【経験者に聞いた】リクルートに転職すると後悔する?理由を徹底解説

リクルートに転職すると後悔する?理由について徹底解説

国内の人材最大手として、転職市場・新卒市場双方で根強い人気を誇っているリクルートですが、「リクルート」に転職すると後悔するという評判も散見されます。

本記事では、実際のリクルートの社員の口コミをもとに、リクルートに転職すると後悔する理由、リクルートに転職して後悔・退職する人の特徴、後悔しない人の特徴を解説します。

なお、リクルートの中途採用に関しては下記の記事でも解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

本記事のポイント

結論から言うと、リクルートに転職したことによって後悔・失敗したポイントはゼロではないものの、リクルートで得られる年収やその後のキャリアの可能性と天秤にかけるとトータルでは必ずプラスになるということが分かりました。

本記事の要約は下記の通りです。詳しく知りたい方は是非最後までお読みください。

どのような点で後悔する可能性がある?

リクルートに転職して後悔する可能性があるポイントは下記の通りです。本記事では下記について詳細に解説しています。

リクルートに転職して後悔する理由
  • 部門別に採用が分かれていることを理解しないで入社してしまうと自分のやりたいことと乖離が生まれる
  • 個人目標の達成がシビアでプレッシャーがかかる
  • 独特な社風にフィットしない
  • 長時間労働になりやすく、体を壊すことがある
リクルートに転職して後悔しないためにするべきこと

リクルートに転職しても後悔しないために大事なことは、リクルートへの転職を熟知したプロフェッショナルにアドバイスをお願いすることです。

ここまでご説明した通り、後悔のほとんどは事前にきちんとリクルートのことを理解できていなかったことで起こる認知ギャップが原因となる場合が多いです。事前にリクルートのことを正しく理解できていれば、自身にとって最適なポジションでの入社が可能となり、働きやすい環境で高年収も実現することができます。

リクルートを理解するために、まずはリクルートへの転職に強みを持つプロフェッショナルである転職エージェントに話を聞いてみることを強くおすすめします。

転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

20代・30代向けの高年収求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

【公式】https://assign-inc.com

2024年4月現在、事前準備不要のオンライン面談を提供中

【2024年4月】限定特典あり

2024年4月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。

\ 「高年収業界・人気企業への転職に強い」 /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年4月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)
利用者の口コミが良かったおすすめ転職サービス
ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでも有名なハイクラス転職サイト。

匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp
ASSIGN
(アサイン)
20代・30代のハイクラス転職に特化した実績豊富な大手転職エージェント。

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞。

【公式】https://assign-inc.com
★ 2024年4月現在、今すぐ転職予定のない方も無料キャリア相談可能
マイナビAGENT日本全国・全業種の優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp
目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

リクルートってどんな会社?

リクルートは人材・メディア領域における国内最大手企業です。

リクルートグループは純粋持株会社制を採っており、親会社のリクルートホールディングスは、米国のIndeed、Glasdoorといった人材大手企業を買収して傘下に入れており、日本において最も海外ビジネスが評価されている会社の1つです。

リクルートHD傘下企業から構成されるリクルートグループは、連結売上高は約3兆円、グループの従業員数は50,000人を超えています。

リクルートはその中で国内における「人材領域」と「販促領域」を担っており、「人材領域」ではリクナビ・リクルートエージェント、「販促領域」では、SUUMO、じゃらん、HotPepperBeautyといったサービスを提供していることで知られます。

会社名株式会社リクルート
従業員数17,327名(2022年4月末時点)
売上高2兆8,717億円(2022年3月期)※
当期利益2,968億円(2022年3月期)※
資本金3億5,000万円
本社所在地東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
リクルートの企業概要
※ 売上高・当期利益はリクルートグループ全体の数字

リクルートの転職難易度は?

