サイバーエージェントの年収は平均806万円!役職別給与も解説

サイバーエージェントの年収を解説

近年の成長が著しく、日本を代表するインターネット企業であるサイバーエージェントの年収について、複数の現役社員へのインタビューをもとに徹底解説します。

平均年収や初任給、中途採用時の年収などについて詳しく知りたい方は是非参考にしてみてください。

なお、サイバーエージェントへの転職方法に関しては下記の記事で解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

本記事のポイント

サイバーエージェントの年収は?

サイバーエージェントは上場企業なので、有価証券報告書で平均年収が開示されています。サイバーエージェントの有価証券報告書によると、2023年9月期の平均年収は806万円、平均年齢は33.3歳となっています。また、過去の推移を見ると、平均年収は毎年上昇していることが分かります。

サイバーエージェントは20代・30代の若手社員が多いことで有名なメガベンチャーですが、急成長企業でありながらも社員に対してしっかりと高年収を支払える会社だと言えます。

年度平均年収平均年齢
2023年9月期806.4万円33.3歳
2022年9月期817.0万円34.2歳
2021年9月期771.1万円34.1歳
2020年9月期733.6万円33.2歳
2019年9月期681.7万円32.2歳
2018年9月期709.2万円31.9歳
サイバーエージェントの平均年収と平均年齢の推移(出典:同社有価証券報告書
サイバーエージェントの役職別年収は?

サイバーエージェントではグレード制を導入しており、半年に1度の評価によってグレードが上がっていきます。

ビジネスサイドやエンジニアサイドによってグレードは異なりますが、ビジネスサイドの場合のグレードと年収のイメージは下記の通りです。

グレード年収
G504万円-
C1550-600万円
C2600-650万円
C3650-700万円
S1700-800万円
S2750-850万円
S3850-950万円
E1950-1,000万円
E21,000-1,100万円-
E31,100-1,200万円-
サイバーエージェントのグレードと年次・年収推移

昇給額は評価によって異なってきます。具体的にはSからDランクまでの評価付けがなされてSランクであれば月5万円、Aランクは3万〜5万円、Bランクは1万〜3万円、Cランクは5,000〜1万円、Dランクは5,000円単位で年収が上がります。

昇給タイミングは半年に2回あり、上記の評価に基づいてグレードが決まるという形になるため、例えばSランクを2期連続で取れた場合は年間120万円の昇給が可能となります。

サイバーエージェントは中途採用してる?中途入社時の年収は?

新卒採用のイメージが強いサイバーエージェントですが、実は中途採用を積極的に行っており、全体で見ると中途入社の社員の方が新卒入社よりも多いことはあまり知られていません。

サイバーエージェントの公式ページによると、サイバーエージェントの新卒中途比率は新卒採用が36.1%、中途採用が63.9%と書かれています。

中途でサイバーエージェントに転職したいと思っている場合、「自分の年収がどれくらいになるか」というのは誰しもが気になることだと思います。

実は新卒で入社したときの年収と中途で転職した場合の年収は大きく異なるケースが少なくありません。

中途で入社した場合の具体的な年収を知るためには、転職サイトに掲載されている実際の求人を見ることが最も確実です。口コミサイトやSNSよりも最新かつ正確な情報を知ることができます。

特に人気なのはCMでも有名な転職サイト『ビズリーチ』です。一般的な転職サイトではめったに見つからないような人気企業の高年収求人や好条件の非公開求人が多数掲載されています。

【公式HP】https://bizreach.jp

※2024年4月現在、新規登録すると109,360 件の求人が無料で閲覧可能

ビズリーチに関する豆知識

ビズリーチは定期的にログインしているとアカウントの評価が高まり、人気企業の非公開求人が優先的に案内されやすくなります。

転職活動を始める前から無料アカウントを作成して年に数回ログインしておくだけで、将来転職する際に情報が集まりやすく非常に有利になるのでおすすめです。

中途でサイバーエージェントに転職するには?

