人手不足の職場はやばい?しわ寄せ?崩壊する?原因と対処法を解説

人手不足の職場はやばい?しわ寄せ?崩壊する?原因と対処法を解説

人手不足の職場はやばいと言われることがあります。本ページでは人手不足の職場はやばいと言われる理由や、人手不足の職場で起こるしわ寄せ、人手不足の職場で働くデメリットや対処法について網羅的に説明しています。

目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

人手不足の職場がやばいと言われる理由とデメリット

人手不足の職場がやばいと言われる理由とデメリットとしては下記の様なものが挙げられます。順にご説明します。

人手不足の職場がやばいと言われる理由とデメリット
  • 少ない社員に仕事負担がかかり、激務になる
  • さらなる連鎖退職が起こる可能性がある
  • 代わりがいないので休むことができない
  • 従業員のモラルが欠如する・職場の雰囲気が悪くなる
  • 昇給・昇進が厳しい可能性がある

人手不足の職場がやばいと言われる理由とデメリット#1:
しわ寄せで少ない社員に仕事負担がかかり激務になる

人手不足の職場がやばいと言われる理由とデメリットとして、しわ寄せで少ない社員に仕事負担がかかり激務になるということが挙げられます。

人手不足の職場では少ない従業員で業務をこなす必要があるため、労働時間が長くなる傾向にあります。

また労働時間の長さで体調を壊す社員も増え、その分の労働がほかの社員にしわ寄せとなって寄ることでさらに労働時間が長くなります。

労働時間が長くなると肉体的に疲弊するだけでなく、精神的に大きなストレスがかかります。人材不足の会社ではそのような状態が改善されるまで時間がかかるか、一向に改善されないために改善の目星が見えず疲弊が続いてしまうことにもなりかねません。

人手不足の職場がやばいと言われる理由とデメリット#2:
さらなる連鎖退職が起こる可能性がある

さらなる連鎖退職が起こる可能性があるというのも、人手不足の職場がやばいと言われる理由とデメリットの1つです。

人手不足の職場では労働時間が長くなるため、身体を壊す社員も増えます。そうなると他の社員の労働時間が増え、限界を迎えることで連鎖的に退職が起きてしまうこともあります。

この様な連鎖退職が起きてしまうと、職場を維持するのは困難になります。残った社員に負担は過度となってしまうため、従業員に引き続き負担を強いて事業を続けるか、事業自体を縮小するかといった選択を迫られることにつながります。

参考: 人が辞めていく会社・職場の特徴
  • 仕事に対する給料が安い
  • 労働時間が長すぎる・サービス残業が長い
  • 上司や管理職の質が低い
  • ハラスメントが蔓延している
  • 職場の雰囲気が悪い
  • 慢性的に人手が不足している
  • 正当に評価されない・不公平な評価がなされる

参考: 人が辞めていく会社・職場の特徴や末路は?対処法も解説

人手不足の職場がやばいと言われる理由とデメリット#3:
代わりがいないので休むことができない

代わりがいないので休むことができないというのも、人手不足の職場がやばいと言われる理由とデメリットの1つです。人手不足の職場では、一人でも欠けると、残ったスタッフに過度な負担がかかってしまうため、休みを取るのが難しい職場となってしまいます。

このような環境では休暇を取ること自体が難しくなります。休むことによって生じる業務の遅延や品質の低下を恐れ、従業員は自身の健康や私生活を犠牲にしてまで仕事を続けることになります。

また、休むことで他の同僚に負担をかけると感じることも、休暇を取りづらくする要因です。

参考: 代わりがいないから仕事を休めない?理由や対処法を徹底解説

人手不足の職場がやばいと言われる理由とデメリット#4:
従業員のモラルが欠如する・職場の雰囲気が悪くなる

従業員のモラルが欠如する・職場の雰囲気が悪くなるというのも人手不足の職場がやばいと言われる理由とデメリットの1つです。人手不足の職場は労働時間が長くストレスが増大するため、従業員同士の関係や職場の空気も悪くなることがあります。

