本田技研工業(ホンダ)はやばい?激務?潰れる?評判を解説

本田技研工業(ホンダ)はやばい?激務?潰れる?評判を解説

日本を代表する自動車メーカーである本田技研工業。年収水準も高く、中途・転職人気も非常に高いことで知られますが、本田技研工業は「やばい」とも言われています。

本記事では本田技研工業が「やばい」と言われる理由と実態について徹底解説します。

本田技研工業(ホンダ)への転職方法・転職難易度は下記の記事で解説しているので、詳しく知りたい方は合わせてご覧ください。

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで、自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

本記事のポイント

本田技研工業は「やばい」という評判がありますが、実際にそういわれている要因を1つ1つ読み解いていくと、決して「やばくない」ことが容易にわかります。

下記は本記事の要約です。詳しく知りたい方は是非最後までご覧ください。

本田技研工業はなぜ「やばい」と言われるのか?

本田技研工業は下記の様な理由で「やばい」と言われますが、実際は「やばく」ありません。本記事では1つ1つ解説しているので、是非ご覧ください。

本田技研工業が「やばい」と言われる理由
  • 将来性がなく、潰れる可能性があると思われているため
  • 早期退職制度で社員が大量に退職したため
  • 社内で内紛が起きていると言われているため
  • パワハラ・激務で離職率が高い、転職すると後悔すると言われているため
  • 年収が高いと言われているため
  • 採用大学のレベルが高く、内定は「すごい」と言われるため
本田技研工業に転職するためにやるべきこと

本田技研工業は転職市場で非常に人気の高い企業ですが、前職での実績や選考対策次第で十分に転職できる可能性があります。

中途で本田技研工業に転職するためには、本田技研工業をよく知る転職エージェントを活用することが重要です。

転職エージェントは無料で何社でも利用することができ、企業研究から書類作成・面接対策まで全てサポートしてもらえます。

中でも『ASSIGN(アサイン)』は全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞に選ばれた大手の転職エージェントで、実際の利用者の口コミも非常に良いのでおすすめです。

20代・30代向けの高年収求人を多数扱っていることに加え、一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

【公式】https://assign-inc.com

2024年7月現在、事前準備不要のオンライン面談を提供中

【2024年7月】限定特典あり

2024年7月中に登録すると、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取れます。登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会可能です。

\ 高年収業界・人気企業への転職に強い /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
高年収業界・人気企業への転職におすすめの転職サービス
ビズリーチ
(4.9)
登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。

匿名で経歴を登録するだけで人気企業の高年収スカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp
ASSIGN
(アサイン)

(4.8)
20代・30代のキャリアアップ支援に特化した大手転職エージェント。

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年7月中に登録した方全員に、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
マイナビAGENT
(4.8)
日本全国・全業種のホワイト優良求人を幅広く扱う国内最大級の転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp
利用者の評判が良かったおすすめ転職サービス3選
目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

本田技研工業(ホンダ)ってどんな会社?

本田技研工業は、「HONDA」というブランドネームで知られる日本を代表する自動車、輸送機器、機械工業メーカーです。

本田技研工業におけるセグメント
  • 二輪事業: 二輪車、ATV、Side-by-Side(2WD)、関連部品
  • 四輪事業: 四輪車、関連部品
  • 金融サービス事業: クレジット、カーリースなど
  • パワープロダクツ事業及びその他の事業: パワープロダクツ、関連部品、その他

現代表は本田技研工業出身の三部 敏宏氏で、本社は東京都港区南青山にあります。

会社名本田技研工業株式会社
英語名Honda Motor Co.,Ltd.
資本金860億円
本社所在地東京都港区南青山2-1-1
本田技研工業の企業概要

\ 2024年7月最新の人気求人 /

総合商社の事業投資担当者【年収800万円~】

グローバルに事業展開する総合商社が事業投資担当者を募集中。ワークライフバランスを確保したまま高年収を実現できます。

【勤務地】東京(リモート可)

【年収】800万円 ~ 2000万円

本田技研工業(ホンダ)の転職難易度は?

