社会保険に加入させない会社で働くとどうなる?加入させない理由は?

    社会保険に加入させない会社で働くとどうなる?加入させない理由は?

    「勤務している会社で社会保険に加入できない」といった悩みを抱える人が多くいます。本ページでは、社会保険に加入させない会社で働くとどうなるのか、そもそもなぜ社会保険に加入させないかなど、社会保険の未加入に関して網羅的に解説しています。

    目次

    そもそも社会保険とは?

    社会保険制度とは、社会生活を営む中で起こりうる、病気、けが、失業、老齢、障害などのリスクに備えるための公的な強制保険制度です。国や公的な団体が保険者として運営し、会社員や公務員、自営業・フリーランスなどに万一のことが起きた際に給付を行う仕組みになっています。

    社会保険は、そのリスクに応じて健康保険、厚生年金保険、介護保険、雇用保険、労災保険の5種類があります。会社勤務の場合は基本的に従業員と雇用主が半分ずつ負担したうえで、会社経由で機構に納入するという形式となっています。

    名称詳細
    健康保険従業員の怪我や病気・出産等の際に企業が医療費を負担する保険です。この保険のおかげで、病院などで本人が医療費を負担する割合は、基本的に原則3割となります。
    介護保険保険者に介護が必要と認定されたとき、介護サービスを受けられる保険です。40歳になると介護保険への加入が義務となっており、健康保険料と合わせて介護保険料を毎月支払います。
    厚生年金保険対象となる企業の会社員が加入し、労働者と雇用主が折半で年金保険料を負担することによって、労働者が65歳以上になったときに、年金を受け取ることができるという制度です。
    労災保険会社で勤務している最中や通勤中に発生した病気・ケガに対して、医療費がかかったときや休業したときの補償をする制度です。
    雇用保険労働者の失業や就労が困難な場合などに必要な給付をし、再就職を支援する制度です。
    社会保険の区分

    社会保険とは、健康保険・介護保険・厚生年金保険・労災保険・雇用保険の5つの保険制度の総称のことです。狭義では、健康保険・厚生年金保険・介護保険の3つを指します。

    あなたの社会保険料はいくら?給与・手取り計算ツール

    社会保険料の額は年収や年齢などによって異なります。ここでは東京都にお住いの30歳の方を想定して、年収別の社会保険料をシミュレーションします。

    社会保険料のうち、労働者(被雇用者)が負担するのは、「健康保険」「厚生年金」「雇用保険」「介護保険」の4種類です。また、介護保険は40歳未満の方は対象外です。

    年収500万円の方の年間の社会保険料は、健康保険が約25万円・厚生年金が約45万円・雇用保険が約3万円となっています。ご自身が負担するべき社会保険料について詳しく知りたい方は以下の手取り計算ツールをご利用ください。

    ▼ 条件を指定して手取り額を計算できます
    項目 年収 月収
    額面収入
    所得税
    住民税
    健康保険
    厚生年金
    雇用保険
    介護保険
    手取り

    国税庁日本年金機構全国健康保険協会の最新情報をもとに試算(詳細: 手取り計算ツール

    年収別の社会保険料(健康保険・厚生年金・雇用保険)の負担額は以下のテーブルの通りです。

    年収健康保険厚生年金雇用保険
    年収300万約16万円約29万円約2万円
    年収400万約20万円約37万円約2万円
    年収500万約25万円約45万円約3万円
    年収600万約30万円約55万円約4万円
    年収700万約35万円約65万円約4万円
    年収800万約41万円約71万円約5万円
    年収900万約45万円約71万円約5万円
    年収1000万約50万円約71万円約6万円
    年収別の社会保険料

    社会保険加入条件は会社によって違う
    従業員を社会保険に加入させないとどうなる?違法?

