【必見】第二新卒エージェントneoの評判・口コミを解説【やばい?】

転職するうえで、転職エージェント選びは非常に重要です。転職エージェントの中でも『第二新卒エージェントneo』は、第二新卒・既卒・高卒・中卒・フリーターを中心とした20代の就職・転職支援に注力しているサービスです。

ネット上では、「学歴不問で転職サポートをしてくれる」「サポートが丁寧」という評判もありますが、「求人の質が悪いことがある」「担当エージェントの質にばらつきがある」といったネガティブな評判も散見されます。

今回は、第二新卒エージェントneoを実際に利用したことがある方々へのインタビューをもとに、第二新卒エージェントneoの特徴・評判について調べて記事にしてみました。第二新卒エージェントneoへの登録を検討している方は是非ご覧ください。

本ページの内容は利用者の口コミをもとに作成しています

■ 転職サービスの口コミ情報について

本ページに掲載されている転職サービスの紹介内容は、実際の利用者の口コミデータをもとに、編集部が実際にサービスを利用したうえで事実関係や最新の状況を確認したうえで作成しています。

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)

また、転職エージェントの選び方に困っている方や、キャリアについて相談できるプロを探している方は『第二新卒向けおすすめ転職エージェントランキング』をご覧ください。

\結論だけ知りたい人のために/

このページの内容の要約
  • 第二新卒エージェントneo』は既卒、フリーター、第二新卒、ニートなど経歴の浅い人向けの就職エージェントです。すべての機能が無料で利用でき、経験豊富なアドバイザーが面接対策から求人紹介、内定後のサポートまで一貫して伴走してくれます。
  • 第二新卒エージェントneoは社会人未経験の方や社会人経験の短い方でも安心して利用でき、短期間で内定を獲得しやすいというメリットがあります。スピード重視で就職したい人にはおすすめのサービスです。
  • 一方、「大企業の求人が少ない」「待遇の良い求人ばかりとは限らない」と言った声があることは事実で、他にも良いエージェントがいる可能性があります。
  • 大企業への就職を目指す人には、『ハタラクティブ』という大手エージェントもおすすめです。既卒・フリーター・未経験から大企業への就職支援に定評があり、利用者の内定先の86.5%が大企業という確かな実績があります。
  • また、年収を重視したい人には『キャリアスタート』という人気エージェントもおすすめです。学歴や職歴よりもポテンシャルを評価してくれる優良企業の求人を抱えており、月収25万円以下から年収100万円以上アップの事例が多数あります。
  • 第二新卒エージェントneoのようなエージェントは、同時に何社使っても問題なく、すべて無料で利用できます。複数のエージェントを併用することで、担当者ガチャのリスクを回避したり、より多くの選択肢から自分に合った就職先を見つけることが出来ます。
目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

転職エージェント 第二新卒エージェントneoでは何ができる?

第二新卒エージェントneoは国内大手の転職エージェントです。登録すると経験豊富なエージェントが1人ずつ担当として付き、書類作成から面接のサポート、企業との面談設定、入社準備まで、一貫してサポートを提供してくれます。

転職エージェントとは?他の転職サービスとの違い

転職エージェント」とは、転職支援のプロであるキャリアアドバイザーが求職者と面談したうえで希望条件や強みを引き出し、求職者に最適な求人企業を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントの仕組み

「転職エージェント」以外の転職サービスとしては、掲載されている求人を自分で探して応募する「求人サイト」や経歴を登録すると企業からスカウトが届く「スカウトサービス」があり、目的に応じて使い分けが重要です。

転職エージェントの最大の特徴は、求職者に担当のキャリアアドバイザーがつき、書類添削・面接対策・日程調整などの一連の転職の流れを全てサポートしてくれる点です。

忙しくて転職活動に割く時間がない方や、書類選考・面接対策に自信がない方は、転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントキャリアアドバイザーがマンツーマンで求職者をサポート。最適な求人も紹介
求人サイト求職者が求人を自由に閲覧し、興味がある求人に応募することで選考を受けることが可能
スカウトサービス求職者が経歴情報を登録することで企業からスカウトが届く。
転職サービスの種類

第二新卒エージェントneoの特徴を一言で表すと、学歴不問で第二新卒・既卒・フリーターといった20代の転職に特化しているという点です。1人あたり8時間ほどかける丁寧なサポート体制で、平均4社程度の選考を受ければ内定が可能となっています。

