仕事をしながら転職活動するうえでやってはいけない6つの過ちを解説

仕事をしながら転職活動するうえでやってはいけない6つの過ちを解説

仕事をしながら転職活動をすることには大きなメリットがあります。一方で、仕事をしながら転職活動するうえで気を付けるべきことも多数あり、転職活動を成功させるためにはこうした注意事項を意識する必要があります。

本ページでは仕事をしながらの転職活動を成功させるために意識すべき、「仕事をしながら転職活動するうえでやってはいけない6つの過ち」を解説しています。仕事をしながらの転職活動を成功させたい人は是非参考にしてください。

目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

そもそも仕事をしながら転職活動をすることはできる?できない?違法?

結論から言うと、仕事をしながら(現職に在籍しながら)転職活動を行うのは一般的なことです。現職の仕事に取り組みながら転職活動を成功させている人はたくさんいます。

在職中の転職活動は違法?

日本では日本国憲法第22条第1項において、「職業選択の自由」が認められており、誰しも自分の意志で自由に転職先を選べる権利を持っています。従って、在職中に転職活動すること自体が違法になることはありません。

「在職中に転職活動を行うことを禁止する」と就業規則にあるが、それでも転職活動を行っても良い?

日本では日本国憲法第22条第1項において、「職業選択の自由」が認められています。就業規則が憲法より優先されることはないため、在職中に転職活動を行っても違法になることはありません。裁判になったとしても、雇用主の会社が敗訴します。

仕事をしながら転職活動をする場合、収入が入り続けるため妥協せず転職活動を行える、ブランクがないなど様々なメリットがあります。一方で、仕事をしながら転職活動をする場合は気を付けるべきことが多いのも事実です。

以降では、仕事をしながらの転職活動を成功させるために、「仕事をしながら転職活動するうえでやってはいけない6つの過ち」をご紹介します。

仕事をしながら転職活動するうえでやってはいけない6つの過ちは?

仕事をしながらの転職活動を成功させるために意識すべき、仕事をしながら転職活動するうえでやってはいけない6つの過ちについてご説明します。

仕事をしながら転職活動するうえでやってはいけない6つの過ち
  1. 会社のパソコンや携帯電話で転職活動をする
  2. 転職活動をしていることを同僚に話す・SNSに転職活動中であることを記載する
  3. 企業名が明確ではない求人に応募する
  4. 転職活動における選考対策をおろそかにしてしまう
  5. 仕事の会議と転職の面接や選考をダブルブッキングする
  6. ボーナスや退職可能なタイミングを把握していない

なお、これらの過ちの中で、特に③④⑤などは転職エージェントを活用することで大幅にリスクや手間を軽減することができます。限られた時間の中で効率的に転職活動を成功させたい方は、転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

20代・30代向けの高年収求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

【公式】https://assign-inc.com

2024年4月現在、事前準備不要のオンライン面談を提供中

【2024年4月】限定特典あり

2024年4月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。

\今すぐ転職予定が無い人でも安心して使える/

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年4月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)
20代・30代向けのおすすめ転職サービス
マイナビエージェント日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

マイナビエージェントでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp
ビズリーチ登録するだけで自分に合ったスカウトが届く、CMでも有名な転職サイト。

匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収やワークライフバランスなど気になることを直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp
ASSIGN
(アサイン)
20代・30代のハイクラス転職に特化した実績豊富な大手転職エージェント。

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

仕事をしながら転職活動するうえでやってはいけない6つの過ち#1:
会社のパソコンや携帯電話で転職活動をする

仕事をしながら転職活動するうえでやってはいけない6つの過ちの1つ目は、会社に支給されるパソコンや携帯電話で転職活動をすることです。

企業によっては会社支給のスマホやPCやメールの履歴を取っている場合もあります。そうした場合、支給スマホやPCで転職活動を行うと在籍企業にばれてしまうことがあります。

また会社のスケジューラーに転職活動の予定を入れたり、会社の携帯電話で電話しているところを盗み聞きされることで、社内の転職活動を行っていることがばれてしまうというケースもあります。

会社支給のPCやメールを活用して転職活動を行うことは危険なので、避けるようにしましょう。転職活動を行う際はプライベートのメールアドレスなどを活用することをおすすめします。転職活動を行う際にプライベートのメールアドレスや携帯電話を使うのは一般的であり、失礼にあたったりはしません。

