30代転職は手遅れ・難しい?転職を成功させるためのコツ

30代転職は手遅れ・難しい?転職を成功させるためのコツ

30代で転職を検討している人の中には、30代での転職は「手遅れ」と言われているのを耳にしたことがあるのではないでしょうか。

30代転職は手遅れと言われる理由や30代での転職が可能な理由、30代の強みを活かし転職を成功させるためのコツについて解説していきます。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで、自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択
目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

【結論】30代での転職が手遅れというのは間違い

結論から言うと、30代での転職が手遅れというのは間違いです。

30代では個人の活躍だけでなく、組織により良い影響を与え貢献できる人材が求められています。そのため、専門性の高いものやマネジメント経験などのある人材は重宝されます。

総務省統計局によると、就業者6,676万人のうち転職者は269万人と年々増加しており、中でも「25歳~34歳」は全体の25%を占めています。

また、30代後半の「35歳~44歳」も18.6%と約20%を占めており、多くの人が転職を行っていることからも手遅れではないと言えます。

年代転職者数
25歳~34歳74万人(25.0%)
35歳~44歳55万人(18.6%)
45歳~54歳52万人(17.6%)
総務省等統計局:労働力調査(詳細集計)2023年

しかし、20代後半から30代前半は特に転職を考える人が多いため、より豊富な知識や経験・スキルがあるかがみられやすいといった理由から転職は厳しい・難しいと噂されてしまうのも事実です。

30代転職は「手遅れ」と言われる理由

30代での転職は手遅れではないということはご説明しました。次に、なぜ30代での転職は「手遅れ」と言われているのかについて解説していきます。

30代転職は「手遅れ」と言われる理由

\ 今すぐ転職予定が無くても情報収集に使える /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年7月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
利用者の口コミが良いおすすめ転職サービス
\ 人気No.1 /
マイナビAGENT
(4.8)
ホワイト企業で高年収を目指したい人におすすめの大手転職エージェント【全国・全職種・全年代対応】

【週休3日】【フルリモート可】【未経験歓迎】など、マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp
リクルートエージェント
(4.6)
初めての転職におすすめ!転職支援実績で国内No.1の最大手転職エージェント。

年齢・地域・職種に関わらず誰でも利用でき、全国20万件以上の非公開求人から経験豊富なキャリアアドバイザーが最適な求人を提案。

【公式】https://r-agent.com
キャリアスタート
(4.6)
第二新卒・既卒・未経験に特化した大手のキャリア支援サービス。

学歴・職歴よりもポテンシャルを評価してくれる優良企業の独自案件が多く、月収25万円以下から年収100万円以上アップの実績多数

【公式】https://careerstart.co.jp
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

30代転職は「手遅れ」と言われる理由#1:
20代よりも条件が増え自分に合った求人数が少なくなるため

30代での転職が手遅れと言われる理由として、20代よりも条件が増え自分に合った求人数が少なくなるという点が挙げられます。

20代や第二新卒は転職市場における人気が高く、それによって転職市場における求人数も豊富です。

求人数が多いため自分の条件に合ったものを豊富な求人の中から探すことができたり、次回の転職も見据えて、妥協点を見つけながら転職活動を行っていくこともできます。

しかし、30代になると家庭を持つ人も多くなり、自分のやりたい仕事という点だけではなく、給料、休暇日数、労働時間、勤務形態など妥協することのできない重要な条件が出てくるようになります。

そのため、20代に比べて外すことのできない条件が多くなり、求人数が絞られてしまいます。少ない求人から自分に合った転職先を探すことになり、転職活動に時間を要するようになります。

こうしたことから、30代での転職は手遅れと言われてしまう傾向にあります。

\ ワークライフバランス&キャリアアップ /

注目求人

大手Webサービスの事業企画【週休3日・フルリモート可】

【勤務地】全国(フルリモート)