第二新卒特化型エージェント『第二新卒エージェントneo』
サービス名第二新卒エージェントneo
公式ページhttps://www.daini-agent.jp
サービス分類・転職エージェント
・特化型
特徴20代の既卒・第二新卒に特化
料金無料
運営会社株式会社ネオキャリア
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-070309
【参考記事(派遣)】ネオキャリアの評判を解説
転職エージェント「第二新卒エージェントneo」の概要

第二新卒エージェントneo登録後の流れ

具体的に第二新卒エージェントneoを活用する際は、下記のようなプロセスとなります。

第二新卒エージェントneoを活用する場合の流れ
  1. 第二新卒エージェントneoに登録
  2. 登録後、第二新卒エージェントneoより連絡、初回面談の日程を調整
  3. 初回面談(希望職種・希望年収水準・経歴についてすり合わせ)
  4. 求人紹介・応募
  5. 面接対策・面接
  6. 内定・条件交渉

登録後の初回面談で、候補者がどのような会社に転職したいのか求める年収の水準今までの経歴等に関して担当エージェントとすり合わせを行い、最適な求人を継続的に紹介してもらうというのが大まかな流れです。

第二新卒エージェントneoはコンサルタントが丁寧に相談にのってくれるので、悩んでいる方は是非登録することをおすすめします。

転職するか分からないのだけど、初回面談を受けても良い?登録だけしても良い?

転職するかどうかが分からない状態でも初回面談は気軽に受けて問題ありません。もちろん登録だけでも可能です。

第二新卒エージェントneoを活用するにあたってお金はかかる?

第二新卒エージェントneoを活用しても、お金は一切かかりません。ご安心して初回面談にお申し込みください。

第二新卒エージェントneoで登録拒否されることはある?

第二新卒エージェントneoでは登録拒否されることは一切ありません。どなたでもお気軽にご登録いただけます。

第二新卒エージェントneoに登録しても退会できる?

第二新卒エージェントneoに登録しても、担当者にその旨を電話・メールで伝えることによりいつでも退会することができます。

学歴不問?第二新卒エージェントneoの良い評判・特徴

第二新卒エージェントneoの基本情報について簡単にご説明しましたが、次に第二新卒エージェントneoの口コミ・評判・メリット・デメリットについて説明します。

まずは、口コミ・評判から見えてきた第二新卒エージェントneoのメリット・良い評判についてまとめてみました。

第二新卒エージェントneoのメリット・良い評判
  • 第二新卒・高卒・中卒・既卒・フリーターなど学歴不問で就職をサポートしている
  • 1人あたり8時間ほどかける丁寧なサポート体制で、就職サポートの実績も豊富
  • 有名企業の求人から人気職の求人まで、多種多様な求人を揃えている
  • 内定までのスピードが早い

第二新卒エージェントneoのメリット・良い評判①
第二新卒・高卒・中卒・既卒・フリーターなど学歴不問で就職をサポートしている

第二新卒エージェントneoは第二新卒・高卒・中卒・既卒・フリーターなど学歴不問で就職をサポートしているという特徴・メリットがあります。

一般的な転職エージェントだと学歴次第でサポートを受けられないことも少なくありませんが、第二新卒エージェントneoでは学歴に関係なくサポートをしております。

第二新卒エージェントneoのサポート対象
  • 第二新卒・高卒・中卒・既卒・フリーター

第二新卒エージェントneoにおいては未経験OKの求人や、採用後の研修が用意されていることが多く、社会人経験のない人にとって有用な求人が多くなっています。

既卒や第二新卒だと就職に苦労することも多い中で、そうした人を積極的に採用したい企業による求人を多く保有している点がメリットです。実際に第二新卒エージェントneoを活用して就職を成功させた既卒や第二新卒などの方々は多数いらっしゃいます。

既卒や第二新卒、フリーターやニートが就職活動で苦労する理由
  • 新卒至上主義の考え方がいまだに根強いため
  • 「本人に問題がある」と思われているため
  • 経験が不足しているため

第二新卒エージェントneoは職務経験無しの就職・転職支援実績が10,000人を突破しているように、実績も豊富な転職エージェントです。

第二新卒エージェントneoのメリット・良い評判②
1人あたり8時間ほどかける丁寧なサポート体制で、平均4社程度の選考を受ければ内定が可能

第二新卒エージェントneoはサポートの丁寧さ・充実度に定評があることが特徴の1つです。

具体的には、①どんなときであってもレスポンスが早い、②丁寧な面接・選考対策をしてくれる、③候補者を分析してその人に合った求人を提案してくれるという点において評価が高くなっています。

