アクセンチュアに転職するには?中途面接・通過率・選考フローを解説

アクセンチュアに転職するには?中途面接・通過率・選考フローを解説

アクセンチュアは就活生や転職者から人気の外資系コンサルティング会社で、積極的に中途採用も行っています。

アクセンチュアは「誰でも入れる」と噂されることもありますが、全くそんなことはなく、中途選考のハードルが非常に高いという特徴もあります。実際のアクセンチュアの社員の口コミをもとに、中途選考・面接の選考フローや聞かれること、対策について徹底解説します。

本記事のポイント

下記は本記事の要約です。詳しく知りたい方は是非最後までお読みください。

アクセンチュアの中途選考フローは?

アクセンチュアの中途選考におけるフローは基本的に下記の通りとなっています。書類選考を経て、複数回面接を行い最終的に内定に至るというフローが基本です。人事担当者ではなく現役のコンサルタントが面接官となるのが一般的です。

アクセンチュアの中途選考フロー
  • 書類選考
  • 一次面接
  • 二次面接
  • (場合によっては3次面接も)
  • オファー面談(内定)

中途選考のフローとしては概ね1か月程度が一般的となっています。それぞれのプロセスについて端的にご紹介します。

アクセンチュアへ転職するためにやるべきことは?

アクセンチュアへ転職するためにやるべきこととしては、下記の3つが挙げられます。

アクセンチュアへ転職するためにやるべきこと
  • 自己分析を行う
  • 企業研究を行う
  • 転職エージェントを活用する

転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

20代・30代向けの高年収求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

【公式】https://assign-inc.com

2024年6月現在、事前準備不要のオンライン面談を提供中

【2024年6月】限定特典あり

2024年6月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。

未経験からコンサル業界への転職に強い
おすすめ転職エージェント

50社以上の転職サイト・転職エージェントを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできるサービスを厳選しました。コンサル転職に興味のある方は是非参考にしてみてください。

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)
コンサル転職に強い転職サービス3選
ビズリーチ匿名で経歴を登録するだけで高年収のスカウトが届くハイクラス転職サイト。

一般的な転職サイトでは見つからない外資系コンサル・戦略コンサルの求人が多数掲載されているため、情報収集から始めたい人にもおすすめ。

【公式】https://bizreach.jp
ASSIGN
(アサイン)
20代・30代のハイクラス転職に特化した大手エージェントで特に未経験からのコンサル転職に強い

ケース面接対策などサポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を獲得。

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年6月に登録した方全員に、選考対策情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント
マイナビAGENT日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp
コンサル転職におすすめの転職サービス
目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

アクセンチュアの中途選考フロー

アクセンチュアの中途選考におけるフローは基本的に下記の通りとなっています。書類選考を経て、複数回面接を行い最終的に内定に至るというフローが基本です。人事担当者ではなく現役のコンサルタントが面接官となるのが一般的です。

アクセンチュアの中途選考フロー
  • 書類選考
  • 一次面接
  • 二次面接
  • (場合によっては3次面接も)
  • オファー面談(内定)

中途選考のフローとしては概ね1か月程度が一般的となっています。それぞれのプロセスについて端的にご紹介します。

アクセンチュアの書類選考

書類選考では自分の職務履歴書を提出することとなります。自分の職務履歴書においては、自分の名前や職歴・成し遂げた実績や自己PRといった項目を記載する必要があります。

具体的な記載項目としては下記の様なものがあります。各項目に関する書き方については後述しているので、詳しく知りたい方は是非ご覧ください。

アクセンチュアの書類選考における記載内容
  • 職歴
  • 学歴
  • 職務要約
  • 現職における実績
  • 自分の強み・PR

書類選考に関しては、実質的には足切りのような意味合いとなっていますが、書類選考に時間をかけすぎる必要はなく、自身の経歴やそれに裏付けされたスキルに関する説明ができれば十分です。

経歴レベルでアクセンチュアが求める基準に達している限り、基本的には書類選考は通過できるでしょう。

転職活動において職務経歴書などの書類選考は非常に重要です。採用担当者は日々大量の書類に目を通しているため、他の候補者より書類の内容が薄かったり形式が整っていないだけで「熱意が足りない」「社会人としての基礎能力が低い」と判断されてしまいます。

また、職務経歴書は書類選考後の面接においても毎回チェックされるため、面接の通過確率を上げるためにも、内容や体裁にはこだわることを強くおすすめします。

職務経歴書の書き方には一定の「お作法」が存在するため、自己流で作成することは危険です。少しでも不安な人は、大手転職サイト『ビズリーチ』が提供している職務経歴書自動生成機能を利用してみてください。

ガイドに沿って入力するだけで誰でも簡単にプロのような職務経歴書を作成することができる人気機能で、書類選考や面接の通過率が大幅に上昇します。

【公式】https://bizreach.jp

※2024年6月現在、新規会員登録すると無料で利用可能

アクセンチュアの一次面接・二次面接 結果はいつくる?

