【既卒人生終了?】就職は厳しい?就職を成功する方法を解説

【既卒人生終了?】就職は厳しい?就職を成功する方法を解説

既卒になると人生終了と言われてしまうことがありますが、どのような理由からなのでしょうか。

「既卒は人生終了と言われてしまう理由」「既卒で人生が終了しやすい人の特徴」「既卒が人生終了ではない理由」「就職を成功させるための方法」についてご説明しています。

目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

そもそも既卒とは?

既卒とは大学や大学院、短大、専門学校、高校などを卒業した後就職せず、正社員経験が一度もない人のことを指します。学校を卒業後フリーターとしてアルバイトで働いている人も既卒に含まれます。

既卒と混合しやすい第二新卒というものも存在します。第二新卒は学校を卒業後、一度就職をしたが数年の内に転職活動をする若手求職者を指します。また、第二新卒については下記の記事で詳しく説明しているのでそちらをご覧ください。

既卒は人生終了と言われてしまう理由

既卒は人生終了と言われてしまう理由は下記の通りです。それぞれ順にご説明します。

既卒は人生終了と言われてしまう理由
  • 新卒に比べて求人数が少ないため
  • 空白の期間があることで企業から懸念されるため
  • スキルや実務経験が不足しているため
  • 相談する相手がいないため孤立するため

既卒は人生終了と言われてしまう理由#1:
新卒に比べて求人数が少ないため

既卒は人生終了と言われてしまう理由として、新卒に比べて求人数が少ないという点が挙げられます。

基本的に企業は4月に新卒採用枠で新卒者の採用を行います。新卒採用枠では、スキルや技術がなくとも大手や有名企業に入社できる可能性があります。しかし、既卒の場合は基本的に、既卒・第二新卒歓迎や未経験歓迎での応募になります。

既卒者は応募可能だった70%
実際に採用に至った38%
労働経済動向調査(令和5年8月)の概況: p10

また、厚生労働省によると新卒採用枠であれば約70%が応募可能ではありますが、実際に採用に至った企業は38%と新卒者に比べ既卒者は採用されにくい傾向にあります。

求人数も少なくなり、新卒や第二次新卒でスキルがあるものとの評価になってしまうため、既卒の場合採用が難しいという特徴があります。

就職エージェントを活用することで、新卒採用枠だけでなく、既卒や未経験枠からの応募も可能となっています。幅広く求人を探していくことで既卒であっても就職は可能と言えます。

既卒は人生終了と言われてしまう理由#2:
空白の期間があることで企業から採用を躊躇されやすいため

既卒は人生終了と言われてしまう理由として、空白の期間があることで企業から採用を躊躇されやすいことが挙げられます。

既卒では卒業後就職歴がないため、それまでの期間が空白になってしまいます。そして、企業は既卒に限らず空白期間があるものに対して何か問題があるのではないかと考えてしまいます。

空白期間に対する企業の懸念
  • 働く意欲が低いのではないか
  • 就職しても働き続けられないのではないか

こうした懸念点があることで採用が躊躇されてしまう可能性も考えられます。

既卒では資格取得やスキルアップなどの前向きな理由や、経済的理由など空白期間についての理由をしっかりと伝えることが重要になってきます。

既卒は人生終了と言われてしまう理由#3:
スキルや実務経験が不足しているため

既卒は人生終了と言われてしまう理由として、スキルや実務経験が不足しているため点があります。

既卒は社会人としての経験がないため、基本的なビジネスマナーやビジネススキルが不足しています。企業は、年齢を重ねることでスキルや技術を重要視するようになるため、スキルが身についていないと市場価値が上がらず、結果的に就職が厳しくなることがあります。

一方で未経験であったり、スキルや経験が不足している事を重々承知したうえで、その若さをかって既卒採用を行っている企業も多数あります。

企業としては既卒に求めているのはスキルや経験ではなく、どちらかというと若いことによるキャッチアップ力や体力といった点を評価する傾向があります。そのため、既卒として就職する場合はスキルよりもそうした熱意や体力をアピールする方が良い傾向にあります。

