アクセンチュアとは?どんな会社?基本情報を解説

アクセンチュアとは?どんな会社?基本情報を解説

アクセンチュアは就活生や転職者から人気の外資系コンサルティング会社ですが、そもそもアクセンチュアはどのような会社なのでしょうか。会社概要や事業の内容、採用の実態について解説します。

なお、アクセンチュアへの転職方法に関しては下記の記事でまとめているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

本記事のポイント

下記は本記事の要約です。詳しく知りたい方は是非ご覧ください。

アクセンチュアはどんな会社?

アクセンチュアは、世界50か国以上に拠点を持つ世界最大級の経営コンサルティングファームです。各国を代表する大企業や政府系機関に対してコンサルティングやアウトソーシングサービスなどを提供しています。

アクセンチュアは総合コンサルティング・ファームであり、下記の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供しています。

アクセンチュアにおける5つの事業領域
  • ストラテジー & コンサルティング: 経営課題の解決
  • アクセンチュア ソング: デジタルマーケティング
  • テクノロジー: クラウド・ITシステムの導入
  • オペレーションズ: BPO・アウトソーシング
  • インダストリーX: 製造業のDX化
アクセンチュアは年収が高い?

アクセンチュアが転職市場で高い人気を集める最大の理由は年収の高さです。30歳手前で年収1,000万円超えが期待できることに加え、実力主義のため評価が高ければ数千万~1億円超えの年収も期待できます。

基本給にボーナス・残業代等を含めた役職別の合計年収のイメージは以下の通りです。

役職年収年次
アナリスト600~750万円1~3年目
コンサルタント800~1,200万円3~6年目
マネージャー1,100~1,700万円5~10年目
シニアマネージャー1,500~2,100万円10~15年目
マネージングディレクター2,400万円~15年目~
アクセンチュアの役職別年収テーブル

マネージャーになると残業代が支払われなくなるので、残業代を多くもらっているコンサルタント職より年収が低くなる可能性があるものの、現状働き方改革の影響で残業時間自体が減少しているため、基本的には昇格することで年収は上がる傾向にあります。

自分がアクセンチュアで通用するかを知るためにやるべきこと

中途でアクセンチュアに転職したいと思っても、「果たして自分が通用するのか」「激務で体調を壊すのではないか」と悩んでしまう方もたくさんいらっしゃると思います。

自分自身がアクセンチュアで通用するかを知るためには、コンサル業界をよく知るプロフェッショナルに聞くのがベストです。

コンサル業界への転職者を何人もサポートしてきた転職エージェントは、「どのような人が通用するのか、活躍できるのか」ということに関するナレッジを豊富に保有しており、現職の状況やご自身の性格をベースに業界・企業への適性を診断してくれます。

転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

20代・30代向けの高年収求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

【公式】https://assign-inc.com

2024年7月現在、事前準備不要のオンライン面談を提供中

【2024年7月】限定特典あり

2024年7月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。

未経験からのコンサル転職に強い
おすすめ転職エージェント

50社以上の転職サイト・転職エージェントを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできるサービスを厳選しました。コンサル転職に興味のある方は是非参考にしてみてください。

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
コンサル転職に強い転職サービス3選
ビズリーチ
(4.9)
匿名で経歴を登録するだけで高年収のスカウトが届くハイクラス転職サイト。

一般的な転職サイトでは見つからない外資系コンサル・戦略コンサルの求人が多数掲載されているため、情報収集から始めたい人にもおすすめ。

【公式】https://bizreach.jp
ASSIGN
(アサイン)

(4.8)
20代・30代のハイクラス転職に特化した大手エージェントで特に未経験からのコンサル転職に強い

ケース面接対策などサポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を獲得。

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年7月に登録すると選考対策情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
MyVision
(4.8)
コンサル転職支援に特化して圧倒的な内定率を誇る大手の転職エージェント。

累計1000名以上のコンサル転職を支援しており、各ファームの特徴・傾向を踏まえた独自の選考対策で、全くの業界未経験からでも圧倒的な内定率を実現実際の転職事例はこちら

【公式】https://my-vision.co.jp
コンサル転職におすすめの転職サービス
目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

アクセンチュアとはどんな会社?

