【20代後半の転職】は厳しい?転職成功のポイントを解説

20代後半の転職

職務経験を積み、ある程度のスキルが身に付いた20代後半になると、転職を考える人も多いのではないでしょうか。一方で、インターネット上では「20代後半での転職は厳しい」という意見もあります。

実態として20代後半での転職は厳しいのか、逆に20代後半はどのような点で評価されるのかなどについて解説します。

なお、実際の利用者の口コミが良かった20代におすすめの転職サイトについて詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

【結論】20代後半での転職が厳しいというのは間違い

結論から申し上げると、20代後半での転職が厳しいというのは間違いです。20代後半はある程度の職務経験を積んでスキルを身に付けながら、まだ年齢的にも若く柔軟性があるという観点で転職市場でも積極採用が行われている年代です。

一方で、20代後半は転職を考える人が多く、ポテンシャルではなくスキルを見られやすいといった理由などから転職は厳しいと噂されてしまうのも事実です。どのような理由で20代後半での転職が厳しいと言われるのか、解説します。

20代後半での転職が厳しいと言われる理由

冒頭にて20代後半は転職に向いていると述べましたが、逆になぜ20代後半での転職は厳しいと噂されているのでしょうか。考えられる原因としては、下記の様なものがあります。

20代後半での転職が厳しいと言われる理由
  • 20代前半での転職よりも経験を求める傾向にあり、未経験のハードルが上がるため
  • 転職を検討する人が多く、採用倍率が高くなるため

20代後半での転職が厳しいと言われる理由①:
20代前半での転職よりも経験を求める傾向にあり、未経験のハードルが上がるため

20代後半での転職が厳しいと言われる理由の1つ目として挙げられるのが、20代前半での転職よりも経験を求める傾向にあり、未経験の場合に応募できる募集や異業種への転職が難しくなるという点です。

一般に20代前半での転職で求められるのはポテンシャルですが、20代後半での転職で求められるのはスキルや経験となっています。

  • 20代前半での転職で求められるもの: ポテンシャル
  • 20代後半での転職で求められるもの: スキルや経験

20代前半での転職は実質的に新卒のようなものであり、スキルや経験は期待されず未経験や異業種であっても門戸が開かれていることがほとんどです。一方で20代後半での転職となると社会人経験を3年以上積んでいることが多く、転職者にスキル・経験を求めるケースが多い傾向にあります。

従って未経験や異業種の業界への転職ハードルは上がるうえ、面接においてもそうした経験を上手にアピールできなければうまくいかないことが多いというのも事実です。

20代後半での転職が厳しいと言われる理由②:
転職を検討する人が多く、採用倍率が高くなるため

20代後半での転職が厳しいと言われる理由の2つ目として挙げられるのが、転職を検討する人が多く、採用倍率が高くなるためという理由です。

社会人を数年経験した20代後半は転職を検討する人が非常に多くなります。そうした求職者が転職市場に増えることによって、採用倍率が高くなるというのが事実です。

もちろん、脂の乗った20代後半を採用するための求人も増えますが、人気な求人の数は限定的なため、特に人気企業の採用ハードルは上がるというのが、20代後半での転職が厳しいと言われるもう一つの背景です。

20代後半が転職に向いていると言われる理由

ここまで20代後半での転職は厳しいと噂される理由について述べてきましたが、冒頭でご説明した通り20代での後半は特別厳しいというわけではなく、むしろ転職に向いているような年代です。本項目では20代後半が転職に向いていると言われる理由について解説します。

20代後半が転職に向いていると言われる理由
  • 長期的な活躍を期待できる一方で、経験年数がある程度長く即戦力としても期待できる
  • 中堅職になる手前であり、企業側も内定を出しやすい
  • まだ若いため、異業種や未経験であっても吸収力が高い

20代後半が転職に向いていると言われる理由①:
長期的な活躍を期待できる一方で、経験年数がある程度長く即戦力としても期待できる

20代後半が転職に向いていると言われる理由としてまず挙げられるのが、長期的な活躍を期待できるという点です。20代後半は年齢としてもまだ若く、向こう10年単位での活躍を期待できるという点で転職に向いていると言われます。

