外資系企業はやめとけ?転職するメリット・デメリットを解説

    外資系企業はやめとけ?転職するメリット・デメリットを解説

    「年収が高い」、「人間関係がドライ」、「オンオフがはっきりしている」といったイメージのある外資系企業。

    現在所属している日系企業から、外資系企業に転職したいと思う人も多いでしょう。一方で、「外資系はやめとけ」など否定的な意見があることも事実です。

    本記事では、外資系企業の現役社員・元社員へのインタビューを参考にしながら、「外資系企業はやめとけ」と言われる理由、外資系企業で働く上でのメリット・デメリットについて解説いたします。

    \ 「高年収業界・人気企業への転職に強い」 /

    実際の利用者の口コミが良かった
    おすすめ転職サービス3選

    50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年3月最新版)

    転職サービスの口コミを投稿する

    ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

    このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
    名前
    性別
    満足度(5段階評価)
    利用者の口コミが良かったおすすめ転職サービス
    ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでも有名なハイクラス転職サイト。

    匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

    【公式】https://bizreach.jp
    ASSIGN
    (アサイン)
    20代・30代のハイクラス転職に特化した実績豊富な大手転職エージェント。

    サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

    【公式】https://assign-inc.com
    マイナビエージェント日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

    マイナビエージェントでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

    【公式】https://mynavi-agent.jp
    利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

    また、転職エージェントの選び方に困っている方は、編集部が50社以上の転職エージェントを実際に使ってみたうえで忖度無しに作成した『外資系に強いおすすめ転職エージェント』をご覧ください。

    目次

    外資系企業はやめとけと言われる理由

    外資系企業は高年収や成果主義という良いイメージがある一方で、「外資系企業はやめとけ」という声が一部で散見されるのも事実です。なぜ「外資系企業はやめとけ」と言われるのか、理由についてご説明いたします。

    外資系企業はやめとけと言われる理由
    • 雇用に安定性がなく、クビになる可能性がある
    • 成果主義なため、社内での競争が激しい
    • 激務な場合がある
    • 英語を活用する機会が多く、英語が苦手な人は苦労する

    外資系企業はやめとけと言われる理由①:
    雇用に安定性がなくクビになる可能性がある

    外資系企業はやめとけと言われる理由の1つ目は、雇用に安定性がなくクビになる可能性があるという理由です。

    外資系企業では成果主義が導入されている企業が多く、パフォーマンスが悪い場合、クビになってしまうということも往々にしてあります。

    また、本人のパフォーマンスがそれほど悪くないとしても、外資系企業では本社都合や業績次第で部門ごと日本から撤退したり、クビになってしまうということも珍しくありません。

    日系企業では終身雇用を前提とした安定的な雇用なのに対して、外資系企業は安定性に欠けるという点が「外資系企業はやめとけ」と言われる理由の1つです。

    外資系企業はやめとけと言われる理由②:
    社内での競争が激しく、プレッシャーもかかる

    外資系企業はやめとけと言われる理由の2つ目は、社内での競争が激しく、プレッシャーもかかるという理由です。

    外資系企業の評価基準では、周囲の同僚と比べてどうかというように相対評価をされる場合があります。

    このような評価形態の場合、同僚との比較を受けて自身の賞与や年収が決まるため、社内での競争が激しくなる傾向にあります。同期や同年代だけではなく、年下に抜かれるかもしれないというプレッシャーもあります。

    また、外資系企業は少数なケースが多く役職数が限られていることも多いため、限られたポストを巡って競争が激しくなるという側面もあります。

    外資系企業に勤務していると、「役職に空きがなくこれ以上出世できない」と考え、転職する人が多いのも事実です。

    外資系企業は常に優秀な社員との競争を強いられることが、「外資系企業はやめとけ」と言われる理由の1つです。

    外資系企業はやめとけと言われる理由③:
    激務な場合がある

    外資系企業はやめとけと言われる理由の3つ目は、激務な場合があるという理由です。

    外資系企業は少数精鋭なことが多く、一人一人の業務量が多くなりがちです。年俸制を採用しており、残業代が既に年俸に含まれているという会社が多く、こうした会社では長時間の残業が常態化しているケースもあります。また、海外従業員とのミーティングは深夜や早朝に入ることも珍しくありません。

    特に外資系投資銀行や外資系コンサルは、深夜残業が多く土日勤務も当たり前の激務として知られます。(どちらも働き方改革の影響で労働時間は減少傾向にあります。)

    もちろん、外資系だから全ての会社が激務というわけではありません。GoogleやAmazonといった外資系IT企業はホワイト企業として知られますし、外資系のメーカーは忙しいものの投資銀行やコンサルほど激務ではありません。

    外資系企業によっても激務度合いは様々なので、外資系企業への転職を検討する際は会社や業界ごとの特色についてきちんと理解を深めることを強くおすすめします。

    外資系企業はやめとけと言われる理由④:
    英語を活用する機会が多く、英語が苦手な人は苦労する

    外資系企業はやめとけと言われる理由の4つ目は、英語が苦手な人は苦労するという理由です。

    外資系企業は、英語でのコミュニケーションが多いという特徴があります。顧客が日系企業なので対顧客では英語を活用する機会が少ないという会社もありますが、社内でのコミュニケーションでは英語が活用される機会が多い傾向にあります。

