれば気になるスカウトを受け取ったタイミングで企業の求人に自由に応募することができます。

まだ転職活動を本格的に検討しているわけではないという方や、自分のペースで転職活動したいという方にはおすすめとなっています。

転職サイトのメリット③:
届く企業オファーから自分の市場価値が分かる

転職サイトの特徴として挙げられる3つ目のメリットが、スカウトを通じて自分の市場価値が分かるということです。

スカウトメッセージを通じて、どのような業界からオファーが届くのか、自分にオファーされる年収水準はどれくらいか、というところから自分の市場価値が見えてきます。

大手スカウトサービスであるビズリーチの公式によれば、ビズリーチ会員の7割以上が、自分の市場価値を知るためにビズリーチを活用しているそうです。

どのような会社に転職できるか、また自分が知りもしなかったような業界での機会も知ることができるので、転職を直近で考えていない場合は、ビズリーチのようなスカウトサービスに登録してみることをおすすめします。

続いて、転職サイトを活用する際のデメリットについてもご説明します。

転職サイトのデメリット①:
自分で求人を精査する必要がある

転職サイトでは、求人数が非常に多いからこそ、逆に目当ての求人に出会うために自分で絞り込む必要があるというデメリットがあります。

求人を絞り込むのは労力がかかる作業となるため、求人を自発的に探せる人でないと求人サイトやスカウトサービスを活用するのは難しいというのも事実です。

求人サイトではブラック企業の求人が混ざっていることもある

掲載料金を払えば基本的にどんな企業であっても求人を掲載できるため、ブラック企業の求人が混じっている場合もあるので、注意が必要です。

ブラック企業を避けるためには自分で求人を吟味する必要がありますが、もし自分でそうした求人を吟味することに自信がなければ、転職エージェントを活用することを強くおすすめします。

もし自分で求人を探すのが煩わしいと感じる人は、希望条件を伝えることで求人を紹介してくれる転職エージェントの方が相性が良い場合もあります。

転職サイトのデメリット②:
スカウトサービスを除き、非公開求人に応募することはできない

転職サイトのデメリットとして次に挙げられるのが、非公開求人に応募することはできないという点です。転職サイトに掲載されている求人に関しては、誰でも応募が可能です。一方で、転職サイトにおいては転職エージェントが保有するような非公開求人が掲載されていないため、応募することはできません。

非公開求人とは?

Web上では公開されていない求人のことを非公開求人と言います。求人を非公開にする理由は様々ですが、下記の様な理由が挙げられます。非公開求人は待遇が良かったり、重要ポストに就けたりと魅力的な案件であることが多い傾向にあります。

  • 競合他社に知られたくないため
  • 応募の殺到を避け、採用の効率化を図るため
  • 重要ポストの人材採用を社内秘で行いたいため
  • 待遇などを広く伝えたいわけではないため

一般に非公開案件は待遇の良いものが多いと言われています。スカウトサービスではこうした非公開求人も受け取ることができますが、転職サイトでは自分から応募することはできないという点には留意が必要です。

転職サイトのデメリット③:
キャリアアドバイザーの助けを得られない場合がある

転職サイトでは転職エージェントの助けを得られないという点もデメリットとして挙げられます。

求人サイトから直接応募する場合や、企業からダイレクトスカウトを受けて選考を受ける場合は転職エージェントを介していないため、独力で面接を受けることになりますが、その場合面接対策をすることができないため、選考で落とされるリスクが高まる場合があります。

従って自信が無い方は転職エージェントの助けを得て転職活動を行った方がよい場合もあります。おすすめの転職エージェントについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

転職エージェントを使うべき人の特徴

転職エージェントを活用しない方が良い人の特徴についてご説明しましたが、逆に転職エージェントを活用した方が良い人の特徴についてご説明します。

転職エージェントを使うべき人の特徴

転職エージェントを使うべき人の特徴①
初めての転職活動の方・未経験の業界に転職したい方

初めての転職活動の方・未経験の業界に転職したい方の場合、転職エージェントを活用した方が良いでしょう。転職エージェントは選考の日程調整から選考対策まで行ってくれます。また、志望業界の業界動向や働き方など、インターネットなどでは集められない情報を提供してくれるため、内定確率を上げるためにも転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントを使うべき人の特徴②
第二新卒やフリーター、ニートなど、経歴に自信がない方

