東京エレクトロンはやばい?激務?評判を解説

    東京エレクトロンはやばい?激務?評判を解説

    世界最大の半導体製造装置メーカーである東京エレクトロン。売上高における海外比率が80%を超えており、日本を代表するグローバル企業であることでも知られていますが、ネット上では「やばい」「激務」と言われることもあります。

    本記事では東京エレクトロンが「やばい」「激務」と言われる理由と実態について徹底解説します。なお、東京エレクトロンへの転職方法については以下の記事をご覧ください。

    本記事のポイント

    東京エレクトロンはなぜ「やばい」と言われるのか?

    東京エレクトロンは下記の様な理由で「やばい」と言われますが、実際は「やばく」ありません。本記事では1つ1つ解説しているので、是非ご覧ください。

    東京エレクトロンが「やばい」と言われる理由
    • 足許の業績は良いが、半導体の市況が悪いとされているため
    • 年収が高い・勝ち組と言われるため
    • パワハラ・激務・残業で離職率が高いと言われているため
    • 勤務地が僻地となる可能性があるため
    • 就職難易度・採用大学のレベルが高く優秀で、中途採用の倍率が高いと言われているため
    中途で東京エレクトロンに転職するためにやるべきこと

    東京エレクトロンは転職市場で非常に人気の高い企業ですが、前職での実績や選考対策次第で十分に転職できる可能性があります。

    中途で東京エレクトロンに転職するためには、東京エレクトロンをよく知る転職エージェントを活用することが重要です。

    転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

    中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

    20代・30代向けの高年収求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

    【公式】https://assign-inc.com

    2024年3月現在、事前準備不要のオンライン面談を提供中

    【2024年3月】限定特典あり

    2024年3月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。

    \ 「高年収業界・人気企業への転職に強い」 /

    実際の利用者の口コミが良かった
    おすすめ転職サービス3選

    50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年3月最新版)

    転職サービスの口コミを投稿する

    ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

    このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
    名前
    性別
    満足度(5段階評価)
    利用者の口コミが良かったおすすめ転職サービス
    ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでも有名なハイクラス転職サイト。

    匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

    【公式】https://bizreach.jp
    ASSIGN
    (アサイン)
    20代・30代のハイクラス転職に特化した実績豊富な大手転職エージェント。

    サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

    【公式】https://assign-inc.com
    マイナビエージェント日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

    マイナビエージェントでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

    【公式】https://mynavi-agent.jp
    利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選
    目次

    東京エレクトロンはどんな会社?

    東京エレクトロンは日本最大の半導体製造装置メーカーです。下記のように、様々な主要プロダクトで世界トップクラスの市場シェアを有しています。海外売上高は8割を超えており、日本屈指のグローバル企業として有名です。

    東京エレクトロン主要プロダクトの世界市場シェア
    東京エレクトロン主要プロダクトの世界市場シェア

    大きく分けると製品・サービスの2軸を提供しています。製品に関しては、下記のような半導体製造工程に関する装置を提供しています。

    半導体製造における工程と東京エレクトロンの提供製品
    1. 成膜
    2. リソグラフィー
    3. エッチング
    4. 洗浄
    5. テスト(検査工程)
    6. ボンディング/でボンディング(パッケージング工程)
    7. テスト(検査工程)

    サービスに関しては、下記のようなサービス群を提供しています。

    半導体製造における工程と東京エレクトロンの提供製品
    • エンジニアリングサービス
    • スペアパーツ・リペア: 厳しい品質チェックを受けた純正パーツを提供
    • 改造: 当社既存装置を新機能によってアップグレード
    • 中古装置: 中古機の調達から保守まで一貫したサポートを提供

    現代表取締役社長は河合 利樹氏で、本社は東京都港区赤坂にあります。

    会社名東京エレクトロン株式会社
    英語名Tokyo Electron Limited
    資本金549億6,119万円
    本社所在地東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー
    拠点数国内7社・25拠点
    海外20社・17の国と地域・52拠点
    合計27社・18の国と地域・77拠点(連結)
    東京エレクトロンの企業概要

    東京エレクトロンの転職難易度は?