こうした長期的な活躍を期待できる一方で、前職での経験年数がある程度長く即戦力としても期待できるという点も20代後半が転職に向いていると言われる理由の1つです。

20代後半は社会人としての基礎を一通り学んでいる状態であり、企業から見ても教育コストが低い人材です。即戦力として入社し、数十年単位での活躍が期待できるという観点で、20代後半は転職に向いていると言われています。

20代後半が転職に向いていると言われる理由②:
中堅職になる手前であり、企業側も内定を出しやすい

中堅職になる手前であり、企業側も内定を出しやすいという点も20代後半が転職に向いていると言われる理由の1つです。

30歳を超えると「若手」という扱いではなく「中堅」としての扱いとなります。一般的に中堅以上となると、生え抜きで一定の成績を収めた社員も多くいるなかで、採用企業による採用ハードルも相当に上がります。30代での転職だと、管理監督者レベルの職務遂行能力が求められてきます。

20代後半まではまだ管理職に達していないことも多く、管理職としての採用になる前なので、企業側の採用目線もまだ低く採用されやすいという点が20代後半で転職するメリットです。企業としても30代以上での採用ハードルが高いことは理解しており、20代後半で積極的に採用することが多い傾向にあります。

20代後半が転職に向いていると言われる理由③:
まだ若いため、異業種や未経験であっても吸収力が高い

20代後半が転職に向いていると言われる理由として次に挙げられるのが、まだ若いため、異業種や未経験であっても吸収力が高いという点です。

20代後半は年齢的にまだ若く体力もあるため、未経験や異業種であってもまだキャッチアップすることが可能な年齢となっています。30代になると体力や適応力の衰えもあり、未経験・異業種職への転職は難しくなってきます。

20代後半は社会人経験や体力から最も脂に乗った年齢でありながら、適応力もあり未経験や異業種でも馴染めるという点で、転職に向いていると言われます。

20代後半に求められるスキル

20代後半が転職の際に求められるスキルを理解しておくことで、20代後半での転職成功確率を上げることができます。20代後半に求められるスキルには下記の様なものがあります。

20代後半に求められるスキル
  • 即戦力性(社会人としての基礎体力・経験)
  • リーダーシップ・物事を引っ張る力
  • 適応能力の高さ

20代後半に求められるスキル①:
即戦力性(社会人としての基礎体力・経験)

20代後半に求められるスキルとしてまず挙げられるのが、社会人としての基礎体力や職務経験などを基にした即戦力性です。スキルなどよりもポテンシャルを期待した採用を重視する20代前半の転職と異なり、20代後半での転職では数年の職務経験を経て得た即戦力性が期待される傾向にあります。

同業種の場合即戦力となるための経験をアピールできますが、異業種や未経験職の場合は自身の経験を応用的に活かせるという点をアピールする必要があります。

自身の経験を応用的に活かせるという点をアピールする例
  • 営業で培った経験を活かし、販売戦略などを統括できる経営企画職に従事したい
  • 研究開発で培った知見を活かし、コンサルタントとして活躍したい

20代後半に求められるスキル②:
リーダーシップ・物事を引っ張る力

20代後半での転職では、リーダーシップ・物事を引っ張る力もスキルとして求められます。

20代後半は一般企業だと役職付き(管理職)の手前、ベンチャー企業などでは役職付きにもなる年齢です。社内での役回りも、言われたことをただこなすだけの若手社員ではなく、主体的に動くことが求められてきます。転職先においても同様で、いかに主体的に動けるか、チームを引っ張る力がありそうかを見られます。

20代後半での転職となると、数年後には管理職への昇進が待っています。管理職への昇進を間近に控える中で、管理責任者としての素質が一定程度ある人を採用したいと考える企業が多くなっています。

20代後半に求められるスキル③:
適応能力の高さ

20代後半での転職では、適応能力の高さもスキルとして求められます。一般的に20代後半はまだまだ若手であり、吸収速度も早いと思われています。

前職のカルチャーに染まりきっているわけでもなく、まだ新しい職場であっても対応できる柔軟性が評価事項とされています。これが30代となってしまうと、柔軟性が落ちることでさらにスキルを重視した採用となるため、20代後半ではスキルがありながらもカルチャーに染まれる柔軟性があるかが評価事項となってきます。