第二新卒やフリーター、ニートなど、経歴に自信がない方の場合も転職エージェントを活用した方が良いでしょう。転職エージェントは選考の日程調整から選考対策まで行ってくれるだけでなく、転職エージェントと採用企業の関係性を活かし、採用企業に求職者のアピールもしてくれるため、転職エージェント経由でなく直接応募するよりも内定確率を上げることができます。

転職エージェントを使うべき人の特徴③
書類添削や選考対策を受けて内定確率を上げたい方

書類添削や選考対策を受けて内定確率を上げたい方も、転職エージェントの活用をおすすめします。転職エージェントは職務経歴書や履歴書といった書類の添削のほか、模擬面接などの選考対策を行ってくれます。自分で直接企業に応募する場合、こうした選考対策を受けることができないため、ライバルとの間で差が生まれる可能性があります。

選考対策を受け、万全の態勢で企業の選考を受けたい方は転職エージェントを活用するようにしましょう。

転職エージェントを使うべき人の特徴④
現在勤務していて、忙しい方

現在勤務していて、忙しい方も転職エージェントの活用をおすすめします。

個人で転職活動をすると企業との日程調整などをすべて自分で行う必要があります。一方で、転職エージェントを活用した場合では、転職エージェントが企業との間にたって日程調整などをすべて行ってくれるため、日程調整などの負担が大きく減るというメリットを享受することができます。

転職エージェントを使うべき人の特徴⑤
採用企業の内情を知りたい方

採用企業の内情を知りたい方は、転職エージェントを活用した方が良いでしょう。転職エージェントは採用企業の年収水準や待遇のほか、採用企業の組織体制、人の雰囲気、労働時間など、外部からは見えづらい情報も多く把握しています。

転職後にミスマッチが生じないようにするためにも、転職エージェントを活用して企業の内情について理解しておくことをおすすめします。

転職エージェントを使うべき人の特徴⑥
自身のキャリアに迷っている方

自身のキャリアに迷っている人も、転職エージェントの活用をおすすめします。転職エージェントは豊富な転職支援経験を基に、求職者のキャリアに関するアドバイスもしてくれます。例えば、将来的に転職したいものの現段階で転職できない転職先を希望する場合、どのような企業を経由すれば最終的にその企業に転職できるかといった点もアドバイスしてくれるため、キャリアに関する相談をしたい人は転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントを使うべき人の特徴⑦
非公開求人を確認したい方

非公開求人を確認したい方も、転職エージェントの活用をおすすめします。

非公開求人とは?

Web上では公開されていない求人のことを非公開求人と言います。求人を非公開にする理由は様々ですが、下記の様な理由が挙げられます。非公開求人は待遇が良かったり、重要ポストに就けたりと魅力的な案件であることが多い傾向にあります。

  • 競合他社に知られたくないため
  • 応募の殺到を避け、採用の効率化を図るため
  • 重要ポストの人材採用を社内秘で行いたいため
  • 待遇などを広く伝えたいわけではないため

一般に非公開案件は待遇の良いものが多いと言われています。こうした非公開求人を紹介してもらえることが転職エージェントを活用するうえでのメリットです。

転職エージェントを最大限活用するためのコツ・気を付けること

転職エージェントを最大限活用するためのポイントについてご紹介します。転職エージェントを最大限活用するにあたっては、下記の様なことを意識すると良いでしょう。

転職エージェントを最大限活用するための
コツ・気をつけること

転職エージェントを最大限活用するためのコツ・気を付けること①
自分の希望をきちんと伝える

転職エージェントを最大限活用するためには、自分の希望をきちんと伝えることが重要です。

希望条件について優先順位をつけ、譲れない条件をきちんと伝えることで、担当のキャリアアドバイザーの理解度が深まり、より自分の条件に合致した求人を紹介してくれるようになる可能性が高まります。具体的には下記の様な手順で、希望条件の優先順位をつけると良いでしょう。