    外国社員が入る会議やメールは英語が必須となりますし、場合によっては社内の文面は全て英語(メールや契約書等全て)という会社もあります。

    このように、英語で苦労することが多いことから外資系企業はやめとけと言われることがあります。

    (番外編)よくあるやめとけ理由: 「福利厚生が劣る場合がある」は間違い

    外資系企業はやめとけと言われる理由に、よく「福利厚生が劣る」と記載されている場合がありますが、これは必ずしもそうではありません。

    産休や育児休暇といった制度は外資系企業でも十分に整備されています(外資系企業の方が取得しやすい場合もある)し、住宅手当などの各種手当やジム・社員食堂の無料活用が可能という福利厚生を導入している外資系企業もあります。

    そもそも、外資系企業は年収が高く、福利厚生が多少劣っていたとしても日系企業よりトータルでは会社から得られるベネフィットが大きいという傾向にあります。

    したがって、必ずしも福利厚生が劣っている、劣っているから外資系企業はやめた方が良いと考えるのは避けましょう。

    それでも外資系企業への転職がおすすめな理由

    外資系企業への転職はやめとけと言われる理由についてご説明してきましたが、それでも外資系企業は魅力的な転職先です。外資系企業への転職をおすすめする理由について解説いたします。

    外資系企業への転職がおすすめな理由
    • 年収を上げることができる
    • 成果主義なので、自分の出した成果ベースで評価が決まる
    • キャリアアップすることができ、将来の選択肢が広がる
    • グローバルな環境で働くことができる

    年収が高い」「ネームバリューがある」「自分の市場価値が上がる」などといった理由で、外資系企業は常に人気の転職先です。そのため外資系企業は選考の難易度が非常に高く、対策をきちんとしないと選考に合格するのは非常に難しいというのが現状です。

    従って、人気の高い外資系企業へ転職するためには、転職エージェントを活用することをおすすめします。

    転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

    中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

    20代・30代向けの高年収求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

    【公式】https://assign-inc.com

    2024年3月現在、事前準備不要のオンライン面談を提供中

    【2024年3月】限定特典あり

    2024年3月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。

    \ 高年収業界・人気企業への転職に強い /

    実際の利用者の口コミが良かった
    おすすめ転職サービス3選

    50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年3月最新版)

    転職サービスの口コミを投稿する

    ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

    このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
    名前
    性別
    満足度(5段階評価)

    ビズリーチ

    登録するだけで高年収のスカウトが届くCMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

    【公式】https://bizreach.jp


    ASSIGN(アサイン)

    20代・30代のハイクラス転職に特化した大手転職エージェント。サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞。

    【公式】https://assign-inc.com

    ※ 2024年3月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。


    マイナビエージェント

    日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。マイナビエージェントでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

    【公式】https://mynavi-agent.jp

    外資系企業への転職がおすすめな理由①:
    年収を上げることができる

    外資系企業への転職がおすすめな理由の1つ目が、年収を上げることができるという点です。

    外資系企業は少数精鋭の場合が多いこと、本国の業績次第ではクビになってしまうリスクがあること、物価の高い外国を基準にした年収となりやすいこと等が主な原因です。

    また、ジェネラリストを育成する日系企業と異なり、プロフェッショナルを育成する傾向にある外資系企業では、1年目であっても新人に重大なタスクを任せることが多く、そうした仕事の重要性が高いことから報酬も高くなる傾向にあります。

    外資系企業はボーナスの割合が高いケースもあり、評価によって大幅に年収を上げることもできるため、年収のアップサイドを狙いたい人は外資系企業への転職をおすすめします。

    外資系企業への転職がおすすめな理由②:
    成果主義なので、自分の出した成果ベースで評価が決まる

    外資系企業への転職がおすすめな理由の2つ目が、自分の出した成果ベースで評価が決まるという点です。

    外資系企業は実力・成果を重視する傾向にあり、成果を出している人は年齢・年次に関係なく早いスピードで昇進し、高額のボーナスを貰うことができます。

    逆に成果を出せていないと降格や最悪の場合解雇の可能性というリスクと隣り合わせであるものの、実力主義の会社で自分の実力を試したいという人には外資系企業への転職をおすすめします。

    外資系企業への転職がおすすめな理由③:
    キャリアアップすることができ、将来の選択肢が広がる

    外資系企業への転職がおすすめな理由の3つ目が、キャリアアップすることができ、将来の選択肢が広がるという点です。

    外資系企業はステータスが高く、また少数精鋭の中で結果を出し続けることが求められるため、外資系企業に一定期間在籍したという事実はその後のキャリアにおいても高評価の対象となり、キャリアの選択肢を広げることができます。

    外資系企業への転職自体が目標ではなくても、今後のキャリアにおける目標を達成する可能性を高める選択肢の1つとして、外資系企業への転職はおすすめです。

    外資系企業への転職がおすすめな理由④:
    グローバルな環境で働くことができる

    外資系企業への転職がおすすめな理由の4つ目が、グローバルな環境で働くことができるという点です。

    外資系企業では、外国人の従業員と一緒に働く機会が多く、働く上でも英語を話すことが必須となるなど、グローバルな環境となっています。日系企業には無いようなグローバルな文化のもとで働きたいと考えている人にとって、外資系企業はおすすめの転職先です。