アクセンチュアは、世界50か国以上に拠点を持つ世界最大級の経営コンサルティングファームです。各国を代表する大企業や政府系機関に対してコンサルティングやアウトソーシングサービスなどを提供しています。

1989年、米国の監査法人「アーサー・アンダーセン(Arthur Andersen)」のコンサルティング部門が分社化され、「アンダーセン・コンサルティング(Andersen Consulting)」として設立されました。2001年に社名を「アクセンチュア(Accenture)」に変更し、2009年9月にニューヨーク証券取引所に上場しました。

日本においては、1962年に「アーサー・アンダーセン日本事務所」を開設したのが始まりで、1995年に「アンダーセン・コンサルティング株式会社」を設立、2001年に「アクセンチュア株式会社」に社名変更しています。

日本における従業員数は約19,000人で、東京都港区赤坂の赤坂インターシティに本社を置いています。日本における代表は慶應義塾大学、アクセンチュア出身の江川 昌史氏が務めています。

会社名アクセンチュア株式会社
英語名Accenture Japan Ltd
資本金3億5,000万円
従業員数19,000名
本社所在地東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR
アクセンチュア株式会社の企業概要

コンサルティング業界にはさまざまな企業が存在しますが、大きな分類でいうとアクセンチュアは「総合系・IT系」と呼ばれるグループに属します。

同じカテゴリに属する会社としては、PwCコンサルティング、デロイトトーマツ、EY S&C、KPMGコンサルティングなどのBIG4と呼ばれるコンサルティング・ファームがあります。

分類外資系日系
戦略系マッキンゼー
ボストンコンサルティンググループ
ベイン
カーニー
ローランド・ベルガー
アーサー・D・リトル
etc.
ドリームインキュベータ
コーポレイトディレクション
etc.
総合系・IT系アクセンチュア
PwCコンサルティング
デロイトトーマツ
EY S&C
KPMGコンサルティング
etc.
野村総合研究所
ベイカレント
クニエ
etc.
コンサル業界の分類とアクセンチュアの立ち位置

注目求人

未経験歓迎の戦略コンサルタント【残業20時間以内】

転職市場で屈指の人気を誇る大手コンサルティングファームがコンサルタントを募集中。コンサル未経験でも転職可能で、戦略系プロジェクトも多数経験できます【平均残業時間は約20時間】

アクセンチュアの事業内容

アクセンチュアは総合コンサルティング・ファームであり、下記の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供しています。

アクセンチュアにおける5つの事業領域
  • ストラテジー & コンサルティング: 経営課題の解決
  • アクセンチュア ソング: デジタルマーケティング
  • テクノロジー: クラウド・ITシステムの導入
  • オペレーションズ: BPO・アウトソーシング
  • インダストリーX: 製造業のDX化

ストラテジー&コンサルティングでは、クライアントに対する戦略コンサルティングやビジネスコンサルティング業務を提供し、顧客の経営課題を解決することが主な役割です。

アクセンチュア ソングデジタルマーケティングテクノロジーは顧客企業に対するクラウド・ITシステムの導入等顧客企業の技術的な課題を解決、オペレーションズ顧客企業によるBPOやアウトソーシング先としてサービスを提供インダストリーX製造業のDX化推進といったところを事業領域としています。

アクセンチュアが関わっていることが開示されているプロジェクトには、例えば下記の様なものがあります。

アクセンチュアが関わるプロジェクト
  • ファーストリテイリング(ユニクロの運営)におけるグローバル化支援
  • アステラス製薬に対するシステム導入支援
  • ヴィヴィアン・ウエストウッドの製品開発・販売の迅速化支援
  • 資生堂グループのデジタルトランスフォーメーション
  • NTTドコモとWeb3の普及および社会実装の加速に向けて連携

市場価値を上げたい人におすすめの求人

大手上場IT企業のITエンジニア【完全未経験から歓迎】

東証プライム市場に上場している大手IT企業において、ITエンジニアを募集中。プログラミング経験ゼロでも可。充実した独自研修システムを利用し、給料をもらいながら一人前のITエンジニアを目指せます。

アクセンチュアの転職難易度は?

