M&Aキャピタルパートナーズの年収【平均3161万円】なぜ高い?

    M&Aキャピタルパートナーズ 年収と選考対策

    M&A仲介大手「M&Aキャピタルパートナーズ(MACP)」の平均年収・給与体系・仕事内容・評判・転職方法について、実際のM&Aキャピタルパートナーズの社員の口コミをもとに徹底解説します。

    本記事のポイント

    M&Aキャピタルパートナーズは、年収に占めるインセンティブの割合が大きいために年功序列関係なく、若手であっても高い給料を稼ぐことができるという年収体系となっています。

    下記は本記事の要約です。詳しく知りたい方は是非最後までお読みください。

    M&Aキャピタルパートナーズの年収・給与体系は?

    M&Aキャピタルパートナーズの年収は、基本給+インセンティブ+業績連動ボーナスで構成されています基本給は400万円ほどで非常に低い水準ですが、インセンティブで稼ぐことを前提としているのであまり関係ありません。

    また、M&Aキャピタルパートナーズは公式に給与の具体例・実績について公開しています。M&Aキャピタルパートナーズが実際に支給していた給料水準は下記の通りです。

    M&Aキャピタルパートナーズの年収
    • 2021年度実績
      • 年収: 2,656万円(在籍1年超アドバイザー中央値)
      • 年収: 820万円(初年度未成約時平均)
    • 2021年9月期 実績
      • 年収: 2,512万円(在籍1年超アドバイザー中央値)
      • 年収: 715万円(初年度未成約時平均)
    • 2020年9月期 実績
      • 年収: 2,328万円(在籍1年超アドバイザー中央値)

    実績ベースで、年収の中央値が2,500万円を超えており、相当な給料水準であることが分かります。

    M&Aキャピタルパートナーズの年収はなぜ高い?

    M&Aキャピタルパートナーズの平均年収が高い理由は、コンサルタント1人あたりの売上が高いためです。

    投資家向け資料の開示数値をもとに計算すると、M&Aキャピタルパートナーズのコンサルタントは1人あたり平均で年間約1億円の売上を生み出していることが分かります。

    M&Aキャピタルパートナーズ社員一人当たりの売上が高い理由は下記の通りです。本記事では詳しく説明していきます。

    M&Aキャピタルパートナーズ社員一人当たりの売上が高い理由
    • 大型案件を効率的に執行できている
    • 直接提案型営業のため、紹介機関に紹介手数料を支払う必要が無い
    • 一人のコンサルタントが買い手にも売り手にもつくため、案件にかかるコンサルタントの人数が少ない
    中途でM&Aキャピタルパートナーズに転職した場合の年収は?

    「中途でM&Aキャピタルパートナーズに入社した場合、どれくらいの給料がもらえるのだろう」と考える人も多いと思います。

    実は新卒で入社したときの年収と中途で転職した場合の年収は大きく異なるケースが少なくありません。

    中途で入社した場合の具体的な年収を知るためには、転職サイトに掲載されている実際の求人を見ることが最も確実です。口コミサイトやSNSよりも最新かつ正確な情報を知ることができます。

    特に人気なのはCMでも有名な転職サイト『ビズリーチ』です。一般的な転職サイトではめったに見つからないような人気企業の高年収求人や好条件の非公開求人が多数掲載されています。

    【公式HP】https://bizreach.jp

    ※2024年3月現在、新規登録すると109,360 件の求人が無料で閲覧可能

    ビズリーチに関する豆知識

    ビズリーチは定期的にログインしているとアカウントの評価が高まり、人気企業の非公開求人が優先的に案内されやすくなります。

    転職活動を始める前から無料アカウントを作成して年に数回ログインしておくだけで、将来転職する際に情報が集まりやすく非常に有利になるのでおすすめです。

    中途でM&Aキャピタルパートナーズに転職するには?

    M&Aキャピタルパートナーズは年収の高さや成長機会の豊富さ、その後のキャリアパスの広がりなどから転職市場で非常に高い人気があります。

    一方で、近年では中途採用を積極的に行っており、20代や第二新卒での転職実績も出ているため、正しい選考対策を行うことで十分転職可能だと言えます。

    正しい選考対策の方法が分からない場合や、キャリアアップしたいけど何から始めていいか分からない場合は、転職のプロである転職エージェントに一度相談してみましょう。

    転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

    中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

    20代・30代向けの高年収求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

    【公式】https://assign-inc.com

    事前準備不要のオンライン面談を提供中

    【2024年3月】限定特典あり

    2024年3月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。

    \ 「高年収業界・人気企業への転職に強い」 /

    実際の利用者の口コミが良かった
    おすすめ転職サービス3選

    50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年3月最新版)

    転職サービスの口コミを投稿する

    ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

    このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
    名前
    性別
    満足度(5段階評価)
    利用者の口コミが良かったおすすめ転職サービス
    ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでも有名なハイクラス転職サイト。

    匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

    【公式】https://bizreach.jp
    ASSIGN
    (アサイン)
    20代・30代のハイクラス転職に特化した実績豊富な大手転職エージェント。

    サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

    【公式】https://assign-inc.com
    マイナビエージェント日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

    マイナビエージェントでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

    【公式】https://mynavi-agent.jp
    利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選
    目次

    M&Aキャピタルパートナーズとはどんな会社?

