【2023年最新版】凸版印刷の年収を徹底解説【平均706万円】

日本を代表する印刷企業の凸版印刷。凸版印刷は年収も高いとされており、転職市場においても人気の高い企業となっています。今回はタレントスクエアが実施した凸版印刷社員へのインタビューを参考に、凸版印刷の年収について徹底解説します。

\結論だけ知りたい人のために/

本記事のポイント

下記は本記事の要約です。詳しく知りたい方は是非最後までお読みください。

凸版印刷の年収は?

凸版印刷は上場企業のため、有価証券報告書で平均年収が開示されています。有価証券報告書によれば、2023年3月期における凸版印刷の平均年収は706万円です。過去の平均年収は600-700万円台と、高い水準で推移していることが分かります。

年度平均年収平均年齢
2023年3月期706万円43.0歳
2022年3月期700万円42.9歳
2021年3月期678万円42.8歳
2020年3月期681万円42.6歳
2019年3月期665万円42.3歳
2018年3月期691万円42.0歳
凸版印刷の平均年収・平均年齢推移(出所: 凸版印刷IR
凸版印刷の役職別年収は?

凸版印刷の役職別年収は下記の通りとなっています。

等級・役職年次のイメージ年収のイメージ
B(B4-B1)1-4年目350-450万円
A(A4-A1)4-7年目450-550万円
S(S4-S1)7-10年目550-650万円
課長補佐10年目以降(実力次第)700-900万円
課長実力次第900-1,000万円
部長実力次第1,200万円程度
本部長実力次第実力次第
凸版印刷のグレード別年収
中途で凸版印刷に転職した場合の年収は?

中途で凸版印刷に転職したいと思っている場合、「自分の年収がどれくらいになるか」というのは誰しもが気になることだと思います。

実は新卒で入社したときの年収と中途で転職した場合の年収は大きく異なるケースが少なくありません。

中途で入社した場合の具体的な年収を知るためには、転職サイトに掲載されている実際の求人を見ることが最も確実です。口コミサイトやSNSよりも最新かつ正確な情報を知ることができます。

特に人気なのはCMでも有名な転職サイト『ビズリーチ』です。一般的な転職サイトではめったに見つからないような人気企業の高年収求人や好条件の非公開求人が多数掲載されています。

【公式HP】https://bizreach.jp

※2023年12月中に新規登録すると95,130 件の求人が無料で閲覧可能

ビズリーチに関する豆知識

ビズリーチは定期的にログインし続けているとアカウントの評価が高まり、人気企業の非公開求人が優先的に案内されやすくなります。転職活動を始める前からアカウントを作成して毎月1回程度ログインしておくことで、将来的に転職活動を始める際に有利になるのでおすすめです。

【口コミ】ビズリーチの評判

中途で凸版印刷に転職するには?

凸版印刷は年収の高さや成長機会の豊富さ、その後のキャリアパスの広がりなどから転職市場で非常に高い人気があります。

一方で、近年では中途採用を積極的に行っており、20代や第二新卒での転職実績も出ているため、正しい選考対策を行うことで十分転職可能だと言えます。

正しい選考対策の方法が分からない場合や、キャリアアップしたいけど何から始めていいか分からない場合は、転職のプロである転職エージェントに一度相談してみましょう。

転職エージェントは今すぐ転職予定のない方でも無料で利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策・内定後の年収交渉まで全てサポートしてもらえます。

転職エージェントは転職成功時に採用企業から紹介料をもらう仕組みです。利用者側は無料なので、気になるエージェントは積極的に登録してみましょう。

中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントなのでおすすめです。

独自の高年収求人を多数扱っていることに加え、面談後に一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

【公式】https://assign-inc.com

2023年12月現在、事前準備不要のオンライン面談を予約可能

【2023年12月】限定特典あり

ASSIGN』は今すぐ転職予定のない方や、将来的な転職に備えて早めに情報収集を始めたい方でも気軽に利用できます。また、2023年12月中に登録すると、転職活動の進め方や選考準備の方法を解説したオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取ることができます。

\ 「高年収業界・人気企業への転職に強い」 /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2023年12月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)
20代後半・30代向けのおすすめ転職サービス
ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでも有名なハイクラス転職サイト。

匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者や全国のヘッドハンターからスカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp
doda
(デューダ)
2023年オリコン満足度ランキングで1位に選ばれた人気の転職サービス。