既卒は人生終了と言われてしまう理由#4:
相談する相手がおらず孤立するため

既卒が人生終了と言われてしまう理由として、相談する相手がいないため孤立しやすいことが挙げられます。

新卒での就職活動は学校や周囲の人に相談しながら進めていくことが可能ですが、既卒で同年代は就職し交流も少なくなることで、一人で行っていくことになります。

既卒同士であっても、それぞれ異なる背景があるためお互いの悩みを理解し合うことは難しく、相談できる相手を見つけることも困難になります。

就職活動を一人で行うことによって悩んだときに相談することができず、就職活動が思うように進まなくなってしまう可能性もあります。また、一人で就職活動を行うことで情報が少なくなったり、偏った見方になってしまう可能性があります。

そういった場合には就職エージェントの活用もおすすめです。就職エージェントを活用することで第三者の視点から就職についてのアドバイスをもらうことができます。

既卒で人生終了しやすい人の特徴

既卒の人でも人生が終了したと考える状態に陥ってしまう人もいます。既卒で人生終了しやすい人の特徴は下記の通りです。

既卒で人生終了しやすい人の特徴
  • 大手企業や有名企業だけに応募している
  • 自己分析ができていない
  • 就職活動を誰にも相談することなく行う
  • 就職活動を先延ばしにし行動しない

既卒で人生が終了しやすい人の特徴#1:
大手企業や有名企業だけに応募している

既卒で人生が終了しやすい人の特徴として、大手企業や有名企業だけに応募をしているという点が挙げられます。

大手企業や有名企業は新卒者だけでなく、スキルや経験の豊富な中途からの人気があり必然的に倍率が上がっていきます。そのため、経歴やスキルが不足している場合、中々採用をもらうことができず精神的にも辛くなっていきます。

既卒での就職活動は、大手企業・有名企業だけに絞ることなく、自分の強みや興味を活かして働くことのできる企業なども視野に入れ幅広く就職活動を行っていくことが重要になります。

既卒で人生が終了しやすい人の特徴#2:
自己分析ができていない

既卒で人生が終了しやすい人は、自己分析ができていないという特徴があります。

企業は既卒者に対して、既卒を選んだ理由や既卒期間についての質問をしてきます。こうした質問に対して明確に答えることができない場合、懸念を抱くため採用されにくくなります。

また、自己分析ができていないと、就職したい会社や自分の強みを活かすことのできる会社も分からず、就職活動自体思うように進まなくなっていきます。

そのため、自己分析を行い自分の強みや今後のキャリアプランを立てた上で就職活動を行っていくことが重要です。

既卒で人生が終了しやすい人の特徴#3:
誰にも相談することなく就職活動を行う

既卒で人生が終了しやすい人の特徴として、誰にも相談することなく就職活動を行うという点が挙げられます。

先述しているように、既卒での就職活動は孤独になりやすく、誤った方向性のまま進めてしまったり、偏った見方になったりすることで、必要な情報収集することができなくなります。そして、就職活動が思うように進まないことで、精神的疲労や負担が大きくなっていきます。

そのため、既卒での就職は一人で行うのではなく自分に合ったサポートを受けながら進めていくことが重要になります。

既卒で人生が終了しやすい人の特徴#4:
就職活動を先延ばしにする

既卒で人生が終了しやすい人は、就職活動を先延ばしにし行動しないという特徴があります。

既卒者は3年間以内は新卒扱いになることもありますが、既卒の期間が3年以上になると新卒採用枠での応募ができずさらに応募できる求人数が減少していきます。

また、年齢が上がることによって、スキルやマネジメント力を評価されるようになります。そして、中途採用枠での応募になると、スキルや経験の豊富な転職者との比較になるため、競争率が高く採用されにくくなってしまいます。

既卒で就職を検討している人はできるだけ早いうちに就職活動を行っていくことが就職成功の鍵となります。

既卒が人生終了ではない理由

これまで既卒が人生終了と言われてしまう理由について説明してきましたが、既卒であっても正しい方法で行うことで就職を成功させることができます。既卒が人生終了ではない理由について順に説明します。

