リクルートエージェントは登録だけしても良い?注意点を解説

国内最大手の転職エージェントである『リクルートエージェント』は、求人数の多さや対応品質の高さから人気の転職エージェントです。

一方、中には「登録だけしても良い?」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

この記事では、リクルートエージェントに登録だけしても良いのか、登録だけする際に注意しておくべき点についてまとめているので、是非ご参考にして頂ければと思います。

また、リクルートエージェントの評判・口コミについては以下のページをご覧ください。

目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

結論
リクルートエージェントに登録だけしても問題ない。ただし、初回面談はできるだけ受けることをおすすめ

結論から申し上げると、リクルートエージェントに登録だけしても問題ありません。

まだ転職を決めているわけではないが、登録だけしてみるという求職者もたくさんいますし、リクルートエージェントとしてもそうした求職者ともむしろ話したいと考えているため、遠慮する必要はありません。費用等も一切かからず、無料で活用できます。

ただし、登録をするのであればキャリアアドバイザーとの初回面談は受けることをおすすめします。初回面談を行っていなければ、求人を閲覧する程度のことしかできず、転職エージェントとして活用できる機能が非常に限定的となってしまうためです。

転職エージェントが初回面談を行う理由

転職エージェントは責任を持って企業に求職者を紹介するため、面談を受けていない求職者を企業に紹介することはできません。

的外れな求人を紹介しないようにするため、直接求職者と話して求職者のキャリアプランや性格・希望転職先を理解することが、転職エージェントが初回面談を行う理由となっています。

理由にもよりますが、どうしてもリクルートエージェントと面談をしたくない場合は、面談の必要がない転職サイトやスカウトサービスといったサービスの活用をおすすめします。

リクルートエージェントはサポート期間が短いので要注意

リクルートエージェントは国内最大級の転職エージェントで実績も豊富ですが、1人あたりのサポート期間が原則3か月のみというデメリットがあります。

エージェントは転職成功時に報酬を得る仕組みなので、短期間で転職しそうな人に限定して重点的に支援したいという都合がありますが、利用者の中には「転職を急がされたくない」「自分のペースで考えたい」という方も少なくありません。

サポート期間の制限を気にせず長い目でサポートしてほしい方や、頻繁に電話を掛けられたくない人はリクルートエージェントと併用されることの多い『マイナビエージェント』を利用してみてください。

マイナビエージェントはサポートの手厚さや求人数の多さに定評があり、国内最大級の利用者数を誇る人気の転職エージェントです。

誰もが知る大企業から地方の隠れた優良企業まで幅広い求人を扱っており、マイナビエージェントでしか扱いのない好条件の非公開求人が多いことも特徴です。

マイナビエージェントの求人企業(例)

■ 日系大手・ホワイト高年収企業

キーエンス / SONY / NTTデータ / 野村総合研究所 / アビームコンサルティング / サイバーエージェント / エムスリー / 野村證券

■ 外資系・グローバル企業

アクセンチュア / PwC / アマゾンジャパン / デロイトトーマツコンサルティング / SAMSUNG / ボッシュ

マイナビエージェントはすべての機能が無料で利用でき、登録してみて自分に合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会できます。

【公式HP】https://mynavi-agent.jp

リクルートエージェントに登録だけした場合、求人を閲覧することしかできない

リクルートエージェントに登録だけして面談をしない場合、活用できるサービスは非常に限定的となってしまいます。具体的に活用可能な機能は、求人の検索・閲覧・応募(実際に応募を企業に届けるためにはエージェントとの面談が必要)のみとなっています。

Q. キャリアアドバイザーと面談をしないと求人が見れないの?

A. マイページ「Personal Desktop」の開設とログインをしていただければ、キャリアアドバイザーとの面談実施なく、求人の検索・閲覧や、ご応募が可能です。
※Personal Desktopは、サービスエントリー後に、Eメールにて開設のご案内を差し上げております。
※現時点では面談不要で、求人検索のみ希望される場合、その旨を面談予約担当にお知らせください。

リクルートエージェント 公式ページ

従って、転職エージェントの強みである選考対策のサポートや転職エージェントによる情報共有などを受けることができません。

初回面談を行うことで、すべての機能をフル活用できるようになるため、リクルートエージェントに登録だけする場合は初回面談まで行うようにしましょう。

初回面談の実施を悩む場合は、登録だけしてみて求人を試しに閲覧してみるというのも選択肢の一つです。

リクルートエージェントは今すぐ転職予定のない人でも登録して大丈夫?