転職エージェントに対して
明確に条件を伝える方法

年収・福利厚生・業種・職種・勤務形態・休日の有無などの希望条件をかき出し、それを譲れない順番に並べましょう。その中で特に求人が満たしてほしい項目を強調することで、求人の質が良くなる可能性があります。

転職エージェントを最大限活用するためのコツ・気を付けること②
複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントを最大限活用するためには、逆説的ですが複数の転職エージェントを活用することもおすすめします。

エージェントは複数登録するのが
おすすめな理由

エージェントの利用は完全無料で、何社から話を聞いても問題はありません。初回面談を通じて担当のキャリアアドバイザーとの相性が分かる場合もあるため、できるだけたくさんの転職エージェントと話をしてみることをおすすめします。

転職においてはスカウト型転職サイトも登録すべき

転職においてはスカウト型転職サイトである『ビズリーチ』や『リクルートダイレクトスカウト』などスカウト型転職サイトの活用もおすすめします。

スカウト型転職サイトでは、企業やヘッドハンターから求人に関するスカウトメッセージを受け取ることができ、思いもよらない企業から好条件のスカウトが来ることもあります。

登録しておくだけで多種多様なヘッドハンターや企業から求人に関するスカウトメッセージが届くので、どのような求人案件があるか、自分の市場価値がどれくらいか、簡単に確かめることができます。

もちろん、届いたスカウトメッセージに応募することで選考を受けることもできます。

①転職案件を知るため、②自分の市場価値の確認のため、転職を検討する際はエージェントに加えて『ビズリーチ』や『リクルートダイレクトスカウト』にも登録するのがベストです。

転職エージェントを最大限活用するためのコツ・気を付けること③
面接対策や書類添削でフル活用する

転職エージェントは企業の選考における面接や書類選考といった選考の内定確率を上げるため、面接対策や書類添削も実施してくれます。転職エージェントをフル活用するためには、こうした対策に関しても積極的にお願いするようにしましょう。

転職エージェントの添削などがなければ、自分で書類を作成したり面接を受ける必要がありますが、失敗した場合に自分のどこが悪いか客観的に指摘してくれる人がいなくなってしまいます。

企業の採用ニーズや転職ノウハウを熟知している転職エージェントに書類や面接を見てもらうことによって、より質の高い準備ができるようになり、転職活動の成功確率を上げることができるでしょう。

転職エージェントを最大限活用するためのコツ・気を付けること④
サポートしたいという気持ちにさせる

転職エージェントとの面談を成功させるためのポイントとして、サポートしたいという気持ちにさせるにさせることも重要です。転職エージェントのビジネスモデルは、求職者が採用企業に転職することで報酬を得るというビジネスモデルです。

従って、担当のキャリアアドバイザーは複数の求職者を担当する中で、転職意向が高かったりサポートがしたくなるような求職者を優先してサポートしてくれるため、できるだけサポートしたいという気持ちにさせることが重要となります。

逆に、求職者側が失礼な対応をしてしまっていたり、転職意向が低いと判断される場合は転職エージェントに見捨てられてしまう可能性も高まります。

具体的に言えば、下記のような行動をとることが重要です。

転職エージェントにサポートしたいと
思わせるために重要な行動

転職エージェントにサポートしたいと思わせるために、特別な行動は必要ありません。真摯にコミュニケーションすることで、転職エージェントから自然に信頼を獲得することができるでしょう。

転職エージェントを最大限活用するためのコツ・気を付けること⑤
非公開求人を積極的に確認する

転職エージェントを活用するためには、非公開求人を積極的に確認するようにしましょう

非公開求人とは?