    そもそも、従業員を社会保険に加入させないとどうなるのでしょうか。違法で罰則を受けることはあるのでしょうか。

    社会保険加入条件は会社によって違う?
    正社員(と一部のパート・アルバイト)は社会保険への加入義務がある

    法人化された企業の正社員や、5人以上の従業員を抱える個人経営の事業所では、従業員を社会保険に加入させる義務が生じます。

    この義務のある事業所は「強制適用事業所」と呼ばれ、もし社員が社会保険に加入していない場合、その事業所は法的に罰則を受ける可能性があります。

    強制適用事業所の要件
    • 従業員が事業主のみの場合も含む、株式会社などの法人事業所
    • 農林水産業や一部のサービス業(※)を除いた、常時5名以上の従業員がいる個人事業主

    ※農林・水産・畜産業、飲食店や理容業、旅館のような接客娯楽業、寺や神社といった宗教業などは非適用業種と呼ばれ、雇用する人数に関係なく、強制適用事業所とはみなされません。

    また、こうした従業員は正社員だけでなく一部のパート・アルバイトにも当てはまります。下記の様なパート・アルバイトは社会保険への加入義務があるため、社会保険に加入していない場合は不法となります。

    社会保険加入義務のあるパート・アルバイト
    • 従業員数101人以上の企業で働いている
    • 週の所定労働時間が20時間以上
    • 月額賃金が8.8万円以上
    • 2ヵ月を超える雇用の見込みがある
    • 学生でない

    社会保険加入条件は会社によって違う?
    一部の会社や従業員は健康保険・厚生年金保険に加入しなくて良い場合もある

    一方で、健康保険・厚生年金保険に加入しなくて良い場合もあります。具体的に言えば下記の様なケースです。

    下記の様なケースに当てはまっている場合は社会保険の任意適用となります。健康保険・厚生年金保険に加入する必要はなく、個人で国民健康保険や国民年金に加入することとなります。

    健康保険・厚生年金保険に加入しなくて良いケース
    • 従業員が5人未満の事業所で勤務している場合
    • 農林・水産・畜産業、飲食店や理容業、旅館のような接客娯楽業、寺や神社といった宗教業などの非適用職種

    また、非常勤やパートタイムの従業員(先ほどの条件を満たさない: 例えば学生など)については社会保険に加入させる必要はありません。

    結論:
    従業員数が5人以上の場合は、社会保険への加入が必須

    ここまで説明してきたことをまとめると、基本的に従業員数が5人以上の場合は、従業員(一部のパート・アルバイトを除く)を社会保険への加入させることは必須です。

    従って、学生アルバイトなどではなく正社員として、農業など一部非適用事業以外で働いているかつ従業員数も5名を超えていながら社会保険に加入させてもらえない場合、基本的には会社による不法行為となります。

    健康保険・厚生年金保険に加入しなくて良いケース
    • 従業員が5人未満の事業所で勤務している場合
    • 農林・水産・畜産業、飲食店や理容業、旅館のような接客娯楽業、寺や神社といった宗教業などの非適用職種

    従業員を社会保険に加入させない理由は?

    ここまで従業員(特に正社員)を社会保険に加入させないことは、一部の従業員を除いて違法だということをご説明してきましたが、違法となっていても、会社が従業員を社会保険に加入させない理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

    適法な場合以外で従業員を社会保険に加入させない理由
    • コストの削減
    • 知識や責任感の欠如

    従業員を社会保険に加入させない理由①:
    コストの削減

    社会保険への加入は、企業にとって追加の財政負担を意味します。特に、健康保険や厚生年金保険などへの加入は、企業と従業員が共同で保険料を負担するため、企業にはその半分を支払う必要があります。

    小規模企業や財政的に厳しい状況にある企業では、これらの費用が大きな負担になり得ます。そのため、コスト削減の一環として社会保険への加入を避ける場合があります。

    従業員を社会保険に加入させない理由②:
    知識や責任感の欠如

    特に中小企業やスタートアップでは、加入の手続き方法や保険料の計算方法、加入義務の条件など、社会保険制度に関する詳細な知識や理解・さらにそれらを理解するための責任感が不足していることがあります。

    知識や理解が不足しているだけでなく、人員不足などでそれに割く時間もないことから、適切に社会保険への加入ができないという場合があります。場合によっては、ブラック企業でどうせ従業員が辞めてしまうので、最初から手続きをしないといった悪徳なケースもあります。

    社会保険への加入を会社が拒否する場合はどうすれば良い?どこに通報すれば良い?

    会社が加入してくれないときは、会社の所在地を管轄する年金事務所に申し出てください。ただし、悪徳な会社の場合はこうした通報などの対応を行っても適切な対応を取らない場合があります。

    従業員を社会保険に加入させない会社で働くデメリットは?