    東京エレクトロンは年収の高さや成長機会の豊富さ、その後のキャリアパスの広がりなどから転職市場で非常に高い人気があります。

    一方で、近年では中途採用を積極的に行っており、20代や第二新卒での転職実績も出ているため、正しい選考対策を行うことで十分転職可能だと言えます。

    実際に選考を受ける前に合格可能性を知りたい方は、『転職可能性診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

    簡単な経歴を登録するだけで、人気企業100社への転職可能性を数字で算出することができます。

    転職可能性診断の対象企業(一部抜粋)

    ■ 日系大手企業

    三菱商事 / キーエンス / 電通 / トヨタ / 富士フイルム / メルカリ / 野村総合研究所 / 東京海上日動火災保険 / 任天堂 / サントリー / 日本M&Aセンター / SONY / 味の素 etc.

    ■ 外資系・グローバル企業

    Google / マッキンゼー / ゴールドマンサックス / P&G / Amazon / PwC / デロイトトーマツ / アクセンチュア / セールスフォース etc.

    ※ 今なら各社の中途選考プロセス・面接過去問集も閲覧可能

    ▼ 2024年3月中に新規登録すると無料で利用可能

    転職可能性診断

    \ 高年収業界・人気企業への転職に強い /

    実際の利用者の口コミが良かった
    おすすめ転職サービス3選

    50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年3月最新版)

    転職サービスの口コミを投稿する

    ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

    このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
    名前
    性別
    満足度(5段階評価)

    ビズリーチ

    登録するだけで高年収のスカウトが届くCMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

    【公式】https://bizreach.jp


    ASSIGN(アサイン)

    20代・30代のハイクラス転職に特化した大手転職エージェント。サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞。

    【公式】https://assign-inc.com

    ※ 2024年3月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。


    マイナビエージェント

    日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。マイナビエージェントでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

    【公式】https://mynavi-agent.jp

    東京エレクトロンが「やばい」と言われる理由

    日本最大の半導体製造装置メーカーである東京エレクトロンですが、Googleで「東京エレクトロン」と検索すると関連キーワードに「やばい」といったワードが並びます。

    東京エレクトロンへの就職や転職を検討している方の中でも、この検索結果を見て尻込みしてしまったり、不安になってしまった方も少なくないのではないでしょうか。

    以降では、ネット上で「やばい」と言われる理由について、実態を解説していきます。

    東京エレクトロンが「やばい」と言われる理由
    • 足許の業績は良いが、半導体の市況が悪いとされているため
    • 年収が高い・勝ち組と言われるため
    • パワハラ・激務・残業で離職率が高いと言われているため
    • 勤務地が僻地となる可能性があるため
    • 就職難易度・採用大学のレベルが高く優秀で、中途採用の倍率が高いと言われているため

    東京エレクトロンが「やばい」と言われる理由①:
    足許の業績は良いが、半導体の市況が悪いとされているため

    東京エレクトロンは足許の業績は良いが、半導体の市況が悪いとされているため「やばい」と言われることがあります。

    下記の通り、東京エレクトロンは2022年3月期に売上高2兆円、純利益で4,000億円を超えるなど、日本有数の利益水準を誇る企業となっています。

    項目2021年3月期2022年3月期2023年3月期
    売上収益13,991億円20,038億円22,090億円
    営業利益3,206億円5,992億円6,177億円
    当期純利益2,429億円4,370億円4,715億円
    東京エレクトロンの業績推移(同社IR

    一方で景気減速によって半導体市場が低迷しており、半導体製造装置を主力製品とする東京エレクトロンには逆風だと言われています。東京エレクトロンによれば、半導体市場は2024年度上期から回復するとの見立てであり、それを見越して投資も進めているという状況です。半導体市場が回復すれば、東京エレクトロンは更に業績が向上すると予想されます。

    半導体製造装置の国内トップメーカー、東京エレクトロンは2024年3月期の研究開発費を過去最大となる2000億円と見込む。景気減速で半導体市場が低迷するなかでも、中長期的な需要増をにらみ、投資の手を緩めない。

    「半導体需要は23年後半から回復基調に入り、在庫調整が進む。24年以降は再び業績を更新できると期待している。けん引役は年間7%ほど成長するデータセンター向けで、パソコンやスマートフォンもいずれ買い替え需要が起こる」

    東京エレクトロン河合社長「半導体市場、年後半回復へ」

    東京エレクトロンが「やばい」と言われる理由②:
    年収が高い・勝ち組と言われるため

    東京エレクトロンはその年収の高さから「やばい」と言われることがあります。

    東京エレクトロンは上場会社なので、有価証券報告書で平均年収を開示しています。有価証券報告書によれば、東京エレクトロンの2023年3月期における平均年収は1,399万円となっています。平均年収は常に1,000万円以上と非常に高い水準です。

