【薬剤師】こんな転職サイトは選ぶな!転職サイトが不要な人の特徴も

【薬剤師】こんな転職サイトは選ぶな!転職サイトが不要な人の特徴も

薬剤師転職において「こんな転職サイトは選ぶな」「薬剤師転職で転職サイトは使うな」などと言われることがあります。本ページではその理由と実態について徹底解説します。

本記事のポイント

下記は本記事の要約です。詳しく知りたい方は是非最後までお読みください。

薬剤師の転職で転職サイトは不要?

薬剤師の転職にあたっては、転職サイトを活用することで負担が減って内定確率が上がるなど様々なメリットがあります。

しかしながら、薬剤師転職において転職サイトを活用しなくてよい人が少ないながら存在します。薬剤師の転職サイトの活用が不要な人の特徴としては、下記の様な点が挙げられます。

薬剤師向け転職サイトの活用が不要な人の特徴
  • 何度も転職している人
  • 転職先とのコネクションが十分にある人
薬剤師の転職で「薬剤師専門でない転職サイトは選ぶな」と言われるのはなぜ?

薬剤師の転職において転職サイトの活用は様々なメリットがあります。

薬剤師の転職で転職サイトを活用した場合のメリット
  1. 日程調整などの煩雑な手続きを行ってくれる
  2. 書類の添削や面接対策を行ってくれる
  3. 非公開求人を教えてくれる・様々な求人を見ることができる
  4. 企業や勤務先の内情を教えてくれる
  5. 内定時の条件交渉を行ってくれる
  6. これらのサービスを完全無料で活用できる

一方で「転職サイトなら何でも良い」という訳ではありません。特に、薬剤師の転職においては「薬剤師専門でない転職サイトは選ぶな」と言われることがあります。

薬剤師の転職で「薬剤師専門でない転職サイトを選ぶな」と言われる理由
  • 薬剤師の求人数が少ない・無いため
  • キャリアアドバイザーの知識がないため
  • 転職先が決まる確率が低く、後回しにされたり支援を断られるため
「こんな転職サイトは選ぶな」と言われる薬剤師転職サイトの特徴は?

、薬剤師専門の転職サイトなら何でも良いわけではありません。例えば下記の様な特徴を持つ転職サイトは活用を避けた方が良いと言えます。

薬剤師転職で「こんな転職サイトは選ぶな」と言われる転職サイトの特徴
  • 求人数が少ない
  • 実績がない
  • キャリアアドバイザーとの相性に違和感を感じる

なお、現在転職活動中の方1年以内に転職を考えている方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?
【質問2】性別は?
【質問3】現在の年収は?
【質問4】現在の職種は?
【質問5】希望勤務地は?
目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

薬剤師の転職で転職サイトは不要?転職サイトの活用が不要な人の特徴

薬剤師の転職にあたっては、転職サイトを活用することで負担が減って内定確率が上がるなど様々なメリットがあります。しかしながら、薬剤師転職において転職サイトを活用しなくてよい人が少ないながら存在します。薬剤師の転職サイトの活用が不要な人の特徴としては、下記の様な点が挙げられます。

薬剤師向け転職サイトの活用が不要な人の特徴
  • 何度も転職している人
  • 転職先とのコネクションが十分にある人

例えば何度も転職している人は自分で転職の方法を熟知しているため、転職サイトの活用が不要な場合があります。

しかしながら、転職を何度か行っている場合であっても転職サイトを活用することで思いもよらぬ求人に出会えたり、日程調整や内定先との交渉について代行してもらえるという点から転職サイトを活用するメリットは大きいため、一概に活用しなくても良いとは言えません。

また転職先とのコネクションが十分にある人も転職サイトを使わなくてよい場合があります。行きたい企業・職場とのコネクションを持っていて、キャリアアドバイザーなどの助けを得ることなく転職するのが容易な場合は、転職サイトを活用する必要がないことがあります。

薬剤師の転職で転職サイトを活用するメリット

ここでご説明した転職サイトの活用が不要なケースは特殊なケースであり、基本的にほとんどの人は転職サイトを活用した方が良いと言えます。転職サイトを活用するにあたっては下記の様なメリットがあります。