アクセンチュアは年収の高さや成長機会の豊富さ、その後のキャリアパスの広がりなどから転職市場で非常に高い人気があります。

一方で、近年では中途採用を積極的に行っており、20代や第二新卒での転職実績も出ているため、正しい選考対策を行うことで十分転職可能だと言えます。

なお、今すぐ予定はなくても将来的に転職を考えている方や、情報収集から始めたい方は、月間100万以上が利用する『転職可能性診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

簡単な経歴を登録するだけで、人気企業100社への転職可能性を数字で算出してレポートとして受け取ることができます。

転職可能性診断の対象企業

高年収難関企業

三菱商事 / キーエンス / 電通 / 野村総合研究所 / リクルート / エムスリー / SONY / ベイカレント / M&A総合研究所 など


ホワイト安定企業

NTTドコモ / 味の素 / 明治 / 日本たばこ産業 / 富士フイルム / 東京海上日動火災保険 / 任天堂 / サントリー / 花王 など


外資系・グローバル企業

Google / マッキンゼー / ゴールドマンサックス / P&G / アマゾン / PwC / アクセンチュア / セールスフォース など

※ 診断の対象企業は変更になる場合がございます。最新情報は転職可能性診断の公式ページからご確認ください。

アクセンチュアは高年収?アクセンチュアが転職市場で人気な理由

アクセンチュアが転職市場で高い人気を集める最大の理由は年収の高さです。30歳手前で年収1,000万円超えが期待できることに加え、実力主義のため評価が高ければ数千万~1億円超えの年収も期待できます。

基本給にボーナス・残業代等を含めた役職別の合計年収のイメージは以下の通りです。

マネージャーになると残業代が支払われなくなるので、残業代を多くもらっているコンサルタント職より年収が低くなる可能性があるものの、現状働き方改革の影響で残業時間自体が減少しているため、基本的には昇格することで年収は上がる傾向にあります。

役職年収年次
アナリスト600~750万円1~3年目
コンサルタント800~1,200万円3~6年目
マネージャー1,100~1,700万円5~10年目
シニアマネージャー1,500~2,100万円10~15年目
マネージングディレクター2,400万円~15年目~
アクセンチュアの役職別年収テーブル

アクセンチュアの年収については下記の記事で解説しているので、詳しく知りたい方は是非ご覧ください。

\ 2024年7月最新の人気求人 /

総合商社の事業投資担当者【年収800万円~】

グローバルに事業展開する総合商社が事業投資担当者を募集中。ワークライフバランスを確保したまま高年収を実現できます。

【勤務地】東京(リモート可)

【年収】800万円 ~ 2000万円

アクセンチュアに中途入社した場合の年収は?年収交渉が大事?

中途でアクセンチュアに転職したいと思っている場合、「自分の年収がどれくらいになるか」というのは誰しもが気になることだと思います。

実は新卒で入社したときの年収と中途で転職した場合の年収は大きく異なるケースが少なくありません。

中途で入社した場合の具体的な年収を知るためには、転職サイトに掲載されている実際の求人を見ることが最も確実です。口コミサイトやSNSよりも最新かつ正確な情報を知ることができます。

特に人気なのはCMでも有名な転職サイト『ビズリーチ』です。一般的な転職サイトではめったに見つからないような人気企業の高年収求人や好条件の非公開求人が多数掲載されています。

【公式HP】https://bizreach.jp

※2024年7月現在、新規登録すると109,360 件の求人が無料で閲覧可能

ビズリーチに関する豆知識

ビズリーチは定期的にログインしているとアカウントの評価が高まり、人気企業の非公開求人が優先的に案内されやすくなります。

転職活動を始める前から無料アカウントを作成して年に数回ログインしておくだけで、将来転職する際に情報が集まりやすく非常に有利になるのでおすすめです。

未経験からのコンサル転職に強い
おすすめ転職エージェント

50社以上の転職サイト・転職エージェントを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできるサービスを厳選しました。コンサル転職に興味のある方は是非参考にしてみてください。

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
コンサル転職に強い転職サービス3選
ビズリーチ
(4.9)
匿名で経歴を登録するだけで高年収のスカウトが届くハイクラス転職サイト。

一般的な転職サイトでは見つからない外資系コンサル・戦略コンサルの求人が多数掲載されているため、情報収集から始めたい人にもおすすめ。

【公式】https://bizreach.jp
ASSIGN
(アサイン)

(4.8)
20代・30代のハイクラス転職に特化した大手エージェントで特に未経験からのコンサル転職に強い

ケース面接対策などサポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を獲得。

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年7月に登録すると選考対策情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
MyVision
(4.8)
コンサル転職支援に特化して圧倒的な内定率を誇る大手の転職エージェント。

累計1000名以上のコンサル転職を支援しており、各ファームの特徴・傾向を踏まえた独自の選考対策で、全くの業界未経験からでも圧倒的な内定率を実現実際の転職事例はこちら

【公式】https://my-vision.co.jp
コンサル転職におすすめの転職サービス

アクセンチュアは誰でも入れる?中途は厳しい?