アクセンチュアの一次面接・二次面接では一般的な質問と、部門によってはケース面接が行われる場合があります。面接官は一次面接では現役のマネージャークラス、二次面接ではディレクタークラスとの面接です。

人事担当者ではなく、現役のコンサルタントが面接官であるというのがアクセンチュアにおける面接の特徴です。場合によっては複数人と面接を行うということもあります。

面接の形式
  • 面接官:
    • 一次面接: 現役のマネージャークラス(~2人)
    • 二次面接: 現役のディレクタークラス(~2人)
    • 三次面接: 戦略コンサルティング部門の場合のみ三次面接まで行われることがある
  • 所要時間: 各1時間程度
  • 内容: 通常面接・ケース面接
    • 戦略コンサルティング部門では、ケース面接が中心となる

面接の進め方は人によって様々です。アクセンチュアを実際に受けた人の話を総合すると、下記の様なパターンがあるとわかりました。

面接の進め方のパターン
  • 30分雑談→30分面接
  • 30分アクセンチュアの紹介→30分面接
  • 30分面接、もう30分は同席しているもう1人との面接
  • 30分面接→30分逆質問
  • 30分面接→30分ケース面接

面接の進め方は、アクセンチュア社内で決まったルールがあるわけではなく、上記で挙げたものであっても全ての面接パターンを網羅できているわけではありません。

部署によっても進め方は若干異なってきます。(例えば戦略コンサルティング部門であればケース面接が中心となる等)

面接官によって面接の進め方は大きく異なってくるので、面接の形式を事前に完璧に把握するのは不可能です。だからこそ、ある程度の準備をしておいて後は柔軟に面接で対応するということが大事になってきます。

アクセンチュアの面接における結果通知は、一般的に1週間程度となることが多い模様です。

オファー面談(内定)

ディレクタークラスとの二次面接を通過した場合、多くのケースでは内定となり、最終面接はオファー面談となります。オファー面談は人事担当者との面談となり、下記の様な点を話し合うことになります。

オファー面談で話す内容
  • 一次面接・二次面接のフィードバック
  • 配属先
  • 入社時期
  • 入社年次
  • 年収
  • 入社までの手続き内容

年収や入社時期といった具体的な雇用要件を話す機会なので、この段階では内定が決まっていることからも自分の希望や状況については正直に伝えるようにしましょう。

また、他社の選考状況について聞かれるケースもありますが、他社から内定をもらっている旨を伝える方がベターです。

アクセンチュアしか内定をもらっていない場合、交渉材料がなく年収等のアップサイドがなくなる可能性があります。

もちろん、交渉しても年収は上がらない可能性はありますが、少しでも好条件を引き出すために交渉のカードとして他社の内定を伝えることをおすすめします。

また、こうした交渉を自分で行うのが苦手な場合は、転職エージェントに交渉をお願いするのも手です。

転職エージェントに最初から支援をお願いしていれば、転職時の条件交渉まで代行してくれるので、将来的に良い条件を引き出して入社するためにも、コンサル転職に特化した転職エージェントに支援をお願いすることを強くおすすめします。

大手のエージェントではなく、コンサルへの転職に特化したエージェントに話を聞くべき理由

コンサルへの転職にあたって、コンサルへの転職に特化しているわけではない大手エージェントをおすすめしている記事がネット上にありますが、コンサル転職に特化していないエージェントに話を聞くのはおすすめしません。

大手エージェントは幅広い業界をカバーしている分、コンサルに特別詳しいわけではありません。コンサルは選考内容を含めて特殊な業界なので、コンサルに特化しているエージェントの方が業界理解や選考対策ノウハウも豊富なので、コンサル転職に特化したエージェントを使うべきです。

アクセンチュアにおける中途面接で意識すべきこと・具体的な質問例

他の会社と同様、アクセンチュアにおいても中途選考で面接は非常に重要です。面接においては下記のような質問が問われます。

回答を事前に準備しておくべき質問(ケース面接以外)
  • 自己紹介・経歴
  • (未経験の場合)なぜコンサル業界に転職したいのか?
  • なぜアクセンチュアに転職したいのか?なぜ他の会社ではなくアクセンチュアなのか?
  • アクセンチュアに転職して何をしたいのか?
  • アクセンチュアに入った後はどうするか?アクセンチュアに残るのか、ステップアップ前提か?
  • なぜ前職を辞めたいのか?
  • 前職で出した成果と成果を出せた要因は?
  • これまでに経験した困難とそれをどのように乗り越えたか?
  • リーダー経験の有無は?
  • 自分の強みとそれを裏付ける(主に前職での)経験は?
  • 自分の弱みとそれを裏付ける(主に前職での)経験は?
  • 興味がある業界は?また、コンサルでは様々なプロジェクトにアサインされるため、必ずしも自分が興味のある業界のプロジェクトにアサインされるとは限らないが、大丈夫か
  • 新卒で選んだ業界の理由は?その時点ではどのようなキャリアパスを描いていたか?
  • 英語力は?
  • アクセンチュア以外の会社も受けているか?
  • 前職の年収水準と希望年収水準は?