薬剤師の転職で転職サイトを活用した場合のメリット
  1. 日程調整などの煩雑な手続きを行ってくれる
  2. 書類の添削や面接対策を行ってくれる
  3. 非公開求人を教えてくれる・様々な求人を見ることができる
  4. 企業や勤務先の内情を教えてくれる
  5. 内定時の条件交渉を行ってくれる
  6. これらのサービスを完全無料で活用できる

薬剤師の転職で転職サイトを活用した場合のメリット#1:
日程調整などの煩雑な手続きを行ってくれる

薬剤師の転職で転職サイトを活用した場合のメリットとしてまず挙げられるのが、転職先との選考における日程調整などの煩雑な手続きを行ってくれるという点です。中途選考にあたっては、働きながら選考を受けるだけでなく、複数の職場の選考を同時並行で受けることもあり、日程調整は非常に煩雑です。

転職サイトのキャリアアドバイザーは日程調整を転職先との間に入って代行してくれるので、候補者の負担が小さくなるという点がメリットです。

薬剤師の転職で転職サイトを活用した場合のメリット#2:
書類の添削や面接対策を行ってくれる

薬剤師の転職で転職サイトを活用した場合のメリットとして次に挙げられるのが、書類の添削や面接対策を行ってくれるという点です。

選考においては職務経歴書や履歴書といった書類の提出が必要になりますが、特に今までこのような書類を作成したことがない場合は、独学で作成するのも大きな負担となるうえ、添削がなければなかかな良い書類ができないというのも事実です。

転職サイトのキャリアアドバイザーは選考のノウハウを生かして、職務経歴書や履歴書を添削してくれるため、特に転職未経験の場合は転職サイトを活用してキャリアアドバイザーに書類や面接対策を行ってもらうことをおすすめします。

薬剤師の転職で転職サイトを活用した場合のメリット#3:
非公開求人を教えてくれる・様々な求人を見ることができる

薬剤師の転職で転職サイトを活用した場合のメリットを活用した場合のメリットとして次に挙げられるのが、非公開求人を教えてくれるという点です。

非公開求人とは?

Web上では公開されていない求人のことを非公開求人といいます。求人を非公開にする理由は様々ですが、下記の様な理由が挙げられます。非公開求人は待遇が良かったり、重要ポストに就けたりと魅力的な案件であることが多い傾向にあります。

  • 競合他社に知られたくないため
  • 応募の殺到を避け、採用の効率化を図るため
  • 重要ポストの人材採用を社内秘で行いたいため
  • 待遇などを広く伝えたいわけではないため

一般に非公開案件は待遇の良いものが多いと言われています。こうした非公開求人を紹介してもらえることが転職サイトを活用するうえでのメリットです。

また、転職サイトは一般的に多くの求人案件を保有しています。自力で転職活動をすると自分が知っている範囲での求人に限定されてしまう中で、転職サイトを活用すれば自分が知っている範囲外の求人のみならず思いもよらない求人を紹介してくれることにも繋がります。この様に求人の幅が増えるというのも、転職サイトを活用するメリットとなります。

薬剤師の転職で転職サイトを活用した場合のメリット#4:
企業や勤務先の内情を教えてくれる

薬剤師の転職で転職サイトを活用した場合のメリットとして次に挙げられるのが、企業や職場の内情を教えてくれるという点です。

転職サイトのキャリアアドバイザーは転職先の年収水準や採用難易度、選考フローや、採用意欲など、企業や職場に関する様々な情報を持っています。求人票に書かれていない残業時間の実態や有休の有無など、職場に直接確認してくれることもあります。

こうした内情を知ったうえで企業の選考を受けることで、志望動機が確固たるものとなって内定確率を大きく上げることができたり、入社した企業とのミスマッチが生じづらくなるというメリットがあります。