全国各地の求人をカバーした国内最大級のデータベースにアクセスでき、「週休3日」「女性活躍」などこだわり条件で理想の仕事が見つかる。

【公式】https://doda.jp
ASSIGN
(アサイン)
20代・30代のハイクラス転職に特化した大手転職エージェント。

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選
目次

凸版印刷はどんな会社?組織図も紹介

凸版印刷は日本を代表する総合印刷会社です。「印刷テクノロジー」をベースに「情報コミュニケーション事業分野」、「生活・産業事業分野」および「エレクトロニクス事業分野」の3分野にわたり幅広い事業活動を展開しています。

連結売上高は1兆5,000億円を超えており、従業員数は連結で約54,000人にのぼります。

情報コミュニケーション事業分野セキュリティシステムやコンテンツ・マーケティング、BPOを提供
生活・産業事業分野パッケージングや建装材、高機能・エネルギー関連製品を印刷技術を用いて提供
エレクトロニクス事業分野半導体関連製品、ディスプレイ関連製品を提供
凸版印刷の事業内容

凸版印刷では最適な包装を提案することによりノウハウの溜まった「マーケティングソリューション」、印刷技術により培った「情報加工」、「微細加工」、「表面加工」、「成型加工」といった技術(印刷テクノロジー)をもとに、上記のような事業を高い技術力を用いて展開するというのが凸版印刷の強みです。

凸版印刷の印刷テクノロジー
凸版印刷の印刷テクノロジー

凸版印刷の組織図とグループ再編

凸版印刷の組織図としては、凸版印刷のマネジメント下に各種事業部・子会社がぶら下がっているようなたちでしたが、凸版印刷はTOPPANホールディングスという会社を持株会社として各事業部を個別の株式会社とするように組織再編を行う模様です。

詳細とタイムラインについては下記の通りとなっています。

凸版印刷の組織再編

凸版印刷の平均年収は706万円(平均年齢: 43.0歳)

凸版印刷は上場企業のため、有価証券報告書で平均年収が開示されています。有価証券報告書によれば、2023年3月期における凸版印刷の平均年収は706万円(平均年齢: 43.0歳)です。過去の平均年収は600-700万円台と、高い水準で推移していることが分かります。

年度平均年収平均年齢
2023年3月期706万円43.0歳
2022年3月期700万円42.9歳
2021年3月期678万円42.8歳
2020年3月期681万円42.6歳
2019年3月期665万円42.3歳
2018年3月期691万円42.0歳
凸版印刷の平均年収・平均年齢推移(出所: 凸版印刷IR

国税庁が開示している日本人の平均年収が461万円であることから、凸版印刷の平均年収は日本人全体の平均よりも有意に高いと言えます。

また、dodaが公表している業種別平均年収ランキングによると、メーカーの平均年収は453万円となっており、凸版印刷の平均年収はメーカー全体の平均年収よりも高い水準になっています。

凸版印刷の平均手取りはいくら?税金・社会保険料と手取りをシミュレーション

国税庁・日本年金機構・全国健康保険協会の公式情報をもとに試算すると、凸版印刷の平均と同じく43歳で年収706万円の場合、年間の手取り額は約527万円ひと月あたりの手取り額は約44万円となります。

なお、実際の手取りは年収に占めるボーナスの割合や家族構成等によって変動する可能性があります。詳しく知りたい方は手取り計算ツールをご覧ください。

▼ 条件を指定して手取り額を計算できます
項目 年収 月収
額面収入
所得税
住民税
健康保険
厚生年金
雇用保険
介護保険
手取り

国税庁日本年金機構全国健康保険協会の最新情報をもとに試算(詳細: 手取り計算ツール

凸版印刷の転職難易度は?

凸版印刷は年収の高さや成長機会の豊富さ、その後のキャリアパスの広がりなどから転職市場で非常に高い人気があります。

一方で、近年では中途採用を積極的に行っており、20代や第二新卒での転職実績も出ているため、正しい選考対策を行うことで十分転職可能だと言えます。

実際に選考を受ける前に自分の合格可能性を知りたい場合は、大手転職サイト『doda(デューダ)』が提供している『合格診断』という機能を利用してみることをおすすめします。

3分で簡単な経歴情報を入力すると、日系・外資系を含めた人気企業300社への転職可能性を算出して、計算根拠や各社の最新の採用状況も含めた詳細なレポートを受け取ることができます。

dodaの合格診断の対象企業(一部抜粋)

