【派遣はやめたほうがいい?】派遣として働くデメリットと実態を解説

【派遣はやめたほうがいい?】派遣として働くデメリットと実態を解説

「派遣はやめたほうがいい」と言われることがあります。本ページでは「派遣はやめたほうがいい」と言われる理由や派遣のデメリット、また派遣として働く上でのメリットを網羅的に解説しています。

なお、おすすめの派遣会社ランキングおすすめの大手派遣会社ランキングは別記事で解説しているので、詳しく知りたい人はあわせてご覧ください。

目次

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-315110)であるタレントスクエア株式会社が制作しています。

「派遣はやめたほうがいい」と言われる理由・派遣のデメリット

「派遣はやめたほうがいい」と言われるのはなぜでしょうか。「派遣はやめたほうがいい」と言われる理由や派遣のデメリットについてご説明します。

「派遣はやめたほうがいい」と言われる理由・派遣のデメリット
  • 派遣先での扱いが悪くみじめな気分になるため
  • 周りが正社員ばかりでみじめな気分になることがあるため
  • 「派遣切り」にあう可能性があり雇用が安定しないため
  • 給料が低い・賞与が出ないと言われているため
  • キャリアアップできず将来が不透明であるため
  • 定期的に新たな仕事を探す必要があるため

\ 派遣会社選びで失敗したくない人は必見! /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ派遣会社ランキング

実際に働いている方々のリアルな口コミ情報をもとに、本当におすすめできる派遣会社を厳選しました。

【募集中】派遣会社の口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

派遣会社名 *
満足度 *
口コミ *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
【厳選】おすすめ派遣会社
\ おすすめ1位 /
スタッフサービス
(4.9)
★ ブラック企業排除!誰でも安心して働ける国内最大級の優良派遣会社

厚生労働省が認定した優良派遣事業者だからブラック求人を徹底排除!福利厚生やスキルアップ支援も正社員並みに充実。

大企業の一般事務やフルリモート可能な仕事など、正社員では募集の少ない人気の求人が多数。

【公式】https://staffservice.co.jp
アデコ派遣
(4.4)
事務系求人に強みを持つ大手の派遣会社。

週4日」「憧れの〇〇業界」「自宅近く」など希望の条件を伝えるだけで、専任のアドバイザーが最適な仕事を提案してくれる。

【公式】https://adecco.co.jp
\ 正社員転職なら /
マイナビAGENT
(4.8)
★ 派遣から正社員就職を目指す人におすすめ!

派遣から正社員への転職支援実績が豊富で、経験社数が多い方や職歴にブランクのある方、週休3日以上や時短勤務・在宅勤務を希望の方も確実にサポート

マイナビAGENT』でしか扱っていない独自の好条件求人が非常に多く、「高年収な優良ホワイト企業でゆったりと働きたい」という方におすすめ

【公式】https://mynavi-agent.jp
利用者の評判が良かったおすすめ派遣会社

仕事探し中の方1年以内に今の仕事を辞めたい方は、以下の転職サイト診断をチェックしてみてください。

5つの簡単な質問に答えるだけで自分にあった転職サイトが分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の年収は?

年収を選択

【質問4】現在の職種は?

職種を選択

【質問5】希望勤務地は?

希望勤務地を選択

「派遣はやめたほうがいい」と言われる理由・派遣のデメリット#1:
派遣先での扱いが悪くみじめな気分になるため

「派遣はやめたほうがいい」と言われる理由・派遣のデメリットとして、派遣先での扱いが悪くみじめな気分になるためという点が挙げられます。

派遣先企業によって待遇は大きく異なりますが、質の悪い派遣先企業では派遣社員に対する扱いが非常に悪いことがあります。これは、派遣企業が派遣社員を雇用しているのであって、派遣先企業が派遣社員を雇用しているわけではないことが原因です。

派遣先企業に遭う悪い待遇の例
  • ハラスメントにあう
  • やりがいのある仕事を任せてもらえない
  • 派遣先企業で細かい福利厚生を使えない(食堂を使えない・ウォーターサーバーを使えない)