20代後半での転職を成功させるための秘訣

ここまで20代後半での転職事情や20代後半に求められるスキルについてご説明してきましたが、本項目では20代後半での転職を成功させるための秘訣についてご説明します。

20代後半での転職を成功させるための秘訣
  • 自己分析をしっかりと行い、希望条件を明確にする
  • 自身の経験が活かせる業種を選ぶ
  • 未経験であっても、自身の経験との類似性や関連性を見出す
  • 転職エージェントを活用し、選考対策をしっかりと行う

20代後半での転職を成功させるための秘訣①:
自己分析をしっかりと行い、希望条件を明確にする

20代後半での転職を成功させるための秘訣としてまず挙げられるのが、自己分析をしっかりと行うという点です。20代後半での転職はポテンシャル採用ではなくなり、自身のキャリアパスやこれまでの経験を基にした納得感のある志望動機や自分に合った転職先を選ぶことが必要となってきます。

自己分析をしっかりと行い、転職先に求める希望条件を明確にすることも重要です。

希望条件を明確にする方法
  • 希望条件を具体的に整理する
    • 年収・福利厚生・業種・職種・勤務形態・休日の有無など
  • その希望条件から譲れない順にならべる

年収・福利厚生・業種・職種・勤務形態・休日の有無などの希望条件をかき出し、それを譲れない順番に並べることで、自分が転職先に求める条件をより明確にすることができます。自己分析と明確化した希望条件をもとに、ロジカルな志望動機を作成できる転職先を選ぶことが重要です。

20代後半での転職を成功させるための秘訣②:
自身の経験が活かせる業種を選ぶ

20代後半での転職を成功させるための秘訣として次に挙げられるのが、自身の経験が活かせる業種を選ぶという点です。

ここまでご説明してきた通り、20代後半での転職はポテンシャルよりも自身のスキルが重視される傾向にあります。従って自身の経験が活かせる業種であれば、転職の成功確率を大きく上げることができるでしょう。

自身の経験が活かせる業種を選んだ転職の例
  • 同業界間での転職: (例)人材企業から競合他社の人材企業への転職
  • 同職種間での転職: (例)医薬品の営業から製造業の営業への転職

20代後半での転職を成功させるための秘訣③:
未経験であっても、自身の経験との類似性や関連性を見出す

20代後半での転職を成功させるための秘訣として次に挙げられるのが、未経験であっても、自身の経験との類似性や関連性を見出すという点です。

20代後半となると、全くの未経験や異業種に転職するにあたっては工夫が必要です。未経験や異業種であったとしても自分が活かせるというようなアピールをするようにしましょう。こうした経験を上手に志望動機に盛り込むことで、転職の成功確率を改善することができるでしょう。

自身の経験と関連性を見出した異業種転職の例
  • 営業の経験を生かして、企業のマーケティング・PR戦略を担う会社に転職
  • 研究開発の経験を活かし、製造業のコンサルティングを担う会社に転職

20代後半での転職を成功させるための秘訣④:
転職エージェントを活用し、選考対策をしっかりと行う

20代後半での転職を成功させるためのには、転職エージェントを活用し、選考対策をしっかりと行うことも重要です。

転職エージェントを活用した場合のメリット
  • 日程調整などの煩雑な手続きを行ってくれる
  • 書類の添削や面接対策を行ってくれる
  • 非公開求人を教えてくれる
  • 企業の内情を教えてくれる
  • 選考におけるフィードバックをもらえる
  • 内定時の条件交渉を行ってくれる
  • これらのサポートを完全無料で使える

転職エージェントを活用すると、志望動機をはじめとした書類の添削や模擬面接などを通じた面接対策を実施してくれます。

特に20代後半での転職は難易度が高いというのも事実であり、入念な準備が必要となってきますが、転職エージェントはこうしたサポートを無料で行ってくれるため、是非活用することをおすすめします。