    ここまで、従業員を社会保険に加入させないことが不法だということについて説明してきましたが、従業員を社会保険に加入させない会社で働くとどの様なデメリットがあるのでしょうか。

    従業員を社会保険に加入させない会社で働くデメリット
    • 事故や病気の際に、自身で多額の負担をしなければいけない可能性がある
    • 国民健康保険に自分で加入する必要がある
    • 将来的な年金受給額が減る
    • 福利厚生や待遇なども悪いと想像され、従業員のことも守ってくれない
    • 失業しても失業保険が貰えない
    • 会社が適切な対応を取らないうえ、通報などするとクビにされることもある

    従業員を社会保険に加入させない会社で働くデメリット①:
    事故や病気の際に、自身で多額の負担をしなければいけない可能性がある

    社会保険に加入していない従業員は、万が一の事故や病気が起きた場合、保険の補償を受けられません。これにより、医療費の全額負担が必要になる可能性があります。

    特に重篤な病気や大きな事故に遭遇した場合、医療費は非常に高額になり得ます。自己負担でこれらの費用を賄うのは、経済的に大きな負担となります。また、治療に伴う長期的な休職が必要な場合、収入が途絶えることも懸念されます。

    社会保険に加入していない場合、万が一のことが起きた場合に自信にとって大きな負担が生まれる可能性がある点に留意が必要です。

    従業員を社会保険に加入させない会社で働くデメリット②:
    国民健康保険に自分で加入する必要がある

    社会保険に未加入の従業員は、健康保険に自分で加入する必要があります。これは通常、国民健康保険への加入を意味します。

    国民健康保険は、収入に応じた保険料を自己負担する必要があり、これが経済的な負担となることがあります。また、手続きも自身で行う必要があります。

    会社の社会保険に加入していれば、保険料は会社が一部負担してくれるため、個人の負担は軽減されますが、自分で保険に加入する場合はこのメリットを享受できないため、保険料が上がってしまう傾向にあります。

    従業員を社会保険に加入させない会社で働くデメリット③:
    将来的な年金受給額が減る

    社会保険に加入していない従業員は、厚生年金保険を受給できません。将来的に受給できるのは国民年金の分の年金のみとなります。

    厚生年金保険は、老後の生活を支える重要な財源です。この制度に参加していないと、老後の経済的な安定が損なわれる可能性が高くなります。特に長期間社会保険に加入していない場合、将来受け取る年金額は大幅に減少し、老後の生活資金に深刻な影響を及ぼす可能性があります。

    従業員を社会保険に加入させない会社で働くデメリット④:
    福利厚生や待遇なども悪いと想像され、従業員のことも守ってくれない

    従業員を社会保険に加入させるという基本的な義務を怠るような会社は、社内の制度が整っていなかったり、そもそもそうした意識・責任感のない会社である可能性があります。

    こうした会社は従業員を大切にしていない可能性が高く、福利厚生や年収などの待遇が悪い傾向にあります。それだけでなく、突然クビになってしまったりと雇用の安定性が欠如している可能性があります。

    危機管理意識や遵法意識も低いため、会社のトラブルや倒産といった出来事にも巻き込まれる可能性がある危険な状態にあると言えます。本来従業員を守るべき立場である会社や経営者がその様な状態であれば、万が一の時に誰も従業員を守ってくれません。

    従業員を社会保険に加入させない会社で働くデメリット⑤:
    失業しても失業保険が貰えない

    雇用保険に未加入の場合、失業時における経済的な支援である失業保険の利用が制限されます。通常、失業保険を受けるためには離職票が必要ですが、雇用保険に参加していないと、この離職票を入手することができません。

    ただし、雇用保険の加入が法的に義務づけられているにもかかわらず、企業が加入していない場合であっても、諦める必要はありません。過去にさかのぼって雇用保険への加入を企業に要求することができます。

    もし企業がこの要求に応じない場合、ハローワークで「雇用保険の被保険者であったことの確認請求」を申請することで、ハローワークが企業に保険加入の案内と指導を行ってくれます。