アクセンチュアは好調な業績を背景に大量採用方針を掲げ、積極的に社員数を増やしています。

ダイヤモンドオンラインによると、アクセンチュアの日本法人の社員数は2015年から2021年までの6年で約3倍に急成長しています。

アクセンチュア日本法人の社員数の推移
アクセンチュア日本法人の社員数の推移(出典

2015年時点の社員数が約6,000人、2021年時点の社員数が約18,000人なので、毎年約2,000人ずつ増えている計算になります。

社員数が毎年2,000人ずつ増えているということは、退職数を考えると採用人数はそれよりも多く、年間に3,000人から4,000人を新規で採用していると推定できます。

注目求人

【未経験歓迎】大手VCファンドの投資チーム募集

業界最大手級のベンチャーキャピタルにおいて、スタートアップ投資を担当する投資メンバーを募集中。VC業界内で最高水準の年収を提示可能。

アクセンチュアへの中途入社における難易度は?

アクセンチュアへの中途入社は難易度が高く厳しいという評判ですが、それとは裏腹にアクセンチュアが大量採用戦略を展開する中で、ネット上では「アクセンチュアは誰でも受かる」という書き込みが目立つようになりました。

アクセンチュアが「誰でも入れる」というのは明らかな嘘です。アクセンチュアが大量採用していることを揶揄した誇張表現だと思われます。実際、アクセンチュアは新卒・中途ともに採用数を増やしていますが、アクセンチュアへの応募数も同じように増加しているため、選考倍率が下がっているとは言えません。

アクセンチュアにおける書類選考・一次面接・二次面接の通過率は一般的に公開されていませんがタレントスクエアがアクセンチュアの社員に実施したインタビューによれば、100人が書類選考に申し込んだ場合、通過するのは6-9人程度なので、アクセンチュアにおける選考の通過率は一桁台後半と推定され、依然として難易度が高いことが分かります。

アクセンチュアの中途における書類選考・一次面接・二次面接の通過率
  • 書類選考: 60%が通過(100人が選考を受けたとして60人が通過)
  • 一次面接: 20-30%が通過(60人が一次面接を受けたとして12-18人程度が通過)
  • 二次(最終)面接: 50%が通過(12-18人が二次面接を受けたとして6-9人程度が通過)

「コンサルブーム」と言われる通り、これまで大手の日系事業会社の金融機関に流れていた優秀層がこぞってコンサル業界を志望しており、中途でアクセンチュアに応募される方の数も年々増加傾向にあります。

とはいえ、アクセンチュアに中途で入るのが厳しいというわけではありません。未経験者であっても積極的に採用を拡大しているので、アクセンチュアに入社したい人は採用人数を拡大している今が絶好の機会となっています。

コンサル転職に強い転職エージェントについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

アクセンチュアが大量採用しているのはなぜ?

アクセンチュアが大量採用している背景には、顧客企業からの強い需要があります。アクセンチュアは企業のDX支援のためのITコンサルティングやアウトソーシングに強みを持ち、業績は絶好調です。

アクセンチュアに限らず、コンサルティングビジネスは労働集約型の事業なので、事業規模を拡大するためには社員数を増やさなければなりません。

大企業を中心としたDX需要は今後も引き続き強いことが予想されるため、アクセンチュアの大量採用傾向もしばらくは続くと考えるのが自然でしょう。

アクセンチュアが採用数を積極的に増やしているもう1つの要因は働き方改革にあります。

アクセンチュアでは2015年から「Project PRIDE」という独自の働き方改革を導入しており、残業時間の短縮や有給休暇の取得率向上など、目に見える成果を上げています。

一方、需要が増えている中で、働き方改革によってコンサルタント1人あたりの労働時間が短くなったことで、より多くのコンサルタントが必要になっており、アクセンチュアの大量採用方針に拍車をかけています。

男性のアイコン

アクセンチュアの社員口コミ

コンサルタント・監査・士業系職種

29歳 男性 中途入社

2015年ごろから全社的な働き方改革を推進しており、マネージャー未満の残業時間は激減している。ただし、プロジェクトによってはサービス残業を行なっていたり、実態と異なる勤務申請を強要されるなどのケースは未だに存在する。

