電通は何がやばい?ブラック?クズ?【社員が実態を解説】

    電通は何がやばい?ブラック?クズ?

    国内最大手の広告代理店として就活生から人気の電通ですが、ネット上では「やばい」「ブラック」などネガティブな評判も多く見受けられます。

    本記事では、実際の電通の社員の口コミをもとに、同社の内情や「やばい」と言われる理由について徹底解説しています。

    電通への転職方法については下記の記事で解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

    本記事のポイント

    電通は「激務」「赤字」などのキーワードでやばいと言われることが多いですが、実態と乖離した風評被害が多く、実際の電通社員に聞いてみると「転職してよかった」というポジティブな声がほとんどです。

    本記事の要約は以下の通りです。詳細について気になる方は是非最後までご覧ください。

    電通はなぜ「やばい」と言われる?

    広告業界で圧倒的な存在感を誇る電通は就活や転職において非常に高い人気を誇ります。

    一方で、テレビやネット上での評判はあまりよくなく、就職や転職を迷われている方も多いのではないでしょうか。

    実際にGoogle検索で「電通」と調べると、関連ワードの一番上には「電通 やばい」と表示されます。

    電通が「やばい」と言われる理由には下記のようなものがあり、本記事では1つ1つ解説していきます。

    電通がやばいといわれる理由
    • ブラック・激務だと言われているため
    • 政府・官僚と癒着していると言われているため
    • 年収が高いと言われているため
    • コネ入社枠が多いと言われているため
    • 大赤字で倒産しそうだと言われているため
    • 社員の離職率が高いと言われているため
    中途で電通に転職するためには?

    電通は転職市場で非常に人気の高い企業ですが、前職での実績や選考対策次第で十分に転職できる可能性があります。

    中途で電通に転職するためには、電通をよく知る転職エージェントを活用することが重要です。

    転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

    中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

    20代・30代向けの高年収求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

    【公式】https://assign-inc.com

    2024年3月現在、事前準備不要のオンライン面談を提供中

    【2024年3月】限定特典あり

    2024年3月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。

    \ 「高年収業界・人気企業への転職に強い」 /

    実際の利用者の口コミが良かった
    おすすめ転職サービス3選

    50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年3月最新版)

    転職サービスの口コミを投稿する

    ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

    このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
    名前
    性別
    満足度(5段階評価)
    利用者の口コミが良かったおすすめ転職サービス
    ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでも有名なハイクラス転職サイト。

    匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

    【公式】https://bizreach.jp
    ASSIGN
    (アサイン)
    20代・30代のハイクラス転職に特化した実績豊富な大手転職エージェント。

    サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

    【公式】https://assign-inc.com
    マイナビエージェント日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

    マイナビエージェントでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

    【公式】https://mynavi-agent.jp
    利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選
    目次

    電通とはどんな会社?

    株式会社電通(DENTSU)は、国内最大手の広告代理店であり、テレビ広告やインターネット広告などの広告などを通じてクライアント企業のマーケティング活動を支援しています。

    電通は海外進出にも積極的で、2013年に英国の大手広告代理店「イージス・グループ」を約4,000億円で買収するなど、M&Aを通じて日本国外の事業を拡大しています。

    また、近年ではコンサルティングやデジタルなどの非広告領域を強化しており、広告やマーケティングに留まらずクライアント企業の経営課題を包括的に解決するソリューションパートナーを目指しています。

    会社名株式会社電通
    英語名DENTSU INC.
    本社所在地〒105-7001
    東京都港区東新橋一丁目8番1号 電通汐留本社ビル
    子会社電通デジタル、セプティーニ・ホールディングス、電通コンサルティング、電通イノベーションパートナーズ etc.
    電通の会社概要

    電通の仕事内容

    電通の属する広告業界は下記の様なビジネスモデルとなっています。

    広告代理店のビジネスモデル

    広告業界では、広告主(企業)にソリューションが提供されるまで下記のようなプロセスを経ることが一般的です。

    広告ソリューションが提供されるまで
    1. コミュニケーション領域で課題のある企業が広告代理店に相談
    2. 広告代理店が課題を策定、ソリューションを提示
    3. 企業が広告代理店に発注
    4. 広告代理店はメディア枠を広告主の代理で購入
    5. 広告制作会社によって製作された広告を活用し、広告戦略を実際に実行

    一部業務に特化した企業も多くありますが、電通は全プロセスに対応している総合広告代理店であるという点が特徴です。

    電通の転職難易度は?