    M&Aキャピタルパートナーズは、中小企業のM&Aをマッチングする「M&A仲介」と呼ばれる業界の大手企業です。

    会社や事業を売りたいオーナーと買いたい企業をマッチングさせ、M&Aを成約させることで手数料を受け取ります。

    会社名M&Aキャピタルパートナーズ株式会社
    英語名M&A Capital Partners Co.,Ltd.
    営業利益97億円(2022年9月期)
    従業員数162名(2022年9月末時点)
    本社所在地東京都中央区八重洲二丁目2番1号 東京ミッドタウン八重洲
    M&Aキャピタルパートナーズの企業概要

    M&Aキャピタルパートナーズは2005年に設立され、2013年には東証マザーズに上場しました。3年後の2016年には東証一部に市場変更しました。

    2016年に競合でもあった独立系のM&A会社「レコフ」を経営統合によって完全子会社化したほか、2021年には企業再生コンサルティングを手掛ける「みらいエフピー」をグループに加えています。

    2005年10月中村 悟氏により会社設立
    2013年11月東京証券取引所 マザーズに新規上場
    2016年10月東京証券取引所 市場第一部に市場変更
    2016年10月株式会社レコフおよび株式会社レコフデータと経営統合
    2021年10月みらいエフピーを子会社化
    M&Aキャピタルパートナーズの沿革

    M&Aキャピタルパートナーズの主要業績指標は以下の表の通りです。

    年度売上高成約件数コンサルタント数
    2022年9月期207億円199件162人
    2021年9月期152億円172件168人
    2020年9月期119億円139件151人
    2019年9月期126億円144件126人
    2018年9月期80億円115件108人
    2017年9月期83億円111件84人
    M&Aキャピタルパートナーズの業績推移(連結)

    同業他社と比較すると、M&Aキャピタルパートナーズは日本M&Aセンターに次いで国内2番手の規模となっています。

    会社名売上高
    (直近期)
    営業利益
    (直近期)
    従業員数
    (直近期)
    M&Aキャピタルパートナーズ207億円97億円229
    日本M&AセンターHD404億円164億円972
    ストライク107億円42億円220
    M&A総合研究所39億円21億円110
    M&A仲介業者の売上高・営業利益・従業員数比較

    M&Aキャピタルパートナーズの仕事内容

    M&Aキャピタルパートナーズの事業内容について、簡単にご説明します。

    M&A仲介事業は、「会社を買いたい買い手」と「会社を売りたい売り手」をマッチングさせて手数料を得るというビジネスモデルです。

    M&Aキャピタルパートナーズの事業内容(同社決算説明会資料より)

    また、会社のマッチングだけではなく、企業価値評価や買収監査等M&Aの成約までの業務をワンストップで行っています。

    M&Aキャピタルパートナーズが対応するM&Aプロセス(同社決算説明会資料より)

    M&Aキャピタルパートナーズの平均年収は3,161万円(平均年齢は32.0歳)

    M&Aキャピタルパートナーズは上場企業なので有価証券報告書で年収を公開しています。

    有価証券報告書によれば、2022年9月期におけるM&Aキャピタルパートナーズの平均年収は3,161万円(平均年齢は32.0歳)と開示されています。日系企業としては破格の年収であり、外資系のコンサルや投資銀行と比べても遜色ない水準と言えます。

    年度平均年収平均年齢
    2022年9月期3,161万円32.0歳
    2021年9月期2,688万円32.2歳
    2020年9月期2,270万円31.4歳
    2019年9月期3,109万円31.2歳
    2018年9月期2,478万円31.3歳
    2017年9月期2,995万円31.5歳
    2016年9月期1,905万円31.1歳
    2015年9月期2,253万円30.5歳
    2014年9月期1,947万円29.9歳
    2013年9月期1,023万円30.1歳
    M&Aキャピタルパートナーズの平均年収と平均年齢の推移

    東洋経済が発表した平均年収「全国トップ500社」最新ランキング(2022年版)では、国内企業の平均年収で1位となっています。

    また、M&Aキャピタルパートナーズは公式に給与の具体例・実績について公開しています。M&Aキャピタルパートナーズが実際に支給していた給料水準は下記の通りです。

    M&Aキャピタルパートナーズの年収
    • 2021年度実績
      • 年収: 2,656万円(在籍1年超アドバイザー中央値)
      • 年収: 820万円(初年度未成約時平均)
    • 2021年9月期 実績
      • 年収: 2,512万円(在籍1年超アドバイザー中央値)
      • 年収: 715万円(初年度未成約時平均)
    • 2020年9月期 実績
      • 年収: 2,328万円(在籍1年超アドバイザー中央値)

    出典: M&Aキャピタルパートナーズ

    実績ベースで、年収の中央値が2,500万円を超えており、相当な給料水準であることが分かります。

    国税庁が開示している日本人の平均年収が461万円であることから、M&Aキャピタルパートナーズの平均年収は日本人全体の平均よりも有意に高いと言えます。

    また、マイナビエージェントが公表している業種別平均年収ランキングによると、業態の近いコンサルティングファーム・シンクタンクの平均年収は635万円となっており、M&Aキャピタルパートナーズの平均年収はコンサルティングファーム・シンクタンク全体の平均年収よりも高い水準になっています。

    【参考】マイナビエージェントが人気1位に選ばれた理由

    マイナビエージェントでは、誰もが知る大企業から地方の優良企業まで幅広い求人を扱っており、マイナビエージェントでしか扱いのない好条件の非公開求人が多いことが特徴です。

    また、専属のキャリアカウンセラーの対応が非常に丁寧なことでも有名であり、直近で転職することを決めている人はもちろん、転職するかどうか悩んでいる人や、直近で転職予定のない方でも気軽にキャリアについて相談することができます。

    その結果として、マイナビエージェントの利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高い水準を誇っています。

    マイナビエージェントは登録したからと言ってしつこい連絡や転職勧誘の電話が来ることはありません。また、万が一合わないと感じた場合は電話不要でいつでも退会することができます。

    【公式サイト】https://mynavi-agent.jp

    M&Aキャピタルパートナーズの平均手取りはいくら?

