パナソニックの年収は平均909万円!役職別給与・年収偏差値も解説

日本を代表する電機メーカーのパナソニック(Panasonic)。パナソニックは年収も高いとされており、転職市場においても人気の高い企業となっています。

今回はタレントスクエアが実施したパナソニック社員へのインタビューを参考に、パナソニックの年収について徹底解説します。

なお、パナソニックへの転職方法・転職難易度に関しては下記の記事で解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

本記事のポイント

パナソニックの年収は?

パナソニックは上場企業のため、有価証券報告書で平均年収が開示されています。2023年3月期の有価証券報告書によれば、パナソニック・ホールディングスの平均年収は909万円(平均年齢: 43.6歳)となっています。

決算期平均年収平均年齢
2023年3月期909万円43.6歳
2022年3月期759万円45.7歳
2021年3月期744万円45.8歳
2020年3月期755万円45.7歳
2019年3月期774万円45.6歳
2018年3月期768万円45.6歳
パナソニックの平均年収・平均年齢推移(出所: 同社IR

ただし、パナソニックは2023年3月期からホールディングス制(持株会社制)を採用しており、2023年3月期の有価証券報告書に記載されている平均年収は親会社であるパナソニック・ホールディングスの平均年収です。

パナソニック・ホールディングスは持株会社なので、若手などはあまり在籍しておらず、平均年収は高くなっています。

パナソニックにおけるグループ会社の実態的な平均年収を確認するには、2022年3月期以前の有価証券報告書記載の平均年収を確認すべきです。

2022年3月期の有価証券報告書によれば、2022年3月期の平均年収は759万円となっている通り、パナソニックにおけるグループ会社の平均年収の実態は750-800万円程度と考えるのが妥当です。

パナソニックの役職別年収は?

パナソニックでは等級によって年収が定まります。新卒2年目はから始まりC2(院卒の場合はC1),C1,P10からP2という具合に昇進します。

役職のイメージ年次のイメージ年収のイメージ
C1-C22-4年目400-550万円
P10/P9(主務)5-8年目600-800万円
P8(主幹)8-10年目800-1,000万円
P7/P6(課長)10年目以降(実力次第)1,000-1,200万円
P5/P4(部長)実力次第1,200-1,500万円
P3(統括部長/BU長)実力次第1,500万円以上
P2(事業部長)実力次第2,000万円以上
パナソニックのグレード・役職別年収

パナソニックの年収水準は日系企業として高く、10年目程度で1,000万円に到達するような水準となっております。昇格は一年に一度であり、P8以降は管理職扱いとなるために残業代は支給されなくなります。

中途でパナソニックに転職するには?

パナソニックは年収の高さや成長機会の豊富さ、その後のキャリアパスの広がりなどから転職市場で非常に高い人気があります。

一方で、近年では中途採用を積極的に行っており、20代や第二新卒での転職実績も出ているため、正しい選考対策を行うことで十分転職可能だと言えます。

正しい選考対策の方法が分からない場合や、キャリアアップしたいけど何から始めていいか分からない場合は、転職のプロである転職エージェントに一度相談してみましょう。

転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

ホワイト高年収の限定求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

【公式】https://assign-inc.com

★ 事前準備不要のオンライン相談会を実施中

\ 高年収業界・人気企業への転職に強い /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)
キャリアアップにおすすめ転職サービス
ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。

匿名で経歴を登録するだけで人気企業の高年収スカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp
ASSIGN
(アサイン)
20代・30代のキャリアアップ支援に特化した大手転職エージェント。

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年6月中に登録した方全員に、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
マイナビAGENT日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選
目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

パナソニック(Panasonic)はどんな会社?