    中途で外資系企業に転職するために

    外資系企業は即戦力人材の中途採用に力を入れていることが多く、転職の機会は多い一方で、下記のような点に気を付けるべきです。

    中途で外資系企業に転職するために気を付けること
    • 自分に合った外資系企業を探す必要がある
    • 案件の多くが一般に出ていない非公開案件である

    外資系企業と一口に言っても業種や会社によってカルチャーは異なってきます。外資系企業は数も多く、それぞれの会社で強みや求めている人物像も異なってくるので、自分が強みを発揮できる外資系企業はどこかきちんと見極める必要があります。

    また、外資系企業は募集しているポジションが少なくかつ待遇も良くて人気企業が多いことから、多くの求人が一般には公開されていません。

    これらの課題を解決するために、外資系企業への転職に強い転職エージェントの活用を強くおすすめします。

    \ 高年収業界・人気企業への転職に強い /

    実際の利用者の口コミが良かった
    おすすめ転職サービス3選

    50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

    【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

    ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

    このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
    名前
    性別
    満足度(5段階評価)
    おすすめ転職サービス(総合ランキング)
    ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。

    匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

    【公式】https://bizreach.jp

    【口コミ】ビズリーチの評判
    ASSIGN
    (アサイン)
    20代・30代のハイクラス転職に特化した大手転職エージェント。

    サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

    【公式】https://assign-inc.com

    ※ 2024年3月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。
    マイナビエージェント日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

    マイナビエージェントでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

    【公式】https://mynavi-agent.jp

    【口コミ】マイナビエージェントの評判
    利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

    外資系企業とは?

    そもそも、外資系企業とはどのような会社を指すのでしょうか。

    経済産業省は2020年まで「外資系企業動向調査」というレポートを発行していますが、その中で外資系企業を下記の様に定義しています。

    ①外国投資家が株式又は持分の3分の1超を所有している企業であって、外国側筆頭出資者の出資比率が10%以上である企業
    ②外国投資家が株式又は持分の3分の1超を所有している国内法人が出資する企業であって、外国投資家の直接出資比率及び間接出資比率の合計が3分の1超となり、かつ、外国側筆頭出資者の出資比率が10%以上である企業

    経済産業省 – 外資系企業動向調査

    上記を参考にすると、具体的には下記の様な企業を外資系企業と定義することができます。

    ほとんどは①のケースで、外資系企業に入りたいという方は①を基本的にはイメージして入社を検討すべきです。会社にもよりますが、外資系としての色は①で最も強く、②・③は日系企業としての色も混在する傾向にあります。

    外資系企業の例
    1. 外国企業の日本支社
    2. 外国企業と日本企業による合弁会社
    3. 外国企業に買収された日本の会社

    ① 外国企業の日本支社

    最も一般的な外資系企業のパターンは外国企業の日本支社です。外国企業が日本での販路拡大や顧客獲得等日本で事業を行うために、日本国内に設立した企業のことを指します。

    設立場所は日本で採用対象も日本国内の人材が基本となりますが、経営方針は本社にあることが多く、本国の人材が出向してくることもあります。100%外国資本なので、②・③と比べて最も外資系の色が濃いという特徴があります。

    企業例: Google、Amazon、Facebook、Apple、McKinsey、Goldman Sachs、P&G、Unilever、Salesforce、LVMH 他多数。(日本における主要な外資系企業を参照)

    ② 外国企業と日本企業による合弁会社

    外国企業と日本企業による合弁会社も外資系企業と定義されます。

    ①の外国企業の日本支社と比べると、日本企業の資本が入っている分相対的に外資系の色は薄い傾向にありますが、外国企業の資本割合が大きいほど、外資系に近いカルチャーとなる傾向にあります。

    ③ 外国企業に買収された日本の会社

    外国企業に買収された日本企業も外資系企業と定義される場合があります。

    外国企業の介入度合いによって、その会社の外資系企業色が濃くなるか薄くなるかが決まりますしかしながら、完全に外資系のカルチャーとなっていることは珍しく、基本的には日系のカルチャーとなっていることがほとんどです。

    企業例: ALBERT(アクセンチュアが買収)等

    転職活動において転職エージェントを活用するべき理由とメリット

    転職活動においては転職エージェントを活用することを強くおすすめします。転職エージェントを活用した場合のメリットには下記の様なものがあります。

    転職エージェントを活用した場合のメリット
    1. 日程調整などの煩雑な手続きを行ってくれる
    2. 書類の添削や面接対策を行ってくれる
    3. 非公開求人を教えてくれる・様々な求人を見ることができる
    4. 企業の内情を教えてくれる
    5. 選考におけるフィードバックをもらえる
    6. 内定時の条件交渉を行ってくれる
    7. これらのサービスを完全無料で活用できる