Web上では公開されていない求人のことを非公開求人と言います。求人を非公開にする理由は様々ですが、下記の様な理由が挙げられます。非公開求人は待遇が良かったり、重要ポストに就けたりと魅力的な案件であることが多い傾向にあります。

  • 競合他社に知られたくないため
  • 応募の殺到を避け、採用の効率化を図るため
  • 重要ポストの人材採用を社内秘で行いたいため
  • 待遇などを広く伝えたいわけではないため

一般に非公開案件は待遇の良いものが多いと言われており、転職エージェントに登録した際はこうした非公開案件について積極的に確認することで、より良い求人に出会える可能性が高まります。

転職エージェントを最大限活用するためのコツ⑥
年収や内定後の条件についても交渉してもらう

年収や内定後の条件についても交渉してもらうことも、転職エージェントを最大限活用するうえでのコツの1つです。あまり知られていませんが、転職エージェントは内定先と年収などの条件面や、入社日などについて求職者の代理となって交渉してくれます。

年収などの条件に付いて求職者自身が交渉するのはハードルが高いという事実がありますが、転職エージェントであればフラットな立場で交渉してくれる上、思いもよらぬ好条件を引き出してくれることがあるため、転職の際は積極的に転職エージェントに交渉してもらうことをおすすめします。

転職エージェントを最大限活用するためのコツ⑦
「二度と使わない」と思っても、丁寧な対応を心がける

転職エージェントを最大限活用するためには、逆説的ですが「二度と使わない」と思っても、丁寧な対応を心がけることが大事です。

転職エージェントの対応次第では、「二度と使わない」と思ってしまうこともあるでしょう。しかしながら、それは担当のキャリアアドバイザーの質が低いだけで、転職エージェント自体には良い案件が回ってくるということもよくあります。

従って、「二度と使わない」と考えてもそうした好条件の案件を逃さないようにするために、丁寧な対応を心がけておくことが結局自分のために繋がります。

特に、「二度と使わない」と思った転職エージェントが大手の場合、どこかでまた活用するケースもありうるため、「二度と使わない」と思っても高圧的な対応を取らないようにすることをおすすめします。

良い転職エージェントの見極め方

良い転職エージェントを見極めるためのポイントとしては、下記の様なものが挙げられます。

良い転職エージェントを
見極めるためのポイント

良い転職エージェントを見極めるためのポイント①:
キャリアアドバイザーとの相性が合う

良い転職エージェントを見極めるためのポイントとしてまず挙げられるのが、キャリアアドバイザーとの相性が合うか否かという点です。

これに関しては個々人の性格や相性で直感的なものであるため、言語化するのは難しい要素ですが、初回面談で話してみて人間として信用できそうか、話してみて相性が良いかといった観点を確認してみると良いでしょう。

良い転職エージェントを見極めるためのポイント②:
業界や企業に関する知識を持っている

業界や企業に関する知識を持っているかどうかも、良い転職エージェントかどうかを見極めるうえで重要なポイントです。

転職エージェントの強みは、転職エージェントによる選考対策であったり企業の内情を共有してもらえるという点ですが、業界や企業に関する知識が不足しているとこうした対策も不十分となってしまう可能性があります。

特に、社風や待遇・労働時間など外部から分かりづらい情報をいかに持っているか、その業界における転職支援実績はあるかといった点は初回面談で確認してみると良いでしょう。

良い転職エージェントを見極めるためのポイント③:
レスポンスが早い

レスポンスが早いかどうかも、良い転職エージェントかどうかを見極めるうえで重要なポイントです。転職エージェントによっては普段からレスポンスが遅く、なかなか連絡してもらえない転職エージェントもいます。

転職という人生の一大事においてレスポンスが遅い人は信用できないうえ、大事な局面で連絡が取れないということにもなりかねないので、注意が必要です。

良い転職エージェントを見極めるためのポイント④:
上から目線や横柄・強引な対応をしない・対応が丁寧

上から目線や横柄・強引な対応をしない・対応が丁寧な転職エージェントも質の高い転職エージェントといえるでしょう。

転職エージェントは候補者が転職した場合に企業から報酬を得られるというビジネスモデルであるため、候補者を無理に転職させようと強引な対応をする転職エージェントもいます。

また、そのような強引さだけでなく、シンプルに上から目線であったり横柄な対応をしてくる転職エージェントもいます。こうした転職エージェントはかかわるだけ時間がもったいないので、すぐに担当を変更するように申し伝えることをおすすめします。