もちろんこうした扱いを受ける職場ばかりではありませんが、ひどい扱いを受けた経験から「派遣はやめたほうがいい」と言われてしまうことがあります。

「派遣はやめたほうがいい」と言われる理由・派遣のデメリット#2:
周りが正社員ばかりでみじめな気分になることがあるため

周りが正社員ばかりでみじめな気分になることがあるというのも、「派遣はやめたほうがいい」と言われる理由・派遣のデメリットの1つです。

派遣先企業によりますが、派遣先では派遣社員が自分だけで周りは全員正社員であるということもあります。正社員と派遣社員で社内の待遇が違うこともあり、周りの正社員と自分の派遣社員としての境遇を比較して「みじめ」な気分になってしまうこともあります。

「派遣はやめたほうがいい」と言われる理由・派遣のデメリット#3:
「派遣切り」にあう可能性があり雇用が安定しないため

「派遣切り」にあう可能性があり雇用が安定しないというのも、「派遣はやめたほうがいい」と言われる理由・派遣のデメリットの1つです。

「派遣切り」とは?

派遣先企業から派遣契約を打ち切られたり、契約更新を拒否されたりすることを意味します。

派遣社員は勤務時間や業務内容など、正社員と比べて自由度の高さが魅力な一方で、企業のコスト削減時に契約を解除されやすいというのが大きなデメリットです。雇用の安定度合いに関しては正社員と比較して大きく劣るというのは事実です。

「派遣はやめたほうがいい」と言われる理由・派遣のデメリット#4:
給料が低いと言われているため

給料が低いと言われているためというのも、「派遣はやめたほうがいい」と言われる理由・派遣のデメリットの1つです。

派遣社員の給料体系は正社員と大きく異なります。正社員は雇用元から直接給料が支払われますが、派遣社員の場合は派遣先企業が派遣元企業に対価を支払い、派遣元企業が数%のマージンを徴収した後の金額を派遣社員に渡します。

つまり、派遣社員の給料は常に派遣元企業への支払い後の給料となってしまうため、給料が低くなります。さらに業績などに応じた賞与が支給されないのも派遣社員の給料が低い原因です。

派遣社員の平均年収は低い

厚生労働省によれば派遣社員の1日あたり平均賃金は15,590円です。1日の労働時間を8時間、1年間の休日を120日として稼働日を「245日」と仮定すると、派遣社員の平均年収は約382万円となりますが、これは国税庁が開示している日本人の平均年収が461万円と比較すると低い水準です。

また、派遣社員は昇給のハードルが非常に高く、正社員と比較すると賃金上昇のスピードは非常に遅い傾向にあります。こうした事情により、派遣社員は給料が低いと言われる傾向にあります。

「派遣はやめたほうがいい」と言われる理由・派遣のデメリット#5:
成長機会がない・キャリアアップできないことで将来が不透明であるため

成長機会がない・キャリアアップできないことで将来が不透明であるためというのも、「派遣はやめたほうがいい」と言われる理由・派遣のデメリットの1つです。

派遣社員の雇用主は派遣元の企業であり派遣先企業ではありません。正社員であれば雇用主が社員を育てようとしますが、派遣先企業が派遣社員を教育する必要はないため、スキルや能力を付ける機会が非常に限定的となってしまいます。

派遣社員の立場からしても、その会社で成長しても給料のアップや正社員雇用に必ずしもつながるわけではないので、モチベーションが湧きづらくなります。

こうした理由からスキルが身に付きづらく、将来が不透明で不安になりやすいというのも派遣会社で働くうえでのデメリットの一つです。

「派遣はやめたほうがいい」と言われる理由・派遣のデメリット#6:
定期的に新たな仕事を探す必要があるため

定期的に新たな仕事を探す必要があるというのも、「派遣はやめたほうがいい」と言われる理由・派遣のデメリットの1つです。

一般的に有期雇用の派遣社員における契約期間は最大3年間に制限されており延長はできません。部署の異動や、派遣先企業に直接雇用されれば継続して同じ職場で働くことができますが、雇用形態が変わらなければ定期的に職場を変える必要があります。

定期的に新たな就職先を探すのは労力がかかるだけでなく不安にもなりやすいです。この様な理由から、「派遣はやめたほうがいい」と言われます。

派遣として働くメリットを解説

「派遣はやめたほうがいい」と言われる理由・派遣のデメリットについてご説明してきましたが、派遣として働くにはメリットも多くあります。ここでは派遣として働くうえでのメリットについてご説明します。