    国税庁・日本年金機構・全国健康保険協会の公式情報をもとに試算すると、M&Aキャピタルパートナーズの平均と同じく32歳で年収3,161万円の場合、年間の手取り額は約1,870万円ひと月あたりの手取り額は約156万円となります。

    なお、実際の手取りは年収に占めるボーナスの割合や家族構成等によって変動する可能性があります。詳しく知りたい方は手取り計算ツールをご覧ください。

    ▼ 条件を指定して手取り額を計算できます
    項目 年収 月収
    額面収入
    所得税
    住民税
    健康保険
    厚生年金
    雇用保険
    介護保険
    手取り

    国税庁日本年金機構全国健康保険協会の最新情報をもとに試算(詳細: 手取り計算ツール

    M&Aキャピタルパートナーズの転職難易度は?

    M&Aキャピタルパートナーズは年収の高さや成長機会の豊富さ、その後のキャリアパスの広がりなどから転職市場で非常に高い人気があります。

    一方で、近年では中途採用を積極的に行っており、20代や第二新卒での転職実績も出ているため、正しい選考対策を行うことで十分転職可能だと言えます。

    実際に選考を受ける前に合格可能性を知りたい方は、『転職可能性診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

    簡単な経歴を登録するだけで、人気企業100社への転職可能性を数字で算出することができます。

    転職可能性診断の対象企業(一部抜粋)

    ■ 日系大手企業

    三菱商事 / キーエンス / 電通 / トヨタ / 富士フイルム / メルカリ / 野村総合研究所 / 東京海上日動火災保険 / 任天堂 / サントリー / 日本M&Aセンター / SONY / 味の素 etc.

    ■ 外資系・グローバル企業

    Google / マッキンゼー / ゴールドマンサックス / P&G / Amazon / PwC / デロイトトーマツ / アクセンチュア / セールスフォース etc.

    ※ 今なら各社の中途選考プロセス・面接過去問集も閲覧可能

    ▼ 2024年3月中に新規登録すると無料で利用可能

    転職可能性診断

    \ 高年収業界・人気企業への転職に強い /

    実際の利用者の口コミが良かった
    おすすめ転職サービス3選

    50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年3月最新版)

    転職サービスの口コミを投稿する

    ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

    このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
    名前
    性別
    満足度(5段階評価)

    ビズリーチ

    登録するだけで高年収のスカウトが届くCMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

    【公式】https://bizreach.jp


    ASSIGN(アサイン)

    20代・30代のハイクラス転職に特化した大手転職エージェント。サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞。

    【公式】https://assign-inc.com

    ※ 2024年3月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。


    マイナビエージェント

    日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。マイナビエージェントでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

    【公式】https://mynavi-agent.jp

    【参考】M&Aキャピタルパートナーズの年収偏差値は?

    年収偏差値について詳しく知りたい方は以下の年収偏差値計算ツールをご利用ください。年齢と年収を入力すると年収偏差値を試算することができます。

    ▼ 条件を指定して年収偏差値を計算できます
    年収偏差値計算ツール
    偏差値
    男性の中での偏差値
    女性の中での偏差値
    大卒の中での偏差値
    大企業の中での偏差値

    厚生労働省『賃金構造基本統計調査』の最新情報をもとに試算

    「今の自分の年収の低さに不満がある」「もし転職したら年収がどれくらい上がるのか知りたい」という方は、『適正年収診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

    簡単な経歴情報を入力するだけで、あなたの「適正年収」を具体的な数値で算出することができます。

    他のM&A仲介業者と比較した際の平均年収水準

    また、競合企業である他の総合商社と比較したテーブルは下記の通りです。

    あくまで有価証券報告書に記載の平均年収なので、社員によって年収は異なってきますが、M&Aキャピタルパートナーズの年収水準は同業間で1位となっており、高い年収水準を実現していることが分かります。

    企業平均年収従業員数
    M&Aキャピタルパートナーズ3,161万円159人
    日本M&Aセンター※1,243万円653人
    ストライク1,438万円220人
    M&A総合研究所786万円110人
    M&A仲介業者間の平均年収・従業員数比較

    ※日本M&Aセンターは2021年3月期の数字

    なお、上記の4社以外にも新興系のM&A仲介会社は複数存在し、中にはM&Aキャピタルパートナーズよりさらに高い年収を支払う会社もあります。

    M&Aキャピタルパートナーズの年収はなぜ高い?

    M&Aキャピタルパートナーズの平均年収が高い理由は、コンサルタント1人あたりの売上が高いためです。

    投資家向け資料の開示数値をもとに計算すると、M&Aキャピタルパートナーズのコンサルタントは1人あたり平均で年間約1億円の売上を生み出していることが分かります。

    M&A仲介というビジネスモデルは原価がかからないマッチングビジネスのため、人件費以外のコストがほとんどかからないという特徴があります。

    したがって、コンサルタントが1人あたり1億円の売上を稼いでくれるなら、コンサルタントに3,000万円以上の年収を払っても会社としては十分な利益が残ることになります。

