LINEの年収は平均770万円!役職別給与・年収偏差値も解説

【2023年版】LINEの年収を社員が徹底解説【平均770万円】

LINEの年収について、社員へのインタビューをもとに徹底的に解説します。グレード別年収テーブルや年収が低いと言われる実態、ボーナス・評価制度の仕組みまで網羅的に解説しています。

なお、LINEへの転職方法・転職難易度は下記の記事でも解説しているので、詳しく知りたい方は合わせてご覧ください。

本記事のポイント

LINEの年収は?

LINEは2020年12月まで上場していたため、当時の有価証券報告書の中で社員の平均年収を開示していました。

2019年12月期の有価証券報告書によると、LINEの平均年収は770万円(平均年齢34.5歳)となっています。

年度平均年収平均年齢
2019年12月期770万円34.5歳
2018年12月期716万円34.4歳
2017年12月期715万円34.3歳
2016年12月期743万円34.2歳
LINEの平均年収と平均年齢の推移(出典:同社IR
LINEのグレード別年収テーブルは?

LINEにおけるグレード別年収のイメージは下記の通りです。

グレード年収
I1400~600万円
I2600~800万円
I3800~1,000万円
I4
(マネージャークラス)
1,000万円~
I5
(部長クラス)
1,500万円~
I6
(室長クラス)
2,000万円~
LINEのグレード別年収推移
中途でLINEに転職するには?

LINEは年収の高さや成長機会の豊富さ、その後のキャリアパスの広がりなどから転職市場で非常に高い人気があります。

一方で、近年では中途採用を積極的に行っており、20代や第二新卒での転職実績も出ているため、正しい選考対策を行うことで十分転職可能だと言えます。

正しい選考対策の方法が分からない場合や、キャリアアップしたいけど何から始めていいか分からない場合は、転職のプロである転職エージェントに一度相談してみましょう。

転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

ホワイト高年収の限定求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

【公式】https://assign-inc.com

★ 事前準備不要のオンライン相談会を実施中

\ 高年収業界・人気企業への転職に強い /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)
キャリアアップにおすすめ転職サービス
ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。

匿名で経歴を登録するだけで人気企業の高年収スカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp
ASSIGN
(アサイン)
20代・30代のキャリアアップ支援に特化した大手転職エージェント。

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年6月中に登録した方全員に、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
マイナビAGENT日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選
目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

LINEってどんな会社?

LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE (ライン) 」を開発する日本のアプリケーション企業です。

コミュニケーションアプリ「LINE」を機軸として、コミュニケーション・コンテンツ・エンターテイメントなどモバイルに特化した各種サービスの開発・運営・広告事業に加え、Fintech事業、AI事業を展開しています。

なお、2023年10月よりLINEはヤフーと統合し、『LINEヤフー株式会社』となりました。

LINEの平均年収は770万円(平均年齢34.5歳)

LINEは2020年12月まで上場していたため、当時の有価証券報告書の中で社員の平均年収を開示していました。(LINEはヤフー(現Zホールディングス)との経営統合により2020年12月29日に上場廃止となりました。

2019年12月期の有価証券報告書によると、LINEの平均年収は770万円(平均年齢34.5歳)となっています。また、過去4年分の平均年収と平均年齢の推移は以下の表の通りです。

年度平均年収平均年齢
2019年12月期770万円34.5歳
2018年12月期716万円34.4歳
2017年12月期715万円34.3歳
2016年12月期743万円34.2歳
LINEの平均年収と平均年齢の推移(出典:同社IR

国税庁が開示している日本人の平均年収が461万円であることから、LINEの平均年収は日本人全体の平均よりも有意に高いと言えます。

また、マイナビAGENTが公表している業種別平均年収ランキングによると、インターネット関連企業の平均年収は453万円となっており、LINEの平均年収はインターネット関連全体の平均年収よりも高い水準になっています。

LINEの平均手取りはいくら?

国税庁・日本年金機構・全国健康保険協会の公式情報をもとに試算すると、LINEの平均と同じく35歳で年収770万円の場合、年間の手取り額は約571万円ひと月あたりの手取り額は約48万円となります。

なお、実際の手取りは年収に占めるボーナスの割合や家族構成等によって変動する可能性があります。詳しく知りたい方は手取り計算ツールをご覧ください。

▼ 条件を指定して手取り額を計算できます
項目 年収 月収
額面収入
所得税
住民税
健康保険
厚生年金
雇用保険
介護保険
手取り

国税庁日本年金機構全国健康保険協会の最新情報をもとに試算(詳細: 手取り計算ツール

LINEの転職難易度は?