良い転職エージェントを見極めるためのポイント⑤:
求職者の話を鵜呑みにせず、客観的なアドバイスをくれる

求職者の話を鵜呑みにせず、客観的なアドバイスをくれるキャリアアドバイザーも良いキャリアアドバイザーの特徴です。キャリアアドバイザーによっては求職者の話を鵜呑みにして、当たり障りのないアドバイスばかりしてくる転職エージェントもいます。

しかしながら、求職者の話すニーズは必ずしも求職者の希望を満たすものでないケースもあります。

例えば、経営経験を積みたいコンサルに行きたいと言っている人に対して、コンサルはあくまで第三者の立場からアドバイスするのが役割であり、経営経験を直接積めるわけではない、などのアドバイスができる転職エージェントの方が良い転職エージェントです。

このように、求職者の話を鵜呑みにせず、求職者の話から真のニーズをくみ取って適切なアドバイスができる転職エージェントを活用することをおすすめします。

良い転職エージェントを見極めるためのポイント⑥:
求職者のことを知ろうとたくさん質問してくる

求職者のことを知ろうとたくさん質問してくる転職エージェントも、質の高い転職エージェントとして信用できるでしょう。求職者のことを知れば知るほど、求職者にマッチした求人を紹介することができますが、そうした意欲がある転職エージェントは質が高い傾向にあります。

また、求職者としても経験のあるキャリアアドバイザーによる質問を通じた分析により、自分のことがより客観的にわかるようになるでしょう。

良い転職エージェントを見極めるためのポイント⑦:
紹介してくる求人が、的外れなものばかりではない

紹介してくる求人が、的外れなものばかりではないという点も重要です。

転職エージェントが紹介する求人すべてが希望に沿っているわけではなく、時には希望とは違う求人の紹介もあり得ます。

そうした的外れな求人が紹介される頻度が少なく、基本的には紹介される求人が希望に沿っている転職エージェントは質の高い転職エージェントといえるでしょう。

逆に、紹介してくる求人が的外れなものばかりである場合は、別のキャリアアドバイザーへの変更を申し出ることをおすすめします。

初回面談で担当のキャリアアドバイザーを見極めよう 転職エージェントを活用するステップ

転職エージェントは、下記のようなフローで活用することとなります。各ステップについて、詳細に説明します。

転職エージェントを活用する場合の流れ
  1. 転職エージェントに登録
  2. 登録後、転職エージェントより連絡、初回面談の日程を調整
  3. 初回面談(希望職種・希望年収水準・経歴についてすり合わせ)
  4. 求人紹介・書類添削・応募
  5. 面接対策・面接
  6. 内定・条件交渉・転職

なお、各ステップにおける転職エージェントの賢い使い方については下記の記事で別途解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

転職エージェントを活用する場合の流れ①
転職エージェントに登録

まずは転職エージェントの公式サイトから会員登録します。一般的には下記の様な情報を入力する必要がありますが、会員登録に際して必要な情報は転職エージェントによって異なっており、非常に入力項目が少ない転職エージェントもいます。

転職エージェントを活用する際に一般的に必要な情報
  • 氏名
  • メールアドレス
  • 在籍企業の職種
  • 居住の都道府県
  • 直近の年収
  • 雇用形態・役職
  • 直近在籍企業
  • 入社年月・退社年月・職務内容
  • 転職回数
  • 希望勤務地
  • 語学スキル・資格スキル
  • 最終学歴
  • 卒業年

転職エージェントを活用する場合の流れ②③
登録後、初回面談の日程を調整・初回面談を実施

転職エージェントへの登録後、すぐ-5営業日程度を目安に転職エージェントより連絡が来て、初回面談の日程を調整することとなります。

初回面談では一般的に下記の様なことについて話し合います。これは後々紹介する求人が求職者に適したものになるように、転職エージェントが求職者のことを理解するために行われるものです。

  • キャリアの棚卸し: キャリアアドバイザーとともに、これまでの経験からどのようなキャリアが身についているか、客観的に強み・弱みを整理します。「キャリアの棚卸し」によって、自分では気がつかなかった強みや可能性を発見できます。
  • 転職の目的や希望条件の確認: 転職で実現したいことや譲れない条件の確認を行います。ここですり合わせた希望条件を満たす求人を、キャリアアドバイザーが紹介してくれます。
  • 方向性・スケジュールの明確化: いつまでに転職したいかをもとに選考を受けるスケジュールを決めたり、面接対策に咲くことができる時間などについてキャリアアドバイザーとすりあわせします