仕事をしながら転職活動するうえでやってはいけない6つの過ち#2:
転職活動をしていることを同僚に話す・SNSに転職活動中であることを記載する

仕事をしながら転職活動するうえでやってはいけない6つの過ちとして次に挙げられるのが、転職活動をしていることを同僚に話す・SNSに転職活動中であることを記載するということです。

転職活動をしていることを同僚等の社内の人に話せば、会社にばれてしまうというリスクがあるため注意が必要です。

同僚や知人・友人は悪気がなく、自身が転職活動をしていることを話してしまうことがあります。また仕事が忙しいような職種の場合、自分が転職することで、会社に残った人の業務量が増えてしまうことを嫌い、転職を防ぐために上司などに報告してしまうというケースもあります。

会社の人たちは必ずしも同僚の転職に好意的というわけではありません。会社にばれるリスクを減らすためには、どんなに親しい場合であっても転職活動を行っていることは言わないことをおすすめします。

同様の理由でSNSに投稿するのも避けましょう。匿名SNSであるTwitter(X)などのアカウントも、実は社内の人がアカウントを特定しているというケースはよくあります。そうしたアカウントでの投稿で転職活動をしていることがばれてしまう可能性は十分にあります。

仕事をしながら転職活動するうえでやってはいけない6つの過ち#3:
企業名が明確ではない求人に応募する

仕事をしながら転職活動するうえでやってはいけない6つの過ちの3つ目は、企業名が明確ではない求人に応募することです。

求人サイトなどを活用すると、企業名が明確ではない求人が掲載されていることがありますが、実はその求人が自社や取引先のものである可能性があります。よく確認せずにそうした求人へ応募してしまうと、自分が転職活動中であることがばれてしまう可能性があります。

求人サイトを活用する場合は、企業名が明確な求人や事業内容が明らかに異なる求人に応募することを心がけましょう。

転職エージェント経由であれば、在籍企業の求人を紹介されたり、在籍企業の求人に応募したりという可能性はなくなるため、転職エージェントを活用することも選択肢の一つです。

またスカウト型の転職サービスを活用する場合、自分の登録情報を勤務先の人事がたまたま見てしまうことで自分が転職活動中であることがばれてしまうこともあります。大手転職サイトである『ビズリーチ』の様なサービスは在籍企業からのアクセスをブロックする機能も搭載しているため、是非活用するようにしましょう。

仕事をしながら転職活動するうえでやってはいけない6つの過ち#4:
転職活動における選考対策をおろそかにしてしまう

仕事をしながら転職活動するうえでやってはいけない6つの過ちとして、転職活動における選考対策をおろそかにしてしまうということも挙げられます。

特にフルタイムで仕事をしている方は、日中は仕事で時間を取られてしまい、帰宅後や土日も疲労で動けないということもあるでしょう。仕事をしながら転職活動をする場合は、仕事以外の時間をフル活用して転職活動の準備をする必要がありますが、時間の不足や疲労によって転職活動における選考対策を疎かにしてしまいがちです。

しかしながら、転職活動で選考対策をおろそかにしてしまうのは本末転倒です。転職活動では面接対策や自己分析などといった選考対策が非常に大事であり、選考対策次第で合否が変わるということもよくあります。自分の希望する職場の選考に落ちてしまったり、ミスマッチを起こすことを防ぐためにも、選考対策は万全を期すようにしましょう。

在籍中の転職活動で選考対策に時間を割けない場合は転職エージェントの助けを借りることをおすすめします。転職エージェントは模擬面接や志望動機の作り込みなど、選考対策をサポートしてくれるため、在籍しながらの転職活動で時間がない人も効果的な選考対策を行うことができます。

仕事をしながら転職活動するうえでやってはいけない6つの過ち#5:
仕事の会議と転職の面接や選考をダブルブッキングする

仕事をしながら転職活動するうえでやってはいけない6つの過ちとして、仕事の会議と転職の面接をダブルブッキングするということも挙げられます。

在籍しながらの転職活動だと、転職の面接や選考の時間を平日の勤務時間に入れるケースもありますが、転職の選考の時間に会議などが入ってしまうことも珍しくありません。

選考の時間を変更することを忘れてしまうと、選考をすっぽかしてしまうということもあります。そうなると、時間の管理ができていないと選考企業から評価されてしまい、その後の選考で不利になってしまいます。

