コンサルはやめとけ?コンサルタントの仕事はきつい?実態を解説

コンサルタントの仕事はきつい?

年収が高くステータスも高いことで転職人気が常に高いコンサル。一方で、「コンサルはやめとけ」「コンサルタントの仕事はきつい」というネガティブな声が散見されるのも事実です。

本記事ではコンサルはやめとけ、コンサルタントの仕事がきついと言われる理由や、それでもコンサルがおすすめな理由・コンサルに向いている人の特徴について解説いたします。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで、自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択
目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

コンサルの仕事内容

コンサルでは、組織が抱えている課題に関して企業等から依頼を受けて、その解決のためにプロジェクト・チームを組成し、課題にアプローチするというのがメインの仕事内容です。

依頼される機関は事業会社や金融機関のみならず、官公庁等多岐にわたります。また、コンサルファームにもいろいろと種類があり、依頼される仕事の内容も異なってきます。

種類詳細
戦略系コンサルティングファーム企業の全社戦略・重大プロジェクトのサポート
総合系コンサルティングファーム各階層・部署単位のプロジェクトをサポート
IT系コンサルティングファームITシステムの導入等をサポート
財務系コンサルティングファーム
(FAS)
M&AにおけるDDや事業再生プロジェクトをサポート
他事業再生系・人事系など多岐にわたる
コンサルティングファームの種類

注目求人

未経験歓迎の戦略コンサルタント【残業20時間以内】

転職市場で屈指の人気を誇る大手コンサルティングファームがコンサルタントを募集中。コンサル未経験でも転職可能で、戦略系プロジェクトも多数経験できます【平均残業時間は約20時間】

各コンサルティングファームによって企業のどのような課題解決に取り組むかは異なってきます。しかしながら、コンサルタントの仕事は下記のようなフローで提供されることが一般的です。

コンサルティングファーム
における仕事の流れ

コンサルタントはアナリストなどといった役職から始まり業務の経験を積むにつれて役職も上がっていきますが、若手の間はマネージャー等の指示に従いながら分析作業をしたり、資料作成を行うというのが主な仕事となります。

プロジェクトに入って経験を積むにつれて、コンサルタントとしての役職は上がっていきます。コンサルタントの役職が上がるにつれて、分析・資料作成といった仕事からプロジェクト全体をマネージしたり、顧客とのコミュニケーションを主に担ったり、案件を取ってきたりといった仕事が主になってきます。

未経験からのコンサル転職に強い
おすすめ転職エージェント

50社以上の転職サイト・転職エージェントを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできるサービスを厳選しました。コンサル転職に興味のある方は是非参考にしてみてください。

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
コンサル転職に強い転職サービス3選
ビズリーチ
(4.9)
匿名で経歴を登録するだけで高年収のスカウトが届くハイクラス転職サイト。

一般的な転職サイトでは見つからない外資系コンサル・戦略コンサルの求人が多数掲載されているため、情報収集から始めたい人にもおすすめ。

【公式】https://bizreach.jp
ASSIGN
(アサイン)

(4.8)
20代・30代のハイクラス転職に特化した大手エージェントで特に未経験からのコンサル転職に強い

ケース面接対策などサポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を獲得。

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年7月に登録すると選考対策情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
MyVision
(4.8)
コンサル転職支援に特化して圧倒的な内定率を誇る大手の転職エージェント。

累計1000名以上のコンサル転職を支援しており、各ファームの特徴・傾向を踏まえた独自の選考対策で、全くの業界未経験からでも圧倒的な内定率を実現実際の転職事例はこちら