また、キャリアアドバイザーとの初回面談では、下記の様なことも確認するようにしましょう。特に、キャリアアドバイザーの選考対策や業界知見によって自身の内定確率も大きく上がるため、自分が希望する業界に関する知見があるキャリアアドバイザーがきちんと担当としてつきそうか確認することをおすすめします。

  • 担当のキャリアアドバイザーの転職支援成功実績
  • 自身の希望する業界における知見
  • 選考対策・書類添削の可否
  • 担当者との相性

特に、キャリアアドバイザーの中には自身の利益のために求職者のためにならないことをする悪質な人もいます。初回の面談でそのような兆候を感じた場合は、遠慮なく担当者の変更をお願いしましょう。

<参考>悪質な転職エージェントの特徴
  • 希望条件とかけ離れた的外れな求人を紹介してくる
  • 上から目線だったり、説教が多かったりと対応・態度が悪い
  • 転職や内定受諾を急かしてくる
  • 電話やメールなどでの連絡がしつこい、仕事中に電話してくる
  • レスポンスが遅い
  • 求人を紹介してくれない、見捨てられる
  • 企業に関する質問をしても、答えてくれない

初回面談はオンラインで実施される?オフラインで実施される?

初回面談の実施がオンラインかオフラインかに関しては転職エージェントによって異なってきますが、自分の希望した形態で実施することができる転職エージェントが多いため、自分の希望を伝えると良いでしょう。

初回面談では何を持っていけばよい?

転職エージェントによって異なりますが、一般的には筆記用具、名刺、持っている場合は履歴書・職務経歴書を持っていけば良いでしょう。特に履歴書・職務経歴書に関しては、事前に送付しておくことで初回面談がスムーズに進むようになります。

服装は自由?

転職エージェントによって異なりますが、服装は自由としているところが多い模様です。一方で、面接時の服装に関しても見てもらいたい方は、面接を受ける際の服装で初回面談を受けてみるのも良いでしょう。

面談や紹介を断られることはある?

職業安定法において、転職エージェント(=職業紹介事業者)は、求職者からの求人の申し込みは、原則としてすべて受付しないといけないと定められています。

どんな転職エージェントであっても、求人紹介や初回面談を断られることは基本的にありません。断られる心配はないので、気になる転職エージェントには積極的に面談に申し込みましょう。

転職エージェントはメンタル不調でも活用できる?

転職エージェントはメンタル不調でも活用することが可能です。メンタルが不調の場合は初回面談でその旨を正直に伝えるようにしましょう。そのことを理解したうえで求人を紹介してくれるようになったり、転職活動の計画を立ててくれるようになります。

転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないことは?

転職エージェントの面談では、下記の様なことは絶対にやってはいけません。

転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないこと
  • 経歴を詐称する・スキルなどで嘘をつく
  • 面談の日程を守らない
  • 面談までに指定された準備を行わない・指定された物を持参しない
  • 高圧的・横柄な態度をとる
  • 過剰なサービスを要求する
  • 転職の意思が低いと言い張る

上記の様なことをしてしまうと転職エージェントとの信頼が崩れ、良いサポートを受けることができなくなります。

転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないことは下記の記事でも解説しているので、詳しく知りたい方は合わせてご覧ください。

転職エージェントとの面談については下記の記事でも解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

転職エージェントを活用する場合の流れ④
求人紹介・書類添削・応募

キャリアアドバイザーとの初回面談を終えた後は、転職エージェントより求人の紹介をしてもらうこととなります。紹介してもらった求人の中で興味がある求人があれば、それに応募することとなります。

初回面談で理解した求職者の特性や希望を踏まえた紹介となるため、この段階で紹介される求人は求職者に適した案件が多いという特徴があります。

また、求人に応募するにあたっては書類(履歴書・職務経歴書)の提出が必須となりますが、転職エージェントは履歴書や職務経歴書における記載条項に関する添削も行ってくれます。

書類選考で落選してしまうのは非常にもったいないので、キャリアアドバイザーによる書類添削は積極的に活用するようにしましょう。

紹介された求人には必ず申し込まなければいけない?