リクルートエージェントは、登録者が転職したときに採用企業から紹介料をもらうというビジネスモデルです。

登録者に転職を促すため、何度も電話がかかってきたり、メールやSMSで大量の求人が届く可能性があります。

今すぐ転職したい方にとっては好ましいことですが、今すぐ転職予定のない方にとっては「連絡がしつこい」「情報が多すぎる」と感じてしまう可能性があります。

今すぐ予定はなくても将来的に転職を考えている方や、情報収集から始めたい方は、『転職可能性診断』という無料のツールをチェックしてみてください。

簡単な経歴を登録するだけで、人気企業100社への転職可能性を数字で算出してレポートとして受け取ることができます。

転職可能性診断の対象企業(一部抜粋)

高年収難関企業

三菱商事 / キーエンス / 電通 / 野村総合研究所 / リクルート / エムスリー / SONY / ベイカレント / M&A総合研究所 など

ホワイト安定企業

NTTドコモ / 味の素 / 明治 / 日本たばこ産業 / 富士フイルム / 東京海上日動火災保険 / 任天堂 / サントリー / 花王 など

外資系・グローバル企業

Google / マッキンゼー / ゴールドマンサックス / P&G / アマゾン / PwC / アクセンチュア / セールスフォース など

【公式ページ】転職可能性診断

▼ 2024年4月中に新規登録すると無料で利用可能

転職可能性診断

リクルートエージェントに登録だけする場合の注意点

リクルートエージェントに登録だけする場合は、下記の様な点に注意が必要です。

リクルートエージェントに登録だけする場合の注意点
  • サービスを本格的に受けるためには面談をする必要がある
  • サポート期間が3か月と決まっているため、今すぐの転職を検討していない場合は正直に伝える
  • サポートの優先順位が高くないことは理解しておく

リクルートエージェントに登録だけする場合の注意点①:
サービスを本格的に受けるためには面談をする必要がある

リクルートエージェントに登録だけする場合の注意点として挙げられるのが、サービスを本格的に受けるためには面談をする必要があるという点です。ここまで何度かご説明してきたので割愛しますが、リクルートエージェントは初回面談を行い、キャリアアドバイザーと話すことで初めてフル活用できるようになります。

従って、初回面談を行っていない場合はサービスを本格的に受けることができないという点には注意が必要です。

リクルートエージェントに登録だけする場合の注意点②:
サポート期間が3か月と決まっているため、今すぐの転職を検討していない場合は正直に伝える

リクルートエージェントでは、転職サポート期間が約3か月と決まっている点にも注意が必要です。

リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から転職先が決まるまでの約3カ月を目安としています。約3カ月を目安にしている背景のひとつに、実際に多くの方が約3カ月程度で転職先を決定していることが挙げられます。

ただしこれはあくまで目安であり、ご本人の置かれている立場や求人の状況によってはこの限りではありません。

リクルートエージェント 公式HP

リクルートエージェントでは3か月の期間に転職が決まらない場合、エージェントによるサポートが終了してしまう場合があります。従って、転職活動を本格検討していない場合は初めにその旨を伝えましょう。

今すぐの転職を考えているわけではなく、転職活動を本格的に検討した場合に連絡したい旨を伝えておけば、転職活動を始めるタイミングで迅速にサポートを受けることができます。

リクルートエージェントに登録だけする場合の注意点③:
サポートの優先順位が高くないことは理解しておく

リクルートエージェントに登録だけする場合の注意点として、サポートの優先順位が高くないことは理解しておきましょう。

転職エージェントのビジネスモデルは、求職者が採用企業に転職することで報酬を得るというビジネスモデルです。従って、担当のキャリアアドバイザーは複数の求職者を担当する中で、転職意向が高い求職者から優先的に対応することとなります。

登録だけして転職意向が高くないと伝える場合、こうした優先順位の低さは理解しておくようにしましょう。この点を理解せず、キャリアアドバイザーに失礼な対応をしてしまうと、いざサービスを受けたい場合に上手にサポートしてもらえなくなる可能性があります。

リクルートエージェントに登録だけする場合の注意点④:
電話がかかってくる

リクルートエージェントに登録すると、0120070585の電話番号から面談をするよう促す電話がかかってくる場合があります。この様な電話を煩わしいと感じる場合はリクルートエージェントに伝えることで電話を止めることもできます。

一方で、時間がたった後に再度状況確認の電話がかかってくる場合もあるため、リクルートエージェントからの電話が嫌だと感じる場合は、スカウトサービスなどの登録をおすすめします。