    年度平均年収平均年齢
    2023年3月期1,399万円43.6歳
    2022年3月期1,285万円44.0歳
    2021年3月期1,179万円44.3歳
    2020年3月期1,149万円44.4歳
    2019年3月期1,272万円44.3歳
    2018年3月期1,077万円44.2歳
    東京エレクトロンの平均年収・平均年齢推移

    国税庁が開示している日本人の平均年収が461万円であることから、東京エレクトロンの平均年収は日本人全体の平均よりも有意に高いと言えます。

    また、マイナビエージェントが公表している業種別平均年収ランキングによると、半導体・半導体製造機器メーカーの平均年収は530万円となっており、東京エレクトロンの平均年収は半導体・半導体製造機器メーカー全体の平均年収よりも高い水準になっています。

    【参考】マイナビエージェントが人気1位に選ばれた理由

    マイナビエージェントでは、誰もが知る大企業から地方の優良企業まで幅広い求人を扱っており、マイナビエージェントでしか扱いのない好条件の非公開求人が多いことが特徴です。

    また、専属のキャリアカウンセラーの対応が非常に丁寧なことでも有名であり、直近で転職することを決めている人はもちろん、転職するかどうか悩んでいる人や、直近で転職予定のない方でも気軽にキャリアについて相談することができます。

    その結果として、マイナビエージェントの利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高い水準を誇っています。

    マイナビエージェントは登録したからと言ってしつこい連絡や転職勧誘の電話が来ることはありません。また、万が一合わないと感じた場合は電話不要でいつでも退会することができます。

    【公式サイト】https://mynavi-agent.jp

    東京エレクトロンの年収に関してはこちらの記事でも詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

    中途で東京エレクトロンに転職した場合の年収は?

    中途で東京エレクトロンに転職したいと思っている場合、「自分の年収がどれくらいになるか」というのは誰しもが気になることだと思います。

    実は新卒で入社したときの年収と中途で転職した場合の年収は大きく異なるケースが少なくありません。

    中途で入社した場合の具体的な年収を知るためには、転職サイトに掲載されている実際の求人を見ることが最も確実です。口コミサイトやSNSよりも最新かつ正確な情報を知ることができます。

    特に人気なのはCMでも有名な転職サイト『ビズリーチ』です。一般的な転職サイトではめったに見つからないような人気企業の高年収求人や好条件の非公開求人が多数掲載されています。

    【公式HP】https://bizreach.jp

    ※2024年3月現在、新規登録すると109,360 件の求人が無料で閲覧可能

    ビズリーチに関する豆知識

    ビズリーチは定期的にログインしているとアカウントの評価が高まり、人気企業の非公開求人が優先的に案内されやすくなります。

    転職活動を始める前から無料アカウントを作成して年に数回ログインしておくだけで、将来転職する際に情報が集まりやすく非常に有利になるのでおすすめです。

    東京エレクトロンが「やばい」と言われる理由③:
    パワハラ・激務・残業で離職率が高いと言われているため

    東京エレクトロンは高年収ですが、激務といううわさもあります。東京エレクトロンの公式リクナビページによれば、東京エレクトロンにおける月平均残業時間は35.1時間となっています。

    大手の総合電機企業と比較した場合の残業時間の水準は下記の通りで、東京エレクトロンの平均残業時間は他社よりも少し長い傾向ではあるものの、「激務でやばい」水準ではありません。むしろ年収水準が高いため、時給が高いという特徴にあります。

    会社名平均残業時間
    東京エレクトロン35.1時間
    日立製作所7.2時間
    パナソニック26.3時間
    富士通30.2時間
    ソニーグループ25.1時間
    日本電気22.1時間
    NTTデータ27.7時間
    大手電機メーカーの残業時間

    東京エレクトロンは海外拠点が多く、海外出張や海外との会議が多いというのも特徴となっています。特に海外との会議の場合は時差の影響もあって労働時間が長くなりやすいという特徴があります。

    近年はブラック企業からの脱却意識もあり、有給の取得が容易になっているという側面もある模様ですが、部署によっては依然として長時間労働が常態化しているということもある模様です。