キャリアアップを目指す人におすすめの求人

【金融知識不問】M&Aアドバイザー【平均年収2000万円超】

企業の合併・買収において中立的なアドバイスを提供し、売り手・買い手企業の両面をサポート。業界未経験者が多数で、平均年収は2000万円以上。法人営業や企画系職種の経験者は特に歓迎です。

アクセンチュアが「やばい」「やめとけ」と言われる理由・背景

アクセンチュアは就活生や転職者から人気の外資系コンサルティング会社ですが、Google検索で「アクセンチュア」と調べると「アクセンチュア やめとけ」「アクセンチュア やばい」などネガティブなワードが目立ちます。

Googleで「アクセンチュア」と検索したときの関連キーワード

ネット上でアクセンチュアがやばいと言われる理由について、アクセンチュアの社員へのインタビューを参考にしながら、社内の実情について徹底解説しています。

アクセンチュアがやばいやめとけと言われる理由
  • 労働時間が長く激務なため
  • 追い出し部屋がありクビになるため
  • 社員は使い捨てであるため
  • 離職率が高いため
  • 誰でも入れるため
  • 中途はついていけないため

結論から言うと、アクセンチュアがやばいと言われる理由はどれも正しくありません。真相について下記の記事で解説しているので詳しく知りたい方は是非ご覧ください。

注目求人

大手広告代理店のアカウントプランナー【平均残業10時間】

テレビCMからSNS広告まで幅広い広告を扱う大手広告代理店において、顧客企業の広告戦略策定・予算運用を行うアカウントプランナーを募集中。広告業界の経験は不問で、入社後すぐにキャッチアップできます。

アクセンチュア内定はすごい?必要な学歴・採用大学は?

大学通信が発表しているデータによれば、アクセンチュアの採用大学及び就職者数は下記の通りとなっております。慶應義塾大学、早稲田大学、東京大学がトップ3と高学歴な学生が多い傾向にあります。

順位大学就職者数
1慶應義塾大学88
2早稲田大学87
3東京大学53
4大阪大学28
5東京理科大学27
6京都大学26
7立教大学22
8北海道大学19
上智大学19
10東京工業大学18
11同志社大学16
12国際基督教大学15
明治大学15
14横浜国立大学14
神戸大学14
16筑波大学13
17一橋大学12
中央大学12
19創価大学11
関西学院大学11
アクセンチュアの採用大学ランキング(出所: 大学通信

20位以下も含めて、リクナビに記載されているアクセンチュアの採用実績校は下記の通りとなっています。高学歴な大学が多い一方で採用人数が多いために幅広い大学からの採用実績もあり、実質的に必要な学歴のレベルはそれほど高くはないと言えるでしょう。

アクセンチュアの採用実績大学

会津大学、青山学院大学大学院、大阪大学、大阪大学大学院、小樽商科大学、お茶の水女子大学、お茶の水女子大学大学院、関西大学、関西大学大学院、関西学院大学、関西学院大学大学院、学習院大学、学習院大学大学院、九州大学、九州大学大学院、京都大学、京都大学大学院、慶應義塾大学、慶應義塾大学大学院、神戸大学、神戸大学大学院、公立はこだて未来大学、国際基督教大学、国際基督教大学大学院、上智大学、上智大学大学院、創価大学、創価大学大学院、中央大学、中央大学大学院、筑波大学、東京外国語大学、東京外国語大学大学院、東京工業大学、東京工業大学大学院、東京女子大学、東京大学、東京大学大学院、東京理科大学、東京理科大学大学院、東北大学、東北大学大学院、同志社大学、同志社大学大学院、名古屋大学、名古屋大学大学院、一橋大学、一橋大学大学院、広島大学、広島大学大学院、法政大学、法政大学大学院、北海学園大学、北海道情報大学、北海道大学、北海道大学大学院、室蘭工業大学、明治大学、明治大学大学院、横浜国立大学、横浜国立大学大学院、立教大学、立教大学大学院、立命館アジア太平洋大学、立命館アジア太平洋大学大学院、立命館大学、立命館大学大学院、早稲田大学、早稲田大学大学院
Cornell University、Lakeland College、Paul Smith’s College 、Saint Johns University、Stanford University、UC Berkeley、University of California, Los Angeles、Yonsei University 他

