日本製鉄の年収は平均825万円!役職別給与・年収偏差値も解説

日本製鉄の年収・ボーナスを解説

日本を代表する鉄鋼メーカーの日本製鉄。今回はタレントスクエアが実施した日本製鉄社員へのインタビューを参考に、日本製鉄の年収について徹底解説します。

本記事のポイント

下記は本記事の要約です。詳しく知りたい方は是非最後までお読みください。

日本製鉄の年収は?

日本製鉄は上場企業のため、有価証券報告書で平均年収が開示されています。

有価証券報告書によれば2023年3月期における日本製鉄の平均年収は825万円(平均年齢: 39.3歳)となっています。新型コロナウイルスの影響で下がっていた分を戻し、大きく回復していることが分かります。

年度平均年収平均年齢
2023年3月期825万円39.3歳
2022年3月期534万円38.5歳
2021年3月期494万円37.2歳
2020年3月期613万円37.2歳
2019年3月期613万円37.2歳
2018年3月期597万円37.4歳
日本製鉄の平均年収・平均年齢推移(出所: 同社IR
日本製鉄の役職別年収は?

日本製鉄における役職別の年収イメージは下記の通りです。

グレード年次年収レンジ
専門(2級・1級)1-4年目350-450万円
統括(2級・1級)4-7年目450-650万円
主査(AM)8-11年目700-900万円
主幹(M4/3)12年目-900-1,400万円
課長(M2)評価次第1,400-1,600万円
部長(M1)評価次第1,600万円-
日本製鉄におけるグレードと年収イメージ
中途で日本製鉄に転職するには?

日本製鉄は年収の高さや成長機会の豊富さ、その後のキャリアパスの広がりなどから転職市場で非常に高い人気があります。

一方で、近年では中途採用を積極的に行っており、20代や第二新卒での転職実績も出ているため、正しい選考対策を行うことで十分転職可能だと言えます。

正しい選考対策の方法が分からない場合や、キャリアアップしたいけど何から始めていいか分からない場合は、転職のプロである転職エージェントに一度相談してみましょう。

転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

ホワイト高年収の限定求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

【公式】https://assign-inc.com

★ 事前準備不要のオンライン相談会を実施中

\ 高年収業界・人気企業への転職に強い /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)
キャリアアップにおすすめ転職サービス
ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。

匿名で経歴を登録するだけで人気企業の高年収スカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp
ASSIGN
(アサイン)
20代・30代のキャリアアップ支援に特化した大手転職エージェント。

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年5月中に登録した方全員に、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
マイナビAGENT日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選
目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

日本製鉄はどんな会社?

日本製鉄は日本の最大手鉄鋼メーカーです。2012年に新日本製鉄(新日鉄)と住友金属工業の合併によって誕生しました。(当時の社名は新日鉄住金)

日本国内および世界15カ国以上に製造拠点を展開しています。 日本製鉄グループは、製鉄事業を中核に、エンジニアリング事業、ケミカル&マテリアル事業、システムソリューション事業の4つの分野を推進しています。

日本製鉄の事業分野
  • 製鉄: 鉄鉱石から様々な鉄鋼製品を製造・提供
  • エンジニアリング: 製鉄・環境・エネルギー関連のプラントから、超高層建築物・巨大鋼構造物などのインフラを建設
  • ケミカル・マテリアル: コールケミカルや化学品等の高機能材料を製造
  • システムソリューション: DX、システムソリューションの提供。上場子会社の日鉄ソリューションズが担う

日本製鉄のセグメント別の業績は下記の通りです。

セグメント名売上高セグメント利益
製鉄61,536億円8,710億円
エンジニアリング2,792億円63億円
ケミカル・マテリアル2,498億円253億円
システムソリューション2,713億円308億円
日本製鉄のセグメント別業績
会社名日本製鉄株式会社
英語名NIPPON STEEL CORPORATION
資本金4,195億円
本社所在地東京都 千代田区 丸の内 2-6-1
日本製鉄株式会社の企業概要

日本製鉄の平均年収は825万円(平均年齢: 39.3歳)

日本製鉄は上場企業のため、有価証券報告書で平均年収が開示されています。有価証券報告書によれば2023年3月期における日本製鉄の平均年収は825万円(平均年齢: 39.3歳)となっています。新型コロナウイルスの影響で下がっていた分を戻し、大きく回復していることが分かります。

年度平均年収平均年齢
2023年3月期825万円39.3歳
2022年3月期534万円38.5歳
2021年3月期494万円37.2歳
2020年3月期613万円37.2歳
2019年3月期613万円37.2歳
2018年3月期597万円37.4歳
日本製鉄の平均年収・平均年齢推移(出所: 同社IR

国税庁が開示している日本人の平均年収が461万円であることから、日本製鉄の平均年収は日本人全体の平均よりも有意に高いと言えます。

また、マイナビAGENTが公表している業種別平均年収ランキングによると、鉄鋼・金属メーカーの平均年収は451万円となっており、日本製鉄の平均年収は鉄鋼・金属メーカー全体の平均年収よりも高い水準になっています。

日本製鉄の平均手取りはいくら?