リクルートエージェントと面談したくない場合は、転職サイトの活用をおすすめ

ここまで述べてきた通り、リクルートエージェントに登録だけすることは可能です。一方で、リクルートエージェントに登録だけしたとしても、面談を実施しない場合はサポートを最大限活用することはできません。

リクルートエージェントと面談したくないと考えている場合は、面談の必要がないビズリーチリクルートダイレクトスカウトなどのサービスがおすすめです。

これらのサービスでは面談することなく求人を確認したり、気になることがあればチャットベースでヘッドハンターやキャリアアドバイザーなどと連絡することも可能です。

ビズリーチ

高年収のスカウトを受け取りたい方、自分の市場価値を知りたい方におすすめ!ハイクラス企業も多く利用するスカウト型ハイクラス転職サイト

ビズリーチ

【公式HP】https://bizreach.jp

ビズリーチ』は、即戦力人材に特化した転職サイトです。国内ではハイクラス転職サイトの草分け的存在であり、約200万人のユーザーを抱えています。

ビズリーチのメリット・良い評判
  • 高年収で質の高い求人情報が豊富
  • スカウトを受け取ることで、自分の市場価値が分かる
  • 質の高いヘッドハンターが多数登録している

ビズリーチに入会するには審査が必要で、誰しもが使えるわけではありませんが、国内最大級のハイクラス転職として、ハイクラス企業の求人を扱うヘッドハンターや企業の採用担当者が多数登録しており、登録するだけで高年収のスカウトが届きます。

サービス名ビズリーチ
公式ページhttps://bizreach.jp
サービス分類・転職サイト
・スカウトサービス
特徴・年収1000万円以上の求人が多数
・200万人以上が利用する国内最大級の転職サイト
求人掲載件数109,360 件(2024年4月時点)
運営会社株式会社ビズリーチ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-302647
参考ページビズリーチの評判と口コミ
ビズリーチのプラチナスカウトとは?
ビズリーチに登録すると会社にばれる?
ビズリーチの審査とは?
ビズリーチのCMの女優は誰?
転職サイト「ビズリーチ」の概要

リクルートエージェントが面談を行う目的は?

リクルートエージェントが面談を行う目的についてしっかりと理解することで、リクルートエージェントとの面談がより有意義なものとなります。リクルートエージェント側と求職者側の双方の観点から目的をそれぞれ開設していきます。

リクルートエージェント側の目的
  • 求職者の人となりを知る
  • 経歴や職歴を確認する
  • 求職者の希望条件を知る
  • 求職者のキャリアプランを考える
求職者側の目的
  • 担当のキャリアアドバイザーの人となりを知る
  • 転職先の希望条件を伝える
  • 自分のキャリアプランを一緒に考えてもらう
  • 仕事や人生に関する考え方を共有する

リクルートエージェントとの初回面談は顔合わせや、双方の認識のすり合せのために実施されます。それぞれの目的についてもう少し深く解説します。

リクルートエージェントが面談を行う目的
リクルートエージェント側の目的

先述した通り、リクルートエージェント側の目的は下記の通りです。

リクルートエージェント側の目的
  • 求職者の人となりを知る
  • 経歴や職歴を確認する
  • 求職者の希望条件を知る
  • 求職者のキャリアプランを考える

リクルートエージェント側から見ると、求職者の人となりを知ったり、求職者の状況や仕事内容を把握するというのが主な目的となっています。求職者にとってベストな求人を紹介するために、こうした内容について理解を深めようとしています。

求職者にとってベストな求人というのは、求職者の意向を鵜呑みにした求人というわけではありません。

求職者は転職のプロフェッショナルではないので、求職者が希望する・イメージする求人が必ずしも求職者にとってベストな求人ではないためです。

そうしたベストな求人を紹介するため、求職者が希望する求人の条件だけでなく、人となりやキャリアプランを認識しようとします。

また、採用企業に紹介して問題ない人物か判断するために、人となりを見るという点も大きな目的の一つです。

リクルートエージェントが面談を行う目的
求職者側の目的

求職者側の目的としては下記の様なものが挙げられます。

求職者側の目的
  • 担当のキャリアアドバイザーの人となりを知る
  • 転職先の希望条件を伝える
  • 自分のキャリアプランを一緒に考えてもらう
  • 仕事や人生に関する考え方を共有する

転職するにあたっての転職先の希望条件を伝えたり、キャリアプランを一緒に考えてもらう、仕事観や価値観の共有を通じて、リクルートエージェントに自分のことを深く理解してもらうことが目的です。