選考の時間と本業における会議の時間が被ってしまうというのはよくあることです。それに伴う選考時間のリスケジュールも致し方がないことなので、事情を話せばリスケジュールに応じてくれる選考企業がほとんどです。

従って、そうした事態が起こってしまった際は忘れずに選考企業に一報を入れるようにしましょう。

重要なのは選考をすっぽかさないことであり、きちんと対応すれば、問題になることはありません。

仕事をしながら転職活動するうえでやってはいけない6つの過ち#6:
ボーナスや退職可能なタイミングを把握していない

転職活動において、自分の現職でのボーナス支給時期や退職可能なタイミングを知らないのも、仕事をしながら転職活動するうえでやってはいけない6つの過ちの1つです。

退職可能時期を理解しておかないと、いざ転職活動で内定をもらって転職するとなっても退職ができず、入社日をずらしてしまう必要性が生まれたり、場合によっては内定を取り消されてしまう可能性もあります。

またボーナスの支給時期などを理解しておかなければ、ボーナスの支給直前に退職となってボーナスを受け取れないというもったいない事態が発生することもあります。

退職時期を把握してスムーズな転職を行うためにも、就業規則などは理解して退職可能なタイミングは把握しておくようにしましょう。また、ボーナスの支給時期を把握することで、金銭的な損失を生まないようにすることも重要です。

仕事をしながら転職活動をした方が良い?メリットは?

ここまで仕事をしながら転職活動するうえでやってはいけない6つの過ちについてご説明してきました。

ハラスメントなどが理由であったり、精神的に病んでしまっている場合は即座にその会社から離れた方が良いというのも確かですが、一方で会社を辞める緊急性がない場合は、会社に在籍しながら転職活動を行った方が良い場合が多いです。

会社に在籍しながら転職活動を行う場合、下記の様なメリットがあります。

会社に在籍しながら転職活動を行う場合のメリット
  • 収入が入り続ける
  • ブランクが発生しない
  • 現職に留まるという選択もできる

これらのメリットは転職活動を行う上で非常に大きく、安定した転職活動を続けることができる原因となります。こうしたメリットを最大限生かすためには転職エージェントの力を使うことが重要です。

\ 今すぐ転職予定が無い人でも安心して使える /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年4月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)

マイナビエージェント

日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。マイナビエージェントでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp


ビズリーチ

登録するだけで自分に合ったスカウトが届くCMでもお馴染みの転職サイト。匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp


ASSIGN(アサイン)

20代・30代の転職に特化した大手転職エージェント。サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞。

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年4月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。


会社に在籍しながら転職活動を行う場合のメリット#1
収入が入り続ける

会社に在籍しながら転職活動を行う場合のメリットとしてまず挙げられるのが、収入が入り続けるという点です。仕事を辞めてからの転職になると収入がなくなってしまうため、貯金を切り崩しながら転職活動を行う必要があります。

早期に転職先が決まれば良いですが、転職先がなかなか決まらないと貯金がどんどん減ってしまい、精神的に不安な状態で転職活動を続けることになります。

そうなると、金銭的不安から早く転職先を決めようと焦ってしまって転職先選びに妥協してしまったり、内定先に足元を見られて待遇が悪くなってしまうということもあり得ます。

その点、仕事をしながらの転職活動であれば収入が入り続けて貯金を切り崩す必要もないため、余裕を持った転職活動が可能となります。転職先を決めることに焦る必要もなくなり、また現職の給料を基準に転職先での年収交渉もできるため、好待遇を引き出しやすくなります。

会社に在籍しながら転職活動を行う場合のメリット#2
ブランクが発生しない

会社に在籍しながら転職活動を行う場合のメリットとしてまず挙げられるのが、ブランクが発生しないという点です。

転職活動において、ブランク期間(どこの会社にも所属していない期間)があると、選考において詳しく理由を聞かれたり、場合によっては「就業意欲が低い」などと判断されて選考で不利になってしまうこともあります。