リクルートは年収の高さや成長機会の豊富さ、その後のキャリアパスの広がりなどから転職市場で非常に高い人気があります。

一方で、近年では中途採用を積極的に行っており、20代や第二新卒での転職実績も出ているため、正しい選考対策を行うことで十分転職可能だと言えます。

実際に選考を受ける前に合格可能性を知りたい方は、『転職可能性診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

簡単な経歴を登録するだけで、人気企業100社への転職可能性を数字で算出してレポートとして受け取ることができます。

転職可能性診断の対象企業(一部抜粋)

高年収難関企業

三菱商事 / キーエンス / 電通 / 野村総合研究所 / リクルート / エムスリー / SONY / ベイカレント / M&A総合研究所 など

ホワイト安定企業

NTTドコモ / 味の素 / 明治 / 日本たばこ産業 / 富士フイルム / 東京海上日動火災保険 / 任天堂 / サントリー / 花王 など

外資系・グローバル企業

Google / マッキンゼー / ゴールドマンサックス / P&G / アマゾン / PwC / アクセンチュア / セールスフォース など

【公式ページ】転職可能性診断

リクルートへの中途採用(キャリア採用)における選考フロー・流れを解説

リクルートの選考フローは、下記のようなフローとなっています。なお、リクルートでは職種ごとに採用を行っており、採用フローは職種によって異なる点に注意が必要です。

なお、詳しく知りたい方はリクルートの中途採用に関するページをご覧ください。

STEP
応募

リクルートの公式HPや、各種転職エージェント経由で応募することができます。リクルートでは職種ごとに採用を行っています。

STEP
書類選考

職務履歴書やレジュメを提出します。それらに記載された過去の職歴や自己PRを基に、リクルートが書類選考をします。

STEP
面接(複数回)

書類選考を通過したら、面接となります。面接は複数回実施され、2-3回程度とされています。

STEP
内定・採用条件提示

無事、リクルートの面接を通過した場合、採用条件(業務内容・待遇)が提示されます。採用条件を受諾できた場合、正式に採用決定となります。

上記は自分から応募した場合の一般的な選考プロセスですが、スカウト経由で選考を受ける場合は書類選考や適性検査・一部の面接が免除になる場合があります。

スカウト経由で応募した場合、入社時の年収が高くなったり、職種や勤務地の希望が通りやすくなるというメリットもあります。

スカウトを活用して転職を有利に進めたい方は、20代・30代に特化したスカウト型転職サイトタレントスクエアをチェックしてみてください。全国で月間100万人以上が利用する人気サービスです。

スカウト型転職サイト「タレントスクエア」の特徴
  • 業界未経験でも挑戦できる好条件の非公開求人が多数
  • 簡単な経歴を登録してスカウトを待つだけだから楽
  • 通知は最低限のみ、登録しても電話がかかってこない
  • 全ての機能が無料で利用できる

タレントスクエア』は今すぐ転職予定のない方でも利用でき、「いい話があれば聞いてみたい」というスタンスで転職活動や情報収集を効率的に進めることができます。

具体的な使い方はこちら

\ 高年収業界・人気企業への転職に強い /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2024年4月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)

ビズリーチ

登録するだけで高年収のスカウトが届くCMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp


ASSIGN(アサイン)

20代・30代のハイクラス転職に特化した大手転職エージェント。サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞。

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年4月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料でプレゼント中


キャリアスタート

第二新卒・既卒・未経験に特化した大手の転職エージェント。学歴・職歴よりもポテンシャルを評価してくれる優良企業の非公開求人が多く、月収25万円以下から年収100万円以上アップの実績多数。

【公式】https://careerstart.co.jp

体を壊す?辞めたい?リクルートに転職して後悔する理由

リクルートへの転職に関してグーグルで検索すると、下記の様に「リクルートに転職すると後悔する」かのような検索キーワードがヒットします。

リクルート 転職で検索した場合の関連キーワード
リクルート 転職で検索した場合の関連キーワード

リクルートに転職するとなぜ後悔することになるのでしょうか。リクルートに転職した方へのインタビューを参考にしながら、リクルートに転職して後悔する理由について記載いたします。