サイバーエージェントは年収の高さや成長機会の豊富さ、その後のキャリアパスの広がりなどから転職市場で非常に高い人気があります。

一方で、近年では中途採用を積極的に行っており、20代や第二新卒での転職実績も出ているため、正しい選考対策を行うことで十分転職可能だと言えます。

正しい選考対策の方法が分からない場合や、キャリアアップしたいけど何から始めていいか分からない場合は、転職のプロである転職エージェントに一度相談してみましょう。

転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

20代・30代向けの高年収求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

【公式】https://assign-inc.com

事前準備不要のオンライン面談を提供中

【2024年4月】限定特典あり

2024年4月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。

\ 「高年収業界・人気企業への転職に強い」 /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年4月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)
利用者の口コミが良かったおすすめ転職サービス
ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでも有名なハイクラス転職サイト。

匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp
ASSIGN
(アサイン)
20代・30代のハイクラス転職に特化した実績豊富な大手転職エージェント。

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞。

【公式】https://assign-inc.com
★ 2024年4月現在、今すぐ転職予定のない方も無料キャリア相談可能
マイナビAGENT日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp
目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

サイバーエージェントの平均年収は806万円(平均年齢は33.3歳)

サイバーエージェントは上場企業なので、有価証券報告書で平均年収が開示されています。サイバーエージェントの有価証券報告書によると、2023年9月期の平均年収は806万円、平均年齢は33.3歳となっています。また、過去の推移を見ると、平均年収は毎年上昇していることが分かります。

サイバーエージェントは20代・30代の若手社員が多いことで有名なメガベンチャーですが、急成長企業でありながらも社員に対してしっかりと高年収を支払える会社だと言えます。

年度平均年収平均年齢
2023年9月期806.4万円33.3歳
2022年9月期817.0万円34.2歳
2021年9月期771.1万円34.1歳
2020年9月期733.6万円33.2歳
2019年9月期681.7万円32.2歳
2018年9月期709.2万円31.9歳
サイバーエージェントの平均年収と平均年齢の推移(出典:同社有価証券報告書

国税庁が開示している日本人の平均年収が461万円であることから、サイバーエージェントの平均年収は日本人全体の平均よりも有意に高いと言えます。

また、マイナビエージェントが公表している業種別平均年収ランキングによると、インターネット関連(ネット広告)企業の平均年収は436万円となっており、サイバーエージェントの平均年収はインターネット関連(ネット広告)企業全体の平均年収よりも高い水準になっています。

マイナビエージェント

マイナビAGENTは全国・全職種・全年代の方が利用できる国内最大級の無料転職支援サービスです。

今すぐ転職予定のない方でも情報収集から利用でき、登録するとマイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人を見ることができます。

【公式HP】https://mynavi-agent.jp

サイバーエージェントの平均手取りはいくら?

国税庁・日本年金機構・全国健康保険協会の公式情報をもとに試算すると、サイバーエージェントの平均と同じく33歳で年収806万円の場合、年間の手取り額は約596万円ひと月あたりの手取り額は約50万円となります。

なお、実際の手取りは年収に占めるボーナスの割合や家族構成等によって変動する可能性があります。詳しく知りたい方は手取り計算ツールをご覧ください。

▼ 条件を指定して手取り額を計算できます
項目 年収 月収
額面収入
所得税
住民税
健康保険
厚生年金
雇用保険
介護保険
手取り

国税庁日本年金機構全国健康保険協会の最新情報をもとに試算(詳細: 手取り計算ツール

サイバーエージェントの転職難易度は?