既卒が人生終了ではない理由
  • 卒業3年以内は新卒として扱われることが多いため
  • 既卒を採用したい企業が増加しているため
  • 既卒ならではの強みがある

既卒が人生終了ではない理由#1:
卒業3年以内は新卒として扱われることが多い

既卒が人生終了ではない理由として、卒業3年以内は新卒として扱われることが多いという点が挙げられます。

厚生労働省の青少年雇用機会確保指針によると就業意欲があるのにも関わらず、厳しい就職環境の時期に当たってしまい就職浪人する既卒者が数多くいるため、「卒業3年以内の既卒者は応募可能にすることを企業の努力義務とするという要請を企業に行いました。

そのため、多くの企業で新卒採用枠へのエントリーが可能となっています。また、少子高齢社会となっている現在、人手不足が慢性化している業界も多く、若手人材は重宝されているため既卒であっても採用を狙うことは十分に可能です。

既卒が人生終了ではない理由#2:
既卒を採用したい企業が増加しているため

既卒が人生終了ではない理由として、既卒を採用したい企業が増加しているという点が挙げられます。

企業が既卒を求める理由
  • 企業のカルチャーやスキルの吸収力が高い
  • 辞めてしまった新卒の補充要因として親和性が高い
  • 就職時期が柔軟である

既卒の場合、社会人経験がないことから固執することなく就職先のカルチャーに馴染むことが可能です。また、比較的年齢も若いことから柔軟性や吸収力も高く企業側としても育成しやすい特徴があります。

企業は新卒をいくら採用したとしても一定数の離職が出てしまうことがあります。既卒は4月入社固定の新卒とは異なり、採用時期も比較的柔軟で欠員に応じて採用できることや新卒との親和性も高いため積極的に採用を行う企業が多くなっています。

既卒が人生終了ではない理由#3:
既卒ならではの強みがある

既卒が人生終了ではない理由として、既卒ならではの強みがある点が挙げられます。

既卒の中には、留学や資格取得を行っていた人、豊富なアルバイト経験のある人が存在します。自分だけの強みがあることは就職においてとても重要になります。

自己分析を行い、自分の強みを言語化することができれば「既卒」という点が不利に働くということはありません。そのため、自分の強みをしっかりと把握し、企業でどれだけ活かすことができるのかアピールしていくことが必要です。

自己分析を自身で行うことに不安がある人は、就職エージェントを活用することをおすすめします。就職エージェントでは、これまでの経歴や今後のキャリアプランまで長期的にサポートをしてもらうことができます。

  • 仕事のやる気が出ない…
  • 頑張っているのに評価されない…
  • 自分の強みやスキルが活かされない…

と感じる人は、今の仕事が自分の性格や強みに合っていない可能性があります。

という方は、『適職診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

適職診断』では、簡単な質問の回答をもとに、強みや性格・理想のワークライフバランスや年収に関する価値観を診断し、理想の条件にあった具体的な職種リストをレポートで受け取ることができます。

質問への回答は1分で完了し、診断結果はその場で見ることができるので、気になった方は適職診断の公式ページをチェックしてみてください。

適職診断の公式ページ

適職診断

【結論】
既卒は人生終了ではない。既卒でも十分に就職できる

ここまで既卒は人生終了と言われる理由についてご説明しました。

しかしながら、各項目でもご説明した通り既卒だからといって必ずしも不利に働くわけではなく、しっかりと準備をすれば既卒でも十分に就職できるということが分かっていただけたと思います。

企業としても既卒に期待しているのは豊富な経験やスキルではなく、その若さゆえに早期にキャッチアップできること、体力があることなどであり、既卒を積極的に採用している企業も多くあるので、既卒だからといって就職が難しいと必要以上に身構える必要はありません。

既卒が就職を成功させるためにやるべきこと

ここまで既卒は人生終了ではない理由についてご説明してきました。それでは既卒が就職を成功させるためには何をするべきなのでしょうか。既卒が就職を成功させるためにやるべきことについてご説明します。