また、求職者側から見て担当者と相性が合うかもしっかりと確認しましょう。転職活動は担当者と二人三脚で行うため、担当者との相性は非常に重要です。面談時における良いキャリアアドバイザーの見極め方については次にご説明するので、参考にしてください。

リクルートエージェントに登録だけすることで得られるメリット

リクルートエージェントを最大限活用するためには面談の実施が必須です。しかしながら、登録だけする場合でも下記の様なメリットは享受することができます。

リクルートエージェントに登録だけすることによるメリット
  • 転職におけるプロの意見を無料で聞くことができる
  • 転職市場や業界の動向に関する知識を仕入れることができる
  • 転職に関する自身の考えを整理できる
  • 非公開求人を含め、求人を紹介してもらうことができる
  • 希望を満たす求人が出てきた際にいち早く教えてもらえる

リクルートエージェントに登録だけすることによるメリット①:
転職におけるプロの意見を無料で聞くことができる

リクルートエージェントに相談することによるメリットとしてまず挙げられるのが、転職におけるプロの意見を無料で聞くことができるという点です。

キャリアアドバイザーは転職におけるプロフェッショナルであり、多くの転職者の転職を支援した実績を基に的確なアドバイスをもらうことができます。

また、リクルートエージェントは、求職者を企業に紹介し、その求職者が企業に入社する際に人材紹介料(転職者の年収×30-35%程度)を獲得するというビジネスモデルとなっているため、転職者から手数料を徴収することはありません。

従って、求職者はこうした初期的な相談を何社にもすることが可能です。

リクルートエージェントに登録だけすることによるメリット②:
転職市場や業界の動向に関する知識を仕入れることができる

リクルートエージェントに相談することによるメリットの1つとして、転職市場や業界の動向に関する知識を仕入れることができるという点が挙げられます。リクルートエージェントに相談することで得られる情報には下記の様なものがあります。

転職市場や業界の動向に関する知識
  • 転職需要が高い業界
  • 転職難易度が高い業界
  • 求人が多い業界
  • 選考ノウハウ

こうした知識は将来的な転職の際にも必ず役立つため、前もってアンテナを張っておくことをおすすめします。

リクルートエージェントに登録だけすることによるメリット③:
転職に関する自身の考えを整理できる

リクルートエージェントに相談することによるメリットとして次に挙げられるのが、転職に関する自身の考えを整理できるという点です。

リクルートエージェントとの初回面談では、業界の最新動向や具体的な求人の例について、転職のプロであるリクルートエージェントと意見を交換することができます。

こうした意見交換を通じて転職に対するイメージがより明確になるため、自分がどのような業界に転職したいのか、そもそも本当に自分が転職したいのかなどについて自分の考えを整理することができます。

リクルートエージェントと話すことで自分のキャリアと向き合う良い機会になるため、自分が本当に転職したいのか分からない場合でも、とりあえずリクルートエージェントに話を聞いてみることをおすすめします。

リクルートエージェントに登録だけすることによるメリット④:
非公開求人を含め、求人を紹介してもらうことができる

非公開求人を含め、求人を紹介してもらうことができるというのもリクルートエージェントに相談してみることによるメリットです。リクルートエージェントに相談すれば、初期的に求人を紹介してもらうことができます。

今すぐの転職を考えていなくても、求人を見てみることによって転職に関する解像度も上がるため、試しに求人を見てみることをおすすめします。

また、リクルートエージェントを活用することで非公開求人を紹介してもらえるというのもメリットの1つです。

非公開求人とは?

Web上では公開されていない求人のことを非公開求人と言います。求人を非公開にする理由は様々ですが、下記の様な理由が挙げられます。非公開求人は待遇が良かったり、重要ポストに就けたりと魅力的な案件であることが多い傾向にあります。

  • 競合他社に知られたくないため
  • 応募の殺到を避け、採用の効率化を図るため
  • 重要ポストの人材採用を社内秘で行いたいため
  • 待遇などを広く伝えたいわけではないため

一般に非公開案件は待遇の良いものが多いと言われています。リクルートエージェントに相談すればこうした非公開求人も案内してもらえるので、是非一度相談してみることをおすすめします。

リクルートエージェントに登録だけすることによるメリット⑤:
希望を満たす求人が出てきた際にいち早く教えてもらえる

希望を満たす求人が出てきた際にいち早く教えてもらえるという点もリクルートエージェントに相談しておくことによるメリットです。

初回の相談で自分の希望に合う求人がなかったとしても、そうした求人が市場に出てきた場合に教えてほしいという旨を担当者に伝えておけば、希望の求人が出てきた際にいち早く教えてもらうことができます。