パナソニックは日本を代表する総合電機企業です。イメージの強い家電製品だけでなく、家電製品に使用される電子部品、設備機器、システム機器や各種サービス、さらには住宅・車載・産業まで、幅広い製品やサービスを提供しています。

パナソニックは「くらし事業」「オートモーティブ」「コネクト」「インダストリー」「エナジー」の5つの事業領域を展開しています。

パナソニックの事業領域
  • くらし事業: 白物家電やキッチン家電、美容家電事業など
  • オートモーティブ: IVIシステム、ディスプレイオーディオ、カーナビゲーションシステムなど自動車部品の製造・販売
  • コネクト: サプライチェーンマネジメントを中心としたBtoBソリューションサービスの提供
  • インダストリー: 超音波センサー、感震装置、電子材料、制御デバイスの開発・製造など
  • エナジー: 日々のくらしを支える乾電池やEVなどの車載業界・社会インフラ向け電池を製造

パナソニックにおけるセグメントごとの業績は下記の通りとなっています。

セグメント売上高EBITDA
くらし事業34,833億円2,059億円
オートモーティブ12,975億円777億円
コネクト11,257億円999億円
インダストリー11,499億円1,254億円
エナジー9,718億円985億円
パナソニックのセグメント別業績

パナソニックグループの平均年収は909万円(平均年齢: 43.6歳)

パナソニックは上場企業のため、有価証券報告書で平均年収が開示されています。2023年3月期の有価証券報告書によれば、パナソニック・ホールディングスの平均年収は909万円(平均年齢: 43.6歳)となっています。

決算期平均年収平均年齢
2023年3月期909万円43.6歳
2022年3月期759万円45.7歳
2021年3月期744万円45.8歳
2020年3月期755万円45.7歳
2019年3月期774万円45.6歳
2018年3月期768万円45.6歳
パナソニックの平均年収・平均年齢推移(出所: 同社IR

ただし、パナソニックは2023年3月期からホールディングス制(持株会社制)を採用しており、2023年3月期の有価証券報告書に記載されている平均年収は親会社であるパナソニック・ホールディングスの平均年収です。

パナソニック・ホールディングスは持株会社なので、若手などはあまり在籍しておらず、平均年収は高くなっています。

パナソニックにおけるグループ会社の実態的な平均年収を確認するには、2022年3月期以前の有価証券報告書記載の平均年収を確認すべきです。

2022年3月期の有価証券報告書によれば、2022年3月期の平均年収は759万円となっている通り、パナソニックにおけるグループ会社の平均年収の実態は750-800万円程度と考えるのが妥当です。

国税庁が開示している日本人の平均年収が461万円であることから、パナソニックの平均年収は日本人全体の平均よりも有意に高いと言えます。

また、マイナビAGENTが公表している業種別平均年収ランキングによると、電子・電機機器メーカーの平均年収は506万円となっており、パナソニックの平均年収は電子・電機機器メーカー全体の平均年収よりも高い水準になっています。

パナソニックの平均手取りはいくら?

国税庁・日本年金機構・全国健康保険協会の公式情報をもとに試算すると、パナソニックの平均と同じく44歳で年収909万円の場合、年間の手取り額は約660万円ひと月あたりの手取り額は約55万円となります。

なお、実際の手取りは年収に占めるボーナスの割合や家族構成等によって変動する可能性があります。詳しく知りたい方は手取り計算ツールをご覧ください。

▼ 条件を指定して手取り額を計算できます
項目 年収 月収
額面収入
所得税
住民税
健康保険
厚生年金
雇用保険
介護保険
手取り

国税庁日本年金機構全国健康保険協会の最新情報をもとに試算(詳細: 手取り計算ツール

パナソニックの転職難易度は?