既卒が就職を成功させべきこと
  • 自己分析を行う・空白期間を明確に説明できるようにする
  • 職務経歴書や履歴書をきちんと記載する
  • 選考を受ける企業の研究をしっかりと行う
  • 複数社の選考を受ける
  • 就職エージェントを活用し、選考対策をしっかりと行う

既卒が就職を成功させるためにやるべきこと①:
自己分析を行う・空白期間を明確に説明できるようにする

既卒での就職を成功させるためには、まず自己分析をしっかりと行うことが重要となってきます。具体的には、下記の様なことに対して自分なりの答えをしっかりと導き出しておくと良いでしょう。

自己分析のポイント
  • なぜその会社に入りたいのか
  • 自分にはどのような強みがあり、どのようにその会社で活かせるか
  • 自分にはどのような弱みがあり、それを克服できるか
  • その会社に就職して何をしたいのか?
  • 今後どのようなキャリアプランを歩んでいきたいか
  • 卒業後の空白期間はどのようなことを行ってきたのか

ここまでご説明してきた通り、特に既卒場合は卒業後の空白期間を明確にかつポジティブに説明できるようにすることが大事です。

既卒に対して、面接官は「採用してもすぐやめてしまうこと」「自社に来てもまた同じようなことを繰り返すこと」を懸念しているため、そうした懸念を払拭できるように、就職した場合はどのように貢献できるかという点をきちんと説明できるようにすることが大事です。

既卒が就職を成功させるためにやるべきこと②:
職務経歴書や履歴書をきちんと記載する

既卒での就職を成功させるうえで、職務経歴書や履歴書の完成度を高めることが必要です。職務経歴書や履歴書の完成度が低いと、以降の面接などを対策したとしても門前払いに終わってしまいます。

職務経歴書や履歴書に関してはどの会社においても使いまわすことができるからこそ、完成度の高いものを用意するようにしましょう。

とはいえ、こうした職務経歴書や履歴書については書き方が分からなかったり、添削してもらわなければ完成度の低いものになりがちです。就職エージェントは職務経歴書や履歴書における添削も行ってくれるので、職務経歴書や履歴書の完成度を高めるために活用しましょう。

既卒が就職を成功させるためにやるべきこと③:
選考を受ける企業の研究をしっかりと行う

既卒での就職を成功させるためには、企業研究も重要となってきます。

既卒で受ける企業がどのような会社で、どのような点に強みがあり、自分がどのように貢献できるかを説明できるようにしておきましょう。

特に既卒の場合は経験やスキルではなく、キャッチアップできる若さや体力・熱意を重視する傾向にあるため、選考を受けている企業の強みやなぜその会社に行きたいかを説明するためにも、きちんと企業研究を行うことをおすすめします。

既卒が就職を成功させるためにやるべきこと④:
複数社の選考を受ける

既卒での就職を成功させるためには、複数社の選考を受けるようにしましょう。

既卒でも十分に就職できるとは言え、全ての企業から内定をもらえるような世界ではありません。従って、リスクヘッジのためにも複数社の選考を受けるようにしましょう。

また、複数社の選考を受けることによって、面接の練習を行うことが出来たり、思わぬ企業に出会うことが出来たりと副次的な効果もあります。本命企業の合格率を上げるためにも、また就職で失敗しないためにも複数社の選考を受けるようにしましょう。

既卒が就職を成功させるためにやるべきこと①:
就職・エージェントを活用し、選考対策をしっかりと行う

既卒が就職を成功させるためには、就職エージェントを活用することも重要です。先述した通り、書類選考においては書類添削、面接においては模擬面接、更に内定後の条件交渉まで、就職エージェントは首尾一貫して求職者のサポートをしてくれます。

就職エージェントによるサポート例
  • 自己分析のサポート
  • 企業の採用に関する情報提供
  • 選考書類の添削
  • 模擬面接
  • 採用後の条件交渉

書類選考や面接においては、第三者による添削や練習・フィードバックがあることによって圧倒的に合格率を改善することができます。

選考対策だけでなく、就職エージェントは選考企業の面接官に関する情報や、どのような質問が実際に面接で行われたか、どの部門での採用が積極的かなど、外部からは正確に分からない情報についても豊富に持っています。