    転職エージェントを活用した場合のメリット①
    日程調整などの煩雑な手続きを行ってくれる

    転職エージェントを活用した場合のメリットとしてまず挙げられるのが、企業との選考における日程調整などの煩雑な手続きを行ってくれるという点です。

    中途選考にあたっては、働きながら選考を受けるだけでなく、複数の企業と同時並行で面接を受けることもあり、日程調整は非常に煩雑です。

    転職エージェントは日程調整を企業との間に入って代行してくれるので、候補者の負担が小さくなるという点がメリットです。

    転職エージェントを活用した場合のメリット②
    書類の添削や面接対策を行ってくれる

    転職エージェントを活用した場合のメリットとして次に挙げられるのが、書類の添削や面接対策を行ってくれるという点です。

    選考においては職務経歴書や履歴書といった書類の提出が必要になりますが、特に今までこのような書類を作成したことがない場合は、独学で作成するのも大きな負担となるうえ、添削がなければなかかな良い書類ができないというのも事実です。

    転職エージェントは選考のノウハウを生かして、職務経歴書や履歴書を添削してくれるため、特に転職未経験の場合は転職エージェントに書類を見てもらうことをおすすめします。

    転職エージェントを活用した場合のメリット③
    非公開求人を教えてくれる・様々な求人を見ることができる

    転職エージェントを活用した場合のメリットとして次に挙げられるのが、非公開求人を教えてくれるという点です。

    非公開求人とは?

    Web上では公開されていない求人のことを非公開求人といいます。求人を非公開にする理由は様々ですが、下記の様な理由が挙げられます。非公開求人は待遇が良かったり、重要ポストに就けたりと魅力的な案件であることが多い傾向にあります。

    • 競合他社に知られたくないため
    • 応募の殺到を避け、採用の効率化を図るため
    • 重要ポストの人材採用を社内秘で行いたいため
    • 待遇などを広く伝えたいわけではないため

    一般に非公開案件は待遇の良いものが多いと言われています。こうした非公開求人を紹介してもらえることが転職エージェントを活用するうえでのメリットです。

    また、転職エージェントは一般的に多くの求人案件を保有しています。自力で転職活動をすると自分が知っている範囲での求人に限定されてしまう中で、転職エージェントを活用すれば自分が知っている範囲外の求人のみならず思いもよらない求人を紹介してくれることにも繋がります。この様に求人の幅が増えるというのも、転職エージェントを活用するメリットとなります。

    転職エージェントを活用した場合のメリット④
    企業の内情を教えてくれる

    転職エージェントを活用した場合のメリットとして次に挙げられるのが、企業の内情を教えてくれるという点です。

    転職エージェントはその会社に何人も転職させているプロフェッショナルなため、その会社の年収水準や採用難易度、選考フローや、採用意欲など、企業に関する様々な情報を持っています。

    こうした内情を知ったうえで企業の選考を受けることで、志望動機が確固たるものとなって内定確率を大きく上げることができたり、入社した企業とのミスマッチが生じづらくなるというメリットがあります。

    転職エージェントを活用した場合のメリット⑤
    選考におけるフィードバックをもらえる

    転職エージェントを活用した場合のメリットとして次に挙げられるのが、選考におけるフィードバックをもらえるという点です。

    このフィードバックは候補者と企業が直接やり取りすると仕入れづらいものですが、転職エージェントは採用企業と候補者の間に入ってくれるため、面接などのフィードバックを企業から仕入れてくれることがあります。

    フィードバックを通じて、評価されていたポイントや次回の面接までに修正したほうが良い点、選考に落ちてしまった理由など、結果的に内定確率を上げるような情報を得ることができます。

    転職エージェントを活用した場合のメリット⑥
    内定時の条件交渉を行ってくれる

    転職エージェントを活用した場合のメリットとして次に挙げられるのが、内定時の条件交渉を行ってくれるという点です。

    新卒と異なり、転職においては内定時の交渉によって年収や待遇が向上する場合があります。とはいえ、将来的な雇用主に対して年収や待遇の交渉を行うのはやりづらい・難しいというのも事実でしょう。

    そのような場合、選考の段階から転職エージェントを活用していれば、転職エージェントが採用条件の交渉についても代行してくれます。

    転職エージェントを活用した場合のメリット⑦
    これらのサービスを完全無料で活用できる

    転職エージェントは、これらのサービスを完全無料で活用することができます。

    都合の良い話にも聞こえますが、下記の通り職業安定法においても、転職エージェントは求職者から手数料を徴収してはいけないと明示されています。

    有料職業紹介事業者は、前項の規定にかかわらず、求職者からは手数料を徴収してはならない。

    職業安定法 第三十二条の三

    求職者が転職エージェントを無料で活用できる理由はそのビジネスモデルを見ればより明確にわかります。転職エージェントは、求職者を企業に紹介し、求職者が企業に入社する際に人材紹介料(転職者の年収×30-35%程度)を獲得するというビジネスモデルとなっています。

    転職エージェントは企業から得る人材紹介料が収益の源泉となっているため、求職者から手数料を徴収する必要がないのです。転職エージェントが求職者のサポートを無料で行ってくれるのも、求職者が内定すればその分の手数料を企業から徴収できるためです。

    転職エージェントは無料で活用できる理由と大事なポイント
    • 紹介した求職者が転職した際に企業から手数料を徴収しているため
    • 転職時に報酬を貰えるビジネスモデルなので、転職エージェントは求職者の支援も積極的に行う