求人は水物でタイミングにも大いに左右されるものなので、自分が希望する求人を見逃さないためにも早めにリクルートエージェントに相談しておき、希望を満たす求人が出てきたら教えてほしいという旨を伝えておくことをおすすめします。

リクルートエージェントを最大限活用するためのコツ

リクルートエージェントを最大限活用するためのポイントについてご紹介します。リクルートエージェントを最大限活用するにあたっては、下記の様なことを意識すると良いでしょう。

リクルートエージェントを最大限活用するためのコツ
  • 書類添削・面接対策は積極的にお願いする
  • 非公開求人は積極的に確認する
  • キャリアアドバイザーとは本音で話し、サポートしたいという気分にさせる
  • 複数の転職エージェントに登録する

リクルートエージェントを最大限活用するためのコツ①
書類添削・面接対策は積極的にお願いする

リクルートエージェントを最大限活用するために、書類添削・面接対策は積極的にお願いするようにしましょう。

特に人気企業における求人は人気・難易度共に高いので、対策をしない場合とする場合で結果に大きな差が生まれます。

リクルートエージェントのコンサルタントはハイクラス企業に関する豊富な転職支援実績をもとに、書類や面接対策において豊富なノウハウを保有しています。

リクルートエージェントを最大限活用するためのコツ②
非公開求人は積極的に確認する

転職エージェントは、非公開求人も多数保有しています。転職エージェントと選考を進める際は非公開求人も積極的に確認するようにしましょう。一般に非公開案件は待遇の良いものが多いと言われています。

非公開求人とは?

Web上では公開されていない求人のことを非公開求人と言います。求人を非公開にする理由は様々ですが、下記の様な理由が挙げられます。非公開求人は待遇が良かったり、重要ポストに就けたりと魅力的な案件であることが多い傾向にあります。

  • 競合他社に知られたくないため
  • 応募の殺到を避け、採用の効率化を図るため
  • 重要ポストの人材採用を社内秘で行いたいため
  • 待遇などを広く伝えたいわけではないため

リクルートエージェントを最大限活用するためのコツ③
キャリアアドバイザーとは本音で話し、サポートしたいという気分にさせる

リクルートエージェントを最大限活用するため、自分のことについては本音で話すことも重要です。

キャリアに関する話やネガティブな退職理由はキャリアアドバイザーにも話しづらいことがあるかもしれませんが、キャリアアドバイザーに本音で話すことで紹介される求人のフィット度合いも高まります。逆に、本音を話さなければ自分の希望に合わない求人を紹介される確率も高まってしまうでしょう。

キャリアアドバイザーと本音で話さないことによる弊害

例えばワークライフバランスを改善したいという理由で転職活動を検討したとしても、年収を上げたいという希望を第一に伝えてしまうとそのような案件を中心に紹介されることとなり、本来の目的であるワークライフバランスを改善したいということを達成できません。自分の本音ベースで話すことで、消化される求人が最適化され、結果的に自分の希望する求人にたどり着くことができるでしょう。

また、キャリアアドバイザーには丁寧な対応を心がけるようにしましょう。

転職エージェントのビジネスモデルは、求職者が採用企業に転職することで報酬を得るというビジネスモデルです。従って、担当のキャリアアドバイザーは複数の求職者を担当する中で、転職意向が高かったりサポートがしたくなるような求職者を優先してサポートしてくれるため、できるだけサポートしたいという気持ちにさせることが重要となります。

逆に、求職者側が失礼な対応をしてしまっていたり、転職意向が低いと判断される場合は転職エージェントに見捨てられてしまう可能性も高まります。

具体的に言えば、下記のような行動をとることが重要です。

転職エージェントにサポートしたいと思わせるために重要な行動
  • 本音ベースで話す
  • 聞かれたことにきちんと答える
  • 紹介された求人を頭ごなしに否定しない
  • 礼儀正しくする
  • 要望や意見を伝える

転職エージェントにサポートしたいと思わせるために、特別な行動は必要ありません。真摯にコミュニケーションすることで、転職エージェントから自然に信頼を獲得することができるでしょう。

リクルートエージェントを最大限活用するためのコツ④
並行して複数の転職エージェントに登録する

リクルートエージェントを最大限活用するためには、逆説的ですが複数の転職エージェントを活用することもおすすめします。

エージェントは複数登録するのがおすすめな理由
  • 希望の求人を探す際に、見ることができる求人の数が増え、求人を見逃す心配が減る
  • 各求人を比較できる
  • 担当エージェントの質を比較できる
  • 各転職エージェントの独占案件・非公開案件を確認できる
  • 登録は無料でいつでも退会できる