派遣として働くメリット
  • 勤務地・勤務時間・曜日など働き方を選べてプライベートも充実させやすい
  • 様々な職場で経験を積むことができる
  • 派遣会社がサポートしてくれる
  • 必要な時にすぐ就職できる
  • 派遣を経て正社員となれる場合もある

派遣として働くメリットを解説#1:
勤務地・勤務時間・曜日など働き方を選べてプライベートも充実させやすい

ライフスタイルに合わせて勤務地・勤務時間・曜日など働き方を選べるというのが、派遣として働くうえでの大きなメリットの1つです。

派遣社員は正社員の様に「週に5回勤務」という様な形態ではなく、例えば「週に2-3日」であったり「残業無し」など様々な働き方が可能です。

派遣で可能な柔軟な働き方
  • 週に2-3日の勤務
  • 残業無し
  • 1日5-7時間など

勤務時間や勤務日数は雇用契約に定められる通りで残業や急な休日出勤を強いられることは基本的にありません。

スキルアップのための勉強や習い事、ジム通い、家事や子育ての時間を増やせるなど、プライベートな時間を持ちやすくなるという点もメリットです。副業などによって収入を大きく増やすこともできます。

派遣として働くメリットを解説#2:
様々な職場で経験を積むことができる

様々な職場で経験を積むことができるというのも、派遣として働くメリットの1つです。有期雇用としての派遣社員は、基本的に数か月から長くて3年で契約が満了して職場が変わります。

また正社員として働く上ではハードルの高い業界で経験を積むことができます。様々な職場を経験することでスキルアップするだけでなく、仕事の適性についても把握することができるという点が派遣として働くうえで大きなメリットとなっています。

正社員として働くには難易度の高い仕事の例
  • 広告代理店
  • 総合商社
  • 開発系・IT企業など

派遣として働くメリットを解説#3:
派遣会社がサポートしてくれる

派遣会社に登録すると、派遣会社の担当者から様々なサポートを受けることができるというのも、派遣として働く上でのメリットです。

派遣会社のスタッフから受けることができるサポートの例
  • 希望条件に合った仕事の紹介してもらえる
  • 派遣先企業と交渉してくれる
  • キャリアに関するカウンセリングしてもらえる
  • 定期的に派遣先企業を訪問し、悩みなどを相談できる

派遣会社の担当社員は仕事の紹介やキャリアカウンセリングなどをしてくれるだけでなく、派遣先企業との交渉や、派遣先企業との間に問題があった場合に間に入ってくれます。間に入って交渉してもらうことで給料アップやフルリモートの条件を勝ち取れる場合があるというのも大きなメリットです。

派遣として働くメリットを解説#4:
必要な時にすぐ就職できる

必要な時にすぐ就職できるというのも、派遣として働くメリットの1つです。

派遣は直接雇用ではないので、企業による雇用のハードルは低くなりやすい傾向にあります。また通期で多くの求人が出ているだけでなく最短翌日からの勤務など、雇用までの期間が短いのも特徴です。柔軟な雇用体系と雇用時期で働きたい人にとって派遣は大きなメリットがあります。

派遣として働くメリットを解説#5:
派遣を経て正社員となれる場合もある

派遣を経て正社員となれる場合もあるというのも、派遣として働くメリットです。

派遣として派遣先企業で数年働いた後に、実力や能力を高く評価されて直接雇用に切り替わったり、正社員型派遣(常用型派遣)として勤務したり、紹介予定派遣として勤務することで正社員として働くことができる可能性があります。

派遣から正社員となる方法
  • 契約満了時に、派遣先企業から直接雇用される
  • 正社員型派遣(常用型派遣)として働く
  • 紹介予定派遣で雇用される

紹介予定派遣とは?面接に落ちることがある?