■ 高年収人気企業

三菱商事 / キーエンス / 電通 / フジテレビ / 三菱地所 / ヒューリック

■ ホワイト高年収企業

トヨタ / 味の素 / 野村総合研究所 / アサヒビール / SONY / 富士フイルム / JR東海

■ 外資系・グローバル企業

マッキンゼー / BCG / ゴールドマンサックス / PwC / デロイトトーマツ / Google / P&G

また、気になる企業をお気に入りに追加すると求人が出たタイミングで通知が届くので、スキマ時間に効率よく志望業界・企業の採用情報をチェックすることができます。

登録しても電話やしつこい転職勧誘が来ることはないため、今すぐ転職予定のない方でも安心して利用できます。

【公式】https://doda.jp/guide/popular/shindan.html

2023年12月中に新規登録すると無料で利用可能

\ 高年収業界・人気企業への転職に強い /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました(2023年12月最新版)

転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)

ビズリーチ

登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者・高年収求人を扱う全国のヘッドハンターからスカウトが届き、自分のリアルな市場価値・転職可能性が分かる

【公式】https://bizreach.jp


doda(デューダ)

オリコン満足度ランキングで20代の人気1位に選ばれた王道の転職サイト。国内最大級の求人データベースを利用して気になる企業のリアルな年収や選考フローが分かるほか、実際に選考を受ける前に自分の合格可能性を診断することができる。

【公式】https://doda.jp


ASSIGN(アサイン)

20代・30代のハイクラス転職に特化した大手転職エージェント。サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com

凸版印刷は年収が低いというのは本当?

競合である大日本印刷の年収は下記の通りとなっています。

年度平均年収平均年齢従業員数
凸版印刷706万円43.0歳10,843人
大日本印刷797万円43.8歳10,107人
凸版印刷と大日本印刷の比較

一般的な企業と比較すると、凸版印刷の年収水準は十分に高いですが、大日本印刷と比較してしまうと年収が低く見えるというのも事実です。

大日本印刷の年収については下記の記事でも解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

凸版印刷の年収体系(総合職)

凸版印刷の年収は一般的な年収体系となっており、基本給と残業代、賞与で構成されます。

凸版印刷の年収= 基本給 + 残業代 + 賞与(年2回/夏・冬)

基本給は等級によって、賞与は評価によって決定されます。凸版印刷では管理職となるまでは残業代が100%支払われるため、基本給に加えた上乗せが期待できます。

凸版印刷では、等級(グレード)が設定されています。グレードと年次のイメージは下記の通りとなっています。

等級・役職年次のイメージ
B(B4-B1)1-4年目
A(A4-A1)4-7年目
S(S4-S1)7-10年目
課長補佐10年目以降(実力次第)
課長実力次第
部長実力次第
本部長実力次第
凸版印刷のグレード

凸版印刷では、Bグレードから始まり、10年目以降に管理職である課長補佐に昇進することができるようになります。なお、課長補佐以前では非管理職扱いとなるため残業代が支給されますが、以降は管理職扱いとなるため残業代は支給されません。若手の間は基本給が低く、残業代で稼ぐようにする従業員も多い模様です。

S1以降では、管理職を目指さない場合専門職としてのキャリアを歩むこともできます。

凸版印刷の等級別年収(役職別年収)を解説

凸版印刷では等級によって年収が定まります。

等級・役職年次のイメージ年収のイメージ
B(B4-B1)1-4年目350-450万円
A(A4-A1)4-7年目450-550万円
S(S4-S1)7-10年目550-650万円
課長補佐10年目以降(実力次第)700-900万円
課長実力次第900-1,000万円
部長実力次第1,200万円程度
本部長実力次第実力次第
凸版印刷のグレード別年収

凸版印刷では、課長に昇進すると1,000万円に到達するような水準となっています。昇格・昇給は一年に一度です。昇給は1年間で5,000円/月となっています。

年収を上げるためには残業代が非常に重要で、若手の間は残業で年収を上げる傾向にあります。

凸版印刷における評価制度と昇格を解説 ボーナスは何か月分?

凸版印刷において、ボーナスは年2回(夏・冬)となっています。凸版印刷のボーナスは月収の6か月分程度とされています。ボーナスの金額は月に2回行われる評価によって決定されます。

評価制度としてはMBOによる目標管理制度が導入されており、5月頃に上司と半期ごとの目標を策定、その目標を達成したかどうかで評価が下されるという仕組みとなっています。

また、この評価は昇進にも影響します。基本的にSランクまでは年功序列で昇進していきますが、課長補佐となるタイミングでは昇進試験を受験し、合格する必要があります。

課長補佐昇進試験は小論文で実施され、試験を受けることができれば基本的に合格ができる模様です。(試験を受けて良い状態になることが重要)

凸版印刷における出世コースとは?