エージェントの利用は完全無料で、何社から話を聞いても問題はありません。

特に同様に大手企業の求人を多数保有している『マイナビエージェント』やサポートの質に定評のある『ASSIGN(アサイン)』などの転職エージェントにも登録をすることをおすすめします。

リクルートエージェントとの併用をおすすめする転職エージェント:
マイナビエージェント

マイナビエージェントの公式ページ

【公式ページ】https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェント』は、大手人材会社のマイナビが運営する総合型の転職エージェントです。日本全国で幅広い業界・職種の転職を支援しており、2024年4月時点で45,344 件の公開求人と18,146 件の非公開求人を扱っています。

誰もが知る大企業から地方の隠れた優良企業まで幅広い求人を扱っており、マイナビエージェントでしか扱いのない好条件の非公開求人が多いことも特徴です。

マイナビエージェントの求人企業(例)

■ 日系大手・ホワイト高年収企業

キーエンス / SONY / NTTデータ / 野村総合研究所 / アビームコンサルティング / サイバーエージェント / エムスリー / 野村證券

■ 外資系・グローバル企業

アクセンチュア / PwC / アマゾンジャパン / デロイトトーマツコンサルティング / SAMSUNG / ボッシュ

マイナビエージェントはすべての機能が無料で利用でき、登録してみて自分に合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会できます。

サービス名マイナビエージェント
公式ページhttps://mynavi-agent.jp
サービス分類・転職エージェント
・総合型
求人数公開求人:45,344 件
非公開求人:18,146 件
(2024年4月時点)
対応地域日本全国
料金無料
運営会社株式会社マイナビ
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-080554
参考ページ【口コミ】マイナビエージェントの評判
マイナビエージェントで断られた?原因と対処法
関連サービス・20代専門転職エージェント『マイナビジョブ20’s
・薬剤師転職サイト『マイナビ薬剤師の評判
・看護師転職サイト『マイナビ看護師
転職エージェント『マイナビエージェント』の概要

マイナビエージェントの評判・口コミについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

リクルートエージェントとの併用をおすすめする転職エージェント:
ASSIGN(アサイン)

20代・30代のハイクラス転職に特化したプロ集団。サポートの手厚さに定評があり全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞

転職エージェント「ASSIGN」
若手ハイエンド特化型転職エージェント『ASSIGN(アサイン)』

【公式HP】https://assign-inc.com

ASSIGN(アサイン)』は、若手ハイキャリアに特化した転職エージェントです。コンサル・IT・金融などの業界への転職支援に強みがあります。

ASSIGN(アサイン)のメリット・良い評判
  • 高年収を目指す20代・30代のための魅力的な求人が多い
  • 中長期的で真摯かつ丁寧なキャリアサポートを受けることができる
  • 業界に理解が深く質の高いエージェントが在籍

面接対策や業界研究など転職サポートの丁寧さに定評があり、全国のエージェントの中から『JAPAN HEADHUNTER AWARD』の最優秀賞を受賞しています。

未経験でも挑戦できる独自の高年収求人を多数扱っていることに加え、面談後に一人ひとりにオーダーメイドのキャリアプラン資料を作成するなど、他のエージェントとは一線を画した丁寧すぎるサポートが特徴です。

今すぐ転職予定のない方や若手の方でも無料で面談やサポートを受けることができるため、高年収な業界への転職を将来的に考えている方は、是非公式ページから無料面談を申し込んでみて下さい。

【2024年4月】限定特典あり

2024年4月現在、登録すると転職活動の進め方や注意点をまとめたオリジナル資料(『転職活動の手引き』)を無料で受け取ることができます。

登録は30秒で完了し、万が一合わないと感じた場合は電話不要ですぐに退会できるので、是非チェックしてみてください。

サービス名ASSIGN(アサイン)
公式ページhttps://assign-inc.com
タイプ・転職エージェント
・特化型
特徴若手ハイエンド専門の転職エージェント
料金無料
運営会社株式会社アサイン
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-308560
転職エージェント『ASSIGN』の概要

初回面談で良いキャリアアドバイザーを見極めるためのポイント

転職エージェントをうまく活用するにあたっては、初回面談で良い転職エージェントを見極めることが必要となってきます。初回面談で良い転職エージェントを見極めるためのポイントとしては、下記の様なものが挙げられます。