少なくとも上記のような一般的な質問に対する回答は事前に準備し、模擬面接で自分の意見を言えるようにきちんと練習しておきましょう。

アクセンチュアで求める人材像のようなビジョンこそありますが、面接官は候補者がそうしたビジョンに合っているか、厳密に1点1点確認しているわけではありません。

どちらかというと、上記のような質問に納得感のある回答をできるか、ロジックがきちんと通っているか、自分の経験を踏まえたものになっているか、回答の芯がぶれていないか、面接に回答する際の態度は堂々としているか(=おどおどしていないか)ということの方がよほど重要です。

自分の性格をビジョンに適応する形で変えることは難しいですが、面接において上記を満たすような回答をするのは練習次第で可能です。

①自分で想定質疑応答集を書き起こし回答を作成、②それを模擬面接で声に出して話せるようにする というフローで練習をすることがとても大事です。①のように想定質問への回答だけ作成したとしても、実際にそれをアウトプットできないと意味がないためです。

模擬面接の相手としては転職エージェントを活用することを強くおすすめします。転職エージェントは面接においてきちんと面接官に刺さる回答例を理解しているだけではなく、模擬面接の相手もしてくれます。

転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

20代・30代向けの高年収求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

【公式】https://assign-inc.com

2024年6月現在、事前準備不要のオンライン面談を提供中

【2024年6月】限定特典あり

2024年6月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。

アクセンチュアにケース面接はないって本当?

アクセンチュアにはケース面接がないという噂がありますが、これに関しては「半分正しく半分間違い」というのが実態です。

アクセンチュアの中途選考では、部門によって質問内容が異なってきますが、「テクノロジー」や「インタラクティブ」といった部署においてはケース面接が課されません。

アクセンチュアでケース面接が課される部門と課されない部門
  • ケース面接が課される部門
    • ビジネスコンサルティング部門
    • 戦略コンサルティング部門
  • ケース面接が課されない部門
    • テクノロジー部門: IT・エンジニアリング関連事業
    • ソング(旧インタラクティブ)部門: デジタルマーケティング関連事業

逆に、戦略コンサルティング部門やビジネスコンサルティング部門はケース面接が課されることが多い模様です。特に、ビジネスコンサルティング部門よりも戦略コンサルティング部門の方がケース面接は多い傾向にあります。

アクセンチュアのポジションによってケース面接の有無は異なってきます。自分が行きたい部署においてケース面接が課されるか否かを確認するためには、アクセンチュアのことをよく知る転職エージェントに聞くのが最も正確です。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職エージェント診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで自分にあった転職エージェントが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

アクセンチュアにおける中途面接で聞かれるケース面接

アクセンチュアでは一部の部門においてフェルミ推定・ケース面接が問われることもあります。アクセンチュアで実際に出題されるケース面接・フェルミ推定の一例は下記の様なものがあります。

アクセンチュアで実際に聞かれるフェルミ推定・ケース面接の出題例
  • 全国の本屋の市場規模は?
  • TOHOシネマズの売上を1年で1.5倍にする方法は?
  • コーヒー屋のオーナーだとして、全国展開するのに考えるべき施策は?
  • 新聞社の売上向上施策(新聞に限らず会社全体として)
  • 後継者のいない中堅メーカーの社長だとして、どのような施策を考えるか
  • YouTuberになって、登録者10万人を達成するうえで最も狙い目のジャンルはなにか
  • ChatGPTの普及によってどのような事業が新たに成長する可能性がある?

フェルミ推定・ケース面接に対する考え方については下記の記事で解説しているので詳しく知りたい方は是非ご覧ください。

アクセンチュアの中途における書類選考・一次面接・二次面接の通過率は?

アクセンチュアにおける書類選考・一次面接・二次面接の通過率は、残念ながら一般的に公開されていません。しかしながら、タレントスクエアがアクセンチュアの社員に実施したインタビューによれば、通過率は体感として下記の通りとなっている模様です。

アクセンチュアの中途における書類選考・一次面接・二次面接の通過率
  • 書類選考: 60%が通過(100人が選考を受けたとして60人が通過)
  • 一次面接: 20-30%が通過(60人が一次面接を受けたとして12-18人程度が通過)
  • 二次(最終)面接: 50%が通過(12-18人が二次面接を受けたとして6-9人程度が通過)