    東京エレクトロンへの転職を考える際は、事前に自分が入る部署のワークライフバランスについて把握したうえで入社を検討することをおすすめします。

    また、東京エレクトロンは公式に離職率を公開しています。2023年3月期の離職率は1.1%、入社3年後定着率は92.7%と、離職率は低い水準であることが分かります。

    年度離職率入社3年後定着率
    20181.4%93.0%
    20191.0%93.8%
    20201.0%94.1%
    20211.0%94.7%
    20221.1%92.7%
    東京エレクトロンにおける離職率と入社3年後定着率(出典: 公式サステナビリティデータ

    東京エレクトロンが「やばい」と言われる理由④:
    勤務地が僻地となる可能性があるため

    東京エレクトロンは勤務地が僻地となる可能性があるため、「やばい」と言われることがあります。東京エレクトロンの勤務地は基本的に下記の通りとされています。

    東京エレクトロンの勤務地候補

    本社および国内、海外各拠点
    ■国内・・・東京(赤坂・府中)、札幌、岩手、宮城、山梨、富山、三重、大阪、広島、大分、熊本など
    ■海外・・・アメリカ、ヨーロッパ、韓国、台湾、中国、シンガポール、その他海外拠点
    ※初任地は希望を考慮の上決定。原則国内拠点。

    勤務地によっては都内から遠い場所への勤務となる可能性があるのは事実です。東京エレクトロンに入社する場合はこうした点について留意しておく必要があります。

    東京エレクトロンが「やばい」と言われる理由⑤:
    就職難易度・採用大学のレベルが高く優秀で、中途採用の倍率が高いと言われているため

    大学通信によれば、東京エレクトロンの採用大学は下記の通りとなっています。東京エレクトロンは熊本にも製造拠点があることもあり、九州地域の大学出身者が多いという特徴もあります。

    学歴フィルターの有無に関しては明確ではありませんが、採用大学のレベルは非常に高いということが分かります。

    順位大学就職人数
    1九州大学16人
    2東京理科大学9人
    3東京工業大学8人
    新潟大学8人
    大阪大学8人
    6熊本大学7人
    早稲田大学7人
    8東北大学6人
    筑波大学6人
    電気通信大学6人
    東京エレクトロンの採用大学別採用人数(出典: 大学通信

    東京エレクトロンは新卒至上主義だと思われがちですが、下記の通り近年は中途の採用も積極化(全体の3割弱)しており、東京エレクトロンはしっかりとした準備ができていれば十分に転職が可能な企業といえるでしょう。

    会社HPより2019年度2020年度2021年度
    キャリア採用比率33.3%37.5%65.2%
    東京エレクトロンにおけるキャリア採用比率

    東京エレクトロンへの転職方法に関しては下記の記事でも解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

    まとめ:
    東京エレクトロンが「やばい」と言われる理由はやばい会社ではない

    本記事では、東京エレクトロンが「やばい」と噂されている理由とその実態について調べてきましたが、東京エレクトロンは決して「やばい」会社ではありません。年収水準も高く、転職にもおすすめの会社です。

    【厳選】東京エレクトロンへの転職におすすめの転職サイト・転職エージェント

    東京エレクトロンへの転職に興味がある方のために、おすすめの転職サイト・転職エージェントを厳選して紹介します。

    東京エレクトロンへの転職におすすめの転職サイト
    ビズリーチ

    【公式HP】https://bizreach.jp

    ビズリーチ』は、TVCMでも有名な国内最大級のスカウト型の転職サービスであり、おすすめの転職サイトです。

    匿名で経歴を登録するだけで高年収のスカウトが届き、気になるスカウトに返信することで効率的に転職活動を進めることができます。

    転職活動中の人はもちろん、直近の転職予定がなくても将来的に転職を考えている人も含めて200万人以上のユーザーが利用しています。

    人気企業・難関企業の採用担当者や高年収求人を扱う質の高いヘッドハンターからスカウトを受け取ったり、ビズリーチ限定で公開されている好待遇な求人の詳細を確認することができます。

    会員登録したからと言って面談を要求されたり、電話がかかってくることは一切ないため、まずは情報収集から始めたい人も安心して利用できます。

    サービス名 ビズリーチ
    公式ページ https://bizreach.jp
    サービス分類 ・転職サイト
    ・スカウトサービス
    特徴 ・年収1000万円以上の求人が多数
    ・200万人以上が利用する国内最大級の転職サイト
    運営会社 株式会社ビズリーチ
    厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-302647
    転職サイト「ビズリーチ」の概要