凸版印刷では年功序列で等級が上がっていきますが、課長補佐への昇進時に試験を受けて合格する必要があります。試験は受験資格を得られれば合格は堅いとされていますが、受験資格を得るには高い評価を得る必要があります。

この課長補佐昇進試験を最短に近い(10年目程度)までに受験の上合格できれば出世コースに乗っていると言えるでしょう。

凸版印刷の年齢別年収を解説(25歳、30歳、35歳、40歳)

上記の等級別年収を参考に、凸版印刷における年齢別(25歳、30歳、35歳、40歳)の年収を紹介します。

年齢年収水準
25歳400万円
30歳600万円
35歳800万円
40歳1,000万円
凸版印刷における年収のモデルケース

中途で凸版印刷に転職した場合の年収は?

中途で凸版印刷に転職したいと思っている場合、「自分の年収がどれくらいになるか」というのは誰しもが気になることだと思います。

実は新卒で入社したときの年収と中途で転職した場合の年収は大きく異なるケースが少なくありません。

中途で入社した場合の具体的な年収を知るためには、転職サイトに掲載されている実際の求人を見ることが最も確実です。口コミサイトやSNSよりも最新かつ正確な情報を知ることができます。

特に人気なのはCMでも有名な転職サイト『ビズリーチ』です。一般的な転職サイトではめったに見つからないような人気企業の高年収求人や好条件の非公開求人が多数掲載されています。

【公式HP】https://bizreach.jp

※2023年12月中に新規登録すると95,130 件の求人が無料で閲覧可能

ビズリーチに関する豆知識

ビズリーチは定期的にログインし続けているとアカウントの評価が高まり、人気企業の非公開求人が優先的に案内されやすくなります。転職活動を始める前からアカウントを作成して毎月1回程度ログインしておくことで、将来的に転職活動を始める際に有利になるのでおすすめです。

【口コミ】ビズリーチの評判

\ 高年収業界・人気企業への転職に強い /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
性別
満足度(5段階評価)
おすすめ転職サービス(総合ランキング)
ビズリーチ登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。

匿名で経歴を登録すると人気企業の採用担当者・高年収求人を扱う全国のヘッドハンターからスカウトが届き、自分のリアルな市場価値・転職可能性が分かる

【公式】https://bizreach.jp

【口コミ】ビズリーチの評判
doda
(デューダ)
オリコン満足度ランキングで人気1位に選ばれた王道の転職サイト。

国内最大級の求人データベースを利用して気になる企業のリアルな年収や選考フローが分かるほか、実際に選考を受ける前に自分の合格可能性を診断することができる。

【公式】https://doda.jp

【口コミ】dodaの評判
ASSIGN
(アサイン)
20代・30代のハイクラス転職に特化した大手転職エージェント。

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選

参考: 凸版印刷の年収を解説

凸版印刷の新卒の年収・初任給は?(大卒・院卒別)

凸版印刷の初任給は下記の通りです。

凸版印刷の初任給
  • 学士卒(大学卒): 月給 233,000円
  • 修士卒(院卒): 月給 251,500円

上記に対して残業代・賞与が別途支給されるため、学部卒における初年度の年収は350-400万円程度になると想定されます。

凸版印刷における1年目のボーナスはいくら?

凸版印刷における1年目では、ボーナスの水準はだいたい50万円程度と推定されています。1年目では評価によってそれほどの差はつかない模様です。

凸版印刷の福利厚生・退職金

凸版印刷の福利厚生は公式サイトにて詳細に説明されています。主な福利厚生は下記の通りです。

凸版印刷の主な福利厚生
  • 財形貯蓄制度、財形融資制度、育児休業制度、介護休業・介護勤務短縮制度、社会保険(健康保険、厚生年金保険、労災保険、雇用保険、ほかに労災付加給付制度)、持株制度(補助金制度による従業員持株制度)、厚生施設(独身寮、保養所、診療所)など
  • ファーストキャリアプラン(入社前から入社3年目までの体系的育成制度)、トッパンビジネススクール(自己啓発のため選択研修)、海外トレーニー制度、選抜型研修、部門別個別研修など