100人が書類選考に申し込んだ場合、6-9人程度が通過する模様なので、アクセンチュアにおける選考の通過率は一桁台後半と推定されます。

アクセンチュアへ転職するためにやるべきこと

アクセンチュアへ転職するためにやるべきこととしては、下記の3つが挙げられます。

アクセンチュアへ転職するためにやるべきこと
  • 自己分析を行う
  • 企業研究を行う
  • 転職エージェントを活用する

アクセンチュアへ転職するためにやるべきこと①
自己分析を行う

アクセンチュアへ転職するためには、まず自己分析をしっかりと行うことが重要となってきます。具体的には、下記の様なことに対して自分なりの答えをしっかりと導き出しておくと良いでしょう。

事前に準備しておくべき質問リスト
  • なぜアクセンチュアに入りたいのか
  • 自分にはどのような強みがあり、どのようにアクセンチュアで活かせるか
  • 自分にはどのような弱みがあり、それを克服できるか
  • アクセンチュアに転職して何をしたいのか?
  • 今後どのようなキャリアプランを歩んでいきたいか

新卒における就職活動でも同様ですが、中途の場合は前職での経験が重要となってきます。自身が経験したことと絡めて、なぜアクセンチュアが自分を採用したほうが良いか、説得力のある説明ができるようにしておきましょう。自分の強みがアクセンチュアの行動指針や規範に当てはまっているかについて、しっかりと考えることをおすすめします。

アクセンチュアへ転職するためにやるべきこと②
企業研究を行う

アクセンチュアへ転職するためには、企業研究も重要となってきます。

アクセンチュアがどのような会社で、どのような点に強みがあり、自分がどのように貢献できるかを説明できるようにしておきましょう。

アクセンチュアに関する理解度は面接に通ることができるかに直結するため、しっかりとアクセンチュアに関して勉強しておきましょう。

アクセンチュアへの転職を成功させるためには、転職エージェントの活用がおすすめ

アクセンチュアへ転職するためには、転職エージェントを活用することも重要です。書類選考においては書類添削、面接においては模擬面接、更に内定後の条件交渉まで、転職エージェントは首尾一貫して求職者のサポートをしてくれます。

転職エージェントによるサポート例
  • 自己分析のサポート
  • 企業の採用に関する情報提供
  • 選考書類の添削
  • 模擬面接
  • 採用後の条件交渉

書類選考や面接においては、第三者による添削や練習・フィードバックがあることによって圧倒的に合格率を改善することができます。

選考対策だけでなく、転職エージェントは面接官に関する情報や、どのような質問が実際に面接で行われたか、どの部門での採用が積極的かなど、外部からは正確に分からない情報についても豊富に持っています。

【厳選】アクセンチュアへの転職におすすめの転職サイト・転職エージェント

アクセンチュアへの転職に興味がある方のために、おすすめの転職サイト・転職エージェントを厳選して紹介します。

アクセンチュアへの転職におすすめの転職サイト
ビズリーチ

【公式HP】https://bizreach.jp

ビズリーチ』は、TVCMでも有名な国内最大級のスカウト型の転職サービスであり、おすすめの転職サイトです。

匿名で経歴を登録するだけで高年収のスカウトが届き、気になるスカウトに返信することで効率的に転職活動を進めることができます。

転職活動中の人はもちろん、直近の転職予定がなくても将来的に転職を考えている人も含めて200万人以上のユーザーが利用しています。

人気企業・難関企業の採用担当者や高年収求人を扱う質の高いヘッドハンターからスカウトを受け取ったり、ビズリーチ限定で公開されている好待遇な求人の詳細を確認することができます。

会員登録したからと言って面談を要求されたり、電話がかかってくることは一切ないため、まずは情報収集から始めたい人も安心して利用できます。

サービス名 ビズリーチ
公式ページ https://bizreach.jp
サービス分類 ・転職サイト
・スカウトサービス
特徴 ・年収1000万円以上の求人が多数
・200万人以上が利用する国内最大級の転職サイト
運営会社 株式会社ビズリーチ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-302647
転職サイト「ビズリーチ」の概要

アクセンチュアへの転職におすすめの転職エージェント
ASSIGN(アサイン) | 若手ハイエンド特化型転職エージェント

【公式HP】https://assign-inc.com

ASSIGN(アサイン)』は、若手ハイキャリアに特化した転職エージェントです。コンサル・IT・金融などの業界への転職支援に強みがあります。

面接対策や業界研究など転職サポートの丁寧さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞しています。

ASSIGN(アサイン)のメリット・良い評判
  • 高年収を目指す20代・30代のための魅力的な求人が多い
  • 中長期的で真摯かつ丁寧なキャリアサポートを受けることができる
  • 業界に理解が深く質の高いエージェントが在籍

未経験でも挑戦できる独自の高年収求人を多数扱っていることに加え、面談後に一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

今すぐ転職予定のない方や若手の方でも無料で面談やサポートを受けることができるため、高年収な業界への転職を将来的に考えている方は、是非公式ページから無料面談を申し込んでみて下さい。