本田技研工業(ホンダ)は年収の高さや成長機会の豊富さ、その後のキャリアパスの広がりなどから転職市場で非常に高い人気があります。

一方で、近年では中途採用を積極的に行っており、20代や第二新卒での転職実績も出ているため、正しい選考対策を行うことで十分転職可能だと言えます。

今すぐ予定はなくても将来的に転職を考えている方や、情報収集から始めたい方は、『転職可能性診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

簡単な経歴を登録するだけで、人気企業100社への転職可能性を数字で算出してレポートとして受け取ることができます。

\ 月間ユーザー数100万人突破 /
転職可能性診断の対象企業
高年収難関企業三菱商事 / キーエンス / 電通 / 野村総合研究所 / リクルート / エムスリー / SONY / ベイカレント / M&A総合研究所 など
ホワイト安定企業NTTドコモ / 味の素 / 明治 / 日本たばこ産業 / 富士フイルム / 東京海上日動火災保険 / 任天堂 / サントリー / 花王 など
外資系・グローバル企業Google / マッキンゼー / ゴールドマンサックス / P&G / アマゾン / PwC / アクセンチュア / セールスフォース など
転職可能性診断の対象企業

※ 診断の対象企業は変更になる場合がございます。最新情報は転職可能性診断の公式ページからご確認ください。

本田技研工業がやばいといわれる理由

日本を代表する輸送機メーカーの本田技研工業ですが、Googleで「本田技研工業」と検索すると関連キーワードに「やばい」というネガティブなワードがあります。

本田技研工業への就職や転職を検討している方の中でも、この検索結果を見て尻込みしてしまったり、不安になってしまった方も少なくないのではないでしょうか。

以降では、ネット上で「やばい」と言われる理由について、実態を解説していきます。

本田技研工業が「やばい」と
言われる理由

\ 優秀なビジネスパーソンは使ってる /

キャリアアップを目指す人に
おすすめの転職サービス3選

50社以上の転職サービスを編集部が実際に利用したうえで、利用者の方々のリアルな口コミ情報と合わせて、本当におすすめできる転職サービスを厳選しました。

【募集中】転職サービスの口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

転職サービス名 *
満足度 *
口コミ *
現職の業界 *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
キャリアアップを目指す人におすすめの転職サービス
ビズリーチ
(4.9)
登録するだけで高年収のスカウトが届く、CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。

匿名で経歴を登録するだけで人気企業の高年収スカウトが届き、そのままチャット上で年収や選考プロセスなどについて直接質問できる。

【公式】https://bizreach.jp
ASSIGN
(アサイン)

(4.8)
20代・30代のキャリアアップ支援に特化した大手転職エージェント。

サポートの手厚さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

【公式】https://assign-inc.com

※ 2024年7月中に登録した方全員に、キャリアアップに必要な情報をまとめたオリジナル資料をプレゼント中
マイナビAGENT
(4.8)
日本全国・全業種のホワイト優良求人を幅広く扱う国内最大級の総合型転職エージェント。

マイナビAGENTでしか取り扱いのない好条件の非公開求人が多く、利用者の年収アップ率は61.1%と非常に高水準。

【公式】https://mynavi-agent.jp
キャリアアップを目指す人におすすめの転職サービス

本田技研工業が「やばい」と言われる理由①:
将来性がなく、潰れる可能性があると思われているため

本田技研工業は将来性がなく、潰れる可能性があると思われているため、「やばい」と言われているようです。

確かに本田技研工業は2019年3月期に四輪事業で赤字決算となったうえ、新型コロナウイルスの影響で2019年度、2020年度と連続して売上収益、営業利益が下落しています。

年度売上収益
(億円)
営業利益
(億円)
2018年度158,8867,263
2019年度149,3106,336
2020年度131,0756,602
2021年度145,5268,712
2022年度169,0777,808
2023年度204,28813,819
本田技研工業の業績推移

2021年度以降の業績を見ると、2022年度に売上・営業利益ともにコロナウイルス前の水準に戻っています。また、2023年度には過去最高益を達成しています。

近年ではEV領域や非クルマ事業である「ライフクリエーション」事業に注力しているなど、新規事業にも注力しており、新規事業含めた成長領域次第でさらに将来性がある会社となるでしょう。