サイバーエージェントは年収の高さや成長機会の豊富さ、その後のキャリアパスの広がりなどから転職市場で非常に高い人気があります。

一方で、近年では中途採用を積極的に行っており、20代や第二新卒での転職実績も出ているため、正しい選考対策を行うことで十分転職可能だと言えます。

実際に選考を受ける前に合格可能性を知りたい方は、『転職可能性診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

簡単な経歴を登録するだけで、人気企業100社への転職可能性を数字で算出してレポートとして受け取ることができます。

転職可能性診断の対象企業(一部抜粋)

高年収難関企業

三菱商事 / キーエンス / 電通 / 野村総合研究所 / リクルート / エムスリー / SONY / ベイカレント / M&A総合研究所 など

ホワイト安定企業

NTTドコモ / 味の素 / 明治 / 日本たばこ産業 / 富士フイルム / 東京海上日動火災保険 / 任天堂 / サントリー / 花王 など

外資系・グローバル企業

Google / マッキンゼー / ゴールドマンサックス / P&G / アマゾン / PwC / アクセンチュア / セールスフォース など

【公式ページ】転職可能性診断

\ 高年収業界・人気企業への転職に強い /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年4月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)

ビズリーチ

登録するだけで高年収のスカウトが届くCMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp


ASSIGN(アサイン)

20代・30代のハイクラス転職に特化した大手転職エージェント。サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞。

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年4月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料でプレゼント中


キャリアスタート

第二新卒・既卒・未経験に特化した大手の転職エージェント。学歴・職歴よりもポテンシャルを評価してくれる優良企業の非公開求人が多く、月収25万円以下から年収100万円以上アップの実績多数。

【公式】https://careerstart.co.jp

【参考】サイバーエージェントの年収偏差値は?

年収偏差値について詳しく知りたい方は以下の年収偏差値計算ツールをご利用ください。年齢と年収を入力すると年収偏差値を試算することができます。

▼ 条件を指定して年収偏差値を計算できます
年収偏差値計算ツール
偏差値
男性の中での偏差値
女性の中での偏差値
大卒の中での偏差値
大企業の中での偏差値

厚生労働省『賃金構造基本統計調査』の最新情報をもとに試算

今の年収の低さに不満がある」「客観的に自分の市場価値を知りたい」という方は、『適正年収診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

適正年収診断』では、簡単な経歴情報を入力するだけで、統計データをもとに自分が本来もらえるはずの適正な年収を具体的な数値で算出することができます。

サイバーエージェントの年収は低い?
競合他社との比較ランキングから見るサイバーエージェントの年収

サイバーエージェントはインターネット広告、ゲーム、Abemaなどさまざまな事業を展開しているIT企業です。

サイバーエージェントと同じIT業界の中で、特にサイバーエージェントと近しい事業を営む企業をいくつかピックアップして年収ランキングを作成しました。

企業平均年収
DeNA856万円
サイバーエージェント817万円
オプト708万円
GMOインターネット638万円
セプティーニ579万円
サイバーエージェントと類似企業の平均年収の比較

【出典】
セプティーニ:株式会社セプティーニ・ホールディングス有価証券報告書(2022年9月期)
オプト:株式会社デジタルホールディングス有価証券報告書(2021年12月期)
DeNA:株式会社ディー・エヌ・エー有価証券報告書(2022年3月期)
GMOインターネット:GMOインターネット株式会社有価証券報告書(2022年3月期)

上記のテーブルでは、IT業界の中でも特に有名で年収の高い企業を中心にピックしましたが、その中でもサイバーエージェントの年収水準は高いことが分かります。

サイバーエージェントの年収体系

サイバーエージェントの年収は基本給、残業代、賞与で構成されますが、残業代はみなし残業となっており、80時間の残業代は既に含まれており、それを超過した分だけ支払われるという形態です。残業時間が80時間を超えることはほぼなく、実質的に年収は上がっている模様です。

サイバーエージェントの年収= 基本給 + 残業代 (残業時間は80時間を超過した分のみ)+ 賞与

サイバーエージェントは業績次第でボーナスなし?決算賞与がでる?