紹介される求人に必ず申し込まなければいけないわけではありません。応募はあくまで候補者の意思で行うことができます。

転職エージェントを活用する場合の流れ⑤
面接対策・面接

応募・書類選考を通過した後は、いよいよ面接となります。キャリアアドバイザーは面接の合格率を高めるために、模擬面接や志望動機の添削も行ってくれるので、積極的に選考対策をお願いすることをおすすめします。

日程調整はキャリアアドバイザーにお任せ

面接における日程調整は、キャリアアドバイザーがすべて代行してくれるため、自分で日程調整等を行う必要はありません。選考結果の連絡もすべてキャリアアドバイザーが行ってくれます。

また、転職エージェントは面接のフィードバックも仕入れてくれます。そのフィードバックを基に改善点などがわかるため、結果として面接の合格率を上げることができます。

転職エージェントを活用している場合は、積極的にフィードバックをもらうようお願いすることをおすすめします。

転職エージェントを活用する場合の流れ⑥
内定・条件交渉・転職

面接を突破して内定を得た場合、内定後の入社日や年収の調整など個人では交渉しにくい内容はすべてキャリアアドバイザーが代行してくれます。また、転職に際しての退職方法・手続きに関してもアドバイスを受けることができます。

むかつく転職エージェントの特徴は?見捨てられる・説教してくる?

転職エージェントを活用するにあたってどのような転職エージェントが「むかつく」か、タレントスクエアでは実際に転職エージェントを活用した人100名にインタビューを実施しました。実施したインタビューによると、むかつく転職エージェントの特徴は下記の通りとなっています。

#むかつく転職エージェントの特徴人数
1希望条件とかけ離れた的外れな求人を紹介してくる21
2上から目線だったり、説教が多かったりと対応・態度が悪い17
3転職や内定受諾を急かしてくる14
4電話やメールなどでの連絡がしつこい、仕事中に電話してくる12
5レスポンスが遅い11
6求人を紹介してくれない、見捨てられる9
7企業に関する質問をしても、答えてくれない7
その他9
むかつく転職エージェントの特徴(タレントスクエア調べ)
むかつく転職エージェントの特徴

胡散臭い?転職エージェントに関するよくある疑問と裏事情

転職エージェントには下記の様な疑問と裏事情があると言われています。

転職エージェントに関する
よくある疑問と裏事情

転職エージェントの裏事情は、成功報酬型のビジネスモデル・ノルマに起因する

転職エージェントの裏事情は、転職エージェントのビジネスモデルを理解しておくことによってより深まります。

転職エージェントは、求職者を企業に紹介し、求職者が企業に入社する際に人材紹介料(転職者の年収×30-35%程度)を獲得するというビジネスモデルとなっています。

従って、転職エージェントにとっての顧客は求職者ではなく、採用企業です。採用企業から報酬を受け取っているため求職者は無料でサービスを活用できる一方で、エージェントは採用企業も重視しなければならないという点が様々な裏事情を生む背景となっています。

また、転職エージェントは採用企業に紹介する回数が増えるほど収益が伸びるため、収益目標を達成するために、一人一人の転職エージェントにはノルマが課されていることもあります。このようなノルマの存在も様々な裏事情の原因の一つとなっています。

嘘つき?不信感がある?無責任?
信用できない転職エージェントの特徴

転職エージェントについてインターネットで検索すると、下記の様に「嘘つき」「不信感」「無責任」など、ネガティブなワードが多数並びます。

どのような転職エージェントが、このように「信用できない」と言われているのでしょうか。転職エージェントが信用できないと言われる理由には下記の様なものが挙げられます。本項目では1つ1つ解説していきます。

信用できない転職エージェントの
特徴

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地〒106-6116
東京都港区6-10-1 六本木ヒルズ森タワー16F
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年6月時点)
目次