特に長期間のブランクだと、そのブランクを正当化する理由も難しくなるため、選考で不利になりやすい傾向にあります。

また実務的な話ですが、国民健康保険や厚生年金関連の手続きは、無職の期間があると自身での手続きが必要となります。この手続きが非常に手間なのですが、仕事をしながらの転職活動でブランク期間が発生しない場合はこうした手続きも必要なくなることが、仕事をしながらの転職活動におけるメリットの1つです。

会社に在籍しながら転職活動を行う場合のメリット#3
現職に留まるという選択もできる

会社に在籍しながら転職活動を行う場合のメリットとして、現職に留まるという選択もできるという点が挙げられます。

現職に留まるという選択ができる状態にあれば、無理して転職先を決める必要はないという心の余裕が生まれ、結果的に良い条件の転職先に転職しやすくなります。

また、転職活動を行ったうえで現在の仕事が良い仕事であると気づくこともあります。その様な場合に仕事を既に辞めてしまっていると、「もともといた会社に在籍していれば良かった」など後悔してしまう可能性もあります。

現職に留まるという選択肢を残しつつ、新たなアップサイドを求めて転職活動を行えるというのが、会社に在籍しながら転職活動を行う場合の大きなメリットの1つです。

仕事しながらの転職が辛いと言われる理由・デメリット

ここまで仕事をしながらの転職におけるメリットについてご説明してきましたが、当然ながら仕事をしながらの転職が辛いといわれる理由・デメリットも存在します。仕事をしながらの転職が辛いといわれる理由・デメリットには下記の様なものが挙げられます。

仕事しながらの転職が辛いと言われる理由・デメリット
  • 現職の仕事があるため時間を取りづらい
  • スケジュール調整が難しい
  • 会社にばれるのではないかと不安になる

デメリットについて順に説明していきますが、こうした仕事しながらの転職が辛いといわれる理由・デメリットは、スケジュール調整や選考対策を手助けしてくれる転職エージェントを活用することで大幅に軽減することできます。

\ 今すぐ転職予定が無い人でも安心して使える /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)
おすすめ転職サービス(総合ランキング)
マイナビエージェント日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

マイナビエージェントでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp

【口コミ】マイナビエージェントの評判
ビズリーチ登録するだけで自分に合ったのスカウトが届く、CMでもお馴染みの転職サイト。

匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp

【口コミ】ビズリーチの評判
ASSIGN
(アサイン)
20代・30代の転職に特化した大手転職エージェント。

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年4月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

仕事しながらの転職が辛いと言われる理由・デメリット#1
現職の仕事があるため時間を取りづらい

仕事しながらの転職が辛いといわれる理由・デメリットの1つ目として挙げられるのが、現職の仕事があるため時間を取りづらいという点です。転職活動では選考対策が必須となりますが、現職が忙しいことで選考対策に割く時間が作れないということもよくあります。

仕事が終わった後に履歴書を書き、週末に面接を受けるなど、自身の貴重なプライベートを転職活動に費やす必要があるため、疲れを感じたり嫌になってしまうこともあるかもしれません。

仕事をしながらの転職活動である場合、どうしてもこうした時間的制約やプライベートを犠牲にすることが必要になるというのはデメリットの1つです。より良い会社に転職するための投資として我慢する必要があります。

仕事しながらの転職が辛いと言われる理由・デメリット#2
スケジュール調整が難しい

仕事しながらの転職が辛いといわれる理由・デメリットの1つ目として次に挙げられるのが、スケジュール調整が難しいという点です。

仕事をしながらの転職活動だと、就業時間に面接などの選考を受ける必要がある場合もあります。こうしたケースだと、自分に会議などの所要が入っていないタイミングを見計らって選考の予定を入れる必要があるため、スケジュール調整が難しくなります。

選考の時間をブロックしていたとしても、どうしても外せない会議が入ってしまうこともあり、急な選考のキャンセル・リスケジュールを強いられる場合もあります。

こうしたケースは誰しも時に発生することなので、落ち着いて対処するようにしましょう。選考企業も理由をきちんと話してリスケジュールすれば、理解してくれるような企業がほとんどです。

仕事しながらの転職が辛いと言われる理由・デメリット#3
会社にばれるのではないかと不安になる

仕事しながらの転職が辛いといわれる理由・デメリットの1つ目として次に挙げられるのが、会社にばれるのではないかと不安になるという点です。

会社で転職の話などをしなくても、不自然な行動があったりすると転職活動を疑われてしまうことがあります。SNSでの投稿や会社のPC・スマホを使って転職活動を行うことで転職活動がばれてしまうこともあるので、注意が必要です。