【公式】https://my-vision.co.jp
コンサル転職におすすめの転職サービス

コンサルタントはきつすぎ?
コンサルタントの仕事はきつい、コンサルはやめとけ言われる理由

「コンサルタントの仕事はきつい」、「コンサルはやめとけ」と言われる理由は以下の通りです。

コンサルはきつい・やめとけ
と言われる理由

コンサルはきつい・やめとけと言われる理由 #1:
労働時間が長く、体調不良に陥ることもある

コンサルタントの仕事はきつい・コンサルはやめとけと言われる理由の1つ目が、労働時間が長く、体調不良に陥ることもあるという理由です。

プロジェクトの山場(クライアントへの報告会等)では、どうしても仕事が忙しくなる場合があります。

「プロジェクトの重要な報告を翌日に控えているものの、まだ作業が終わっていない」という状況ではどうしても休日出勤や深夜残業が避けられません。

こうした休日出勤や深夜残業が常態化した一部のコンサルファームでは、心身の健康状態を乱してしまうようなコンサルタントもいます。

コンサル業界にも働き方改革の波は波及しており、全体的に労働時間は減少しています。プロジェクトの間は休暇を取れて心身共にリフレッシュできるようなホワイトな環境であるコンサル企業があるのも事実です。

しかしながら、一部のコンサルティングファームではいまだに激務が常態化している場合があります。入社するコンサルファームを選ぶ際には注意が必要です。

コンサルはきつい・やめとけと言われる理由 #2:
思い描いていた華やかな仕事とは異なり、泥臭い仕事が多い

コンサルタントの仕事はきつい・コンサルはやめとけと言われる理由の2つ目が、思い描いていた華やかな仕事とは異なり、泥臭い仕事が多いという理由です。

コンサルタントと言えば、クライアントの大きな会議で華麗に問題点を指摘し、改善案を提案するという華やかなイメージがあるかもしれませんが、実際にそのようなプレゼンを行うのはパートナー等の上層部であり、若手で行う主な業務はどちらかというと資料の作成やエクセルを使った分析といった業務が主です。

エクセルを駆使してデータを分析したり、見栄えを意識しながら提案資料を作成するといった作業は泥臭いものです。

こうした泥臭い作業の積み重ねによりクオリティの高い提案は実現できるのですが、そのことを理解せずに華やかな点だけを意識してコンサルに入社してしまうと、そのギャップからきつい思いをすることになります。

注目求人

未経験歓迎の戦略コンサルタント【残業20時間以内】

転職市場で屈指の人気を誇る大手コンサルティングファームがコンサルタントを募集中。コンサル未経験でも転職可能で、戦略系プロジェクトも多数経験できます【平均残業時間は約20時間】

コンサルはきつい・やめとけと言われる理由 #3:
要求水準が高く、プレッシャーが強い

コンサルタントの仕事はきつい・コンサルはやめとけと言われる理由の3つ目が、要求水準が高く、プレッシャーが強いという理由です。

クライアント企業はコンサル企業に多大な手数料を支払っているため、コンサル企業への要求水準が非常に高くなります。そのようなクライアント企業からの高い要求水準を満たすために、上司による社内でのチェックも非常に厳しくなります。

資料や分析では妥協も許さず細部まで拘るよう求められるなど高いプロフェッショナル精神が要求されます。

コンサルタントはクライアントや社内の厳しい要求水準をクリアしながら成長していくため、何年も経験していれば自然とコンサルタントとしての能力も上がり、市場価値が上がっていくというのもコンサルで働くことのメリットとなっていますが、こうした要求水準の高さがコンサルはやめとけと言われる理由の1つです。

市場価値を上げたい人におすすめの求人

大手上場IT企業のITエンジニア【完全未経験から歓迎】

東証プライム市場に上場している大手IT企業において、ITエンジニアを募集中。プログラミング経験ゼロでも可。充実した独自研修システムを利用し、給料をもらいながら一人前のITエンジニアを目指せます。

コンサルはきつい・やめとけと言われる理由 #4:
入社直後は基礎的なスキルが不足しやすい

コンサルタントの仕事はきつい・コンサルはやめとけと言われる理由の4つ目が、最初は基礎的なスキルが不足しやすいという点です。

特に新卒入社や未経験での中途入社の場合は、コンサルでの思考法からデータの分析方法、資料の作成方法等全てが不足した状態でコンサルに転職することになります。基礎的なスキルが不足している状態ではアウトプットの質が低く、また労働時間も長くなってしまうため、最初は精神的にも体力的にも大変になりがちです。

最初は誰しもこうした悩みを抱えますし、大変な時期を乗り越えて一人前のコンサルタントとして成長するため、思いつめる必要はありませんが、時には心身を病んでしまうコンサルタントもいることから、コンサルはやめとけと言われることがあります。