【年収】550万円 ~ 1000万円

30代転職は「手遅れ」と言われる理由#2:
20代と比べると教育が難しく柔軟性が低いとみなされているため

30代での転職が手遅れと言われる理由として、20代と比べると教育が難しく柔軟性が低いとみなされているという点が挙げられます。

20代は社会人経験が短いことから企業のルールやこれまでのやり方などに固執することなく、転職後も柔軟に対応することができます。また、教育した後も長期にわたって活躍してくれるため企業も教育コストをかけやすいと言えます。

しかし、30代では社会人経験も長く20代に比べると柔軟性に欠けてしまっていることや年次を重ねているために企業からすると教育コストを掛けづらくなってしまい、採用のハードルが上がることから手遅れと言われることがあります。

30代であっても、コミュニケーション能力や礼儀・マナーがあれば30代であっても新しい環境に馴染むことはできます。以前の職場におけるしきたりや風潮に固執するのではなく、柔軟に物事をとらえ対応していくことが重要です。

30代転職は「手遅れ」と言われる理由#3:
出世のポジションが限られている可能性があるため

30代での転職が手遅れと言われる理由として、出世のポジションが限られている可能性があるという点が挙げられます。

会社内の出世のポジションはもともと限られています。また新卒至上主義の根強い日系企業は社内にいる既存人材の中から出世する傾向にあります。そのため、30代で転職しても転職先での出世が難しい可能性があります。

一方、これは会社によって大きく異なることで、30代で転職して出世できることも往々にしてあります。30代で転職する場合は、自分が転職したとしてその会社で出世できる可能性があるか認識したうえで転職するようにしましょう。

転職先の企業で転職者が出世できるようなキャリアパスが整っているかであったり、転職者で出世している人がいるかどうかを事前に確認しておくことが重要です。

\ 2024年7月最新の人気求人 /

総合商社の事業投資担当者【年収800万円~】

グローバルに事業展開する総合商社が事業投資担当者を募集中。ワークライフバランスを確保したまま高年収を実現できます。

【勤務地】東京(リモート可)

【年収】800万円 ~ 2000万円

30代転職は「手遅れ」と言われる理由#4:
転職したいけどスキルがないため

30代での転職が手遅れと言われる理由として、転職したいけどスキルがないという点が挙げられます。

20代の転職ではポテンシャルが重要視され、スキルや経験が多少ないとしても採用してもらうことができます。しかし、30代では、社会人経験も長くスキルを磨いている人やキャリアアップしている人も多くなる世代です。

企業もスキルがあり企業に貢献してくれる、即戦力となる人を採用する傾向にあります。そのため、30代で転職を行おうとしても、スキルが不足している場合には、転職活動が難航することも考えられるため手遅れと言われることがあります。

市場価値を上げたい人におすすめの求人

大手上場IT企業のITエンジニア【完全未経験から歓迎】

東証プライム市場に上場している大手IT企業において、ITエンジニアを募集中。プログラミング経験ゼロでも可。充実した独自研修システムを利用し、給料をもらいながら一人前のITエンジニアを目指せます。

30代転職は「手遅れ」と言われる理由#5:
転職先でみじめな思いをすることがあるため

30代での転職が手遅れと言われる理由として、転職先でみじめな思いをすることがあるという点が挙げられます。

新たな会社では、年齢やキャリアとは無関係に新人として見られます。自分よりも年齢の若い人や同年代の上司から学ぶことも多くなります。

これまで、年功序列の色合いが強い会社にいた場合、年下が上司となって指示を受けることにみじめだと感じてしまうこともあります。

しかし、実際は年下が上司になったとしても恥ずべきことではありません。転職者に対してリスペクトを持って接してくれる人も多くいます。

また、30代での転職が年々増加しているため、社内にも同じ境遇の人も少なくありません。社員同士でコミュニケーションを取り良好な人間関係を築いていくことが大切です。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