    電通は年収の高さや成長機会の豊富さ、その後のキャリアパスの広がりなどから転職市場で非常に高い人気があります。

    一方で、近年では中途採用を積極的に行っており、20代や第二新卒での転職実績も出ているため、正しい選考対策を行うことで十分転職可能だと言えます。

    実際に選考を受ける前に合格可能性を知りたい方は、『転職可能性診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

    簡単な経歴を登録するだけで、人気企業100社への転職可能性を数字で算出することができます。

    転職可能性診断の対象企業(一部抜粋)

    ■ 日系大手企業

    三菱商事 / キーエンス / 電通 / トヨタ / 富士フイルム / メルカリ / 野村総合研究所 / 東京海上日動火災保険 / 任天堂 / サントリー / 日本M&Aセンター / SONY / 味の素 etc.

    ■ 外資系・グローバル企業

    Google / マッキンゼー / ゴールドマンサックス / P&G / Amazon / PwC / デロイトトーマツ / アクセンチュア / セールスフォース etc.

    ※ 今なら各社の中途選考プロセス・面接過去問集も閲覧可能

    ▼ 2024年3月中に新規登録すると無料で利用可能

    転職可能性診断

    電通は何がやばい?評判が悪い理由

    広告業界で圧倒的な存在感を誇る電通は就活や転職において非常に高い人気を誇ります。一方で、テレビやネット上での評判はあまりよくなく、就職や転職を迷われている方も多いのではないでしょうか。

    実際にGoogle検索で「電通」と調べると、関連ワードの一番上には「電通 やばい」と表示されます。また、「評判悪い なぜ」「クズ」と言ったネガティブなキーワードも目立ちます。

    Google検索で「電通」と調べた際の関連ワード
    Google検索で「電通 評判」と調べた際の関連ワード

    電通が「やばい」と言われる理由には下記のようなものがあります。1つ1つ解説していきます。

    電通がやばいといわれる理由
    • ブラック・激務だと言われているため
    • 政府・官僚と癒着していると言われているため
    • 年収が高いと言われているため
    • コネ入社枠が多いと言われているため
    • 大赤字で倒産しそうだと言われているため
    • 社員の離職率が高いと言われているため

    電通がやばいといわれる理由①:
    ブラック・激務だと言われているため

    電通がやばいと言われる理由の1つ目は労働時間が長くブラック・激務だという点です。

    電通に限らず、広告代理店というビジネスモデルは労働集約型で競争優位性が少なく、顧客を獲得するために他社よりもたくさん働いてアピールしようという泥試合になりがちです。中でも、電通には「鬼十則」という厳しい行動規範があり、長時間労働を是とするような文化がありました。

    電通 鬼十則
    1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
    2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
    3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
    4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
    5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは…。
    6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
    7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
    8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
    9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
    10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる

    「鬼十則」は電通の4代目社長である吉田秀雄氏が1951年に作った行動規範であり、社員手帳などに記載されていました。

    1991年に男性社員が過労死するという事件(「電通事件」と呼ばれる)が起きたことで新人研修教材など一部の文書から削除され、さらに2015年に新人女性社員が過労自殺した事件を受けて社内規定から完全に削除されました。

    現在では、働き方改革の浸透などによって労働時間の管理が厳格化されており、かつてのブラックな社風からは大幅に改善しています。電通は総労働時間の経年推移も公開していますが、総労働時間はかつてと比べて大幅に減少していることが分かります。

    年度総労働時間
    2012年2,251時間
    2013年2,265時間
    2014年2,252時間
    2015年2,187時間
    2016年2,166時間
    2017年2,032時間
    2018年1,952時間
    2019年1,903時間
    2020年1,838時間
    2021年2,023時間
    電通における総労働時間経年推移(出所: 公式
    男性のアイコン