薬剤師の転職で転職サイトを活用した場合のメリット#5:
内定時の条件交渉を行ってくれる

薬剤師の転職で転職サイトを活用した場合のメリットとして最後に挙げられるのが、内定時の条件交渉を行ってくれるという点です。

新卒と異なり、転職においては内定時の交渉によって年収や待遇が向上する場合があります。とはいえ、将来的な雇用主に対して年収や待遇の交渉を行うのはやりづらい・難しいというのも事実でしょう。

そのような場合、選考の段階から転職サイトを活用していれば、担当者が採用条件の交渉についても代行してくれます。

薬剤師の転職で転職サイトを活用した場合のメリット#6:
これらのサービスを完全無料で活用できる

転職サイトは、これらのサービスを完全無料で活用することができます。

都合の良い話にも聞こえますが、下記の通り職業安定法においても、転職サイトは求職者から手数料を徴収してはいけないと明示されています。

有料職業紹介事業者は、前項の規定にかかわらず、求職者からは手数料を徴収してはならない。

職業安定法 第三十二条の三

求職者が転職サイトを無料で活用できる理由はそのビジネスモデルを見ればより明確にわかります。転職サイトは、求職者を企業に紹介し、求職者が企業に入社する際に人材紹介料(転職者の年収×30-35%程度)を獲得するというビジネスモデルとなっています。

転職サイトは企業から得る人材紹介料が収益の源泉となっているため、求職者から手数料を徴収する必要がないのです。転職サイトが求職者のサポートを無料で行ってくれるのも、求職者が内定すればその分の手数料を企業から徴収できるためです。

転職サイトは無料で活用できる理由と大事なポイント
  • 紹介した求職者が転職した際に企業から手数料を徴収しているため
  • 転職時に報酬を貰えるビジネスモデルなので、転職サイトは求職者の支援も積極的に行う

参考: 転職エージェント・転職サイトを活用すると費用はかかる?

薬剤師の転職で「薬剤師専門でない転職サイトは選ぶな」と言われる理由

ここまで薬剤師の転職において転職サイトを活用した方が良い理由についてご説明してきました。薬剤師の転職において、転職サイトの活用は非常に有用だと言えます。

一方で「転職サイトなら何でも良い」という訳ではありません。特に、薬剤師の転職においては「薬剤師専門でない転職サイトは選ぶな」と言われることがあります。

薬剤師の転職で「薬剤師専門でない転職サイトを選ぶな」と言われる理由
  • 薬剤師の求人数が少ない・無いため
  • キャリアアドバイザーの知識がないため
  • 転職先が決まる確率が低く、後回しにされたり支援を断られるため

薬剤師の転職で「薬剤師専門でない転職サイトを選ぶな」と言われる理由#1:
薬剤師の求人数が少ない・無いため

薬剤師の転職で「総合型の転職サイトを選ぶな」と言われる理由としてまず挙げられるのが、薬剤師の求人数が少ないという点です。薬剤師専門の転職サイトは薬剤師の求人だけで数万規模の求人件数を保有していますが、薬剤師専門ではない求人サイトはそもそも薬剤師の求人が少ない・またはない傾向にあります。

これは薬剤師は専門性の高い領域となっているため、薬剤師専門と非薬剤師で明確にサービスを分けているからというのが理由です。

薬剤師は資格が必要な職種です。薬剤師の求人は資格がないとそもそも応募できないため、非薬剤師専門のサービスに薬剤師の求人を置いておいても応募することができる人はほとんどいません。こうした事情から、大手の人材企業は薬剤師の転職についてはサービスを明確に分けています。

例えば一般転職で有名かつ人気の高い『マイナビエージェント』は、薬剤師転職専門で『マイナビ薬剤師』というサービスを提供しています。『マイナビエージェント』に薬剤師の求人はありませんが、『マイナビ薬剤師』には2024年5月時点で薬剤師の求人が45,541 件あります。

薬剤師の転職で「薬剤師専門でない転職サイトを選ぶな」と言われる理由#2:
キャリアアドバイザーの知識がない

キャリアアドバイザーの知識がないという点も、薬剤師の転職で「薬剤師専門でない転職サイトを選ぶな」と言われる理由の1つです。薬剤師は資格を必要とする業務であり、薬剤師以外の転職を扱うキャリアアドバイザー・転職エージェントは薬剤師のことを理解していない人がほとんどです。