実際に第二新卒エージェントneoは1人あたりのサポートに8時間ほどかけるように、手厚いサポート体制が好評となっています。

第二新卒エージェントneoは第二新卒・高卒・中卒・既卒・フリーターといった人材をターゲットにしており、そうした方々が抱える悩みについてのノウハウを豊富に保有しています。

同時に社会人歴の浅い方々は面接対策や書類選考といった対策が必須です。第二新卒エージェントneoは、面接対策や書類選考といった対策を丁寧にサポートしてくれるため、是非活用することをおすすめします。

第二新卒エージェントneoでは、平均4社程度の選考を受ければ内定が可能

第二新卒エージェントneoでは、平均4社程度の選考を受ければ内定が可能となっています。これは、書類の添削や面接対策を細かく行う丁寧なサポートによるものです。

第二新卒エージェントneoのメリット・良い評判③
有名企業の求人から人気職の求人まで、多種多様な求人を揃えている

第二新卒エージェントneoでは、有名企業の求人から人気職の求人まで、多種多様な求人を揃えているという点も良い評判の1つです。第二新卒エージェントneoは大手も含めて下記の様な企業が活用しています。

こうした企業による求人だけでなく、人気の高い事務職、営業職、ITエンジニア、サービス業といった人気職の求人を揃えている点がメリットの1つです。未経験者歓迎の求人も多数揃っています。

第二新卒エージェントneoのメリット・良い評判④
内定までのスピードが早い

第二新卒エージェントneoは内定までのスピードが早いという点も良い評判の1つです。第二新卒エージェントneoによれば、最短10日程度で内定を獲得する方もいる模様です。

第二新卒エージェントneoでは、随時社員を募集している企業の求人を多数取り揃えることで、時期によらず様々な求人が揃っています。

また、丁寧なサポートにより内定確率が高い(平均して4社の選考を受けることで1社内定)ことも、内定スピードが早い背景となっています。

約1ヶ月程度で入社先を決定される方も多く、短期間で就職・転職先を決めたい方におすすめとなっています。

第二新卒エージェントneoは危険?やばい?悪い評判・口コミとその対応策

第二新卒エージェントneoの悪い評判についても深堀りします。口コミ・評判から見えてきた第二新卒エージェントneoのデメリット・悪い評判についてまとめてみました。

第二新卒エージェントneoが危険・やばいと言われる理由
  • 若手以外や職務経験者など経歴がある人には向いていない
  • 大手企業の求人はあまり多くなく、希望の求人がない場合がある
  • 待遇の良い求人ばかりとは限らない
  • 担当エージェントの質にばらつきがある

第二新卒エージェントneoが危険・やばいと言われる理由①
若手以外や職務経験者など経歴がある人には向いていない

第二新卒エージェントneoでは、若手以外や職務経験者など経歴がある人には向いていないという評判があります。

第二新卒エージェントneoは第二新卒・高卒・中卒・既卒・フリーターなどに特化しているため、若手以外のシニア層だったり、既に数年働いている経験者には向いていません。

男性のアイコン

第二新卒エージェントneoの悪い評判・口コミ

30代男性

第二新卒エージェントneoのサポート対象は20代なので、30代だと活用するのは難しいという感想を抱いた。20代後半~30代の方は別のサービスを活用したほうが良いかと思う。

第二新卒エージェントneoが危険・やばいと言われる理由②
大手企業の求人はあまり多くなく、希望の求人がない場合がある

第二新卒エージェントneoでは希望の求人がない場合があるという特徴もあります。

第二新卒エージェントneoは職歴の浅い人向けの転職エージェントですが、確かに求人数は大手の転職エージェントと比べると少なく、大手企業の求人も少ない傾向にあります。

男性のアイコン

第二新卒エージェントneoの悪い評判・口コミ

20代男性

ブラック企業などへの就職が怖かったので、大手企業への就職を目指していたのだが、第二新卒エージェントneoは第二新卒や既卒向けなので大手企業の求人が少なく、希望の求人に出会うことができなかった。

第二新卒や既卒・フリーターで大手企業への転職を検討している方は、大手企業への求人を多数扱っている『キャリアスタート』のような転職エージェントを活用するのがおすすめです。