    電通の社員口コミ

    営業系職種

    32歳 男性 新卒入社

    諸々の事情があり、会社全体としてホワイト化が推し進められている。社員の年間総労働時間が2400時間を超えないような取り組みが推進されている。 結果的に、激務で経験を積みたい若手社員にとっては若干物足りない環境になっているかもしれない。
    男性のアイコン

    電通の社員口コミ

    企画・マーケティング系職種

    30歳 男性 新卒入社

    総労働時間の制限もあり残業規制も厳しい。世間を騒がせた反動もあると思うが、ホワイト化が進みすぎて成長したい若手にとっては窮屈な環境になっているのも事実。 基本給があまり高くない中、残業ができないことで残業代も大幅に減少しているため、稼ぎたい若手は積極的に仕事に手を上げる必要がある。 女性もかなり働きやすいのではと思う。女性社員の割合も高く、管理職にも女性が多数いる。 産休・育休を経て職場復帰される方も多く、周囲からも理解がある印象。

    電通がやばいといわれる理由②:
    政府・官僚と癒着していると言われているため

    電通がやばいと言われる理由の2つ目は政府・官僚と癒着しているという点です。

    広告業界には暗黙の了解として「電通にしかできない仕事」というものがあり、世間からは政府や官僚との癒着を指摘される機会も少なくありません。

    実際に、電通は東京オリンピック・パラリンピックの専属代理店を務めていましたが、2022年には電通元専務が受託収賄罪等で起訴されるというニュースがあり注目を集めました。

    真偽のほどは分かりませんが、電通が広告業界において絶大な影響力を持っていることは確かです。

    電通がやばいといわれる理由③:
    年収が高いと言われているため

    電通は年収が高いと言われているため、「やばい」と言われることがあります。

    電通は上場企業なので、有価証券報告書で平均年収を掲載しています。最新の2022年12月期の有価証券報告書によれば、電通の平均年収は1,520万円(平均年齢: 44.0歳)となっています。

    国税庁が開示している日本人の平均年収が461万円であることから、電通の平均年収は日本人全体の平均よりも有意に高いと言えます。

    また、マイナビエージェントが公表している業種別平均年収ランキングによると、マスコミ・出版・広告・放送・印刷・イベント企業の平均年収は420万円となっており、電通の平均年収はマスコミ・出版・広告・放送・印刷・イベント関連全体の平均年収よりも高い水準になっています。

    【参考】マイナビエージェントが人気1位に選ばれた理由

    マイナビエージェントでは、誰もが知る大企業から地方の優良企業まで幅広い求人を扱っており、マイナビエージェントでしか扱いのない好条件の非公開求人が多いことが特徴です。

    また、専属のキャリアカウンセラーの対応が非常に丁寧なことでも有名であり、直近で転職することを決めている人はもちろん、転職するかどうか悩んでいる人や、直近で転職予定のない方でも気軽にキャリアについて相談することができます。

    その結果として、マイナビエージェントの利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高い水準を誇っています。

    マイナビエージェントは登録したからと言ってしつこい連絡や転職勧誘の電話が来ることはありません。また、万が一合わないと感じた場合は電話不要でいつでも退会することができます。

    【公式サイト】https://mynavi-agent.jp

    年度平均年収平均年齢
    2022年12月期1,520万円44.0歳
    2021年12月期1,295万円45.7歳
    2020年12月期1,342万円46.4歳
    2019年12月期1,169万円40.9歳
    2018年12月期1,180万円40.7歳
    2017年12月期1,273万円40.1歳
    電通グループ・株式会社電通の社員の平均年収の推移(出所: 同社IR

    中途で電通に転職した場合の年収は?