リクルートに転職して後悔する理由
  • 部門別に採用が分かれていることを理解しないで入社してしまうと自分のやりたいことと乖離が生まれる
  • 個人目標の達成がシビアでプレッシャーがかかる
  • 独特な社風にフィットしない
  • 長時間労働になりやすく、体を壊すことがある

リクルートに転職して後悔する理由①:
部門別に採用が分かれていることを理解しないで入社してしまうと自分のやりたいことと乖離が生まれる

リクルートの中途は新卒と異なり部門別採用を行っています。

リクルートには下記のような事業領域がありますが、そのことを理解せずに選考を受けてしまうと、自分がやりたいことと事業領域が乖離した結果後悔することにつながる可能性が高くなります。

リクルートの事業領域と主な提供サービス
  • 新卒採用: リクナビ
  • 中途採用: タウンワーク、リクナビNext
  • HRエージェント: リクルートエージェント、リクルートダイレクトスカウト
  • 飲食: HotPepperグルメ、Airツールズ
  • 旅行: じゃらん
  • マリッジ・ファミリー: ゼクシィ
  • 教育: スタディサプリ
  • SaaS: Airビジネスツールズ

リクルートに転職して後悔する理由②:
個人目標の達成がシビアでプレッシャーがかかる

リクルートは結果主義であり、一部の業種を除いて目標(ノルマのようなもの)を設定する必要があります。この個人目標はノルマではないため、達成できなければクビになったり、怒られたりという性質のものではありません。

一方で、事業部によっては目標達成までの進捗事業をマネージャーによってモニタリングされ、それに遅れをとっている場合はどのような改善プランを立てるか、どのようにその改善プランを実行するかを常にアップデートする必要があります。

PDCAを回しながら目標達成までこぎつけるというのがリクルートのカルチャーであり、目標達成がシビアな場合は特に個人が感じるプレッシャーも強くなる傾向にあります。

また、ノルマを達成できなかったからといってペナルティがあるわけではありませんが、評価が賞与に直結するため、目標を達成して周囲から評価されるか否かで年収が変わってくるのも非常にシビアなポイントです。

一方で、このような厳しい環境に身を置くことにより、他社在籍時以上にスキルを磨くことができます。

コンサルタント / 新卒入社 / 男性 / 在籍中(2022年時点) / 在籍期間 5年以上10年未満
個人目標の達成がシビア。マネージャーには進捗を日々確認されるためプレッシャーがかかる。
目標達成に対して進捗が劣後している場合は常に改善策を考えて実行する必要があり、自分でPDCAを回しながら目標達成に取り組むのはとてもハード。
一方で、そのような働き方を続けていくうちにどんどん成長できるのは当社のいいところだと思う。

タレントスクエア – リクルート社員の口コミ

リクルートにおける個人目標達成のシビアさに関してはご存知の方も多く、現実ではそれを覚悟して転職される方も多いですが、実際に転職すると想像以上のシビアさに後悔する人が多いというのが、リクルートに転職すると後悔すると言われている理由の1つです。

リクルートに転職して後悔する理由③:
独特な社風にフィットしない

リクルートに転職して後悔する理由の3つ目が、リクルートの独特な社風にフィットしないためです。

リクルートに転職して後悔する理由①で述べた通り、リクルートは結果主義で個人目標達成に対して非常にシビアです。

そのようなリクルートのカルチャーは有名であり、リクルートで勤務する社員は高い目標設定と熱意を持って働いている人が多い傾向にあります。

巷で言われる「お前はどうしたいの?」というワードは過剰表現かもしれませんが、実際はそうした熱意や成長意識を持っている人が多く在籍しています。

リクルートの社員は、明確な目標・目的意識を持ってリクルートで働いている人が多い傾向にあります。リクルートで成長して起業・独立を考えていたり、リクルートでこんな経験を積みたいという意識でいる人は、長時間労働を苦にせず、高い熱意で勤務している傾向にあります。

リクルートに転職したとして、ゆるく働きたい、目標を達成することだけを考えたいという人は、周囲の熱意と温度差が生じる可能性があります。リクルートに転職する方は、ある程度こうした暑苦しいカルチャーを想定して入社する方がベターです。