30代での転職が手遅れではない理由

30代での転職が手遅れではない理由は下記の通りです。

30代での転職が手遅れではない理由

\ 今すぐ転職予定が無くても情報収集に使える /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年7月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *

【1位】 マイナビAGENT (4.8)

ホワイト企業で高年収を目指したい人におすすめの大手転職エージェント。【週休3日】【フルリモート可】【未経験歓迎】など、マイナビエージェントでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp


【2位】 リクルートエージェント (4.6)

初めての転職におすすめ!転職支援実績で国内No.1の最大手転職エージェント。年齢・地域・職種に関わらず誰でも利用でき、全国20万件以上の非公開求人から経験豊富なキャリアアドバイザーが最適な求人を提案。

【公式】https://r-agent.com


【3位】 キャリアスタート (4.6)

第二新卒・既卒・未経験に特化した大手のキャリア支援サービス。学歴・職歴よりもポテンシャルを評価してくれる優良企業の独自案件が多く、月収25万円以下から年収100万円以上アップの実績多数

【公式】https://bizreach.jp

30代での転職が手遅れではない理由#1:
30代を求める求人が豊富にある

30代での転職が手遅れではない理由は、30代を求める求人が豊富にあることが挙げられます。

30代は社会人経験も長く、役職についている人もいるでしょう。企業は30代に対して豊富な知識と経験を活かして即戦力として働くことを期待するようになります。そして、企業側が30代に対してその価値を見込み求人数も多くなっています。

スキルや経験を最大限活かすことができれば、年収を上げることもできます。企業の求める人材を理解した上で、面接において自分自身の持つスキルや経験をしっかりと企業へアピールしていくことが大切です。

キャリアアップを目指す人におすすめの求人

【金融知識不問】M&Aアドバイザー【平均年収2000万円超】

企業の合併・買収において中立的なアドバイスを提供し、売り手・買い手企業の両面をサポート。業界未経験者が多数で、平均年収は2000万円以上。法人営業や企画系職種の経験者は特に歓迎です。

なお、今の自分の年収が高いか低いかを知りたい場合は、自分の年収偏差値を計算してみることをおすすめします。一例として、以下は【25歳・年収400万円】の場合の年収偏差値です。

年収偏差値について詳しく知りたい方は以下の年収偏差値計算ツールをご利用ください。年齢と年収を入力すると年収偏差値を試算することができます。

▼ 条件を指定して年収偏差値を計算できます
年収偏差値計算ツール
偏差値
男性の中での偏差値
女性の中での偏差値
大卒の中での偏差値
大企業の中での偏差値

厚生労働省『賃金構造基本統計調査』の最新情報をもとに試算

実は、年収は個人の能力やスキルよりも、働いている業界や企業などの【環境】によって大きく左右されます。年収水準の低い業界やブラック企業に勤めている限り、本人がいくら努力しても年収が上がることは期待できません。

今の自分の年収が本当に適正水準なのか?ブラック企業に搾取されていないか?自分の正しい市場価値を知りたい方は『適正年収診断』という無料ツールをチェックしてみてください。

簡単な経歴を登録するだけで、自分の適正年収を診断し、具体的な数字で知ることができます。診断は1分で完了し、結果はその場で見ることが出来ます。(診断ページはこちら

30代での転職が手遅れではない理由#2:
これまでの経験を企業から評価してもらうことができる

30代での転職が手遅れではない理由は、これまでの経験を企業から評価してもらうことができる点が挙げられます。

30代ではスキルや経験が重要視されるため、スキルがない場合には転職が厳しいと言われることがありますが、スキルだけではなく今での社会人としての経験や仕事を通しての学びも評価してもらうことができるのは30代で転職するメリットと言えます。

転職を行う際には、これまでの社会人経験をどう転職先で活かすことができるのかを明確にし、他の候補者よりも少しでも秀でた部分をアピールすることも大切になってきます。

注目求人

未経験歓迎の戦略コンサルタント【残業20時間以内】

転職市場で屈指の人気を誇る大手コンサルティングファームがコンサルタントを募集中。コンサル未経験でも転職可能で、戦略系プロジェクトも多数経験できます【平均残業時間は約20時間】