注目求人

未経験歓迎の戦略コンサルタント【残業20時間以内】

転職市場で屈指の人気を誇る大手コンサルティングファームがコンサルタントを募集中。コンサル未経験でも転職可能で、戦略系プロジェクトも多数経験できます【平均残業時間は約20時間】

本田技研工業が「やばい」と言われる理由②:
早期退職制度で社員が大量に退職したため

本田技研工業は早期退職制度で社員が大量に退職したために「やばい」と言われることがあります。本田技研工業では、2021年7月末から2022年3月末の半年間で3,200人もの従業員が本田技研工業から離れています。

2021年7月末〜22年3月末にホンダを去った退職者数は、実に約3200人に上った(依願退職のみの人数)。その大半が早期退職制度「ライフシフト・プログラム(LSP)」を利用している。LSPは、55歳から65歳未満の日本の正社員を対象に、社員の世代交代を図る目的で導入された。

ホンダが当初見込んでいたLSPの利用者数は1000人程度。ところがふたを開けてみれば、みるみるうちに希望者が殺到したことで「依願退職者3200人のうち2500人以上がLSP対象者」(ホンダ社員)。ホンダ経営陣の想定の2.5倍に膨れ上がった格好だ。

2500人といえばホンダの国内正社員の約6%に相当する規模だ。近年、パナソニックや全日本空輸など早期・希望退職者を募った大手企業は少なくないが、その中でもホンダの希望者数は図抜けて多い。今回のプランでは割増退職金が多めに加算されている。仮に、1人当たりの退職一時金(退職金と退職割増金)が4000万円程度だとするとホンダは1000億円ものコスト負担となる計算だ。

ホンダ早期退職者2500人の衝撃、人材流出が多い「リストラ標的20拠点」が内部資料で判明

こうした早期退職によりホンダは大丈夫かと心配されているようですが、本田技研工業による早期退職制度導入の目的は世代交代にあり、しっかりとその目的を果たすことはできたと言えるでしょう。

本田技研工業が成長するための世代交代・コスト削減施策であり、こうした施策を成功させた本田技研工業は今後の成長を期待することができるでしょう。

本田技研工業が「やばい」と言われる理由③:
社内で内紛が起きていると言われているため

本田技研工業は社内で内紛が起きていると言われているため、「やばい」と言われることがあります。これは2019年頃の話ですが、四輪事業が不振だったために、本田技研工業の業績が低調となったことが原因だった模様です。

ホンダが5月8日に発表した2019年3月期決算の売上高は前期比3.4%増加の15兆8886億円、本業のもうけを示す営業利益は12.9%減少の7263億円だった。

営業利益率は4.6%と、トヨタ自動車(8.2%)や、安価な軽自動車中心のスズキ(8.4%)の足元にも及ばない。

その要因は不振の四輪事業にある。ホンダの事業は、四輪、二輪、汎用エンジンや草刈り機などのパワープロダクツの3部門で構成されるが、売上高の最も多い主力の四輪が、’19年1~3月期決算で売上高2兆9128億円に対し、営業損益は530億円の赤字に陥ってしまったのだ。今後も収益性が大きく回復する見込みがない。

ホンダの四輪が赤字に陥ったのは、過剰設備と開発コストの高さによるものだ。国内で最も売れている「N-BOX」シリーズを抱える軽自動車部門でさえも赤字だというから驚く。

[中略]

この惨状にもかかわらず、ホンダはあちこちで内部対立を抱えている。

まずは稼ぎ頭の二輪事業と、赤字の四輪事業の対立だ。

いまホンダは、本田技術研究所内にある二輪の研究開発部門を切り離して、本社の二輪事業本部と一体化させることで意思決定の迅速化を図ろうとしている。追い上げてくるインド・中国メーカーに対抗するためだ。