派遣就業前または開始後に、派遣先企業に職業紹介することを前提としている派遣のことです。本人と派遣先企業双方の合意のもとに、派遣先企業の直接雇用(=社員)となります。

企業としては数か月の試用期間を経てから従業員として直接雇用できるため、ミスマッチが起きづらく採用コストの削減につながります。

通常の派遣では派遣先の企業と派遣社員が雇用契約を結ぶわけではないため、就業前の書類選考や面接が禁止されていますが、紹介予定派遣では将来的な直接雇用につながる可能性があるため、就業前の書類選考や面接が認められています。場合によっては選考の段階で派遣先企業に落とされてしまう可能性もあります。

参考: 紹介予定派遣はやめた方がいい?デメリットと真相を徹底解説

参考: 派遣社員はデメリットしかないと言われる実態とは(外部サイト)

\ 派遣会社選びで失敗したくない人は必見! /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ派遣会社ランキング

実際に働いている方々のリアルな口コミ情報をもとに、本当におすすめできる派遣会社を厳選しました。

【募集中】派遣会社の口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

派遣会社名 *
満足度 *
口コミ *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
【厳選】おすすめ派遣会社
\ おすすめ1位 /
スタッフサービス
(4.9)
★ ブラック企業排除!誰でも安心して働ける国内最大級の優良派遣会社

厚生労働省が認定した優良派遣事業者だからブラック求人を徹底排除!福利厚生やスキルアップ支援も正社員並みに充実。

大企業の一般事務やフルリモート可能な仕事など、正社員では募集の少ない人気の求人が多数。

【公式】https://staffservice.co.jp
アデコ派遣
(4.4)
事務系求人に強みを持つ大手の派遣会社。

週4日」「憧れの〇〇業界」「自宅近く」など希望の条件を伝えるだけで、専任のアドバイザーが最適な仕事を提案してくれる。

【公式】https://adecco.co.jp
\ 正社員転職なら /
マイナビAGENT
(4.8)
★ 派遣から正社員就職を目指す人におすすめ!

派遣から正社員への転職支援実績が豊富で、経験社数が多い方や職歴にブランクのある方、週休3日以上や時短勤務・在宅勤務を希望の方も確実にサポート。

マイナビAGENTでしか扱っていない独自の好条件求人が非常に多く、「高年収な優良ホワイト企業でゆったりと働きたい」という方におすすめ。

【公式】https://mynavi-agent.jp
利用者の評判が良かったおすすめ派遣会社

なお、自分に合う派遣会社をお探しの方は、以下の『派遣診断』をチェックしてみてください。

4つの簡単な質問に答えるだけで自分にあった派遣会社が分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の職種は?

職種を選択

【質問4】希望の勤務地は?

希望の勤務地を選択

派遣として働くメリットを最大化するためには大手派遣会社の活用が重要

ここまで派遣として働くメリット・デメリットについて説明してきましたが、中小の派遣会社を選択すると派遣として働くメリットも得られない可能性があります。派遣として働くメリットを最大化するためには大手派遣会社の活用が重要です。

大手の派遣会社で働くメリット
  • 求人数が豊富であるため
  • 人員が豊富でサポート体制が充実しているため
  • 福利厚生が充実しているため
  • 社会的な立場があることで悪評が立つような行動を避けるため
  • スキルアップ支援が充実しているため
  • 全国各地に拠点を持っているため

参考: 大手人材派遣会社おすすめランキング|比較して特徴も解説

大手の派遣会社で働くメリット#1:
求人数が豊富であるため

派遣会社で大手を活用するメリットとして、求人数が豊富であるという点が挙げられます。

大手派遣会社は取引先企業が大きく、求人数が豊富です。様々な職種の求人を保有しているほか、大手企業や有名企業の求人など人気の高い求人を多数保有しています。

人気求人の特徴
  • 大手企業や有名企業の求人
  • 時給の高い求人
  • ワークライフバランスの良い求人
  • 仕事内容が人気の求人

求人数が多いということは、求職者が応募できる求人の数が絶対的に多いということを意味します。求人数が多いと自分の希望に合った求人で働ける可能性が高まります。

逆に求人数が少ないと希望条件に合った求人に出会えないだけでなく、ブラック企業の求人などを紹介されることもあるため注意が必要です。

大手の派遣会社で働くメリット#2:
人員が豊富でサポート体制が充実しているため

人員が豊富でサポート体制が充実しているという点も派遣会社で大手を活用するメリットの1つです。

派遣会社に登録すると、派遣会社の担当者から様々なサポートを受けることができます。

派遣会社のスタッフから受けることができるサポートの例
  • 希望条件に合った仕事の紹介してもらえる
  • キャリアに関するカウンセリングしてもらえる
  • 定期的に派遣先企業を訪問し、悩みなどを相談できる

大手企業は派遣社員を担当するスタッフの数が十分にいることから、サポートの質が高い傾向にあります。逆に中小の派遣会社などだと人員不足によってサポートを受けられない可能性があります。