また、転職サイトを活用している場合は下記の様なケースでばれてしまう可能性がある点に注意が必要です。

転職サイトへの登録が会社にばれる特殊なケース
  • 特に従業員が少ない会社で、ビズリーチへの登録情報から会社を特定される
  • 職務経歴書に個人を特定できるような情報を記載してしまう
  • 経歴を見たヘッドハンターや取引先が企業に報告する
  • 会社に支給されたスマホやPC端末からのアクセスする
  • ヘッドハンターや企業との会話・メールを盗み見、盗み聞きされる
  • 同僚に話すことで噂が広がってしまう
  • SNSでビズリーチを利用していることを発信する

基本的に『ビズリーチ』などの転職サイトは在籍企業からプロフィールを見ることをブロックする機能があるため、在籍企業にバレる可能性は限りなく低いです。

しかしながら、それでも不安な方は転職エージェントを活用するようにしましょう。転職エージェントは求職者の在籍企業を把握したうえで転職先を紹介するという形式となっており、意図しない企業に自分の情報が伝わることはないため、在籍企業にばれることはありません。

仕事しながらの転職を成功させるためには転職エージェントの活用をおすすめ

仕事しながらの転職を成功させるためには転職エージェントの活用がおすすめです。

仕事をしながらの転職活動で大きなデメリットは「選考対策に割ける時間がない」という点ですが、転職エージェントは、履歴書のブラッシュアップや面接対策など、転職プロセスの各ステップにおいても実践的なサポートやアドバイスを提供してくれます。

更にスケジュール調整も代行してくれるため、そこに自分で時間を割く必要はありません。

また、転職エージェントは業界ごとの最新動向、求人市場の情報、さらには非公開求人に関する情報を無料で提供してくれます。

このような専門的な情報は、自分だけで転職活動を行う場合には入手困難なものであり、転職市場におけるライバルに対して有利な立場を築くために非常に役立ちます。

転職エージェントは転職が決まった際に採用企業からフィーをもらうという仕組みのため、利用者側は1円もお金を払う必要がありません。相談した結果、転職しなかったとしてもペナルティは一切かからないため、転職エージェントは遠慮せずに使い倒した方が得と言えます。

おすすめの転職エージェント
マイナビエージェント | マイナビにしかない好条件の非公開求人が多数

マイナビエージェント

【公式ページ】https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェント』は、大手人材会社のマイナビが運営するおすすめの転職エージェントです。

日本全国で幅広い業界・職種の転職を支援しており、2024年4月時点で45,344 件の公開求人と18,146 件の非公開求人を扱っています。

誰もが知る大企業から地方の隠れた優良企業まで幅広い求人を扱っており、マイナビエージェントでしか扱いのない好条件の非公開求人が多いことも特徴です。

マイナビエージェントの求人企業(例)

■ 日系大手・ホワイト高年収企業

キーエンス / SONY / NTTデータ / 野村総合研究所 / アビームコンサルティング / サイバーエージェント / エムスリー / 野村證券

■ 外資系・グローバル企業

アクセンチュア / PwC / アマゾンジャパン / デロイトトーマツコンサルティング / SAMSUNG / ボッシュ

マイナビエージェントはすべての機能が無料で利用でき、登録してみて自分に合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会できます。

サービス名マイナビエージェント
公式ページhttps://mynavi-agent.jp
サービス分類・転職エージェント
・総合型
求人数公開求人:45,344 件
非公開求人:18,146 件
(2024年4月時点)
対応地域日本全国
料金無料
運営会社株式会社マイナビ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-080554
参考ページ【口コミ】マイナビエージェントの評判
マイナビエージェントで断られた?原因と対処法
関連サービス・20代専門転職エージェント『マイナビジョブ20’s
・薬剤師転職サイト『マイナビ薬剤師の評判
・看護師転職サイト『マイナビ看護師
転職エージェント『マイナビエージェント』の概要