コンサルはきつい・やめとけと言われる理由 #5:
周りに優秀な人が多く劣等感を感じやすい

コンサルタントの仕事はきつい・コンサルはやめとけと言われる理由の5つ目が、周りに優秀な人が多く劣等感を感じやすいという理由です。

コンサルは優秀な人が多く、同僚の中には相当に仕事ができる人が少なくとも何人かいるというのも事実です。優秀な同僚を見て、「この人には適わない」と劣等感を感じてしまうことがあります。

人はそれぞれ強みが異なっていることもあり、こうした劣等感は時間が経つと開所されていくものですが、基礎的なスキルの不足と合わせて思い悩む原因となりがちです。

コンサルはきつい・やめとけと言われる理由 #6:
実力主義で常に競争に晒される

コンサルタントの仕事はきつい・コンサルはやめとけと言われる理由の6つ目が、実力主義で常に競争に晒されるという理由です。

コンサルは年功序列というよりも、実力主義の色合いが強い傾向にあり、評価・成績によって大きく年収が変わってくる企業が多い業界です。常に同期・同年代との競争に晒されており、成果を出すことに対するプレッシャーを感じやすい環境でもあります。

特に外資系コンサル企業だと、「同期はマネージャーなのに自分だけマネージャーになれていない」といったことも往々にしてあります。こうした競争環境に晒されることから、コンサルはやめとけと言われることがあります。

キャリアアップを目指す人におすすめの求人

【金融知識不問】M&Aアドバイザー【平均年収2000万円超】

企業の合併・買収において中立的なアドバイスを提供し、売り手・買い手企業の両面をサポート。業界未経験者が多数で、平均年収は2000万円以上。法人営業や企画系職種の経験者は特に歓迎です。

コンサルはきつい・やめとけと言われる理由 #7:
コンサルを辞めると年収が下がる可能性がある

コンサルタントの仕事はきつい・コンサルはやめとけと言われる理由の7つ目が、コンサルを辞めると年収が下がる可能性があるという理由です。

コンサルは平均年収が1,000万円に達する企業も多く、若手であっても多額の給料をもらえる業界となっています。一方で場合によってはコンサル並の年収水準を提示できる転職先がなく、コンサルから転職する場合は年収が下がる業界しかないという場合も少なからずあります。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職エージェント診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで自分にあった転職エージェントが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

それでもコンサルがおすすめな理由

コンサルはやめとけと言われる原因についてここまでご説明してきましたが、それでもコンサルがおすすめな理由についてご説明します。

コンサル転職がおすすめな理由

年収が高い」「ネームバリューがある」「自分の市場価値が上がる」などといった理由で、コンサル企業は常に人気の転職先です。そのためコンサル企業は選考の難易度が非常に高く、対策をきちんとしないと選考に合格するのは非常に難しいというのが現状です。

従って、人気の高いコンサル企業へ転職するためには、転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

20代・30代向けの高年収求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

【公式】https://assign-inc.com

2024年7月現在、事前準備不要のオンライン面談を提供中

【2024年7月】限定特典あり

2024年7月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。

未経験からコンサル業界への転職に強い
おすすめ転職エージェント

50社以上の転職サイト・転職エージェントを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできるサービスを厳選しました。コンサル転職に興味のある方は是非参考にしてみてください。

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
コンサル転職におすすめの転職サービス
ビズリーチ
(4.9)
匿名で経歴を登録するだけで高年収のスカウトが届くハイクラス転職サイト。

一般的な転職サイトでは見つからない外資系コンサル・戦略コンサルの求人が多数掲載されているため、情報収集から始めたい人にもおすすめ。

【公式】https://bizreach.jp

【口コミ】ビズリーチの評判
ASSIGN
(アサイン)

(4.8)
20代・30代のハイクラス転職に特化した大手エージェントで特に未経験からのコンサル転職に強い

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を獲得。

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年7月に登録した方全員に、選考対策情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント
MyVision
(4.8)
コンサル転職支援に特化して圧倒的な内定率を誇る大手の転職エージェント。