パナソニックは年収の高さや成長機会の豊富さ、その後のキャリアパスの広がりなどから転職市場で非常に高い人気があります。

一方で、近年では中途採用を積極的に行っており、20代や第二新卒での転職実績も出ているため、正しい選考対策を行うことで十分転職可能だと言えます。

実際に選考を受ける前に合格可能性を知りたい方は、『転職可能性診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

簡単な経歴を登録するだけで、人気企業100社への転職可能性を数字で算出してレポートとして受け取ることができます。

転職可能性診断の対象企業

高年収難関企業

三菱商事 / キーエンス / 電通 / 野村総合研究所 / リクルート / エムスリー / SONY / ベイカレント / M&A総合研究所 など

ホワイト安定企業

NTTドコモ / 味の素 / 明治 / 日本たばこ産業 / 富士フイルム / 東京海上日動火災保険 / 任天堂 / サントリー / 花王 など

外資系・グローバル企業

Google / マッキンゼー / ゴールドマンサックス / P&G / アマゾン / PwC / アクセンチュア / セールスフォース など

【公式ページ】転職可能性診断

なお、パナソニックへの転職方法・転職難易度に関しては下記の記事で解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

【参考】パナソニックの年収偏差値は?

年収偏差値について詳しく知りたい方は以下の年収偏差値計算ツールをご利用ください。年齢と年収を入力すると年収偏差値を試算することができます。

▼ 条件を指定して年収偏差値を計算できます
年収偏差値計算ツール
偏差値
男性の中での偏差値
女性の中での偏差値
大卒の中での偏差値
大企業の中での偏差値

厚生労働省『賃金構造基本統計調査』の最新情報をもとに試算

パナソニックの年収は低い?
年収ランキングから見るパナソニックの年収

パナソニックと同様の大手メーカーの平均年収は下記の様な水準となっています。

なお、ホールディングスの年収ではなく、従業員における平均年収の実態がより表される、2022年3月期の平均年収を活用しています。この場合、パナソニックの平均年収は競合と比較して低い水準にあります。

企業平均年収出典
ソニーの年収1,102万円2023年3月期決算
東芝の年収926万円2023年3月期決算
日立製作所の年収916万円2023年3月期決算
富士通の年収879万円2023年3月期決算
日本電気の年収843万円2023年3月期決算
三菱電機の年収827万円2023年3月期決算
パナソニックの年収759万円2022年3月期決算
大手総合電機メーカー企業との平均年収比較

パナソニックの年収が競合と比べて低いのはなぜ?

パナソニックは実際の従業員の平均年収は750万円程度となっています。パナソニックは本体での雇用人数が最も多く、職種も多いため、平均年収が下振れしているというのが事実です。

\ 優秀なビジネスパーソンは使ってる /

キャリアアップを目指す人に
おすすめの転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)
キャリアアップを目指す人におすすめの転職サービス
ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。

匿名で経歴を登録するだけで人気企業の高年収スカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp
ASSIGN
(アサイン)
20代・30代のキャリアアップ支援に特化した大手転職エージェント。

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年6月中に登録した方全員に、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
マイナビAGENT日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp
キャリアアップを目指す人におすすめの転職サービス

パナソニックの総合職における年収体系と等級別年収を解説

パナソニックの年収は一般的な年収体系となっており、基本給と残業代、賞与で構成されます。

パナソニックの年収= 基本給 + 残業代 + 賞与(年2回)

基本給は等級によって、賞与は評価によって決定されます。パナソニックでは管理職となるまでは残業代が100%支払われるため、基本給に加えた上乗せが期待できます。

パナソニックでは、主任などの役職とは別に等級(グレード)が設定されています。グレードと年次のイメージは下記の通りとなっています。

役職のイメージ年次のイメージ
C1-22-4年目
P10/P9(主務)5-8年目
P8(主幹)8-10年目
P7/P6(課長)10年目以降(実力次第)
P5/P4(部長)実力次第
P3(統括部長/BU長)実力次第
P2(事業部長)実力次第
パナソニックのグレード・役職

パナソニックにおけるグレード別年収は下記の通りです。

役職のイメージ年次のイメージ年収のイメージ
C1-22-4年目400-550万円
P10/P9(主務)5-8年目600-800万円
P8(主幹)8-10年目800-1,000万円
P7/P6(課長)10年目以降(実力次第)1,000-1,200万円
P5/P4(部長)実力次第1,200-1,500万円
P3(統括部長/BU長)実力次第1,500万円以上
P2(事業部長)実力次第2,000万円以上
パナソニックのグレード・役職別年収

パナソニックの年収水準は日系企業として高く、10年目程度で1,000万円に到達するような水準となっております。昇格は一年に一度であり、P8以降は管理職扱いとなるために残業代は支給されなくなります。

パナソニックにおける評価制度と昇格・ボーナスを解説 ボーナスは何か月分?