30代での転職が手遅れではない理由#3:
異業種・未経験でも転職できるため

30代での転職が手遅れではない理由として、異業種・未経験でも転職できることが挙げられます。

30代では異業種や未経験職への転職も十分可能な年齢です。30代女性でスキルがないと感じていても、社会人経験が長いためポータブルスキルが身に付いていることが考えられます。

ポータブルスキルとは、職種の専門性以外に業種や職種が変わっても持ち運びができる職務遂行上のスキルのことを指します。

ポータブルスキルの一例

30代であれば5年以上の社会人経験を積んでいるため、「コミュニケーション能力」「問題解決力」などのポータブルスキルが身についていることが考えられます。

未経験・異業種であってもポータブルスキルは活かすことができるため、企業も未経験者であっても採用しやすいと言えます。転職後の企業で自分の活かすことのできるスキルがある場合、しっかりと伝えていくことが大切です。

SNSが好きな人におすすめの求人

SNS広告の運用をリードするWebマーケター【未経験歓迎】

インターネット広告に特化した国内最大級の広告代理店において、未経験からWebマーケターを募集しています。充実した研修制度を通じてポータブルスキルが身につき、転職市場における市場価値アップも目指せます。

30代での転職が手遅れではない理由#4:
謙虚さや柔軟性があれば職場に馴染むこともできるため

30代での転職が手遅れではない理由として、謙虚さや柔軟性があれば職場に馴染むことができることが挙げられます。

30代での転職では、年下の社員から教わることもあります。また、キャリアアップの転職も多くなる時期であり、転職後すぐに多くの部下を抱えマネジメント業務に携わる可能性もあります。

前の職場のやり方や風潮に固執してしまうと職場に馴染むことは困難であり、業務においても支障が出てくる可能性も高くなるため、年齢や立場に関わらず、常に謙虚さを持ち人と接していくことが大切です。

また、新しい職場の方針に合わせる柔軟性を持つことに加えて、以前の職場の良い点を共有し業務の効率化を図るなど幅広い視野を持つことが重要になります。

こうした、謙虚さや柔軟性を持ち合わせていれば、年齢に関わらず馴染むことができ、職場に貢献することもできるようになるため、30代での転職は手遅れではないと言えます。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職エージェント診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで自分にあった転職エージェントが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

30代転職を成功させるコツ

30代での転職を成功させるコツは下記の通りです。

30代転職を成功させるコツ

\ 今すぐ転職予定が無い人でも安心して使える /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
【厳選】おすすめ転職サービス
\ 人気No.1 /
マイナビAGENT
(4.8)
ホワイト企業で高年収を目指したい人におすすめの大手転職エージェント。

【週休3日】【フルリモート可】【未経験歓迎】など、マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp

【口コミ】マイナビエージェントの評判
リクルートエージェント
(4.6)
初めての転職におすすめ!転職支援実績で国内No.1の最大手転職エージェント。

年齢・地域・職種に関わらず誰でも利用でき、全国20万件以上の非公開求人から経験豊富なキャリアアドバイザーが最適な求人を提案。

【公式】https://r-agent.com

【口コミ】リクルートエージェントの評判
キャリアスタート
(4.6)
第二新卒・既卒・未経験に特化した大手のキャリア支援サービス。

学歴・職歴よりもポテンシャルを評価してくれる優良企業の独自案件が多く、月収25万円以下から年収100万円以上アップの実績多数

【公式】https://careerstart.co.jp

【口コミ】キャリアスタートの評判
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

30代転職を成功させるコツ#1:
自己分析を行う・退職理由を明確に説明できるようにする

30代転職を成功させるコツとして、まず自己分析をしっかりと行うことが重要です。以下のポイントについて、自分自身の考えを明確にしておくと良いでしょう。

自己分析を行う際に
考えるべきこと

30代での転職では20代とは異なりスキルや経験を重要視するようになります。自分自身にスキルがないと思っていても、自己分析を行うことで自分のスキルや強みとなる部分を発見することができる可能性も高まります。