LINEは年収の高さや成長機会の豊富さ、その後のキャリアパスの広がりなどから転職市場で非常に高い人気があります。

一方で、近年では中途採用を積極的に行っており、20代や第二新卒での転職実績も出ているため、正しい選考対策を行うことで十分転職可能だと言えます。

実際に選考を受ける前に合格可能性を知りたい方は、『転職可能性診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

簡単な経歴を登録するだけで、人気企業100社への転職可能性を数字で算出してレポートとして受け取ることができます。

転職可能性診断の対象企業

高年収難関企業

三菱商事 / キーエンス / 電通 / 野村総合研究所 / リクルート / エムスリー / SONY / ベイカレント / M&A総合研究所 など

ホワイト安定企業

NTTドコモ / 味の素 / 明治 / 日本たばこ産業 / 富士フイルム / 東京海上日動火災保険 / 任天堂 / サントリー / 花王 など

外資系・グローバル企業

Google / マッキンゼー / ゴールドマンサックス / P&G / アマゾン / PwC / アクセンチュア / セールスフォース など

【公式ページ】転職可能性診断

なお、LINEへの転職方法・転職難易度は下記の記事でも解説しているので、詳しく知りたい方は合わせてご覧ください。

【参考】LINEの年収偏差値は?

年収偏差値について詳しく知りたい方は以下の年収偏差値計算ツールをご利用ください。年齢と年収を入力すると年収偏差値を試算することができます。

▼ 条件を指定して年収偏差値を計算できます
年収偏差値計算ツール
偏差値
男性の中での偏差値
女性の中での偏差値
大卒の中での偏差値
大企業の中での偏差値

厚生労働省『賃金構造基本統計調査』の最新情報をもとに試算

ヤフーの平均年収は?LINEの年収よりも低い?

LINEが経営統合したヤフーですが、経営統合される前の2019年3月期まで有価証券報告書を公開していました。

2019年3月期の有価証券報告書によると、ヤフーの平均年収は765万円(平均年齢35.6歳)となっており、LINEと同水準の平均年収であることが分かります。

年度平均年収平均年齢
2019年3月期765万円35.6歳
2018年3月期767万円35.9歳
2017年3月期682万円35.8歳
2016年3月期714万円35.5歳
2015年3月期652万円35.0歳
ヤフーの平均年収と平均年齢の推移(出典:同社IR

ヤフーの年収について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

\ 優秀なビジネスパーソンは使ってる /

キャリアアップを目指す人に
おすすめの転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)
キャリアアップを目指す人におすすめの転職サービス
ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。

匿名で経歴を登録するだけで人気企業の高年収スカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp
ASSIGN
(アサイン)
20代・30代のキャリアアップ支援に特化した大手転職エージェント。

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年6月中に登録した方全員に、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
マイナビAGENT日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp
キャリアアップを目指す人におすすめの転職サービス

LINEのグレード別年収を解説

LINEの年収は、基本給とインセンティブによって構成されます。基本的に裁量労働制となっているため、残業代は基本的に含まれているという形式となっています。インセンティブはすべての社員に支給されるわけではなく、一定の成果を残した社員に支給されます。

LINEの年収= 基本給 + インセンティブ(年2回)

LINEではグレード制が採用されています。新卒はI1から始まり、I2、I3、I4、I5、I6、I7と昇進していきます。

I4以降はマネージャー職というイメージで、昇進人数も限られてきます。特にI5以上に昇進できる人は非常に限定的となります。このグレードに加えて、M(管理職)というクラスも付与され、Mが付くと年収は1.2倍程度となります。

実力主義的な風土があり、また中途も多いことから昇進速度は人によって大きく変わってきます。

LINEにおけるグレード別年収のイメージは下記の通りです。

グレード年収
I1400~600万円
I2600~800万円
I3800~1,000万円
I4
(マネージャークラス)
1,000万円~
I5
(部長クラス)
1,500万円~
I6
(室長クラス)
2,000万円~
LINEのグレード別年収推移
男性のアイコン

LINEヤフーの社員口コミ

技術系職種(IT・通信・Web・ゲーム)

29歳 男性 中途入社

実力や成果に応じた妥当な評価が行われていると感じます。年功序列ではないので何歳/何年目になると年収いくらという相場はありません。

LINEのボーナス・賞与と評価制度

LINEでは基本給のほかにインセンティブという名前の賞与が支給されます。ただし、通常の会社のボーナスと異なり、インセンティブは全員に支給されるわけではなく、一定以上の評価を得た社員のみに支給されます。

具体的には、半期に1回の評価があり、S~Dの評価の中でB+以上の評価を取った社員がインセンティブの支給の対象になります。予算を100%達成するとB評価となるため、インセンティブをもらうためにはそれ以上の成果を出す必要があります。

男性のアイコン

LINEヤフーの社員口コミ

企画・マーケティング系職種

32歳 男性 新卒入社

LINEの評価は2つの要素から構成されます。1つはPレビューという個人成績に対するパフォーマンスのレビュー、もう1つはCレビューという同僚からの360度評価によるレビューです。比重としてはPレビューの方が重視されていると感じます。

LINEでは給料が上がらない?

LINEは年功序列ではなく実力主義の会社です。入社後数年間は概ね横並びで昇給・昇進しますが、そのあとは個人の能力や成果に応じて役職や年収に差が付きます。

従い、評価があまりに低い場合は、勤続年数を重ねても年収があがらないという状況に陥る可能性があります。

LINEの年収格差とは?