職場の雰囲気が悪いと、従業員の仕事への意欲や満足度が大きく下がります。負の雰囲気は、チームワークの崩壊やコミュニケーションの障害を引き起こします。これは、ストレスの増加と仕事の効率低下に直結します。

職場における悪い雰囲気の例
  • いじめがある
  • ハラスメントがある
  • 怒鳴られている人がいる
  • 左遷人事が頻繁に起こる
  • 愚痴が多い
  • 挨拶がない
  • 上司が過剰に偉そう など

人間関係のトラブルや陰口、いじめなどは健全な職場環境を維持することを困難にします。結果的に精神病を患ってしまう社員も増えてしまいます。職場の雰囲気が悪いと、従業員はより良い職場環境を求めて退職を選択することが多いです。

参考: 人間関係が最悪な職場で働くとどうなる?実態と対処法を解説

人手不足の職場がやばいと言われる理由とデメリット#5:
スキルがつかない、昇給・昇進が厳しい可能性がある

スキルがつかない、昇給・昇進が厳しい可能性があるというのも、人手不足の職場がやばいと言われる理由とデメリットの1つです。

人手不足の会社だとスキルや経験を持っている社員が退職している可能性があり、適切な指導を受けることができず独学で仕事を行う必要がある場合があります。このような場合だとスキルを身に着けるのに非効率な状態となり、仕事をこなしていてもなかなかスキルをつけることができなくなります。

また、人手不足の職場では事業の成長が難しいことがあり、結果として社員の昇給や昇進にかける余裕がないことがあります。その会社で頑張っていてもキャリアアップが難しいだけでなく、最悪の場合は資金不足などで会社がつぶれてしまうこともあり得ます。

  • 仕事のやる気が出ない…
  • 頑張っているのに評価されない…
  • 自分の強みやスキルが活かされない…

と感じる人は、今の仕事が自分の性格や強みに合っていない可能性があります。

という方は、『適職診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

適職診断』では、簡単な質問の回答をもとに、強みや性格・理想のワークライフバランスや年収に関する価値観を診断し、理想の条件にあった具体的な職種リストをレポートで受け取ることができます。

質問への回答は1分で完了し、診断結果はその場で見ることができるので、気になった方は適職診断の公式ページをチェックしてみてください。

適職診断の公式ページ

適職診断

人手不足の職場で起こるしわ寄せ・弊害を解説

人手不足の職場がやばいと言われる理由とデメリットについてご説明しましたが、次に人手不足の職場で起こるしわ寄せ・弊害を解説していきます。

人手不足の職場で起こるしわ寄せ・弊害
  • 提供できるサービスの質が低下し企業の競争力が下がる
  • 収益性が下がり企業の資金が不足する
  • 新入社員や中途社員が入ってこなくなる

人手不足の職場で起こるしわ寄せ・弊害を解説#1:
提供できるサービスの質が低下し企業の競争力が下がる

人手不足の職場では、サービスの質が低下することが一般的です。従業員が多忙で、細かい顧客対応やサービスの向上に時間を割く余裕がなくなるためです。

さらに、スタッフ不足は企業のブランドイメージにも影響を及ぼします。顧客が満足するサービスを提供できないと悪評が広がり、新規顧客獲得の減少や既存顧客の離脱につながる可能性があります。これは中長期的に見て企業の競争力低下につながります。

最終的に、これらの問題は企業の収益にも影響を与えることになります。質の低いサービスによる顧客離れは売上・利益の減少に直結します。

人手不足の職場で起こるしわ寄せ・弊害を解説#2:
収益性が下がり企業の資金が不足する

人手不足が収益性に与える影響は深刻です。従業員が足りないために生産性が低下し、それが直接的に売上の減少に繋がることがあります。特に労働集約型の業界では、人手不足は業務の遅延や品質の低下を招きます。

さらに、従業員が多忙であることから新しいプロジェクトやイノベーションへの取り組みが後回しになることが多いです。これにより、企業の成長機会が失われ、競争力が低下します。

結果として、企業は利益確保のために費用を削減する必要に迫られますが、それは従業員の人件費・福利厚生の削減や投資の延期といった形で現れることがあります。このような状況は、さらなる従業員の離職を招く悪循環を生む可能性があります。