サービス名 ASSIGN(アサイン)
公式ページ https://assign-inc.com
サービス分類 ・転職エージェント
・特化型
特徴 若手ハイエンド専門の転職エージェント
運営会社 株式会社アサイン
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-308560
転職エージェント「ASSIGN(アサイン)」の概要

アクセンチュアへの転職におすすめの転職エージェント
マイナビエージェント | 好条件の非公開求人が多く、利用者の年収UP率61.1%

【公式HP】https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェント』は、大手人材会社のマイナビが運営するおすすめの転職エージェントです。

日本全国で幅広い業界・職種の転職を支援しており、国内最大級の利用者数を誇る人気の転職エージェントサービスです。

誰もが知る大企業から地方の隠れた優良企業まで幅広い求人を扱っており、マイナビエージェントでしか扱いのない好条件の非公開求人が多いことも特徴です。

マイナビエージェントの求人企業(例)

■ 日系大手・ホワイト高年収企業

キーエンス / SONY / NTTデータ / 野村総合研究所 / アビームコンサルティング / サイバーエージェント / エムスリー / 野村證券

■ 外資系・グローバル企業

アクセンチュア / PwC / アマゾンジャパン / デロイトトーマツコンサルティング / SAMSUNG / ボッシュ

マイナビエージェントはすべての機能が無料で利用でき、登録してみて自分に合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会できます。

サービス名 マイナビエージェント
公式ページ https://mynavi-agent.jp
サービス分類 ・転職エージェント
・総合型
対応地域 日本全国対応可能
運営会社 株式会社マイナビ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-080554
転職エージェント「マイナビエージェント」の概要

アクセンチュアへの転職におすすめの転職エージェント
キャリアスタート | 若手・未経験層に特化した実績豊富な転職エージェント

キャリアスタート

【公式HP】https://careerstart.co.jp

キャリアスタート』は、第二新卒・既卒・未経験の方向けに特化して転職支援を行っている転職エージェントです。

未経験の業界や職種への転職支援の実績が豊富で、実際の利用者からは「転職を通じて年収が上がった」「未経験でもIT業界への転職に成功できた」「短期間で内定が出た」などポジティブな声が多く聞こえます。

キャリアスタートのメリット・良い評判
  • 第二新卒や既卒、フリーターなど職歴の浅い20代に特化しており、利用者数も豊富
  • 年収が上がる求人が豊富
  • マンツーマン模擬面接や転職成功BOOKを通じて高い内定率を実現
  • 自己分析や適性検査を通じて、キャリアビジョンの設計をサポートしてくれる
  • 転職交流会や転居サポートといった独自のサポートを提供している

マンツーマン模擬面接や独自のノウハウをまとめた『転職成功BOOK』といった独自の選考対策を受けたい方にもおすすめです。

サービス名 キャリアスタート(CAREER START)
公式ページ https://careerstart.co.jp
サービス分類 ・転職エージェント
・特化型
特徴 20代の第二新卒・既卒・未経験専門の転職エージェント
登録者に『転職成功BOOK』を無料プレゼント中
料金 無料
運営会社 キャリアスタート株式会社
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-305582
参考ページ キャリアスタートの評判と口コミ
転職エージェント「キャリアスタート」の概要

アクセンチュアへの転職におすすめの転職サイト
タレントスクエア | 20代・30代に特化したスカウト型転職サイト

タレントスクエア

【公式HP】https://talentsquare.co.jp

タレントスクエア』は、キャリアアップを目指す20代・30代の方に特化したスカウト型の転職サイトです。

タレントスクエアでしか出会えない非公開求人が多く、無料で登録すると好条件のスカウトが届きます。月間利用者数は100万人を超え、地域や業種・職種を問わず利用可能です。

一般的な転職サイトでは、40代以降の経験豊富な即戦力人材に高年収のスカウトが集中してしまい、20代・30代の若手層には好条件のスカウトが届きづらいケースがあります。

タレントスクエア』は20代・30代に特化したサービスのため、経験や専門性よりもポテンシャルを評価してくれる優良求人が多いことが特徴です。

タレントスクエアがおすすめな人の特徴
  • 20代・30代のうちから高年収を目指したい方
  • スカウトを通じて自分の市場価値を知りたい方
  • 未経験の業種や職種にチャレンジしてみたい方

その他の転職エージェント・転職サイト: リクルートダイレクトの評判ミイダスの評判dodaの評判リクルートエージェントの評判リクナビNEXTの評判パソナキャリアの評判を解説

アクセンチュアへの転職に向いている人の特徴

本項目では、アクセンチュアへの転職に向いている人の特徴についてご説明します。

アクセンチュアへの転職に向いている人の特徴
  • キャリアパスを広げたい人
  • 優秀な人と一緒に働きたい人
  • 知的好奇心が旺盛な人
  • どこにでも通用するようなスキルを身につけたい人
  • 実力主義の世界に身を置いて成長したい人
  • (転職に向いている人) 年収を上げたい人