    中途で電通に転職したいと思っている場合、「自分の年収がどれくらいになるか」というのは誰しもが気になることだと思います。

    実は新卒で入社したときの年収と中途で転職した場合の年収は大きく異なるケースが少なくありません。

    中途で入社した場合の具体的な年収を知るためには、転職サイトに掲載されている実際の求人を見ることが最も確実です。口コミサイトやSNSよりも最新かつ正確な情報を知ることができます。

    特に人気なのはCMでも有名な転職サイト『ビズリーチ』です。一般的な転職サイトではめったに見つからないような人気企業の高年収求人や好条件の非公開求人が多数掲載されています。

    【公式HP】https://bizreach.jp

    ※2024年3月現在、新規登録すると109,360 件の求人が無料で閲覧可能

    ビズリーチに関する豆知識

    ビズリーチは定期的にログインしているとアカウントの評価が高まり、人気企業の非公開求人が優先的に案内されやすくなります。

    転職活動を始める前から無料アカウントを作成して年に数回ログインしておくだけで、将来転職する際に情報が集まりやすく非常に有利になるのでおすすめです。

    電通の年収は下記の記事で解説しているので、詳しく知りたい方は合わせてご覧ください。

    電通がやばいといわれる理由④:
    コネ入社枠が多いと言われているため

    電通がやばいと言われる理由の3つ目は新卒就活においてコネ入社があるという点です。

    電通は毎年100人程度の学生を新卒で採用していますが、中には中堅・大手企業のご子息が入社するケースがあります。

    年度新卒採用人数うち男性うち女性
    2022年97人52人45人
    2021年115人63人52人
    2020年122人66人56人
    2019年140人72人68人
    電通の新卒採用人数の推移(出典:同社マイナビページ)

    電通の採用大学は東京大学や慶應義塾大学などトップ校が大半を占めますが、あまり学歴の高くない方が採用されている場合、縁故採用である可能性があります。

    コネ入社に対する考え方は人それぞれですが、会社は学校ではなく営利組織なので、有力企業のご子息を迎え入れることによって広告枠を優先的に受託できるのであれば一定の経済合理性があると考えることもできます。

    なお、採用人数の大部分はコネと関係ない学生であり、学歴やコミュニケーション能力などをもとに選考された結果、非常に優秀な方々が毎年入社しています。

    電通がやばいといわれる理由⑤:
    大赤字で倒産しそうだと言われているため

    電通がやばいと言われる理由の4つ目は大赤字を出して会社が倒産しそうという点です。

    電通は2020年12月期に1,600億円の最終赤字を計上し、「電通は倒産するのでは?」という声も出てきました。

    年度売上収益営業利益当期純利益
    2018年12月期1兆185億円1,116億円903億円
    2019年12月期1兆479億円-34億円-810億円
    2020年12月期9,392億円-1,406億円-1,600億円
    2021年12月期1兆856億円2,418億円1,084億円
    2022年12月期1兆2,439億円1,176億円598億円
    電通グループの連結業績(出典:同社IRページ

    しかし、この年の赤字の原因となったのは、電通が過去に買収したイージスなどの海外子会社に関する無形資産を減損したことであり、一時的な損失です。

    実際に次年度である2021年12月期には1,084億円の最終利益を計上しており、電通の経営状態は安定していると言えます。

    2022年12月は固定資産除売却益の減少で一時的に営業利益が低下していますが、定常的なビジネスにおいては引き続き安定した利益を創出していることから、電通は依然として収益性のある会社となっています。

    電通がやばいといわれる理由⑥:
    社員の離職率が高いと言われているため

    電通がやばいと言われる理由の5つ目は社員の離職率が高いという点です。

    ネット上には業績の悪化などを受けて優秀な社員が次々と退職しているのではないかという声がありますが、実際に自己都合による退職率を確認すると5%程度の水準となっています。

    年度自己都合による退職率(日本)
    2019年度5.3%
    2020年度5.7%
    2021年度6.2%
    2022年度5.7%
    電通の自己都合退職率(出典:同社サステナビリティページ

    近年では働き方改革によって労働環境が改善されたことに加えて、若手のうちから高い年収を期待できるため、大企業の中でも退職率は低い傾向にあります。

    男性のアイコン

    電通の社員口コミ

    営業系職種

    27歳 男性 新卒入社

    給与水準は基本的に年功序列で決まってくるもので、残業時間が同程度であれば同期間でそれほど差はつかない。基本給よりも残業代のポーションが高いため、近年の働き方改革によって実質的に給料水準は下がっているような気がする。 1年目の給与水準は600万円程度で、局長になると給料は2,000万円程度の水準。