    ただし、こうした義務を怠る会社だとハローワークからの指導があっても適切な対応が取られるか分からない点には注意が必要です。

    従業員を社会保険に加入させない会社で働くデメリット⑥:
    会社が適切な対応を取らないうえ、通報などするとクビにされることもある

    従業員を社会保険に加入させない会社は、最初からその様な対応を取る気がないため、会社に是正を要求したり、他の機構から指導を受けたとしても一向に状況が改善されない場合があります。

    それだけでなく、社会保険に加入させるよう会社に要求した場合、そのような従業員を疎ましく思い、ひどい場合は従業員をクビにする場合もあります。

    従業員を社会保険に加入させない会社で働いている人がやるべきこと

    ここまでご説明してきた通り、従業員を社会保険に加入させない会社で働くメリットは1つもありません。それどころか、医療費などを全額自己負担する必要があったり、年金受給額が減るうえに、従業員のことも全く守ってくれないなど非常に危険な状態にあることが分かります。

    こうした会社で勤務すると取り返しのつかないことになってしまう可能性があるため、早急に転職を検討することをおすすめします。こうした会社は待遇が悪いことも多いので、社会保険の会社負担に加えて年収アップで大幅な待遇改善を見込むことができます。なにより、従業員が守られていないという危険な状態から早く脱することが大事です。

    転職を成功させるためには、転職エージェントの活用がおすすめ

    転職を成功させるためには、転職エージェントを活用することをおすすめします。特に正社員として勤務したい場合は、転職エージェントを活用することが最もおすすめです。

    転職を成功させる上で、転職エージェントの活用は非常に有効な戦略です。転職エージェントは業界ごとの最新動向、求人市場の情報、さらには非公開求人に関する情報を無料で提供してくれます。このような専門的な情報は、自分だけで転職活動を行う場合には入手困難なものであり、転職市場におけるライバルに対して有利な立場を築くために非常に役立ちます。

    また、転職エージェントは、履歴書のブラッシュアップや面接対策など、転職プロセスの各ステップにおいても実践的なサポートやアドバイスを提供してくれます。

    転職エージェントは転職が決まった際に採用企業からフィーをもらうという仕組みのため、利用者側は1円もお金を払う必要がありません。相談した結果、転職しなかったとしてもペナルティは一切かからないため、転職エージェントは遠慮せずに使い倒した方が得と言えます。

    おすすめの転職エージェント
    マイナビエージェント | マイナビにしかない好条件の非公開求人が多数

    マイナビエージェント

    【公式ページ】https://mynavi-agent.jp

    マイナビエージェント』は、大手人材会社のマイナビが運営するおすすめの転職エージェントです。

    日本全国で幅広い業界・職種の転職を支援しており、2024年3月時点で45,344 件の公開求人と18,146 件の非公開求人を扱っています。

    誰もが知る大企業から地方の隠れた優良企業まで幅広い求人を扱っており、マイナビエージェントでしか扱いのない好条件の非公開求人が多いことも特徴です。

    マイナビエージェントの求人企業(例)

    ■ 日系大手・ホワイト高年収企業

    キーエンス / SONY / NTTデータ / 野村総合研究所 / アビームコンサルティング / サイバーエージェント / エムスリー / 野村證券

    ■ 外資系・グローバル企業

    アクセンチュア / PwC / アマゾンジャパン / デロイトトーマツコンサルティング / SAMSUNG / ボッシュ

    マイナビエージェントはすべての機能が無料で利用でき、登録してみて自分に合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会できます。

    サービス名マイナビエージェント
    公式ページhttps://mynavi-agent.jp
    サービス分類・転職エージェント
    ・総合型
    求人数公開求人:45,344 件
    非公開求人:18,146 件
    (2024年3月時点)
    対応地域日本全国
    料金無料
    運営会社株式会社マイナビ
    厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-080554
    参考ページ【口コミ】マイナビエージェントの評判
    マイナビエージェントで断られた?原因と対処法
    関連サービス・マイナビ薬剤師(マイナビ薬剤師の評判・口コミ
    ・マイナビ看護師(マイナビ看護師の評判・口コミ
    転職エージェント『マイナビエージェント』の概要