複数の就職エージェントに登録することをおすすめ

就職エージェントを活用する場合は、複数のエージェントを活用することもおすすめします。

エージェントは複数登録するのがおすすめな理由
  • 希望の求人を探す際に、見ることができる求人の数が増え、求人を見逃す心配が減る
  • 各求人を比較できる
  • 担当エージェントの質を比較できる
  • 各エージェントの独占案件・非公開案件を確認できる
  • 登録は無料でいつでも退会できる

エージェントの利用は完全無料で、何社から話を聞いても問題はありません。既卒での就職を成功させるうえで最適なエージェントを見つけるためにも、できるだけ複数社と話してみることをおすすめします。

既卒での就職におすすめできる就職エージェント

既卒での就職でおすすめできる就職エージェントを活用について下記の通り詳しくご説明しています。

キャリアスタート

月収25万円以下から年収100万円以上アップの実績多数。学歴・職歴よりもポテンシャルを評価してくれる優良企業を紹介してくれる。登録するとオリジナルの『転職成功BOOK』が無料でもらえる。

キャリアスタート

【公式HP】https://careerstart.co.jp

キャリアスタート』は、第二新卒・既卒・未経験の方向けに特化してキャリア支援を行っているエージェントです。

未経験の業界や職種への就職・転職支援の実績が豊富で、実際の利用者からは「自分に合った就職先を見つけることができた」「未経験でもIT業界への就職成功できた」「短期間で大手から内定が出た」などポジティブな声が多く聞こえます。

キャリアスタートのメリット・良い評判
  • 第二新卒や既卒、フリーターなど職歴の浅い20代に特化
  • 年収が100万円以上アップできる求人が豊富
  • マンツーマン模擬面接や『転職成功BOOK』を通じて高い内定率を実現
  • 自己分析や適性検査を通じて、キャリアビジョンの設計をサポートしてくれる
  • 転職交流会や転居サポートといった独自のサポートを提供している
サービス名キャリアスタート(CAREER START)
公式ページhttps://careerstart.co.jp
サービス分類・転職エージェント
・特化型
特徴20代の第二新卒・既卒・未経験専門の転職エージェント
登録者に『転職成功BOOK』を無料プレゼント中
料金無料
運営会社キャリアスタート株式会社
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-305582
参考ページキャリアスタートの評判と口コミ
転職エージェント「キャリアスタート」の概要

キャリアスタートの評判・口コミについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

ハタラクティブ

ハタラクティブ
就職エージェント「ハタラクティブ」

【公式HP】https://hataractive.jp

ハタラクティブ』は、20代の既卒・第二新卒の方向けに、未経験歓迎の求人を中心に扱っている就職エージェントです。

ハタラクティブのメリット・良い評判
  • 既卒・フリーター・未経験特化しており、未経験歓迎の求人も多い
  • 大手企業から中小企業まで幅広い業界の求人が揃っており、内定先の86.5%が大企業
  • 丁寧なサポート体制が構築されており、高い内定率(80.4%)を誇る
  • 最短2週間程度と内定までのスピードが早い
  • LINEで連絡を取ることもできる

ハタラクティブでは内定先の86.5%が大企業という点が特徴的です。新卒就活で思うような結果が得られず再チャレンジしたい人や、大企業へ就職したい人は是非登録してみてください。

ハタラクティブの求人企業の例
サービス名ハタラクティブ
公式ページhttps://hataractive.jp
サービス分類・就職/転職エージェント
・特化型
特徴・20代の既卒・フリーター・未経験・第二新卒の就職支援に特化
・利用者の内定率は80.4%、内定先の86.5%が大企業
(参考:ハタラクティブの評判と口コミ
料金無料
運営会社レバレジーズ株式会社
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-302698
関連サービス看護師転職サイト『レバウェル看護
エンジニア転職エージェント『レバテックキャリア
転職エージェント「ハタラクティブ」の概要

ハタラクティブの評判・口コミについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地150-0002
東京都渋谷区渋谷2-19-15 宮益坂ビルディング609
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年4月時点)
目次