サイバーエージェントでは年に1度の決算賞与のことをボーナスと呼びますが、全社の業績によってボーナスが支給されないことがあります。特に近年では「Abema」への投資を増やしているためコスト管理が厳しく、十分な活躍をしているのにボーナスなしになるケースも少なくありません。

ただ、サイバーエージェントにおけるボーナスは年収に対してそれほど高い水準を占めていないため、ボーナスが支給されないとしても高い年収水準を維持することができます。

サイバーエージェントの職種別年収テーブルと評価制度

サイバーエージェントではグレード制を導入しており、半年に1度の評価によってグレードが上がっていきます。

ビジネスサイドやエンジニアサイドによってグレードは異なりますが、ビジネスサイドの場合のグレードと年収のイメージは下記の通りです。

グレード年収
G504万円-
C1550-600万円
C2600-650万円
C3650-700万円
S1700-800万円
S2750-850万円
S3850-950万円
E1950-1,000万円
E21,000-1,100万円-
E31,100-1,200万円-
サイバーエージェントのグレードと年次・年収推移

昇給額は評価によって異なってきます。具体的にはSからDランクまでの評価付けがなされてSランクであれば月5万円、Aランクは3万〜5万円、Bランクは1万〜3万円、Cランクは5,000〜1万円、Dランクは5,000円単位で年収が上がります。

昇給タイミングは半年に2回あり、上記の評価に基づいてグレードが決まるという形になるため、例えばSランクを2期連続で取れた場合は年間120万円の昇給が可能となります。

こうした年収はあくまで一般社員に関するところであり、例えば子会社の役員となったり、本社の重職に就いた場合は年収も大幅に上がっていくという特徴があります。

特に営業の場合はインセンティブの割合も大きく、売上成績次第で年収も大きく向上するという傾向にあるなど、社員によって差が生まれやすいという点も特徴的です。

なお、エンジニアの場合は上記のようなグレードではなく、JB1-JB13という別のジョブレベルが適用されるという特徴があります。

サイバーエージェントは子会社に出向すると年収が大きく上がる場合がある

サイバーエージェントは子会社を多数保有しており、本社採用であっても子会社に出向する場合があります。サイバーエージェント本体で採用され子会社に出向した場合、年収体系はサイバーエージェントの年収が適用されます。

しかしながら、子会社に出向した場合は社長直下等重要なポストを任されることが多く、結果として良い評判が付きやすいので年収が大きく上がる可能性があります。特に取締役のような形で子会社のポストに就いた場合は役員報酬ももらえるため、同期間であっても大きく差が付くというのが現状です。

なお、最初から子会社で採用された場合はそもそもサイバーエージェントの年収体系が適用されるわけではないので、年収も低くなる傾向にあります。

サイバーエージェントで年収1,000万円・2,000万円は達成可能?30歳の年収は?

サイバーエージェントでは年収1,000万円は管理職で到達可能です。年収2,000万円に関しては取締役や子会社の社長レベルで達成可能な水準であり、難易度が大幅に上昇しますが、達成できる可能性も十分にあります。

特にサイバーエージェントは社員の重要度や能力によって柔軟に年収オファーを変える会社でもあるため、会社からの重要性が高ければ大幅に年収が上がる可能性もあります。

30歳の場合、年収は650-700万円程度になると想定されます。ただしこれも評価次第で大きく上下します。

サイバーエージェントは中途採用している?中途入社時の年収

新卒採用のイメージが強いサイバーエージェントですが、実は中途採用を積極的に行っており、全体で見ると中途入社の社員の方が新卒入社よりも多いことはあまり知られていません。

サイバーエージェントの公式ページによると、サイバーエージェントの新卒中途比率は新卒採用が36.1%、中途採用が63.9%と書かれています。

中途でサイバーエージェントに転職したいと思っている場合、「自分の年収がどれくらいになるか」というのは誰しもが気になることだと思います。

実は新卒で入社したときの年収と中途で転職した場合の年収は大きく異なるケースが少なくありません。

中途で入社した場合の具体的な年収を知るためには、転職サイトに掲載されている実際の求人を見ることが最も確実です。口コミサイトやSNSよりも最新かつ正確な情報を知ることができます。