累計1000名以上のコンサル転職を支援しており、各ファームの特徴・傾向を踏まえた独自の選考対策で、全くの業界未経験からでも圧倒的な内定率を実現実際の転職事例はこちら

【公式】https://mynavi-agent.jp
コンサル転職におすすめの転職サービス

コンサル転職がおすすめな理由#1:
年収を上げることができる

コンサルがおすすめな理由の1つ目が、年収を上げることができるという理由です。

コンサルファームでは、パートナークラスになれば数千万円から時には数億円という規模の年収を稼ぐことができます。平均年収も下記の通り1,000万円弱から1,000万円を超えており、コンサルに転職すれば年収の大幅な上昇が期待できます。

会社名平均年収月間平均残業時間
ベイン・アンド・カンパニー1,940万円59.2時間
ボストン コンサルティング グループ1,928万円43.2時間
A.T.カーニー1,907万円60.4時間
マッキンゼー・アンド・カンパニー1,842万円45.1時間
ローランド・ベルガー1,710万円52.8時間
アーサー・ディー・リトル1,689万円55.6時間
デロイトトーマツコンサルティング1,422万円65.7時間
EYストラテジー・アンド・コンサルティング1,393万円60.2時間
KPMGコンサルティング1,328万円50.7時間
PwCコンサルティング1,316万円55.3時間
ドリームインキュベータ1,275万円49.8時間
野村総合研究所(NRI)1,271万円7.3時間
アクセンチュア1,268万円28.2時間
クニエ1,159万円40.8時間
シグマクシス1,113万円47.5時間
三菱総合研究所1,104万円10.9時間
ベイカレント・コンサルティング1,074万円30.5時間
シンプレクス929万円40.5時間
日本総合研究所830万円32.8時間
アビームコンサルティング753万円36.8時間
フューチャーアーキテクト734万円48.5時間
大和総研727万円30.5時間
船井総研670万円45.9時間
コンサルファームの平均年収比較
年収・口コミデータを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

会社名 *
職種 *
年収(万円) *
月間残業時間(h) *
口コミ(自由入力)
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *

データの出典および集計方法について

上記データはタレントスクエアの登録ユーザー様から個別にご回答いただきたデータ、タレントスクエアが別途運営する関連サービスより集計したデータ及び会社開示データをもとに独自に計算しております。

メディアオーナー様向け

上記データは転載フリーです。リンク付きで出典を明記したうえでご自由にお使いください。

コンサル転職がおすすめな理由#2:
未経験でも転職しやすい

転職者に限りますが、コンサルがおすすめな理由の2つ目が、未経験でも転職しやすいという理由です。

コンサルは様々な事業会社・金融機関を相手にしていることから、様々なバックグラウンドを持つコンサルタントを採用してその知見を活かしたいと考え、中途採用を活発に行っています。

したがって、コンサル未経験であっても転職しやすいというのがコンサルをおすすめする理由の1つです。

なお、今すぐ予定はなくても将来的に転職を考えている方や、情報収集から始めたい方は、月間100万以上が利用する『転職可能性診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

簡単な経歴を登録するだけで、人気企業100社への転職可能性を数字で算出してレポートとして受け取ることができます。

転職可能性診断の対象企業

高年収難関企業

三菱商事 / キーエンス / 電通 / 野村総合研究所 / リクルート / エムスリー / SONY / ベイカレント / M&A総合研究所 など


ホワイト安定企業

NTTドコモ / 味の素 / 明治 / 日本たばこ産業 / 富士フイルム / 東京海上日動火災保険 / 任天堂 / サントリー / 花王 など


外資系・グローバル企業

Google / マッキンゼー / ゴールドマンサックス / P&G / アマゾン / PwC / アクセンチュア / セールスフォース など

※ 診断の対象企業は変更になる場合がございます。最新情報は転職可能性診断の公式ページからご確

コンサル転職がおすすめな理由#3:
キャリアパスを広げることができる

コンサルがおすすめな理由の3つ目が、キャリアパスを広げることができるという理由です。

事業会社や金融機関と比べて、コンサルはポストコンサルでのキャリアの選択肢が非常に豊富です。再度事業会社に戻って経営企画等の中核部署に転職することも、投資ファンドに行くことも、スタートアップに行くことも、起業・独立することもできます。