20代後半の転職におすすめできる転職エージェント

20代後半での転職を成功させるための秘訣でも述べた通り、競争の激しい20代後半での転職を成功させるためには転職エージェントの活用をおすすめします。

20代におすすめ転職エージェントは下記の記事で解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

20代後半の転職活動で転職エージェントを活用するメリット

転職活動においては転職エージェントを活用することを強くおすすめします。転職エージェントを活用した場合のメリットには下記の様なものがあります。

転職エージェントを活用した場合のメリット
  1. 日程調整などの煩雑な手続きを行ってくれる
  2. 書類の添削や面接対策を行ってくれる
  3. 非公開求人を教えてくれる・様々な求人を見ることができる
  4. 企業の内情を教えてくれる
  5. 選考におけるフィードバックをもらえる
  6. 内定時の条件交渉を行ってくれる
  7. これらのサービスを完全無料で活用できる

転職エージェントを活用した場合のメリット①
日程調整などの煩雑な手続きを行ってくれる

転職エージェントを活用した場合のメリットとしてまず挙げられるのが、企業との選考における日程調整などの煩雑な手続きを行ってくれるという点です。

中途選考にあたっては、働きながら選考を受けるだけでなく、複数の企業と同時並行で面接を受けることもあり、日程調整は非常に煩雑です。

転職エージェントは日程調整を企業との間に入って代行してくれるので、候補者の負担が小さくなるという点がメリットです。

転職エージェントを活用した場合のメリット②
書類の添削や面接対策を行ってくれる

転職エージェントを活用した場合のメリットとして次に挙げられるのが、書類の添削や面接対策を行ってくれるという点です。

選考においては職務経歴書や履歴書といった書類の提出が必要になりますが、特に今までこのような書類を作成したことがない場合は、独学で作成するのも大きな負担となるうえ、添削がなければなかかな良い書類ができないというのも事実です。

転職エージェントは選考のノウハウを生かして、職務経歴書や履歴書を添削してくれるため、特に転職未経験の場合は転職エージェントに書類を見てもらうことをおすすめします。

転職エージェントを活用した場合のメリット③
非公開求人を教えてくれる・様々な求人を見ることができる

転職エージェントを活用した場合のメリットとして次に挙げられるのが、非公開求人を教えてくれるという点です。

非公開求人とは?

Web上では公開されていない求人のことを非公開求人といいます。求人を非公開にする理由は様々ですが、下記の様な理由が挙げられます。非公開求人は待遇が良かったり、重要ポストに就けたりと魅力的な案件であることが多い傾向にあります。

  • 競合他社に知られたくないため
  • 応募の殺到を避け、採用の効率化を図るため
  • 重要ポストの人材採用を社内秘で行いたいため
  • 待遇などを広く伝えたいわけではないため

一般に非公開案件は待遇の良いものが多いと言われています。こうした非公開求人を紹介してもらえることが転職エージェントを活用するうえでのメリットです。

また、転職エージェントは一般的に多くの求人案件を保有しています。自力で転職活動をすると自分が知っている範囲での求人に限定されてしまう中で、転職エージェントを活用すれば自分が知っている範囲外の求人のみならず思いもよらない求人を紹介してくれることにも繋がります。この様に求人の幅が増えるというのも、転職エージェントを活用するメリットとなります。

転職エージェントを活用した場合のメリット④
企業の内情を教えてくれる

転職エージェントを活用した場合のメリットとして次に挙げられるのが、企業の内情を教えてくれるという点です。

転職エージェントはその会社に何人も転職させているプロフェッショナルなため、その会社の年収水準や採用難易度、選考フローや、採用意欲など、企業に関する様々な情報を持っています。

こうした内情を知ったうえで企業の選考を受けることで、志望動機が確固たるものとなって内定確率を大きく上げることができたり、入社した企業とのミスマッチが生じづらくなるというメリットがあります。

転職エージェントを活用した場合のメリット⑤
選考におけるフィードバックをもらえる

転職エージェントを活用した場合のメリットとして次に挙げられるのが、選考におけるフィードバックをもらえるという点です。

このフィードバックは候補者と企業が直接やり取りすると仕入れづらいものですが、転職エージェントは採用企業と候補者の間に入ってくれるため、面接などのフィードバックを企業から仕入れてくれることがあります。

フィードバックを通じて、評価されていたポイントや次回の面接までに修正したほうが良い点、選考に落ちてしまった理由など、結果的に内定確率を上げるような情報を得ることができます。