パナソニックでは年度ごとに個人の目標を設定し、上長と面談してその目標の達成度合いなどと合わせて評価が決定されます。実質的には上司との関係性が非常に重要な評価制度となっています。

また、一部の昇格(C1→P10及びP8になるため)においては昇進試験が必要となります。部署によって試験を受けられる人数が決まっているため、待ちが発生することもある模様です。

パナソニックにおいて、ボーナスは年2回(7月、12月)となっています。パナソニックのボーナスは月収の6か月分程度とされています。評価制度では、年に1回5段階(1-5)で評価され、その評価が昇格と賞与に影響します。

パナソニックでは年収1000万円、2000万円に到達できる?

パナソニックでは、P8の主幹クラス(10年目程度)で年収1,000万円に到達します。主幹クラスは昇進のスピード差こそありますが、ほとんどの人が到達できる水準です。年収2,000万円は事業部長クラスで到達可能ですが、到達できる社員は一握りとなります。

パナソニックにおける高卒の年収は?

パナソニックにおける高卒は大卒と比較して昇進スピードに大幅な遅れがあるうえ、昇進もだいたい主務から主幹クラスまでとなるため、年収は最高800万円程度となると想定されます。

パナソニックにおける課長の年収は?

パナソニックにおける課長の年収は年収1,000万円から1,200万円程度になると推定されます。

パナソニックにおける年齢別年収推移

新卒でパナソニックに入社して、その後も順調に昇進した場合の年齢別年収(ボーナス・残業代を含む)の推移は以下の通りです。

なお、昇進スピードや残業時間・評価によって合計年収は変わる可能性があるため、参考までにご覧ください。

年齢年収
25歳450-500万円
30歳650-700万円
35歳850-900万円
40歳950-1,000万円
45歳1,100万円以上(評価次第)
50歳1,200万円以上(評価次第)
パナソニックにおける年齢別年収のイメージ

中途でパナソニックに転職した場合の年収は?

中途でパナソニックに転職したいと思っている場合、「自分の年収がどれくらいになるか」というのは誰しもが気になることだと思います。

実は新卒で入社したときの年収と中途で転職した場合の年収は大きく異なるケースが少なくありません。

中途で入社した場合の具体的な年収を知るためには、転職サイトに掲載されている実際の求人を見ることが最も確実です。口コミサイトやSNSよりも最新かつ正確な情報を知ることができます。

特に人気なのはCMでも有名な転職サイト『ビズリーチ』です。一般的な転職サイトではめったに見つからないような人気企業の高年収求人や好条件の非公開求人が多数掲載されています。

【公式HP】https://bizreach.jp

※2024年6月現在、新規登録すると109,360 件の求人が無料で閲覧可能

ビズリーチに関する豆知識

ビズリーチは定期的にログインしているとアカウントの評価が高まり、人気企業の非公開求人が優先的に案内されやすくなります。

転職活動を始める前から無料アカウントを作成して年に数回ログインしておくだけで、将来転職する際に情報が集まりやすく非常に有利になるのでおすすめです。

パナソニックの新卒の年収・初任給は?(大卒・院卒別)

パナソニックの初任給は下記の通りです。

パナソニックの初任給
  • 修士了 月給 265,000円
  • 学部卒 月給 241,000円

上記に対して残業代・賞与が別途支給されるため、学部卒における初年度の年収は350-400万円程度になると想定されます。

なお、パナソニックは下記のような子会社があり、子会社によって初任給も若干異なる点には注意が必要です。(基本的には大きく変わりません。)