LINEは、東洋経済が2017年11月に発表した年収格差ランキングで1位になったことで話題になりました。

年収格差とは、取締役が得ている役員報酬の平均額と従業員の平均年収の格差(倍率)を掲載したものです。

社名年収格差役員平均年収従業員平均年収
LINE165.1倍12億2,680万円743万円
ネクソン57.7倍3億3,833万円586万円
ファーストリテイリング31.4倍2億4,000万円764万円
日産自動車29.8倍2億4,0350万円816万円
武田薬品工業29.2倍2億9,633万円1,015万円
SANKYO28.7倍1億9,766万円690万円
アートネイチャー26.6倍1億862万円409万円
ユニバーサルエンターテインメント25.5倍1億8,640万円730万円
東京エレクトロン24.8倍2億3,509万円949万円
すらいからーく24.0倍1億6,900万円703万円
年収格差ランキング(出典:東洋経済

LINEは日系の伝統的な企業とは異なる給料体系となっており、役員の年収が高くなっています。

LINEで年収1000万円は到達可能?

LINEではI4になると年収1000万円以上が期待できます。

ただし、LINEは年功序列ではなく実力主義の会社なので、一定以上の評価を得ることが出来なければI4に昇進することが出来ず、年収1000万円を達成することも難しいと言えます。

LINEにおける年齢別年収推移

新卒でLINEに入社して、その後も順調に昇進した場合の年齢別年収(ボーナス・残業代を含む)の推移は以下の通りです。

なお、昇進スピードや残業時間・評価によって合計年収は変わる可能性があるため、参考までにご覧ください。特に楽天は評価などによって大きく年収が変わるため、同年齢であっても年収に幅が生まれます。

年齢年収
25歳450-500万円
30歳700-800万円
35歳950-1,000万円
40歳1,100-1,200万円
45歳1,300万円以上(評価次第)
50歳1,400万円以上(評価次第)
LINEにおける年齢別年収のイメージ

中途でLINEに転職した場合の年収は?

中途でLINEに転職したいと思っている場合、「自分の年収がどれくらいになるか」というのは誰しもが気になることだと思います。

実は新卒で入社したときの年収と中途で転職した場合の年収は大きく異なるケースが少なくありません。

中途で入社した場合の具体的な年収を知るためには、転職サイトに掲載されている実際の求人を見ることが最も確実です。口コミサイトやSNSよりも最新かつ正確な情報を知ることができます。

特に人気なのはCMでも有名な転職サイト『ビズリーチ』です。一般的な転職サイトではめったに見つからないような人気企業の高年収求人や好条件の非公開求人が多数掲載されています。

【公式HP】https://bizreach.jp

※2024年6月現在、新規登録すると109,360 件の求人が無料で閲覧可能

ビズリーチに関する豆知識

ビズリーチは定期的にログインしているとアカウントの評価が高まり、人気企業の非公開求人が優先的に案内されやすくなります。

転職活動を始める前から無料アカウントを作成して年に数回ログインしておくだけで、将来転職する際に情報が集まりやすく非常に有利になるのでおすすめです。

LINEの初任給・新卒の年収(技術職・デザイン職・セールス職・企画職)

LINEの公式ページによると、初任給は募集職種ごとに異なります。

LINEでは「技術職」「デザイン職」「セールス職」「企画職」という4つの職種で新卒採用を行っており、それぞれの職種の初任給は年俸ベースで以下の通りです。

職種初任給(年俸)
技術職5,280,000円~
デザイン職4,080,000円
セールス職4,080,000円
企画職4,080,000円
LINEの初任給

LINEのエンジニアにおける新卒の年収は?

LINEの初任給はエンジニア職(技術職)と非エンジニア職によって仕組みが異なります。

非エンジニア職として新卒で入社した場合、全員が同じ額の年俸からスタートします。一方、エンジニア職の場合、新卒1年目だとしても個人のスキルに応じて年俸が決まります。

LINEは激務?それともホワイト企業?労働時間を紹介

LINEは、開示によれば年間所定外労働時間(一人当たり平均)は127時間(月間換算: 10.5時間)程度となっており、残業時間は非常に短い水準であることが分かります。

未経験からLINEに転職する方法

LINEは転職市場で非常に人気の高い企業ですが、前職での実績や選考対策次第で十分に転職できる可能性があります。

中途でLINEに転職するためには、IT業界のキャリアをよく知る転職エージェントを活用することが重要です。

転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

20代・30代向けの高年収求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

【公式】https://assign-inc.com

2024年6月現在、事前準備不要のオンライン面談を提供中

【2024年6月】限定特典あり

2024年6月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。

\ 高年収業界・人気企業への転職に強い /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)
キャリアアップにおすすめ転職サービス
ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。

匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp

【口コミ】ビズリーチの評判
ASSIGN
(アサイン)
20代・30代のキャリアアップ支援に特化した大手転職エージェント。

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年6月中に登録した方全員に、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
マイナビAGENT日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp

【口コミ】マイナビエージェントの評判
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地〒106-6116
東京都港区6-10-1 六本木ヒルズ森タワー16F
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年6月時点)
目次