リクルートに転職して後悔する理由④:
長時間労働になりやすく、体を壊すことがある

リクルートに転職して後悔する理由の4つ目が、リクルートでは長時間労働になりやすく、体を壊すことがあるためです。

リクルートに転職して後悔する理由③でも述べた通り、リクルートは全体的に労働好きな人が多く、ゆるく働きたい人が集まっているというようなカルチャーではありません

もちろん、他人に長時間労働を強制する人が多いというわけではありませんが、チームや上司によっては長時間労働が常態化しているような場合もあります。時には体を壊してしまう人も多くはないですがいるのは事実です。

特に、営業職のようなクライアントを相手にする外向きの営業だと、日中は顧客対応に追われて社内向きの仕事ができるのはビジネスアワーが終わってからというのが一般的で、労働時間が長くなる傾向にあります。

男性のアイコン

リクルートの社員口コミ

企画・マーケティング系職種

30歳 男性 新卒入社

成長意欲が高い人が多く、上司やチームによっては長時間労働になることも。特に営業の場合は日中にアポが多く、夜にミーティング等が入ることも多々ある。 とはいえ、一昔前に比べると働き方改革が進んでいるため、全体的な残業時間は少なくなっている。

とはいえ、最近は働き方改革の影響で残業時間が少なくなっている傾向にもあるようです。公式HPの福利厚生によれば、年間平均週休が約3日になるように各種休暇制度が取り入れられている模様です。

リクルートに転職する場合は、労働時間がそれなりに長いことを想定しておけば、思ったより労働時間が少ないと感じるかもしれません。

後悔のほとんどは事前の理解不足により起こる

ここまでご説明してきた後悔は、転職前においてリクルートに関する理解が不足することによって起こります。

職種が多いリクルートでは、自分が希望しないポジションや職種で入社してしまうとやり直しがきかず後悔に繋がるパターンが多い傾向にあります。ミスマッチを持って入社してしまい、異動もできず、後悔し退職に繋がる人が一定数いるのも事実です。

しかしながら、リクルートはミスマッチさえ起きなければとても働きやすい上に年収も高い会社です。ブランドネームも高く、リクルートに入社した後は更なるキャリアアップも見込めます。

未経験者も多く在籍しており、キャリアアップとしておすすめな転職先なだけに、転職しても後悔しないように対策をすることが非常に重要です。

リクルートに転職して後悔しないためにするべきこと

リクルートに転職しても後悔しないために大事なことは、リクルートへの転職を熟知したプロフェッショナルにアドバイスをお願いすることです。

ここまでご説明した通り、後悔のほとんどは事前にきちんとリクルートのことを理解できていなかったことで起こる認知ギャップが原因となる場合が多いです。事前にリクルートのことを正しく理解できていれば、自身にとって最適なポジションでの入社が可能となり、働きやすい環境で高年収も実現することができます。

リクルートを理解するために、まずはリクルートへの転職に強みを持つプロフェッショナルである転職エージェントに話を聞いてみることを強くおすすめします。

転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

20代・30代向けの高年収求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

【公式】https://assign-inc.com

2024年4月現在、事前準備不要のオンライン面談を提供中

【2024年4月】限定特典あり

2024年4月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。

【厳選】リクルートへの転職におすすめの転職サイト・転職エージェント

リクルートへの転職に興味がある方のために、おすすめの転職サイト・転職エージェントを厳選して紹介します。

リクルートへの転職におすすめの転職サイト
ビズリーチ

【公式HP】https://bizreach.jp

ビズリーチ』は、TVCMでも有名な国内最大級のスカウト型の転職サービスであり、おすすめの転職サイトです。

匿名で経歴を登録するだけで高年収のスカウトが届き、気になるスカウトに返信することで効率的に転職活動を進めることができます。

転職活動中の人はもちろん、直近の転職予定がなくても将来的に転職を考えている人も含めて200万人以上のユーザーが利用しています。

人気企業・難関企業の採用担当者や高年収求人を扱う質の高いヘッドハンターからスカウトを受け取ったり、ビズリーチ限定で公開されている好待遇な求人の詳細を確認することができます。