人手不足の職場で起こるしわ寄せ・弊害を解説#3:
新入社員や中途社員が入ってこなくなる

新たな人材が入社しなくなる・入社してもすぐ辞めるというのも、人が辞めていく会社・職場の末路です。職場の悪評は求職者の間で広まり、有能な人材がその会社を避けるようになります。

また、職場の根本的な問題が解決されない限り、新入社員も早期に退職する傾向があります。特に退職が相次いでいるような会社だと初年度から過大な労働時間になってしまってストレスがかかってしまうだけでなく、上司などのトレーニングできる人材も不足しているため、まともにスキルをつけることができなくなります。

また、そもそも人手不足なので採用に対してコストをかけることができず、まともな候補者を集めることもできなくなります。優秀な候補者を集めることができないとフィットする人を採用するのも難しくなり、結果として従業員の早期退職につながってしまいます。

人手不足の職場で働くデメリット

人手不足の職場で働くデメリットは下記の様なものが挙げられます。順に説明します。

人手不足の職場で働くデメリット
  • 仕事を押し付けられて労働時間が長くなる
  • メンタルや体調を壊す
  • 適切に指導されずスキルが身につかない場合がある

人手不足の職場で働くデメリット#1:
仕事を押し付けられて労働時間が長くなる

仕事を押し付けられて労働時間が長くなることがあります。人手不足により、残された従業員は追加の責任と業務を引き受けることになり、これが過剰な労働時間につながります。これはストレスの増加やプライベート時間の減少に繋がります。

特に急に人がやめてしまいしわ寄せがくるような状態だと、休日でも急に仕事が回ってきてプライベートな予定をキャンセルしなければいけないようなこともあります。こうした状態だと従業員は身体的だけでなく精神的にも壊れてしまい、結果的に連鎖退職に繋がります。

人手不足の職場で働くデメリット#2:
メンタルや体調を壊す

人が辞めていく会社・職場で働くデメリットとして次に挙げられるのが、メンタルや体調を壊すという点です。長時間労働が常態化すると身体を壊しますが、それだけでなく過剰なストレスによって精神的な病気にかかってしまうこともあります。

精神的な病気としては、適応障害やうつ病など重大なものも含まれます。こうしたメンタルヘルスの不調にかかってしまうと、仕事に復帰できないなど様々な悪影響があるため、放置するのは危険です。

仕事に行きたくない時の拒否反応を放置した結果起こるメンタルヘルスの例
  • 睡眠障害
  • 適応障害
  • 自律神経の乱れ
  • うつ病など

人手不足の職場で働くデメリット#3:
適切に指導されずスキルが身につかない場合がある

人手不足の職場で働くデメリットとして、適切に指導されずスキルが身につかない場合があります。特に優秀な人が退職しているような会社だとこの問題は顕著で、きちんと指導できる上司が不在であれば上司から学ぶことができません。

また労働環境が適切に管理されていないとあらゆる仕事を丸投げされるような状態に陥ってしまい、体系的にスキルを身に着けることができなくなってしまいます。もちろん、あらゆる仕事を丸投げされて無心にこなすことでスキルがつくこともありますが、誰しもそのようにスキルが身に着くわけではありません。同時に多大なストレスもかかってしまいます。

こうした状態でだらだらと仕事を続けてしまうと、スキルもなく年齢だけを重ねてしまい結果として転職活動においても「スキルなく転職するには年齢が高すぎる」ということにもなりかねません。20代から30代前半は転職市場における市場価値が高い年齢となるため、職場に危険信号を感じたら転職活動を検討することもおすすめします。

人手不足でも問題ない職場もある

ここまで人手不足の職場がやばいと言われる理由や、人手不足の職場で働くデメリットについてご説明してきましたが、実は人手不足でも問題ない職場もあります。

人手不足でも問題ない職場の特徴
  • 成長中の企業で採用が追いついていないだけ
  • 一時的に人員不足となっているが、採用のめどが立っている

例えば成長中のベンチャー企業などで、事業自体は成長しているものの成長速度に採用が間に合っていない場合は一時的な人手不足でも問題ありません。成長に対して採用が追いついた段階で人材不足が解消されるうえ、人材不足の時期を乗り越えた社員としてそのあとは重宝される可能性があります。