    年度売上高コンサルタント数1人あたり売上
    2022年9月期207億円162人1.3億円
    2021年9月期152億円168人0.9億円
    2020年9月期119億円151人0.8億円
    2019年9月期126億円126人1.0億円
    2018年9月期80億円108人0.7億円
    2017年9月期83億円84人1.0億円
    M&Aキャピタルパートナーズの業績推移(連結)
    M&Aキャピタルパートナーズ社員一人当たりの売上が高い理由
    • 大型案件を効率的に執行できている
    • 直接提案型営業のため、紹介機関に紹介手数料を支払う必要が無い
    • 一人のコンサルタントが買い手にも売り手にもつくため、案件にかかるコンサルタントの人数が少ない

    M&Aキャピタルパートナーズ社員一人当たりの売上が高い理由①:
    大型案件を効率的に執行できている

    先ほどご説明した通り、M&Aキャピタルパートナーズは株式価額をもとにした手数料体系を採っているため、大型案件であればあるほど同業他社対比で手数料水準が低くなるという傾向があります。

    従って、M&Aキャピタルパートナーズは大型案件を獲得しやすく、また注力できるために、効率的に大型案件を執行できるというのが高年収を実現できる一つ目の理由です。

    現に、株式譲渡の平均額は15億円、手数料水準が1億円以上の案件が全体の4分の1以上と、大型案件の比率・規模共に多くなっています。

    M&Aキャピタルパートナーズ社員一人当たりの売上が高い理由②:
    直接提案型営業のため、紹介機関に紹介手数料を支払う必要が無い

    こちらについても先ほどご説明した通り、M&Aキャピタルパートナーズは直接提案型営業を主にしており、他社のような金融機関や紹介機関に紹介されて実行する案件の割合が小さくなっております。

    紹介型案件では紹介機関に手数料を支払う必要がありますが、直接提案型営業の場合は手数料を支払う必要がないため、案件における収益を最大化できるという特徴があります。

    M&Aキャピタルパートナーズ社員一人当たりの売上が高い理由③:
    一人のコンサルタントが買い手にも売り手にもつくため、案件にかかるコンサルタントの人数が少ない

    M&Aキャピタルパートナーズでは、買い手と売り手に同じコンサルタントがつき、一気通貫でサポートしています。

    日本M&Aセンターのような同業他社では、買い手と売り手に別のコンサルタントがつくのに対して、M&Aキャピタルパートナーズでは1人が買い手にも売り手にもつくため、1案件あたりで必要なコンサルタントが少なくなり、1人当たりの収益を最大化できます。

    他の同業他社ではインセンティブも買い手側のコンサルタントと売り手側のコンサルタントで半々となりますが、M&Aキャピタルパートナーズではインセンティブを総取りできるため、年収も高くなる傾向にあります。

    M&Aキャピタルパートナーズの給与制度・評価制度

    M&Aキャピタルパートナーズは平均年収が非常に高いものの、インセンティブ比率が非常に高く、人によって年収水準が大きく異なります。

    M&Aキャピタルパートナーズの年収は、基本給+インセンティブ+業績連動ボーナスで構成されています基本給は400万円ほどで非常に低い水準ですが、インセンティブで稼ぐことを前提としているのであまり関係ありません。

    年収のうちインセンティブ部分は、各コンサルタントがその年に成約させたM&A案件の手数料合計に応じて決まります。インセンティブは青天井なので数億円の場合もありますし、手数料がゼロの場合はインセンティブもゼロです。

    男性のアイコン

    M&Aキャピタルパートナーズの社員口コミ

    営業系職種

    29歳 男性 中途入社

    評価や年収は基本的には売上に応じて決まる。その他360度評価もある程度は考慮されるが、そこまで重要ではないと感じている。

    中途でM&Aキャピタルパートナーズに転職した場合の年収は?

    「中途でM&Aキャピタルパートナーズに入社した場合、どれくらいの給料がもらえるのだろう」と考える人も多いと思います。

    実は新卒で入社したときの年収と中途で転職した場合の年収は大きく異なるケースが少なくありません。

    中途で入社した場合の具体的な年収を知るためには、転職サイトに掲載されている実際の求人を見ることが最も確実です。口コミサイトやSNSよりも最新かつ正確な情報を知ることができます。

    特に人気なのはCMでも有名な転職サイト『ビズリーチ』です。一般的な転職サイトではめったに見つからないような人気企業の高年収求人や好条件の非公開求人が多数掲載されています。

    【公式HP】https://bizreach.jp

    ※2024年3月現在、新規登録すると109,360 件の求人が無料で閲覧可能

    ビズリーチに関する豆知識

    ビズリーチは定期的にログインしているとアカウントの評価が高まり、人気企業の非公開求人が優先的に案内されやすくなります。

    転職活動を始める前から無料アカウントを作成して年に数回ログインしておくだけで、将来転職する際に情報が集まりやすく非常に有利になるのでおすすめです。

    【厳選】M&Aキャピタルパートナーズへの転職におすすめの転職サイト・転職エージェント

    M&Aキャピタルパートナーズへの転職に興味がある方のために、おすすめの転職サイト・転職エージェントを厳選して紹介します。

    M&Aキャピタルパートナーズへの転職におすすめの転職サイト
    ビズリーチ

    【公式HP】https://bizreach.jp

    ビズリーチ』は、TVCMでも有名な国内最大級のスカウト型の転職サービスであり、おすすめの転職サイトです。

    匿名で経歴を登録するだけで高年収のスカウトが届き、気になるスカウトに返信することで効率的に転職活動を進めることができます。

    転職活動中の人はもちろん、直近の転職予定がなくても将来的に転職を考えている人も含めて200万人以上のユーザーが利用しています。

    人気企業・難関企業の採用担当者や高年収求人を扱う質の高いヘッドハンターからスカウトを受け取ったり、ビズリーチ限定で公開されている好待遇な求人の詳細を確認することができます。