また、キャリアプランがより明確になることで将来への軸が定まり、企業とのミスマッチを防げるだけでなく自己アピールの幅を広げることができます。

一人で自己分析を行っていくことが難しい場合は転職エージェントの活用もおすすめです。転職エージェントでは自己分析方法を教えてもらうことができたり、キャリアの棚卸しからキャリアプランの作成などサポートを受けることが可能です。

30代転職を成功させるコツ#2:
ライフイベントの時期を想定してキャリアプランを考える

30代では結婚や出産など人生において一番ライフイベントが多くなる時期でもあります。結婚や出産などで家族が増えることで、これまでの生活とは大きく変化していきます。

ライフイベントはキャリアにも影響を及ぼす可能性が高いため、ライフイベントの時期を想定してキャリアプランを考えていくことが重要になります。

ライフイベントの時期を想定してキャリアプランを考えることで、将来の家庭生活を見据えることができます。事前に考えておくことで、勤務形態や福利厚生、育児支援制度などが整った企業を選ぶこともできるようになります。

仕事と家庭を両立させやすい企業を選ぶことで、ワークライフバランスを保ちながら働いていくことができるようになります。ライフイベントが多い30代において、長期的に安定して働くことができる職場であることは重要な要素の一つと言えます。

また、ライフイベントに備えて、転職前に十分な貯金を積み立てたり、保険の見直しを行ったりすることも考慮すべきです。転職が成功するためには、将来のライフプランを考慮した戦略的なキャリアチョイスが不可欠と言えます。

積極採用中のおすすめ求人

【転勤なし】大手食品メーカーの総合職【第二新卒も歓迎】

誰もが知るブランドを複数抱える国内最大手級の食品メーカーにて、総合職のメンバーを募集しています。第二新卒歓迎で新卒1年目から選考を受けることができます。

【勤務地】東京(リモート可)

【年収】450万円 ~ 700万円

30代転職を成功させるコツ#3:
選考を受ける企業の研究をしっかりと行う

30代での転職を成功させるためには、企業研究を行うことも非常に重要です。

会社の経営状況やその企業の特徴などによって企業側の求める人材は異なります。そのため、転職する際には企業分析を行い企業の求めている人材を理解することが重要です。

自分の受ける企業がどのような会社でどこに強みがあり、自分がどのように貢献できるかを説明できるようにしておきましょう。

また、面接においても企業が求人を出す目的を理解し、自分自身が必要な人材であることをアピールすることが必要です。企業分析が苦手な人は転職エージェントの活用もおすすめです。

転職エージェントを活用することで企業分析だけでなく、企業ごとの面接対策なども行ってもらうことができるため、より転職を成功させる確立を上げてくれます。

30代転職を成功させるコツ#4:
転職条件の優先順位を明確にする

30代での転職を成功させるコツとして、転職条件の優先順位を明確にすることも大切です。

30代での転職では、キャリアアップや年収アップ、家庭を持つ人が増えることによって家族の生活に合わせた条件など、20代の頃とは違った条件も多く出てくるようになります。

条件が多くなることで選択できる転職先が限られてしまうことになるため条件を絞り込みすぎないことが大切です。

しかし、条件を定めず転職を行ってしまうことで、企業とのミスマッチが起こる可能性もあります。譲れない条件に優先順位をつけたうえで、自分に合った転職先を見つけていくことが大切です。