    まとめ: 電通はやばい会社ではない

    本記事では、電通が「やばい」と噂されている理由とその実態について調べてきましたが、電通は決して「やばい」会社ではありません。

    激務環境も改善されており、安定した収益構造を有していることから今後も成長が見込まれる優良な会社となっています。一時期の業績赤字も特殊要因によるもので、今後も電通は収益成長に伴う年収アップも期待できるでしょう。特に電通は海外進出に強みを持っており、成長する海外事業をドライバーにさらなる成長を見込むことができます。

    電通は中途採用を積極化しており、現在の年収やキャリアから大幅なステップアップを望めるという意味で非常におすすめできる転職先です。

    自分が電通で通用するかを知るためにやるべきこと

    中途で電通に転職したいと思っても、「果たして自分が通用するのか」「激務で体調を壊すのではないか」と悩んでしまう方もたくさんいらっしゃると思います。

    自分自身が電通で通用するかを知るためには、電通をよく知るプロフェッショナルに聞くのがベストです。

    電通への転職者を何人もサポートしてきた転職エージェントは、「どのような人が通用するのか、活躍できるのか」ということに関するナレッジを豊富に保有しており、現職の状況やご自身の性格をベースに業界・企業への適性を診断してくれます。

    転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

    中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

    20代・30代向けの高年収求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

    【公式】https://assign-inc.com

    2024年3月現在、事前準備不要のオンライン面談を提供中

    【2024年3月】限定特典あり

    2024年3月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。

    \ 高年収業界・人気企業への転職に強い /

    実際の利用者の口コミが良かった
    おすすめ転職サービス3選

    50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

    【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

    ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

    このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
    名前
    性別
    満足度(5段階評価)
    おすすめ転職サービス(総合ランキング)
    ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。

    匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

    【公式】https://bizreach.jp

    【口コミ】ビズリーチの評判
    ASSIGN
    (アサイン)
    20代・30代のハイクラス転職に特化した大手転職エージェント。

    サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

    【公式】https://assign-inc.com

    ※ 2024年3月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。
    マイナビエージェント日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

    マイナビエージェントでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

    【公式】https://mynavi-agent.jp

    【口コミ】マイナビエージェントの評判
    利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

    なお、電通への転職方法に関しては下記の記事で詳しく解説しているので、併せてご確認ください。

    【厳選】電通への転職におすすめの転職サイト・転職エージェント

    電通への転職に興味がある方のために、おすすめの転職サイト・転職エージェントを厳選して紹介します。

    電通への転職におすすめの転職サイト
    ビズリーチ

    【公式HP】https://bizreach.jp

    ビズリーチ』は、TVCMでも有名な国内最大級のスカウト型の転職サービスであり、おすすめの転職サイトです。

    匿名で経歴を登録するだけで高年収のスカウトが届き、気になるスカウトに返信することで効率的に転職活動を進めることができます。

    転職活動中の人はもちろん、直近の転職予定がなくても将来的に転職を考えている人も含めて200万人以上のユーザーが利用しています。

    人気企業・難関企業の採用担当者や高年収求人を扱う質の高いヘッドハンターからスカウトを受け取ったり、ビズリーチ限定で公開されている好待遇な求人の詳細を確認することができます。

    会員登録したからと言って面談を要求されたり、電話がかかってくることは一切ないため、まずは情報収集から始めたい人も安心して利用できます。

    サービス名 ビズリーチ
    公式ページ https://bizreach.jp
    サービス分類 ・転職サイト
    ・スカウトサービス
    特徴 ・年収1000万円以上の求人が多数
    ・200万人以上が利用する国内最大級の転職サイト
    運営会社 株式会社ビズリーチ
    厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-302647
    転職サイト「ビズリーチ」の概要

    電通への転職におすすめの転職エージェント
    ASSIGN(アサイン) | 若手ハイエンド特化型転職エージェント

    【公式HP】https://assign-inc.com

    ASSIGN(アサイン)』は、若手ハイキャリアに特化した転職エージェントです。コンサル・IT・金融などの業界への転職支援に強みがあります。

    面接対策や業界研究など転職サポートの丁寧さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞しています。

    ASSIGN(アサイン)のメリット・良い評判
    • 高年収を目指す20代・30代のための魅力的な求人が多い
    • 中長期的で真摯かつ丁寧なキャリアサポートを受けることができる
    • 業界に理解が深く質の高いエージェントが在籍

    未経験でも挑戦できる独自の高年収求人を多数扱っていることに加え、面談後に一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

    今すぐ転職予定のない方や若手の方でも無料で面談やサポートを受けることができるため、高年収な業界への転職を将来的に考えている方は、是非公式ページから無料面談を申し込んでみて下さい。

    サービス名 ASSIGN(アサイン)
    公式ページ https://assign-inc.com
    サービス分類 ・転職エージェント
    ・特化型
    特徴 若手ハイエンド専門の転職エージェント
    運営会社 株式会社アサイン
    厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-308560
    転職エージェント「ASSIGN(アサイン)」の概要

    電通への転職におすすめの転職エージェント
    マイナビエージェント | 好条件の非公開求人が多く、利用者の年収UP率61.1%

    【公式HP】https://mynavi-agent.jp

    マイナビエージェント』は、大手人材会社のマイナビが運営するおすすめの転職エージェントです。

    日本全国で幅広い業界・職種の転職を支援しており、国内最大級の利用者数を誇る人気の転職エージェントサービスです。

    誰もが知る大企業から地方の隠れた優良企業まで幅広い求人を扱っており、マイナビエージェントでしか扱いのない好条件の非公開求人が多いことも特徴です。

    マイナビエージェントの求人企業(例)

    ■ 日系大手・ホワイト高年収企業

    キーエンス / SONY / NTTデータ / 野村総合研究所 / アビームコンサルティング / サイバーエージェント / エムスリー / 野村證券

    ■ 外資系・グローバル企業

    アクセンチュア / PwC / アマゾンジャパン / デロイトトーマツコンサルティング / SAMSUNG / ボッシュ

    マイナビエージェントはすべての機能が無料で利用でき、登録してみて自分に合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会できます。

    サービス名 マイナビエージェント
    公式ページ https://mynavi-agent.jp
    サービス分類 ・転職エージェント
    ・総合型
    対応地域 日本全国対応可能
    運営会社 株式会社マイナビ
    厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-080554
    転職エージェント「マイナビエージェント」の概要

    電通への転職におすすめの転職エージェント
    キャリアスタート | 若手・未経験層に特化した実績豊富な転職エージェント

    キャリアスタート

    【公式HP】https://careerstart.co.jp

    キャリアスタート』は、第二新卒・既卒・未経験の方向けに特化して転職支援を行っている転職エージェントです。

    未経験の業界や職種への転職支援の実績が豊富で、実際の利用者からは「転職を通じて年収が上がった」「未経験でもIT業界への転職に成功できた」「短期間で内定が出た」などポジティブな声が多く聞こえます。

    キャリアスタートのメリット・良い評判
    • 第二新卒や既卒、フリーターなど職歴の浅い20代に特化しており、利用者数も豊富
    • 年収が上がる求人が豊富
    • マンツーマン模擬面接や転職成功BOOKを通じて高い内定率を実現
    • 自己分析や適性検査を通じて、キャリアビジョンの設計をサポートしてくれる
    • 転職交流会や転居サポートといった独自のサポートを提供している

