【平均775万円】トヨタ車体の年収を徹底解説

トヨタ車体の年収を徹底解説

トヨタグループの車体製造企業であるトヨタ車体。本記事では就職・転職人気の高いトヨタ車体の年収について徹底解説します。

本記事のポイント

下記は本記事の要約です。詳しく知りたい方は是非最後までお読みください。

トヨタ車体の平均年収は?

東洋経済社の就職四季報によれば、トヨタ車体の平均年収は775万円(平均年齢: 43.9歳)となっています。

トヨタ車体の役職別年収は?

トヨタ車体では「担当職」「指導職」「主任」「基幹職」「幹部職」という順番で昇進していきます。トヨタ車体の役職別年収は下記の通りです。

役職年次年収
担当職1-4年目400-600万円
指導職5-9年目600-850万円
主任10-16年目900-1,000万円
基幹職17年目以降1,000-1,200万円
幹部職評価次第1,300-1,400万円
トヨタ車体における役職と年収イメージ
中途でトヨタ車体に転職した場合の年収は?

中途でトヨタ車体に転職したいと思っている場合、「自分の年収がどれくらいになるか」というのは誰しもが気になることだと思います。

実は新卒で入社したときの年収と中途で転職した場合の年収は大きく異なるケースが少なくありません。

中途で入社した場合の具体的な年収を知るためには、転職サイトに掲載されている実際の求人を見ることが最も確実です。口コミサイトやSNSよりも最新かつ正確な情報を知ることができます。

特に人気なのはCMでも有名な転職サイト『ビズリーチ』です。一般的な転職サイトではめったに見つからないような人気企業の高年収求人や好条件の非公開求人が多数掲載されています。

【公式HP】https://bizreach.jp

※2023年12月現在、新規登録すると95,130 件の求人が無料で閲覧可能

ビズリーチに関する豆知識

ビズリーチは定期的にログインし続けているとアカウントの評価が高まり、人気企業の非公開求人が優先的に案内されやすくなります。転職活動を始める前から無料アカウントを作成して年に数回ログインしておくことで、将来的に転職活動を始める際に有利になるのでおすすめです。

【口コミ】ビズリーチの評判

中途でトヨタ車体に転職するには?

トヨタ車体は年収の高さや成長機会の豊富さ、その後のキャリアパスの広がりなどから転職市場で非常に高い人気があります。

一方で、近年では中途採用を積極的に行っており、20代や第二新卒での転職実績も出ているため、正しい選考対策を行うことで十分転職可能だと言えます。

正しい選考対策の方法が分からない場合や、キャリアアップしたいけど何から始めていいか分からない場合は、転職のプロである転職エージェントに一度相談してみましょう。

転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

20代・30代向けの高年収求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

【公式】https://assign-inc.com

事前準備不要のオンライン面談を提供中

【2023年12月】限定特典あり

2023年12月中に登録すると、転職活動の進め方や注意点をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取ることができます。

登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会できるため、是非チェックしてみてください。

\ 「高年収業界・人気企業への転職に強い」 /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2023年12月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)
20代後半・30代向けのおすすめ転職サービス
ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでも有名なハイクラス転職サイト。

匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp
doda
(デューダ)
2023年オリコン満足度ランキングで1位に選ばれた人気の転職サービス。

全国各地の求人をカバーした国内最大級のデータベースにアクセスでき、「週休3日」「女性活躍」などこだわり条件で理想の仕事が見つかる。

【公式】https://doda.jp
ASSIGN
(アサイン)
20代・30代のハイクラス転職に特化した大手転職エージェント。

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選
目次

トヨタ車体はどんな会社?

トヨタ車体はトヨタグループのミニバン・商用車・SUVの領域で完成車両メーカーです。

ノア・ヴォクシー・アルファード・ランドクルーザー・ハイエース等、街で人気の車種に加えて、それらのハイブリッド車の企画・開発から生産まで担っています。トヨタ車体が生み出す車体は、国内自動車販売ランキングで毎年上位にランクインする車種だけでなく、国内トップクラスのシェアを獲得する“福祉車両”も開発・生産するなど多岐に渡ります。

本社は愛知県刈谷市にあります。

会社名トヨタ車体株式会社
英語名TOYOTA AUTO BODY CO.,LTD.
資本金103.7億円
本社所在地愛知県刈谷市一里山町金山100番地
トヨタ車体株式会社の企業概要

トヨタ車体の平均年収は775万円(平均年齢: 43.9歳)

東洋経済社の就職四季報によれば、トヨタ車体の平均年収は775万円(平均年齢: 43.9歳)となっています。

国税庁が開示している日本人の平均年収が461万円であることから、トヨタ車体の平均年収は日本人全体の平均よりも有意に高いと言えます。

dodaが公表している業種別平均年収ランキングによると、メーカーの平均年収は453万円となっており、トヨタ車体の平均年収はメーカー全体の平均年収よりも高い水準になっています。

トヨタ車体の平均手取りはいくら?