サポートを十分に受けられないと希望の求人を紹介してもらえる可能性が低くなるだけでなく、就業期間中にトラブルが発生した場合に迅速な対応を取ってもらえないなどの悪影響があります。

大手の派遣会社で働くメリット#3:
福利厚生が充実しているため

派遣会社で大手を活用するメリットとして福利厚生が充実しているということが挙げられます。

一般的に派遣会社は福利厚生などが提供されないと思われがちですが、大手を中心に福利厚生が充実している派遣会社が増えてきています。中小の派遣会社では福利厚生が不足しており、それだけで待遇が悪くなっているケースも少なくありません。

大手派遣会社テンプスタッフにおける福利厚生の例
  • 社会保険制度、年次有給休暇制度、産前産後休業・育児休業制度/介護休業制度
  • 通勤交通費
  • 定期健康診断
  • 労働者災害補償保険(労務保険)
  • ライフサポート: 家事支援、賃貸住宅、カーシェアリングなど
  • クッキング&カルチャー: クッキングやフラワーアート・ヨガなど
  • 旅行・宿泊&レジャー: 海外旅行、宿泊施設、カラオケなど
  • ファッション: ファッションレンタル、貸衣装サービスなど

福利厚生や有休制度が充実していない派遣会社はそれだけで待遇が悪い会社となっているだけでなく、スタッフを大事にする社風ではないということもできます。大手であれば福利厚生は充実しているという点は大きなメリットです。

大手の派遣会社で働くメリット#4:
社会的な立場があることで悪評が立つような行動を避けるため

社会的な立場があることで悪評が立つような行動を避けるためというのも、派遣会社で大手を活用するメリットの1つです。

大手の派遣会社は取引先が多く、また知名度が高いため悪評が立ってしまうことを非常に恐れています。ブラック企業を紹介したり、派遣社員にハラスメントを行うと大きな問題となってしまうため、大手の派遣会社ほどこうしたことに敏感な傾向があります。

大手の派遣会社が避ける行動
  • ブラック企業の紹介
  • 派遣スタッフへのハラスメント
  • 派遣スタッフへの不十分なサポート

中小の派遣会社は、悪評が立つことによる抑止力が大手の派遣会社と比較すると小さいので、コンプライアンスの遵守意識も相対的に低くなる傾向にあります。

大手の派遣会社で働くメリット#5:
スキルアップ支援が充実しているため

スキルアップ支援が充実しているためというのも、派遣会社で大手を活用するメリットの1つです。

大手の派遣会社は資金力があるため、派遣スタッフがスキルアップして時給を上げることができるようにプログラムを用意しています。

テンプスタッフにおけるスキルアップ支援の例
  • 事務系のスキルアップ支援: Excel、Word、Accessやオフィス英会話・英文メールなど
  • OAスキルアップ
  • 語学スキルアップ
  • 専門事務スキルアップ
  • ビジネススキルアップ
  • 貿易事務入門・スキルアップ
  • 理系・製薬専門職スキルアップ
  • CAD・Creative専門職スキルアップ
  • ITエンジニア専門職スキルアップ

スキルアップ支援を結果的に活用しないとしても、こうした支援体制が整っていることは派遣スタッフに対する扱いが丁寧であることが期待できます。

大手の派遣会社で働くメリット#6:
全国各地に拠点を持っているため

全国各地に拠点を持っているというのも、派遣会社で大手を活用するメリットの1つです。

派遣会社が全国各地に拠点を持っていることによるメリット
  • 登録会に参加しやすい
  • 地方における求人の実態も把握している
  • 派遣先企業が地方でも何かあった時にすぐ対応してくれる

特に地方の人にとっては、派遣会社が全国各地に拠点を持っていると派遣会社の登録会に参加しやすくなります。Webでの登録が一般的となっていますが、対面で登録会に参加したいと考えている人には全国展開している大手の派遣会社がおすすめです。

また地方に拠点があると派遣会社の担当者が直接現地を訪問できるため、求人の実態を把握しやすいだけでなく何か問題があった時にすぐ対応してもらえるという点もメリットとなっています。