良い転職エージェントを見極めるためのポイント
  • キャリアアドバイザーとの相性が合う
  • 業界や企業に関する知識を持っている
  • 上から目線や横柄・強引な対応をしない・対応が丁寧
  • 求職者の話を鵜呑みにせず、客観的なアドバイスをくれる
  • 求職者のことを知ろうとたくさん質問してくる

良い転職エージェントを見極めるためのポイント①:
キャリアアドバイザーとの相性が合う

良い転職エージェントを見極めるためのポイントとしてまず挙げられるのが、キャリアアドバイザーとの相性が合うか否かという点です。

これに関しては個々人の性格や相性で直感的なものであるため、言語化するのは難しい要素ですが、初回面談で話してみて人間として信用できそうか、話してみて相性が良いかといった観点を確認してみると良いでしょう。

良い転職エージェントを見極めるためのポイント②:
業界や企業に関する知識を持っている

業界や企業に関する知識を持っているかどうかも、良い転職エージェントかどうかを見極めるうえで重要なポイントです。

転職エージェントの強みは、転職エージェントによる選考対策であったり企業の内情を共有してもらえるという点ですが、業界や企業に関する知識が不足しているとこうした対策も不十分となってしまう可能性があります。

特に、社風や待遇・労働時間など外部から分かりづらい情報をいかに持っているか、その業界における転職支援実績はあるかといった点は初回面談で確認してみると良いでしょう。

良い転職エージェントを見極めるためのポイント③:
上から目線や横柄・強引な対応をしない・対応が丁寧

上から目線や横柄・強引な対応をしない・対応が丁寧な転職エージェントも質の高い転職エージェントといえるでしょう。

転職エージェントは候補者が転職した場合に企業から報酬を得られるというビジネスモデルであるため、候補者を無理に転職させようと強引な対応をする転職エージェントもいます。

また、そのような強引さだけでなく、シンプルに上から目線であったり横柄な対応をしてくる転職エージェントもいます。こうした転職エージェントはかかわるだけ時間がもったいないので、すぐに担当を変更するように申し伝えることをおすすめします。

良い転職エージェントを見極めるためのポイント④:
求職者の話を鵜呑みにせず、客観的なアドバイスをくれる

求職者の話を鵜呑みにせず、客観的なアドバイスをくれるキャリアアドバイザーも良いキャリアアドバイザーの特徴です。キャリアアドバイザーによっては求職者の話を鵜呑みにして、当たり障りのないアドバイスばかりしてくる転職エージェントもいます。

しかしながら、求職者の話すニーズは必ずしも求職者の希望を満たすものでないケースもあります。

例えば、経営経験を積みたいコンサルに行きたいと言っている人に対して、コンサルはあくまで第三者の立場からアドバイスするのが役割であり、経営経験を直接積めるわけではない、などのアドバイスができる転職エージェントの方が良い転職エージェントです。

このように、求職者の話を鵜呑みにせず、求職者の話から真のニーズをくみ取って適切なアドバイスができる転職エージェントを活用することをおすすめします。

良い転職エージェントを見極めるためのポイント⑤:
求職者のことを知ろうとたくさん質問してくる

求職者のことを知ろうとたくさん質問してくる転職エージェントも、質の高い転職エージェントとして信用できるでしょう。求職者のことを知れば知るほど、求職者にマッチした求人を紹介することができますが、そうした意欲がある転職エージェントは質が高い傾向にあります。

また、求職者としても経験のあるキャリアアドバイザーによる質問を通じた分析により、自分のことがより客観的にわかるようになるでしょう。

そもそも転職エージェント『リクルートエージェント』では何ができる?

リクルートエージェントは、国内最大手の転職エージェントです。2024年4月時点で公開求人数は364,569 件、非公開求人数は271,691 件と、求人数はあわせて60万件を超えていることが特徴となっています。

登録すると経験豊富なエージェントが1人ずつ担当として付き、書類作成から面接のサポート、企業との面談設定、入社準備まで、一貫してサポートを提供してくれます。

転職エージェントとは?他の転職サービスとの違い

転職エージェント」とは、転職支援のプロであるキャリアアドバイザーが求職者と面談したうえで希望条件や強みを引き出し、求職者に最適な求人企業を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントの仕組み

「転職エージェント」以外の転職サービスとしては、掲載されている求人を自分で探して応募する「求人サイト」や経歴を登録すると企業からスカウトが届く「スカウトサービス」があり、目的に応じて使い分けが重要です。