キャリアスタート

【公式HP】https://careerstart.co.jp

キャリアスタート』は、第二新卒・既卒・未経験の方向けに特化してキャリア支援を行っているエージェントです。

未経験の業界や職種への転職支援の実績が豊富で、実際の利用者からは「転職を通じて年収が大きく上がった」「未経験でもIT業界への転職に成功できた」「短期間で大手から内定が出た」などポジティブな声が多く聞こえます。

キャリアスタートのメリット・良い評判
  • 第二新卒や既卒、フリーターなど職歴の浅い20代に特化
  • 年収が100万円以上アップできる求人が豊富
  • マンツーマン模擬面接や『転職成功BOOK』を通じて高い内定率を実現
  • 自己分析や適性検査を通じて、キャリアビジョンの設計をサポートしてくれる
  • 転職交流会や転居サポートといった独自のサポートを提供している
サービス名キャリアスタート(CAREER START)
公式ページhttps://careerstart.co.jp
サービス分類・転職エージェント
・特化型
特徴20代の第二新卒・既卒・未経験専門の転職エージェント
登録者に『転職成功BOOK』を無料プレゼント中
料金無料
運営会社キャリアスタート株式会社
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-305582
参考ページキャリアスタートの評判と口コミ
転職エージェント「キャリアスタート」の概要

キャリアスタートの評判・口コミについて詳しく知りたい人はこちらをご覧ください。

第二新卒エージェントneoが危険・やばいと言われる理由③
待遇の良い求人ばかりとは限らない

第二新卒エージェントneoでは待遇の良い求人ばかりとは限らないという特徴もあります。

第二新卒エージェントneoは既卒や第二新卒向けの求人が多いという関係上、求人も必ずしも待遇が良いものばかりというわけではありません。待遇の良しあしを判断するためにも、求人を見る際は下記のような点に注意してみるようにしましょう。

待遇の悪い求人の見分け方
  • 給与が低いまたは高すぎる
  • 残業代に関する記載がない、または固定残業代の支給
  • 福利厚生の有無

特に残業代が固定残業代となっている場合、有名企業でない限りは残業時間が長くなる傾向もあるので意識するようにしましょう。

男性のアイコン

第二新卒エージェントneoの悪い評判・口コミ

20代男性

実際には応募に至らなかったので実態は分からないが、ブラック企業の求人なのではと疑ってしまうような求人が散見された。もちろん良質な求人もあるのだが、目利き力が必要となると思う

第二新卒エージェントneoが危険・やばいと言われる理由
担当エージェントの質にばらつきがある

第二新卒エージェントneoでは担当エージェントの質にばらつきがある場合があるという評判もあります。第二新卒エージェントneoにおいては性格が合わない転職エージェントに当たってしまうこともあります。

どうしても担当エージェントと相性が合わない場合は、担当者や問い合わせ欄でその旨を伝えると良いでしょう。一人のエージェントに合わない場合は別のエージェントを紹介してもらうこともできます。

第二新卒エージェントneoはこんな人におすすめ

第二新卒エージェントneoの特徴・口コミ・評判についてまとめましたが、第二新卒エージェントはこんな人におすすめです。

第二新卒エージェントneoはこんな方におすすめ
  • 第二新卒や既卒、フリーター、ニートの方やブランクがある方
  • 未経験の業界に挑戦したい人
  • 質の高い転職サポートを受けたい方
  • 早く内定が欲しい方

第二新卒エージェントneoがおすすめな人①
第二新卒や既卒、フリーター、ニートの方やブランクがある方

第二新卒エージェントneoは、第二新卒・高卒・中卒・既卒・フリーターなどにおすすめの転職エージェントです。ここまでご説明してきた通り、第二新卒エージェントneoは第二新卒・高卒・中卒・既卒・フリーターなどの転職に強みを持っています。

第二新卒・高卒・中卒・既卒・フリーターなどの方向けの求人は他の転職エージェントになかったり、案件が少ないことが多いですが、その領域に特化している第二新卒エージェントneoであれば良い求人に出会える可能性があります。

特に第二新卒エージェントneoでは大手企業のほか、人気の高い事務職、営業職、ITエンジニア、サービス業をはじめ、多種多様な求人が揃っているため、目当ての求人を見つけることができるでしょう。