国税庁・日本年金機構・全国健康保険協会の公式情報をもとに試算すると、トヨタ車体の平均と同じく44歳で年収775万円の場合、年間の手取り額は約569万円ひと月あたりの手取り額は約47万円となります。

なお、実際の手取りは年収に占めるボーナスの割合や家族構成等によって変動する可能性があります。詳しく知りたい方は手取り計算ツールをご覧ください。

▼ 条件を指定して手取り額を計算できます
項目 年収 月収
額面収入
所得税
住民税
健康保険
厚生年金
雇用保険
介護保険
手取り

国税庁日本年金機構全国健康保険協会の最新情報をもとに試算(詳細: 手取り計算ツール

トヨタ車体の転職難易度は?

トヨタ車体は年収の高さや成長機会の豊富さ、その後のキャリアパスの広がりなどから転職市場で非常に高い人気があります。

一方で、近年では中途採用を積極的に行っており、20代や第二新卒での転職実績も出ているため、正しい選考対策を行うことで十分転職可能だと言えます。

特に20代・30代は転職市場における価値が非常に高いため、高年収で知られる大企業・有名企業からもポテンシャルを期待して内定をもらいやすい傾向にあります。

「歳をとって市場価値が下がってしまう前に転職に挑戦してみたい」という方は、『マイナビエージェント』をチェックしてみてください。

マイナビエージェントは利用者の年収アップ率が61.1%と非常に高く、2023年のオリコン満足度ランキングで総合1位に選ばれた人気の転職サービスです。

誰もが知る大企業から地方の優良企業まで幅広い求人を扱っており、マイナビエージェントでしか扱いのない好条件の非公開求人が多いことも特徴です。

マイナビエージェントの求人企業(例)

■ 日系大手・ホワイト高年収企業

キーエンス / 丸紅 / SONY / NTTデータ / 野村総合研究所 / アビームコンサルティング / サイバーエージェント / エムスリー / 野村證券

■ 外資系・グローバル企業

アクセンチュア / PwC / アマゾンジャパン / デロイトトーマツコンサルティング / SAMSUNG / ボッシュ

マイナビエージェントはすべての機能を無料で利用することができ、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。

登録は2~3分で完了するため、キャリアアップに興味のある方は是非チェックしてみてください。

【公式HP】https://mynavi-agent.jp

\ 高年収業界・人気企業への転職に強い /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2023年12月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)

ビズリーチ

登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者・高年収求人を扱う全国のヘッドハンターからスカウトが届き、自分のリアルな市場価値・転職可能性が分かる

【公式】https://bizreach.jp


マイナビエージェント

2023年のオリコン満足度ランキングで総合1位に選ばれた国内最大級の転職エージェント。マイナビエージェントでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp


ASSIGN(アサイン)

20代・30代のハイクラス転職に特化した大手転職エージェント。サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com

【参考】トヨタ車体の年収偏差値は?


年収偏差値について詳しく知りたい方は以下の年収偏差値計算ツールをご利用ください。年齢と年収を入力すると年収偏差値を試算することができます。


▼ 条件を指定して年収偏差値を計算できます
年収偏差値計算ツール
偏差値
男性の中での偏差値
女性の中での偏差値
大卒の中での偏差値
大企業の中での偏差値

厚生労働省『賃金構造基本統計調査』の最新情報をもとに試算

トヨタ車体の年収は低い?
自動車部品メーカーの年収ランキングから見るトヨタ車体の年収

同じく自動車部品メーカーとの比較は以下の表の通りです。その他自動車部品よりも高い水準となっています。

企業平均年収出所
豊田自動織機793万円23年3月期決算
トヨタ車体775万円就職四季報
日本精工719万円23年3月期決算
ジェイテクト708万円23年3月期決算
トヨタ紡織701万円23年3月期決算
アイシン688万円23年3月期決算
古河電工685万円23年3月期決算
豊田合成659万円23年3月期決算
スタンレー電気598万円23年3月期決算
大手自動車部品メーカーの平均年収の比較

トヨタ車体の総合職における役職一覧と年収 (課長・部長クラスまで)

トヨタ車体の年収は一般的な年収体系となっており、基本給と残業代、賞与で構成されます。賞与は年に2回の支給となっています。

トヨタ車体の年収= 基本給 + 残業代 + 賞与(年2回)