    会員登録したからと言って面談を要求されたり、電話がかかってくることは一切ないため、まずは情報収集から始めたい人も安心して利用できます。

    サービス名 ビズリーチ
    公式ページ https://bizreach.jp
    サービス分類 ・転職サイト
    ・スカウトサービス
    特徴 ・年収1000万円以上の求人が多数
    ・200万人以上が利用する国内最大級の転職サイト
    運営会社 株式会社ビズリーチ
    厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-302647
    転職サイト「ビズリーチ」の概要

    M&Aキャピタルパートナーズへの転職におすすめの転職エージェント
    ASSIGN(アサイン) | 若手ハイエンド特化型転職エージェント

    【公式HP】https://assign-inc.com

    ASSIGN(アサイン)』は、若手ハイキャリアに特化した転職エージェントです。コンサル・IT・金融などの業界への転職支援に強みがあります。

    面接対策や業界研究など転職サポートの丁寧さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞しています。

    ASSIGN(アサイン)のメリット・良い評判
    • 高年収を目指す20代・30代のための魅力的な求人が多い
    • 中長期的で真摯かつ丁寧なキャリアサポートを受けることができる
    • 業界に理解が深く質の高いエージェントが在籍

    未経験でも挑戦できる独自の高年収求人を多数扱っていることに加え、面談後に一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

    今すぐ転職予定のない方や若手の方でも無料で面談やサポートを受けることができるため、高年収な業界への転職を将来的に考えている方は、是非公式ページから無料面談を申し込んでみて下さい。

    サービス名 ASSIGN(アサイン)
    公式ページ https://assign-inc.com
    サービス分類 ・転職エージェント
    ・特化型
    特徴 若手ハイエンド専門の転職エージェント
    運営会社 株式会社アサイン
    厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-308560
    転職エージェント「ASSIGN(アサイン)」の概要

    M&Aキャピタルパートナーズへの転職におすすめの転職エージェント
    マイナビエージェント | 好条件の非公開求人が多く、利用者の年収UP率61.1%

    【公式HP】https://mynavi-agent.jp

    マイナビエージェント』は、大手人材会社のマイナビが運営するおすすめの転職エージェントです。

    日本全国で幅広い業界・職種の転職を支援しており、国内最大級の利用者数を誇る人気の転職エージェントサービスです。

    誰もが知る大企業から地方の隠れた優良企業まで幅広い求人を扱っており、マイナビエージェントでしか扱いのない好条件の非公開求人が多いことも特徴です。

    マイナビエージェントの求人企業(例)

    ■ 日系大手・ホワイト高年収企業

    キーエンス / SONY / NTTデータ / 野村総合研究所 / アビームコンサルティング / サイバーエージェント / エムスリー / 野村證券

    ■ 外資系・グローバル企業

    アクセンチュア / PwC / アマゾンジャパン / デロイトトーマツコンサルティング / SAMSUNG / ボッシュ

    マイナビエージェントはすべての機能が無料で利用でき、登録してみて自分に合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会できます。

    サービス名 マイナビエージェント
    公式ページ https://mynavi-agent.jp
    サービス分類 ・転職エージェント
    ・総合型
    対応地域 日本全国対応可能
    運営会社 株式会社マイナビ
    厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-080554
    転職エージェント「マイナビエージェント」の概要

    M&Aキャピタルパートナーズへの転職におすすめの転職エージェント
    キャリアスタート | 若手・未経験層に特化した実績豊富な転職エージェント

    キャリアスタート

    【公式HP】https://careerstart.co.jp

    キャリアスタート』は、第二新卒・既卒・未経験の方向けに特化して転職支援を行っている転職エージェントです。

    未経験の業界や職種への転職支援の実績が豊富で、実際の利用者からは「転職を通じて年収が上がった」「未経験でもIT業界への転職に成功できた」「短期間で内定が出た」などポジティブな声が多く聞こえます。

    キャリアスタートのメリット・良い評判
    • 第二新卒や既卒、フリーターなど職歴の浅い20代に特化しており、利用者数も豊富
    • 年収が上がる求人が豊富
    • マンツーマン模擬面接や転職成功BOOKを通じて高い内定率を実現
    • 自己分析や適性検査を通じて、キャリアビジョンの設計をサポートしてくれる
    • 転職交流会や転居サポートといった独自のサポートを提供している

    マンツーマン模擬面接や独自のノウハウをまとめた『転職成功BOOK』といった独自の選考対策を受けたい方にもおすすめです。

    サービス名 キャリアスタート(CAREER START)
    公式ページ https://careerstart.co.jp
    サービス分類 ・転職エージェント
    ・特化型
    特徴 20代の第二新卒・既卒・未経験専門の転職エージェント
    登録者に『転職成功BOOK』を無料プレゼント中
    料金 無料
    運営会社 キャリアスタート株式会社
    厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-305582
    参考ページ キャリアスタートの評判と口コミ
    転職エージェント「キャリアスタート」の概要

    M&Aキャピタルパートナーズにおける新卒の年収は?