注目求人

【未経験歓迎】大手VCファンドの投資チーム募集

業界最大手級のベンチャーキャピタルにおいて、スタートアップ投資を担当する投資メンバーを募集中。VC業界内で最高水準の年収を提示可能。

コンサル転職がおすすめな理由#4:
優秀な人と一緒に働くことができる

コンサルがおすすめな理由の4つ目が、優秀な人と一緒に働くことができるという理由です。

コンサルは先述の通り優秀な人が多く、時には劣等感を抱いたり、競争が激しかったりという厳しい側面があるのは事実ですが、論理的で優秀な人が多く一緒に働きやすいという特徴があります。若手であっても有益な発言は尊重して聞いてもらえる文化でもあり、理不尽な理由で働きづらいことはほとんどない、というのがコンサルの良い点です。

また周囲の優秀な人と切磋琢磨して自身の成長につなげることもできます。また、優秀な人とのコネクションも自身にとって資産になるでしょう。

コンサル転職がおすすめな理由#5:
様々な業界のプロジェクトに携わることができるので飽きない

コンサルがおすすめな理由の5つ目が、様々な業界のプロジェクトに携わることができるので飽きないという理由です。

コンサル企業が相手にする企業の業種は幅広く、メーカーからIT企業、広告代理店、商社等多岐にわたります。

若手のうちはプロジェクトごとのアサインとなるため、各プロジェクトで異なるプロジェクト・業界に携わることができ、飽きません。また、様々な業界に関する知見を広げることができるのもコンサルをおすすめする理由の1つです。

コンサル転職がおすすめな理由#6:
どこにでも通用するようなスキルを身につけることができる

コンサルがおすすめな理由の6つ目が、どこにでも通用するようなスキルを身につけることができるという理由です。

コンサルでは論理的思考力からデータの分析方法、資料の作成方法、プレゼンテーション、顧客とのコミュニケーションまで幅広いスキルを身につけることができます。これらのスキルはコンサルだけでなく、他のどのような企業であっても重宝されるスキルです。

コンサル出身者がどの業界にも多い理由はこうした普遍的な知識・ノウハウを身につけているからであり、そうした知識・ノウハウを学ぶことで自身の市場価値を上げることができます。

\ ワークライフバランス&キャリアアップ /

注目求人

大手Webサービスの事業企画【週休3日・フルリモート可】

【勤務地】全国(フルリモート)

【年収】550万円 ~ 1000万円

コンサル転職がおすすめな理由#7:
実力主義の世界に身を置いて成長することができる

コンサルがおすすめな理由の7つ目が、実力主義の世界に身を置き成長することができるという理由です。

コンサルファームによって評価制度は大きく異なるため、一概にコンサルティングファームは年功序列だとか実力主義だと言えるわけではありませんが、ATカーニーの日本代表である関灘 茂氏は38歳で日本代表に就任していたり、特に外資系コンサルティングファームは実力主義の色合いが強い傾向にあります。同期間の評価の差によって明確に出世スピードが異なってくるのも特徴的です。

このような実力主義の世界では、個々人にかかるプレッシャーも大きなものになりがちですが、そうした実力主義の世界に身を置いて成長できる点がコンサルをおすすめする理由の1つです。

自分がコンサルで通用するかを知るためにやるべきこと

中途でコンサルに転職したいと思っても、「果たして自分が通用するのか」「激務で体調を壊すのではないか」と悩んでしまう方もたくさんいらっしゃると思います。

自分自身がコンサルで通用するかを知るためには、コンサル業界をよく知るプロフェッショナルに聞くのがベストです。

コンサルへの転職者を何人もサポートしてきた転職エージェントは、「どのような人が通用するのか、活躍できるのか」ということに関するナレッジを豊富に保有しており、現職の状況やご自身の性格をベースに業界・企業への適性を診断してくれます。