特に人気なのはCMでも有名な転職サイト『ビズリーチ』です。一般的な転職サイトではめったに見つからないような人気企業の高年収求人や好条件の非公開求人が多数掲載されています。

【公式HP】https://bizreach.jp

※2024年4月現在、新規登録すると109,360 件の求人が無料で閲覧可能

ビズリーチに関する豆知識

ビズリーチは定期的にログインしているとアカウントの評価が高まり、人気企業の非公開求人が優先的に案内されやすくなります。

転職活動を始める前から無料アカウントを作成して年に数回ログインしておくだけで、将来転職する際に情報が集まりやすく非常に有利になるのでおすすめです。

サイバーエージェントの新卒1年目の初任給(額面・手取り)

サイバーエージェントは、2023年度から新入社員の初任給を42万円に引き上げると発表しました。前年の2022年度から約2割の上昇ということでテレビやネットニュースで話題になりました。

サイバーエージェントが2023年春の新卒入社の初任給を42万円に引き上げる。営業やデザイナーなどIT(情報技術)人材以外では、22年春入社と比べて2割超の大幅な増額となる。ソフトウエア開発などIT人材の争奪戦が激しさを増すなか、IT人材以外にも厚待遇を提示する。優秀な人材を確保するため、異例の賃上げの動きが広がってきた。

サイバーエージェント、初任給42万円 IT以外も2割増

ただし、サイバーエージェントの新卒採用募集概要によれば、初任給の42万円には月80時間分の固定残業代が含まれている金額となっています。

サイバーエージェントの初任給
  • ビジネスコース: 42万円/月(年俸制504万円)
  • エンジニアコース
    • 1:能力別給与体系(最低年俸504万円~/個々人の能力別に当社独自の基準で評価)
    • 2:エキスパート認定(最低年俸720万円~/高度な技術や実績、成果を持つ方が対象)
  • クリエイターコース : 42万円/月(年俸制504万円)

42万円という初任給は非常に高い水準です。単純に12倍すると年収は504万円ということになり、外資系のコンサルティング会社や総合商社の1年目と並ぶ水準です。

なお、営業の場合はインセンティブも支給されるために年収に更なるアップサイドがある可能性があります。

42万円は額面であり、実際の手取りはそこから社会保険料や税金を差し引いた額になります。国税庁の所得税率計算を参考にすると手取りの収入は30~32万円程度と推定されます。

サイバーエージェントの福利厚生

サイバーエージェントでは、公式HPにあるように住宅手当や独自の有給休暇制度などの福利厚生が整備されています。

サイバーエージェントの福利厚生
  • 各種休暇
  • 健康診断
  • 女性活躍促進制度 macalonパッケージ
  • 家賃補助制度 2駅ルール・どこでもルール
  • リフレッシュ休暇 休んでファイブ
  • エンジニア向け新制度「ENERGY(エナジー)」
  • 社内親睦会費補助制度
  • 退職金制度(勤続インセンティブ)
  • CArcle(部活動)
  • メンタルヘルス
  • テレワーク環境の整備
  • マッサージルーム
  • 健康診断
  • 予防接種

住宅手当としては、2駅ルール」と「どこでもファイブという2つの制度があります。

2駅ルールでは、サイバーエージェントが本社を構える渋谷駅から2駅以内に住んでいる場合に月3万円の住宅手当が支給され、どこでもファイブでは、勤続6年目以上の社員全員を対象に、(渋谷駅から2駅以内でなくても)どこに住んでも月に5万円の住宅補助が支給されるという制度です。

有給休暇については、勤続5年目を迎えたタイミングで通常の有給休暇に加えて5日分の休暇が付与される「休んでファイブ」や、7月から11か月の間で3日分の夏休みが付与される制度などがあります。