パナソニックグループで新卒採用を行っている子会社群
  • パナソニック オートモーティブシステムズ
  • パナソニック エンターテイメント&コミュニケーション
  • パナソニック ハウジングソリューションズ
  • パナソニック コネクト
  • パナソニック インダストリー
  • パナソニック エナジー
  • パナソニック オペレーショナルエクセレンス
  • パナソニック ホールディングス

未経験でもパナソニックに転職する方法

パナソニックは転職市場で非常に人気の高い企業ですが、前職での実績や選考対策次第で十分に転職できる可能性があります。

パナソニックに転職するためには、大手メーカー・難関企業への転職に強い転職エージェントを活用することが重要です。

転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

20代・30代向けの高年収求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

【公式】https://assign-inc.com

2024年6月現在、事前準備不要のオンライン面談を提供中

【2024年6月】限定特典あり

2024年6月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。

\ 高年収業界・人気企業への転職に強い /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)
キャリアアップにおすすめ転職サービス
ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。

匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp

【口コミ】ビズリーチの評判
ASSIGN
(アサイン)
20代・30代のキャリアアップ支援に特化した大手転職エージェント。

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年6月中に登録した方全員に、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
マイナビAGENT日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp

【口コミ】マイナビエージェントの評判
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

なお、パナソニックへの転職方法に関しては下記の記事で解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

パナソニックの福利厚生・退職金

パナソニックの福利厚生は公式サイトにて詳細に説明されています。主な福利厚生は下記の通りです。大企業としては標準的な水準となっています。

パナソニックの主な福利厚生
  • 各種休暇制度
  • フリーオフィス制度
  • ファミリーサポート休暇・ワーク&ライフサポート勤務(育児・介護のための短時間勤務制度)
  • 育英補助給付金・育児休暇制度・育児/介護応援カフェポイント
  • カフェテリアプラン
  • 独身寮
  • 社宅・住居費補助
  • 社内製品従業員購入制度
  • 企業年金制度
  • 従業員持株制度
  • 各種保険制度

パナソニックの採用大学・学歴は?就職難易度は高い?

大学通信によれば、パナソニックの採用大学は下記の通りです。大学別に見ると立命館大学、東京工業大学、同志社大学、大阪大学、早稲田大学など非常にレベルが高い大学の出身者が多く、パナソニックの採用大学・学歴・就職難易度ともにレベルが高いことが分かります。

大学就職者数
立命館大学34人
東京工業大学26人
同志社大学25人
大阪大学24人
早稲田大学22人
神戸大学
慶應義塾大学
19人
九州工業大学18人
中央大学16人
関西大学15人
関西学院大学14人
京都大学13人
北海道大学
東京理科大学
明治大学
11人
パナソニックの採用大学(出典: 大学通信

パナソニックへの就職はなぜ「やばい」と言われるのか?

日本を代表する企業のパナソニックですが、Googleで「パナソニック 評判」と検索すると関連キーワードに「やばい」「やめとけ」というネガティブなワードがあります。

パナソニックのGoogleにおける評判

パナソニックへの就職や転職を検討している方の中でも、この検索結果を見て尻込みしてしまったり、不安になってしまった方も少なくないのではないでしょうか。

パナソニックへの就職が「やばい」と言われる理由
  • 年収水準が非常に低いと言われているため
  • 転職人気が高く、中途は厳しいと言われることがあるため
  • 激務なため
  • 早期退職で優秀な人材までいなくなってしまったと言われているため
  • 採用大学のレベルが高く、就職難易度が高いと言われているため

パナソニックへの就職がやばいと言われる理由と実態について詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地〒106-6116
東京都港区6-10-1 六本木ヒルズ森タワー16F
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年6月時点)
目次