おすすめの転職サイト
ビズリーチ | 登録するだけで高年収のスカウトが届く

ビズリーチ

【公式HP】https://bizreach.jp

ビズリーチ』は、TVCMでも有名な国内最大級のスカウト型の転職サービスであり、おすすめの転職サイトです。

匿名で経歴を登録するだけで高年収のスカウトが届き、気になるスカウトに返信することで効率的に転職活動を進めることができます。

転職活動中の人はもちろん、直近の転職予定がなくても将来的に転職を考えている人も含めて200万人以上のユーザーが利用しています。

人気企業・難関企業の採用担当者や高年収求人を扱う質の高いヘッドハンターからスカウトを受け取ったり、ビズリーチ限定で公開されている好待遇な求人の詳細を確認することができます。

会員登録したからと言って面談を要求されたり、電話がかかってくることは一切ないため、まずは情報収集から始めたい人も安心して利用できます。

サービス名ビズリーチ
公式ページhttps://bizreach.jp
サービス分類・転職サイト
・スカウトサービス
特徴・年収1000万円以上の求人が多数
・200万人以上が利用する国内最大級の転職サイト
求人掲載件数109,360 件(2024年4月時点)
運営会社株式会社ビズリーチ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-302647
参考ページビズリーチの評判と口コミ
ビズリーチのプラチナスカウトとは?
ビズリーチに登録すると会社にばれる?
ビズリーチの審査とは?
ビズリーチのCMの女優は誰?
転職サイト「ビズリーチ」の概要

おすすめの転職エージェント
キャリアスタート | 月給25万円以下から年収100万円以上UPの実績多数

キャリアスタート

【公式HP】https://careerstart.co.jp

キャリアスタート』は、第二新卒・既卒・未経験の方向けに特化して転職支援を行っている転職エージェントです。

未経験の業界や職種への転職支援の実績が豊富で、実際の利用者からは「転職を通じて年収が上がった」「未経験でもIT業界への転職に成功できた」「短期間で内定が出た」などポジティブな声が多く聞こえます。

キャリアスタートのメリット・良い評判
  • 第二新卒や既卒、フリーターなど職歴の浅い20代に特化しており、利用者数も豊富
  • 年収が上がる求人が豊富
  • マンツーマン模擬面接や転職成功BOOKを通じて高い内定率を実現
  • 自己分析や適性検査を通じて、キャリアビジョンの設計をサポートしてくれる
  • 転職交流会や転居サポートといった独自のサポートを提供している

取り扱っている職種としてはマーケティング職・事務職・販売職などが中心であり、これらの領域での就職を目指している方にはおすすめの転職エージェントとなっています。マンツーマン模擬面接や独自のノウハウをまとめた『転職成功BOOK』といった独自の選考対策を受けたい方にもおすすめです。

サービス名キャリアスタート(CAREER START)
公式ページhttps://careerstart.co.jp
サービス分類・転職エージェント
・特化型
特徴20代の第二新卒・既卒・未経験専門の転職エージェント
登録者に『転職成功BOOK』を無料プレゼント中
料金無料
運営会社キャリアスタート株式会社
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-305582
参考ページキャリアスタートの評判と口コミ
転職エージェント「キャリアスタート」の概要

おすすめの転職エージェント
ASSIGN(アサイン) | 高年収を目指す20代に特化した転職エージェント

転職エージェント「ASSIGN」
若手ハイエンド特化型転職エージェント『ASSIGN(アサイン)』

【公式HP】https://assign-inc.com

ASSIGN(アサイン)』は、若手ハイキャリアに特化した転職エージェントです。コンサル・IT・金融などの業界への転職支援に強みがあります。

ASSIGN(アサイン)のメリット・良い評判
  • 高年収を目指す20代・30代のための魅力的な求人が多い
  • 中長期的で真摯かつ丁寧なキャリアサポートを受けることができる
  • 業界に理解が深く質の高いエージェントが在籍

面接対策や業界研究など転職サポートの丁寧さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞しています。

未経験でも挑戦できる独自の高年収求人を多数扱っていることに加え、面談後に一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

今すぐ転職予定のない方や若手の方でも無料で面談やサポートを受けることができるため、高年収な業界への転職を将来的に考えている方は、是非公式ページから無料面談を申し込んでみて下さい。

サービス名ASSIGN(アサイン)
公式ページhttps://assign-inc.com
タイプ・転職エージェント
・特化型
特徴若手ハイエンド専門の転職エージェント
料金無料
運営会社株式会社アサイン
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-308560
転職エージェント『ASSIGN』の概要