転職活動ではキャリアアドバイザーが転職先や業界を熟知していることが非常に重要な要素です。キャリアアドバイザーが転職先や業界を熟知していることで選考対策が的確になって内定の確率が上がたり、入社時のミスマッチが減るという効用があります。

キャリアアドバイザーの業界知識が乏しいと、ここでご説明したようなアドバンテージを受けることができないだけでなく、紹介先企業のことを理解せずに紹介してくることでミスマッチも生じやすくなってしまいます。

薬剤師の転職で「薬剤師専門でない転職サイトを選ぶな」と言われる理由#3:
転職先が決まる確率が低く、後回しにされたり支援を断られるため

転職先が決まる確率が低く、後回しにされたり支援を断られるためというのも薬剤師の転職で「薬剤師専門でない転職サイトを選ぶな」と言われる理由の1つです。

ここまでご説明した通り、非薬剤師専門の転職サイトでは薬剤師の求人数が少なくキャリアアドバイザーの知識も乏しいという問題点があります。こうした事情によって転職サイト側は薬剤師の転職を支援するのは難しいと判断し、薬剤師の転職支援を後回しにしたり支援を断ることに繋がります。

非薬剤師の転職を扱っている転職サイトに落ち度があるわけではなく、薬剤師を転職支援するのが実態として難しいというケースがほとんどです。薬剤師専門でない転職サイトを選んでも転職支援を受けることができない可能性が高いため、薬剤師専門の転職サイトを活用することをおすすめします。

「こんな転職サイトは選ぶな」
薬剤師専門転職サイトの中でも選び方は重要

ここまで、薬剤師の転職においては薬剤師専門の転職サイトを選ぶべきだとご説明してきました。しかしながら、薬剤師専門の転職サイトなら何でも良いわけではありません。例えば下記の様な特徴を持つ転職サイトは活用を避けた方が良いと言えます。

薬剤師転職で「こんな転職サイトは選ぶな」と言われる転職サイトの特徴
  • 求人数が少ない
  • 実績がない
  • キャリアアドバイザーとの相性に違和感を感じる

薬剤師転職で「こんな転職サイトは選ぶな」と言われる転職サイトの特徴#1:
求人数が少ない

求人数が少ないというのは、「こんな転職サイトは選ぶな」と言われる転職サイトの特徴の1つです。求人数の多さは選択肢の多さに繋がり、好条件の求人・職場に転職できる確率の高さに直結しますが、そもそも求人数が少ないと希望の求人に辿り着ける可能性は低いと言えるでしょう。

大手の薬剤師専門転職サイトであれば基本的に数万規模の薬剤師求人を保有しているので問題ありませんが、求人数が極端に少ない薬剤師専門転職サイトは注意が必要です。この様な転職サイトでは求人数の少なさから転職活動がうまくいかない可能性があります。

薬剤師転職で「こんな転職サイトは選ぶな」と言われる転職サイトの特徴#2:
実績がない

実績がない転職サイトも、薬剤師転職で「こんな転職サイトは選ぶな」と言われる転職サイトの特徴の1つです。多くの転職サイトはサービス開始からの支援年数やサポートしてきた累計人数・顧客満足度などを公開していますが、こうした実績がない場合は転職支援に難があるだけでなく、ブラック企業などに紹介されてしまう可能性があります。

実績がある会社だと、その会社の評判や口コミも多く読むことができるため、解像度を上げて転職支援を頼むことができます。逆にこうした実績がないと情報もない傾向にあるため、転職支援をお願いするのにリスクが伴います。

薬剤師転職で「こんな転職サイトは選ぶな」と言われる転職サイトの特徴#3:
キャリアアドバイザーとの相性に違和感を感じる

キャリアアドバイザーとの相性に違和感を感じる場合も、薬剤師転職で「こんな転職サイトは選ぶな」と言われる転職サイトの特徴の1つです。転職活動はキャリアアドバイザーをうまく活用することで転職の成功確率を大きく上げることができますが、キャリアアドバイザーと相性が合わないと感じる場合は、その転職サイトを選ばない方が良いと言えます。