国税庁・日本年金機構・全国健康保険協会の公式情報をもとに試算すると、日本製鉄の平均と同じく39歳で年収825万円の場合、年間の手取り額は約609万円ひと月あたりの手取り額は約51万円となります。

なお、実際の手取りは年収に占めるボーナスの割合や家族構成等によって変動する可能性があります。詳しく知りたい方は手取り計算ツールをご覧ください。

▼ 条件を指定して手取り額を計算できます
項目 年収 月収
額面収入
所得税
住民税
健康保険
厚生年金
雇用保険
介護保険
手取り

国税庁日本年金機構全国健康保険協会の最新情報をもとに試算(詳細: 手取り計算ツール

日本製鉄の転職難易度は?

日本製鉄は年収の高さや成長機会の豊富さ、その後のキャリアパスの広がりなどから転職市場で非常に高い人気があります。

一方で、近年では中途採用を積極的に行っており、20代や第二新卒での転職実績も出ているため、正しい選考対策を行うことで十分転職可能だと言えます。

実際に選考を受ける前に合格可能性を知りたい方は、『転職可能性診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

簡単な経歴を登録するだけで、人気企業100社への転職可能性を数字で算出してレポートとして受け取ることができます。

転職可能性診断の対象企業(一部抜粋)

高年収難関企業

三菱商事 / キーエンス / 電通 / 野村総合研究所 / リクルート / エムスリー / SONY / ベイカレント / M&A総合研究所 など

ホワイト安定企業

NTTドコモ / 味の素 / 明治 / 日本たばこ産業 / 富士フイルム / 東京海上日動火災保険 / 任天堂 / サントリー / 花王 など

外資系・グローバル企業

Google / マッキンゼー / ゴールドマンサックス / P&G / アマゾン / PwC / アクセンチュア / セールスフォース など

【公式ページ】転職可能性診断

【参考】日本製鉄の年収偏差値は?

年収偏差値について詳しく知りたい方は以下の年収偏差値計算ツールをご利用ください。年齢と年収を入力すると年収偏差値を試算することができます。

▼ 条件を指定して年収偏差値を計算できます
年収偏差値計算ツール
偏差値
男性の中での偏差値
女性の中での偏差値
大卒の中での偏差値
大企業の中での偏差値

厚生労働省『賃金構造基本統計調査』の最新情報をもとに試算

日本製鉄の年収は低い?
競合と比べた年収ランキングから見る日本製鉄の年収

競合企業と比較した場合の年収ランキングは下記の通りです。JFEスチールは持株会社の年収水準なので高めの平均年収となっていることを加味すると、日本製鉄の年収は十分に高い水準であることが分かります。

会社名平均年収出典
JFEスチールの年収1,241万円2023年3月期決算
日本製鉄の年収825万円2023年3月期決算
神戸製鋼所の年収605万円2023年3月期決算
日本製鉄と競合他社の平均年収の比較

日本製鉄の年収はなぜ「低い」と言われる?

日本製鉄は2020年3月期に大幅に平均年収が下がり、以降年収が低いと言われています。

決算期売上高事業利益純利益
20/3期5兆9,215億-4,235億-4,315億
21/3期4兆8,292億-86億-324億
22/3期6兆8,089億8,165億8,668億
23/3期7兆9,756億6,373億6,940億

2020年3月期の業績は、製鉄事業で国内外の鋼材需要の低迷が響いたほか、高炉の休止を決めた呉製鉄所(広島県呉市)などで事業用資産の減損損失を計上したことが原因となっています。

当時は過去最高益を見込んでの一転赤字だったため、市場に大きなインパクトを与えました。2021年3月期は、新型コロナウイルス感染症の影響によって前年に引き続き赤字が継続されました。

2年連続の赤字だったため、日本製鉄の年収は大幅に低下しましたが、2022年3月期は事業の見直しやコスト削減を通じて過去最高利益を達成しています。

鉄鋼は市況や外部環境の影響も大きく受けるため、利益が大幅に減る年もあるというのが実情ですが、日本製鉄はそうしたボラティリティがあっても6,000億円以上の利益が出る体質にするよう構造改革しています。

2023年3月期では業績の安定化に伴って平均年収が825万円と大きく回復しており、心配する必要はないと言えるでしょう。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職エージェント診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで自分にあった転職エージェントが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?
【質問2】性別は?
【質問3】現在の年収は?
【質問4】現在の職種は?
【質問5】希望勤務地は?