    転職エージェントの費用に関しては下記の記事でも解説しているので、詳しく知りたい方は合わせてご覧ください。

    転職エージェントと他の転職手段との比較

    転職活動の進め方として、「直接応募」「リファラル」「転職サイト経由」「転職エージェント経由」という4つの方法があります。

    • 直接応募(企業HPから自分で問い合わせ)
    • リファラル(知り合い経由の紹介)
    • 転職サイト経由
    • 転職エージェント経由

    それぞれの応募方法について、以下の表の通りメリット・デメリットがあります。

    応募方法メリットデメリット
    直接応募・(一部の会社に限り)直接応募から入社した場合に特別ボーナスが支給されることがある・会社の内情についての情報を得づらい(特にネガティブな情報)
    ・面接対策などのサポートを受けることができない
    リファラル・知り合い経由で会社の内情について詳細な情報を教えてもらえる・知り合いはキャリアのプロではないため、客観的なアドバイスを受けることができない
    ・知り合いがいる会社しか受けることができない
    転職サイト経由・たくさんの選択肢の中から自分に合った求人を探すことが出来る・面接対策などの個別サポートを受けることができない
    転職エージェント経由・日程調整などの煩雑な手続きを行ってくれる
    ・書類の添削や面接対策を行ってくれる
    ・非公開求人を教えてくれる
    ・企業の内情を教えてくれる
    ・選考におけるフィードバックをもらえる
    ・内定時の条件交渉を行ってくれる
    ・転職サイトと比べると応募可能な求人数が少ない場合がある
    ※複数の転職エージェントを併用することで解決可能
    転職活動における応募方法の種類とそれぞれのメリット・デメリット

    参考:
    転職エージェントは使うなと言われる理由・デメリットを解説

    転職エージェントは時に「使うな」と言われる場合があります。

    転職エージェントを活用した場合のデメリット
    • 担当者の利益のために悪質な求人を紹介されたり、転職を急かされる可能性がある
    • 自分のペースで転職活動を進めづらい
    • 自分に合った転職エージェントを探すのが難しい
    • 担当者との相性によって転職支援の質が大きく変わる
    • 知見がないキャリアアドバイザーも存在する

    「転職エージェントは使うな」と言われる理由や転職エージェントを活用した場合のデメリットとしては下記の様なものが挙げられます。下記の記事で別途解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

    外資系企業に向いている・求められる人の特徴

    外資系企業はやめとけと言われる理由についてご説明しましたが、今度は外資系企業での勤務に向いている人、外資系企業で求められる人の特徴についてご説明いたします。

    外資系企業に向いている・求められる人の特徴
    1. 高い成長意欲がある人
    2. 実力主義で評価されたい人
    3. 自分から積極的に業務に対応できる人
    4. 柔軟な対応ができる人
    5. 積極的に自分の意見を話せる人
    6. 英語力がある人・英語の活用に抵抗がない人

    外資系企業に向いている人・求められる人の特徴①:
    高い成長意欲がある人

    外資系企業に向いている人の特徴1つ目が、高い成長意欲がある人です。

    外資系企業は少数精鋭となっているため、一人あたりの業務量が多くなりがちです。また、社内で従業員の教育に割けるリソースも多くの外資系企業では不足しているため、多くの外資系企業においては早期に独り立ちし、裁量を持って働くことが求められます。

    外資系企業での業務にキャッチアップできるような、高い成長意欲がある人材は外資系企業に向いていると言えます。

    外資系企業に向いている人・求められる人の特徴②:
    実力主義で評価されたい人

    外資系企業に向いている人の特徴2つ目が、実力主義で評価されたい人です。

    会社によるものの、外資系企業は実力主義で評価される会社が多い傾向にあります。実力主義においては、成果を出すことができれば早期に出世したり、年収を上げることができます。しかしながら、逆に成果を出せなければ出世できない、年収が下がるというシビアな制度です。

    年功序列のように実力に関係がないファクターで評価されるよりも、明確に実力で評価される方が納得感を持てるという人は外資系企業に向いています。

    外資系企業に向いている人・求められる人の特徴③:
    自分から積極的に業務に対応できる人

    外資系企業に向いている人の特徴3つ目が、自分から積極的に業務に対応できる人です。

    ①でも述べた通り、外資系企業は少数精鋭で業務量が多いため、社員一人一人が積極的に業務に対応することが求められます。また実力主義の社風では、積極的に業務に対応できる人は実力があるとみなされる傾向にあります。

    自分から積極的に仕事を探して対応する気概がある人、また効率的に作業を消化できる人材は外資系企業に向いており、求められる人材です。

    外資系企業に向いている人・求められる人の特徴④:
    柔軟な対応ができる人

    外資系企業に向いている人の特徴4つ目が、柔軟な対応ができる人です。

    外資系企業は人の流入が激しく、チーム体制は頻繁に変わります。また、本国の方針により、日本における事業の内容も変わる場合がある等、外資系企業では不可抗力に伴う変化が頻繁に起こるため、そうした変化に対して柔軟に対応をすることが求められます。

    非常事態に対して臨機応変に対応することができる人は、外資系企業に向いています。

    外資系企業に向いている人・求められる人の特徴⑤:
    積極的に自分の意見を話せる人

    外資系企業に向いている人の特徴5つ目が、積極的に自分の意見を話せる人です。

    外資系企業は少数精鋭であることが多く、若手であっても積極的に自身の意見を発言することが求められます。また、特に外国人の従業員や上司には日本での「暗黙の了解」のような文化よりも、はっきりと意見を伝えることが求められる傾向もあります。