    M&Aキャピタルパートナーズにおける新卒採用はまだ始まったばかりなうえに、新卒に対して提供する初任給の具体的な金額は公開されていません。

    しかしながら、新卒に関しては前年度に収益を上げていないことからインセンティブがほとんどなく、同業の新卒と同じような金額の初任給であると推定されます。

    参考までに、日本M&Aセンターが発表している新卒の年収は下記の通りです。新卒に関して言えばM&Aキャピタルパートナーズの年収は下記とそれほど相違ないと推定されます。

    【参考】日本M&Aセンターの初任給
    • 基本給:月給230,000円
    • 営業手当:月給25,000円
    • 時間外手当:105,720円(50時間相当分)

    なお、日本M&Aセンターの年収について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

    M&A仲介業界におけるM&Aキャピタルパートナーズの特徴

    M&Aキャピタルパートナーズの特徴としては、以下の3点が挙げられます。

    1. 直接提案型営業を中心としている
    2. コンサルタントのレベルが高く1人で一気通貫のサポートが出来る
    3. 顧客にとって良心的な手数料体系を採用している

    M&Aキャピタルパートナーズは直接提案型営業で潜在顧客にアプローチできる

    M&Aキャピタルパートナーズの特徴の1つ目は、「直接提案型」と呼ばれる営業スタイルです。

    簡単に言うと、M&Aを検討している企業様から問い合わせを待つのではなく、まだM&Aを考えていない企業に対してコンサルタントが能動的に提案を行い、案件を獲得します。

    同じM&A仲介業界で上場している日本M&Aセンターやストライクは、全国の地銀や会計事務所、税理士事務所などから売り手企業を紹介してもらう代わりに成約時に紹介フィーをお支払いするという協力関係を築いています。

    紹介営業の1番のメリットは安定して案件を獲得できることにありますが、M&Aをすでに検討している顕在層にしかアプローチできず、潜在顧客層を発掘することができません。

    M&Aキャピタルパートナーズではコンサルタントが独自の判断基準のもと企業様に直接提案営業を行うため、競合がアプローチできない潜在層を発掘できるほか、他のM&A仲介会社とコンペになることも避けられるというメリットがあります。

    また、紹介によるビジネスモデルでは金融機関や紹介機関に紹介手数料を支払う必要がありますが、M&Aキャピタルパートナーズはそうした紹介料を支払う必要が無いので、高い収益性を実現できます。

    M&Aキャピタルパートナーズのビジネスモデル(同社決算説明会資料より)

    M&Aキャピタルパートナーズはコンサルタントのレベルが高く1人で一気通貫のサポートが出来る

    M&Aキャピタルパートナーズのもう1つの特徴は、所属コンサルタントのレベルが高く、それぞれのコンサルタントが1人でM&Aのすべてのプロセスを完結できる点にあります。

    M&Aは会社自体の売り買いですので、単にマッチングしただけではなかなか成約することは難しく、会計・法務・税務・ビジネスモデルなどさまざまな分野に精通した人材がきめ細やかなサポートをする必要があります。

    「自分1人で何でもやらないといけない」と言うと大変そうに感じますが、売り手のオーナーや買い手企業にとっては担当のコンサルタントが各分野に精通していて全てワンストップで対応してくれることは非常に心強く、顧客満足度の高さや良い評判に繋がっています

    M&AキャピタルパートナーズはM&A仲介業界の中でも年収が高いという評判で知られていますが、高い年収を支払っている背景には上記のような理由が存在します。

    顧客にとって良心的な手数料体系を採用している

    M&Aキャピタルパートナーズの特徴の3つ目は、顧客にとって良心的な手数料体系を採用しているということです。

    M&A仲介業界では、一般的にM&Aの相手先が決定する前に着手金という形で前金を支払う必要がありますが、M&Aキャピタルパートナーズではそうした着手金は一切かかりません

    他社に依頼した場合、M&Aありきで事業承継等の選択肢を検討することとなりますが、M&A以外の選択肢も検討したい優良企業においては、日本M&Aキャピタルパートナーズに依頼する傾向があります。

    M&Aキャピタルパートナーズでは着手金が不要(同社決算説明会資料より)

    また、M&Aキャピタルパートナーズでは、他社と異なる手数料計算方法を導入しているため、安価な手数料水準を実現しています。

    他社は移動総資産と呼ばれる負債も含めた資産をもとに手数料を計算するのに対し、M&Aキャピタルパートナーズは株式価額をもとに手数料を計算するという方式をとっています。

    従って、負債の多い企業においてはM&Aキャピタルパートナーズに頼む方が割安となり、大型案件ではM&Aキャピタルパートナーズが選ばれやすくなっています。

    M&Aキャピタルパートナーズの仲介手数料(同社決算説明会資料より)

    自分がM&Aキャピタルパートナーズで通用するかを知るためにやるべきこと

    中途でM&Aキャピタルパートナーズに転職したいと思っても、「成績が悪く稼げないのではないか」「クビになってしまうのではないか」「激務で体調を壊すのではないか」と悩んでしまう方もたくさんいらっしゃると思います。

    自分自身がM&Aキャピタルパートナーズで通用するかを知るためには、M&A業界のキャリアをよく知る転職エージェントに聞くのがベストです。

    転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

    中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

    20代・30代向けの高年収求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

    【公式】https://assign-inc.com

    2024年3月現在、事前準備不要のオンライン面談を提供中

    【2024年3月】限定特典あり

    2024年3月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。

    \ 高年収業界・人気企業への転職に強い /

    実際の利用者の口コミが良かった
    おすすめ転職サービス3選

    50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

    【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

    ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

    このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
    名前
    性別
    満足度(5段階評価)
    おすすめ転職サービス(総合ランキング)
    ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。

    匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

    【公式】https://bizreach.jp

    【口コミ】ビズリーチの評判
    ASSIGN
    (アサイン)
    20代・30代のハイクラス転職に特化した大手転職エージェント。

    サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

    【公式】https://assign-inc.com

    ※ 2024年3月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。
    マイナビエージェント日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

    マイナビエージェントでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

    【公式】https://mynavi-agent.jp

    【口コミ】マイナビエージェントの評判
    利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

    M&Aキャピタルパートナーズは高年収な代わりに激務?