    おすすめの転職サイト
    ビズリーチ | 登録するだけで高年収のスカウトが届く

    【公式HP】https://bizreach.jp

    ビズリーチ』は、TVCMでも有名な国内最大級のスカウト型の転職サービスであり、おすすめの転職サイトです。

    匿名で経歴を登録するだけで高年収のスカウトが届き、気になるスカウトに返信することで効率的に転職活動を進めることができます。

    転職活動中の人はもちろん、直近の転職予定がなくても将来的に転職を考えている人も含めて200万人以上のユーザーが利用しています。

    人気企業・難関企業の採用担当者や高年収求人を扱う質の高いヘッドハンターからスカウトを受け取ったり、ビズリーチ限定で公開されている好待遇な求人の詳細を確認することができます。

    会員登録したからと言って面談を要求されたり、電話がかかってくることは一切ないため、まずは情報収集から始めたい人も安心して利用できます。

    サービス名ビズリーチ
    公式ページhttps://bizreach.jp
    サービス分類・転職サイト
    ・スカウトサービス
    特徴・年収1000万円以上の求人が多数
    ・200万人以上が利用する国内最大級の転職サイト
    求人掲載件数109,360 件(2024年3月時点)
    運営会社株式会社ビズリーチ
    厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-302647
    参考ページビズリーチの評判と口コミ
    ビズリーチのプラチナスカウトとは?
    ビズリーチに登録すると会社にばれる?
    ビズリーチの審査とは?
    ビズリーチのCMの女優は誰?
    転職サイト「ビズリーチ」の概要

    おすすめの転職エージェント
    キャリアスタート | 月給25万円以下から年収100万円以上UPの実績多数

    キャリアスタート

    【公式HP】https://careerstart.co.jp

    キャリアスタート』は、第二新卒・既卒・未経験の方向けに特化して転職支援を行っている転職エージェントです。

    未経験の業界や職種への転職支援の実績が豊富で、実際の利用者からは「転職を通じて年収が上がった」「未経験でもIT業界への転職に成功できた」「短期間で内定が出た」などポジティブな声が多く聞こえます。

    キャリアスタートのメリット・良い評判
    • 第二新卒や既卒、フリーターなど職歴の浅い20代に特化しており、利用者数も豊富
    • 年収が上がる求人が豊富
    • マンツーマン模擬面接や転職成功BOOKを通じて高い内定率を実現
    • 自己分析や適性検査を通じて、キャリアビジョンの設計をサポートしてくれる
    • 転職交流会や転居サポートといった独自のサポートを提供している

    取り扱っている職種としてはマーケティング職・事務職・販売職などが中心であり、これらの領域での就職を目指している方にはおすすめの転職エージェントとなっています。マンツーマン模擬面接や独自のノウハウをまとめた『転職成功BOOK』といった独自の選考対策を受けたい方にもおすすめです。

    サービス名キャリアスタート(CAREER START)
    公式ページhttps://careerstart.co.jp
    サービス分類・転職エージェント
    ・特化型
    特徴20代の第二新卒・既卒・未経験専門の転職エージェント
    登録者に『転職成功BOOK』を無料プレゼント中
    料金無料
    運営会社キャリアスタート株式会社
    厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-305582
    参考ページキャリアスタートの評判と口コミ
    転職エージェント「キャリアスタート」の概要

    おすすめの転職エージェント
    ASSIGN(アサイン) | 高年収を目指す20代に特化した転職エージェント

    転職エージェント「ASSIGN」
    若手ハイエンド特化型転職エージェント『ASSIGN(アサイン)』

    【公式HP】https://assign-inc.com

    ASSIGN(アサイン)』は、若手ハイキャリアに特化した転職エージェントです。コンサル・IT・金融などの業界への転職支援に強みがあります。

    ASSIGN(アサイン)のメリット・良い評判
    • 高年収を目指す20代・30代のための魅力的な求人が多い
    • 中長期的で真摯かつ丁寧なキャリアサポートを受けることができる
    • 業界に理解が深く質の高いエージェントが在籍

    面接対策や業界研究など転職サポートの丁寧さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞しています。

    未経験でも挑戦できる独自の高年収求人を多数扱っていることに加え、面談後に一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

    今すぐ転職予定のない方や若手の方でも無料で面談やサポートを受けることができるため、高年収な業界への転職を将来的に考えている方は、是非公式ページから無料面談を申し込んでみて下さい。