特に東十条にある独身寮は最新の自社商材を導入しているなど、非常に住環境が良いと評判です。

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、若手社員のワークライフバランスの観点から、主要拠点への通勤時間の短縮と、安心かつ快適な住環境を整えることを目的に、部屋数204室の独身寮「トッパンハイツ東十条」(所在地:東京都北区)を新たに建設、2020年3月13日に竣工式を行い3月中旬より入居を開始します。
 「トッパンハイツ東十条」では、天気や時刻などの最新情報を表示する「インフォウォール」や、電源のオン/オフで透明/不透明が瞬時に切り替わる液晶調光フィルム「LC MAGIC」など、凸版印刷の最新住居用商材を導入。次世代型住空間において快適に日々の生活を過ごすことで、若手社員のエンゲージメントが高まることを期待しています。あわせて、防音効果を施したシアタールームや共用ラウンジも設置し、入居者同士のコミュニケーションを図る環境を整えました。

凸版印刷、最新自社商材を導入した次世代独身寮が完成

凸版印刷の採用大学・学歴は?エリート?就職難易度は高い?

凸版印刷の採用大学は下記の通りです。大学別に見ると早稲田大学、明治大学、慶應義塾大学、東京都市大学、東京電機大学などレベルが高い大学の出身者が多く、凸版印刷の採用大学・学歴・就職難易度ともにレベルが高いことが分かります。

順位大学採用人数
1早稲田大学28
2明治大学16
3慶應義塾大学13
東京都市大学13
東京電機大学12
6日本体育大学11
立命館大学5
8芝浦工業大学4
大阪大学4
10関西大学3
凸版印刷の出身大学別人数(出典: 大学通信

凸版印刷が「やばい」と言われるのはなぜ?理由を解説

日本を代表する印刷企業の凸版印刷ですが、Googleで「凸版印刷」と検索すると関連キーワードに「やばい」というネガティブなワードがあります。

凸版印刷に関する評判

凸版印刷への就職や転職を検討している方の中でも、この検索結果を見て尻込みしてしまったり、不安になってしまった方も少なくないのではないでしょうか。

凸版印刷が「やばい」と言われる理由
  • 印刷需要が少なくなり、将来性がないため
  • 年収が低いと言われているため
  • 談合という不祥事があったため
  • 激務でパワハラがあると言われているため
  • 採用大学のレベルが高く学歴フィルターがあると噂されているため

凸版印刷が「やばい」と言われる理由は上記の通りです。下記の記事では理由の詳細と実態について解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

人気企業の年収
キーエンスの年収リクルートの年収NTTデータの年収
電通の年収博報堂の年収大塚商会の年収
富士通の年収NECの年収SCSKの年収
サントリーの年収任天堂の年収凸版印刷の年収
ヤフーの年収楽天の年収サイバーエージェントの年収
レバレジーズの年収セールスフォースの年収ゴールドマンサックスの年収
コンサル・M&A業界の年収
マッキンゼーの年収BCGの年収アクセンチュアの年収
ベイカレントの年収アビームの年収PwCの年収
野村総合研究所の年収デロイトトーマツの年収KPMGの年収
日本M&Aセンターの年収M&Aキャピタルパートナーズの年収M&A総合研究所の年収
総合商社の年収
三菱商事の年収三井物産の年収伊藤忠商事の年収
丸紅の年収住友商事の年収双日の年収
大手メーカーの年収
トヨタの年収ソニーの年収日立製作所の年収
村田製作所の年収パナソニックの年収東京エレクトロンの年収
デンソーの年収ファナックの年収富士フイルムの年収
凸版印刷の年収大日本印刷の年収キオクシアの年収
三菱重工の年収川崎重工の年収IHIの年収
転職サイト・転職エージェント
ビズリーチの評判dodaの評判リクルートエージェントの評判
マイナビエージェントの評判ハタラクティブの評判キャリアスタートの評判
JACリクルートメントの評判ミイダスの評判パソナキャリアの評判

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つ株式会社Prime Partnerが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業と特定募集情報等提供事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

会社名株式会社Prime Partner(Prime Partner Inc.)
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地150-0002
東京都渋谷区渋谷2-19-15 宮益坂ビルディング609
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
株式会社Prime Partnerの会社概要(2023年12月時点)

また、転職・キャリア・年収に関する正確な情報を発信するために以下の公的機関等による情報を参考にしています。

厚生労働省一般社団法人 日本人材事業協会公益社団法人 全国民営職業紹介事業協会一般社団法人 人材サービス産業協議会独立行政法人 労働政策研究・研修機構一般社団法人 日本人材派遣協会ハローワーク全国求人情報協会全国健康保険協会国税庁日本年金機構

目次