    マンツーマン模擬面接や独自のノウハウをまとめた『転職成功BOOK』といった独自の選考対策を受けたい方にもおすすめです。

    サービス名 キャリアスタート(CAREER START)
    公式ページ https://careerstart.co.jp
    サービス分類 ・転職エージェント
    ・特化型
    特徴 20代の第二新卒・既卒・未経験専門の転職エージェント
    登録者に『転職成功BOOK』を無料プレゼント中
    料金 無料
    運営会社 キャリアスタート株式会社
    厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-305582
    参考ページ キャリアスタートの評判と口コミ
    転職エージェント「キャリアスタート」の概要
    広告・人材・サービス業界の転職
    リクルートへの転職方法・転職難易度電通への転職方法・転職難易度
    サイバーエージェントへの転職方法・転職難易度博報堂への転職方法・転職難易度
    電通デジタルへの転職方法・転職難易度凸版印刷(TOPPAN)への転職方法・転職難易度
    ベネッセへの転職方法・転職難易度オリエンタルランドへの転職方法・転職難易度
    おすすめの転職サイト
    ビズリーチの評判ミイダスの評判
    ミドルの転職の評判リクナビNEXTの評判
    リクルートダイレクトスカウトの評判エン転職の評判
    Re就活の評判Greenの評判
    doda Xの評判
    おすすめの転職エージェント
    マイナビエージェントの評判dodaの評判
    リクルートエージェントの評判パソナキャリアの評判
    キャリアスタートの評判ハタラクティブの評判
    JACリクルートメントの評判レバテックキャリアの評判
    ギークリーの評判女性向け転職エージェント
    ハイクラス向け転職エージェント第二新卒におすすめの転職エージェント
    外資系向け転職エージェントIT向けおすすめ転職エージェント
    20代におすすめの転職エージェント30代におすすめの転職エージェント
    おすすめの派遣会社
    テンプスタッフの評判エン派遣の評判
    リクルートスタッフィングの評判スタッフサービスの評判
    ウィルオブの評判アデコの評判
    パソナの評判ランスタッドの評判
    テクノ・サービスの評判フルキャストの評判
    マンパワーグループの評判UTエイムの評判
    ネオキャリアの評判ワールドインテックの評判
    ホットスタッフの評判日研トータルソーシングの評判
    日総工産の評判パーソルクロステクノロジーの評判
    キャリアリンクの評判綜合キャリアオプションの評判
    日本ケイテムの評判グロップの評判
    都道府県別おすすめ転職エージェント・転職サイト
    北海道・東北北海道 青森 秋田 岩手 福島 宮城 山形
    関東東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
    中部愛知 静岡 山梨 長野 岐阜 新潟 富山 石川 福井
    近畿大阪 京都 兵庫 奈良 三重 和歌山 滋賀
    中国広島 岡山 鳥取 島根 山口
    四国高知 香川 愛媛 徳島
    九州・沖縄福岡 熊本 宮崎 長崎 佐賀 大分 鹿児島 沖縄
    都道府県別おすすめ転職エージェント・転職サイト
    地域別おすすめの派遣会社
    北海道・東北北海道 福島 宮城 岩手 青森 秋田 山形 札幌 仙台 盛岡
    関東東京 神奈川 埼玉 千葉 前橋 茨城 群馬 栃木 横浜 大宮 高崎 水戸 宇都宮 
    中部愛知 静岡 山梨 長野 岐阜 石川 新潟 富山 福井 名古屋 甲府 浜松 金沢 
    近畿大阪 京都 兵庫 三重 奈良 滋賀 和歌山 神戸 姫路 四日市 
    中国広島 山口 島根 岡山 鳥取
    四国高知 徳島 香川 愛媛 松山 
    九州・沖縄長崎 那覇 佐賀 大分 熊本 宮崎 沖縄 鹿児島 福岡 北九州 博多 
    地域別おすすめの派遣会社

    運営者情報

    タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業と特定募集情報等提供事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

    タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

    会社名タレントスクエア株式会社
    (旧 株式会社Prime Partner)
    公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
    本社所在地150-0002
    東京都渋谷区渋谷2-19-15 宮益坂ビルディング609
    法人番号9011001145238
    厚生労働省
    有料職業紹介事業許可番号
    13-ユ-315110
    厚生労働省
    特定募集情報等提供事業届出番号
    51-募-000460
    適格請求書事業者登録番号T9011001145238
    タレントスクエア株式会社の概要(2024年3月時点)

    また、転職・キャリア・年収に関する正確な情報を発信するために以下の公的機関等による情報を参考にしています。

    厚生労働省一般社団法人 日本人材事業協会公益社団法人 全国民営職業紹介事業協会一般社団法人 人材サービス産業協議会独立行政法人 労働政策研究・研修機構一般社団法人 日本人材派遣協会ハローワーク全国求人情報協会全国健康保険協会国税庁日本年金機構

    目次