    東京エレクトロンへの転職におすすめの転職エージェント
    ASSIGN(アサイン) | 若手ハイエンド特化型転職エージェント

    【公式HP】https://assign-inc.com

    ASSIGN(アサイン)』は、若手ハイキャリアに特化した転職エージェントです。コンサル・IT・金融などの業界への転職支援に強みがあります。

    面接対策や業界研究など転職サポートの丁寧さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞しています。

    ASSIGN(アサイン)のメリット・良い評判
    • 高年収を目指す20代・30代のための魅力的な求人が多い
    • 中長期的で真摯かつ丁寧なキャリアサポートを受けることができる
    • 業界に理解が深く質の高いエージェントが在籍

    未経験でも挑戦できる独自の高年収求人を多数扱っていることに加え、面談後に一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

    今すぐ転職予定のない方や若手の方でも無料で面談やサポートを受けることができるため、高年収な業界への転職を将来的に考えている方は、是非公式ページから無料面談を申し込んでみて下さい。

    サービス名 ASSIGN(アサイン)
    公式ページ https://assign-inc.com
    サービス分類 ・転職エージェント
    ・特化型
    特徴 若手ハイエンド専門の転職エージェント
    運営会社 株式会社アサイン
    厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-308560
    転職エージェント「ASSIGN(アサイン)」の概要

    東京エレクトロンへの転職におすすめの転職エージェント
    マイナビエージェント | 好条件の非公開求人が多く、利用者の年収UP率61.1%

    【公式HP】https://mynavi-agent.jp

    マイナビエージェント』は、大手人材会社のマイナビが運営するおすすめの転職エージェントです。

    日本全国で幅広い業界・職種の転職を支援しており、国内最大級の利用者数を誇る人気の転職エージェントサービスです。

    誰もが知る大企業から地方の隠れた優良企業まで幅広い求人を扱っており、マイナビエージェントでしか扱いのない好条件の非公開求人が多いことも特徴です。

    マイナビエージェントの求人企業(例)

    ■ 日系大手・ホワイト高年収企業

    キーエンス / SONY / NTTデータ / 野村総合研究所 / アビームコンサルティング / サイバーエージェント / エムスリー / 野村證券

    ■ 外資系・グローバル企業

    アクセンチュア / PwC / アマゾンジャパン / デロイトトーマツコンサルティング / SAMSUNG / ボッシュ

    マイナビエージェントはすべての機能が無料で利用でき、登録してみて自分に合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会できます。

    サービス名 マイナビエージェント
    公式ページ https://mynavi-agent.jp
    サービス分類 ・転職エージェント
    ・総合型
    対応地域 日本全国対応可能
    運営会社 株式会社マイナビ
    厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-080554
    転職エージェント「マイナビエージェント」の概要

    東京エレクトロンへの転職におすすめの転職エージェント
    キャリアスタート | 若手・未経験層に特化した実績豊富な転職エージェント

    キャリアスタート

    【公式HP】https://careerstart.co.jp

    キャリアスタート』は、第二新卒・既卒・未経験の方向けに特化して転職支援を行っている転職エージェントです。

    未経験の業界や職種への転職支援の実績が豊富で、実際の利用者からは「転職を通じて年収が上がった」「未経験でもIT業界への転職に成功できた」「短期間で内定が出た」などポジティブな声が多く聞こえます。

    キャリアスタートのメリット・良い評判
    • 第二新卒や既卒、フリーターなど職歴の浅い20代に特化しており、利用者数も豊富
    • 年収が上がる求人が豊富
    • マンツーマン模擬面接や転職成功BOOKを通じて高い内定率を実現
    • 自己分析や適性検査を通じて、キャリアビジョンの設計をサポートしてくれる
    • 転職交流会や転居サポートといった独自のサポートを提供している