アクセンチュアへの転職に向いている人の特徴①:
キャリアパスを広げたい人

アクセンチュアへの転職に向いている人の特徴の1つ目が、キャリアパスを広げたい人です。

事業会社や金融機関と比べて、アクセンチュアはポストコンサルでのキャリアの選択肢が非常に豊富です。再度事業会社に戻って経営企画等の中核部署に転職することも、投資ファンドに行くことも、スタートアップに行くことも、起業・独立することもできます。

キャリアパスを広げたいという目標がある人にとって、アクセンチュアは良い転職先となるでしょう。

アクセンチュアへの転職に向いている人の特徴②:
優秀な人と一緒に働きたい人

アクセンチュアへの転職に向いている人の特徴の2つ目が、優秀な人と一緒に働きたい人です。

アクセンチュアは優秀な人が多く、時には劣等感を抱いたり、競争が激しかったりという厳しい側面があるのは事実ですが、論理的で優秀な人が多く一緒に働きやすいという特徴があります。若手であっても有益な発言は尊重して聞いてもらえる文化でもあり、理不尽な理由で働きづらいことはほとんどない、というのがアクセンチュアの良い点です。

また周囲の優秀な人と切磋琢磨して自身の成長につなげることもできます。また、優秀な人とのコネクションも自身にとって資産になるでしょう。優秀な人と一緒に働きたい人にとって、アクセンチュアはおすすめの転職先です。

アクセンチュアへの転職に向いている人の特徴③:
知的好奇心が旺盛な人

アクセンチュアへの転職に向いている人の特徴の3つ目が、知的好奇心が旺盛な人です。

アクセンチュアでは1プロジェクトごとに全く違う職種のクライアントを相手にすることも珍しくなく、各クライアントの事業に関して多くの情報をインプットする必要があります。日々異なる業界についてキャッチアップするのは大変な労力ですが、知的好奇心のある人であれば苦にならず、様々な情報を吸収できるでしょう。

コンサルタントが保有している知識量は非常に豊富です。こうした知識をベースにクライアントの解決策を提案するのがコンサルタントの仕事であり、日々情報をインプットできる知的好奇心があることはコンサルタントにとって大きな武器となるでしょう。

アクセンチュアへの転職に向いている人の特徴④:
どこにでも通用するようなスキルを身につけたい人

アクセンチュアへの転職に向いている人の特徴の4つ目が、どこにでも通用するようなスキルを身につけたい人です。

アクセンチュアでは論理的思考力からデータの分析方法、資料の作成方法、プレゼンテーション、顧客とのコミュニケーションまで幅広いスキルを身につけることができます。これらのスキルはコンサルだけでなく、他のどのような企業であっても重宝されるスキルです。

アクセンチュア出身者がどの業界にも多い理由はこうした普遍的な知識・ノウハウを身につけているからであり、そうした知識・ノウハウを学びたい人にとって、コンサルは良い転職先となるでしょう。

アクセンチュアへの転職に向いている人の特徴⑤:
実力主義の世界に身を置いて成長したい人

アクセンチュアへの転職に向いている・選考に受かりやすい人の特徴の5つ目が、実力主義の世界に身を置きたい人です。

アクセンチュアは実力主義の色合いが強く、同期間の評価の差によって明確に出世スピードが異なってくるのも特徴的です。

このような実力主義の世界では、個々人にかかるプレッシャーも大きなものになりがちですが、そうした実力主義の世界に身を置いて成長したい人にとって、アクセンチュアは良い転職先といえます。

アクセンチュアへの転職に向いている人の特徴⑥:
年収を上げたい人

アクセンチュアへの転職に向いている人の特徴の6つ目が、年収を上げたい人です。

アクセンチュアの役職ごとの年次と、基本給・残業代・ボーナスを総合した年収イメージは以下の通りです。5年目頃から1,000万円を超えるような高い年収水準を期待できる会社となっており、年収を上げたい人にとってアクセンチュアはおすすめの転職先となっています。

役職年収年次
アナリスト600~750万円1~3年目
コンサルタント800~1,200万円3~6年目
マネージャー1,100~1,700万円5~10年目
シニアマネージャー1,500~2,100万円10~15年目
マネージングディレクター2,400万円~15年目~
アクセンチュアの役職別年収テーブル

アクセンチュアの年収については下記の記事で解説しているので、詳しく知りたい方は是非ご覧ください。

アクセンチュアに転職すると、年収が上がるというだけでなく自分自身の市場価値も上がるというメリットがあります。

仮に転職後に合わないと感じても、アクセンチュアで数年間働いた経験があれば、転職市場における市場価値は非常に高くなります。転職活動における幅も広がるため、より高年収企業に転職したり、自分の好きな業界で仕事をすることなどもできるようになります。

転職を通じて年収を上げたい方は、経験や専門性よりもポテンシャルを評価してもらいやすい20代・30代のうちに転職することをおすすめします。

20代・30代に特化したスカウト型転職サイト『タレントスクエア』では、簡単な経歴と希望条件を登録するだけで、全国のヘッドハンターから好条件のスカウトオファーが届きます。

今すぐ転職予定のない方でも利用でき、スカウトを通じて自分のキャリアの可能性を知ることができます。詳細が気になる方は公式ページをチェックしてみてください。

アクセンチュアに転職すると後悔する可能性がある?