相性が合わないキャリアアドバイザーの特徴
  • 希望条件とかけ離れた的外れな求人を紹介してくるため、役に立たない
  • 上から目線だったり、説教が多かったりと対応・態度が悪い
  • 転職や内定受諾を急かしてくる
  • 電話やメールなどでの連絡がしつこい、仕事中に電話してくる
  • レスポンスが遅い
  • 求人を紹介してくれない、見捨てられる
  • 企業に関する質問をしても、答えてくれない

転職サイトを活用するにあたって上記の様なキャリアアドバイザーが担当となった場合、担当の変更をお願いすることをおすすめします。それでも改善されないような場合、その転職サイトは活用しない方が良いと言えます。

安心して活用できる薬剤師専門の転職サイトと評判を紹介

ここまで薬剤師の転職で「薬剤師専門でない転職サイトは選ぶな」と言われる理由や、薬剤師転職で「こんな転職サイトは選ぶな」と言われる転職サイトの特徴についてご説明してきましたが、ここでは安心して活用できる薬剤師専門の転職サイトと評判を紹介します。

薬剤師転職に強みを持つ転職サイト:
マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は人材紹介大手のマイナビグループが運営する薬剤師転職専門サイトです。求人件数が45,541 件と豊富でサイト自体も使いやすく、全国各地に拠点を置いていることから地方であっても活用しやすいという点が大きなメリットです。

マイナビ薬剤師のメリット・良い評判
  • 薬剤師の求人件数は業界最大級の45,000件以上
  • 全国各地に拠点を置いているため、地方での転職活動も可能
  • 対面面談などサポートの丁寧さに裏打ちされた高い満足度を誇る
  • 高年収・ハイクラス求人が豊富で年収アップを実現しやすい
  • 大手のマイナビグループが運営しており、安心感がある

マイナビ薬剤師は全国各地に拠点を置いていることから対面面談の実施が可能で、それを基に希望にあった求人を紹介してくれることにも定評があります。はじめての転職活動を検討している場合におすすめできる転職サイトとなっています。

サービス名マイナビ薬剤師
URLhttps://pharma.mynavi.jp/
サービス分類・転職サイト
・特化型
特徴薬剤師に特化した転職サイト
求人掲載件数45,541 件
(2024年5月時点)
料金無料
運営会社株式会社マイナビ
関連サービス転職エージェント『マイナビエージェント
20代特化型転職エージェント『マイナビジョブ20’s
看護師転職サイト『マイナビ看護師
転職エージェント『マイナビ薬剤師』の概要

マイナビ薬剤師の評判・口コミは下記の記事でもまとめているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

薬剤師転職に強みを持つ転職サイト:
薬キャリエージェント

薬キャリエージェントは医療IT大手のエムスリーグループであるエムスリーキャリアが運営する薬剤師転職の大手転職サイトです。求人数が60,000 件以上と業界トップクラスでサポートの丁寧さを背景にコンサルタントの満足度は非常に高いことが特徴となっています。

薬キャリエージェントのメリット・良い評判
  • 薬剤師の求人件数は業界最大級の60,000件以上で年間2万人以上が利用
  • 良質な好条件求人を最短即日最大10件紹介してくれる
  • サポートの丁寧さに裏打ちされた高い満足度を誇る
  • 高年収・ハイクラス求人が豊富で年収アップを実現しやすい
  • 薬剤師の登録者数No.1(25万人以上)の最大手で、エムスリーグループに属している

ハイクラス求人が豊富で、転職者の年収アップ率が高いことにも定評があります。年間2万人以上が活用している人気サービスであり、初めての薬剤師転職を検討している方に特におすすめできる転職サイトです。

サービス名薬キャリエージェント
公式ページhttps://agent.m3career.com
サービス分類・転職サイト
・特化型
求人掲載件数60,000 件以上
(2024年5月時点)
料金無料
運営会社エムスリーキャリア株式会社(設立:2009年12月)
https://www.m3career.com/corporate-info/
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-304437
転職エージェント『薬キャリエージェント』の概要