会員登録したからと言って面談を要求されたり、電話がかかってくることは一切ないため、まずは情報収集から始めたい人も安心して利用できます。

サービス名 ビズリーチ
公式ページ https://bizreach.jp
サービス分類 ・転職サイト
・スカウトサービス
特徴 ・年収1000万円以上の求人が多数
・200万人以上が利用する国内最大級の転職サイト
運営会社 株式会社ビズリーチ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-302647
転職サイト「ビズリーチ」の概要

リクルートへの転職におすすめの転職エージェント
ASSIGN(アサイン) | 若手ハイエンド特化型転職エージェント

【公式HP】https://assign-inc.com

ASSIGN(アサイン)』は、若手ハイキャリアに特化した転職エージェントです。コンサル・IT・金融などの業界への転職支援に強みがあります。

面接対策や業界研究など転職サポートの丁寧さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞しています。

ASSIGN(アサイン)のメリット・良い評判
  • 高年収を目指す20代・30代のための魅力的な求人が多い
  • 中長期的で真摯かつ丁寧なキャリアサポートを受けることができる
  • 業界に理解が深く質の高いエージェントが在籍

未経験でも挑戦できる独自の高年収求人を多数扱っていることに加え、面談後に一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

今すぐ転職予定のない方や若手の方でも無料で面談やサポートを受けることができるため、高年収な業界への転職を将来的に考えている方は、是非公式ページから無料面談を申し込んでみて下さい。

サービス名 ASSIGN(アサイン)
公式ページ https://assign-inc.com
サービス分類 ・転職エージェント
・特化型
特徴 若手ハイエンド専門の転職エージェント
運営会社 株式会社アサイン
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-308560
転職エージェント「ASSIGN(アサイン)」の概要

リクルートへの転職におすすめの転職エージェント
マイナビエージェント | 好条件の非公開求人が多く、利用者の年収UP率61.1%

【公式HP】https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェント』は、大手人材会社のマイナビが運営するおすすめの転職エージェントです。

日本全国で幅広い業界・職種の転職を支援しており、国内最大級の利用者数を誇る人気の転職エージェントサービスです。

誰もが知る大企業から地方の隠れた優良企業まで幅広い求人を扱っており、マイナビエージェントでしか扱いのない好条件の非公開求人が多いことも特徴です。

マイナビエージェントの求人企業(例)

■ 日系大手・ホワイト高年収企業

キーエンス / SONY / NTTデータ / 野村総合研究所 / アビームコンサルティング / サイバーエージェント / エムスリー / 野村證券

■ 外資系・グローバル企業

アクセンチュア / PwC / アマゾンジャパン / デロイトトーマツコンサルティング / SAMSUNG / ボッシュ

マイナビエージェントはすべての機能が無料で利用でき、登録してみて自分に合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会できます。

サービス名 マイナビエージェント
公式ページ https://mynavi-agent.jp
サービス分類 ・転職エージェント
・総合型
対応地域 日本全国対応可能
運営会社 株式会社マイナビ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-080554
転職エージェント「マイナビエージェント」の概要

リクルートへの転職におすすめの転職エージェント
キャリアスタート | 若手・未経験層に特化した実績豊富な転職エージェント

キャリアスタート

【公式HP】https://careerstart.co.jp

キャリアスタート』は、第二新卒・既卒・未経験の方向けに特化して転職支援を行っている転職エージェントです。

未経験の業界や職種への転職支援の実績が豊富で、実際の利用者からは「転職を通じて年収が上がった」「未経験でもIT業界への転職に成功できた」「短期間で内定が出た」などポジティブな声が多く聞こえます。

キャリアスタートのメリット・良い評判
  • 第二新卒や既卒、フリーターなど職歴の浅い20代に特化しており、利用者数も豊富
  • 年収が上がる求人が豊富
  • マンツーマン模擬面接や転職成功BOOKを通じて高い内定率を実現
  • 自己分析や適性検査を通じて、キャリアビジョンの設計をサポートしてくれる
  • 転職交流会や転居サポートといった独自のサポートを提供している