    マンツーマン模擬面接や独自のノウハウをまとめた『転職成功BOOK』といった独自の選考対策を受けたい方にもおすすめです。

    サービス名 キャリアスタート(CAREER START)
    公式ページ https://careerstart.co.jp
    サービス分類 ・転職エージェント
    ・特化型
    特徴 20代の第二新卒・既卒・未経験専門の転職エージェント
    登録者に『転職成功BOOK』を無料プレゼント中
    料金 無料
    運営会社 キャリアスタート株式会社
    厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-305582
    参考ページ キャリアスタートの評判と口コミ
    転職エージェント「キャリアスタート」の概要
    半導体・電子部品メーカーの転職
    村田製作所への転職方法・転職難易度東京エレクトロンへの転職方法・転職難易度
    ディスコへの転職方法・転職難易度ニコンへの転職方法・転職難易度
    TDKへの転職方法・転職難易度ロームへの転職方法・転職難易度
    おすすめの転職サイト
    ビズリーチの評判ミイダスの評判
    ミドルの転職の評判リクナビNEXTの評判
    リクルートダイレクトスカウトの評判エン転職の評判
    Re就活の評判Greenの評判
    doda Xの評判
    おすすめの転職エージェント
    マイナビエージェントの評判dodaの評判
    リクルートエージェントの評判パソナキャリアの評判
    キャリアスタートの評判ハタラクティブの評判
    JACリクルートメントの評判レバテックキャリアの評判
    ギークリーの評判女性向け転職エージェント
    ハイクラス向け転職エージェント第二新卒におすすめの転職エージェント
    外資系向け転職エージェントIT向けおすすめ転職エージェント
    20代におすすめの転職エージェント30代におすすめの転職エージェント
    おすすめの派遣会社
    テンプスタッフの評判エン派遣の評判
    リクルートスタッフィングの評判スタッフサービスの評判
    ウィルオブの評判アデコの評判
    パソナの評判ランスタッドの評判
    テクノ・サービスの評判フルキャストの評判
    マンパワーグループの評判UTエイムの評判
    ネオキャリアの評判ワールドインテックの評判
    ホットスタッフの評判日研トータルソーシングの評判
    日総工産の評判パーソルクロステクノロジーの評判
    キャリアリンクの評判綜合キャリアオプションの評判
    日本ケイテムの評判グロップの評判
    都道府県別おすすめ転職エージェント・転職サイト
    北海道・東北北海道 青森 秋田 岩手 福島 宮城 山形
    関東東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
    中部愛知 静岡 山梨 長野 岐阜 新潟 富山 石川 福井
    近畿大阪 京都 兵庫 奈良 三重 和歌山 滋賀
    中国広島 岡山 鳥取 島根 山口
    四国高知 香川 愛媛 徳島
    九州・沖縄福岡 熊本 宮崎 長崎 佐賀 大分 鹿児島 沖縄
    都道府県別おすすめ転職エージェント・転職サイト
    地域別おすすめの派遣会社
    北海道・東北北海道 福島 宮城 岩手 青森 秋田 山形 札幌 仙台 盛岡
    関東東京 神奈川 埼玉 千葉 前橋 茨城 群馬 栃木 横浜 大宮 高崎 水戸 宇都宮 
    中部愛知 静岡 山梨 長野 岐阜 石川 新潟 富山 福井 名古屋 甲府 浜松 金沢 
    近畿大阪 京都 兵庫 三重 奈良 滋賀 和歌山 神戸 姫路 四日市 
    中国広島 山口 島根 岡山 鳥取
    四国高知 徳島 香川 愛媛 松山 
    九州・沖縄長崎 那覇 佐賀 大分 熊本 宮崎 沖縄 鹿児島 福岡 北九州 博多 
    地域別おすすめの派遣会社

    運営者情報

    タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業と特定募集情報等提供事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

    タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

    会社名タレントスクエア株式会社
    (旧 株式会社Prime Partner)
    公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
    本社所在地150-0002
    東京都渋谷区渋谷2-19-15 宮益坂ビルディング609
    法人番号9011001145238
    厚生労働省
    有料職業紹介事業許可番号
    13-ユ-315110
    厚生労働省
    特定募集情報等提供事業届出番号
    51-募-000460
    適格請求書事業者登録番号T9011001145238
    タレントスクエア株式会社の概要(2024年3月時点)

    また、転職・キャリア・年収に関する正確な情報を発信するために以下の公的機関等による情報を参考にしています。

    厚生労働省一般社団法人 日本人材事業協会公益社団法人 全国民営職業紹介事業協会一般社団法人 人材サービス産業協議会独立行政法人 労働政策研究・研修機構一般社団法人 日本人材派遣協会ハローワーク全国求人情報協会全国健康保険協会国税庁日本年金機構

    目次