トヨタ車体では「担当職」「指導職」「主任」「基幹職」「幹部職」という順番で昇進していきます。トヨタ車体の役職別年収は下記の通りです。

役職年次年収
担当職1-4年目400-600万円
指導職5-9年目600-850万円
主任10-16年目900-1,000万円
基幹職17年目以降1,000-1,200万円
幹部職評価次第1,300-1,400万円
トヨタ車体における役職と年収イメージ

トヨタ車体においてボーナスは年に2回支給されます。期初に立てた目標の達成度合いを半期毎に上長と確認するという目標管理制度を採用しており、それを基準に業績評価と能力評価の2軸で評価が決まります。

5段階での評価となりますが、ほとんどは中程度の評価に落ち着いており、年功序列の色合いが強くなっている模様です。

トヨタ車体における高卒と大卒の年収は異なる?

高卒の場合、大卒と比べて3-4年程度遅れての昇進スピードとなるうえ、管理職となれる社員数も大卒と比べて少なくなる傾向にあるため、全体的な年収は下方に押し下げられますが、高卒であっても能力次第では昇進が可能です。

トヨタ車体における新卒の年収・初任給は?(高卒・大卒・院卒別)

トヨタ車体の初任給は下記の通りです。下記に対して残業代・賞与が別途支給されます。

学歴分類月給
院卒230,000円
学部卒208,000円
高専卒182,000円
トヨタ車体の初任給

中途でトヨタ車体に転職した場合の年収は?

中途でトヨタ車体に転職したいと思っている場合、「自分の年収がどれくらいになるか」というのは誰しもが気になることだと思います。

実は新卒で入社したときの年収と中途で転職した場合の年収は大きく異なるケースが少なくありません。

中途で入社した場合の具体的な年収を知るためには、転職サイトに掲載されている実際の求人を見ることが最も確実です。口コミサイトやSNSよりも最新かつ正確な情報を知ることができます。

特に人気なのはCMでも有名な転職サイト『ビズリーチ』です。一般的な転職サイトではめったに見つからないような人気企業の高年収求人や好条件の非公開求人が多数掲載されています。

【公式HP】https://bizreach.jp

※2023年12月現在、新規登録すると95,130 件の求人が無料で閲覧可能

ビズリーチに関する豆知識

ビズリーチは定期的にログインし続けているとアカウントの評価が高まり、人気企業の非公開求人が優先的に案内されやすくなります。転職活動を始める前から無料アカウントを作成して年に数回ログインしておくことで、将来的に転職活動を始める際に有利になるのでおすすめです。

【口コミ】ビズリーチの評判

\ 高年収業界・人気企業への転職に強い /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)
おすすめ転職サービス(総合ランキング)
ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。

匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者・高年収求人を扱う全国のヘッドハンターからスカウトが届き、自分のリアルな市場価値・転職可能性が分かる

【公式】https://bizreach.jp

【口コミ】ビズリーチの評判
doda
(デューダ)
オリコン満足度ランキングで20代向け1位に選ばれた転職サイト。

国内最大級の求人データベースを利用して気になる企業のリアルな年収や選考フローが分かるほか、実際に選考を受ける前に自分の合格可能性を診断することができる。

【公式】https://doda.jp

【口コミ】dodaの評判
ASSIGN
(アサイン)
20代・30代のハイクラス転職に特化した大手転職エージェント。

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

トヨタ車体の福利厚生

公式によればトヨタ車体の福利厚生は下記の通りです。

有給休暇カットゼロ活動トヨタ車体は有給休暇の取得を奨励しており、休みやすい風土が整っています。全社員が計画的に有給休暇を取得しているため、1994年から連続で全有給消化を達成中です。
フレックスタイム制始業時間と終業時間をフレキシブルに選択できる制度です。始業時間は6~15時の間、終業は10~21時の間で、勤務時間は1日2時間以上から選択可能。
テレワーク多様な働き方・ニーズに応えることと、生産性の高い働き方を実践するために、テレワークを導入しています。
カフェテリアプラン会社が福利厚生費用の一部を負担してくれる制度です。1年に1度付与されるポイントを使って、複数のメニューの中から好きなものを選んで補助を受けることができます。
ライフイベントと仕事の両立支援産前産後休暇・育児休職、保育費用補助、短時間勤務、託児所、カムバック入社、トヨタホーム紹介制度、融資
その他の福利厚生工場食堂、独身寮、保険、資産形成、保養所、永年勤続旅行、文体・体育施設、健康づくりフロア
トヨタ車体の福利厚生(出所 公式

トヨタ車体は激務でやばい?最悪?