また一時的に人員不足となっているが、採用のめどが立っている場合も問題ありません。この様なケースでは人材不足は一時的であり、危険視する必要はないでしょう。ただし慢性的に人材不足で、採用する人材に頼っているような状態が常に続く場合は注意が必要です。

人手不足の職場にいる場合の対策

人手不足の職場にいる場合の対策としては、①職場を苦に思わない場合は仕事を続ける、②会社を辞める・転職活動するということが挙げられます。順に説明します。

人手不足の職場にいる場合の対策#1:
職場を苦に思わない場合は仕事を続ける

人手不足の職場にいる場合の対策として、職場を苦に思わない場合は仕事を続ける選択肢があります。これは職場の問題が自分にとって許容範囲内であると判断した場合に適した選択です。

人が辞めていく会社においては、その職場に在籍し続けるだけで競争相手が減っていくため、自然と出世していくことになります。そうした人材は会社にとっても貴重な人材なので、長い期間在籍し続けた結果待遇が良くなるということも十分にあり得ます。

ただし、これはあくまでその会社における労働環境が自身にとって我慢できる範囲である場合のみに取ることができる選択肢です。また長期間在籍しても待遇が改善されないケースも往々にしてあり得ます。自分にとってストレスを感じるような環境であったり、一時的に問題を乗り越えても職場の環境は改善されないと感じる場合は早期に転職活動を検討することをおすすめします。

人手不足の職場にいる場合の対策#2:
会社を辞める・転職活動する

上記の様な原因の特定や対処法が自分に合わないと感じる場合は、転職することも十分有力な選択肢です。人が辞めていく会社・職場にいて過大なストレスを感じる場合は、転職して仕事から離れることが最も効果的な選択肢となります。

また転職活動を早めに始めておくことで、いざ職場が崩壊したときも早めに会社から脱出することができます。それだけでなく自分にとってより良い選択肢があると知っておくことで、心に余裕が生まれメンタルへの支障もきたしづらくなります。

仕事を辞めるか判断すべきポイントとは?仕事の辞め時の10のサインを解説

仕事の辞めどきがわかる10のサイン・仕事が合わないサインにはどのようなものがあるのでしょうか。仕事の辞め時を判断するポイントには下記の様なものが挙げられます。

仕事の辞めどきがわかる10のサイン
  • 仕事に対するモチベーションが低下している・仕事から学ぶことがない・スキルが身に付かない
  • 給料に対する不満がある・給料が安いまま上がらない
  • 異動などで自分の希望する仕事ができない・自分の目標を達成できない
  • 出世のスピードが遅い、上が詰まっている
  • 仕事で体調を壊す・労働時間が長すぎる
  • 職場の人間関係で思い悩むことが多い
  • 優秀な人材や親しい人材が次々と辞めている・人数不足
  • 会社内に尊敬できる上司がいない
  • 職場にハラスメントが横行している・労働時間が長すぎる
  • 仕事や会社に将来性がないと感じる

一方で、下記の様な場合は仕事を辞めるべきではありません。特に、一時的な感情で仕事を辞めてしまうと後悔に繋がることもあるため、しっかり考えたうえで決断をすることをおすすめします。逆に、しっかり考えたうえでの決断であれば、仕事を辞めても全く問題ありません。

仕事を辞めるべきでないケース
  • 一時的な感情で「辞めたい」と思っている
  • 自身で改善などを行っていない
  • 現職が「辛い」という理由だけで転職を考えている
  • 辞めたい理由を自分で説明することができない
  • 昇進や昇格・ボーナスの時期などで待遇が良くなる可能性がある

仕事の辞めどきがわかる10のサインについて、それぞれの詳細は下記の記事で詳しく解説していますが、仕事を辞める際は上記の様なポイントを意識すると良いでしょう。

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地150-0002
東京都渋谷区渋谷2-19-15 宮益坂ビルディング609
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年4月時点)
目次