第二新卒エージェントneoがおすすめな人②
未経験の業界に挑戦したい人

第二新卒エージェントneoは、未経験の業界に挑戦したい人におすすめの転職エージェントです。第二新卒エージェントneoは第二新卒・高卒・中卒・既卒・フリーターなどの転職に強みを持っており、未経験者歓迎の求人も多くなっています。

企業によっては研修が1か月程度用意されている場合もあります。こうした未経験者歓迎の求人を多く保有している第二新卒エージェントは、未経験の業界に転職したい方にとっておすすめです。

第二新卒エージェントneoがおすすめな人③
質の高い転職サポートを受けたい方

第二新卒エージェントneoは、転職エージェントによる手厚いサポートを受けたい人におすすめです。

転職においては面接や書類添削を含めた選考対策が非常に重要となっています。就職が難しい第二新卒や既卒、フリーター、ニートの方は特に選考対策は必須となってきます。

第二新卒エージェントneoのキャリアアドバイザーは丁寧なサポートに定評があり、丁寧なサポートを受けたい人は是非第二新卒エージェントneoの活用をおすすめします。

第二新卒エージェントneoがおすすめな人④
早く内定が欲しい方

第二新卒エージェントneoは、早く内定が欲しい方にとってもおすすめのエージェントです。第二新卒エージェントneoによれば、最短10日程度で内定を獲得する方もいる模様です。

第二新卒エージェントneoでは、随時社員を募集している企業の求人を多数取り揃えることで、時期によらず様々な求人が揃っています。

また、丁寧なサポートにより内定確率が高い(平均して4社の選考を受けることで1社内定)ことも、内定スピードが早い背景となっています。

約1ヶ月程度で入社先を決定される方も多く、短期間で就職・転職先を決めたい方におすすめとなっています。

第二新卒エージェントneoを最大限活用するためのコツ

第二新卒エージェントneoを最大限活用するためのポイントについてご紹介します。第二新卒エージェントneoを最大限活用するにあたっては、下記の様なことを意識すると良いでしょう。

第二新卒エージェントneoを最大限活用するためのコツ
  • 書類添削・面接対策は積極的にお願いする
  • 複数の転職エージェントに登録する

第二新卒エージェントneoを最大限活用するためのコツ①
書類添削・面接対策は積極的にお願いする

第二新卒エージェントneoを最大限活用するために、書類添削・面接対策は積極的にお願いするようにしましょう。転職活動は、対策をしない場合とする場合で結果に大きな差が生まれます。

第二新卒エージェントneoのコンサルタントは豊富な転職支援実績をもとに、書類や面接対策において豊富なノウハウを保有しており、活用することで転職成功率を大きく上げることができるでしょう。

第二新卒エージェントneoを最大限活用するためのコツ②
複数の転職エージェントに登録する

第二新卒エージェントneoを最大限活用するためには、逆説的ですが複数の転職エージェントを活用することもおすすめします。複数の転職エージェントを活用することで、より豊富な選択肢からベストな就職先を選ぶことができます。

エージェントは複数登録するのがおすすめな理由
  • 希望の求人を探す際に、見ることができる求人の数が増え、求人を見逃す心配が減る
  • 各求人を比較できる
  • 担当エージェントの質を比較できる
  • 各転職エージェントの独占案件・非公開案件を確認できる
  • 登録は無料でいつでも退会できる

属性や年齢別にみた第二新卒エージェントneoがおすすめの人

属性や年齢別のおすすめ度合いは下記の通りとなっています。

項目詳細
第二新卒への
おすすめ度
★★★★★
第二新卒エージェントneoは第二新卒における求人に強いため、おすすめできる。また、同様にこうした領域に強いキャリアスタートハタラクティブの活用もおすすめ
ニート・フリーターへのおすすめ度
★★★★★
第二新卒エージェントneoはニート・フリーターにおける求人に強いため、おすすめできる。また、同様にこうした領域に強いキャリアスタートハタラクティブの活用もおすすめ
20代への
おすすめ度
★★★★☆
第二新卒エージェントneoは20代におすすめできるが、職務経験が十分ある場合はdodaマイナビエージェントの活用をおすすめする
30代・40代への
おすすめ度
★☆☆☆☆
第二新卒エージェントneoは第二新卒やフリーター・ニートといった20代向けのサービスなので、30代以上にはおすすめできない。30代以上の求人が豊富なdodaマイナビエージェントなどの大手転職エージェントがおすすめ
ハイクラスへの
おすすめ度
★☆☆☆☆
第二新卒エージェントneoは第二新卒やフリーター・ニートといった20代向けのサービスなので、ハイクラス転職にはおすすめできない。ハイクラス業界に関しては特化型転職エージェントであるASSIGN(アサイン)ビズリーチの活用をおすすめ。
IT業界への
のおすすめ度
★★★★☆
第二新卒エージェントneoにもIT領域も豊富だが、第二新卒やフリーター・ニートにおけるIT業界やエンジニアの転職に関しては、キャリアスタートハタラクティブでも求人が豊富なため、併用をおすすめ