日本製鉄の総合職における役職別年収

日本製鉄の年収は一般的な年収体系となっており、基本給と残業代、賞与で構成されます。

日本製鉄の年収= 基本給 + 残業代 + 賞与(年2回)

基本給はグレードによって、賞与は評価によって決定されます。残業代に関しては主査職になるまで支給されますが、課長職以降では裁量労働制に移行するという制度となっています。

日本製鉄においては、「専門(2級・1級)」「統括(2級・1級)」「主査(AM)」「主幹(M4/3)」「課長(M2)」「部長(M1)」という順番で昇進していきます。主査に昇進するまでは筆記試験・論文・面接などを受けて合格する必要があります。

日本製鉄における役職別の年収イメージは下記の通りです。

グレード年次年収レンジ
専門(2級・1級)1-4年目350-450万円
統括(2級・1級)4-7年目450-650万円
主査(AM)8-11年目700-900万円
主幹(M4/3)12年目-900-1,400万円
課長(M2)評価次第1,400-1,600万円
部長(M1)評価次第1,600万円-
日本製鉄におけるグレードと年収イメージ

なお、上記は総合職の年収であり、一般職などは別の年収体系が適用されます。なお、昇格においては基本的に年功序列制ですが、主査以降の昇格に差が生まれます。

日本製鉄における評価制度と昇格・ボーナス

日本製鉄においては賞与が年に2回支給されます。基本給に対して賞与の割合が高く、賞与は基本給の6-10か月分程度となっています。

賞与の要素としては会社業績と個人業績の2要素がありますが、基本的に会社業績が占める割合が大きく、個人による評価差は生まれづらいというのが現状の模様です。

個人の評価に関してはそれほど賞与に差が生まれませんが、評価制度としては期初に立てた目標の達成度合いによって評価されます。また、昇格においては試験(筆記・面接)を受ける必要もありますが、基本的に全員が受かる模様です。

日本製鉄で年収1,000万円は到達可能?

日本製鉄では主幹クラスで年収1,000万円に到達します。特に近年は業績が良く賞与の金額が大きいため、比較的早い段階で年収1,000万円に到達することもある模様です。

日本製鉄における部長の年収は?

日本製鉄における部長の年収は1,600万円程度となっています。

日本製鉄における高卒の年収は?

日本製鉄における高卒は大卒と比較して昇進スピードが遅く、昇進人数も限られているため年収は下押しされます。ボリュームゾーンは年収400-800万円程度と推定されます。

日本製鉄における年齢別年収推移

新卒で日本製鉄に入社して、その後も順調に昇進した場合の年齢別年収(ボーナス・残業代を含む)の推移は以下の通りです。

なお、昇進スピードや残業時間・評価によって合計年収は変わる可能性があるため、参考までにご覧ください。

年齢年収
25歳400-450万円
30歳600-650万円
35歳850-900万円
40歳1,000万円以上
45歳1,200万円以上(評価次第)
50歳1,400万円以上(評価次第)
日本製鉄における年齢別年収のイメージ

中途で日本製鉄に転職した場合の年収は?

中途で日本製鉄に転職したいと思っている場合、「自分の年収がどれくらいになるか」というのは誰しもが気になることだと思います。

実は新卒で入社したときの年収と中途で転職した場合の年収は大きく異なるケースが少なくありません。

中途で入社した場合の具体的な年収を知るためには、転職サイトに掲載されている実際の求人を見ることが最も確実です。口コミサイトやSNSよりも最新かつ正確な情報を知ることができます。

特に人気なのはCMでも有名な転職サイト『ビズリーチ』です。一般的な転職サイトではめったに見つからないような人気企業の高年収求人や好条件の非公開求人が多数掲載されています。

【公式HP】https://bizreach.jp

※2024年5月現在、新規登録すると109,360 件の求人が無料で閲覧可能

ビズリーチに関する豆知識

ビズリーチは定期的にログインしているとアカウントの評価が高まり、人気企業の非公開求人が優先的に案内されやすくなります。

転職活動を始める前から無料アカウントを作成して年に数回ログインしておくだけで、将来転職する際に情報が集まりやすく非常に有利になるのでおすすめです。

日本製鉄の新卒の年収・初任給及び手取り額は?(高卒・大卒・院卒別)