新卒就活や転職において高い人気を集めるアクセンチュアですが、中にはアクセンチュアに転職して後悔・失敗したという声もあります。例えば、以下のような点が後悔のポイントです。

アクセンチュアに転職して後悔する理由
  • プロジェクトが大規模すぎて手触り感がない
  • 入社後の社内異動は簡単ではない
  • プロジェクト次第では長時間労働が避けられない
  • 常駐先によって仕事内容や勤務地が大きく変わる
  • 中途で転職すると厳しい・ついていけない
  • 年収を下げたくない場合、転職先は意外と限られる

職種が多いアクセンチュアでは、自分が希望しないポジションや職種で入社してしまうとやり直しがきかず後悔に繋がるパターンが多い傾向にあります。ミスマッチを持って入社してしまい、異動をすることもできず、後悔し退職に繋がる人が一定数いるのも事実です。

しかしながら、アクセンチュアはミスマッチさえ起きなければとても働きやすい上に年収も高い会社です。ブランドネームも高く、アクセンチュアに入社した後は更なるキャリアアップも見込めます。

コンサル未経験者も多く在籍しており、転職先としておすすめできるコンサルなだけに、転職しても後悔しないように対策をすることが非常に重要です。

アクセンチュアに転職して後悔しないためにするべきこと

アクセンチュアに転職しても後悔しないために大事なことは、アクセンチュアへの転職を熟知したプロフェッショナルにアドバイスをお願いすることです。

先述した通り、後悔のほとんどは事前にきちんとアクセンチュアのことを理解できていなかったことで起こる認知ギャップが原因となる場合が多いです。

事前にアクセンチュアのことを正しく理解できていれば、自身にとって最適なポジションでの入社が可能となり、働きやすい環境で高年収も実現することができます。

アクセンチュアを理解するために、まずはアクセンチュアをはじめとしたコンサルへの転職に特化したプロフェッショナルである転職エージェントに話を聞いてみることを強くおすすめします。

総合型のエージェントではなく、コンサルへの転職に特化したエージェントに話を聞くべき理由

コンサルへの転職にあたり、コンサルへの転職に特化しているわけではない大手エージェントをおすすめしている記事がネット上にありますが、コンサル転職に特化していないエージェントに話を聞くのはおすすめしません。

大手エージェントは幅広い業界をカバーしている分、コンサルに特別詳しいわけではありません。コンサルは選考内容を含めて特殊な業界なので、コンサルに特化しているエージェントの方が業界理解や選考対策ノウハウも豊富なので、コンサル転職に特化したエージェントを使うべきです。

コンサル転職に強い転職エージェントについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

書類選考を通過できる職務経歴書の書き方

本項目ではアクセンチュアの書類選考を通過できるような職務経歴書の書き方についてご紹介します。まずそもそも、職務経歴書に盛り込むべき項目は下記の通りです。枚数としてはA4 1-2枚程度で問題ありません。

アクセンチュアの書類選考における記載内容
  • 基本情報(名前、生年月日、住所等)
  • 職歴
  • 学歴
  • 職務要約
  • 現職における実績
  • 自分の強み・PR

基本情報・職歴・学歴は自身の情報について簡単に説明すればよいので今回は詳述を割愛します。

職務要約

職務要約とは、上記のような職歴を簡単に要約することです。文字数としてはそれほど長い必要はなく、内容としては下記の様なイメージです。事実を羅列すれば良く、感想等は必要がありません。経歴を要約し端的に伝えることを意識しましょう。また、下記の様な文章は、面接における自己紹介のスクリプトにもなります。

職務要約の書き方例

○○大学○○学部を○○年○○月に卒業後、新卒で○○株式会社に入社。○○部署に配属され、○○の業務に従事。担当した案件は○○や○○等。
〇〇年後には○○部に異動し、○○の業務に従事。○○や○○等の案件を担当。

現職における実績

現職における実績では、①いつ、②何を行ったか、③自身はどのような役割を担っていたか、④結果としてどういう結果になったか、という伝え方をするとわかりやすいでしょう。ここでは主観に基づく感想などではなくあくまで事実を記載することが重要です。

現職における実績の書き方例
  • 期間: 20〇〇年○月-20〇〇年○月
  • 概要: ○○株式会社の営業効率改善プロジェクト
  • 担当内容: 社内で5人程度のチームを組成、上司と相談しながら方向性を決めつつ部下と共に分析・資料の作成・改善策の立案・実施経過の報告
  • 結果・成果: 営業効率を○○パーセント改善