マンツーマン模擬面接や独自のノウハウをまとめた『転職成功BOOK』といった独自の選考対策を受けたい方にもおすすめです。

サービス名 キャリアスタート(CAREER START)
公式ページ https://careerstart.co.jp
サービス分類 ・転職エージェント
・特化型
特徴 20代の第二新卒・既卒・未経験専門の転職エージェント
登録者に『転職成功BOOK』を無料プレゼント中
料金 無料
運営会社 キャリアスタート株式会社
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-305582
参考ページ キャリアスタートの評判と口コミ
転職エージェント「キャリアスタート」の概要

リクルートへの転職におすすめの転職サイト
タレントスクエア | 20代・30代に特化したスカウト型転職サイト

タレントスクエア

【公式HP】https://talentsquare.co.jp

タレントスクエア』は、キャリアアップを目指す20代・30代の方に特化したスカウト型の転職サイトです。

タレントスクエアでしか出会えない非公開求人が多く、無料で登録すると好条件のスカウトが届きます。月間利用者数は100万人を超え、地域や業種・職種を問わず利用可能です。

一般的な転職サイトでは、40代以降の経験豊富な即戦力人材に高年収のスカウトが集中してしまい、20代・30代の若手層には好条件のスカウトが届きづらいケースがあります。

タレントスクエア』は20代・30代に特化したサービスのため、経験や専門性よりもポテンシャルを評価してくれる優良求人が多いことが特徴です。

タレントスクエアがおすすめな人の特徴
  • 20代・30代のうちから高年収を目指したい方
  • スカウトを通じて自分の市場価値を知りたい方
  • 未経験の業種や職種にチャレンジしてみたい方

その他の転職エージェント・転職サイト: リクルートダイレクトの評判ミイダスの評判dodaの評判リクルートエージェントの評判リクナビNEXTの評判パソナキャリアの評判を解説

リクルートに転職しても後悔しない人の特徴

リクルートに転職して後悔する理由や、後悔して退職する理由についてご説明しましたが、逆にリクルートに転職しても後悔しない人の特徴についてご説明します。

リクルートに転職しても後悔しない人の特徴
  • 自分が行きたい部門から内定をもらうことができた人
  • 成長のために苦労を厭わない人
  • プレッシャーであれば心地よく仕事ができる人
  • リクルートやその後のキャリアにおいて成し遂げたい明確な目標を持っている人

リクルートに転職しても後悔しない人の特徴①:
自分が行きたい部門から内定をもらうことができた人

リクルートに転職しても後悔しない人の特徴の1つ目は、自分が行きたい部門から内定をもらうことができた人です。リクルートに転職して後悔する理由①でもご説明した通り、リクルートは部門別採用を行っています。

そのことを理解せず、自分が行きたい部門とは異なる部門の選考を受けてしまうと、入社後の仕事内容と自身のイメージに乖離が生まれてしまう可能性があります。

従って、リクルートに転職しても後悔しないために、自分が行きたい部門をきちんと受けることが必要です。

ビズリーチでは、求職者が行きたいリクルートの部門について求人を持つヘッドハンターが多数在籍しています。ヘッドハンターによって持っている求人が異なるため、多くのヘッドハンターの話を聞くことが必要となりますが、ビズリーチであれば多数のヘッドハンターにアプローチすることができます。

リクルートに転職しても後悔しないために、ビズリーチを活用することをおすすめします。

リクルートに転職しても後悔しない人の特徴②:
成長のために苦労を厭わない人

リクルートに転職しても後悔しない人の特徴の2つ目は、成長のために苦労を厭わないことです。リクルートでは、転職してくる人は特に営業成績や個人目標達成のために努力が必要となります。

社員の成長を後押しする社風のため、その社風にのって努力を惜しまず成果を残そうとする気概がある人であれば、リクルートは良い環境で転職しても後悔することはないでしょう。