30代転職を成功させるコツ#5:
仕事を続けながら転職活動を進める

30代での転職を成功させるコツとして、現在の仕事を続けながら転職活動を進めることです。

いきなり仕事を辞めてしまうと、収入の途絶えや不必要なキャリアの空白を生むリスクがあります。現在の会社に在籍しながら、次の職を探すことで、経済的な安定とキャリアの連続性を保つことができます。

また、仕事を続けながら転職活動を行うことは、転職先を慎重に選ぶための余裕に繋がります。急いで仕事を辞めることなく、自分に合った新しい職場をじっくりと探すことが可能になります。

これにより、適切な職場選びが可能となり、転職後の満足度を高めることができます。

さらに、現職を続けながら転職活動を行うことは、新しい職場での働き始めまでの収入を確保することにも繋がります。これは、転職に伴う経済的な不安を軽減し、より落ち着いて転職活動に専念することを可能にします。

安定した収入があることで転職先選びにおいても、より良い判断ができるようになります。

30代転職を成功させるコツ#6:
複数社の選考を受ける

30代での転職を行う際には、複数社の選考を受けることも大切です。

30代であっても転職可能だとしても、すべての企業から内定をもらえるような世界ではありません。従って、リスクヘッジのためにも複数社の選考を受けるようにしましょう。

また、複数社の選考を受けることによって、面接練習を行うことができたり、思わぬ企業に出会うことができたりと副次的な効果もあります。本命企業の合格率を上げるためにも、また転職で失敗しないためにも複数社の選考を受けるようにしましょう。

30代転職を成功させるコツ#7:
自分の市場価値を正しく把握する

転職を成功させるためには、自分の市場価値を正確に把握することが重要です。市場価値を把握することで、適切な職種や企業、そして求められる給与レベルを現実的に見積もることができます。

市場価値を知るためには、業界の動向や職種別の需要をリサーチし、同じスキルセットを持つ他の専門家と自己を比較することが有益です。また、転職エージェントからの意見を求めることも、自分の市場価値を正確に評価するのに役立ちます。

自分の市場価値を早く正確に知るためには、スカウト型の転職サイトに登録してみることが有効です。

doda(デューダ)』のようなスカウト型転職サイトでは、匿名で経歴を登録することであなたを採用したいと思う企業の採用担当者から直接スカウトオファーが届きます。

自分に届いたスカウトオファーの内容は、自分の市場価値を映す鏡です。どんな企業がスカウトを送ってくるか、年収はどれくらいかなど、自分の市場価値が分かる情報がたくさん手に入ります。

また、年収800万円以上など高年収の業界・職種にチャレンジしたい方は、ハイクラス向けのスカウト型転職サイト『ビズリーチ』も合わせて利用してみることをおすすめします。

30代転職を成功させるコツ#8:
転職エージェントを活用して情報戦で負けないようにする

転職を成功させる上で、転職エージェントの活用は非常に有効な戦略です。転職エージェントは業界ごとの最新動向、求人市場の情報、さらには非公開求人に関する情報を無料で提供してくれます。