出所: リクナビ

アクセンチュアに転職するには?面接回数は何回?選考フローを徹底解説

アクセンチュアの中途選考におけるフローは基本的に下記の通りとなっています。

書類選考を経て、複数回面接を行い最終的に内定に至るというフローが基本です。人事担当者以外にも現役のコンサルタントが面接官となることがよくあります。

アクセンチュアの中途選考フロー
  • 書類選考
  • 一次面接
  • 二次面接
  • (場合によっては3次面接も)
  • オファー面談(内定)

中途選考のフローとしては全部で1か月程度かかることが一般的となっています。

なお、選考プロセスやその対策については下記の記事で詳しく解説しているので、知りたい方は是非ご覧ください。

SNSが好きな人におすすめの求人

SNS広告の運用をリードするWebマーケター【未経験歓迎】

インターネット広告に特化した国内最大級の広告代理店において、未経験からWebマーケターを募集しています。充実した研修制度を通じてポータブルスキルが身につき、転職市場における市場価値アップも目指せます。

自分がアクセンチュアで通用するかを知るためにやるべきこと

中途でアクセンチュアに転職したいと思っても、「果たして自分が通用するのか」「激務で体調を壊すのではないか」と悩んでしまう方もたくさんいらっしゃると思います。

自分自身がアクセンチュアで通用するかを知るためには、コンサル業界をよく知るプロフェッショナルに聞くのがベストです。

アクセンチュアへの転職者を何人もサポートしてきた転職エージェントは、「どのような人が通用するのか、活躍できるのか」ということに関するナレッジを豊富に保有しており、現職の状況やご自身の性格をベースに業界・企業への適性を診断してくれます。

転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

20代・30代向けの高年収求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

【公式】https://assign-inc.com

2024年7月現在、事前準備不要のオンライン面談を提供中

【2024年7月】限定特典あり

2024年7月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。

未経験からコンサル業界への転職に強い
おすすめ転職エージェント

50社以上の転職サイト・転職エージェントを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできるサービスを厳選しました。コンサル転職に興味のある方は是非参考にしてみてください。

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
コンサル転職におすすめの転職サービス
ビズリーチ
(4.9)
匿名で経歴を登録するだけで高年収のスカウトが届くハイクラス転職サイト。

一般的な転職サイトでは見つからない外資系コンサル・戦略コンサルの求人が多数掲載されているため、情報収集から始めたい人にもおすすめ。

【公式】https://bizreach.jp

【口コミ】ビズリーチの評判
ASSIGN
(アサイン)

(4.8)
20代・30代のハイクラス転職に特化した大手エージェントで特に未経験からのコンサル転職に強い

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を獲得。

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年7月に登録した方全員に、選考対策情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント
MyVision
(4.8)
コンサル転職支援に特化して圧倒的な内定率を誇る大手の転職エージェント。

累計1000名以上のコンサル転職を支援しており、各ファームの特徴・傾向を踏まえた独自の選考対策で、全くの業界未経験からでも圧倒的な内定率を実現実際の転職事例はこちら

【公式】https://mynavi-agent.jp
コンサル転職におすすめの転職サービス

【厳選】アクセンチュアへの転職におすすめの転職サイト・転職エージェント

アクセンチュアへの転職に興味がある方のために、おすすめの転職サイト・転職エージェントを厳選して紹介します。

アクセンチュアへの転職におすすめの転職サイト
ビズリーチ

【公式HP】https://bizreach.jp

ビズリーチ』は、TVCMでも有名な国内最大級のスカウト型の転職サービスであり、おすすめの転職サイトです。

匿名で経歴を登録するだけで高年収のスカウトが届き、気になるスカウトに返信することで効率的に転職活動を進めることができます。

転職活動中の人はもちろん、直近の転職予定がなくても将来的に転職を考えている人も含めて200万人以上のユーザーが利用しています。

人気企業・難関企業の採用担当者や高年収求人を扱う質の高いヘッドハンターからスカウトを受け取ったり、ビズリーチ限定で公開されている好待遇な求人の詳細を確認することができます。

会員登録したからと言って面談を要求されたり、電話がかかってくることは一切ないため、まずは情報収集から始めたい人も安心して利用できます。

サービス名 ビズリーチ
公式ページ https://bizreach.jp
サービス分類 ・転職サイト
・スカウトサービス
特徴 ・年収1000万円以上の求人が多数
・200万人以上が利用する国内最大級の転職サイト
運営会社 株式会社ビズリーチ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-302647
転職サイト「ビズリーチ」の概要