リクルートに転職しても後悔しない人の特徴③:
プレッシャーを受けても心地よく仕事ができる人

リクルートに転職しても後悔しない人の特徴の3つ目は、プレッシャーを受けても心地よく仕事ができることです。先述してきた通り、リクルートでは個人目標が明確に設定され、それに対する進捗率もモニタリングされます。

個人目標の達成への進捗率が芳しくなかったり、周りの助けがあってもうまくいかない場合はプレッシャーを感じることもありますが、そのようなプレッシャーを受けたとしても弱気にならず、むしろ成長のチャンスと捉えることができる人は、リクルートに転職しても後悔しないでしょう。

リクルートに転職しても後悔しない人の特徴④:
リクルートやその後のキャリアにおいて成し遂げたい明確な目標を持っている人

リクルートに転職しても後悔しない人の特徴の4つ目は、リクルートやその後のキャリアにおいて成し遂げたい明確な目標を持っていることです。

リクルートでは、リクルート内やその後のキャリアで成し遂げたいことを明確に持っている人が多く在籍しています。リクルート内での出世に加えて、他社へのキャリアアップ、独立・起業など、リクルートに入ることはあくまでゴールではなく手段と捉えている人が多いです。

リクルートでは独立・起業を後押しするカルチャーもあり、明確な目標意識を持っている人であればリクルートで得られる成長機会を活かして活躍することができるでしょう。

リクルートに転職するためにやるべきこと

リクルートは前職での実績次第で十分に転職できる可能性があります。しかしながら、独学でリクルートを受けても内定を得ることができる確率は低いと言わざるを得ません。

リクルートは志望動機や面接において特別な対策が必要です。対策なく選考に応募しても、特に未経験だと選考に通過できる確率は限りなく低くなります。未経験であってもリクルートに転職するためには、リクルートをよく知るプロフェッショナルからサポートを受けるのがベストです。

ハイクラス業界への転職者を何人もサポートしてきた転職エージェントは、未経験者でもリクルートに入るためのナレッジを豊富に保有しており、書類対策・面接対策から内定後のサポートまで全て行ってくれます。

転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

20代・30代向けの高年収求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

【公式】https://assign-inc.com

2024年4月現在、事前準備不要のオンライン面談を提供中

【2024年4月】限定特典あり

2024年4月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。

リクルートの年収体系 (総合職)

リクルートの年収は一般的な年収体系となっており、基本給と残業代、賞与で構成されます。なお、リクルートには職員の種類が下記の4種類となっており、本記事では総合職であるGE職についてご説明します。

リクルートにおける職員の種類
  • GE社員: 他企業でいう総合職
  • SE社員: 勤務エリアが限定される職。他企業でいうエリア総合
  • TS社員: 時給単位で給料が支払われる契約社員
  • 継続社員: 定年退職後の再雇用社員

リクルートの年収= 基本給 + 残業代 (残業35時間を超過分)+ 賞与(年2回)

基本給はテーブルで規定されているグレードによって決まり、賞与は評価によって決定されます。

残業代は35時間分がみなし残業代として基本給に含まれているので、残業代は35時間を超えた分だけ支給されます。(非管理職の場合のみ)

中途でリクルートに転職した場合の年収は?

中途でリクルートに転職したいと思っている場合、「自分の年収がどれくらいになるか」というのは誰しもが気になることだと思います。

実は新卒で入社したときの年収と中途で転職した場合の年収は大きく異なるケースが少なくありません。

中途で入社した場合の具体的な年収を知るためには、転職サイトに掲載されている実際の求人を見ることが最も確実です。口コミサイトやSNSよりも最新かつ正確な情報を知ることができます。

特に人気なのはCMでも有名な転職サイト『ビズリーチ』です。一般的な転職サイトではめったに見つからないような人気企業の高年収求人や好条件の非公開求人が多数掲載されています。