転職エージェントの最大の特徴は、求職者に担当のキャリアアドバイザーがつき、書類添削・面接対策・日程調整などの一連の転職の流れを全てサポートしてくれる点です。

忙しくて転職活動に割く時間がない方や、書類選考・面接対策に自信がない方は、転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントキャリアアドバイザーがマンツーマンで求職者をサポート。最適な求人も紹介
求人サイト求職者が求人を自由に閲覧し、興味がある求人に応募することで選考を受けることが可能
スカウトサービス求職者が経歴情報を登録することで企業からスカウトが届く。
転職サービスの種類

リクルートエージェントの強みを一言で表すと、求人数が圧倒的に多く、幅広い業界に応募できるという点です。

リクルートエージェントは国内における実績も随一であり、2021年度は58,141人もの人数の転職をサポートしているなど、転職支援実績も非常に豊富なため、迷っている方は一度登録してみても間違いない転職エージェントとなっています。

リクルートエージェント
転職エージェント『リクルートエージェント』
サービス名リクルートエージェント
サービス分類・転職エージェント
・総合型
特徴国内最大手の転職エージェント
求人数公開求人:364,569 件
非公開求人:271,691 件
(2024年4月時点)
対応地域日本全国
料金無料
運営会社株式会社リクルート
厚生労働省有料職業紹介事業許可番号: 13-ユ-313011
参考ページリクルートエージェントの評判と口コミ
リクルートエージェントは闇?求人はブラックばかり?
リクルートエージェントと面談したくない?対処法を解説
リクルートエージェントは登録だけしても良い?注意点を解説
リクルートエージェントの退会方法は?再登録できる?
リクルートグループの関連サービス求人サイト『リクナビNEXT
スカウト型転職サイト『リクルートダイレクトスカウト
就職エージェント『就職Shop
薬剤師専門の転職サイト『リクナビ薬剤師
派遣会社『リクルートスタッフィング』『スタッフサービス』『テクノサービス』『ミラエール
転職エージェント『リクルートエージェント』の概要

リクルートエージェントの評判については下記の記事でも解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

リクルートエージェントは闇?求人はブラックばかり?

「リクルートエージェントの求人はブラックばかり」だと噂されることがあります。結論から言うと、「リクルートエージェントにおける求人はブラックばかり」というのは誤りです。

転職エージェントは転職者が短期間で退職してしまった場合成功報酬を返金しなければいけないため、転職者には長期間働いてほしいと考えています。

ブラック企業を紹介してしまうと、せっかくの転職者がすぐ退職した場合には転職エージェントが企業に報酬を返金しなくてはいけなくなります。従って、転職エージェントは求職者に優良な求人を紹介するインセンティブがあります。

またブラック企業ばかり紹介していると、インターネットなどで悪評が立ってしまって中長期的に見るとユーザーが減少してしまいます。そうした背景から、リクルートエージェントの求人が「ブラック企業ばかり」ということは決してありません。

一方で、リクルートエージェントは求人件数が圧倒的に多いという関係上、求人も必ずしも待遇が良いものばかりというわけではありません。待遇の良しあしを判断するためにも、求人を見る際は下記のような点に注意してみるようにしましょう。

リクルートエージェントの求人におけるブラック企業・ホワイト企業の見極め方
  • 十分な給料が支払われるか・残業代の扱いはどうか
  • 常に人を採用しようとしていないか
  • 年間休日・有給の日数は十分か
  • 福利厚生は充実しているか
  • 企業の知名度やネームバリューはあるか

特に残業代が固定残業代となっている場合、有名企業でない限りは残業時間が長くなる傾向もあるので意識するようにしましょう。

リクルートエージェントは闇?求人はブラックばかりと言われる理由については下記の記事でも解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

0120-070-585はリクルートエージェントからの電話

結論からいうと、0120-070-585はリクルートエージェントからの電話番号です。リクルートエージェントに登録しているとかかってくる電話であり、迷惑電話や詐欺の電話ではないため、心配・警戒する必要はありません。

0120-070-585から電話がかかってきたときの注意点などは下記の記事で解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

リクルートエージェントから退会するには?

リクルートエージェントは登録しても、いつでも退会することができます。退会方法としては下記の2つがあります。

リクルートエージェントの退会方法
  • 担当キャリアアドバイザーに退会の旨を伝える
  • こちらのフォームから申請する

担当キャリアアドバイザーにお世話になっている場合は、直接退会の旨を伝えることをおすすめします。逆に、担当キャリアアドバイザーの直接伝えづらい場合は、上記にご紹介した問い合わせフォームから連絡しましょう。

リクルートエージェントの退会方法については下記の記事で解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地150-0002
東京都渋谷区渋谷2-19-15 宮益坂ビルディング609
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年4月時点)
目次