このような専門的な情報は、自分だけで転職活動を行う場合には入手困難なものであり、転職市場におけるライバルに対して有利な立場を築くために非常に役立ちます。

また、転職エージェントは、履歴書のブラッシュアップや面接対策など、転職プロセスの各ステップにおいても実践的なサポートやアドバイスを提供してくれます。

転職エージェントは転職が決まった際に採用企業からフィーをもらうという仕組みのため、利用者側は1円もお金を払う必要がありません。

転職エージェントに相談した結果、転職しなかったとしてもペナルティは一切かからないため、転職エージェントは遠慮せずに使い倒した方が得と言えます。

注目求人

【未経験歓迎】大手VCファンドの投資チーム募集

業界最大手級のベンチャーキャピタルにおいて、スタートアップ投資を担当する投資メンバーを募集中。VC業界内で最高水準の年収を提示可能。

30代が転職を検討する理由

30代が転職を検討するようになる理由は下記の通りです。

30歳が転職を検討する理由

30代が転職を検討する理由#1:
職場環境が悪い

30代が転職を検討する理由として、職場環境が悪い点が挙げられます。

職場環境の悪い会社

現在働いている会社で正当な評価がなされる場合や職場の人間関係が悪いなど職場環境の悪い会社で働くことにより仕事へのモチベーションが低下していきます。

また、長時間労働や残業が多い職場では心身への負担が大きくなり最悪の場合不調をきたす場合もあります。

悪い職場環境では自分の思い描くキャリアプランに沿って働き続けることも難しくなり、キャリアアップすることも困難となっていきます。

30代で自分の正当な評価をしてもらうことのできる企業へ転職を行い年収アップを実現している人も多くいます。

30代が転職を検討する理由#2:
将来につながるスキルが身につかない

30代が転職を検討する理由として、将来につながるスキルが身につかない点が挙げられます。

業種や職種により違いはあるものの、30代は日々の仕事にも慣れ毎日がルーティンワークとなりやすい時期です。ルーティンワークが増えるとスキルが身につかないと感じる人が出てきます。スキルが身につかないことによって今後のキャリアアップも見込めなくなってしまいます。

また、働いている会社が最新の技術や機能の活用が積極的でない場合、将来につながるスキルを身に付けることができなくなります。今後も働き続けることを考え、将来性のあるスキル習得を目指し転職する人もいます。

30代が転職を検討する理由#3:
業界や会社に将来性が見込めない

30代が転職を検討する理由として、業界や会社に将来性が見込めない点が挙げられます。

将来性を見込めないと感じる理由

自分の働いている業界や会社の将来性が見込めず、衰退する可能性がある場合、「自身の雇用が危うくなる」「給与水準が下がる」「出世の道が閉ざされる」という様々なリスクがあります。

会社や業界自体に将来性がなく衰退が避けられない場合だと、自身の努力ではどうにもならない可能性が高いため、転職を検討するきっかけになります。

また、自分の思い描くキャリアを築いていくことができない場合も転職を検討するきっかけになります。

注目求人

大手IT企業のWebデザイナー【未経験歓迎・フルリモート可】

システムの設計・開発等を行う大手IT企業において、Webデザイナー職のメンバーを募集中です。未経験歓迎で中途入社の約半数が完全未経験。フルリモート・フルフレックス制で自分のペースで働くことができます。

30代が転職を検討する理由#2:
上司と部下の板挟みにされストレスが多い

30代では後輩も多くなり立場上、上司や部下に挟まれやすい年代と言えます。両者の意見を聞かなければならない立場であり非常にストレスが溜まりやすい状況です。

上司と部下からのストレス要因

上司や部下に挟まれることによって、ストレスを過度に感じるようになると、自分自身の仕事も思うようにできなくなってしまいます。結果的に、業務効率は低下し自身の評価も上がらないといった悪循環となってしまう可能性があります。

そのような状況を脱し、より自分のスキルを発揮できる会社へと転職を検討するようになります。

注目求人

大手広告代理店のアカウントプランナー【平均残業10時間】

テレビCMからSNS広告まで幅広い広告を扱う大手広告代理店において、顧客企業の広告戦略策定・予算運用を行うアカウントプランナーを募集中。広告業界の経験は不問で、入社後すぐにキャッチアップできます。

30代女性が資格やスキルがなくても正社員として転職しやすい職種

30代女性がスキルなしでも正社員として転職しやすい職種は下記の通りです。

30代女性がスキルなしでも
転職しやすい職種

未経験からでも始めることができる職種であったり、スキルや資格がなくてもこれまでの経験を活かすことのできる職種は多くあります。30代女性でスキルがない場合はこうした職種が転職しやすいと言えます。

北海道・東北地方

関東地方

東海地方

北陸地方

近畿地方

中国地方

四国地方

九州・沖縄

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地〒106-6116
東京都港区6-10-1 六本木ヒルズ森タワー16F
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年7月時点)
目次