ところが二輪部門の幹部は、「意思決定の迅速化を狙うならば、二輪事業部門をホンダ本体から切り離して分社化する手もあったはずだ」と語る。

稼ぎ頭の自分たちだけを分社化すればいい。この幹部は、「赤字転落した四輪とは一緒にされたくない。モチベーションが落ちる」とまで言うのだ。

二輪と四輪の対立だけではない。四輪事業の不振の元凶の一つとされた北米事業の出身者「米国派」の幹部たちは、中国事業を長く手がけてきた八郷氏や倉石氏ら「中国派」が人事を専横していると不満を募らせる。

さらにはその「中国派」のなかでも、八郷氏と倉石氏の関係に軋みが生じ始めているというのだから、ただ事ではない。

赤字転落のホンダで吹き荒れる「内紛」の全内幕 2019年6月20日

本田技研工業の四輪事業は2019年3月期に赤字に陥り、二輪事業と対立するなど、業績不振に端を発して社内での不満が増幅していた模様です。

本田技研工業の四輪事業は2021年度には営業利益が2,362億円(二輪事業: 3,114億円)となるなど業績が大きく回復しているうえ、社長が八郷氏から三部氏に代わって以降は内紛の声もなくなってきています。

本田技研工業が「やばい」と言われる理由④:
パワハラ・激務で離職率が高い、転職すると後悔すると言われているため

本田技研工業はパワハラ・激務で離職率が高いと言われているため「やばい」と言われることがあります。

本田技研工業は月間平均残業時間自体を公開しているわけではありませんが、年間平均総労働時間を公開しており、そこから残業時間を計算することができます。

定時勤務時間を公式より8時間、年間有給休暇を20日とすると、2022年度における本田技研工業の残業時間は16.9時間となっており、短い水準であることが分かります。

年度年間総労働時間月間平均残業時間
20181,909時間12.4時間
20191,997時間19.8時間
20201,953時間16.1時間
20211,955時間16.3時間
20221,963時間16.9時間
本田技研工業の年間総労働時間と月間平均残業時間(出所: サステナビリティレポート

本田技研工業の離職率は2022年度に5.8%となっている通り、こちらも低い水準となっています。

年度離職率
20202.3%
20216.5%
20225.8%
本田技研工業の離職率(出所: サステナビリティレポート

注目求人

大手広告代理店のアカウントプランナー【平均残業10時間】

テレビCMからSNS広告まで幅広い広告を扱う大手広告代理店において、顧客企業の広告戦略策定・予算運用を行うアカウントプランナーを募集中。広告業界の経験は不問で、入社後すぐにキャッチアップできます。

本田技研工業が「やばい」と言われる理由⑤:
年収が高いと言われているため

本田技研工業がやばいと言われている理由として、年収が高いためということも挙げられます。

本田技研工業は上場企業のため、有価証券報告書で平均年収が開示されています。有価証券報告書によれば、2024年3月期における本田技研工業の平均年収は831万円(平均年齢: 44.7歳)となっています。

新型コロナウイルスの影響及び組織再編以前の平均年収である800万円台の水準にもどっており、直近の平均年収を見ても本田技研工業の年収は高いと言えるでしょう。

年度平均年収平均年齢
2024年3月期831万円44.7歳
2023年3月期822万円44.7歳
2022年3月期779万円44.7歳
2021年3月期799万円44.9歳
2020年3月期817万円45.5歳
2019年3月期820万円45.6歳
2018年3月期809万円44.9歳
本田技研工業の平均年収・平均年齢推移(出所: 同社IR

国税庁が開示している日本人の平均年収が461万円であることから、本田技研工業の平均年収は日本人全体の平均よりも有意に高いと言えます。

また、マイナビエージェントが公表している業種別平均年収ランキングによると、自動車・自動車部品・輸送用機器メーカーの平均年収は473万円となっており、本田技研工業の平均年収は自動車・自動車部品・輸送用機器メーカー全体の平均年収よりも高い水準になっています。

中途で本田技研工業に転職した場合の年収は?