    M&AキャピタルパートナーズをはじめとしたM&A仲介業者は、高給な分激務で残業時間が長いとされています。タレントスクエア記載の口コミによれば、ワークライフバランスに関しては期待すべきでないとの口コミもあります。

    男性のアイコン

    M&Aキャピタルパートナーズの社員口コミ

    営業系職種

    32歳 男性 中途入社

    ワークライフバランスを期待するのならこの会社には入らない方がいい。MACPに限らず業界的にそうだが、成果を出そうとすると土日深夜関係なく働かざるを得なくなる。
    M&Aキャピタルパートナーズが激務な理由
    • 成果が年収に直結するため
    • M&A自体が労力を伴う大変な作業であるため
    • 営業活動に求められるハードルが高いため
    • 求められる知識水準が高く、常に自己研鑽が必要となるため

    M&Aキャピタルパートナーズが激務な理由①:
    成果が年収に直結するため

    M&Aキャピタルパートナーズが激務な理由は年収に対してインセンティブの割合が大きく、自分がいくら手数料を稼いだかによって年収が決まってきます。

    M&Aキャピタルパートナーズが激務な理由は「みなし残業制度」を採用しているので、働けば働くほど残業代で年収が上がるという体系ではありません。しかし、インセンティブを稼ぐためには人よりも行動量を増やす必要があるので、高年収な営業マンはほぼ全員が毎日遅くまで働いています

    つまり、たくさん手数料を稼ぎたいのであればそれ相応に働く必要があり、人によって激務に繋がってしまうというのが理由の1つ目です。

    M&Aキャピタルパートナーズが激務な理由②:
    M&A自体が労力を伴う大変な作業であるため

    M&Aは、買収企業にとっても売却企業にとっても、社員・経営陣の社運を賭けた一大イベントです。

    また、手続き自体も非常に複雑なプロセスを踏む必要があり、それぞれの場面においても財務・会計・法務等の多面的な観点からの知識が求められるとともに、関係各所との折衝にも非常に時間がかかります

    また、M&Aはその重要性から、クライアントからの要請があれば土日問わず即時に対応する必要もあります。下記の図にある通り、M&Aの成約から完了までは多数のプロセスを経ることとなります。

    そうしたM&Aに最初から最後まで伴走するため、労働時間が非常に長くなる傾向にあります。

    M&Aキャピタルパートナーズが激務な理由③:
    営業活動に求められるハードルが高いため

    M&A仲介業では、中小企業の社長に根気強く会って案件を獲得する必要があります。3回程度会うことで成約する場合もあれば、時には数十回会ってようやく成約にこぎつけることもあります。

    企業によっては東京ではなく地方に拠点を置いており、毎度飛行機等で出張に出かける必要がある場合もあります。

    M&AはM&Aコンサルタントにとっては複数経験することでも、特に売り手企業にとってはほとんどが1回しか経験しない重要なイベントです。

    そうしたイベントをM&Aキャピタルパートナーズが激務な理由に任せてもらうために、営業マンは熱意・知識を持って営業活動にあたる必要があり、そうした営業活動によって激務となる傾向にあります。

    M&Aキャピタルパートナーズが激務な理由④:
    求められる知識水準が高く、常に自己研鑽が必要となるため

    M&Aを執行するためには非常に高いレベルでの知識が必要となります。

    M&Aキャピタルパートナーズのコンサルタントは、滞りなくM&A案件を執行するために財務・会計・法務の様々な観点で知識を蓄える必要があり、そうした自己研鑽のためにプライベートを削る必要があります。

    M&Aキャピタルパートナーズの採用大学・学歴フィルター

    前提として、M&Aキャピタルパートナーズの採用は中途がメインであり、新卒採用は最近まで行っていませんでした。現在は新卒採用を行っていますが、募集人数は1桁です。

    M&Aキャピタルパートナーズ採用大学としては、もちろんある程度の高学歴な学生をターゲットとしていますが、学歴に加えて営業マンとしての素質や経験が重視されています。また、金融に関する基礎的な知識もあるとよいでしょう。

    M&Aキャピタルパートナーズでは新卒を必ず採用しないといけないわけではなく、中途採用をメインとしながら「新卒でもいい人がいれば取りたい」というスタンスなので、難易度が高いことは覚悟しておきましょう。

    M&Aキャピタルパートナーズに中途で転職する人のバックグラウンド

    M&Aキャピタルパートナーズの社員のバックグラウンドとしては、銀行や証券の法人営業経験者が1番多く、次に多いのがカーディーラーや不動産営業など非金融分野の営業出身者です。