第二新卒エージェントneoを活用する際のステップ

第二新卒エージェントneoは、下記のようなフローで活用することとなります。各ステップについて、詳細に説明します。

第二新卒エージェントneoを活用する場合の流れ
  1. 第二新卒エージェントneoに登録
  2. 登録後、第二新卒エージェントneoより連絡、初回面談の日程を調整
  3. 初回面談(希望職種・希望年収水準・経歴についてすり合わせ)
  4. 求人紹介・応募
  5. 面接対策・面接
  6. 内定・条件交渉

なお、各ステップで転職エージェントを使い倒すための方法・ポイントについては下記の記事で解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

第二新卒エージェントneoを活用する場合の流れ①
第二新卒エージェントneoに登録

まずは第二新卒エージェントneoの公式サイトから会員登録します。会員登録に際しては、下記の様な情報を入力する必要があります。

第二新卒エージェント登録時に必要な情報
  • 就職・転職希望時期
  • 居住都道府県
  • 希望勤務地
  • 現在の就業状況・その期間
  • 最終学歴
  • 生年月日
  • 性別
  • 氏名
  • 電話番号・メールアドレス(履歴書掲載用)

第二新卒エージェントneoを活用する場合の流れ②③
登録後、第二新卒エージェントneoより連絡、初回面談の日程を調整・初回面談を実施

会員登録後、第二新卒エージェントneoより連絡があり、初回面談(カウンセリング)の日程を調整します。面談は基本的に本店・支店での対面形式ですが、希望がある場合はオンラインでの開催でも可能となっています。

第二新卒エージェントneoの支店
  • 東京本社: 東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル2階
  • 大阪支社: 大阪府大阪市北区曽根崎新地2-2-16 関電不動産西梅田ビル2F
  • 名古屋支社: 愛知県名古屋市中村区名駅3-22-8 大東海ビル7階
  • 福岡支社: 福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 新幹線博多ビル7階

第二新卒エージェントneoの初回面談では、希望職種や希望年収・経歴や強みについてすり合わせを行うだけでなく、求人紹介まで行います。持ち物としては、履歴書を持っていくことが推奨されています。

なお、初回面談のコツに関しては下記の記事で解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

第二新卒エージェントneoを活用する場合の流れ④
求人紹介・応募

第二新卒エージェントneoの初回面談以降は、第二新卒エージェントneoより求人の紹介をしてもらうこととなります。紹介してもらった求人の中で興味がある求人があれば、それに応募することとなります。初回面談で理解した求職者の特性や希望を踏まえた紹介となるため、この段階で紹介される求人は求職者に適した案件が多いという特徴があります。

なお、第二新卒エージェントneoでは非公開案件も多数公開されていることも特徴です。非公開案件は質の高い求人が多いため、どのような求人があるか見るためだけでも登録することをおすすめします。

非公開案件とは?

Web上では公開されていない求人のことを非公開求人と言います。求人を非公開にする理由は様々ですが、下記の様な理由が挙げられます。非公開求人は待遇が良かったり、重要ポストに就けたりと魅力的な案件であることが多い傾向にあります。

  • 競合他社に知られたくないため
  • 応募の殺到を避け、採用の効率化を図るため
  • 重要ポストの人材採用を社内秘で行いたいため
  • 待遇などを広く伝えたいわけではないため

第二新卒エージェントneoを活用する場合の流れ⑤
面接対策・面接

応募・書類選考を通過した後は、いよいよ面接となります。面接における日程調整は、第二新卒エージェントneoのキャリアアドバイザーがすべて代行してくれるため、自分で日程調整等を行う必要はありません。選考結果の連絡もすべてキャリアアドバイザーが行ってくれます。