アクセンチュアへの転職におすすめの転職エージェント
ASSIGN(アサイン) | 若手ハイエンド特化型転職エージェント

【公式HP】https://assign-inc.com

ASSIGN(アサイン)』は、若手ハイキャリアに特化した転職エージェントです。コンサル・IT・金融などの業界への転職支援に強みがあります。

面接対策や業界研究など転職サポートの丁寧さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞しています。

ASSIGN(アサイン)のメリット・良い評判
  • 高年収を目指す20代・30代のための魅力的な求人が多い
  • 中長期的で真摯かつ丁寧なキャリアサポートを受けることができる
  • 業界に理解が深く質の高いエージェントが在籍

未経験でも挑戦できる独自の高年収求人を多数扱っていることに加え、面談後に一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

今すぐ転職予定のない方や若手の方でも無料で面談やサポートを受けることができるため、高年収な業界への転職を将来的に考えている方は、是非公式ページから無料面談を申し込んでみて下さい。

サービス名 ASSIGN(アサイン)
公式ページ https://assign-inc.com
サービス分類 ・転職エージェント
・特化型
特徴 若手ハイエンド専門の転職エージェント
運営会社 株式会社アサイン
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-308560
転職エージェント「ASSIGN(アサイン)」の概要

アクセンチュアへの転職におすすめの転職エージェント
マイナビエージェント | 好条件の非公開求人が多く、利用者の年収UP率61.1%

【公式HP】https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェント』は、大手人材会社のマイナビが運営するおすすめの転職エージェントです。

日本全国で幅広い業界・職種の転職を支援しており、国内最大級の利用者数を誇る人気の転職エージェントサービスです。

誰もが知る大企業から地方の隠れた優良企業まで幅広い求人を扱っており、マイナビエージェントでしか扱いのない好条件の非公開求人が多いことも特徴です。

マイナビエージェントの求人企業(例)

■ 日系大手・ホワイト高年収企業

キーエンス / SONY / NTTデータ / 野村総合研究所 / アビームコンサルティング / サイバーエージェント / エムスリー / 野村證券

■ 外資系・グローバル企業

アクセンチュア / PwC / アマゾンジャパン / デロイトトーマツコンサルティング / SAMSUNG / ボッシュ

マイナビエージェントはすべての機能が無料で利用でき、登録してみて自分に合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会できます。

サービス名 マイナビエージェント
公式ページ https://mynavi-agent.jp
サービス分類 ・転職エージェント
・総合型
対応地域 日本全国対応可能
運営会社 株式会社マイナビ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-080554
転職エージェント「マイナビエージェント」の概要

アクセンチュアへの転職におすすめの転職エージェント
キャリアスタート | 若手・未経験層に特化した実績豊富な転職エージェント

キャリアスタート

【公式HP】https://careerstart.co.jp

キャリアスタート』は、第二新卒・既卒・未経験の方向けに特化して転職支援を行っている転職エージェントです。

未経験の業界や職種への転職支援の実績が豊富で、実際の利用者からは「転職を通じて年収が上がった」「未経験でもIT業界への転職に成功できた」「短期間で内定が出た」などポジティブな声が多く聞こえます。

キャリアスタートのメリット・良い評判
  • 第二新卒や既卒、フリーターなど職歴の浅い20代に特化しており、利用者数も豊富
  • 年収が上がる求人が豊富
  • マンツーマン模擬面接や転職成功BOOKを通じて高い内定率を実現
  • 自己分析や適性検査を通じて、キャリアビジョンの設計をサポートしてくれる
  • 転職交流会や転居サポートといった独自のサポートを提供している

マンツーマン模擬面接や独自のノウハウをまとめた『転職成功BOOK』といった独自の選考対策を受けたい方にもおすすめです。

サービス名 キャリアスタート(CAREER START)
公式ページ https://careerstart.co.jp
サービス分類 ・転職エージェント
・特化型
特徴 20代の第二新卒・既卒・未経験専門の転職エージェント
登録者に『転職成功BOOK』を無料プレゼント中
料金 無料
運営会社 キャリアスタート株式会社
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-305582
参考ページ キャリアスタートの評判と口コミ
転職エージェント「キャリアスタート」の概要