転職エージェントを活用した場合のメリット⑥
内定時の条件交渉を行ってくれる

転職エージェントを活用した場合のメリットとして次に挙げられるのが、内定時の条件交渉を行ってくれるという点です。

新卒と異なり、転職においては内定時の交渉によって年収や待遇が向上する場合があります。とはいえ、将来的な雇用主に対して年収や待遇の交渉を行うのはやりづらい・難しいというのも事実でしょう。

そのような場合、選考の段階から転職エージェントを活用していれば、転職エージェントが採用条件の交渉についても代行してくれます。

転職エージェントを活用した場合のメリット⑦
これらのサービスを完全無料で活用できる

転職エージェントは、これらのサービスを完全無料で活用することができます。

都合の良い話にも聞こえますが、下記の通り職業安定法においても、転職エージェントは求職者から手数料を徴収してはいけないと明示されています。

有料職業紹介事業者は、前項の規定にかかわらず、求職者からは手数料を徴収してはならない。

職業安定法 第三十二条の三

求職者が転職エージェントを無料で活用できる理由はそのビジネスモデルを見ればより明確にわかります。転職エージェントは、求職者を企業に紹介し、求職者が企業に入社する際に人材紹介料(転職者の年収×30-35%程度)を獲得するというビジネスモデルとなっています。

転職エージェントは企業から得る人材紹介料が収益の源泉となっているため、求職者から手数料を徴収する必要がないのです。転職エージェントが求職者のサポートを無料で行ってくれるのも、求職者が内定すればその分の手数料を企業から徴収できるためです。

転職エージェントは無料で活用できる理由と大事なポイント
  • 紹介した求職者が転職した際に企業から手数料を徴収しているため
  • 転職時に報酬を貰えるビジネスモデルなので、転職エージェントは求職者の支援も積極的に行う

転職エージェントの費用に関しては下記の記事でも解説しているので、詳しく知りたい方は合わせてご覧ください。

転職エージェントと他の転職手段との比較

転職活動の進め方として、「直接応募」「リファラル」「転職サイト経由」「転職エージェント経由」という4つの方法があります。

  • 直接応募(企業HPから自分で問い合わせ)
  • リファラル(知り合い経由の紹介)
  • 転職サイト経由
  • 転職エージェント経由

それぞれの応募方法について、以下の表の通りメリット・デメリットがあります。

応募方法メリットデメリット
直接応募・(一部の会社に限り)直接応募から入社した場合に特別ボーナスが支給されることがある・会社の内情についての情報を得づらい(特にネガティブな情報)
・面接対策などのサポートを受けることができない
リファラル・知り合い経由で会社の内情について詳細な情報を教えてもらえる・知り合いはキャリアのプロではないため、客観的なアドバイスを受けることができない
・知り合いがいる会社しか受けることができない
転職サイト経由・たくさんの選択肢の中から自分に合った求人を探すことが出来る・面接対策などの個別サポートを受けることができない
転職エージェント経由・日程調整などの煩雑な手続きを行ってくれる
・書類の添削や面接対策を行ってくれる
・非公開求人を教えてくれる
・企業の内情を教えてくれる
・選考におけるフィードバックをもらえる
・内定時の条件交渉を行ってくれる
・転職サイトと比べると応募可能な求人数が少ない場合がある
※複数の転職エージェントを併用することで解決可能
転職活動における応募方法の種類とそれぞれのメリット・デメリット

参考:
転職エージェントは使うなと言われる理由・デメリットを解説

転職エージェントは時に「使うな」と言われる場合があります。

転職エージェントを活用した場合のデメリット
  • 担当者の利益のために悪質な求人を紹介されたり、転職を急かされる可能性がある
  • 自分のペースで転職活動を進めづらい
  • 自分に合った転職エージェントを探すのが難しい
  • 担当者との相性によって転職支援の質が大きく変わる
  • 知見がないキャリアアドバイザーも存在する

「転職エージェントは使うな」と言われる理由や転職エージェントを活用した場合のデメリットとしては下記の様なものが挙げられます。下記の記事で別途解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地150-0002
東京都渋谷区渋谷2-19-15 宮益坂ビルディング609
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年4月時点)
目次