第二新卒エージェントneoを活用する場合の流れ⑥
内定・条件交渉

面接を突破して内定を得た場合、内定後の入社日や年収の調整など個人では交渉しにくい内容はすべてキャリアアドバイザーが代行してくれます。

第二新卒エージェントneoにおける面談(カウンセリング)の流れ

第二新卒エージェントneoにおける面談は下記の様な流れで進みます。

第二新卒エージェントneoでの面談の流れ
  1. 履歴書などの必要書類の確認
  2. 専属のキャリアアドバイザーがマンツーマンで面談を進める
  3. 雑談を交えながらこれまでの経験や今後どうなりたいか、仕事に求めるものなどをヒアリングし、その中でどういった仕事や働き方が向いているかを確認
  4. その後、求人を紹介。その企業の雰囲気や求人の不明点をその場で質問可能
  5. 次回の面談を設定して終了

初回の面談においては堅い雰囲気ではなく、和気あいあいとした雰囲気で進むことが多い模様です。持ち物は基本的にはありませんが、すでに作成済みの履歴書や職務経歴書をお持ちいただけますと、面談(カウンセリング)がスムーズに進みます。

第二新卒エージェントneoから連絡が来ない場合に確認すべきこと

第二新卒エージェントneoから連絡が来ないという声が散見されるので、それに対する対処法をご紹介します。

第二新卒エージェントneo登録者には、通常ならすぐに連絡が来ます。期間を大幅に過ぎても連絡が来ない時には、下記の様な原因があると考えられます。

第二新卒エージェントneoから連絡が来ない場合に確認すべきこと
  • 登録情報に不備がある
  • 迷惑メールに振り分けられている可能性がある

第二新卒エージェントneoから連絡が来ない場合に確認すべきこと①
登録情報に不備がある

第二新卒エージェントneoから連絡が来ない場合、まずは登録情報に不備があるか否かを確認すべきです。不備としては①そもそも登録が完了していない、②電話番号やメールアドレスを間違えている、というそもそも登録内容を間違えているという場合があります。

この場合は第二新卒エージェントneoに問い合わせるか、再度登録しなおしてみると良いでしょう。

第二新卒エージェントneoから連絡が来ない場合に確認すべきこと②
迷惑メールに振り分けられている可能性がある

第二新卒エージェントneoから連絡が来ない場合、メールが迷惑メールに振り分けられている可能性があります。迷惑メールにて検索を行い、迷惑メールに第二新卒エージェントneoからのメールが届いていないか確認しましょう。

第二新卒エージェントneoのログイン方法とログインできない場合の対処法

第二新卒エージェントneoの会員ログインをするためには、第二新卒エージェントneoサイト右上にある「ログイン」ボタンを押し、「会員ログイン」画面でメールアドレスとパスワードを入力することでログインが可能となります。

またはこちらのページからログインすることも可能です。

メールアドレスが分からない、パスワードが分からないなどの理由でログインできない場合は、こちらに問い合わせる必要があります。

こちらに問い合わせれば2営業日以内に仮パスワードを発行されますが、急ぎでログインする必要がある場合は担当のキャリアアドバイザーに問い合わせましょう。

第二新卒エージェントneoからの退会方法

第二新卒エージェントneoの退会は、担当のキャリアアドバイザーに直接メールか電話で連絡することで手続きすることが出来ます。

直接担当のキャリアアドバイザーに言いづらい場合は、こちらの問い合わせフォームまたは0120-934-016の電話番号に連絡することで退会することができます。

第二新卒エージェントneoに関するよくある質問

第二新卒エージェントneoに関するよくある質問をまとめています。

第二新卒エージェントneoに関するよくある質問
  • 第二新卒エージェントneoは学歴関係なく使える?
  • 第二新卒エージェントneoでは求人検索もできる?
  • 第二新卒エージェントneoを使うにあたって費用はかかる?退会すると違約金がかかる?
  • 第二新卒エージェントneoを使うにあたって年齢制限はある?

第二新卒エージェントneoに関するよくある質問①
第二新卒エージェントneoは学歴関係なく使える?

第二新卒エージェントneoは、学歴に関係なく利用できます。「大卒」「高卒」「専門卒」「中卒」に加えて「大学中退」などの学歴でも応募できる求人があります。

第二新卒エージェントneoにおいては学歴・経歴よりも、求職者の人柄・やる気・ポテンシャルを重視する企業の求人が多いので、学歴に自信がない方も活用してみることをおすすめします。

第二新卒エージェントneoに関するよくある質問②
第二新卒エージェントneoでは求人検索もできる?