トヨタ車体は激務だという噂があります。リクナビによると月間残業時間は24.7時間となっています。給与水準も加味すると、それほど長い水準ではないことがわかります。

なお、給料が高く残業時間が短いホワイト企業について詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

中途でトヨタ車体に転職するために

トヨタ車体は転職市場で非常に人気の高い会社ですが、未経験であっても前職での実績次第で十分に転職できる可能性があります。

未経験であってもトヨタ車体に転職するためには、人気企業をよく知る転職エージェントからサポートを受けるのがベストです。

転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

20代・30代向けの高年収求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

【公式】https://assign-inc.com

2023年12月現在、事前準備不要のオンライン面談を提供中

【2023年12月】限定特典あり

2023年12月現在、登録すると転職活動の進め方や注意点をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取ることができます。

登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会できるので、是非チェックしてみてください。

トヨタ車体の出身大学を紹介 就職難易度は高い?エリート?

トヨタ車体の出身大学は下記の通りです。幅広い大学から採用を行っていることが分かります。

トヨタ車体の採用実績大学(出所: マイナビ

<大学院>
愛知県立大学、秋田県立大学、大阪大学、大阪市立大学、大阪府立大学、岡山県立大学、金沢大学、関西大学、関西学院大学、九州大学、九州工業大学、京都大学、岐阜大学、熊本大学、高知工科大学、埼玉大学、滋賀県立大学、静岡大学、静岡県立大学、信州大学、上智大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、東京大学、東京理科大学、東北大学、豊田工業大学、豊橋創造大学、同志社大学、名古屋大学、名古屋工業大学、南山大学、日本大学、一橋大学、広島大学、福井大学、法政大学、三重大学、明治大学、名城大学、山口大学、横浜国立大学、立教大学、立命館大学、和歌山大学、早稲田大学
<大学>
愛知教育大学、愛知県立大学、青山学院大学、秋田県立大学、大阪大学、大阪市立大学、大阪府立大学、岡山大学、金沢大学、関西大学、関西学院大学、九州大学、九州工業大学、京都大学、岐阜大学、神戸大学、埼玉大学、静岡大学、静岡県立大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、東京大学、東京工業大学、東京理科大学、東北大学、富山大学、豊橋技術科学大学、同志社大学、長崎大学、名古屋大学、名古屋工業大学、名古屋市立大学、南山大学、日本大学、一橋大学、広島大学、福井大学、三重大学、明治大学、名城大学、山口大学、山梨大学、横浜国立大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学

人気企業の年収
キーエンスの年収リクルートの年収NTTデータの年収
電通の年収博報堂の年収大塚商会の年収
富士通の年収NECの年収SCSKの年収
サントリーの年収任天堂の年収凸版印刷の年収
ヤフーの年収楽天の年収サイバーエージェントの年収
レバレジーズの年収セールスフォースの年収ゴールドマンサックスの年収
コンサル・M&A業界の年収
マッキンゼーの年収BCGの年収アクセンチュアの年収
ベイカレントの年収アビームの年収PwCの年収
野村総合研究所の年収デロイトトーマツの年収KPMGの年収
日本M&Aセンターの年収M&Aキャピタルパートナーズの年収M&A総合研究所の年収
総合商社の年収
三菱商事の年収三井物産の年収伊藤忠商事の年収
丸紅の年収住友商事の年収双日の年収
大手メーカーの年収
トヨタの年収ソニーの年収日立製作所の年収
村田製作所の年収パナソニックの年収東京エレクトロンの年収
デンソーの年収ファナックの年収富士フイルムの年収
凸版印刷の年収大日本印刷の年収キオクシアの年収
三菱重工の年収川崎重工の年収IHIの年収
転職サイト・転職エージェント
ビズリーチの評判dodaの評判リクルートエージェントの評判
マイナビエージェントの評判ハタラクティブの評判キャリアスタートの評判
JACリクルートメントの評判ミイダスの評判パソナキャリアの評判

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つ株式会社Prime Partnerが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業と特定募集情報等提供事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

会社名株式会社Prime Partner(Prime Partner Inc.)
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地150-0002
東京都渋谷区渋谷2-19-15 宮益坂ビルディング609
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
株式会社Prime Partnerの会社概要(2023年12月時点)

また、転職・キャリア・年収に関する正確な情報を発信するために以下の公的機関等による情報を参考にしています。

厚生労働省一般社団法人 日本人材事業協会公益社団法人 全国民営職業紹介事業協会一般社団法人 人材サービス産業協議会独立行政法人 労働政策研究・研修機構一般社団法人 日本人材派遣協会ハローワーク全国求人情報協会全国健康保険協会国税庁日本年金機構

目次