    金融知識はもちろんあるに越したことはないですが、営業力に比べると相対的な重要度は下がります。逆に、金融出身で営業未経験の人はほとんど採用されません。

    最近ではキーエンス出身者の方がM&A仲介の業界に転職するケースが増えているようです。

    キーエンスは製造業向けのFA機器の会社ですが、営業力の高さに定評があり、かつ地方の中小企業を担当することが多いので、M&A仲介とマッチングがいいと思われます。

    キーエンスの年収について詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

    金融業界の転職
    M&A総合研究所への転職方法・転職難易度ゴールドマンサックスへの転職方法・転職難易度
    日本M&Aセンターへの転職方法・転職難易度東京海上日動火災保険への転職方法・転職難易度
    ソニー生命への転職方法・転職難易度みずほ銀行への転職方法・転職難易度
    日本政策金融公庫への転職方法・転職難易度農林中央金庫への転職方法・転職難易度
    三井住友信託銀行への転職方法・転職難易度三井住友銀行への転職方法・転職難易度
    野村證券への転職方法・転職難易度オリックスへの転職方法・転職難易度
    三菱UFJ銀行への転職方法・転職難易度
    おすすめの転職サイト
    ビズリーチの評判ミイダスの評判
    ミドルの転職の評判リクナビNEXTの評判
    リクルートダイレクトスカウトの評判エン転職の評判
    Re就活の評判Greenの評判
    doda Xの評判
    おすすめの転職エージェント
    マイナビエージェントの評判dodaの評判
    リクルートエージェントの評判パソナキャリアの評判
    キャリアスタートの評判ハタラクティブの評判
    JACリクルートメントの評判レバテックキャリアの評判
    ギークリーの評判女性向け転職エージェント
    ハイクラス向け転職エージェント第二新卒におすすめの転職エージェント
    外資系向け転職エージェントIT向けおすすめ転職エージェント
    20代におすすめの転職エージェント30代におすすめの転職エージェント
    おすすめの派遣会社
    テンプスタッフの評判エン派遣の評判
    リクルートスタッフィングの評判スタッフサービスの評判
    ウィルオブの評判アデコの評判
    パソナの評判ランスタッドの評判
    テクノ・サービスの評判フルキャストの評判
    マンパワーグループの評判UTエイムの評判
    ネオキャリアの評判ワールドインテックの評判
    ホットスタッフの評判日研トータルソーシングの評判
    日総工産の評判パーソルクロステクノロジーの評判
    キャリアリンクの評判綜合キャリアオプションの評判
    日本ケイテムの評判グロップの評判
    人気企業の年収
    キーエンスの年収リクルートの年収NTTデータの年収
    電通の年収博報堂の年収大塚商会の年収
    富士通の年収NECの年収SCSKの年収
    サントリーの年収任天堂の年収凸版印刷の年収
    ヤフーの年収楽天の年収サイバーエージェントの年収
    レバレジーズの年収セールスフォースの年収ゴールドマンサックスの年収
    コンサル・M&A業界の年収
    マッキンゼーの年収BCGの年収アクセンチュアの年収
    ベイカレントの年収アビームの年収PwCの年収
    野村総合研究所の年収デロイトトーマツの年収KPMGの年収
    日本M&Aセンターの年収M&Aキャピタルパートナーズの年収M&A総合研究所の年収
    総合商社の年収
    三菱商事の年収三井物産の年収伊藤忠商事の年収
    丸紅の年収住友商事の年収双日の年収
    大手メーカーの年収
    トヨタの年収ソニーの年収日立製作所の年収
    村田製作所の年収パナソニックの年収東京エレクトロンの年収
    デンソーの年収ファナックの年収富士フイルムの年収
    三菱電機の年収大日本印刷の年収キオクシアの年収
    三菱重工の年収川崎重工の年収IHIの年収
    都道府県別おすすめ転職エージェント・転職サイト
    北海道・東北北海道 青森 秋田 岩手 福島 宮城 山形
    関東東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
    中部愛知 静岡 山梨 長野 岐阜 新潟 富山 石川 福井
    近畿大阪 京都 兵庫 奈良 三重 和歌山 滋賀
    中国広島 岡山 鳥取 島根 山口
    四国高知 香川 愛媛 徳島
    九州・沖縄福岡 熊本 宮崎 長崎 佐賀 大分 鹿児島 沖縄
    都道府県別おすすめ転職エージェント・転職サイト
    地域別おすすめの派遣会社
    北海道・東北北海道 福島 宮城 岩手 青森 秋田 山形 札幌 仙台 盛岡
    関東東京 神奈川 埼玉 千葉 前橋 茨城 群馬 栃木 横浜 大宮 高崎 水戸 宇都宮 
    中部愛知 静岡 山梨 長野 岐阜 石川 新潟 富山 福井 名古屋 甲府 浜松 金沢 
    近畿大阪 京都 兵庫 三重 奈良 滋賀 和歌山 神戸 姫路 四日市 
    中国広島 山口 島根 岡山 鳥取
    四国高知 徳島 香川 愛媛 松山 
    九州・沖縄長崎 那覇 佐賀 大分 熊本 宮崎 沖縄 鹿児島 福岡 北九州 博多 
    地域別おすすめの派遣会社

    運営者情報

    タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業と特定募集情報等提供事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

    タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

    会社名タレントスクエア株式会社
    (旧 株式会社Prime Partner)
    公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
    本社所在地150-0002
    東京都渋谷区渋谷2-19-15 宮益坂ビルディング609
    法人番号9011001145238
    厚生労働省
    有料職業紹介事業許可番号
    13-ユ-315110
    厚生労働省
    特定募集情報等提供事業届出番号
    51-募-000460
    適格請求書事業者登録番号T9011001145238
    タレントスクエア株式会社の概要(2024年3月時点)

    また、転職・キャリア・年収に関する正確な情報を発信するために以下の公的機関等による情報を参考にしています。

    厚生労働省一般社団法人 日本人材事業協会公益社団法人 全国民営職業紹介事業協会一般社団法人 人材サービス産業協議会独立行政法人 労働政策研究・研修機構一般社団法人 日本人材派遣協会ハローワーク全国求人情報協会全国健康保険協会国税庁日本年金機構

    目次