中途で本田技研工業に転職したいと思っている場合、「自分の年収がどれくらいになるか」というのは誰しもが気になることだと思います。

実は新卒で入社したときの年収と中途で転職した場合の年収は大きく異なるケースが少なくありません。

中途で入社した場合の具体的な年収を知るためには、転職サイトに掲載されている実際の求人を見ることが最も確実です。口コミサイトやSNSよりも最新かつ正確な情報を知ることができます。

特に人気なのはCMでも有名な転職サイト『ビズリーチ』です。一般的な転職サイトではめったに見つからないような人気企業の高年収求人や好条件の非公開求人が多数掲載されています。

【公式HP】https://bizreach.jp

※2024年7月現在、新規登録すると109,360 件の求人が無料で閲覧可能

ビズリーチに関する豆知識

ビズリーチは定期的にログインしているとアカウントの評価が高まり、人気企業の非公開求人が優先的に案内されやすくなります。

転職活動を始める前から無料アカウントを作成して年に数回ログインしておくだけで、将来転職する際に情報が集まりやすく非常に有利になるのでおすすめです。

本田技研工業の年収は下記の記事でも解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

本田技研工業が「やばい」と言われる理由⑥:
採用大学のレベルが高く、内定は「すごい」と言われるため

本田技研工業は採用大学のレベルが高く、就職難易度が高いため「やばい」と言われることがあります。

大学通信によれば、本田技研工業の採用大学は下記の通りです。大学別に見ると早稲田大学、慶應義塾大学、東北大学、東京大学、大阪大学など非常にレベルが高い大学の出身者が多く、本田技研工業の採用大学・学歴・就職難易度ともにレベルが高いことが分かります。

順位大学就職者数
1早稲田大学60
2慶應義塾大学35
3東北大学30
東京大学26
5大阪大学26
6芝浦工業大学24
中央大学24
日本大学23
9同志社大学22
10名古屋大学22
東海大学18
12東京工業大学18
静岡大学16
京都大学15
九州大学14
東京都市大学14
東京理科大学14
18上智大学13
本田技研工業の採用大学(出典: 大学通信

まとめ: 本田技研工業はやばい会社ではない

本記事では、本田技研工業が「やばい」と噂されている理由とその実態について調べてきましたが、本田技研工業は決して「やばい」会社ではありません。年収水準も高く、平均残業も短い優良企業で、転職にもおすすめの会社です。

【厳選】本田技研工業(ホンダ)への転職におすすめの転職サイト・転職エージェント

本田技研工業(ホンダ)への転職に興味がある方のために、おすすめの転職サイト・転職エージェントを厳選して紹介します。

本田技研工業(ホンダ)への転職におすすめの転職サイト
ビズリーチ

【公式HP】https://bizreach.jp

ビズリーチ』は、TVCMでも有名な国内最大級のスカウト型の転職サービスであり、おすすめの転職サイトです。

匿名で経歴を登録するだけで高年収のスカウトが届き、気になるスカウトに返信することで効率的に転職活動を進めることができます。

転職活動中の人はもちろん、直近の転職予定がなくても将来的に転職を考えている人も含めて200万人以上のユーザーが利用しています。

人気企業・難関企業の採用担当者や高年収求人を扱う質の高いヘッドハンターからスカウトを受け取ったり、ビズリーチ限定で公開されている好待遇な求人の詳細を確認することができます。

会員登録したからと言って面談を要求されたり、電話がかかってくることは一切ないため、まずは情報収集から始めたい人も安心して利用できます。

サービス名 ビズリーチ
公式ページ https://bizreach.jp
サービス分類 ・転職サイト
・スカウトサービス
特徴 ・年収1000万円以上の求人が多数
・200万人以上が利用する国内最大級の転職サイト
運営会社 株式会社ビズリーチ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-302647
転職サイト「ビズリーチ」の概要

本田技研工業(ホンダ)への転職におすすめの転職エージェント
ASSIGN(アサイン) | 若手ハイエンド特化型転職エージェント

【公式HP】https://assign-inc.com

ASSIGN(アサイン)』は、若手ハイキャリアに特化した転職エージェントです。コンサル・IT・金融などの業界への転職支援に強みがあります。

面接対策や業界研究など転職サポートの丁寧さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞しています。

ASSIGN(アサイン)のメリット・良い評判
  • 高年収を目指す20代・30代のための魅力的な求人が多い
  • 中長期的で真摯かつ丁寧なキャリアサポートを受けることができる
  • 業界に理解が深く質の高いエージェントが在籍

未経験でも挑戦できる独自の高年収求人を多数扱っていることに加え、面談後に一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

今すぐ転職予定のない方や若手の方でも無料で面談やサポートを受けることができるため、高年収な業界への転職を将来的に考えている方は、是非公式ページから無料面談を申し込んでみて下さい。

サービス名 ASSIGN(アサイン)
公式ページ https://assign-inc.com
サービス分類 ・転職エージェント
・特化型
特徴 若手ハイエンド専門の転職エージェント
運営会社 株式会社アサイン
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-308560
転職エージェント「ASSIGN(アサイン)」の概要

本田技研工業(ホンダ)への転職におすすめの転職エージェント
マイナビエージェント | 好条件の非公開求人が多く、利用者の年収UP率61.1%

【公式HP】https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェント』は、大手人材会社のマイナビが運営するおすすめの転職エージェントです。

日本全国で幅広い業界・職種の転職を支援しており、国内最大級の利用者数を誇る人気の転職エージェントサービスです。

誰もが知る大企業から地方の隠れた優良企業まで幅広い求人を扱っており、マイナビエージェントでしか扱いのない好条件の非公開求人が多いことも特徴です。

マイナビエージェントの求人企業(例)

■ 日系大手・ホワイト高年収企業

キーエンス / SONY / NTTデータ / 野村総合研究所 / アビームコンサルティング / サイバーエージェント / エムスリー / 野村證券

■ 外資系・グローバル企業

アクセンチュア / PwC / アマゾンジャパン / デロイトトーマツコンサルティング / SAMSUNG / ボッシュ

マイナビエージェントはすべての機能が無料で利用でき、登録してみて自分に合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会できます。

サービス名 マイナビエージェント
公式ページ https://mynavi-agent.jp
サービス分類 ・転職エージェント
・総合型
対応地域 日本全国対応可能
運営会社 株式会社マイナビ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-080554
転職エージェント「マイナビエージェント」の概要

本田技研工業(ホンダ)への転職におすすめの転職エージェント
キャリアスタート | 若手・未経験層に特化した実績豊富な転職エージェント

キャリアスタート

【公式HP】https://careerstart.co.jp

キャリアスタート』は、第二新卒・既卒・未経験の方向けに特化して転職支援を行っている転職エージェントです。

未経験の業界や職種への転職支援の実績が豊富で、実際の利用者からは「転職を通じて年収が上がった」「未経験でもIT業界への転職に成功できた」「短期間で内定が出た」などポジティブな声が多く聞こえます。

キャリアスタートのメリット・良い評判
  • 第二新卒や既卒、フリーターなど職歴の浅い20代に特化しており、利用者数も豊富
  • 年収が上がる求人が豊富
  • マンツーマン模擬面接や転職成功BOOKを通じて高い内定率を実現
  • 自己分析や適性検査を通じて、キャリアビジョンの設計をサポートしてくれる
  • 転職交流会や転居サポートといった独自のサポートを提供している

マンツーマン模擬面接や独自のノウハウをまとめた『転職成功BOOK』といった独自の選考対策を受けたい方にもおすすめです。

サービス名 キャリアスタート(CAREER START)
公式ページ https://careerstart.co.jp
サービス分類 ・転職エージェント
・特化型
特徴 20代の第二新卒・既卒・未経験専門の転職エージェント
登録者に『転職成功BOOK』を無料プレゼント中
料金 無料
運営会社 キャリアスタート株式会社
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-305582
参考ページ キャリアスタートの評判と口コミ
転職エージェント「キャリアスタート」の概要