    コミュニケーション能力があり、積極的に自分の意見を話すことができる人は外資系企業に向いているでしょう。

    外資系企業に向いている人・求められる人の特徴⑥:
    英語力がある人・英語の活用に抵抗がない人

    外資系企業に向いている人の特徴6つ目が、英語力がある人・英語の活用に抵抗がない人です。

    外資系企業においては、上司や同僚といった社内の人が英語しか話せないということがよくあり、電話やメール等のコミュニケーションで英語の活用を求められることが多々あります。

    メールだけではなく普段のコミュニケーションまで全て英語を用いる会社から、基本的に英語は活用しない外資系企業まで外資系企業によって英語の活用頻度は様々です。

    英語力に自信がない場合に、英語しか話されないような会社に転職してしまうと入社後に辛い思いをすることになるので、入社前にはその外資系企業における英語の活用状況について確認すべきです。

    外資系企業には合わない人の特徴

    ここまで外資系企業はやめとけと言われる理由について解説してきましたが、こうした理由を背景に外資系企業には合わない人の特徴をご紹介します。

    外資系企業には合わない人には、下記の様な特徴があります。

    外資系企業には合わない人の特徴
    1. 結果ではなく、過程や頑張りを評価されたい人
    2. 年功序列で安定した昇進をしたい人
    3. 競争が苦手な人
    4. 受け身な人
    5. 終身雇用を望む人
    6. 英語が苦手な人

    外資系企業には合わない人の特徴①:
    結果や成果ではなく、過程や頑張りを評価されたい人

    外資系企業には合わない人が持つ特徴の1つ目は、結果ではなく過程や頑張りを評価されたい人です。

    外資系企業は実力・成果主義の会社が多く、過程や頑張りではなく結果を評価されるという傾向にあります。誰しもある程度は評価される過程や頑張りと比べて、結果や成果は差が付きやすい傾向にありますが、過程や頑張りを一律で評価され、あまり差がつかないことを好む場合は外資系企業には合わないでしょう。

    外資系企業には合わない人の特徴②:
    年功序列で安定した昇進をしたい人

    外資系企業には合わない人が持つ特徴の2つ目は、年功序列で安定した昇進をしたい人です。

    年功序列で横一線での評価が一般的な日系企業とは異なり、外資系企業では年次にかかわらず成果を残した人材が評価・昇進する業界となっていますが、逆に言えば成果を残せなければ昇進することができません。

    日系企業では、横並びである程度の役職まで昇進することができるため、そうした評価制度を好む場合、外資系企業には合わないでしょう。

    外資系企業には合わない人の特徴③:
    競争が苦手な人

    外資系企業には合わない人が持つ特徴の3つ目は、競争が苦手な人です。

    外資系企業が向いていない人の特徴①、②でも述べましたが、外資系企業は過程ではなく成果によって昇進や年収が決まる風土にあるため、社員の競争意識も強くなっています。競争環境が苦手だったり、のんびり働きたい場合においては、外資系企業は合わないでしょう。

    外資系企業には合わない人の特徴④:
    受け身な人

    外資系企業には合わない人が持つ特徴の4つ目は、受け身な人です。

    外資系企業に向いている人の特徴でも述べましたが、外資系企業では自分から積極的に仕事を捌ける人が重宝される傾向にあります。外資系企業においては、受け身で指示を待ちがちな人は評価されないので、こうした傾向がある人は外資系企業には合わないでしょう。

    外資系企業には合わない人の特徴⑤:
    終身雇用を望む人

    外資系企業には合わない人が持つ特徴の5つ目は、終身雇用を望む人です。

    外資系企業の特徴でも述べた通り、多くの外資系企業は終身雇用が前提となっておらず、転職者を中心とする流動性の高い組織となっているうえ、在籍している人も転職に抵抗がない人が多くチームの安定性は日系企業に比べて劣後します。外資系企業は業績次第やパフォーマンス次第ではクビになる可能性も高くはないものの一定確率であり得るため、終身雇用を望む人にとっては外資系企業には合いません。

    外資系企業には合わない人の特徴⑥:
    英語が苦手な人

    外資系企業には合わない人が持つ特徴の6つ目は、英語が苦手な人です。

    外資系企業では、社内外で英語を用いることが必要となるため、英語が苦手な場合は外資系企業に向いていないといえます。特に、英語が苦手というだけなら改善の余地はあるものの、「恥ずかしいから英語を話したくない」というマインドであれば、外資系企業で働くのは難しく、そのような人は外資系企業には合わないといえるでしょう。

    自分では外資系企業に向いているか分からないという方におすすめ

    ここまで外資系企業に向いている人・向いていない人の特徴についてご説明してきましたが、この記事を読んでも外資系企業に向いているか、向いていないか自分では分からないという方も中にはいらっしゃると思います。

    そんな方は、今までに外資系企業への転職を何人も手伝ってきた転職のプロに相談してみるのが最も近道です。

    転職エージェントの相談は完全に無料なので、気軽にご相談することをおすすめします。

    \ 高年収業界・人気企業への転職に強い /

    実際の利用者の口コミが良かった
    おすすめ転職サービス3選

    50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

    【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

    ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

    このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
    名前
    性別
    満足度(5段階評価)
    おすすめ転職サービス(総合ランキング)
    ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。

    匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

    【公式】https://bizreach.jp

    【口コミ】ビズリーチの評判
    ASSIGN
    (アサイン)
    20代・30代のハイクラス転職に特化した大手転職エージェント。

    サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

    【公式】https://assign-inc.com

    ※ 2024年3月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。
    マイナビエージェント日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

    マイナビエージェントでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

    【公式】https://mynavi-agent.jp

    【口コミ】マイナビエージェントの評判
    利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

    女性で外資系勤務はきつい?外資系で働ける女性の特徴

    一般的に体力で劣るとされている女性は外資系で勤務すると体力的にきついと言われることがありますが、全くそんなことはありません。

    外資系のメーカー等では日系企業以上に女性の方がいらっしゃったり、外資系金融機関のBofA証券(旧メリルリンチ日本証券)の代表取締役は女性の笹田 珠生氏が、日本マイクロソフトの社長はボストン・コンサルティング・グループの津坂 美樹氏が務めている等、女性であっても活躍できる環境が整っているのが外資系企業の特徴です。

    ジェンダーに関する取り組みは日本企業よりも進んでおり、セクシャルハラスメントや性差別には非常に厳しいというのも外資系企業の特徴です。

    外資系企業が向いている人の特徴は男女ともに基本的に一緒ですが、女性の場合は男性相手でも臆さない度胸と向上心が必要です。いずれにせよ、外資系企業は女性にとって厳しいということは全くなく、女性であっても十分に活躍できる環境です。

    ゆるい・ホワイトな外資系企業もある

    外資系は成果主義で激務な場合があるというな厳しい職場環境だと解説しましたが、実際には労働環境が良いホワイト企業も存在します。例えばグーグルやamazonのような外資IT企業は、労働時間が短く非常にホワイトだと評判です。ホワイト・ゆるい外資系企業は下記の様な特徴があります。

    ゆるい・ホワイトな外資系の特徴
    • 営業ノルマのようなものがない、世界的にプレゼンスが高く、必死になって自社製品を売り込む必要がない
    • フレックスタイム・リモートワークを導入したり、休暇が取りやすい

    世界的にプレゼンスが高いグーグルやアマゾンのような会社は自社製品を必死になって売り込む必要がありません。また外資系投資銀行やコンサルのように顧客から高い手数料を短期的に貰っているわけではないので、緊急で執行する必要があるような業務がそもそもなく、そのような会社はワークライフバランスが非常に良いという傾向にあります。

    また、そのような営業カルチャー・クライアントビジネスでない会社はフレックスやリモートワークの導入にも積極的であり、全体的に働きやすいカルチャーとなっています。その分こうした会社は本国の文化影響を強く受けているために英語を活用する頻度が多いといった側面もあります。

    日本における主要な外資系企業一覧

    一口に外資系企業と言っても、業界によって会社の業務内容や社風は大幅に異なっています。日本における外資系企業の業界は下記の通り4種類に分けることができます。業界ごとに主要な外資系企業と簡単な業界の特徴についてご説明します。

    外資系企業の業界
    • 外資系コンサル
    • 外資系金融
    • 外資系メーカー
    • 外資系IT

    外資系コンサル

    外資系コンサルは、主に国内の法人企業の経営・ITに関するソリューションを提供しています。モノではなくアイデアやロジックを提供するのが仕事であり、特に外資系コンサルは高学歴・高給な社員が多いことで知られます。

    ロジックを重要視するカルチャーで、成果主義の色が濃く、自身のロジカルシンキングスキルに自信がある方にとってはおすすめの業界です。

    外資系コンサルの主要企業
    • マッキンゼー
    • ボストン・コンサルティング・グループ
    • ベイン・アンド・カンパニー
    • ATカーニー
    • アクセンチュア
    • デロイト トーマツ コンサルティング
    • PwCコンサルティング
    • KPMGコンサルティング
    • EYストラテジー・アンド・コンサルティング

    外資系金融

    外資系金融は、主に国内の法人企業に金融商品やM&Aアドバイザリーを提供しています。外資系金融は激務高給であることで知られています。

    ロジックのみならず営業力も重要な業界であり、頭脳に加えて体育会的な側面も持ち合わせる必要があるタフな業界となっています。証券会社の他、保険会社やクレジットカード等も外資系金融に含まれます。

    外資系金融の主要企業
    • ゴールドマン・サックス証券
    • モルガン・スタンレー証券
    • JPモルガン証券
    • BofA証券
    • シティグループ証券
    • UBS証券
    • ビザ・ワールドワイド・ジャパン
    • AIG損害保険

    外資系メーカー

    外資系メーカーには、消費財や食品、電気機械、製薬等様々な業界があります。基本的には、研究開発・製造は本国が行い、日本においては消費者へのマーケティングを担うことが多くなっています。社風も外資系コンサルや外資系金融と比べると、プロフェッショナル職は薄くなる傾向にあります。