【公式HP】https://bizreach.jp

※2024年4月現在、新規登録すると109,360 件の求人が無料で閲覧可能

ビズリーチに関する豆知識

ビズリーチは定期的にログインしているとアカウントの評価が高まり、人気企業の非公開求人が優先的に案内されやすくなります。

転職活動を始める前から無料アカウントを作成して年に数回ログインしておくだけで、将来転職する際に情報が集まりやすく非常に有利になるのでおすすめです。

高給で知られるリクルートの役職別年収と給与テーブル

リクルートは中途採用にも積極的で、年収が非常に高いことから転職人気も高くなっています。

リクルートはミッショングレード制を採用しており、グレード・年次と役職のイメージは下記の通りとなっています。

グレード役職年次のイメージ年収のイメージ
MG1-3ジュニアメンバー1-3年目400-650万円
MG4-6ミドルメンバー4-6年目650-1,000万円
MG7-8GM7年目-1,200-1,600万円
MG9-11部長10年目以降1,600-2,000万円
MG12エグゼクティブ実力次第2,000万円-
リクルートのグレード・役職別年収

リクルートの年収に関しては下記の記事で解説しているので、詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

リクルートに転職して後悔しないために知っておくべき基本情報

リクルートに転職して後悔しないために、リクルートに関して知っておくべき基本情報をご紹介します。リクルートへの転職を検討する際の参考にしてください。

リクルートの企業概要

リクルートは人材・メディア領域における国内最大手企業です。

リクルートグループは純粋持株会社制を採っており、親会社のリクルートホールディングスは、米国のIndeed、Glasdoorといった人材大手企業を買収して傘下に入れており、日本において最も海外ビジネスが評価されている会社の1つです。

リクルートHD傘下企業から構成されるリクルートグループは、連結売上高は約3兆円、グループの従業員数は50,000人を超えています。

リクルートはその中で国内における「人材領域」と「販促領域」を担っており、「人材領域」ではリクナビ・リクルートエージェント、「販促領域」では、SUUMO、じゃらん、HotPepperBeautyといったサービスを提供していることで知られます。

会社名株式会社リクルート
従業員数17,327名(2022年4月末時点)
売上高2兆8,717億円(2022年3月期)※
当期利益2,968億円(2022年3月期)※
資本金3億5,000万円
本社所在地東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
リクルートの企業概要
※ 売上高・当期利益はリクルートグループ全体の数字

リクルートの現代表取締役社長は北村 吉弘氏で、本社は東京都千代田区大手町にあります。

尚、リクルートホールディングスの代表取締役は出木場 久征氏です。

リクルートの組織体制

先述の通り、リクルートは純粋持株会社制度を採用しており、親会社であるリクルートホールディングスを中心とした組織体制としては下記のようになっています。

リクルートグループの組織体制
リクルートグループの組織体制

リクルートHDは傘下に3つの主要な子会社(RGF OHR USA、株式会社リクルート、Recruit Global Staffing)を抱えており、各社が各領域の子会社を統括しております。

RGF OHR USAはIndeed、Glassdorrといった米国子会社を、株式会社リクルートはリクルートキャリア、リクルートジョブズ、リクルートライフスタイル、リクルート住まいカンパニーといった会社を統括しております。

新卒の場合はリクルートから内定をもらった後に配属部署が決まりますが、中途の場合は基本的にカンパニー別での選考となります。

リクルートの事業領域

先述の通り、リクルートの事業領域は主に「人材領域」と「販促領域」に大別されますが、その中でも細かく領域が分かれています。各領域における主なサービスは下記の通りです。リクルートに転職したい方は、下記のどのような領域に携わりたいかあらかじめ検討の上選考を受けることを強くおすすめします。

リクルートの事業領域と主な提供サービス
  • 新卒採用: リクナビ
  • 中途採用: タウンワーク、リクナビNext
  • HRエージェント: リクルートエージェント、リクルートダイレクトスカウト
  • 飲食: HotPepperグルメ、Airツールズ
  • 旅行: じゃらん
  • マリッジ・ファミリー: ゼクシィ
  • 教育: スタディサプリ
  • SaaS: Airビジネスツールズ

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地150-0002
東京都渋谷区渋谷2-19-15 宮益坂ビルディング609
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年4月時点)
目次