第二新卒エージェントneoでは、無料で登録した後であれば求人を検索することも可能となっています。また、無料で登録すれば一部の非公開案件を閲覧することも可能となります。

非公開案件とは?

Web上では公開されていない求人のことを非公開求人と言います。求人を非公開にする理由は様々ですが、下記の様な理由が挙げられます。非公開求人は待遇が良かったり、重要ポストに就けたりと魅力的な案件であることが多い傾向にあります。

  • 競合他社に知られたくないため
  • 応募の殺到を避け、採用の効率化を図るため
  • 重要ポストの人材採用を社内秘で行いたいため
  • 待遇などを広く伝えたいわけではないため

また、求人検索は可能ではあるものの、実際に応募する際はワークポートに登録し、転職エージェント経由で応募する必要がある点には留意が必要です。自分が応募したい求人に自由に応募できる訳ではなく、あくまで転職エージェントと相談した結果応募できる転職エージェントにのみ応募できるという仕組みとなっています。

第二新卒エージェントneoに関するよくある質問③
第二新卒エージェントneoを使うにあたって費用はかかる?退会すると違約金がかかる?

求職者は無料で第二新卒エージェントneoを活用することができます。転職エージェントを利用して料金が発生するのは企業側のため、求職者側は完全無料でサポートを受ける事が出来ます。したがって、安心して選考対策等のサポートを受けて問題ありません。

なお、退会するにあたって違約金がかかることもないので、心配する必要はありません。

転職エージェントは無料で活用できる

転職者は無料で転職エージェントを活用することができます。都合の良い話にも聞こえますが、下記の通り職業安定法においても、転職エージェントは求職者から手数料を徴収してはいけないと明示されています。

有料職業紹介事業者は、前項の規定にかかわらず、求職者からは手数料を徴収してはならない。

職業安定法 第三十二条の三

求職者が転職エージェントを無料で活用できる理由はそのビジネスモデルを見ればより明確にわかります。転職エージェントは、求職者を企業に紹介し、求職者が企業に入社する際に人材紹介料(転職者の年収×30-35%程度)を獲得するというビジネスモデルとなっています。

転職エージェントのビジネスモデル

転職エージェントは企業から得る人材紹介料が収益の源泉となっているため、求職者から手数料を徴収する必要がないのです。転職エージェントが求職者のサポートを無料で行ってくれるのも、求職者が内定すればその分の手数料を企業から徴収できるためです。

転職エージェントは無料で活用できる理由と大事なポイント
  • 紹介した求職者が転職した際に企業から手数料を徴収しているため
  • 転職時に報酬を貰えるビジネスモデルなので、転職エージェントは求職者の支援も積極的に行う

第二新卒エージェントneoに関するよくある質問④
第二新卒エージェントneoを使うにあたって年齢制限はある?

第二新卒エージェントneoは19-29歳の転職に特化しているので、30歳以上であれば活用できない場合があります。職務経験が長かったり、30歳以上であれば『マイナビエージェント』や『ビズリーチ』のような総合型の転職エージェントを活用することをおすすめします。

そもそも「第二新卒」とは?

第二新卒とは学校を卒業後、一度就職をしたが数年の内に転職活動をする若手求職者を指します。転職活動の前に退職するケースと、転職先を決めてから前職を退職するケースがありますが、両方とも第二新卒として扱われます。

年齢で言うと25歳程度の方が多い傾向にあります。一方で、理系であったり院生であったりと最終学歴や状況によって異なってくるため、年齢については具体的な基準はなく、企業によって定義も異なります。

第二新卒はやばい?やめとけ?実態について解説

厚生労働省が発表している「新規学卒就職者の離職状況」によれば、就職後3年以内の離職率は新規大卒就職者で31.5%となっており、実は3割以上の人が第二新卒に該当することが分かります。

第二新卒は意外と多く、第二新卒での就職を検討しているからといって落ち込んだり自信を無くす必要は全くありません。

同年代のうち3割もの人が第二新卒で転職するうえ、若く吸収力のある第二新卒を積極的に採用したいと考える人材不足の企業は多く存在します。

第二新卒は「やばい」「やめとけ」と言われる理由と実態は下記の記事で解説しているので、詳しく知りたい方は合わせてご覧ください。

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地150-0002
東京都渋谷区渋谷2-19-15 宮益坂ビルディング609
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年4月時点)
目次