アクセンチュアへの転職におすすめの転職サイト
タレントスクエア | 20代・30代に特化したスカウト型転職サイト

タレントスクエア

【公式HP】https://talentsquare.co.jp

タレントスクエア』は、キャリアアップを目指す20代・30代の方に特化したスカウト型の転職サイトです。

タレントスクエアでしか出会えない非公開求人が多く、無料で登録すると好条件のスカウトが届きます。月間利用者数は100万人を超え、地域や業種・職種を問わず利用可能です。

一般的な転職サイトでは、40代以降の経験豊富な即戦力人材に高年収のスカウトが集中してしまい、20代・30代の若手層には好条件のスカウトが届きづらいケースがあります。

タレントスクエア』は20代・30代に特化したサービスのため、経験や専門性よりもポテンシャルを評価してくれる優良求人が多いことが特徴です。

タレントスクエアがおすすめな人の特徴
  • 20代・30代のうちから高年収を目指したい方
  • スカウトを通じて自分の市場価値を知りたい方
  • 未経験の業種や職種にチャレンジしてみたい方
その他のおすすめ転職エージェント・転職サイト
リクルートエージェント ★転職経験者の2人に1人以上が利用する国内最大級サービス

全国・全職種で幅広い求人を取り扱っており、登録者のみが閲覧できる20万件以上の非公開求人あり

【公式】https://r-agent.com
【口コミ】リクルートエージェントの評判
レバテックキャリア ★ITエンジニアの転職支援に特化した大手エージェント

客先常駐から自社開発企業への転職、SIerから開発ディレクターへの転職など、一人ひとりの希望にあった理想の転職を丁寧にサポート

【公式】https://career.levtech.jp
【口コミ】レバテックキャリアの評判
ハタラクティブ ★ フリーター・ニート・未経験人材の就職支援に特化したエージェント

働いた経験が全くなくても、求人探しから書類作成・面接対策まで丁寧にサポートしてくれる

【公式】https://hataractive.jp
【口コミ】ハタラクティブの評判
doda 20万件以上の求人データベースの中から、こだわりの条件で自分に合った仕事を探せる。
【口コミ】dodaの評判
Green IT・Web業界への転職に強い転職サイト
【口コミ】Greenの評判
リクナビNEXT 全国の求人を幅広く掲載している大手転職サイト
【口コミ】リクナビNEXTの評判
パソナキャリア 年収800万円以上のハイクラス転職をサポートする大手エージェント
【口コミ】パソナキャリアの評判
type転職エージェント 関東圏のIT・Web領域に強い転職エージェント
【口コミ】type転職エージェントの評判
Indeed 求人サイトや企業の採用ページの情報をまとめて検索・閲覧できる求人検索サイト
【口コミ】Indeedの評判
マイナビジョブ20’s 20代の就職・転職支援に注力している転職エージェント
【口コミ】マイナビジョブ20’sの評判
Geekly(ギークリー) IT・WEB・ゲーム業界に特化した転職エージェント
【口コミ】Geekly(ギークリー) の評判
リクルートダイレクトスカウト 高年収のスカウトが届くハイクラス転職サイト
【口コミ】リクルートダイレクトスカウトの評判
ワークポート IT業界を中心に幅広い業界の求人を取り扱う大手転職エージェント
【口コミ】ワークポートの評判
AMBI 若手ハイキャリア向けの転職サイト
【口コミ】AMBIの評判
UZUZ(ウズウズ) 20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニートの方向けに、主に初めての就職のサポートを提供
【口コミ】UZUZの評判
doda X キャリアアップにつながるスカウトが届く転職サイト
【口コミ】doda Xの評判
JACリクルートメント スキルを活かしたハイクラス転職をマンツーマンで支援してくれる転職エージェント
【口コミ】JACリクルートメントの評判
第二新卒エージェントneo 20代の既卒・第二新卒の方向けに、未経験歓迎の求人を中心に扱っている転職エージェント
【口コミ】第二新卒エージェントneoの評判
DYM就職 フリーター・ニート・既卒向けの就職支援サービス
【口コミ】DYM就職の評判
ジェイック(JAIC) 20代の就職・転職支援に注力しているサービス
【口コミ】ジェイック(JAIC)の評判
アクセンチュアへの転職におすすめの転職エージェント・転職サイト

北海道・東北地方

関東地方

東海地方

北陸地方

近畿地方

中国地方

四国地方

九州・沖縄

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地〒106-6116
東京都港区6-10-1 六本木ヒルズ森タワー16F
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年7月時点)
目次