テレワーク環境が整えられていたり、マッサージルーム・健康診断の提供等社員の健康を大事にするような福利厚生が揃っています。

また、エンジニア向けには「ENERGY(エナジー)」という制度も整備されており、技術者の活力を引き出すことを目的に、機器購入経費の補助やアシスタントを付ける、スキルアップ支援を行う等エンジニアに向けては特に手厚い福利厚生補助を行っています。

サイバーエージェントの採用大学

サイバーエージェントは世間的な知名度の高さや年収の高さ、若手の成長機会の多さなどから就活市場で非常に人気が高く、採用される学生の学歴も国立大学・早慶・MARCHなど上位校が中心です。

2022年のサイバーエージェントの採用大学は以下の通りです。

順位採用大学採用人数
1位早稲田大学21人
2位慶應義塾大学19人
3位同志社大学13人
4位法政大学・明治大学10人
5位青山学院大学・東京理科大学7人
6位東京大学6人
7位筑波大学・上智大学・立教大学・立命館大学5人
8位大阪大学・明治学院大学4人
9位京都大学・武蔵野美術大学・大阪工業大学・関西学院大学3人
10位東北大学・千葉大学・東京工業大学・九州大学・大阪府立大学
・成蹊大学・日本大学・龍谷大学・関西大学・近畿大学
2人
サイバーエージェントの採用大学ランキング(出典:大学通信

サイバーエージェントは残業が多く激務?離職率が高い?

サイバーエージェントは一人当たり年間労働時間を公式で公開しています。年次有給休暇20日間、公式より所定労働時間を8時間とした場合、2022年度の月平均残業時間は18.3時間となっています。

年度年間平均総労働時間月間平均残業時間
2021年2,079.6時間31.2時間
2022年1,925.0時間18.3時間
サイバーエージェントにおける労働時間(出所: 公式

全体的な残業時間は減っているものの依然として激務という評判は多いというのも事実です。顧客対応が突発的に発生するような繁忙期だと残業や休日出勤がある場合もあります。

ただ、リモートワークが導入されたりという施策を経てホワイトになっているのは確かな模様です。また常時激務なわけではなく、繁忙期と閑散期でメリハリもあります。

離職率はサイバーエージェントの発表だと8.4%となっております。厚生労働省によれば離職率の平均は13.9%となっており、サイバーエージェントの離職率は平均よりも低い水準にあります。激務緩和の施策や年収上昇により離職率は低下したものと推定されます。

新卒でサイバーエージェントに入るのはやばい?独自の文化が気持ち悪い?

サイバーエージェントの新卒は下記の様な理由で「やばい」と言われますが、実際は「やばく」ありません。

サイバーエージェントの新卒がやばいと言われる理由
  • 新卒の年収が高いため
  • 激務で離職率が高く辞めたい人も多いと言われているため
  • 顔採用・枕営業があると噂されているため
  • 低学歴だと厳しい、採用大学のレベルが高いため
  • 新卒至上主義で中途は厳しいため
  • 新卒でも子会社の役員を任されるような会社のため

サイバーエージェントはやばいといわれる原因と実態は下記の記事でも解説しているので、詳しく知りたい方は合わせてご覧ください。

サイバーエージェントに転職するためにやるべきこと

サイバーエージェントは前職での実績次第や対策次第で十分に転職できる可能性があります。しかしながら、独学でサイバーエージェントを受けても内定を得ることができる確率は低いと言わざるを得ないため、転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

20代・30代向けの高年収求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

【公式】https://assign-inc.com

2024年4月現在、事前準備不要のオンライン面談を提供中

【2024年4月】限定特典あり

2024年4月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。

\ 高年収業界・人気企業への転職に強い /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)
おすすめ転職サービス(総合ランキング)
ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。

匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp

【口コミ】ビズリーチの評判
ASSIGN
(アサイン)
20代・30代のハイクラス転職に特化した大手転職エージェント。

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年4月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。
マイナビAGENT日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp

【口コミ】マイナビエージェントの評判
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地150-0002
東京都渋谷区渋谷2-19-15 宮益坂ビルディング609
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年4月時点)
目次