薬キャリエージェントの評判・口コミは下記の記事でもまとめているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

薬剤師転職に強みを持つ転職サイト:
ファルマスタッフ

ファルマスタッフは株式会社メディカルリソースが運営する薬剤師専門転職サイトです。求人件数が50,301 件と非常に豊富で、求人は正社員だけに限らず、派遣やパートなど多様な働き方に対応しています。

ファルマスタッフのメリット・良い評判
  • 薬剤師向けの求人数は業界随一。正社員だけでなく派遣やパートの求人も保有
  • サポートの丁寧さに裏打ちされた高い満足度
  • 大手ならではの安心感がある
  • 高年収の求人が豊富
  • 全国に拠点があり、全国で求人を扱っている

ファルマスタッフは一人ひとりと丁寧に向き合う転職相談をモットーにしており、コンサルタントの満足度が95%を超えている点もメリットです。

サポートの丁寧さを背景に、ファルマスタッフは「はじめての転職で使いたい薬剤師転職サイト」「20代30代に強い薬剤師転職サイト」「薬剤師のハイクラス転職に強い薬剤師転職サイト」No.1に輝いています。

サービス名ファルマスタッフ
公式ページhttps://www.38-8931.com/
サービス分類・転職サイト
・薬剤師特化型
求人数求人件数: 50,301 件
(2024年5月時点)
対応地域日本全国
料金無料
運営会社株式会社メディカルリソース
厚生労働省 有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-010743
転職サイト『ファルマスタッフ』の概要

ファルマスタッフの評判・口コミは下記の記事でもまとめているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

薬剤師の転職は厳しい?有効求人倍率の推移を紹介

以前は「薬剤師の資格があれば職には困らない」と言われることもありましたが、現在は薬剤師であるからといって必ずしも良い職に就けたり、転職できる訳ではありません。

実際に厚生労働省が発表している薬剤師の有効求人倍率を見てみると、薬剤師における有効求人倍率は大きく下落しています。

有効求人倍率: 求職者1人に対して、何人分の求人があったかを示すものです。有効求人倍率が低いほど、1人に対して職が少ない(人余り)であると言えます。有効求人倍率が下がると就職・転職が難しくなります。

2019年12月3.73倍
2020年12月2.05倍
2021年12月1.98倍
2022年12月2.32倍
2023年12月2.43倍
医師・薬剤師における有効求人倍率の推移(出所: 厚生労働省

2019年12月には3.73倍だった薬剤師の有効求人倍率が2021年には2倍まで下落しました。そこから持ち直してはいるものの、引き続き有効求人倍率は2.43倍となっており、以前と比較すると薬剤師の転職は難しくなったと言えます。

とはいえ、全職業における有効求人倍率は1.27倍(2023年12月時点)となっており、他の職業と比較すると十分に有効求人倍率が高く、職に就きやすいというのも事実です。

従って「薬剤師の転職は厳しい」というのは他の職種と比較して「厳しい」わけではなく、以前と比較すると「厳しい」状況にあると言うことができます。

薬剤師として転職はできない?薬剤師の転職は厳しいと言われる理由

ここまで薬剤師の転職が厳しくなっているという事実を、厚生労働省の発表している有効求人倍率をベースにご説明してきました。ここでは薬剤師の転職は厳しいと言われる理由についてご説明します。

薬剤師の転職は厳しいと言われる理由
  • 薬剤師資格の保有者が増加しているため
  • 調剤薬局とドラッグストアの併設で薬剤師の需要が低下したため
  • 特に新型コロナウィルス流行期は大幅に薬剤師の求人が減少したため

薬剤師の転職は厳しいと言われる理由については下記の記事で解説しているので、詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

薬剤師の転職に関しては下記の記事(外部サイト)も参考になるため、是非参考にしてください。

【転職サイトは選ぶな】薬剤師ランキングサイトの真実!
転職に迷っている薬剤師必見!紹介型転職サイトだけではない探し方って知ってた?

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地150-0002
東京都渋谷区渋谷2-19-15 宮益坂ビルディング609
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年5月時点)
目次