給料をあげるためには転職?市場価値を知りたい人におすすめのツールを紹介

大手転職サイト『doda』の調査によると、転職理由の1位は「給与が低い・昇給が見込めない」からとなっており、全体の32.8%を占めています。

給料を上げたいと思った人が転職を考えることは自然なことであり、実際に転職によって年収が上がった・残業が減ったという声は少なくありません。

転職理由ランキング(複数回答)割合
【1位】給与が低い・昇給が見込めない32.8%
【2位】昇進・キャリアアップが望めない25.2%
【3位】社内の雰囲気が悪い23.4%
【4位】尊敬できる人がいない22.9%
【5位】業界・会社の先行きが不安22.4%
転職理由ランキング (出典: doda)

「もっと年収を上げたい」「手取りを増やしていい生活をしたい」という方は、転職も一つの選択肢として検討することをおすすめします。

直近で転職する予定が決まっている方には、TVCMでも有名な『ビズリーチ』がおすすめです。全国・全業種の高年収求人が幅広く掲載されており、年収アップにつながる可能性が最も高い転職サイトの1つです。

【公式HP】https://bizreach.jp

また、今すぐ転職予定はなくても、将来的に転職を考えている方には『転職可能性診断』という無料ツールをチェックしてみてください。

簡単な経歴を登録するだけで、人気企業100社への転職可能性を数字で算出してレポートとして受け取ることができます。

転職可能性診断の対象企業(一部抜粋)

高年収難関企業

三菱商事 / キーエンス / 電通 / 野村総合研究所 / リクルート / エムスリー / SONY / ベイカレント / M&A総合研究所 など

ホワイト安定企業

NTTドコモ / 味の素 / 明治 / 日本たばこ産業 / 富士フイルム / 東京海上日動火災保険 / 任天堂 / サントリー / 花王 など

外資系・グローバル企業

Google / マッキンゼー / ゴールドマンサックス / P&G / アマゾン / PwC / アクセンチュア / セールスフォース など

【公式ページ】転職可能性診断

▼ 2024年4月中に新規登録すると無料で利用可能

転職可能性診断

自分の年収が高いか低いかを知るために

自分の年収が高いか低いかを知るためには、年収偏差値を調べることをおすすめします。

年収偏差値について詳しく知りたい方は以下の年収偏差値計算ツールをご利用ください。年齢と年収を入力すると年収偏差値を試算することができます。

▼ 条件を指定して年収偏差値を計算できます
年収偏差値計算ツール
偏差値
男性の中での偏差値
女性の中での偏差値
大卒の中での偏差値
大企業の中での偏差値

厚生労働省『賃金構造基本統計調査』の最新情報をもとに試算

今の年収の低さに不満がある」「客観的に自分の市場価値を知りたい」という方は、『適正年収診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

適正年収診断』では、簡単な経歴情報を入力するだけで、統計データをもとに自分が本来もらえるはずの適正な年収を具体的な数値で算出することができます。

仕事しながらの転職をするうえでよくある質問

仕事しながらの転職をするうえでよくある質問を下記にまとめているので、是非参考にしてください。

在職中に転職活動をしていることを在籍先に伝えるタイミングは?

転職活動をしていることを在籍先に伝えるタイミングは、転職活動が終了して内定先と退職することが決定しているタイミングがベターです。まだ転職活動中なのに、その旨を在籍先に伝えてしまうと転職活動を止められる場合があります。

また、熟考の結果在籍先に残るという選択をした場合に、その先の昇進がしづらくなったりといったデメリットもあります。

在籍先に、転職活動中であることを伝える義務はありません。従って、内定先と退職することが決定しているタイミングまで転職することは言わないようにしましょう。

仕事をしながらだと平日のハローワークに行けないのだがどうすれば良い?

ハローワークの開庁時間は、原則、平日8時30分から17時15分までなので、仕事をしながらの転職活動だとハローワークに行けないという人もいるでしょう。

その様な場合は、平日や日中に来所できない人に向けて、平日17時以降や土曜日に開庁している窓口を活用したり、ハローワークのインターネットサービス(求人検索やオンライン自主応募が可能)を活用することをおすすめします。

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地150-0002
東京都渋谷区渋谷2-19-15 宮益坂ビルディング609
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年4月時点)
目次