日本製鉄の初任給は下記の通りです。手取り額に関しても推定で掲載しています。

日本製鉄の初任給
  • 高専卒: 195,000円(手取り額: 161,980円)
  • 学部卒: 218,000円(手取り額: 181,292円)
  • 修士了: 243,000円(手取り額: 202,532円)

上記に対して残業代・賞与が別途支給されるため、学部卒における初年度の年収は300-350万円程度になると想定されます。

日本製鉄の福利厚生

日本製鉄の福利厚生は公式サイトにて詳細に説明されています。主な福利厚生は下記の通りです。大企業としては標準的な水準となっています。

日本製鉄の主な福利厚生
  • 社宅: 約5,500戸(うち本社地区 約700戸)
  • 独身寮: 約9,500戸(うち本社地区 約600戸)
  • 保育所
  • 持家融資制度: 融資限度額 5,000万円 – 東京地区、勤続10年以上または30歳以上の場合
  • 子女の教育支援制度: 融資限度額 500万円
  • 家族の介護支援制度: 融資限度額 500万円
  • リフレッシュ休暇制度
  • ワークライフ・サポート制度

日本製鉄はなぜ「やばい」「潰れる」と言われるのか?

日本を代表する製鉄企業の日本製鉄ですが、Googleで「日本製鉄」と検索すると関連キーワードに「やばい」「潰れる」というネガティブなワードがあります。

日本製鉄に関する評判

日本製鉄への就職や転職を検討している方の中でも、この検索結果を見て尻込みしてしまったり、不安になってしまった方も少なくないのではないでしょうか。

日本製鉄が「やばい」と言われる理由
  • 業績が悪く将来性がないと言われているから
  • 大規模なリストラがあるから
  • USスチールを巨額の金額で買収するから
  • 君津にある高炉を閉鎖したと言われているから
  • 不祥事が相次いでいるから
  • 激務で離職率も高いと言われているから
  • 採用大学のレベルが高く学歴フィルターがあると噂されているから

下記の記事では日本製鉄が「やばい」と言われる理由について解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

日本製鉄は激務?ホワイト企業?

日本製鉄は激務だと言われることがあります。

日本製鉄では働き方改革を実施しており、日本製鉄のサステナビリティレポートにおける公式発表によれば、日本製鉄の平均残業時間は22.2時間となっております。2013年頃は残業時間が40-50時間程度だった模様で、相当に労働時間が減少していることが分かります。

1カ月当たりの労働者の平均残業時間22.2時間
有給休暇取得率82.9%
年次有給休暇の平均取得日数16.6日
育児休業利用者数・取得率男性612名(56%)
女性146名(100%)
介護休業・休暇制度利用者数13名
介護短時間勤務制度利用者数2名
日本製鉄における各種労働関連データ(出所: サステナビリティレポート

また、日本製鉄においても社内のコンプライアンスは厳しくなり、パワハラの様な振る舞いは減少している模様です。離職率はサステナビリティレポートによれば2022年度で2.2%と低水準であることが分かります。

中途で日本製鉄に転職するために

日本製鉄は転職市場で非常に人気の高い会社ですが、未経験であっても前職での実績次第で十分に転職できる可能性があります。未経験であっても日本製鉄に転職するためには、大手メーカーをよく知る転職エージェントからサポートを受けるのがベストです。

転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

20代・30代向けの高年収求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

【公式】https://assign-inc.com

2024年5月現在、事前準備不要のオンライン面談を提供中

【2024年5月】限定特典あり

2024年5月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。

\ 高年収業界・人気企業への転職に強い /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)
キャリアアップにおすすめ転職サービス
ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。

匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp

【口コミ】ビズリーチの評判
ASSIGN
(アサイン)
20代・30代のキャリアアップ支援に特化した大手転職エージェント。

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年5月中に登録した方全員に、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
マイナビAGENT日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp

【口コミ】マイナビエージェントの評判
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

日本製鉄の総合職はエリート?採用大学・学歴は?就職難易度は高い?

大学通信によれば、日本製鉄の採用大学は下記の通りです。大学別に見ると九州大学、早稲田大学、大阪大学、慶應義塾大学、京都大学などを中心に非常にレベルが高い大学の出身者が多く、日本製鉄の採用大学・学歴・就職難易度ともにレベルが高いことが分かります。

順位大学採用人数
1九州大学14
2早稲田大学11
3大阪大学10
慶應義塾大学10
5京都大学9
東北大学8
東京大学8
8北海道大学5
一橋大学5
神戸大学5
東京理科大学5
日本製鉄の採用大学別人数(出典: 大学通信

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地150-0002
東京都渋谷区渋谷2-19-15 宮益坂ビルディング609
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年5月時点)
目次