転職エージェントは今すぐ転職したい人が登録するものだと思われがちですが、直近で転職予定がなくても年収や仕事内容などの情報収集目的で利用することもできます。

注目求人

大手広告代理店のアカウントプランナー【平均残業10時間】

テレビCMからSNS広告まで幅広い広告を扱う大手広告代理店において、顧客企業の広告戦略策定・予算運用を行うアカウントプランナーを募集中。広告業界の経験は不問で、入社後すぐにキャッチアップできます。

コンサル転職に向いている人の特徴

コンサルはやめとけと言われる理由や、それでもコンサルがおすすめな理由について説明してきましたが、ここではコンサルに向いている人の特徴についてご説明します。

コンサル転職に
向いている人の特徴

コンサル転職に向いている人の特徴 #1:
年収をとにかく上げたい人

コンサルに向いている人の特徴の1つ目が、年収をとにかく上げたい人です。

コンサルファームでは、パートナークラスになれば数千万円から時には数億円という規模の年収を稼ぐことができます。平均年収も下記の通り1,000万円弱から1,000万円を超えており、年収を上げたい人はコンサルファームでその目的を達成できるでしょう。

会社名平均年収月間平均残業時間
ベイン・アンド・カンパニー1,940万円59.2時間
ボストン コンサルティング グループ1,928万円43.2時間
A.T.カーニー1,907万円60.4時間
マッキンゼー・アンド・カンパニー1,842万円45.1時間
ローランド・ベルガー1,710万円52.8時間
アーサー・ディー・リトル1,689万円55.6時間
デロイトトーマツコンサルティング1,422万円65.7時間
EYストラテジー・アンド・コンサルティング1,393万円60.2時間
KPMGコンサルティング1,328万円50.7時間
PwCコンサルティング1,316万円55.3時間
ドリームインキュベータ1,275万円49.8時間
野村総合研究所(NRI)1,271万円7.3時間
アクセンチュア1,268万円28.2時間
クニエ1,159万円40.8時間
シグマクシス1,113万円47.5時間
三菱総合研究所1,104万円10.9時間
ベイカレント・コンサルティング1,074万円30.5時間
シンプレクス929万円40.5時間
日本総合研究所830万円32.8時間
アビームコンサルティング753万円36.8時間
フューチャーアーキテクト734万円48.5時間
大和総研727万円30.5時間
船井総研670万円45.9時間
コンサルファームの平均年収比較
年収・口コミデータを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

会社名 *
職種 *
年収(万円) *
月間残業時間(h) *
口コミ(自由入力)
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *

データの出典および集計方法について

上記データはタレントスクエアの登録ユーザー様から個別にご回答いただきたデータ、タレントスクエアが別途運営する関連サービスより集計したデータ及び会社開示データをもとに独自に計算しております。

メディアオーナー様向け

上記データは転載フリーです。リンク付きで出典を明記したうえでご自由にお使いください。

コンサル転職に向いている人の特徴 #2:
キャリアパスを広げたい人

コンサルに向いている人の特徴の2つ目が、キャリアパスを広げたい人です。

事業会社や金融機関と比べて、コンサルはポストコンサルでのキャリアの選択肢が非常に豊富です。再度事業会社に戻って経営企画等の中核部署に転職することも、投資ファンドに行くことも、スタートアップに行くことも、起業・独立することもできます。

キャリアパスを広げたいという目標がある人にとって、コンサルは後悔しない就職先となるでしょう。

コンサル転職に向いている人の特徴 #3:
優秀な人と一緒に働きたい人

コンサルに向いている人の特徴の3つ目が、優秀な人と一緒に働きたい人です。

コンサルは先述の通り優秀な人が多く、時には劣等感を抱いたり、競争が激しかったりという厳しい側面があるのは事実ですが、論理的で優秀な人が多く一緒に働きやすいという特徴があります。若手であっても有益な発言は尊重して聞いてもらえる文化でもあり、理不尽な理由で働きづらいことはほとんどない、というのがコンサルの良い点です。

また周囲の優秀な人と切磋琢磨して自身の成長につなげることもできます。また、優秀な人とのコネクションも自身にとって資産になるでしょう。優秀な人と一緒に働きたい人にとって、コンサルはおすすめの就職先です。