\ 派遣会社選びで失敗したくない人は必見! /

実際の利用者の口コミが良かった
おすすめ派遣会社ランキング

実際に働いている方々のリアルな口コミ情報をもとに、本当におすすめできる派遣会社を厳選しました。

【募集中】派遣会社の口コミを投稿する

ご回答いただいた方に抽選でAmazonギフト券1,000円分をプレゼント差し上げます。※抽選結果は当選者にのみお送りします。

派遣会社名 *
満足度 *
口コミ *
現職の職種 *
年収(万円) *
年齢(歳) *
性別 *
*
*
メールアドレス *
【厳選】おすすめ派遣会社
\ おすすめ1位 /
スタッフサービス
(4.9)
★ ブラック企業排除!誰でも安心して働ける国内最大級の優良派遣会社

厚生労働省が認定した優良派遣事業者だからブラック求人を徹底排除!福利厚生やスキルアップ支援も正社員並みに充実。

大企業の一般事務やフルリモート可能な仕事など、正社員では募集の少ない人気の求人が多数。

【公式】https://staffservice.co.jp
アデコ派遣
(4.4)
事務系求人に強みを持つ大手の派遣会社。

週4日」「憧れの〇〇業界」「自宅近く」など希望の条件を伝えるだけで、専任のアドバイザーが最適な仕事を提案してくれる。

【公式】https://adecco.co.jp
\ 正社員転職なら /
マイナビAGENT
(4.8)
★ 派遣から正社員就職を目指す人におすすめ!

派遣から正社員への転職支援実績が豊富で、経験社数が多い方や職歴にブランクのある方、週休3日以上や時短勤務・在宅勤務を希望の方も確実にサポート

マイナビAGENTでしか扱っていない独自の好条件求人が非常に多く、「高年収な優良ホワイト企業でゆったりと働きたい」という方におすすめ

【公式】https://mynavi-agent.jp
利用者の評判が良かったおすすめ派遣会社

なお、自分に合う派遣会社をお探しの方は、以下の『派遣診断』をチェックしてみてください。

4つの簡単な質問に答えるだけで自分にあった派遣会社が分かります。個人情報の入力なし会員登録なしで結果はその場で表示されます。

個人情報登録なしで結果が見れる!

【質問1】現在の年齢は?

年齢を選択

【質問2】性別は?

性別を選択

【質問3】現在の職種は?

職種を選択

【質問4】希望の勤務地は?

希望の勤務地を選択

派遣とパートはどちらがいい?

派遣として働くことを検討している場合、同様に非正規雇用の「パート」として働くことも選択肢として入りやすいですが、派遣とパートはどちらの方が良いのでしょうか。

結論から言うと、給料の高さや社員に近い形態で勤務したい場合は「派遣」、アルバイトの様に働きたい場合は「パート」が向いていると言えます。

項目派遣パート
雇用形態派遣企業に雇用され、派遣先企業に派遣される(間接雇用)企業に直接雇用される(直接雇用)
給料雇用形態によるが、週40時間などまとまった時間での勤務となるため、給料は高くなる傾向アルバイトのような形でシフトに入り勤務するため、時給は1,000-1,500円程度となる傾向
基本的には扶養の範囲内などで働く
退職雇用の柔軟性は高いが、簡単に退職できる訳ではない簡単に退職でき、気軽に始めることもできる
労働日数事前に定められた労働時間で勤務(フルタイムが多い)その時々によって労働時間は柔軟
サポート派遣会社がサポートしてくれる会社などによるサポートはない
派遣とパートの大きな違い

また、パートの場合は会社などがサポートしてくれることがなく、職探しから会社との交渉などまで自力で行う必要がありますが、派遣の場合は派遣会社によってサポートを受けることができるというのも派遣として働く上で大きなメリットです。

運営者情報

タレントスクエアは、東京都渋谷区に本拠点を持つタレントスクエア株式会社が運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援に関わる事業を運営しています。

タレントスクエア」は、タレントスクエア株式会社の登録商標(登録6766163)です。

会社名タレントスクエア株式会社
公式ページURLhttps://talentsquare.co.jp/corp/
本社所在地〒106-6116
東京都港区6-10-1 六本木ヒルズ森タワー16F
法人番号9011001145238
厚生労働省
有料職業紹介事業許可番号
13-ユ-315110
厚生労働省
特定募集情報等提供事業届出番号
51-募-000460
適格請求書事業者登録番号T9011001145238
タレントスクエア株式会社の概要(2024年7月時点)
目次