    外資系メーカーは日本の一般的な消費者でも馴染み深いものが多数あります。例を挙げると下記の通りです。

    外資系メーカーの主要企業
    • P&Gジャパン
    • ユニリーバ・ジャパン
    • ネスレ日本
    • コカ・コーラボトラーズジャパン
    • ジョンソン・エンド・ジョンソン
    • ファイザー
    • GEジャパン
    • ボッシュ

    外資系IT

    外資系ITには、巨大なプラットフォーム企業であるGAFAやネットフリックスといった生活に身近な企業が含まれます。

    エンジニア等での採用も多く、特に研究職の場合は日系企業に比べて好待遇を得ることができる傾向にあります。

    社内で日本語を話すのが少数派と言われるネットフリックスのように、最も外資系の色が濃いのもこの業界です。

    外資系メーカーの主要企業
    • グーグル
    • アマゾンジャパン
    • Facebook Japan
    • ネットフリックス
    • 日本マイクロソフト
    • ByteDance

    外資系企業への転職が「地獄」と言われる理由

    外資系企業の特徴について簡単にご説明したところで、外資系企業への転職が「地獄」と言われる理由について解説いたします。

    外資系企業への転職が「地獄」と呼ばれる理由には、下記の様なものがあります。1つ1つ解説していきます。

    外資企業への転職が「地獄」と言われる理由
    • 成果主義の会社が多く、プレッシャーが大きい
    • クビになるリスクがある
    • 労働時間が長く、激務
    • 高度な英語力が必要

    外資系企業が地獄と言われる理由については下記の記事でも解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

    おすすめの転職サイト
    ビズリーチの評判ミイダスの評判
    ミドルの転職の評判リクナビNEXTの評判
    リクルートダイレクトスカウトの評判エン転職の評判
    Re就活の評判Greenの評判
    doda Xの評判
    おすすめの転職エージェント
    マイナビエージェントの評判dodaの評判
    リクルートエージェントの評判パソナキャリアの評判
    キャリアスタートの評判ハタラクティブの評判
    JACリクルートメントの評判レバテックキャリアの評判
    ギークリーの評判女性向け転職エージェント
    ハイクラス向け転職エージェント第二新卒におすすめの転職エージェント
    外資系向け転職エージェントIT向けおすすめ転職エージェント
    20代におすすめの転職エージェント30代におすすめの転職エージェント
    おすすめの派遣会社
    テンプスタッフの評判エン派遣の評判
    リクルートスタッフィングの評判スタッフサービスの評判
    ウィルオブの評判アデコの評判
    パソナの評判ランスタッドの評判
    テクノ・サービスの評判フルキャストの評判
    マンパワーグループの評判UTエイムの評判
    ネオキャリアの評判ワールドインテックの評判
    ホットスタッフの評判日研トータルソーシングの評判
    日総工産の評判パーソルクロステクノロジーの評判
    キャリアリンクの評判綜合キャリアオプションの評判
    日本ケイテムの評判グロップの評判
    都道府県別おすすめ転職エージェント・転職サイト
    北海道・東北北海道 青森 秋田 岩手 福島 宮城 山形
    関東東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
    中部愛知 静岡 山梨 長野 岐阜 新潟 富山 石川 福井
    近畿大阪 京都 兵庫 奈良 三重 和歌山 滋賀
    中国広島 岡山 鳥取 島根 山口
    四国高知 香川 愛媛 徳島
    九州・沖縄福岡 熊本 宮崎 長崎 佐賀 大分 鹿児島 沖縄
    都道府県別おすすめ転職エージェント・転職サイト
    地域別おすすめの派遣会社
    北海道・東北北海道 福島 宮城 岩手 青森 秋田 山形 札幌 仙台 盛岡
    関東東京 神奈川 埼玉 千葉 前橋 茨城 群馬 栃木 横浜 大宮 高崎 水戸 宇都宮 
    中部愛知 静岡 山梨 長野 岐阜 石川 新潟 富山 福井 名古屋 甲府 浜松 金沢 
    近畿大阪 京都 兵庫 三重 奈良 滋賀 和歌山 神戸 姫路 四日市 
    中国広島 山口 島根 岡山 鳥取
    四国高知 徳島 香川 愛媛 松山 
    九州・沖縄長崎 那覇 佐賀 大分 熊本 宮崎 沖縄 鹿児島 福岡 北九州 博多 
    地域別おすすめの派遣会社

    運営者情報

    タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業と特定募集情報等提供事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

    タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

    会社名タレントスクエア株式会社
    (旧 株式会社Prime Partner)
    公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
    本社所在地150-0002
    東京都渋谷区渋谷2-19-15 宮益坂ビルディング609
    法人番号9011001145238
    厚生労働省
    有料職業紹介事業許可番号
    13-ユ-315110
    厚生労働省
    特定募集情報等提供事業届出番号
    51-募-000460
    適格請求書事業者登録番号T9011001145238
    タレントスクエア株式会社の概要(2024年3月時点)

    また、転職・キャリア・年収に関する正確な情報を発信するために以下の公的機関等による情報を参考にしています。

    厚生労働省一般社団法人 日本人材事業協会公益社団法人 全国民営職業紹介事業協会一般社団法人 人材サービス産業協議会独立行政法人 労働政策研究・研修機構一般社団法人 日本人材派遣協会ハローワーク全国求人情報協会全国健康保険協会国税庁日本年金機構

    目次