コンサル転職に向いている人の特徴 #4:
知的好奇心が旺盛な人

コンサルに向いている人の特徴の4つ目が、知的好奇心が旺盛な人です。

コンサルは1プロジェクトごとに全く違う職種のクライアントを相手にすることも珍しくなく、各クライアントの事業に関して多くの情報をインプットする必要があります。日々異なる業界についてキャッチアップするのは大変な労力ですが、知的好奇心のある人であれば苦にならず、様々な情報を吸収できるでしょう。

コンサルタントが保有している知識量は非常に豊富です。こうした知識をベースにクライアントの解決策を提案するのがコンサルタントの仕事であり、日々情報をインプットできる知的好奇心があることはコンサルタントにとって大きな武器となるでしょう。

コンサル転職に向いている人の特徴 #5:
どこにでも通用するようなスキルを身につけたい人

コンサルに向いている人の特徴の5つ目が、どこにでも通用するようなスキルを身につけたい人です。

コンサルでは論理的思考力からデータの分析方法、資料の作成方法、プレゼンテーション、顧客とのコミュニケーションまで幅広いスキルを身につけることができます。これらのスキルはコンサルだけでなく、他のどのような企業であっても重宝されるスキルです。

コンサル出身者がどの業界にも多い理由はこうした普遍的な知識・ノウハウを身につけているからであり、そうした知識・ノウハウを学びたい人にとって、コンサルは良い就職先となるでしょう。

コンサル転職に向いている人の特徴 #6:
実力主義の世界に身を置いて成長したい人

コンサルに向いている人の特徴の6つ目が、実力主義の世界に身を置きたい人です。

コンサルファームによって評価制度は大きく異なるため、一概にコンサルティングファームは年功序列だとか実力主義だと言えるわけではありませんが、ATカーニーの日本代表である関灘 茂氏は38歳で日本代表に就任していたり、特に外資系コンサルティングファームは実力主義の色合いが強い傾向にあります。同期間の評価の差によって明確に出世スピードが異なってくるのも特徴的です。

このような実力主義の世界では、個々人にかかるプレッシャーも大きなものになりがちですが、そうした実力主義の世界に身を置いて成長したい人にとって、コンサルは後悔しない転職先といえます。

コンサルで後悔しないためにやっておくべきこと

ここまでご説明してきた通り、コンサルにおいて後悔する理由は、コンサルのイメージを正しく理解していなかったり、コンサルファームごとの違いについて理解せず、自分の働き方と合わないコンサルファームへの転職を選択してしまうという理由に起因することがほとんどです。

こうしたコンサル転職に際する後悔を避けるためにも、下記の様な点に関してはきちんと下調べして理解を深めておくべきです。

コンサルに入社して後悔しないために
知っておくべきこと

したがって、コンサル転職を検討している方はコンサル業界に関する知識が豊富な転職エージェントの利用をおすすめします。

コンサルへの転職者を何人もサポートしてきた転職エージェントは、「どのような人が通用するのか、活躍できるのか」ということに関するナレッジを豊富に保有しており、現職の状況やご自身の性格をベースに業界・企業への適性を診断してくれます。

転職エージェントは今すぐ転職したい人が登録するものだと思われがちですが、直近で転職予定がなくても年収や仕事内容などの情報収集目的で利用することもできます。

コンサルに中途で入ると辛い?

コンサル転職について調べてみると、「コンサルに中途で入社すると辛い」という評価が散見されます。

結論から申し上げると、実態としては下記の通りです。

未経験でコンサルに中途入社すると、仕事に慣れるまでは辛いことが多い

コンサルは事業会社等と全く異なるカルチャーであるため、特に未経験の場合はコンサルに中途入社しても慣れるまでは辛いことが多いです。ただ、コンサルの業務をある程度こなして慣れてしまえば、辛くなくなっていきます。

下記がコンサルに中途で入社すると辛い原因です。

コンサルの中途入社は
辛いと言われる理由

北海道・東北地方

関東地方

東海地方

北陸地方

近畿地方

中国地方

四国地方

九州・沖縄

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地〒106-6116
東京都港区6-10-1 六本木ヒルズ森タワー16F
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年7月時点)
目次