    サービス名ASSIGN(アサイン)
    公式ページhttps://assign-inc.com
    タイプ・転職エージェント
    ・特化型
    特徴若手ハイエンド専門の転職エージェント
    料金無料
    運営会社株式会社アサイン
    厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-308560
    転職エージェント『ASSIGN』の概要
    おすすめの転職サイト
    ビズリーチの評判ミイダスの評判
    ミドルの転職の評判リクナビNEXTの評判
    リクルートダイレクトスカウトの評判エン転職の評判
    Re就活の評判Greenの評判
    doda Xの評判
    おすすめの転職エージェント
    マイナビエージェントの評判dodaの評判
    リクルートエージェントの評判パソナキャリアの評判
    キャリアスタートの評判ハタラクティブの評判
    JACリクルートメントの評判レバテックキャリアの評判
    ギークリーの評判女性向け転職エージェント
    ハイクラス向け転職エージェント第二新卒におすすめの転職エージェント
    外資系向け転職エージェントIT向けおすすめ転職エージェント
    20代におすすめの転職エージェント30代におすすめの転職エージェント
    おすすめの派遣会社
    テンプスタッフの評判エン派遣の評判
    リクルートスタッフィングの評判スタッフサービスの評判
    ウィルオブの評判アデコの評判
    パソナの評判ランスタッドの評判
    テクノ・サービスの評判フルキャストの評判
    マンパワーグループの評判UTエイムの評判
    ネオキャリアの評判ワールドインテックの評判
    ホットスタッフの評判日研トータルソーシングの評判
    日総工産の評判パーソルクロステクノロジーの評判
    キャリアリンクの評判綜合キャリアオプションの評判
    日本ケイテムの評判グロップの評判
    都道府県別おすすめ転職エージェント・転職サイト
    北海道・東北北海道 青森 秋田 岩手 福島 宮城 山形
    関東東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
    中部愛知 静岡 山梨 長野 岐阜 新潟 富山 石川 福井
    近畿大阪 京都 兵庫 奈良 三重 和歌山 滋賀
    中国広島 岡山 鳥取 島根 山口
    四国高知 香川 愛媛 徳島
    九州・沖縄福岡 熊本 宮崎 長崎 佐賀 大分 鹿児島 沖縄
    都道府県別おすすめ転職エージェント・転職サイト
    地域別おすすめの派遣会社
    北海道・東北北海道 福島 宮城 岩手 青森 秋田 山形 札幌 仙台 盛岡
    関東東京 神奈川 埼玉 千葉 前橋 茨城 群馬 栃木 横浜 大宮 高崎 水戸 宇都宮 
    中部愛知 静岡 山梨 長野 岐阜 石川 新潟 富山 福井 名古屋 甲府 浜松 金沢 
    近畿大阪 京都 兵庫 三重 奈良 滋賀 和歌山 神戸 姫路 四日市 
    中国広島 山口 島根 岡山 鳥取
    四国高知 徳島 香川 愛媛 松山 
    九州・沖縄長崎 那覇 佐賀 大分 熊本 宮崎 沖縄 鹿児島 福岡 北九州 博多 
    地域別おすすめの派遣会社

    運営者情報

    タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業と特定募集情報等提供事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

    タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

    会社名タレントスクエア株式会社
    (旧 株式会社Prime Partner)
    公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
    本社所在地150-0002
    東京都渋谷区渋谷2-19-15 宮益坂ビルディング609
    法人番号9011001145238
    厚生労働省
    有料職業紹介事業許可番号
    13-ユ-315110
    厚生労働省
    特定募集情報等提供事業届出番号
    51-募-000460
    適格請求書事業者登録番号T9011001145238
    タレントスクエア株式会社の概要(2024年3月時点)

    また、転職・キャリア・年収に関する正確な情報を発信するために以下の公的機関等による情報を参考にしています。

    厚生労働省一般社団法人 日本人材事業協会公益社団法人 全国民営職業紹介事業協会一般社団法人 人材サービス産業協議会独立行政法人 労働政策研究・研修機構一般社団法人 日本人材派遣協会ハローワーク全国求人情報協会全国健康保険協会国税庁日本年金機構

    目次