もちろん、必ずしも上記のような書き方である必要はありません。現職における実績は人によって異なりますが、簡潔かつ分かりやすく記載すること、また、面接においては職務経歴書に記載のある項目について深堀される傾向にあるため、面接の際に深堀してほしいことを記載するようにしましょう。

自分の強み・PR

自分の強み・PRに関しては、現職における実績や業務内容・自身のスキルに紐づいてそれがアクセンチュアにどのように活きるかを記載することがポイントです。

自己PRに関しては面接でも聞かれるため、回答を必ず用意しておくようにしましょう。また、現職でのスキルだけではなく、英語を話せることや、公認会計士等の資格も是非アピールするべきです。

自分の強み・PR
  • ○○の業務で得た○○というスキルは、アクセンチュアにおける○○という業務でも役に立てることができます。
  • 英語をビジネスレベルで話すことができます。(TOEFL ibt ○○点)
  • 〇〇士の資格を保有しています。

アクセンチュアは何をしている会社?

アクセンチュアは、世界50か国以上に拠点を持つ世界最大級の経営コンサルティングファームです。各国を代表する大企業や政府系機関に対してコンサルティングやアウトソーシングサービスなどを提供しています。

1989年、米国の監査法人「アーサー・アンダーセン(Arthur Andersen)」のコンサルティング部門が分社化され、「アンダーセン・コンサルティング(Andersen Consulting)」として設立されました。

2001年に社名を「アクセンチュア(Accenture)」に変更し、2009年9月にニューヨーク証券取引所に上場しました。

日本においては、1962年に「アーサー・アンダーセン日本事務所」を開設したのが始まりで、1995年に「アンダーセン・コンサルティング株式会社」を設立、2001年に「アクセンチュア株式会社」に社名変更しています。

アクセンチュアは年収が高いため、転職市場でも人気

アクセンチュアが転職市場で高い人気を集める最大の理由は年収の高さです。30歳手前で年収1,000万円超えが期待できることに加え、実力主義のため評価が高ければ数千万~1億円超えの年収も期待できます。

基本給にボーナス・残業代等を含めた役職別の合計年収のイメージは以下の通りです。

マネージャーになると残業代が支払われなくなるので、残業代を多くもらっているコンサルタント職より年収が低くなる可能性があるものの、現状働き方改革の影響で残業時間自体が減少しているため、基本的には昇格することで年収は上がる傾向にあります。

役職年収(再掲)年次
アナリスト600~750万円1~3年目
コンサルタント800~1,200万円3~6年目
マネージャー1,100~1,700万円5~10年目
シニアマネージャー1,500~2,100万円10~15年目
マネージングディレクター2,400万円~15年目~
アクセンチュアの役職別年収テーブル

アクセンチュアは大量採用で社員の人数を拡大中

アクセンチュアは好調な業績を背景に大量採用方針を掲げ、積極的に社員数を増やしています。

ダイヤモンドオンラインによると、アクセンチュアの日本法人の社員数は2015年から2021年までの6年で約3倍に急成長しています。

アクセンチュア日本法人の社員数の推移(出典

2015年時点の社員数が約6,000人、2021年時点の社員数が約18,000人なので、毎年約2,000人ずつ増えている計算になります。

社員数が毎年2,000人ずつ増えているということは、退職数を考えると採用人数はそれよりも多く、年間に3,000人から4,000人を新規で採用していると推定できます。

アクセンチュアが大量採用しているのはなぜ?

アクセンチュアが大量採用している背景には、顧客企業からの強い需要があります。アクセンチュアは企業のDX支援のためのITコンサルティングやアウトソーシングに強みを持ち、業績は絶好調です。

アクセンチュアに限らず、コンサルティングビジネスは労働集約型の事業なので、事業規模を拡大するためには社員数を増やさなければなりません。

大企業を中心としたDX需要は今後も引き続き強いことが予想されるため、アクセンチュアの大量採用傾向もしばらくは続くと考えるのが自然でしょう。

アクセンチュアが採用数を積極的に増やしているもう1つの要因は働き方改革にあります。

アクセンチュアでは2015年から「Project PRIDE」という独自の働き方改革を導入しており、残業時間の短縮や有給休暇の取得率向上など、目に見える成果を上げています。

一方、需要が増えている中で、働き方改革によってコンサルタント1人あたりの労働時間が短くなったことで、より多くのコンサルタントが必要になっており、アクセンチュアの大量採用方針に拍車をかけています。

男性のアイコン

アクセンチュアの社員口コミ

コンサルタント・監査・士業系職種

30歳 男性 新卒入社

2015年ごろから全社的な働き方改革を推進しており、マネージャー未満の残業時間は激減している。ただし、プロジェクトによってはサービス残業を行なっていたり、実態と異なる勤務申請を強要されるなどのケースは未だに存在する。

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地〒106-6116
東京都港区6-10-1 六本木ヒルズ森タワー16F
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年6月時点)
目次