本田技研工業(ホンダ)への転職におすすめの転職サイト
タレントスクエア | 20代・30代に特化したスカウト型転職サイト

タレントスクエア

【公式HP】https://talentsquare.co.jp

タレントスクエア』は、キャリアアップを目指す20代・30代の方に特化したスカウト型の転職サイトです。

タレントスクエアでしか出会えない非公開求人が多く、無料で登録すると好条件のスカウトが届きます。月間利用者数は100万人を超え、地域や業種・職種を問わず利用可能です。

一般的な転職サイトでは、40代以降の経験豊富な即戦力人材に高年収のスカウトが集中してしまい、20代・30代の若手層には好条件のスカウトが届きづらいケースがあります。

タレントスクエア』は20代・30代に特化したサービスのため、経験や専門性よりもポテンシャルを評価してくれる優良求人が多いことが特徴です。

タレントスクエアがおすすめな人の特徴
  • 20代・30代のうちから高年収を目指したい方
  • スカウトを通じて自分の市場価値を知りたい方
  • 未経験の業種や職種にチャレンジしてみたい方
その他のおすすめ転職エージェント・転職サイト
リクルートエージェント ★転職経験者の2人に1人以上が利用する国内最大級サービス

全国・全職種で幅広い求人を取り扱っており、登録者のみが閲覧できる20万件以上の非公開求人あり

【公式】https://r-agent.com
【口コミ】リクルートエージェントの評判
レバテックキャリア ★ITエンジニアの転職支援に特化した大手エージェント

客先常駐から自社開発企業への転職、SIerから開発ディレクターへの転職など、一人ひとりの希望にあった理想の転職を丁寧にサポート

【公式】https://career.levtech.jp
【口コミ】レバテックキャリアの評判
ハタラクティブ ★ フリーター・ニート・未経験人材の就職支援に特化したエージェント

働いた経験が全くなくても、求人探しから書類作成・面接対策まで丁寧にサポートしてくれる

【公式】https://hataractive.jp
【口コミ】ハタラクティブの評判
doda 20万件以上の求人データベースの中から、こだわりの条件で自分に合った仕事を探せる。
【口コミ】dodaの評判
Green IT・Web業界への転職に強い転職サイト
【口コミ】Greenの評判
リクナビNEXT 全国の求人を幅広く掲載している大手転職サイト
【口コミ】リクナビNEXTの評判
パソナキャリア 年収800万円以上のハイクラス転職をサポートする大手エージェント
【口コミ】パソナキャリアの評判
マイナビジョブ20’s 20代の就職・転職支援に注力している転職エージェント
【口コミ】マイナビジョブ20’sの評判
Geekly(ギークリー) IT・WEB・ゲーム業界に特化した転職エージェント
【口コミ】Geekly(ギークリー) の評判
リクルートダイレクトスカウト 高年収のスカウトが届くハイクラス転職サイト
【口コミ】リクルートダイレクトスカウトの評判
ワークポート IT業界を中心に幅広い業界の求人を取り扱う大手転職エージェント
【口コミ】ワークポートの評判
AMBI 若手ハイキャリア向けの転職サイト
【口コミ】AMBIの評判
UZUZ(ウズウズ) 20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニートの方向けに、主に初めての就職のサポートを提供
【口コミ】UZUZの評判
doda X キャリアアップにつながるスカウトが届く転職サイト
【口コミ】doda Xの評判
JACリクルートメント スキルを活かしたハイクラス転職をマンツーマンで支援してくれる転職エージェント
【口コミ】JACリクルートメントの評判
第二新卒エージェントneo 20代の既卒・第二新卒の方向けに、未経験歓迎の求人を中心に扱っている転職エージェント
【口コミ】第二新卒エージェントneoの評判
DYM就職 フリーター・ニート・既卒向けの就職支援サービス
【口コミ】DYM就職の評判
ジェイック(JAIC) 20代の就職・転職支援に注力しているサービス
【口コミ】ジェイック(JAIC)の評判
本田技研工業(ホンダ)への転職におすすめの転職エージェント・転職サイト

北海道・東北地方

関東地方

東海地方

北陸地方

近畿地方

中国地方

四国地方

九州・沖縄

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地〒106-6116
東京都港区6-10-1 六本木ヒルズ森タワー16F
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年7月時点)
目次